民衆の敵の動画!8話を見逃し無料視聴する方法やネタバレも紹介!

シェアする

民衆の敵の8話が放送されましたね!

この民衆の敵の動画8話は無料で見逃し視聴できるの?と、気になって動画を探している人が多いようです。

毎週見ていた大好きなドラマ『民衆の敵』を今回に限って見逃してしまったーー!!なんて人も多いと思います。

なのでこのページでは安心して民衆の敵8話の動画を無料で見逃し視聴できる方法&ネタバレも紹介しています!

YouTube・Dailymotion・Pandoraみたいに違法にアップロードされた動画じゃないので、高画質でCMもないし心置きなく視聴できますよ!

民衆の敵 8話の動画予告を紹介!


『民衆の敵』8話の動画予告を載せておきます!今回の民衆の敵ではついに、市議会のドン・犬崎和久を本気で怒らせてしまいましたね(><)

民衆の敵の動画!8話を見逃し無料視聴するススメの方法![PR]

では民衆の敵8話の動画を無料で見逃し視聴できるおススメの方法を紹介します!

それは、民衆の敵の放送が終わるたびに毎回、見逃し配信をしてくれている公式のサービス『FODプレミアム』です!

『FODプレミアム』には31日間無料おためしが付いているので、申し込みから31日間なら、民衆の敵はもちろんその他の人気ドラマや映画と海外ドラマも見放題です!

>>>『FODプレミアム』の31日間無料おためしはこちら

そして、完全に無料で見るためにはここからが大事なんです!

無料期間中に登録して、31日以内に解約してしまうと・・・もったいないのですが、本当にお金をかけずに民衆の敵の8話はもちろん

民衆の敵を1話から最後まで全部無料でみれてしまいます!

民衆の敵以外にももちろん、現在放送中の他のドラマもすべて無料で、時間が許す限り好きなだけ見れてしまいます!

ただ、31日間の無料おためしはいつまでやっているのかわからないので、民衆の敵を安全に無料で見たいなら早めに登録したほうが損しないですよ!

>>>『FODプレミアム』の31日間無料おためしはこちら

民衆の敵 8話のあらすじを簡単に♪

『民衆の敵』8話のあらすじを簡単に紹介します。
  

民衆の敵の8話では市議会のドン・犬崎和久を本気で怒らせてしまった結果、佐藤智子にとんでもないスキャンダルが…

佐藤智子(篠原涼子)が犬崎和久(古田新太)に対しておこなったクーデターは大成功を収めるのですが・・・。


智子への市民の人気も高まり、智子は平田和美(石田ゆり子)に協力してもらい、自らの秘書選定などを進めます。
  

しかし、犬崎の壁は、智子が思っていた以上に厚かった…。

それは市役所職員が仕事放棄したことから始まります。窓口業務以外の職員が仕事をボイコットしてしまったのです。。

犬崎派の前田康(大澄賢也)は、智子が実は、精神的に不安定だという、あらぬ噂を記者に流して人気失墜をたくらみます。

  

そして、犬崎は派閥の幹部たちを事務所に呼び出し、智子を陥れるためにはもう一押しだとげきを飛ばします!


そんな犬崎に、藤堂誠(高橋一生)は、智子から副市長就任の打診があったことを明かして、自分が副市長になることができれば、混乱する今の市政を解決できると犬崎に突きつけます!


小出未亜(前田敦子)は事務所を出た誠を追いかけ、誠に副市長になるのかと訪ねます。
  

しかし誠は、そのつもりはないと答え、未亜はさらに市長の味方なのか?と質問。誠は「民衆の味方だ」とだけ答え去っていきます。

役所職員のボイコットに手詰まりを覚え、生きずまった智子は新人研修室へ。園田龍太郎(斎藤司)は職員に土下座でもしてみては?などと智子に話す始末。

そこに未亜もやってきて、智子の『幸せになりましょう』との政策では、漠然とし過ぎていてよく分からないと言い出す。

結局、全ての政策を犬崎に動いてもらっていたと思い知らされた智子は、地道に解決するしかないと考え部屋をあとにする。

そんな中、智子の夫・公平(田中圭)の不倫疑惑が報道される事態に!不倫相手はなんと和美で!?

民衆の敵 8話のネタバレを紹介!

『民衆の敵』8話のネタバレを紹介します!
  

