コウノドリの動画!9話を見逃し視聴するならここ!ネタバレも

シェアする

コウノドリの9話が放送されましたね!

このコウノドリの動画9話は見逃し視聴できるの?と、気になって動画を探している人が多いようです。

毎週見ていた大好きなドラマ『コウノドリ』を今回に限って見逃してしまったーー!!なんて人も多いと思います。

なのでこのページでは安心してコウノドリ9話の動画を見逃し視聴できる方法を紹介しています!

YouTubeやDailymotionなど違法にアップロードされた動画じゃないので、高画質でCMもないし心置きなく視聴できますよ!

コウノドリ9話の予告動画を紹介!

コウノドリ9話の予告動画を載せておきます!今回のコウノドリも涙なしに見ることは出来なそうですね(;;)

コウノドリの動画!9話を見逃し視聴するおススメの方法!

ではコウノドリ9話の動画を見逃し視聴できるおススメの方法を紹介します!

それは、コウノドリの放送が終わるたびに、見逃し配信をしてくれている公式のサービス『U-NEXT』です!

『U-NEXT』には31日間無料トライアルが付いててお得なので

コウノドリはもちろん、その他の人気ドラマや映画、海外ドラマも見放題です!

>>>『U-NEXT』の31日間無料トライアルはこちら

無料期間中に登録して31日以内に解約することもできるし、その場合でもお金をかけずにコウノドリの動画を1話から見逃し視聴できてしまいます!

コウノドリ以外にももちろん、映画や海外ドラマもすべて時間が許す限り好きなだけ見れてしまいます!

ただ、31日間の無料トライアルはいつまでやっているのかわからないので、コウノドリの動画を安全に見逃し視聴したいなら早めに登録したほうが損しないです^^

>>>『U-NEXT』の31日間無料トライアルはこちら

コウノドリ9話のあらすじを簡単に♪

コウノドリ9話のあらすじを簡単に紹介します。コウノドリ9話では「不育症」に悩む妊婦さんの物語になります!

過去2回流産を経験してき妊婦・篠原沙月はサクラのもとを訪れます。

不安な想いを抱えながらサクラの診察を受ける沙月ですが、診断の結果は、またもエコーに映つる胎児に心拍はありません・・・。
  

流産は今回で3回目。沙月は自分の体は不育症ではないかと疑います。

現代医学でも、不育症はまだまだわからないことが多い病のため、サクラ自身も、妊婦とどう向き合うべきか悩みます。

  

一方、父・晃志郎が再び倒れたと聞きき、動揺する四宮は、石川県能登にある実家に帰省します。

ですがそんな矢先、父・晃志郎が診察をしていた妊婦に早剥の疑いが・・・。

  
妊婦は一刻を争う事態のため、晃志郎は自らが執刀するしかないと言い、そんな父をみかねた四宮は、代わり緊急カイザーをすることを決意します。
  

その頃、下屋は忙しい救命の現場で、患者の症状に対応できず、悔しい思いをしています。。そんな中、36週の妊婦が緊急搬送される。
  

下屋は産科時代の知識をいかして、緊急カイザーを提案するのですが…。

ペルソナ総合医療センターではサクラ、下屋、小松)、白川、四宮、今橋らそれぞれが、それぞれの思いを抱え、動き出すーーー。
  

コウノドリ9話のあらすじはこんな感じになっているようです!

>>>『U-NEXT』の31日間無料トライアルはこちら

コウノドリ9話のネタバレを紹介!

コウノドリ9話のネタバレを紹介します!

篠原沙月はペルソナ病院の待合室で不安そうな表情を浮かべている。
  

エコーで診察を終えたサクラは『篠原さんここに赤ちゃんの姿が見えます。ただ、心拍が確認できません。』

  
今回で3回目の流産になってしまった沙月は、自分の体が原因ではないかと自分のことを責め、自分の体は『不育症』なのではないかとサクラに尋ねる…。
  

翌日の会議では、篠原沙月の3回目の流産が議題に上がり、沙月が不育症の検査を望んでいることをサクラが伝えるも、不育症の原因は検査をしたからといってその原因が分かるものではないという話に。


しかし、小松とサクラは患者のためにフォローしてあげたいと・・・

  

一方、父・晃志郎倒れてしまった四宮は、様子を見に石川県能登の病院に向かう。

  

翌日、サクラは沙月の流産手術を行う。手術をうける篠原はベッドの上で涙を流す。


手術終えた翌日、夫・修一を仕事に送りだした沙月は、3年前の母子手帳を見つけて力なく座り込む。

  

