海月姫ドラマの動画!7話を無料で見逃し視聴する方法

シェアする!!

ドラマ『海月姫』の7話が放送されましたね!

この海月姫 7話の動画は無料で見逃し視聴できるの?と、気になって動画を探している人が多いようです。

瀬戸康史の女装が魅力的なドラマ『海月姫』を今回に限って見逃してしまったーー!!なんて人も多いと思います。

なのでこのページでは安心して海月姫 7話の動画を無料で見逃し視聴できる方法&ネタバレも紹介しています!

YouTube・Dailymotion・Pandoraなどの違法にアップロードされた動画じゃないので、高画質でCMもないし心置きなく視聴できますよ↓

>>>『FODプレミアム』の1ヶ月無料おためしはこちら

海月姫の動画!7話の予告を紹介

『海月姫』7話の動画予告はこんな感じに!修がついに月海に告白!!ただただ動揺するばかりの月海。そして天水館の運命は・・・

海月姫の動画!7話を無料で見逃し視聴するおススメの方法

では海月姫 7話の動画を、無料で見逃し視聴できるおススメの方法を紹介します!

それは、海月姫の放送が終わるたびに毎回、見逃し配信をしてくれている公式のサービス『FODプレミアム』です!

『FODプレミアム』には”1ヶ月無料おためし”が付いててお得なので、

YouTube・Dailymotion・Pandoraなどの違法にアップロードされた動画を探さなくても安全に見逃し視聴できます!

>>>『FODプレミアム』の1ヶ月無料おためしはこちら

そして、完全に無料で見るためにはここからが大事なんです!

無料期間中に登録して、1ヶ月以内に解約することもできるので、その場合はお金を一切かけずに、海月姫の動画はもちろん

『海月姫』以外の現在放送中の最新ドラマ・映画・海外ドラマも、時間が許す限り好きなだけ見れてしまいます!

ただ、“1ヶ月無料おためし”はいつまでやっているのかわからないので、

海月姫を安全に無料で見たいなら早めに登録したほうが損しないです!

>>>『FODプレミアム』の1ヶ月無料おためしはこちら

※FODプレミアムに登録したら検索窓から「海月姫」で検索してくださいね^^すぐにみれますよ![PR]

海月姫の動画!7話の予想は

20代 女性 :

海月姫の7話の予想は、千絵子さんにそっくりなお母さまが帰ってきたので、取り壊すのに賛成のお母さまがみんなに出ていくように言って、みんな猛反対する展開になるのではと予想しています。

デモを続けて反対派を広げていくのではないかと思います。

どんどん反対側が集まると、土地計画も見直すことになるだろうし、稲荷さんも諦めるのではないかと思います。

最後のシーンで出てきた稲荷さんとお母さまがとても親密な関係のようだったので、とても心配ですが、お母さまも尼ーずのみんなの意見を聞き入れるのではないかと思いました。

そしてみんなで反対運動をもっと極めるのではないかと思いした。

  

20代 女性 :

海月姫の7話の予想は、今あまーずはジェリーフィッシュのドレス製作をしていますが、だんだんとSNSでの口コミで注文が増えて人気になると思います。

撤退話が出ている土地については難航すると思う。

できるだけ長くいられるように策を考えて、また今回みたいにデモをすると思う。

それに老舗和菓子屋も参加してだんだんと再開発事業反対派が増えてくると思う。

また修が主人公と蔵之介がキスする所を見てしまっているので、なかなか2人の仲は進展しないと思う。

逆に蔵之介との仲はだんだんと異性として意識し出して動き出すと思う。

そしてあまーずの皆んなにも蔵之介が男である事がバレてしまうと思う。

  

20代 女性 :

海月姫の7話の予想は千恵子のお母さんが天水館にやってきますが、月海がジジ様と一緒に鯉淵兄弟にSOSを送り、鯉淵兄弟に助けてもらうと予想します。

千恵子のお母さんは5話でオリンピックの特別観戦チケットにまんまと釣られて、再開発に協力してしまっているので、月海たち尼~ずにそれぞれ引っ越すように伝えますが、

月海は困ったときは修に相談して欲しいと修に言われているので、月海が修にSOSを送り、ジジ様は5話と同じように蔵子こと蔵之介にSOSを送ると考えられます。

また、同時に稲荷に対してばんばさんがアフロアタックこと頭突きを喰らわせる展開も予想できます。

  

30代 女性 :

海月姫の7話の予想は、天水地区再開発の反対に協力する姿勢を示す、鯉淵蔵之介(瀬戸康史)と鯉淵修(工藤阿須加)の兄弟に対して父・鯉淵慶一郎(北大路欣也)がもしやいずれかに政略結婚をさせるのではないでしょうか?

