CRISIS(クライシス)6話 感想【ネタバレ】最後に稲見の闇を感じる…

シェアする

CRISIS(クライシス)6話の感想・ネタバレを紹介します!5月16日放送のCRISIS(クライシス)6話は、ロケ場所にホームセンターが使われ、

そこで稲見と田丸が敵の男5人を相手に、見事な警棒捌きでバトルを繰り広げるかっこいいアクションが見所の展開になっていました。

また最後に稲見が自宅でボーっとするシーンには、稲見の闇の部分が見え隠れするようなシーンでしたね!

CRISIS(クライシス)6話を見逃した人はここ!

CRISIS(クライシス)を1話から最新話まで見たいなら、フジテレビオンデマンドの『FODプレミアム』が絶対おススメです!

>>『CRISIS』を無料お試しで見る!<<

今なら31日間無料トライアルがあるので、無料のうちに見逃し配信で全話視聴できます!!

CRISIS(クライシス)6話のあらすじ

CRISIS(クライシス)6話のあらすじを紹介します!

11年前の地下鉄車両内で、無差別爆弾事件の容疑者として里見修一(山口馬木也)は指名手配されていいるのですが、都内のコンビニで突然目撃されたことで、CRISIS(クライシス)6話のあらすじは動き出します。

里見が再びなんらかの事件の計画を画策してしるのではないかと危惧した警察は、里見の逮捕のために躍起になります。

警視総監の乾 陽一(嶋田久作)から呼び出された鍛治は、特捜班を使って里見を追うようにと仕向けられます。

その頃、ある地下鉄の駅構内には、以前の爆弾事件を計画したカルト教団の信者・羽田(山口翔悟)が…。羽田は地下鉄の駅が厳戒態勢なっていること確認し、警察から逃げている里見の潜伏先に向かいます。

一方、特捜班の事務所では、大山がネットつかって、すでに里見の居場所を突き止めています。吉永は稲見と田丸に早速指示を出し、現場へ向かわせます。

車でアジトを出た里見らを、稲見と田丸が追跡し始めるのですが、その動き気付いた里見らは、巨大なホームセンターへと逃げ込みます。

里見の後を追う稲見と田丸の前に、羽田らが立ちはだかり、稲見と田丸との激しいバトルが始まります。

その隙に里見に逃げられてしまい、姿を消してしまう里見。

そのあまりにも完璧な逃亡ぶりに、稲見は違和感を覚え、田丸に問いかけます「何か知ってるんでしょ?」

この問いに田丸は・・・

CRISIS(クライシス)6話のあらすじはこんな感じになっています!

Sponsored Link


CRISIS(クライシス)6話のネタバレ

CRISIS(クライシス)6話のネタバレになります!

