ひよっこ 68話 感想【ネタバレ】みね子の恋がはじまる?

シェアする

ひよっこ68話の感想・ネタバレを紹介します!

6月20日放送のひよっこ68話は、前回のひよっこで秀俊て島谷が意外と仲がいいこと、島谷とヤスハルには同じような悩みや寂しさがあることもわかりました。

生まれながらにして家業を継ぐ運命を背負っている人は、将来が約束されているかのように見えますが、決められたレールの上を歩くことしかできない寂しさもあるとうことです。

Sponsored Link


ひよっこ 68話のあらすじはこんな感じ!

ひよっこ 68話のあらすじを簡単に紹介!

すずふり亭の休日の夕方、みね子はお客さんからもらったラーメンを持って共同炊事場に行きます。

すると早苗がお米を研いでいて、そこへ、コーヒーを持って島谷もやってきます。

少しでも豪華な夕食にしようと、それぞれ分け合うことを思いついたみね子たちは、啓輔も加わって楽しく調理を始めます。

一緒に食事しながら啓輔が語り始めたのは「漫画家になりたい」という熱い思い…。それを聞いたみね子は・・・

ひよっこ 68話のあらすじは、こんな感じになっています!

ひよっこ 最終回までの感想・ネタバレまとめ!
ひよっこ 全話の感想・ネタバレだけでなく、ひよっこの視聴率や、ひよっこの動画を無料で視聴する方法なども紹介していきます!ここをみれば、ひよっこのあらすじ・ネタバレが最終回まで丸わかり!?ですっ^^

ひよっこ 68話のネタバレ!

ひよっこ 68話のネタバレになります!

休日の日、みね子はたまっていた手紙を書いて布団を干す。

みね子の現在の給料は1万円、ここから家賃4000円が引かれ、光熱費に100円、5000円は実家に仕送りするため

手元に残るお金はおよそ900円になり、向島電気にいた頃より若干厳しい。

共同の炊事場

昼食を作るため共同の炊事場に行くと、早苗がコメを研いでいる。

みね子は早苗にビクビクしながらインスタントラーメンを作ろうとすると、島谷もやってきてコーヒーを飲むという。

そして、早苗とみね子にも飲むかと訪ねる。

早苗はお金を使いすぎて余裕がないため、米だけを食べるという。

するとみね子が『いいこと思いつきました、分け合いませんか?早苗さんのお米と、私のラーメンと、食後に島谷さんのいれたコーヒーを食後にみんなで分け合ったら

けっこう豪華に夕食になりませんか?』

島谷も早苗も確かに、とうなずいていると、啓輔が食べ物の気配につられて『賛成』といってやってくる。

だが、啓輔は何を提供するのかと早苗から突っ込まれ、寂そうに帰ろうとする

島谷『じゃみんなで食べる場所を提供してもらいましょうか?ここじゃ狭いから』

Sponsored Link


4人で食事することに

だが、みね子が大家の富のことを思い出し、5等分することに。

島谷が野菜を切って調理を始める。

秀俊に料理を教わっているため、手際がいい。

みね子の声『お父さん、なんだか楽しいです!』

富にもおすそ分けするが、富『少ない・・・』

啓輔の部屋へ

ラーメンに乗せた野菜は、みね子の実家から送ってきたもので、みんなうまいと言って食べる

食後は島谷のコーヒーを4人で飲もうとしていると、みね子は壁に貼られた『目指せ藤子不二雄!!』の文字に気付き

みね子『藤子不二雄ってなんですか?』

啓輔は藤子不二雄のことを知らないみね子に驚いてしまう。

啓輔『すんません。僕らの神様なもんで、つい』

同じ富山の同じ町出身の藤子不二雄に憧れている啓輔

早苗『同じ町の成功した漫画家コンビニ憧れた、田舎の漫画少年二人組は、自分たちにもきっとできると思い込み、誰に認められた訳でも全くないのに

無謀にも高校をでたら、泣いて止める親を振り切って、わずかな貯金と大きな夢を持って上京。

そして早5年、昨年末に久しぶりに帰郷。君はあまりにも家族が諦めろ諦めろというのが嫌で、年末のうちに東京に戻ってきた。

だが相方は、4日に戻るはずが、戻らず、連絡もなく、手紙の返事もこない。おそらく、もう戻ってこないのであろう…そんなとこか?』

完全に図星を付かれ、たじたじの啓輔

Sponsored Link


啓輔の夢

みね子『あの、どうすんですか?これから』

啓輔『確かに、早苗さんのいう通り、無謀やし、才能もないかもしれん。でも辞めるわけにはいかんからやっとる訳ではないがです。

好きなんです、漫画かくのがどうしようもなく好きなんです。好きで好きでたまらないんです。

何も食べんと何日でも書いてられる。好きなんです。でも、相棒が諦めたとしたのなら、それは仕方ないです。攻めることなんてできん。

でも、漫画かきたい、いつか僕らが藤子先生の漫画を夢中で読んだみたいに、子供らに読んでもらいたい。書きたいがです…』

みね子の声『お父さん、私、なんだか羨ましいなっておもいました。夢があってすごいな~』

島谷『羨ましいな、羨ましいよ』

みね子の声『島谷さん、同じことを感じてたんですね。なんだか私、胸の奥が、いま…こんな気持ち・・・』

浅香航大 登場!

するとそこに啓輔の相方・坪内祐二(浅香航大)が帰ってくる!

啓輔は喜んで祐二に飛びつく!だが祐二は部屋に3人がいて満たされた幸せな空気に驚く。

そしてみね子の所に走っていき『誰?まさか、啓輔の彼女け!?』

みね子『はあっ!?』

以上ひよっこ 68話のネタバレでした!

ひよっこ 最終回までの感想・ネタバレまとめ!
ひよっこ 全話の感想・ネタバレだけでなく、ひよっこの視聴率や、ひよっこの動画を無料で視聴する方法なども紹介していきます!ここをみれば、ひよっこのあらすじ・ネタバレが最終回まで丸わかり!?ですっ^^

ひよっこ 68話の感想!

ひよっこ 68話の感想は、今回も新キャストが登場しましたね!浅香航大が演じる啓輔の相方・坪内祐二です。

おっとりした感じの啓輔とは違い、元気のいい感じの祐二です。

そして一番気になるのは、みね子が島谷に抱いた感情w『胸の奥が…』とかいっていましたが、恋が始まる予感でしょうか?

秀俊ではなく、島谷の方に、みね子は惹かれていくのでしょうか?今後の展開が気になりますね~w

以上、ひよっこ 68話の感想【ネタバレ】みね子の恋がはじまる?でした!