あと、尼~ずは鯉淵蔵之介のおかげででニートやオタクから脱出できるかもしれないけど「天水館」は天水地区再開発でなくなってしまうかもしれないですね。

鯉淵蔵之介のお母さんも急に出てきて、かってに海月ドレスを鯉淵修に注文しておいて鯉淵蔵之介の心に反抗が現れるかもしれないです。

鯉淵蔵之介の倉下月海(芳根京子)への気持ちは強くなっていくでしょう。

  

40代 男性 :

海月姫の7話の予想は、修が月海へ告白し、おそらくは一直線タイプの修ですから、駆け引きなんてしらないので強い気持ちをさらにぶつけます。

しかし、男性慣れしていない月海はグイグイ来られると、引くまででもなくても、戸惑うはずです。

そして、そのまっすぐな弟の気持ちを知り、月海の気持ちも知っていてもなお、月海への気持ちが抑えきれなくなっていく蔵之介が自分の気持ちに葛藤するはずです。

恋模様の他には、オーナーの千絵子のお母さんも登場して、デベロッパー側との全面戦争的な展開が広がります。

千恵子のお母さんは完全にデベロッパーに取り込まれているので天水館のメンバーに出ていくように伝えるのですが、それをうけてメンバーが頑張ってくれるはずです。

>>>『FODプレミアム』の1ヶ月無料おためしはこちら

海月姫の動画!7話の見所はどこ?

20代 女性 :

海月姫の7話の見所は、クラゲのドレスだけでなく、洋服やスカートなども作ることになると言っていたので、どういった物ができるのかがとても見どころだと思います。

ドレスはとてもかわいく仕上がっていたので、スカートや他の小物になるとどのような雰囲気の物を作るのかとても楽しみな点です。

あとは、反対運動のデモが成功するのか、一体どうなるのかが気になる点です。

翔子さんはとても手ごわいと思うので、一体どうなるのか、とても見どころです。

立ち退かなくてはいかないのか、とても見どころだとおもいます。どうやってあの場所を残すのかとても楽しみです。

  

20代 女性 :

海月姫の7話の見所は、天水館が再開発事業によって取り壊しされない事を期待しています。

あまーずや蔵之介はもちろん、修も反対派のためどうやって対抗していくのかが楽しみです。

また今回蔵之介の母からの連絡があってドレスをオーダーしていたので、蔵之介の家族との関係性が明らかになりどう描かれていくのかも楽しみです。

恋愛面では主人公が蔵之介と修のどちらを選ぶのかまたキスの展開があるのか楽しみです。

まだ主人公が蔵之介の気持ちに気付いていないので気付いてからが更に面白くなっていくと思います。

修もこれまで奥手で積極的にアプローチしていなかったので今後に期待したいです。また稲荷さんの修への恋心も楽しみです。

  

20代 女性 :

海月姫の7話の見所は、月海と修の内緒の依頼がきっかけで恋模様に進展があると期待しています。

修が月海との秘密で蔵之介の母のドレスを頼んでいて、寸法を教えてもらったので月海が皆には内緒で、たった一人でドレス作りに励む時に、

月海はハッキリと修の事が好きだと言えるようになるのか、2人だけの秘密が三角関係に終止符を打つかもしれないと思うと物凄く楽しみになります。

また、全員引っ越して働けと言われたときのまややとばんばさんの反応が物凄く気になります。

尼~ずの中で最も落ち着きのない2人が急にバラけて働けと言われたらパニックになる展開は想像つきますが、2人はどのくらい騒ぐのかが見どころかなと思っています。

  

30代 女性 :

海月姫の7話の見所は、倉下月海(芳根京子)と鯉淵蔵之介(瀬戸康史)と鯉淵修(工藤阿須加)との3角関係に絡む、地上げ屋の稲荷翔子(泉里香)との関係性

鯉淵蔵之介役の瀬戸康史の男女の色っぽさとファッション(海月ドレス似合いすぎです。)

尼~ずのやる気

まやや役の内田理央の演技力

新しい登場人物との関係性

海月ドレスの売上的なことと新商品の開発について

これからの尼~ずについて

尼~ずのコスプレについてと尼~ずの恋の展開について

鯉淵修役の工藤阿須加の誠実ではかない男性の演技力について

マスコミ等の動きについて

倉下深雪役の小雪(友情出演)について

  

40代 男性 :