クーデターを成功させた佐藤智子は藤堂誠に副市長になって欲しいと打診する。
  

市民からも佐藤智子に対する評価が高まり、秘書課には市民からの喜びの電話が殺到。
  

智子は平田和美とともに秘書選定などを進め、順風満帆にみえたのだが・・・

  

なんと、市役所職員の全員が仕事をボイコットする事態に。

  
和美に電話で相談する智子

和美は市役所職員のこの行動に『ハッキリ言うね、あなたが市長でいるのも、そう長くはないって見切ったんだと思いう…』

  

クーデターは失敗の流れに。
  

犬崎派の前田康は記者のインタビューに「」智子が精神的に不安定だと」嘘の情報を広める。
  

犬崎の事務所では派閥の幹部たちが集まっている
  

『あと一押しだなぁ』とつぶやく犬崎和久に藤堂誠は
  

『いつまでこんなこと続ける気ですか?市民は混乱しています。市長から、副市長就任の打診がありました。

まだ保留にしたいますが、僕が副市長になれば、今ある問題はすべて解決できます』
  

犬崎『なにがいいたいんですか?』
  

藤堂『役所の業務をすぐに再開させてください』
  

そう言って事務所を後にする藤堂。

藤堂誠の真意は??

小出未亜は藤堂を追いかけ、副市長を受けるのかと訪ねると

藤堂は受けると無理はなく、役所の業務を再開させることが目的だったと話す。

  

小出は犬崎会派についていいっていいものかと悩んでいる
  

小出『藤堂さんて、市長の見方ですか?』
  

藤堂『民衆かな?政治家は常に、民衆の見方であるべきじゃないですか?』

  

一方、智子は、自ら市役所の電話対応に追われていた。

  

園田龍太郎と小出が市議会議員室に入ると、智子がいて弱音はく。

  
園田は役所に人に土下座してみては?と提案
  

未亜は『みんなが幸せになりましょう。思えば良い政策でしたよね~。ざっくり幸せって、なにしたって、しなくたってかわらな~い、みたいな』
  

この言葉を聞いた智子は『やっぱりそうだよね。犬崎たちがやってくれたことを、私もできるようにするしかないんだよね。うん』

  
そういって、智子はこれまでの議事録を見返してはじめる。自分がわかないところを藤堂に聞くため呼び出す。
  

説明を聞いて理解できた智子は『この質問だけはYESかNOで答えてください。副市長になってくれませんか?』
  

藤堂『僕が副市長になってもあなたを助けられるかわかりませんよ』

  
智子『まただ』 藤堂『なら答えはNOです』 智子『どうしても?』 藤堂『YESかNOの二者択一を迫られたら、NOというだけです』
  

智子『じゃさ、副市長になってもいいよ~みたいな気持ちはある?』

  
藤堂『もちろんです、あなたに興味はありますから、もう少し返事を待っていてください』

  

そこに電話が入り、智子は「ふるさとフェア」に出かけることに。

和美と公平に不倫報道が!

その頃、和美は智子の旦那・公平との不倫疑惑が週刊誌に出ていることを知って動揺する。

すぐに犬崎の仕業だと気付く。
  

上司の吉村は和美にアドバイスするも大丈夫だといって娘のあかねを迎えに。

  

一方、智子が「ふるさとフェア」に現れると、市民から握手を求められる人気っぷり。

  
だが、夫・公平の不倫報道について話をきこうと、記者たちが智子の周りに詰めかける事態に!

  
そして、智子の自宅には不倫報道をみた公平の母が訪ねてくる。

智子の代わりに専業主夫を務める公平に、母は男が家事をするものではないと説教を始める。
  

そこに和美が訪ねてくる。

  

一方、不倫報道の記事をみて落ち込む佐藤智子のもとに、犬崎から電話が

『よう、元気か?俺たち子供の喧嘩してるわけじゃねぇよな~?ここらへんで話しあわねぇか??』

  

公平の方はというと、和美は公平の母に「新しい家族の形」について話はじめる。
  

男性が専業で子育てをすることはおかしなことではないですよね?と話し

公平の母もそこには理解を示すも、男女それぞれには役割があると言って、公平の現状を受け入れようとはしない。

和美の娘・あかねの父親は?

