台風21号の進路予想2017!米軍・気象庁の進路予想図を随時更新

シェアする

台風21号の進路予想2017!

米軍・気象庁の最新進路予想図を随時更新しています!

※2017年10月21日(土)更新!

台風21号は週末にかけて北上し日本に近づく恐れがあります。

衆院選への影響も懸念されるため

今後の台風21号の動きにご注意ください!


ヨーロッパの進路予想図をみると

台風21号が日本に上陸しかねない予想進路を示しています!


この台風21号が発達し北上した場合どのような進路予想になるのか?

米軍・気象庁の最新進路予想をご紹介します!

Sponsored Link


台風21号の米軍進路予想・予想図【最新】

※10月22日の台風21号の米軍進路予想・予想図

10月22日のJTWC(米軍)が発表している

台風21号の進路予想では


沖縄県の大東島付近を北上し

本日22日の午後15時頃には

近畿地方の南の海上まで北上してくる予想です。


明日23日午前3時ごろには

東京湾付近から首都圏に上陸する予想となっています。

月曜日の朝ということもあって

首都圏の交通機関に大きな影響がでる恐れがあります。


外出の際には暴風雨にも耐える頑丈な傘

用意しておいた方がいいかもしれません↓

\送料無料/【BLUNT XS メトロ 折りたたみ傘 A2457 男女兼用】ゲリラ豪雨 強風 暴風雨 風に強い 折れない!

折り畳み傘なのでゲリラ豪雨にも最適です!


台風21号の気象庁進路予想・予想図【最新】


※10月22日の台風21号の気象庁進路予想・予想図

10月22日 6時 気象庁発表

台風21号の24時間の進路予想図です!

本日22日、正午には沖縄県大東島の北東の海上付近に位置し

今後、スピードを速めながら

10月23日(月曜)午前6時ごろには

静岡県付近から上陸する予想となっています。


◆台風第21号 (ラン)の概要

10月22日07時50分 気象庁の発表によると

台風21号の現在位置は沖縄県の大東島に近い

北東の海上付近にあって


35kmの速さで北北東に進んでいます。


超大型で非常に強い台風となった

台風第21号の中心気圧は、925hPa

中心付近の最大風速は、50m/s

最大瞬間風速は、70m/s

10月23日午前0時には近畿地方の南の海上まで北上し

午前6時頃に、愛知・静岡付近の沿岸から上陸する予想です。


Sponsored Link


※10月21日の台風21号の米軍進路予想・予想図

10月21日のJTWC(米軍)が発表している

台風21号の進路予想では


日本列島にもっとも接近している『22/18Z』の表記が

日本時間の10月23日(月曜)午前3時ごろの

台風21号の予想位置になります。


この後、東京湾付近から首都圏に上陸する予想となっています。

台風21号の接近で、首都圏の交通機関に

大きな影響がでる恐れがありますのでご注意ください。


※10月21日の台風21号の気象庁進路予想・予想図

10月21日 06時45分 気象庁発表

台風21号の72時間の進路予想図です!

気象庁の予想でも日本列島にもっとも近づくのは

10月23日(月曜)午前3時ごろとなっています。


米軍が発表している進路予想よりも

台風21号の通過位置が西よりになっているため

東海地方付近から上陸する可能性が高いようです。


◆台風第21号 (ラン)の概要

10月21日06時45分 気象庁の発表によると

台風第21号の現在位置は日本の南の海上付近にあって

15kmの速さで北北東に進んでいます。


超大型で非常に強い台風に発達した

台風第21号の中心気圧は、925hPa

中心付近の最大風速は、50m/s

最大瞬間風速は、70m/s

10月22日の朝には沖縄付近に接近する見込みです。

※10月20日の台風21号の米軍進路予想・予想図

10月20日のJTWC(米軍)が発表している

台風21号の進路予想では


進路予想図の一番上に位置してる『24/18Z』の表記は

日本時間の10月25日(水曜)午前3時ごろの

台風21号の予想位置になります。


この頃には台風21号は熱帯低気圧に変わっていると思われます。

台風21号の影響がでるのは

10月22日~10月24日ごろの予想となっていて

23日(月曜)~24日(火曜)にかけて首都圏に上陸する恐れがあります。

※10月20日の台風21号の気象庁進路予想・予想図

10月20日 06時45分 気象庁発表

台風21号の5日間の進路予想図です!


