海月姫ドラマの動画!8話を無料で見逃し視聴する方法

シェアする!!

ドラマ『海月姫』の8話が放送されましたね!

この海月姫 8話の動画は無料で見逃し視聴できるの?と、気になって動画を探している人が多いようです。


芳根京子主演で瀬戸康史の女装が人気のドラマ『海月姫』を今回に限って見逃してしまったーー!!なんて人も多いと思います。


なのでこのページでは安心して海月姫 8話の動画を無料で見逃し視聴できる方法&ネタバレも紹介しています!


YouTube・Dailymotion・Pandoraなどの違法にアップロードされた動画じゃないので、高画質でCMもないし心置きなく視聴できますよ↓


>>>『FODプレミアム』の1ヶ月無料おためしはこちら

海月姫ドラマの動画!8話の予告を紹介

ドラマ『海月姫』8話の動画予告はこんな感じに!月海とクラゲドレスのデザインを買いたいと申し出たカイ・フィッシュ。蔵之介はどんな決断をくだすのか!?

海月姫ドラマの動画!8話を無料で見逃し視聴するおススメの方法

ではドラマ『海月姫』8話の動画を、無料で見逃し視聴できるおススメの方法を紹介します!


それは、海月姫の放送が終わるたびに毎回、見逃し配信をしてくれている公式のサービス『FODプレミアム』です!


『FODプレミアム』には”1ヶ月無料おためし”が付いててお得なので、

YouTube・Dailymotion・Pandoraなどの違法にアップロードされた動画を探さなくても安全に見逃し視聴できます!


>>>『FODプレミアム』の1ヶ月無料おためしはこちら


そして、完全に無料で見るためにはここからが大事なんです!

無料期間中に登録して、1ヶ月以内に解約することもできるので、その場合はお金を一切かけずに、海月姫の動画はもちろん


『海月姫』以外の現在放送中の最新ドラマ・映画・海外ドラマも、時間が許す限り好きなだけ見れてしまいます!


ただ、“1ヶ月無料おためし”はいつまでやっているのかわからないので、

海月姫を安全に無料で見たいなら早めに登録したほうが損しないです!


>>>『FODプレミアム』の1ヶ月無料おためしはこちら

※FODプレミアムに登録したら検索窓から「海月姫」で検索してくださいね^^すぐにみれますよ![PR]

海月姫ドラマの動画!8話の予想は

20代 女性 :

海月姫の8話の予想は、修が結婚指輪を買いに行ったと聞いて蔵之介は焦るのではないかと思います。蔵之介は月海に好きと伝えるのか、とても気になるところです。

けれど、修が結婚指輪を買ったと聞いて動き出すのではないかと思います。あとは、修が蔵之介の実のお母さんの所に行ったことに気付いて会いに行くのではないかと思います。

会いに行って海月のドレスを着て舞台に立っているお母さんを見るのではないかと思います。

きっと尼ーズのみんなで作ったドレスをお母さんが着ているのを見てすごく感動するのではないかとお思います。会ってほしいという期待も込めて予想しています。

  

20代 女性 :

海月姫の8話の予想は、月海の荷物を運んでくれた男性が、実は多くのブランドを管理している会社の社長で、月海ごと「ジェリーフィッシュ」の服を買い取ると言い出した展開で7話は終りましたが、

8話では修が月海を社長から奪還すべくそのままイタリアから月海のもとへ向かうと予想します。

商談では月海の隣には蔵子こと蔵之介がいたので、蔵之介が修に「月海がブランド管理会社の社長にとられた」と告げ、修が月海を追いかけて社長との直接対峙になると思います。

また、イタリアを出る前に修が尼ーずに電話をするとしたら、ジジ様か千恵子さんが月海に何があったのかを知らせ、修が大急ぎで月海のいる場所へ駆けつける展開が想像できます。

  

30代 女性 :