ここで和美は、あかねの父親のことについて事情を話し始める

『あかねの父親のことです。私、友人の精子提供を受けてあかねを産みました。あっ信頼できる友人です。でも恋愛感情はありません』
  

驚く二人。

  
和美『仕事に夢中で、恋愛どころでは無くて気が付いたら出産のタイムリミットが目前だったんです…』

  
公平の母『親御さんは許したの?』
  

和美『勘当されました。保守的な人たちなので。分かってもらえに人には分かってもらえないんです。仕方がないんです。

ですから、本当に一人で、一人っきりで、自分が子供を持ちたいのか、慎重に考えました。よく考えた上での私が下した結論なんです。
  

でも今は、分かって欲しい。認めて欲しいんです』

  

公平の母『何を認めて欲しいっていうの?ご自身が納得してればそれでいいじゃない』

  
和美『それじゃ、世間が変わらないんです。この世の中には、もっといろんな生き方があっていいと思うんです!

恋愛できなかったら子供を持つ幸せも諦めなくてはいいんでしょうか?』

  
と力説する和美に公平は『すっげ~、おれそんな素敵な生き方に協力してたんだ』と喜ぶ。

  

そう言って公平はパンを作り始める。

和解かリコールか…

その頃、犬崎のもとに出向いて話をする智子。
  

犬崎は会見で智子が言ったことを撤回しろといい、それが出来なければ署名を集めてリコールすると脅しをかける

犬崎『和解かリコールか、明日までに選べ』

  

市長室に帰った智子は藤堂に、リコールはできるのかと相談をする。
  

前例があることを聞き『和解するくらいならリコールされた方がいいか』と開き直る智子
  

藤堂それよりも不倫報道の心配をする。
  

智子は息子・駿平のことも考え、動揺している胸の内を明かす。

  

一方、智子の自宅では、公平の母があかねと駿平と楽しそうに遊んでいる。

公平は和美に、なぜ、あかねを父親にあわせないのかと訪ねると

  
和美は自分一人の子供だとしたい気持ちがあり、あかねを父親に合わせるつもりがないと話す。

  
だが公平は『本当に自分一人の子供だってしたいんだったら、精子バンクとかだってあったでしょ?』

  
和美『もし私が突然死んだら、って考えちゃったんだよね。誰が子供の面倒みるんだろう。』

  

公平『いざっていう時、頼りにしてるのに、あわせないんだ。』
  

和美『ずるいね…。』

  

あかねの父親は、初めは拒んだものの、和美が何度も頼んだことで納得したという。

  
あかねは疲れたという公平の母の頭をマッサージしてあげる。

  
それをみた公平は、和美に『良い決断だったねw』

  

そして、アパートの外を覗くと、外には記者たちが

何かを決断した公平は『あとは、よろしくお願いします』といって外にでていく。

公平の智子への想い

公平は記者たちをつれて市長室へ。驚く智子に
  

『もうさ、ちゃんと説明しようと思って、智ちゃんが入ると、絶対面倒くさくなるから、俺に任せて』

そう言って、ネットで生中継されるなか公平は、正直に本当のことを話し始める
  

公平『本日はお集まりいただきありがとうございます。不倫なんか、わたくし一切しておりません。

あれは、タイムセールがぎりぎり間に合って、半額の牛肉が残っていたので、みんなで喜んでいたんです』
  

記者『それだけじゃ市民は納得しませんよ』

  
公平『たぶん何言っても納得しないとおもうんですよ、俺が、ここに出てきたことで信じてもらえないですか?

世間てよくわかんないんですけど、俺、智ちゃんがすっげえ好きなんですよ。だから、智ちゃんが外で頑張って働いてんのを応援したいんです!

智ちゃんがどんどん綺麗になって、楽しそうで、そういうのそばで見てるだけでうれしくてたまんないんです。世間さんは、それじゃダメですか。』

犬崎の策略

一方、犬崎が用意した会場では

ニューポート建設反対派の井上たちが、市長に呼ばれたと言って会場にやってくる。

  

そこに犬崎が現れ挨拶を始める。
  

帰ろうとする井上たちに犬崎は、土下座で謝り、話を聞いて欲しいと懇願。

  

仕方なく話をきくことした井上に、犬崎は自分の祖父も漁師だったと力説を始め、歌まで歌い始める。

  
しかし井上は、泣き落としには乗らねえよ!といって席を立つが
  

犬崎の最後の一押しに他のメンバーは、もう少し犬崎の話を聞くといって残る。

  

