CRISIS(クライシス)3話 感想【ネタバレ】女を口説かない小栗旬もかっこいいw

シェアする

CRISIS(クライシス)3話の感想・ネタバレを紹介します!4月25日放送のCRISIS(クライシス)3話は、平成維新軍が議員襲撃事件を起こして、特捜班メンバーと銃撃戦を展開するストーリーになっています。

今回も、小栗旬、西島秀俊のアクション満載のバトルシーンがカッコイイ内容になっていました!

CRISIS(クライシス)3話を見逃した人はここ!

CRISIS(クライシス)を1話から最新話まで見たいなら、フジテレビオンデマンドの『FODプレミアム』が絶対おススメです!

>>『CRISIS』を無料お試しで見る!<<

今なら31日間無料トライアルがあるので、無料のうちに見逃し配信で全話視聴できます!!

CRISIS(クライシス)3話のあらすじ

CRISIS(クライシス)3話のあらすじを紹介します!

白昼堂々、平成維新軍による議員襲撃事件が発生し、特捜班に次の事件が発生する前に犯人を逮捕しろとの命令が、鍛治から下る。

銀襲撃で使われた銃の出所を調べると、暴力団組長の物だと判明。組長を取り調べると、息子の大畑譲が盗み出したことが分かる。

特捜班メンバーは犯人のいるマンションに向かうが、銃撃戦になり、譲以外の犯人2人を取り逃がしてしまう。

譲を取り調べし、次の犯人たちのターゲットの議員を突き止める。

議員の居場所に向かうと、犯人二人を発見!追い詰めるのだが・・・

CRISIS(クライシス)3話のあらすじはこんな感じになっています!

スポンサード リンク


CRISIS(クライシス)3話のネタバレ

CRISIS(クライシス)3話のネタバレになります!

稲見(小栗 旬)と田丸(西島秀俊)班長の吉永(田中哲司)樫井(野間口徹)、大山(新木優子)