10月25日(水曜)午前3時ごろには

日本列島を通過している予想になっています。


気象庁の予想では米軍が発表している進路予想よりも

台風21号の通過位置が西よりになっているため

予想通りにすすむと、10月23日(月曜)に

近畿地方付近から上陸する可能性が高いようです。


◆台風第21号 (ラン)の概要

10月20日06時45分 気象庁の発表によると


台風第21号の現在位置はフィリピンの東の海上付近にあって

15kmのスピードで北に進んでいます。

台風第21号の中心気圧は、965hPa

中心付近の最大風速は、35m/s

最大瞬間風速は、50m/s

大型で強い台風第21号は今後も勢力を強めながら

10月22日頃には沖縄県から鹿児島県に近づく見込みです。

※10月19日の台風21号の米軍進路予想・予想図

10月19日発表のJTWC(米軍)が発表している

台風21号の進路予想では


進路予想図の一番上に位置してる『23/18Z』の表記が

日本時間の10月24日(火曜)午前3時ごろの

台風21号の予想位置になります。


台風21号の予報の中心は神奈川県の南の海上付近まで

北上する予想になっていて



関東地方に上陸する恐れも出てきました!

10月24日頃には四国地方を始め、東海地方、関東地方へも

台風21号の影響がてている可能性があります。

※10月19日の台風21号の気象庁進路予想・予想図


10月19日 06時45分 気象庁発表

台風21号の5日間の進路予想図です!


10月19日時点の台風21号の5日間の進路予想では

10月24日(火曜)午前3時ごろには

予報円の中心が関東地方の上空付近に位置しています。

米軍が発表している進路予想よりも

台風21号の到達位置が西よりになっている気象庁の予想では

東海地方付近から上陸している可能性が出てきました。


◆台風第21号 (ラン)の概要

10月19日06時45分 気象庁の発表によると


大型で強い勢力に発達した台風第21号は


現在もフィリピンの東の海上付近を

15kmの速さで北北西の方向に進んでいます。

台風第21号の中心気圧は、970hPa

中心付近の最大風速は、35m/s

最大瞬間風速は、50m/s

台風第21号は徐々に勢力を強めながら沖縄県に近づいています。


もっとも沖縄県に近づくと予想される10月22日頃には


非常に強い台風に発達し

最大瞬間風速70m/sの予報になっています。

大きな被害がでる可能性があるため

避難準備など早めに対策をされてください。

※10月18日の台風21号の米軍進路予想・予想図


10月18日発表のJTWC(米軍)が発表している

台風21号の進路予想では


進路予想図の一番上に位置してる『22/18Z』の表記が

日本時間の10月23日(月曜)午前3時ごろの

台風21号の予想位置になります。


台風21号の予報中心は鹿児島県の南東の海上付近まで

北上する予想になっています。

10月23日頃には九州全域を始め、四国地方も

台風21号の影響が出始めている可能性があります。

※10月18日の台風21号の気象庁進路予想・予想図

10月18日 06時45分 気象庁発表

台風21号の5日間の進路予想図です!


10月18日時点の台風21号の5日間の進路予想では

10月23日(月曜)午前3時ごろには

予報円の中心が鹿児島県の南東の海上付近に位置しています。

米軍が発表している進路予想よりも

台風21号の到達位置が若干南よりになっているものの

ほぼ同じような進路予想になっています。


◆台風第21号 (ラン)の概要

10月18日06時45分 気象庁の発表によると


台風第21号は現在もフィリピンの東の海上付近を


ゆっくりとしたスピードで北東の方向に進んでいます。


台風第21号の中心気圧は、970hPa

中心付近の最大風速は、35m/s

最大瞬間風速は、50m/s

台風第21号は昨日より勢力を強めながら北上しています。

すでに最大瞬間風速が50mを記録しています!