海月姫の8話の予想は、海外バイヤーの社長が最後に現れましたが、デザインとデザイナーである月海を3億で売ってほしいと・・・、

蔵之介がいないとなかなか行動が起こせない月海なので月海のマネージャー?的な感じで蔵之介が付いていくのではないかと予想しますが、

あの社長との一悶着もありそうだしハラハラドキドキな展開になるんじゃないかと思います。

また、千恵子さんのママが権利書を見つけだしてしまったので、月海・蔵之介が不在の間に天水館がどうなってしまうのかという問題ですが、

ミラノから指輪を持ち帰ったしゅう君がまた上手く稲荷を食い止めるのかなーと思っています。

  

30代 女性 :

海月姫の8話の予想は、まずデザイナーの道を歩みたいつきみはあのCEOについていくでしょう。鯉渕長男でもなすすべはないと見えます。

そこで唯一手助けとなるのがいよいよくらこの母登場。そして、デザイナー勉強をするとなれば当然結婚話はお流れに。

それはくらこにとってはラッキーだけど、あまみずかんのことを考えると素直には喜べません。恋をとるのか。あまみずかんという居場所をとるのか。くらこや仲間をとるのか。

選択は、つきみがすべてを背負っています。

あのCEOが実は割悪で要潤がそれを見抜いてどうにかこうにか動いてくれる、とかならまだ救いがあるんだけどなあ

  

40代 女性 :

海月姫の8話の予想は、ドレスの展示販売をしているときに現れたなぞの男、社長が月見と蔵之介を引き離すと思います。

社長は月見を一流のデザイナーにして働かせたいので、海外で勉強してくるように言うのでは?しかし密かに恋心を抱いている蔵之介は離れたくないから、月見にとってはとてもいい話だとは思うけど、

認めたくなくて邪魔をするのか悩んで悩んで海外に行くのを認めてしまうのかななと思います。

また天水館は前回見つけられてしまった、権利書が地上げ屋にとられてしまって、月見も自分達から離れてしまうかもという思いから、

尼~ずも気持ちがバラバラになってしまうのかな?なんて予想しています。

>>>『FODプレミアム』の1ヶ月無料おためしはこちら

海月姫ドラマの動画!8話の見所はどこ?

20代 女性 :

海月姫の8話の見所は、千恵子さんのお母さんが現れて管理証を見つけてしまったのでこれからどうなってしまうのかが気になるところです。

賀来賢人も出てきて、社長の役でとても驚きました。月海とデザインを売ってほしいと頼んでいたので、一体どうなるのか楽しみです。

すごく悩んでしまう蔵之介がどういう答えをだすのかとても楽しみなところです。賀来賢人が女性の格好をしている男が邪魔だと言っていたのでどうするつもりなのかとても気になります。

修も月海と離れてしまうことを知ってしまうのでどうしてしまうのかとても気になるところがあって楽しみな8話だと思います。

  

20代 女性 :

海月姫の8話の見所は、月海が社長と行動を共にするのか、修が助けに来てくれるのを待つか、どちらの選択を選ぶのかが最大の見どころです。

社長は月海ごと「ジェリーフィッシュ」の服をデザイン目的で買取り、月海を一流のデザイナーとして育てようとしていて、修は月海を結婚したいと思うほど愛してくれていますが、

月海が大切に思うのは修なのか、それとも服のデザインなのかが注目せざるを得ないポイントとなります。そして尼ーずのメンバーの月海の恋を応援する形も楽しみです。

ジジ様と千恵子さんはおおかた想像つきますが、まややとばんばさんはどんな風に月海の恋を応援するのかが気になります。

6話では修との会話を、ドリンクバーを利用するように見せかけて月海と修の事を偵察していたので、2人のデートのどさくさに紛れてひょっこり顔を出しそうな感じしかしない感じがしますが、

実際に応援するとなるとどうなるのかが物凄く楽しみです。

  

30代 女性 :

海月姫の8話の見所は、海外バイヤー社長と月海・蔵之介の関係性の行方・デザインが本当に3億で売れるのか。ドレスの売れ行きの行方。
また、予告で少し出ていた社長と月海の距離。

しゅう君はミラノで月海に合った指輪が買えるのか。月海としゅう君の恋愛の進展について。

天水館の権利書を手に入れた稲荷の行動、それに対するしゅう君の動き。また、鯉淵家のパパの行動。

天水館の行方。あま~ずのメンバーの動き。(天水館が無くならないようにまた新たな行動を起こすのか?)
花森さんが今度はどのような手伝いを行うのか。

蔵之介は月海に対する恋心をどうしていくのか。

  