海月姫の7話の見所は、蔵之介が女装していても恋愛対象は女性であるという設定は、よくわからないのですけれども、最終的にはくっつくのかどうか楽しみです。

ただ、7話でくっついたり、天水館の方向性が決まるはずはないので、7話ではこれからの最終話に向けて話を面白くする要素をぶち込んで盛り上げてほしいです。

個人的にはデベロッパーの泉里香さんの演技が毎回楽しみですから、7話でも弾けてほしいです。

ただのモデル出身のグラビアもやってる人だという認識でしたが、こんな振り切った演技をする女優さんとは思ってなかったので、好印象です。

運転手の要潤さんの演技もいい感じです。彼は二枚目なのに実はキャラ的には3枚目という役どころを演じさせたら天下一品ですね。

海月姫の動画!これまでの感想

20代 女性 :

海月姫のこれまでの感想は、対立してしまってケンカになってしまったけれど、みんな仲直りをして良かったと思いました。

公園にいたまややとばんばさんが二人でいる姿など、とても面白かったです。

クラゲのドレス作りを辞めて、デモを始めたのでどうなるのか心配になりながら見てしまいました。

しかし、くら子の弟が助けに来てくれてとても良かったと思いました。

くら子のクラゲの衣装や、三国志の格好など、自分の好きなコスチュームを着ていたのがとても面白かったです。

とくにくら子がかわいくて魅力的でかわいくて良かったです。反対運動をして役に立つといいと思います。

  

20代 女性 :

海月姫のこれまでの感想は、ジェリーフィッシュのドレスでショーをした後が描かれており見逃せない展開でした。

蔵之介が女装していることを大勢の前で披露したり、マスコミに宣伝したりする姿はとても堂々としていてかっこよかったです。

また自分の好きなことを突っ走ってやっていますが、それが良い所でもありまた悪い所でもあると感じました。

あまーずの皆んながそのペースについてこれていた時までは良かったのですが、ニートだった彼女達にとってはいきなりの状況変化で可哀想にも思えました。

恋愛の方はファミレスで修と机の下で密着するシーンにドキドキしました。

  

20代 女性 :

海月姫のこれまでの感想は、蔵子が連れて来た助っ人が鬼みたいに怖い人で、翌日に尼~ずのメンバーが逃げてしまったことが判明したシーンでは、

蔵子に尼~ずのメンバーがいなくなった事を伝える月海が、珍しくいつもより落ち着きが無かったので蔵子はこの後どうするのかなと展開に期待してしまいました。

月海が千恵子以外の逃げた尼~ずを探すシーンの途中で修が過去の月海の気持ちに共感して励ますシーンがあって、

修が再開発に困っている人の味方になってあげたいと月海に話した時の修が、優しくてかっこよかったです。

まややとばんばさんが、月海と修が会話をしている時にドリンクバーにいて月海達の近くではしゃいでいたり、

天水館から逃げ出しても月海によって簡単に見つけられていたりと、いつも以上にハチャメチャで笑えました。

  

30代 女性 :

海月姫のこれまでの感想は、鯉淵修(工藤阿須加)は鯉淵慶一郎(北大路欣也)の秘書でありながら、天水地区再開発の反対に協力する姿勢を示した鯉淵修は父であり賛成派の鯉淵慶一郎に反感を買うでしょう。

でも大好きな倉下月海(芳根京子)たち尼~ずのために法的手続きをしてあげるというところがやはり職業柄とは言ってもかっこ良かったです。

漫画やドラマじゃなくて本当に倉下月海みたいなデザインのドレスが作れたらいいなと思いました。

今回は天水地区再開発の反対のデモの時の尼~ずのコスプレが面白かったです。

倉下月海と鯉淵蔵之介が着ていた海月のかぶり物はかわいかったです。

天水地区再開発の反対のデモ時お手伝いで来ていた、花森よしお(要潤)のやる気を厚く感じました。

  

40代 男性 :

海月姫のこれまでの感想は、月海が修への気持ちが勘違いなどではなく、確かなものと気づき、その様子を見て複雑な表情の蔵之介がいて、と面白くなってきた感じです。

政治家の息子が女装趣味とカミングアウトしても大丈夫な世の中なんですね。

徳光和夫さんの親戚のミッツマングローブさんも確実に市民権を得ていますから世の中的にはそういう流れなのですけれど、個人的には女装している男の子は抵抗があります。

しかし、蔵之介の女装は完璧すぎて、彼女(彼)ならありかもとか思ってしまいます。

個性の強い天水館のメンバーの友情なども見れて、これからの個々の変化にも注目です。蔵之介のお母さんにも注目ですね。

>>>『FODプレミアム』の1ヶ月無料おためしはこちら

海月姫の動画!7話【ネタバレ】← 紹介

ここからが『海月姫』7話のネタバレになります!