議員宅前。自宅で贈収賄容疑がかかった自分のニュースをみて外出する議員。

幼稚園児たちに挨拶をして人の良さをアピールし、車に乗り込む。

すると後ろから覆面をかぶった3人組の男たちが車の窓を破り、議員を引きずり出し、銃を撃つ。

マスコミにも銃を向けてその場を逃げ出す犯人。

特捜班にも事件の知らせが入る

事件のVTRを確認し、現時点で分かっている情報を共有する吉永

与党の公式サイトがハッキングされ、「平成維新軍」の犯行声明が…

吉永は上から『テロリストを逮捕して事件を未然に防げ』との命令が入っていると話す。

稲見は、犯人が使っていた銃が『グロック 19』という、簡単には手に入らない銃だといい、吉永は稲見と田丸に、拳銃の出どころから、犯人を探せと指示。

その頃、犯人たちはマンションの一室で食事をとっている。

稲見と田丸は銃の出所探し

稲見と田丸は、競馬場にいる情報屋から『グロック 19』を持っていそうな人物の情報を聞きだす。

ある暴力団組長が同じ型の拳銃を買い集めていたとの情報を得た二人は、組長を無理矢理連れ出し拳銃のことを聞き出す。

『グロック 19』は3丁すべて盗まれたと話す組長。盗んだ犯人の情報を話す代わりに、一つお願いがと言い出す。

拳銃を盗んだのは組長の息子・大畑譲で、穏便に解決して欲しいと頼む。

譲は今回の事件の半年前に少年院をでてきたばかりだが、人が変わったように『俺が社会のシステムを変えてやる』というようになったと。

そして、譲の潜伏先は自分のマンションではないかと話す。

稲見・田丸が事務所に帰ると、譲のことなど、だいたいの調べがついている。

稲見は、組長が言っていた人が変わったとの話から、少年院で、何者かにそそのかされたのでは?と推測する。

特捜班のメンバーも銃を…

犯人を逮捕するために、特捜班のメンバーも銃を装備する。

銃を手にした稲見は過去の記憶を思い出す…。

特捜班のメンバーが犯人潜伏先のマンションに到着すると、樫井と大山は外を見張り、吉永はロビーで待機。

稲見と田丸が部屋に向かうと、譲が出てきて稲見と田丸に銃を向ける。そして、部屋にいた仲間に『逃げろ!』と叫ぶ。

そのまま、稲見・田丸と譲が対峙する。マンションの外では、樫井と大山が逃げた二人と銃撃戦に。

田丸『お前のお父さんにあったぞ、お前の構成を願ってた』

犯人に話しかけ、気を引いているうちに隙をついて稲見が離れる。

樫井・大山・吉永が二人の犯人を追いかけるが、逃げられてしまう。

稲見は上の階から、譲の後ろに飛び降り、おとりになって気を引いた隙に、田丸が譲の拳銃を奪って確保。

スポンサード リンク


犯人の取り調べ

翌日、特捜班と犯人の銃撃戦の処理をする鍛治・青沼

鍛治『最近はどこに行っても、あいつらのことを聞かれるようになったよ』と笑う。

特捜班の事務所では、吉永が譲の取り調べをするが、譲は口を割ろうとはしない。

大山は、逃げた犯人二人の身元を突き止める。二人は兄弟で、譲と同じ時期に少年院を出所していた。

そして大山は、ハッカーだった頃に調べという、5年前の議員秘書藤崎の自殺事件が関係しているのではないかと推測。

吉永は取り調べ室に戻り、譲に藤崎兄弟のことや5年前の事件のことを問いただす。譲の表情で黒須という議員を襲う計画だと突き止め。

大山の過去が…

黒須議員が孫と遊んでいる遊園地に、特捜班のメンバーが向かう。

途中の車の中で、田丸が『大山、俺たちに何か言いたいことがあるんじゃないのか?』

大山はハッカー時代に、ハッカー仲間がネット上で作ったコミュニティー「トゥルースルーパー」に参加しており『平成維新軍』は、これが発展してできたんじゃないかと考えていた。

遊園地に到着した特捜班は、手分けして黒須議員と犯人を捜す。

孫がトイレに行くと言って黒須議員を離れた時、犯人の藤崎兄弟が黒須議員に近づく。

逃げた犯人逮捕へ

これに稲見が気付いて止めに入ると、藤崎兄弟二人を相手にバトルに。

そこに田丸も駆け付け、藤崎兄弟は逃げていく。稲見・田丸は二人を追って猛ダッシュ、行き止まりに追い込む。

互いに銃を向け合い対峙する4人。

稲見『頼む、俺に撃たせないでくれ。生きてさえいれば、いずれまたチャンスはくるぞ。ここで無駄死にするな』

藤崎兄『この国の大人は、都合の悪い物を深く考えようともしない。だから、俺たちが銃をとって立ち上がろうとしないと行けないんだ!』

樫井・大山も駆け付け、銃をを構える

稲見『銃を降ろせ』

藤崎弟『兄ちゃん…』

藤崎兄『ごめんな…』

藤崎兄弟『この国の未来のために!』

稲見『辞めろ!』

藤崎兄弟は互いの頭を打ちぬき、倒れこむ・・・

田丸『俺たちに、勝ち目はあるのか…。』

ある家の部屋では、高校生の男がパソコンに書き込みをしている

SAKAMOTO『この国の未来のために』

お馴染みBAR 40866

行きつけのバー「BAR 40866」のカウンターに座る稲見。

バーテンダーの男『今日はどっちにいくんですか?』

稲見『今日は、ただ酔っ払いたいんだ…』

バーテンがテレビを付けると、また議員秘書が自殺したニュースが流れている。

稲見は険しい表情でうつむく・・・

CRISIS(クライシス)3話のネタバレでした!

スポンサード リンク


CRISIS(クライシス)3話の感想

CRISIS(クライシス)3話の感想ですが、ついに敵の黒幕『平成維新軍』の詳細?があきらかになりましたね!

大山が言っていたように、ハッカー時代に参加していたコミュニティー「トゥルースルーパー」が『平成維新軍』になったようです。

メンバーは幕末に有名だった偉人たちの名前で呼び合っており、最後に出てきた高校生と思われる男は「SAKAMOTO」と名乗っいました。

おそらくこの男が『平成維新軍』のリーダーで、CRISIS(クライシス)1話の最後に、人だかりの中で稲見と目の会った男だと思います。

大山は「トゥルースルーパー」のメンバーだった時代、自分のこと「OKADA」と名乗っていて、理由は単純に、幕末にもっとも有名だった人斬り・岡田以蔵を好きだったから、とうもの。

この辺の話は、のちのストーリーになにか関係してきそうですね!今後の展開が楽しみです^^

以上、CRISIS(クライシス)3話 感想【ネタバレ】女を口説かない小栗旬もかっこいいwについてでした!

CRISIS(クライシス)を1話から最新話まで見たいなら、フジテレビオンデマンドの『FODプレミアム』が絶対おススメです!

>>『CRISIS』を無料お試しで見る!<<

今なら31日間無料トライアルがあるので、無料のうちに見逃し配信で全話視聴できます!!