30代 女性 :

海月姫の8話の見所は、あのCEOが何者なのか!結婚の行方はいかに!くらこはつきみに告白しないで本当にそれでいいの?結婚を留めるほどの力がメガネ男に果たしてあるのか。

インド人・くらこ母・今のとこ敵だけどあまみずかんオーナーなど救おうと思えば救える手立てはいくつかあるはず。
何とかあまみずかんを残して、皆さん平和に暮らしてほしいもんです。

安達祐実はもう出ないけど、友情出演?ドレスを忙しく塗ってる間こそお手伝いにくるべきではと内心感じました。

あのCEOは、純粋に下心なくつきみに接近したのならまだいいのだけど、まさかの四角関係にでもなったら大変。

  

40代 女性 :

海月姫の8話の見所は、月見の作ったドレスが気に入り、デザイナーの月見を含めドレス全てを買い取ってくれると言った社長と密かに恋心を抱いている蔵之介のバトルが見所かなと思います。

蔵之介は月見と離れたくないが、月見デザインを気に入ってくれて今後のことも考えてくれる社長に対してどういった対応をするのか…。

月見も一緒にドレスと買い取られてしまうのか。波乱の展開にドキドキしてしまいます。

また前回、恋文まで送っていた弟さんの修はそんな月見をどう応援するするんだろうかなと気になっています。

天水館の買収の話も含め、今後の尼~ずたちの行方がどうなっていくのか、次週がすごく楽しみです。

海月姫ドラマの動画!これまでの感想

20代 女性 :

海月姫のこれまでの感想は、次男の修と付き合うことになった月海が以外でした。月海が修と付き合うとは思っていなかったので、以外でおもしろいと思いました。

付き合うことになったと聞いたときの蔵之介の表情が辛そうでとてもかわいそうに見えました。

月海のために指輪を買おうとする修が蔵之介の母親に言われた一言で顔が暗くなったので、月海のことは諦めるのかなと思いました。

蔵之介のことは月海は恋愛感情が全然ないので、これからどうなるのかが楽しみです。

蔵之介は好きにさせることができるのか、月海は好きになるのか、それともそのまま修と付き合って結婚するのかとても気になります。

  

20代 女性 :

海月姫のこれまでの感想は、修が月海と結婚したいと思っていた事が発覚したシーンには凄く驚きました。

尼ーずのメンバーが、月海が修に告白された旨を託宣として漫画家先生に報告したシーンでは、漫画家先生もびっくりされていて、政略結婚してしまえとも思われた展開にはなかなかつかみどころがあって面白かったです。

修からのお誘いを断ろうとした月海に対し、受話器を強引に取って月海を向かわせると修に伝えたばんばさんを見た時に、尼ーずの皆が月海の恋を応援してくれている姿に感動しました。

お店の開店準備の時に、まややがドレスを男性にぶつけたシーンでは、まややが物凄いスピードでタックルしてきたように見えて笑えました。

  

30代 女性 :

海月姫のこれまでの感想は、弟のしゅう君がまさかの月海に告白だけじゃなく、結婚を前提に・・・と交際まで申し込んだところにとても、驚きました。

そして、それに対し受け入れた月海にも驚きですし、その恋を複雑な気持ちで応援する蔵之介にも胸がチクチクする思いでした。

また、ドレス作製に関して海外バイヤーの人もなんだかんだで協力してくれているし、まややもドレスの試着をするようになったのはとても進歩だと思いました。

ちえこさん親子はソックリすぎるし笑いありキュンキュンありのドラマだと思います。

しゅう君も、蔵之介の本当の母に会いにわざわざミラノまで行って「今ならわかります」と。皆が前向きに進んでいてほっこり!あとは、天水館の存続の問題と蔵之介の恋心の問題ですね!

  

30代 女性 :

海月姫のこれまでの感想は、とても面白かったです。恋の行方やそれぞれの親との関係も相まって、素晴らしい作品になっていっていると感じる。

政略結婚と思っていないつきみだけど、分かった瞬間はやはり破棄するのだろうか。結局はくらこのところに?