病院にいき、不育症検査の説明をうける沙月。だが、検査を受けえて原因がわからないことがあると聞いて、更に不安になってしまう沙月。


検査が終わり、修一にメールしようとするも送信することができない。


そんな沙月に気付いて話しかける小松。

  

母親に駆け寄る3歳くらいの子供をみて沙月は、一人目の子がちゃんと生まれていたらと、3年前の母子手帳を捨てキレないことを小松に打ち明ける。

そんな沙月に小松は『忘れなくていいんじゃないの?無理に忘れる必要ないよ、だって、いままでに宿った子、みんな篠原さんの子なんだもん。何か話した時は、いつでもきてね』

と励ます。

四宮は石川県能登で…

その頃、四宮の父・晃志郎は患者に早剥の疑いがあると聞き、無理を押して執刀しようとするも手術ができる状態ではない。
  

四宮は晃志郎の代わりに自分がやるという。


患者の旦那に帝王切開が必要なことを話すも、四宮を疑う旦那。

  
そこに晃志郎がやってきて『うちの息子を信じてやって下さい。東京で立派りに産婦人科の医者やってます。だから、大丈夫です。』

この晃志郎の言葉に納得し頭を下げる旦那。

四宮は手術室に入り指示を出し手術を始める。無事に赤ちゃんが生まれ母親も喜ぶ。

  

その頃、東京では帰ろうとする小松を今橋が飲みに誘い二人で居酒屋に。今橋は小松のことが心配で飲みに誘ったという。

そして今橋は『僕はペルソナいつ辞めてもいいと思っています。人の命を預かるには、精神的にも肉体的にもそろそろ限界かなって・・・』

自分の今の心境を話す今橋に、安心しました。と乾杯する小松

  

一方、四宮は無事に手術が終わり、晃志郎に患者の様子を伝える。

  
晃志郎は患者も上の子も自分が取り上げたと話し、今日生まれた赤ちゃんも自分が取り上げたかったと悔しさをにじませる。

すると四宮は『父さん、よくここで医者続けてきたな。』晃志郎は『ここが、好きだからな。』

帰ろうとする四宮に晃志郎は『春樹、まだまだ、お前には負けんぞ。』そういって手を差し出す晃志郎。

四宮は晃志郎の手を握る。晃志郎『ありがとう…』



ふさぎこむ篠原沙月

その頃、篠原沙月の家では。


旦那の修一が帰ると、部屋は真っ暗で沙月はベッドの中で「BABY」の演奏動画を見ている。
  

元気のない沙月に修一は『俺はさ、子供がいない二人だけの人生もいいと思うんだ。二人なら好きなことできるし、旅行にだったいけるし…』

沙月『修ちゃん、全然うれしくないよ、慰めにもなってない・・・』
  

翌日、修一がサクラのもとに相談にやってきて『どうすれば、妻を笑顔にしてやれますか…?何もできないんです。苦しんでる妻に、何もしてやれないんです。。それが辛いです。』
  
何をしたら沙月を笑顔にしてあげれるのかと、辛い胸のうちをサクラに打ち明ける

  
するとサクラは『忘れなくて、いいんです。忘れる必要ないと思います。僕は、出産は奇跡だと思っています。こんなに医学が進歩したのに、いま篠原さんご夫婦が悩んでいる問題は、いまだに原因がはっきりしていません。

医者の僕たちでさえ、できることが少ない…でも、修一さんが、奥さんに寄り添って笑顔にしてあげたい。近くでなんとかしてあげたいって

必死で頑張ている姿は、奥さんにとって、一番の治療になるんだと思います。その想いはきっと、明日につながります。』

一方、白川は今橋に自分の研修先の病院を相談する。

すると今橋は、ペルソナ病院から出たことが無いから白川のことが羨ましいと話、最後に『また、ここに戻ってきて欲しい。その時は今みたいに先輩と後輩の関係じゃなく、同じ立場で小さな命を、一緒に救いたい。』

救命病棟の下屋は

その頃、救命病棟では、妊婦の患者が緊急搬送される。加瀬が脳のCTをみて血圧を下げようとすると、下屋はカイザーするべきだと提案。

  
下屋が指揮をとり、手術に入る

下屋『加瀬先生、私はまだ救命医として使い物にならないことよくわかっています。でも、赤ちゃんのことは任せてください。だから、母体のことは、よろしくお願いします。』

加瀬『分かっているよ!』無事に赤ちゃんが生まれる。

  