特捜班の事務所では、吉永が新しい任務の話をする。大山はあるコンビニの防犯ビデオの映像を見せる。

防犯ビデオに映っていた男は、11年前に地下鉄で無差別爆弾テロを起こした実行犯の1人・里見修一(山口馬木也)で、現在も指名手配され逃走中だった。

里見がいたコンビニは茅場町のコンビニで、11年前に起きた事件の現場となった霞ヶ関とも近いため、警察は新たなテロを計画するための下見ではないかと疑っている。

捜査は極秘に行われているため、特捜班にも動くようにと、命令がおりる。

稲見『じゃ、とっとと捕まえちゃいましょう!』

吉永は樫井と大山に防犯カメラの洗い出しを命令、稲見と田丸は待機。

田丸は稲見に『ちょっと付き合えよ』と言って霞ヶ関の地下鉄のホームに向かう。

11年前の事件

田丸は当時の事件の様子を話し始める『里見は小型のスーツケースを車内において、電車から降りた。そして、電車が次の駅に着く前に携帯電話を使って爆発させた』

当時、公安にいた田丸は、事件後の公安が蜂の巣をつついたように騒ぎにんったと話す。

徹底的にマークしていたはずのカルト教団に史上最悪の事件を起こされてしまい混乱する公安。捜査に欠陥はなく、最終的には予測不能で偶発的に起きたと結論つけられる。

二人が話していると、里見と思わしき人物が歩いてるのを見た稲見と田丸は、追いかけようとするが人違い。

事件の予兆で誰もかれもが怪しく見てしまう。

その頃、青沼が里見のことであまり深入りしない方がいいのでは?と鍛治に話をしていると、鍛治の携帯に警視総監の乾 陽一(嶋田久作)から着信がはいり、呼び出される。

乾は鍛治に、特捜班を使って里見を捕まえるよう圧力をかける。

犯人・里見の潜伏先

一方、カルト教団の信者・羽田(山口翔悟)は厳戒態勢の地下鉄構内をみたあと、里見が潜伏するアジトに向かう。

潜伏先の「吉川健康食品」には、4人の男たちが。里見のことを先生と慕う羽田たち。

また、特捜班の事務所では、大山が防犯カメラの映像から里見が用賀駅周辺にいることを突き止める。

大山は更に掲示板で里見の書き込みをしてワナを貼ると提案。

里見の目撃談を書き込んで、それに反応した相手のIPアドレスから居場所を突き止めると話す。

早速、大山のワナにかかった書き込みから、用賀にある「吉川健康食品」のビルを特定。稲見・田丸が現場へ向かう。

ホームセンターバトル

場所を特定されたと気付いた羽田たちは、里見を連れて車で移動を始める。

その車を追う稲見・田丸だったが、羽田たちに気付かれてしまい、ショッピングモールの中へ

稲見・田丸が車を降りて追いかけると、羽田たち5人の男が、警棒をもって襲い掛かる。

稲見・田丸も警棒を取り出し応戦!2対5の激しいバトルになり、ようやく全員を倒して里見の行方を追うが、完全に逃げられてしまう。

服装を素早く着替え、逃走する里見。

Sponsored Link


里見は元公安捜査官?

稲見は完璧に姿を消し、11年間も姿を隠していた里見に違和感を感じ、田丸に尋ねる

『何か知ってるんでしょ?里見はこっち側の人間なんですか?』

田丸は事件当時、公安内で広がった噂話をはなし始める。

カルト教団に長期の潜入捜査をしていた捜査員が寝返ってしまい、事件の実行犯になってしまったというもので、その捜査官はかなり優秀な人物で、教団内で瞬く間に幹部にまで昇進した。

稲見『里見が事件の実行犯だとしたら…あいつをテロの実行犯にまでなりきらせた動機はなんですかね?』

田丸『教祖に洗脳されて、感情の転移がおきたのかもしれない』

稲見『もしくはこの前田丸さんが言ってた奴ですか?本当に人生に帰りたいと思える、大切な何かを見失ったから…』

田丸『かもしれない…。ただ、今話したことはすべて噂話の域を出ない、だから、俺たちは事件の実行犯としての里見を追えばいい』

稲見『この前潜った時、銃撃を受けました。あんとき球が当たって死んでたら、おれはヤクザとして葬られただけですか?田丸さんは上の命令で口を閉ざしましたか?

里見がもし、俺たちと同じ警察官だったとしたら、その足跡を見つけてやらなきゃならないんじゃないですか?それを見つけることが、あいつを捕まえる近道なんじゃないですか?』

田丸『続きは戻ってからだ…』

その頃、里見は鍋島家と書かれた墓石の前にいた。

里見の正体判明

特捜班の事務所では、大山が里見のに該当しそうな警察学校の名簿などを調べ、該当者をピックアップしていく。すると、鍋島豊という男の名前を特定する。

稲見『なんにしろ、俺たちの仲間だったんです…。早く捕まえて、任務から解放してやりましょう』

吉永は、がさ入れの結果、吉川健康食品からは何の証拠も見つかっていないと話す。樫井は本当の目的はテロではないのではないかとつぶやき

田丸は、吉川健康食品関係の都内住居から、隠れ家になりそうな場所を探して欲しいと頼む。

その頃、里見は、とあるマンションに向かい、入口にあるポストに携帯のカメラを仕掛けて部屋に入る。

一方、待機していた田丸に電話が入り、稲見と南大井のマンションに向かう。

里見はカメラの映像で稲見と田丸が来たことに気付き、部屋を出る。

銃を構え、部屋にはいる稲見と田丸。里見は外からドアが開かないように仕掛けをして逃走。稲見はベランダから飛び降りて追いかけようとするが、里見は見当たらない。

鍛治は青沼から、里見を二度も取り逃がしたとの報告を受ける。

鍛治は里見の計画に気付いており、翌朝までに特捜班のメンバーが里見の狙いに気付かなければヒントを出すと話す。

里見の本当の狙い

一方、特捜班の事務所では、メンバーが里見の本当の狙いは何なのか考えていた。

稲見は自衛隊時代に、テロの心理について学んだ時のことを思い出し、標的には2種類しかなく、一つはシンボルとしての場所で、もう一つは個人的な動機で、恨みや復讐から生まれる場所や人だと話す。