個人的には鯉渕ジュニアとお似合いだからこのままくらこは親友ポジションで頑張っていってもらいたい。

若村麻由美とくらこが顔を合わせることがあるのかが最大のクライマックスと言えよう。もちろんあまみずかんも気になるが、どにかなるはず!

あんなけばいだけの女に負けてはいられないでしょう!つきみ、応援してます。にしても新たに出てきた韓国人?気になりますねえ。

  

40代 女性 :

海月姫のこれまでの感想は、前回の終わりの時に蔵之介さんの弟、修さんが告白したあと、月見は信じられず蔵之介に相談します。

その時の蔵之介の表情がなんとも言えず、蔵之介が月見に特別な気持ちを抱いている感じがキュンキュンしました。

その直後に届いた、弟さんからの恋文(ラブレター)の内容が「結婚前提につきあって欲しい」というものでした。この純粋すぎてぶっとんでいる考えには、クスッと笑ってしまいました。

その後、大波乱の予感が…天水館の買収に賛成な千絵子さんの母が登場。

その直前に千絵子がこっそり隠していた権利書も見つけられてしまい、天水館がいったいどうなってしまうのか、今後の見所です。

ドレスの展示販売をする日に現れたなぞの男が、まさかの社長。

しかも全部のドレスと権利を買い取り、月見も含め3億で買い取りたいと言ってきて、次回はかなり波乱の展開かなと思いました。

>>>『FODプレミアム』の1ヶ月無料おためしはこちら

海月姫ドラマの動画!8話【ネタバレ】← 紹介

ここからが『海月姫』8話のネタバレになります!

  

カイ・フィッシュは3億円でドレスのデザインと一緒に月海を買いたいという。

蔵之介が話が飛び過ぎて意味がわからないというと

カイ・フィッシュは、月海には不思議な美的センスがあるため、シンガポールに連れて行き勉強させたあと、新しい月海のブランドを立ち上げたいという。

これに動揺する月海。
  

蔵之介は『あなたは何も分かっていない。あの服も、月海のことも』そういって断る。

帰ろうとする月海にカイ・フィッシュは、困ったことがあったら連絡をくれといって名刺を渡す。

カイ・フィッシュは秘書のファヨンに、あの女の格好をした彼は邪魔だ…。

  

蔵之介と月海がジェリーフィッシュの店に戻ると、尼~ずがいない。


変わりに現れたのは稲荷と佐々木で、天水館の売買契約が成立したと言われてしまう。

その頃、天水館では、尼~ずが目白先生に意見を求めている。

売買契約が成立したと知った目白先生も壊れるw

  

そこに蔵之介と月海が帰ってくるが、さすがの蔵之介も落ち込んでしまい。焦るまやや…

ばんばさんとまややは50万円にそそられてしまう。

千絵子『お金はともかく、契約が済んでしまった以上、これでもう天水館は、終了よ・・・』

さすがの蔵之介も策が見つからず、頭を冷やしてくるといって出ていく。

  

月海の声『お母さん、天水館がついに、なくなろうとしています…』

月海は修を頼って鯉淵家に

月海は修を頼って電話をかけるが、出ない。その頃、修はイタリア観光を楽しんでいたw

月海は思い切って鯉淵家を訪ねるが、修はおらず、慶一郎と容子も居場所を知らない。


2人からケーキとコーヒーをご馳走になる。容子は月海をみて安心する。

慶一郎が『いい年の長男がフラフラ遊び歩いて…』というと月海は
  

『それは違います。蔵之介さんは、フラフラなどしていません。いつも自信に満ち溢れていて、いつもめちゃくちゃな計画をたたて、押しが強くて、


周りに人をどんどん巻き込んでいって、いつの間にか私たちの気持ちも変えて行って、だから、初めてで、あんな蔵之介さんを見るのは…』

  

容子に何かあったの?と聞かれた月海は、天水館が売られてしまったと話す。

そしてなんとかなりませんか?と慶一郎に訴える月海だが、慶一郎は何もできないという。

  

