ひよっこ 37話 感想【ネタバレ】澄子が涙…ばあちゃんとの思い出

シェアする

ひよっこ37話の感想・ネタバレを紹介します!

5月15日放送のひよっこ37話は、前回のひよっこでみね子は、赤坂のすずふり亭を訪れ初めての給料でビーフコロッケを食べました。

鈴子が言ったように、自分で働いたお金で食べるご飯はとてもおいしい物だったようで、みね子は毎回給料の度にすずふり亭のメニューを一つずつ制覇していくと宣言します!

最終目標は最も金額の高い、すずふり亭特製のビーフシチュー500円ですw

Sponsored Link


ひよっこ 37話のあらすじはこんな感じ!

ひよっこ 37話のあらすじを紹介!

みね子は綿引とともに実が目撃された街に行きます。

実の写真を見せながら道行く人に尋ねてまわるのですが、やはりなんの手がかりもみつからないままです。

ある日、就寝前の部屋で、優子が実家から送られてきたつくだ煮をみんなにふるまいます。

ですが澄子は、自分の実家からは何も送られて来ないため、少し恥ずかしくなってしまいます。はがきすら一枚も届かない澄子でしたが、乙女寮が楽しいので、さみしくないと言う澄子。

しかし、優しい祖母のことを急に思い出して笑いだしてしまうのでした・・・

ひよっこ 37話のあらすじは、こんな感じになっています!

ひよっこ 最終回までの感想・ネタバレまとめ!
ひよっこ 全話の感想・ネタバレだけでなく、ひよっこの視聴率や、ひよっこの動画を無料で視聴する方法なども紹介していきます!ここをみれば、ひよっこのあらすじ・ネタバレが最終回まで丸わかり!?ですっ^^

ひよっこ 37話のネタバレ!

ひよっこ 37話のネタバレになります!

みね子と綿引は、実を見かけたという町で、道行く人に実の写真を見せて聞き込みをしている。

知らない人の実のことを訪ねるみね子は、なんだか不思議な気持ちになる。

なんの情報もないまま喫茶店に入り、二人でクリームソーダを食べる。

東京の人

綿引に人が多いから疲れるでしょ?っと聞かれ、人の多さになれないと答えるみね子は、慣れるものかと聞き返す。

綿引は先輩に聞いた話を話始める。

東京にいる人は自分たちと同じで、ほとんどが東京にきた人たちで、いつの間には東京の人になる。そういう人たちの集まりが東京だと聞かされ、それからは東京のことがそんなに怖くなくなったと話す。

この話を聞いて頷くみね子。

コーラスの日

雄大は「椰子の実」と言う新しい歌を練習しようと歌の説明を始める。

この歌は、椰子の実が故郷を離れ、海を漂うとう感じの歌詞になっていて、みんなその状況を想像しながら歌う。

みね子の声『お父さん、私たちは故郷を離れて、漂っている椰子の実みたいなもんなんでしょうか?どこにたどりつくのでしょう?お父さんも、椰子の実ですか?もうどっかにたどり着いてるのしょうか?』

みんな故郷を思い出し、切ない気持ちになってしまう…。

Sponsored Link


和夫と愛子

コーラスが終わり、和夫と愛子が話している。

和夫『今日は~最後しんみりしちまったな~みんな…』

愛子は、みね子たちのように新しく入ってきた子たちは、丁度仕事にも慣れてきて田舎が恋しくなる時期だと話す。

愛子『でも皮肉な話っていうか、国のものを親御さんたちが送ってくれるじゃないですか、あれがかえって子供たちをつらくさせるんですよね…

それに、色々届くこと、全然届かない子もして、それもなんだか残酷で…』

悲しそうな澄子

その頃、みね子たちの部屋では、澄子が寂しそうな顔で夜空を眺め、「椰子の実」がいい歌だったと話す。

優子は秋田の実家から送られてきたハタハタの佃煮をみんなに食べさせる。澄子は佃煮を食べて悲しそうな表情を浮かべる…

澄子『なんか悪いなとおもって、うちからはなんも送ってこないから、恥ずかしくて。勘弁してくれ』

みんながそんなことないと励ます。

澄子『仕送りしても、皆さんのとこにはお手紙くるけど、おれにはハガキ一枚届かねぇ。それはわかってたんでいいんだけんど…。

そんなに寂しくないですよ。ここ好きだし楽しいし。だから帰りたいとも思わないです。帰っても、邪魔にされるだけだし…。でも、ばあちゃんには会いてえな~達者かな~』

今まで悲しいそうに話していた澄子は、ばあちゃんのことを思い出し笑い始めるw

ばあちゃんの思い出

ばあちゃんのマネをしながら、中学の時の思い出を話し始める。

澄子が足を怪我して、松葉つえを付いて学校から帰ると、橋の向こうから、ばあちゃんが迎えに来る。

いつもは腰の曲がったばあちゃんだが、この時だけは腰が伸びて、まともに歩いて澄子の所に走ってくる。

澄子を抱きしめて泣くばあちゃん…。その後にはすぐにまた腰が曲がってしまったと話す。

みんな澄子をみて笑う。

夜中になりみんなが寝静まった頃、澄子は布団の中で、1人泣いていた・・・

以上ひよっこ 37話のネタバレでした!

ひよっこ 最終回までの感想・ネタバレまとめ!
ひよっこ 全話の感想・ネタバレだけでなく、ひよっこの視聴率や、ひよっこの動画を無料で視聴する方法なども紹介していきます!ここをみれば、ひよっこのあらすじ・ネタバレが最終回まで丸わかり!?ですっ^^

ひよっこ 37話の感想!

ひよっこ 37話の感想は、澄子の回?って感じの内容になっていましたね!

澄子はコーラスで歌った「椰子の実」という歌の歌詞で、故郷のことを思い出し、大好きだったばあちゃんのことをみんなに話て笑っていましたが、最後は布団の中で泣いてしまいました。

みね子や時子と一緒に上京してきたわけですが、澄子はまだ中学校を卒業したばかり。

中卒で働いて田舎に仕送りをしているにもかかわらず、実家からはお礼の手紙すら届かない今回うえに、澄子には実家に帰ったとしても、自分の居場所はない状況です。

いつもはおっとりマイペースでおもしろキャラの澄子ですが、こういうシーンを見ると少し可哀想に見えてしまいました。

以上、ひよっこ 37話の感想【ネタバレ】澄子が涙…ばあちゃんとの思い出。でした!

Sponsored Link