術後、サクラが仙道部長のもとを訪れると『今回は下屋がいてくれて助かった』と話す。

そして『コウノトリ先生、彼女は救命医になれるかな?』

  

するとサクラは悩みながら『どうですかね~。ただ、下屋は図々しくて撃たれ強いです。それと、よく食べますwよろしくお願いします。』

四宮がやってきて、下屋が頑張ったみたいだと話すと、四宮は晃志郎との別れ際のことを話す。サクラ『うらやましいな…』

  

一方、篠原沙月の自宅では、修一がBABYの真似ねをしてピアノの練習を始める。それを聞いた沙月は久しぶりに笑うも、部屋に戻って泣いてしまう。



不育症の検査結果は

翌日、不育症の検査結果を沙月と修一に伝えるサクラ。

『治療してもしなくても、次の赤ちゃんを妊娠して出産に臨めることが分かったんです…。でも、不安ですよね。怖いですよね。』
  

泣いてしまう沙月『私、どうしたらいいのかわからなくて。子供が欲しくて、やっぱり諦めきれないからここにきているんですけど。

でも、妊娠してないってことが分かると、少しホッとする自分がいて、一瞬でも、お腹の中に赤ちゃんが宿ることが怖くて。なにやってんですかね。。こんなんじゃ母親になる資格ないですよね…』
  

小松『そんなことないよ。そんなこと、思わなくていいんだよ。』
  

沙月『修ちゃんにも、本当に申し訳なくて。修ちゃん、本当は子供が大好きだもん、昔っから。それ知ってるから、自分の子供を抱かせてあげられないのが、それが一番つらい・・・ごめんね。』
  

修一『俺の方こそ、何もしてやれなくてごめん。』

  

サクラ『篠原さん、話してくれてありがとうございます。流産を繰り返すと言うのは、心に大きな傷が残ります。気持ちを整理するには、時間も必要です。

でも、次はきっと大丈夫。本当ににつらい経験をした二人だからこそ、大丈夫。だって篠原さんにはこんな近くに、世界一の味方がいるじゃないですか』

  

--- ベイビーの演奏シーン ---

  

サクラの声『生きている限り、明日はやってくる。悲しみは、繰り返されてしまう時がある。

悔しさが、繰り返されてしまう時もある。それでも気付いて欲しい、今ある道を進むことで、光が見える。

だから怖がらないで、人は必ず、誰かがそばにいて、誰かのそばにいる』

それから・・・篠原沙月の診察の日。


サクラ『篠原さん、わかりますか?赤ちゃんの心拍、確認できました。篠原さん、赤ちゃん見えますか?お母さんに似て、とっても頑張りやさんですよ』

涙を流しながら喜ぶ沙月『コウノトリ先生』修一もエコー写真を見ながら喜ぶ。

  

シーンが変わり、産婦人科に下屋が顔を出すも、四宮は忙しいから帰れと冷たくあしらう。
  

仕方なく帰ろうとする下屋にサクラが『下屋、ガンバレよ』


下屋『コウノトリ先生、四宮先生、私は絶対、二人を超えますから』


小松『知らないうちにたくましくなったね~』

サクラ『僕らを超えるかか・・・』 四宮『下屋のくせに、100年早い』

サクラ『でも楽しみだねw』   終わり・・・

  

以上、コウノドリ9話のネタバレでした~!

コウノドリ9話を見逃した人は、コウノドリの見逃し配信がみれる『U-NEXT』がおススメです!

>>>『U-NEXT』の31日間無料トライアルはこちら

いつまでトライアルがあるか分からないので、見たいかはお早めに~^^♪

コウノドリ9話の感想まとめ!

コウノドリ9話の感想は、3度の流産から、不育症ではないかと悩む妊婦に焦点を当てたストーリーになっていました。

コウノドリの話の中でもありましたが、不育症は検査をしたからと言ってその原因が分かるものではないということで、サクラはこの問題にどう向き合うのか?

  
ここが一番ポイントでしたね!
  

流産を繰り返すことで、妊婦さんは肉体的にも精神的にも辛い想いをしてしまう。


コウノドリの中では、最終的に沙月は妊娠することができましたが、現実はもっと大変なのことなのだと思います。。

  

そしていよいよ、次週のコウノドリは最終回?出生前診断に関する話題のようです!どんなストーリーにっているのかのか?楽しみですね♪

最後までお読みいただきありがとうございました^^

>>>『U-NEXT』の31日間無料トライアルはこちら

※本ページの情報は2017年12月時点のもです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。