里見の狙いは人だと推測し、11年前の里見の上司だと思われる人物を大山が特定する。それは3カ月前に警視総監に就任した乾陽一。

メンバーは出勤間近の乾の自宅に向かう。

その頃、里見はすでに乾の自宅前に車を止めて待ち構えていた。吉永はこのことを青沼に電話で報告するが、青沼は鍛治の指示通り動かない。

現場に向かう稲見たち特捜班の車。

逮捕、そして

乾の自宅マンジョン前に迎えの車がやってくる。ガードマンが車を降りて待っていると、マンションの玄関から乾が出てくる。

里見は銃を構え、発砲。ガードマンが打たれて倒れる。次に乾が打たれようとしたところで稲見が助け、田丸が里見を取り押さえる。

稲見は乾を車に乗せ、運転手に車を出すよう指示。

里見『公安か?だとしたらずいぶんらしくない連中だな。時代がかわったんだな…』

稲見『どうして寝返った?どうしてテロを実行した?』

里見はテロを決行した理由を話し始める。

事件の五日前、教祖に実行犯の命令をうけた里見は、すぐに公安に連絡するが、三日待っても助けはやってこず、仲間に裏切られたことを悟った里見は、実行しなければ自分が殺されると思い、やったと話す。

里見『理由はなんだっていい、俺は信じるものを失い、そっちの世界に戻る理由をなくしてしまったんだ。だからテロを実行した!』

稲見『お前が本当に警察官だとするなら、リンチを受けたとしても、実行するべきじゃなかった。罪のない人々の命を、奪うべきじゃなかった…。

それに、お前が言うことが正しいと証明するものは、なにも存在しない…』

里見『それがお前らのいる世界だよ。まあいい、すぐに分かるさ…。すぐに…。』

数日後、里見は独房の中で首をくくってしまう。

最後に稲見の闇…

稲見は自宅のベットの上で『まあいい、すぐに分かるさ…。すぐに…。』里見の言葉を思い出し座り込んでいる。

そこに松永芳から着信が『もしもし、今日は珍しく家にいるんだ。うん…ちょっとだけ仕事で嫌なことがあって。でももう大丈夫…いま、光が見えたから…』

稲見の部屋はマットレスがあるだけでカーテンすら付いていない・・・

CRISIS(クライシス)6話のネタバレでした!

Sponsored Link


CRISIS(クライシス)6話の感想

CRISIS(クライシス)6話の感想ですが、今回も解決することのない、巨大な国家の闇が見え隠れする内容になっていましたね。

カルト教団の罪を暴くため、潜入捜査でもぐりこんだ里見は、事件のことを公安の当時の上司・乾に報告するのですが、理由はハッキリしないままに見捨てられてしまい。

そのまま実行犯として事件を起こしてしまいます。

優秀な捜査官だったにもかかわらず、国家のコマとして捨てられた里見の復讐劇だったわけですが、稲見は最後、里見がいった『まあいい、すぐに分かるさ…。すぐに…。』という言葉を思い出しながら

自宅のベッドでボーっとしています。

そして部屋の様子が映し出されるわけですが、カーテンすら付けられていない稲見の部屋からは、稲見の闇な部分がひしひしと伝わってくる画になっていました。

なんとなく最終回の結末が見えたような気がするのですが、たぶん稲見は最後、誰かをあやめてしまうのではないでしょうか?なんとなくそんな気がしてしまう、CRISIS(クライシス)6話のラストシーンでした。

以上、CRISIS(クライシス)6話の感想【ネタバレ】最後に稲見の闇を感じる…についてでした!

CRISIS(クライシス)を1話から最新話まで見たいなら、フジテレビオンデマンドの『FODプレミアム』が絶対おススメです!

>>『CRISIS』を無料お試しで見る!<<

今なら31日間無料トライアルがあるので、無料のうちに見逃し配信で全話視聴できます!!