ひよっこ 60話 感想【ネタバレ】みね子は眠り姫w

シェアする

ひよっこ60話の感想・ネタバレを紹介します!

6月10日放送のひよっこ60話は、前回のひよっこで愛子からもらったお年玉がまさかのサプライズ切符で、みね子は大慌てで奥茨城に帰ることになります。

東京で過ごした初めての年越しは、みね子にとって色々なことがありましたね!

向島電気の倒産で、みね子は職を失い、仲間とも離れ離れ。そこからすずふり亭の職が決まったかと思えば、1人暮らしの部屋が決まり

愛子と二人で年末を過ごしたかと思えば、サプライズで奥茨城に帰郷!かなり忙しすぎる日々ですw

Sponsored Link


ひよっこ 60話のあらすじはこんな感じ!

ひよっこ 60話のあらすじを簡単に紹介!

愛子からもらったサプライズ切符で谷田部家に帰郷したみね子にみんな大喜びします。

一晩だけしかいられないみね子ですが、久しぶりの我が家でくつろぎます。

ちよ子・進が寝静まった後、美代子と茂と3人で父のことを話し、美代子の今の心境を知ることになります。

翌日、みね子の帰郷を聞きつけた君子やきよが谷田部家にやってきます。宗男や田神先生まで喜んで、みね子に会いにくるのですが・・・

ひよっこ 60話のあらすじは、こんな感じになっています!

ひよっこ 最終回までの感想・ネタバレまとめ!
ひよっこ 全話の感想・ネタバレだけでなく、ひよっこの視聴率や、ひよっこの動画を無料で視聴する方法なども紹介していきます!ここをみれば、ひよっこのあらすじ・ネタバレが最終回まで丸わかり!?ですっ^^

ひよっこ 60話のネタバレ!

ひよっこ 60話のネタバレになります!

『ただいまー!遅くなっちまってごめ~ん!明けましておめでとう!』

みね子は愛子からのサプライズお年玉で一晩だけの里帰り。

美代子のお雑煮の味に『うんめぇ~~~~』

みち子と進は、みね子の東京での話が気になって仕方がない

みね子すずふり亭で働けるようになった経緯を話す。

茂『ありがてぇ話しだなや~』

美代子『あのお店の方たちは、ウチにとっては神様みたいなもんだね。お母ちゃん、お礼の手紙書くね』

みね子の声『お父さん、私は、夢中で話し続けました。工場の仕事のこと、乙女寮のみんなのこと、それから、すずふり亭のこと。

しゃべってもしゃべっても、しゃべり足りなくて…』

みね子はあかね荘大家の富がお饅頭好きという話をすると、美代子は

『大家さんに、お饅頭もっていかないとね!あと、お店の方たちと、舎監さんと、あとアパートの方たちにも!いそがしくなるね~』

みち子と進も手伝う。

Sponsored Link


みち子・進が寝た後

茂と美代子と3人で話をするみね子

美代子『ありがとうね、帰ってきてくれて』

みね子『みち子も進もだけどさ、お母ちゃんも、じいちゃんも、誰もお父ちゃんのことなにもきかないね…。

お父ちゃんいないことに、なれてしまったのかね?私たち…。そうなってしまうのかね?』

美代子『あれから、何にもないんでしょ?慣れてなんかない。お母ちゃんは、お父ちゃんのいないことに、慣れてなんかないよ…。

ただ、口に出してもどうにもなんねぇし、悲しくなっからしないだけ…。お父ちゃんは、帰ってくるって信じてるよ。

寝なさい…』

みね子の声『お父さん、お母ちゃんの気持ちは、それだけではないよう気がしました…。でも、それ以上は聞けませんでした…』

茂『温かくしてな、東京より寒いんだからよ』

布団にはいるみね子。

みね子の声『なんだかとっても眠かったです。私、初めて、あ~うちの匂いってあるんだな~って思いました。うちにいる時は思ったことなかったのに

東京から帰ってきたら、匂いがあるんだな~って思いました。

音もあります、乙女寮で寝てる時の音と、全然違う。そしてその音も、とっても眠くさせるようです…』

翌朝

みち子『お姉ちゃん私が作った卵焼きみて、ビックリすかな~?』

美代子『上手になったもんね!』嬉しそうに朝食の用意をする二人。

進『全然起きねぇよ姉ちゃん~』

茂『朝飯の匂いで起きんじゃねえか?』

進は味噌汁を持っていき、寝ているみね子に匂いを嗅がせるが…、一向に起きないみね子。

しばらくすると、匂いにつられてようやく起きてくる。

半分寝た状態で、みち子が作った玉子焼きを食べるみね子

みち子『お姉ちゃん、これ私が作ったんだよ!』

みね子『うん~幸せだな~』

Sponsored Link


みんながやってくる

その頃、田神先生は猛ダッシュで走っている。

宗男は大声で新年のあいさつにやってくる『うえ~!明けましておめでと~う!!宗男おじさんだ…』

みんなから静かにするように言われる。眠るみね子をみて。

宗男『幸せそうに寝てんね~』

美代子『やっぱしどこかで気はってんだろうね、東京では』

宗男『なるほどな~なんだかかっこいいな。いや、なんか、都会的な感じがするわ。体だけでなく、心も使ってるなんてよ~都会的だっぺ!』

すると君子、きよと三男も訪ねてくる。そして向島電気が潰れたときいた田神先生も、慌てて訪ねてくる。

みね子の声『お父さん、初めてふるさとに帰った思い出は、よく寝たことしか覚えていません。とにかく、私は眠ってばかりで・・・。

そして私は、すっかり元気になって、東京に戻ってきました。

これから、すずふり亭のお仕事と、初めての1人暮らしが始まります。どんな出会いが待ってるんだろう?楽しみです』

以上ひよっこ 60話のネタバレでした!

ひよっこ 最終回までの感想・ネタバレまとめ!
ひよっこ 全話の感想・ネタバレだけでなく、ひよっこの視聴率や、ひよっこの動画を無料で視聴する方法なども紹介していきます!ここをみれば、ひよっこのあらすじ・ネタバレが最終回まで丸わかり!?ですっ^^

ひよっこ 60話の感想!

ひよっこ 60話の感想は、東京に出てから初めて奥茨城村に帰郷したみね子は、ほとんど寝て過ごしたってことですねw

それだけ、東京にいる間ずーーーーっと気を張った状態で過ごしていた、ということだと思います。

そして、初めて、自分の家の匂いや、音に気付いたと言っていましたが、実家を離れて暮らして、初めて気付くことができる感覚?ですね。

初めて1人暮らしした人が、初めて帰郷した時に感じるあるあるですねw

次週はのひよっこは、いよいよやっと、すずふり亭&あかね荘編が始まります!

以上、ひよっこ 60話の感想【ネタバレ】みね子は眠り姫wでした!