  

修から告白された月海。

千絵子の母で天水館のオーナー・千世子が帰ってくる。

天水館では夜な夜な千絵子が、何かを持って部屋をでてくる。

  

そして修から告白され、パニック状態の月海は誰に相談したらいいのかわからず、蔵之介に相談の電話をかける。

それを聞いた蔵之介は、少し不機嫌気味に『後でかけ直す』といって電話を切り、修にたずねる。

修は月海に好きですといったと話、蔵之介は『どういうつもりでいった?』と訪ねる。

修はすでにプロポーズまで考えていた。蔵之介は早まるなよというが、修はもう、気持ちを押さえられない様子。


次に日、天水館では、生産管理を担当するジジ様の指示の元「ジェリーフィッシュ」の発送作業がすすむ。

  

月海は買ってくれた人のためにメッセージカードを書きたいと提案。

そこに郵便が届き、ばんばんさんが受け取る。

月海宛の手紙だと言うが、誰からの手紙か送り主がかかれていない。

びびる月海の代わりに、まややが内容を確認すると、絶叫!!

  

蔵之介は手紙の内容を読み上げる。

手紙は蔵之介からで『結婚を前提にお付き合いして頂けないでしょうか?』というもの

尼~ず全員が驚き、月海は気絶w

千世子の帰宅

そこに今度は千世子が帰宅。開口一番『あなた達いつまでもここで遊んでいないでさっさと出てってちょうだ~い!!』


2人があまりにも似ているため、尼~ず全員ビックリ・・・

  

千世子がこんなに散かして何していると怒ると、千絵子がドレス造りを説明。


蔵之介がかわって『服を売って、ここを買い取るための資金を作りたいんです』

千世子『買い取るって、ここ3億はするわよ』

蔵之介『分かっています。でも、私たちがここのオーナーになって、天水館を再開発から守ろうって決めたんです。

みんな、一丸となって、自分たちの居場所を守ろうと頑張ってるんです!』

  

千世子『自分たちの居場所?』いい感じの雰囲気が流れるも・・・千世子『さ、契約行ってきま~す』

千世子は止めようとする蔵之介を振り払い、契約のために出て行ってしまう。

しかし千絵子は『大丈夫よ、ま、見てないさい!』

ジェリーフィッシュのカジュアルライン

千世子は天水館の権利書を探そうとするが見つからないと、稲見に電話をかける。

稲見たちは権利書が見つからず、契約に時間がかかっているうちに千世子に逃げられないよう、ホテルのスイートルームを押さえる。

千絵子は権利書を隠したことをみんなに話、これでちょとは時間稼ぎができるという。

蔵之介『よし、この時間をつかって、なんとしても説得しよう!』

千絵子『考えはあるの?』 蔵之介『・・・ない!』

  

するとジジ様が、ジェリーフィッシュのお店を出店しては?と提案。

蔵之介はカジュアルラインのワンピースを作ろうといい『これが天水館をすく最後のチャンスだ!月海、今は恋をしてる暇なんかないからな!』

月海『おお~~はい!!作りましょう!今すぐ!!御意!!』

月海の声『お母さん、天水館の運命をかけた戦いが今、始まろうとしています!』

またまややをモデルに、ボンド付けでデザインを考える月海。そこに修から電話が入る。

  

千絵子『月海、鯉淵ジュニアから…』

尼~ず全員、月海の電話の内容に興味津々。天水館の柱には「男なんて必要としない人生」とかかれた張り紙が。

蔵之介はうかない表情。

  

その後、月海は修と会って天水館の現状を話す。


修『そうですか、僕の方でも動いてみます。言いましたよね?僕は月海さんの力になりたいって…。

あの~それでドレスは?』

ドレスをみた修は『きっとあの人も喜ぶ…』そして月海が帰ろうとすると、修『あの、月海さん』

目白先生の見解

その頃、天水館では、尼~ずたちが目白先生に月海と修の交際について意見を求める。

目白先生の返信は『マジか、使えるぞそのメガネ、政治家の息子だろ 月海生贄にして再開発止めてまらえ つかもう結婚させろ 政略結婚』

尼~ず『ぎょい~~~!!』

そして蔵之介は、月海が描いたクラゲのデッサンを眺めていた。

   