会が終わり打ち上げをする犬崎に小出は

『犬崎先生のおじいさんて、漁師さんだったんですね、知らなかったです~』

  
犬崎『俺だって知らねえよ、あったことねえもん』派閥のメンバーは大笑い

  
小出は藤堂の元に戻って犬崎の愚痴を吐く

  
藤堂『残念そうですね、犬崎を勝たせたくないように聞こえます。』

  
小出『ん~、というか、許せないんですよ、みんなよってたかって、佐藤さんをいじめてるみたいで』
  

そう言って小出は、太っていていじめられていた頃の写真を藤堂に見せる。
  

藤堂『かわいいは正義ですか?』

  
小出『でもいつまでもかわいくはいられないでしょう?だから、かわいいに変わる力を手に入れた。そう、政治家の力、すなわち権力!うん、いけませんか?』

  

藤堂『いや、いいんじゃないですか?佐藤さんも同じようなこといってたな~って。市民の政策を実現するためには権力が必要だと』

  

小出『一つ聞いてもいいですか?ずっとかんがえてたんですけど、佐藤さんにあって、私に無い物って、なんですかね?』

  

藤堂『う~ん、どうだろうな?夫と子供?人生経験?』

  

小出『そうじゃないですよね?・・・ありがとうございます』

  

そういって部屋をでていく小出。

智子の本当の味方は?

その頃、市長室では、智子が公平から、ここに来るまでのいきさつを聞いる。
  

そこに智子の携帯の小出からLINEが。公平が帰ると

  

智子は呼び出された第一会議室へ

  

智子『何?どうした?』

  
小出『質問です!私になくて、佐藤さんあるものな~んだ?』

  
智子『う~ん、男に媚を売る』
  

小出が違うと言って、会議室の扉を開くと

  

小出『みんな市長をお持ちしておりました。直接市民と接してるのは、若い職員たちだってことです。訴えかけちゃったりしたらどうですか?』
  

智子は集まった職員たちの前に行くと

  

若い職員たちが『聞かせてください、これからどうしたいのか、市長のやりたいこと!』

  
智子は『本当にありがとう。私も、役所に政治なんか持ち込みたくないんです。政治のための政治なんかもしません!

市民の生活をみつめ、市民の声に耳を傾ける。
  
ただそれだけをひたすら、頑張ってまいります。だから、皆さんも一緒に、頑張りましょう!よろしくお願いします。』

  
みんな拍手で智子の考えに賛同する。

  

一方、犬崎に秘書の若宮が『役所の若い職員たちが、市長につきました』 犬崎『あぁ?』
  

その頃、和美はあかねを連れて、上司の西村のもとへ。
  

智子は犬崎の留守電に『もしも、佐藤智子です。和解はしません。リコールでもなんでもお好きにどうぞ』

  

そこに藤堂がやってきて『これ、あげます』と議員バッチを差し出す。
  

藤堂『副市長、お引き受けします。あなたには僕が必要みたいですから』

智子は喜びのあまり藤堂に抱き着く。そして握手する二人。

  

智子のメッセージを聞いた犬崎のもとに若い女性が・・・

  

--- 以上、民衆の敵8話のネタバレでした~! ---

  

民衆の敵8話を見逃した人は、『民衆の敵』全話の見逃し配信を31日間無料でみれる『FODプレミアム』がおススメです!

>>>『FODプレミアム』の31日間無料おためしはこちら


いつまでトライアルがあるのか分からないので、見たいかはお早めに~^^♪

民衆の敵 8話の感想まとめ!

敵だらけだった佐藤智子ですが、最終的には若い市役所の職員たちが智子の訴えに賛同し味方になってくれましたね!

そしてついに、藤堂誠も副市長として智子のサポートについてくれることになりました!
  

追い込まれた犬崎ですが、『民衆の敵』8話の最後に、気になる女性が入ってきましたね~

  
この女性は今田美桜が演じる莉子という女性です。莉子なんとデ〇ヘ〇嬢役ということですが、今後のストーリーとどう絡んでくるのか?かなり気になります。
  

犬崎によばれたくらいですので、恐らく智子の敵になることは間違いないと思うのですが…どうでしょうかね?


次週の『民衆の敵』9話も楽しみですね!!

最後までお読みいただきありがとうございました^^

>>>『FODプレミアム』の31日間無料おためしはこちら