沖縄県に近づくころにはさらに勢力を強めて

北上する予報となっていますので

避難準備など早めの対策をされてください。

※10月17日の台風21号の米軍進路予想・予想図

引用:JTWC http://www.usno.navy.mil/JTWC/

2017年10月17日

JTWC(米軍)が発表している台風21号の進路予想では

進路予想図の一番上に位置してる『21/18Z』の表記が

日本時間の10月22日(日曜)午前3時ごろの

台風21号の予想位置になります。


円の中心のすぐ左上に小さく『Amami Oshima』と表記されています

これが鹿児島県の奄美大島になります。

10月22日頃には沖縄県・鹿児島・宮崎を始め

九州全域に台風21号の影響が出始めている恐れがあります。

※10月16日発表の台風21号の米軍進路予想・予想図

引用:JTWC http://www.usno.navy.mil/JTWC/

10月16日時点でJTWC(米軍)が発表している

台風21号の進路予想では

進路予想図の一番上に位置してる『20/18Z』の表記が

日本時間の10月21日(土曜)午前3時ごろの

台風21号の予想位置になります。


※10月17日発表の台風21号の気象庁進路予想・予想図

引用:気象庁 http://www.jma.go.jp/jp/typh/

10月17日06時45分 気象庁発表

台風21号の5日間の進路予想図です!


10月17日時点の台風21号の5日間の進路予想では

10月22日(日曜)午前3時ごろには

予報円の中心が沖縄県の右下の海上付近に位置しています。


◆台風第21号 (ラン)の概要

10月17日06時45分 気象庁の発表によると


台風第21号は現在もフィリピンの東の海上にあり

昨日より5kmほどスピードを速め

15kmの速さで西北西に進んでいます。


台風第21号の中心気圧は、994hPa

中心付近の最大風速は、20m/s

最大瞬間風速は、30m/s

台風第21号は勢力を強めながら北上しています。

沖縄県に近づくころにはさらに強まる恐れがあります。

Sponsored Link


※10月16日発表の台風21号の気象庁進路予想・予想図


引用:気象庁 http://www.jma.go.jp/jp/typh/

↑一番下の画像が気象庁が発表している

台風21号の5日間の進路予想図です!


10月16日時点の台風21号の5日間の進路予想では

10月21日(土曜)午前3時ごろには

沖縄県の南の海上付近まで北上してくる予想です!


◆台風第21号 (ラン)の概要

台風第21号はフィリピンの東の海上にあり

10kmの速さで西北西に進んでいます。


台風第21号の中心気圧は、1000hPa

中心付近の最大風速は、18m

最大瞬間風速は、25m

台風第21号は発達しながら北上し、勢力が強まる恐れがあります。

台風21号のヨーロッパ進路予想・予想図は日本に上陸!?※10月15日時点

※2017年10月15日発表のものです↓

まずはヨーロッパ(ECMWF)が発表している

台風21号の進路予想図を紹介します!

1507948474G3QnCKofISXf2GL1507948474

引用:ECMWF https://www.ecmwf.int/

少しわかりにくいですが

日本列島は進路予想図の中央左よりにあります!

ヨーロッパ(ECMWF)の進路予想図では

10月16日~10月23日までの

台風21号の進路予想が発表されているのですが


10月18日ごろから日本列島のはるか南の海上に

濃い緑色をした丸い物体が日本列島に向かって

北上していくのが見えています。


これが台風21号が10月23日までに辿る予想進路とされていて

10月22日の21:00に宮崎県の横の太平洋上を北上

10月23日の21:00には福島県や宮城県横の

太平洋上に達している予想進路を示しています!


ただ、この進路予想図は10月15日時点で発表されている

ヨーロッパ(ECMWF)の10日間予報になるため

日にちの経過とともに予想精度が落ち

進路が大きく変わってくる可能性があるため

現時点では参考程度に見ておくのがいいと思います!