その頃、蔵之介は落ち込んで景色を見ている。一方、修の方は、クラゲのデザインの婚約指輪を探していた。

月海が天水館に帰ると、尼~ずはみんなでやけ酒。一人づつお別れのスピーチをしているという。

まややは天水館に辿り着くまでの道のりを熱弁。すでに3時間も飲んでいる。

ジジ様『名残惜しいんです、この時間が。ここでしか生きられない人たちの集まりでしたから…』


それを聞いた月海は走り出し、外の公衆電話に飛び込む。。

尼~ずが稲荷のしもべに

翌朝、酔いつぶれて寝ていた尼~ずの前に、稲荷が現れる。そして引越しの手伝いといって業者を中へ。

稲荷は笑いながら金を巻く。

蔵之介が天水館に駆け付けると、すでに荷物は片付き、尼~ずたちは金を握らされ、稲荷のしもべ状態に。


するとそこに、佐々木から稲荷に着信があり、稲荷は動揺。

チャイムがなり、カイ・フィッシュの秘書・ファヨンが現れる。

すると月海が部屋から荷物を持って出てきて、ファヨン『さあ、行きましょう』

蔵之介が月海を捕まえて事情をきく。

  

月海『天水館を、あの社長さんが買ってくれるそうなんです。その変わりに、私がシンガポールで下働きをすると言うことになり。

大丈夫です!一生懸命働きます!トイレ掃除でも、なんでもやる覚悟はできていますので。


私さえ向こうい行けば、皆さんがここに残ることができ、立ち退かなくてもよくなりますんで…』

蔵之介は尼~ずに、月海がカイ・フィッシュにデザイナーとして来て欲しいと頼まれたことを話す。

蔵之介『もちろん俺は断ったよ!みんなもそうでしょう?月海がいなくなるなんて嫌でしょう?』

すると尼~ずは誰も嫌がらず、月海を送り出す。

  

蔵之介も付いていくと言うが、ファヨンに断られる。月海も大丈夫というが、顔面蒼白状態。

そして修はなんといっている?と聞く蔵之介だが、修をは連絡が取れず、月海は修が嫌になったのでは?と思っている。

月海『一つだけお願いが、クララの事、よろしくお願いします。では…』といって車に乗り込み行ってしまう。

  

その頃、稲荷は会社に戻り、佐々木に事情をきく。


天水館はシンガポールのリゾート会社が買い取り、莫大な金が動いたという。そして自分たちは外されたという佐々木に

稲荷『この私が、このまま黙って、引き下がるわけないでしょう!!』

蔵之介がカイ・フィッシュの会社に行くと、稲荷も話があると言って乗り込んでくる。

月海はカイ・フィッシュの元へ

一方、月海は漁港で降ろされる。そこでランチのために釣りをすることに。

カイ・フィッシュ『昔からね、自分で釣って食べてたんだよ、施設でね。親に捨てられたんだ。僕が釣った魚を、みんなで分け合って食べた。

その味が今でも忘れられないんだ…』

  

そこに月海の竿にヒットが。


釣れた魚を持って、漁港の人たちの所へいき一緒に焼いて食べる。


その後、海を見ながらカイ・フィッシュは『ミス月海、君の作るドレスを、たくさんの女の子に着せよう。君が世界をかえるんだ…』

そしてカイ・フィッシュが会社に戻ると、蔵之介と稲荷が現れ、絡むw

カイ・フィッシュは『私は月海さんを一流のデザイナーにする。あなたにそれが出来ますか?』

蔵之介は家に帰ると、花森に月海の居場所を知りたいという。花森に力を貸して欲しいと頭を下げる。

花森は探偵の杉もっちゃんに電話。月海の居場所を探して欲しいと頼む。

  

その頃、月海はファヨンに連れられ、デザイナーたちが集う施設で基礎的なことを学ぶことに。

一方、修はようやく成田に到着。

そして天水館では、奪還パーティーが…。そこに訪ねてきたのは修だが、いまさら用はないと言って追い返される。

  

修は蔵之介に電話をかけるが、月海は手の届かない所に行ったといわれる

蔵之介『俺は諦めない!どこにいようと、どんな遠くに行こうと、俺はあいつを捕まえる!!』

修は自宅に帰り、花森からシンガポールに行ったと聞かされる。

修が花森に、月海のホテルの居場所を訪ねると、花森『その必要は、ありませんよ…』

月海と蔵之介の最後の夜?