一方、修は月海に手紙の返事を訪ねる。『例のお返事、いただけませんか?』返事に困る月海に

修『じゃ、こうしましょう。はい、だったら首を縦に振って下さい。いいえ、だったら、横に…。

月海さん、僕と、結婚を前提にお付き合いしてください』

月海は微妙にうなずく。

修『いま、うなずきましたよね?やった、やったー!』すると建物の中にいた人たちから大量の拍手が。

  

一方、鯉淵家では、花森が慶一郎に、修が婚約指輪を購入しようとしていると話す。

相手は月海だとしってショックを受ける慶一郎。

するとテレビのニュースで、先日、月海たちが行った再開発反対デモの様子が流れる。

そこに写っていた月光仮面に容子が反応。

  

そして天水館では、月海は抜け殻状態。

まややが試着した新しいワンピースのデザインに、OKを出すと、ジジ様がこれを着てデートにいてみてはと提案。


ばんばさんは婚姻届けに名前まで書いて月海に渡す。千絵子も保証人になるという。

蔵之介『ちょっとみんな、どうしたの?尼~ずは男ダメなんでしょう??』

尼~ずみんなが結婚を進めるようになり、月海は逃げ出す。

修と月海の気持ち

一方、稲見の会社に、修が訪ねる。

修は天水館について、居住者のタイキョ通知は6カ月前と方で定められていると話す。

稲見があなたには関係ないことでしょう?というと


修『あります。ぼくのフィアンセが天水館に居住中ですので。真面目に聞いてください。これは、彼女たちにとって死活問題なんです』

  

その頃、月海は部屋で、修からの手紙を読んでいる。そこに蔵之介がきて『修から何言われたんだよ?』

  

月海は手紙の返事をしたといい『不思議なんです。この感覚。心の蔵が激しく脈をうち、心筋が引きつるようにい痛み伴い

なのになぜか不思議と、辛くないんです。むしろこの痛みが、心地いいんです。このまま死んじゃってもいいくらいに…』

--- 以上、海月姫 7話のネタバレでした~! ---

  

海月姫 7話を見逃した人は、

無料期間中に1話から見逃し視聴できる『FODプレミアム』がおススメです!

>>>『FODプレミアム』の1ヶ月無料おためしはこちら

いつまで“1ヶ月間の無料おためし”があるのか分からないので、見たいかたはお早めに~^^♪

これで連休の暇つぶしはバッチリです(笑)

海月姫の動画!7話の感想まとめ

海月姫 7話の感想は、

>>>『FODプレミアム』の1ヶ月無料おためしはこちら

海月姫の動画!7話のあらすじを最後に

『海月姫』7話のあらすじを簡単に紹介します~!

鯉淵修(工藤阿須加)から告白された倉下月海(芳根京子)は大混乱。


“尼~ず”に相談出来ない月海は、蔵之介(瀬戸康史)に電話した。

  

話を聞いた蔵之介はどういうつもりで言ったのかと修に尋ねる。


すると修は交際を求めているのではなく、月海にプロポーズしようと思っていると突っ走ろうとしていた。

  

いきなりそんなことをしたら月海がどうなるかわからないと、蔵之介は修を諌める。

  

ジジ様(木南晴夏)の生産管理も様になり『ジェリーフィッシュ』のドレスは順調に出荷されていく。

  

そんな時、『天水館』の月海宛てに一通の手紙が届いた。


差出人の名前がない手紙を怖がる月海の代わりに、封を切ったまやや(内田理央)が固まる。

  

蔵之介が手紙を奪い取ると、差出人は修。内容はまさに月海へのプロポーズだった。


ばんばさん(松井玲奈)や千絵子(富山えり子)も動転する中、蔵之介は修のフライングに歯噛みする。

  

そんな混乱の最中に、千絵子の母、千世子(富山えり子・二役)が現れ“尼~ず”たちに早く出て行けと迫る。

  

千絵子は母にここで服を作っていると説明。蔵之介も服を売って『天水館』を買いたいと話した。

  

しかし、千世子は売却契約に行くと出て行ってしまう。 しかし、千絵子は母に内緒で『天水館』の権利証を隠していた。

  

契約までの時間を引き延ばした月海たちは、ジジ様の提案でファッション界のバイヤーやスタイリストなどが集まるプロモーションスペースに出店することにする。

>>>『FODプレミアム』の1ヶ月無料おためしはこちら

最後までお読みいただきありがとうございました^^

◆最新のドラマ動画の見逃し視聴方法&ネタバレまとめページはこちら↓

>>> ドラマ動画の見逃し&ネタバレをまとめてチェック♪

※本ページの情報は2018年2月時点のものです。最新の配信状況はFODサイトにてご確認ください。[PR]

シェアする!!