ですが台風に備えて暴風雨にも耐える頑丈な傘くらいは

用意しておいた方がいいかもしれません↓

\送料無料/【BLUNT XS メトロ 折りたたみ傘 A2457 男女兼用】ゲリラ豪雨 強風 暴風雨 風に強い 折れない!


折り畳み傘なのでゲリラ豪雨にも使えます!

お値段はそこそこお高めですが^^;

台風21号の米軍進路予想・予想図!!※10月15日時点

※2017年10月15日発表のものです↓

次に台風の進路予想に定評があり米軍も参考にしている

JTWC(米軍)の進路予想図を見てみましょう!


引用:JTWC http://www.usno.navy.mil/JTWC/

JTWCの10月15日午前9時

この時点での台風21号の進路予想はまだ発表されていませんでした。


現在は台風21号のたまごと言うこともあって

進路予想を発表するにはいたっていないようです!


引用:気象庁 http://www.jma.go.jp/jp/typh/

次にこちらの画像はJTWC(米軍)が発表している衛星写真になります!

画像の中央のオーストラリア大陸の北側に

『91W』と表記されたオレンジ色の〇が見えます!

こちらが台風21号のたまごと言われている

熱帯低気圧になります!


オレンジ色の〇は「MEDIUM」判定で、意味は

『監視対象であり、今後24時間以内に発達する可能性が高まっている』

と定義されているそうです!


ちなみに、この台風のたまごが台風21号に発達した場合

名前は『ラン』で、嵐という意味になります。

Sponsored Link


台風21号の気象庁進路予想・予想図!※10月15日時点

※2017年10月15日発表のものです↓

さらに気象庁が発表している台風21号の

進路予想図も見てみましょう!


引用:気象庁 http://www.jma.go.jp/jp/typh/

こちらは10月15日21時時点の

気象庁発表による台風21号の進路予想図です!

日本列島のちょうど真下、はるか南の海上にある

白文字で『b』と表記されているのが

台風21号のたまごとなる熱帯低気圧です!


現時点では気象庁の進路予想図でも

台風のたまごのため詳細な進路予想は発表されていません!



ですが、こちらの天気図を順番に見ていただくと

台風21号と思われる『低』と表記された巨大な低気圧が

日本列島を10月21日~10月24日にかけて

縦断していくのが分かります!


10月21日の天気図↓

10月22日の天気図↓

10月23日の天気図↓



10月24日の天気図↓

先ほど紹介したヨーロッパ(ECMWF)の進路予想とは異なりますが

台風21号が日本列島に近づくのは

おそらく間違いないのではないかと思います!

台風21号の日本への影響や上陸はいつ?

それでは一番気になる、台風21号の

日本への影響や上陸はいつになるのか?

ということですが


10月15日時点では

台風21号(たまご)は沖縄県のはるか南の海上にあり

熱帯低気圧の状態のため

日本への影響や上陸はいつになるのか

ハッキリとしたことは現時点では分かりません^^;


ですがこれまでに紹介してきた

ヨーロッパのECMWFや米軍のJTWC、気象庁の進路予想図を見る限り

台風21号が日本列島に最も接近するのは

10月21日~10月24日頃ではないかと思われます!


台風21号の日本への影響や上陸については

各機関が今後発表する

最新の進路予想や予想図をこちらの記事で

随時更新していきますので

そちらをチェックして頂ければと思います!

Sponsored Link


・まとめ

台風21号の進路予想2017ということで

米軍や気象庁の進路予想図を紹介してきました!

今後、台風21号のたまごが台風に発達した場合

10月21日~10月24日頃にかけて

日本列島を縦断していく可能性が高まっています!


10月22日はちょうど衆議院選挙の投票日のため

この日に台風21号が日本に接近したとなると

選挙にも影響が出かねません。


今後の台風21号の進路予想についても

最新情報を随時更新していきますので

ちょこちょこ覗きにきていただければと思います!

最後までお読みいただき、ありがとうございました^^

◆台風21号の接近で選挙や投票日に影響がでるかもしれせん^^;↓

台風21号の衆議院選挙や投票日への影響は?米軍進路予想2017!