一方、月海がいるホテルの部屋に誰かが訪ねてくる。

その頃、カイは会議中。

  

月海のもとにやってきたのは蔵之介で、ルームサービスで大量の料理を注文。


ファヨンが、蔵之介がホテルに来たと報告。

カイ『好きにさせてやれ、今夜は、彼らの最後のパーティーだ』

月海と蔵之介は乾杯。月海は自分のせいでと謝る。

すると蔵之介はネガティブな月海に、修は天然記念物といえるほどクソ真面目で、他にはいないという。

その頃、修は、蔵之介の言葉や、蔵之介が月海にキスをした時のことを思い出している。

蔵之介『てかさ、あいつらも本当白状だよな、月海を手放したりして。自分さえよければそれでいいいのかよ!』

月海は尼~ずにはお世話になったので、役立てるならそれでいいという。

  

蔵之介『じゃ、ちっとも寂しくないんだな?』

月海『ありませんよ…』

蔵之介『嘘つくなよ!』

月海『うそではありません…』

蔵之介は酔っ払った、今日は泊まるといってシャワーを浴びに行く。

シャワーを浴びながらカイの言葉を思い出す。

  

その頃、月海は蔵之介とのお泊りにパニック。浴室から物音が聞こえて、蔵之介の様子を見に行く。

蔵之介は裸で酔っ払って倒れてしまい、月海に肩をかしてという。

月海が肩を貸すと、一緒に倒れてしまい。蔵之介は月海を抱きしめて

『いくな月海。いくな、いくなよ!どこにも行くな月海!』

  

翌朝、蔵之介が目を覚ますと、月海はもういない。

すでにカイと一緒に車で移動。カイはホテルは変えるという。

『これから君は1人で戦ていくんだ。仲間なんてこの世界じゃ何の意味もない。早く切り捨てた方がいい、あのアパートの住人たちが

君を切り捨てたようにね…』

月海へのみんなの想い

その頃、尼~ずたちは暇を持て余していた。。

まややとばんばさんがクラゲのドレスを片付けようとしていると、蔵之介が現れ、切り替えが早いな!

  

千絵子『蔵子、責めないであげて、辛いのよ、ドレスが目の付くところにあるとね…。

ジジ様なんて、月海がいなくなってからずっと、たけ散歩をみてばっかりだし、私だってそうよ。


特にこのドレス、みんなで最初に作ったこのドレスを見ていると、月海のことを思い出して…』と泣き始める。

  

蔵之介『いやちょっと待って、じゃあなんであの時、月海とめなかったんだよ?なんで平気な顔していかせたりしたんだよ!?』

まやや『月海殿の、才能が買われたのだぞ!!』

ばんばさん『そうだ!わしらと違って、あいつには才能がある!』

千絵子『みんな全然平気なんかじゃないわよ!寂しいに決まってるじゃない!悲しいに決まってるじゃない!!』

ジジ様『・・・』みんな泣く

蔵之介『だったらさ、俺たちの気持ちだけでも月海に届けようよ!ジェリーフィッシュの服は月海にしか作れない。俺たちにだって月海は必要なんだって…』

まやや『しかし、今どこにいつかもわからぬなら、伝えようがないではないか』

  

一方、修が婚約指輪を見ていると、稲荷が取り上げ、バカにする。

修『僕に話ってなんですか?』

稲荷『あんたのフィアンセのことよ!どう何ってんの?このままシンガポールに行かせる気?』

修『兄が止めに行ったようですが、無理だったようで…』

稲荷『兄が?あんたは何やってんのよ?』

  

修は前々から月海と蔵之介の関係を疑っていて、弱気になっている修に稲荷は


『そんなもん簡単でしょう!好きか、嫌いか、はいどっち?』

修『好きです!大好きです!!』

稲荷『だったらそのだっさいクラゲの指輪で止めて気なさいよ!!』

月海がどこにいるのかわからないという修に佐々木は、あの子、携帯持ってないの?

