火星12号ミサイルの値段や威力は?高度と速度がとんでもない!

シェアする

北朝鮮が8月28日に発射した

ミサイルの名前が判明しました!

『火星12号ミサイル』と言われる中距離弾道ミサイルです!

この火星12号ミサイル、値段や威力は

どれくらいなのでしょうか?

また高度や速度、軌道についても

調べてみたいと思います!

Sponsored Link


火星12号ミサイルの値段は?

まず、火星12号ミサイルの値段は

おいくらくらいになるのでしょうか?

北朝鮮が発射する弾道ミサイルには

大きく分けて3種類のミサイルがあります!

射程距離の短いものから

短距離弾道ミサイル・中距離弾道ミサイル

長距離弾道ミサイルの3種類

よく聞く名前で言うと

短距離弾道ミサイルが『スカッド』

中距離弾道ミサイルが『ノドン』もしくは『ムスダン』

長距離弾道ミサイルが『テポドン2』などです。



それぞれ射程距離が違うため

値段もスカッドが約2~5億円

ノドンが約3億5000万円

ムスダンが約13億~17億5000万円

テポドン2が約840億円と言われていて


今回発射された『火星12号ミサイル』は

中距離弾道ミサイルで2700km飛んでいることから

値段はムスダンと同じかそれ以上の

20億円近い値段になるのではないかと思われます。

火星12号ミサイルの威力は?

次に火星12号ミサイルの威力についてですが

これは未知数としか言いようがありません!

火星12号ミサイルは弾頭部分の交換ができるため

それが現代の技術で開発された核であれば

アメリカが広島・長崎に落としたもとは

比べ物にならないほどの

甚大な被害がもたらされることは言うまでもありません。

今回は北朝鮮から2700km先の太平洋に落下しましたが

火星12号ミサイルの射程距離は約5,000km

と言われているため

グアムにも十分に届く距離です。

これは日本だけでなく、アメリカにとっても

見過ごせない脅威だということが示された証拠です。

Sponsored Link


火星12号ミサイルの高度や軌道と速度は?

次に火星12号ミサイルの高度や軌道と速度についてですが

8月29日に発射された火星12号は

「最小エネルギー軌道」とも呼ばれる

低めの軌道で発射されています。

低めと言っても最高高度約550m

北海道の上空を超えて行ったことになります。


また、速度は約14分で2700km飛んでいることから

秒速2~5kmの速度で飛んで行ったと考えられます。


実は火星12号ミサイルが発射されたのは

今回が2回目で、1回目は5月14日に発射されています。

この時は、北朝鮮から約800kmの海上に落下しているのですが

最高高度が2000km超といわれる

「ロフテッド軌道」で発射しているため

約30分間飛行して海に落ちています。

この為、ニュースなどでは騒ぎになったものの

Jアラートが発動することもなく

今回ほどの騒ぎにはなりませんでした。



ですが、北朝鮮側からみてみると

火星12号ミサイルのロフテッド軌道と

最小エネルギー軌道の両方の軌道での

発射実験に成功したということになりますので

日本はもちろんアメリカにとっても

脅威が増したことは言うまでもありません。


もし北朝鮮が日本を標的にミサイルを発射した時に備えて

我々が事前にできることといえば


防災グッズなんかを揃えておくことくらいでしょうか^^;

>>防災グッズ 1人用 28点セット【レディース 避難セット 防災セット】

火星12の読み方は?

ここで火星12号ミサイルの読み方が

気になっている人もいるようなので

紹介したいと思います!

日本語の読み方はそのまま『かせい12』になります。



朝鮮語の読み方になると『ファソン12』になります。

朝鮮語の表記は『화성 12』になるようです!

火星12号ミサイルの脅威!

火星12号ミサイルはこれまで北朝鮮が保有してきた

中距離弾道ミサイル『ムスダン (火星10) 』の

新型ミサイルになるもので

新しい液体燃料エンジンを使用したことで

500kgの弾頭を乗せた場合の射程距離は5,000km

倍の1トンの弾頭を載せた場合でも射程は3,000kmと

日本を余裕で吹っ飛ばしかねない脅威を持った

中距離弾道ミサイルということになります!



また、主エンジン4基の構成にすることで

火星12号ミサイルの射程は、13,000kmまで伸ばすことができ

アメリカ本土も余裕で射程にとらえてしまう

ICBM(大陸間弾道ミサイル)にもなってしまうそうです!

すでに北朝鮮は世界にとっての

脅威になたということなんですね~

トランプ大統領がムキになる気持ちもわかります^^;

Sponsored Link


・まとめ

火星12号ミサイルの値段や威力

高度や軌道、速度など

8月29日の北朝鮮のミサイル発射で

気になることをまとめてみました!

中距離弾道ミサイルの火星12号の値段は

推定になりますが、約13億~17億5000万円以上!

威力は搭載する弾頭次第になるので未知数ですが

射程距離が1トンの弾頭を搭載したとしても

3,000kmもあるため

日本全土を余裕で吹っ飛ばすだけの威力をもった

弾道ミサイルと言えそうです。

また、エンジンの構成しだいでは

射程距離を13,000kmまで伸ばすとが出来るため

北朝鮮は日本だけでなくアメリカ本土も狙える

脅威を持った国になったと言えます。

金正恩は今後も、火星12号ミサイルを

太平洋に発射すると言っているため

これからの米朝関係がどうなるのか?気になるところです^^;

◆北朝鮮のミサイル関連記事はこちら↓

ミサイルが落ちたらどうなる?海や魚への影響は大丈夫?
ミサイルが落ちたらどうなるのか?海や魚への影響が気になります!北朝鮮はまたもミサイルを発射しました!8月28日にも北海道上空を飛び越え太平洋の海に落下しています。今回のミサイルも前回同様太平洋の海に落下したことが確認されています。今のところ人や建物船舶への被害などは確認されておらずひとまず安心といったところですが
ミサイル発射の費用は1発いくら?北朝鮮が金持ちすぎる件w
北朝鮮からまたもミサイルが発射されました!ここ最近の北朝鮮はミサイルを乱発していますがそもそもミサイル発射の費用は1発いくらなのか?気になりまます。ミサイル1発がおいそれと買えるような金額ではないことは確かですし自分たちで作るにしても莫大な開発費用が必要になることは明確!北朝鮮はいったいどこからミサイル発射の費用を捻出しているのでしょうか?
弾道ミサイルの速度は?日本まで何分で到達可能か調べてみた!
弾道ミサイルの速度はどれくらいなの?日本まで何分で到達するのか気になります!北朝鮮から度々発射される弾道ミサイル。すでに金正日政権のときより倍以上の頻度で弾道ミサイルを発射している金正恩。8月29日の弾道ミサイル発射の際にはJアラートまで発動する事態になってしまいました。