ひよっこ 73話 感想【ネタバレ】実の行方不明の理由が判明!

シェアする

ひよっこ73話の感想・ネタバレを紹介します!

6月26日放送のひよっこ73話は、前回のひよっこで、すずふり亭、あかね荘、あかね坂商店街、それぞれの人たりがそれぞれに

何かしらの悲しい過去や悲しい思い出を抱えていることが明らかになりました。そんな中でも明るく笑顔で、一生懸命に生きている。

そんなことがわかった回でしたね~

Sponsored Link


ひよっこ 73話のあらすじはこんな感じ!

ひよっこ 73話のあらすじを簡単に紹介!

1966年4月、ちよ子が中学生になり、通学かばんをプレゼントしたみね子に、ちよ子からお礼の手紙が届きます。

手紙を読んで、みね子はますます仕事へのやりがいを感じます。

そんなある日、警察を辞めて茨城に帰っていた綿引ですが、突然すずふり亭にやってきます。

実のことで何か情報が入ったら教えてくれと同僚に頼んでおいた綿引に、新しい情報が入いります。

鈴子ら店の仲間が見守るなか、実に起こった出来事を聞くみね子・・・

ひよっこ 73話のあらすじは、こんな感じになっています!

ひよっこ 最終回までの感想・ネタバレまとめ!
ひよっこ 全話の感想・ネタバレだけでなく、ひよっこの視聴率や、ひよっこの動画を無料で視聴する方法なども紹介していきます!ここをみれば、ひよっこのあらすじ・ネタバレが最終回まで丸わかり!?ですっ^^

ひよっこ 73話のネタバレ!

ひよっこ 73話のネタバレになります!

1966年4月になり、ちよ子は中学生に。みね子からもらったカバンを嬉しそうに磨く。制服はみね子のおさがり。

ちよ子からお礼の手紙を受け取ったみね子

『お父さん、ちよ子が中学生になりましたよ。制服は私のおさがりです。でもちよ子は、沿っても喜んでくれて可愛い字でお礼の手紙をくれました。

なんだか胸が熱くなるくらい、嬉しかったです。頑張って働いてよかった~と思いました!

きっと東京で働いていたお父さんも、こんな気持ちだったんじゃないかな~って』

その頃、茨城の実家に帰っていたはずの綿引が走っている。そしてすずふり亭に。

Sponsored Link


実の行方不明の理由

昼の休憩時間

綿引『また突然ごめん。ここで話していいのかな?』

みね子『はい。皆さん、父のことは分かっていますので』

綿引『いい職場なんだね、よかったね。同僚に何か気になる事、手掛かりになりそうなことあったら教えてれないかと頼んでおいたんだ。

赤坂署で一人、ひったくり犯が捕まった。仕事帰りの、出稼ぎ労働者から、現金を奪おうとした。

おととしの九月、郵便局で送金をしようとしていた人からね。でもその人は抵抗したんだそうだ。で犯人は、そこらの棒きれでその人を殴ってしまった。

そして金を奪って逃げた…。お金を奪われた人は、お父さんらしい』

実がバッグをもって歩いていると、後ろからひったくり犯がバッグを奪って逃げる。

実は必死に追いかけ犯人の足にしがみ付き『返してください!家族がその金をまってるんです。その金は、家族のため位に働いて作った金なんです。お願いします』

犯人は近くに落ちていた角材で実を殴り、気絶させ、走って逃げる・・・

綿引『犯人はね、怖くなって少しして、こっそり様子を見に戻った、でもそこには実さんの姿はなかった』

救急車などで病院に運ばれた記録や病院に言った形跡もなく、行き倒れの人などの記録なども見つからず、その後、実がどうなったのかは全く分からいと言う。

綿引『でもね、お父さん、これは家族のためのお金なんだ!返してくれ!って、何度も何度も言ったそうだ。

出稼ぎが嫌になって、家族を放り出していなくなった訳ではなかったね』

涙ぐむめで『はい』とうなずく、みね子

綿引『俺はこれから茨城に戻って、みね子ちゃんのお宅に伺おうと思う。お母さんには、僕から伝えたいから』

みね子『はい、ありがとうございます』

じゃ、と行こうとする綿引に、省吾は『ちょっと待てますか?汽車の中で弁当食べてください。うちの子がお世話になってるんだ、それぐらいさせて下さい。元治、秀』

みね子も涙を拭い、調理場に『なんか手伝わせて下さい。お願いします。お願いします!なんもお礼できることがないので』

秀俊からハンバーグの作り方を教わる。

鈴子は東京の家族として、お礼をいいますと、頭を下げる。高子も一緒に頭を下げる。

鈴子『谷田部さんにお伝えください。みね子は頑張ってますから、ご安心ください。と』

綿引は、弁当を持って去っていく。

秀俊と無言でニンジンの皮むきをするみね子

秀俊『辛いことがある時は、目の前のことに集中するのがいいと思う。おれは…』

みね子『はい、ありがとうございます…』

Sponsored Link


その日の夜

調理場では、あかね荘のメンバーが集まって話している。

みね子が帰ってくるが、みんなが声をかけても、元気のない返事でそのまま行ってしまうみね子。

そこに電話がかかってくる。富が出ると、美代子からの電話で、みね子がかわる。

心配そうにみね子の会話を聞くあかね荘のメンバー

みね子『もしもし、母ちゃん?』

美代子『みね子、お母ちゃんも、綿引さんから聞いたよ。お父ちゃんのこと…。みね子、大丈夫?』

みね子『うん…。怖かっただろうね~。痛かっただろうね…。どこさいっちゃったんだろうね、お父ちゃん…』

涙を流しながら話すみね子。

以上ひよっこ 73話のネタバレでした!

ひよっこ 最終回までの感想・ネタバレまとめ!
ひよっこ 全話の感想・ネタバレだけでなく、ひよっこの視聴率や、ひよっこの動画を無料で視聴する方法なども紹介していきます!ここをみれば、ひよっこのあらすじ・ネタバレが最終回まで丸わかり!?ですっ^^

ひよっこ 73話の感想!

ひよっこ 73話の感想は、ついに実が行方不明になった理由が明らかになりましたね!

引ったくり犯に襲われた後、行方不明になってしまったことを考えると、どうやら実は、記憶喪失になってしまったということのようです。

しかし綿引、久しぶりの登場にもかかわらず、相変わらずのいい人っぷりでしたね~

茨城から東京に出てきたかと思うと、とんぼ返りで奥茨城まで!いい人がすぎますw

ここからまた、大きく物語が動きそうですね!

以上、ひよっこ 73話の感想【ネタバレ】でした!