修『そうか!ありがとうございます!!』といって走っていく。

稲荷は複雑な表情。

月海を止めに

修は天水館に行く、すると蔵之介が荷物を持って出てきて『あいつ携帯持ってないよ。ていうか、お前もくる?』

  

一方、月海は、カイの、一人で戦っていくんだ。という言葉を思い出し…

月海の声『お母さん、弟さんと離れて、みんなと離れて、私はこれから、一人で生きていけますかね?一人で、一人ぼっちで・・・』


ふと何かを思い出し、たけ散歩をつける。

  

すると、月光仮面のコスプレをした男が横切る。


そして月海が作ったクラゲのドレスを着た尼~ずや蔵之介と修が、『月海!!!!』と叫んでいる!

それをみた月海は大泣き・・・


--- 以上、海月姫 8話のネタバレでした~! ---

  
ドラマ『海月姫』8話を見逃した人は、

無料期間中に1話から見逃し視聴できる『FODプレミアム』がおススメです!


>>>『FODプレミアム』の1ヶ月無料おためしはこちら


いつまで“1ヶ月間の無料おためし”があるのか分からないので、見たいかたはお早めに~^^♪

これで連休の暇つぶしはバッチリです(笑)

海月姫ドラマの動画!8話の感想まとめ

海月姫 8話の感想は、天水館のためにカイ・フィッシュとともにシンガポールに行く加越団をした月海。それをどうしても止めたい蔵之介。

そろそろ蔵之介の月海への告白があるのでは?と思っていたのですが、まだでしたね。

  
シャワー室で抱きしめた時に言うのかと思ったのですが止めるだけで告白はしませんでした。


今後、どこかで告白するのでしょうか?それともその前に月海は、カイと共にシンガポールに行ってしまうのでしょうか?次週の展開が気になりますね~

>>>『FODプレミアム』の1ヶ月無料おためしはこちら

海月姫ドラマの動画!8話のあらすじを最後に

『海月姫』8話のあらすじを簡単に紹介します~!

倉下月海(芳根京子)たちはプロモーションスペースに『ジェリーフィッシュ』を出店。


客つきは全く良くなかったが、アジアでセレクトショップを展開するカイ・フィッシュ(賀来賢人)には認められた。

  

カイは月海と鯉淵蔵之介(瀬戸康史)に、ドレスとデザインを買い取りたいと申し出る。それどころか、月海をシンガポールに連れて行き新ブランドを展開したいと言う。

  

そして、月海の才能を埋もれさせたくないと部下のファヨン(伊藤ゆみ)に手付金の用意を命令した。


蔵之介は月海やドレスのことを理解していないとカイの提案を断る。蔵之介と部屋を出る月海に、カイは連絡先を教えた。

  

プロモーションスペースに月海たちが帰ると“尼~ず”たちがいない。2人を迎えたのは稲荷翔子(泉里香)と佐々木公平(安井順平)。

  

稲荷は『天水館』の売買契約が成立したと月海と蔵之介に教える。すぐに『天水館』に戻る月海たちだが、さすがの蔵之介も打つ手なく沈んでしまう。

  

修(工藤阿須加)に困った時には連絡するよう言われていた月海は電話するのだが出てもらえない。勇気を出して鯉淵家を訪ねる月海だが、修は不在だった。

  

そんな月海は慶一郎(北大路欣也)と容子(床嶋佳子)から家に迎え入れられる。


月海は『天水館』が売却されてしまったことを慶一郎に相談するが、自分にはどうすることも出来ないと言われてしまった。


頼る術がなくなった月海は、カイにもらった名刺に目を落とし…。

>>>『FODプレミアム』の1ヶ月無料おためしはこちら

最後までお読みいただきありがとうございました^^

◆最新のドラマ動画の見逃し視聴方法&ネタバレまとめページはこちら↓

>>> ドラマ動画の見逃し&ネタバレをまとめてチェック♪

※本ページの情報は2018年3月時点のものです。最新の配信状況はFODサイトにてご確認ください。[PR]

シェアする!!