西郷どんの動画!11話をフルで見逃し視聴する方法

シェアする!!

西郷どんの11話が放送されましたね!

この西郷どんの11話の動画はフルで見逃し視聴できるの?と、気になって動画を探している人が多いようです。


鈴木亮平熱演の大河ドラマ『西郷どん』を今回に限って見逃してしまったーー!!なんて人も多いと思います。


なのでこのページでは安心して西郷どん 11話の動画を見逃し視聴できる方法&ネタバレを紹介しています!


YouTube・Dailymotion・Pandoraみたいに違法にアップロードされた動画じゃないので、高画質でCMもないし心置きなく視聴できますよ↓


>>>『U-NEXT』の31日間無料トライアルはこちら

西郷どんの動画!11話の予告を紹介

『西郷どん』11話の動画予告はこんな感じに!

西郷どんの動画!11話をフルで見逃し視聴するおススメの方法

では西郷どん 11話の動画を、フルで見逃し視聴できるおススメの方法を紹介します!


それは、西郷どんの放送が終わるたびに毎回、見逃し配信をしてくれている公式のサービス『U-NEXT』です!


『U-NEXT』には”31日間の無料トライアル”が付いててお得なので、

YouTube・Dailymotion・Pandoraなどの違法にアップロードされた動画を探さなくても安全に見逃し視聴できます!


>>>『U-NEXT』の31日間無料トライアルはこちら


無料期間中に登録して31日以内に解約することもできるし、その場合でもお金をかけずに、西郷どんの動画を1話からまとめて視聴できます!


もちろん『西郷どん』以外の現在放送中の最新ドラマや映画・海外ドラマも、時間が許す限り好きなだけ見れてしまいます!


ただ、“31日間の無料トライアル”はいつまでやっているのかわからないので、

西郷どんを安全に見たいなら早めに登録したほうが損しないです!


>>>『U-NEXT』の31日間無料トライアルはこちら

※U-NEXTに登録したら検索窓から⇒「西郷どん」で検索してくださいね^^

西郷どんの動画!11話の予想

40代 女性 :

西郷どんの11話の予想は、西郷さんも、お殿様といえど、篤姫が、不幸になるという言葉には、反発したのでは、ないでしょうか。誰よりも、そばで、篤姫の頑張りを、見てきている西郷さんですから。

その斉彬さんが、暗殺されてしまうのでしょうか。これからだ、というのに。いよいよ、政治の渦の中に西郷さんや、篤姫さんが、本格的に飲み込まれていくのかなー。

なんだか、大事なときに、大切な人が、亡くなっていくなーと思います。西郷さんも、ある意味、腹をくくる回になるんじゃないでしょうか。

斉彬さんが、いなくなれば、薩摩も、心配になりますし。たくさん問題が出てくるんじゃないかな。

>>>『U-NEXT』の31日間無料トライアルはこちら

西郷どんの動画!11話の見所はどこ?

40代 女性 :

西郷どんの11話の見所は、斉彬さんが暗殺されてしまうのか、いなか。斉彬さんが、いなくなっしまった時西郷さんは、どうするか、どうなるか。

篤姫さんを、どう守っていくのか。薩摩のお家騒動が、再発して、また、ざわついてしまうのでは、ないか。幕府の政治がどうなるか、西郷さんが、どう関わっていくか。

いよいよ政治の渦に西郷さんが、のみ込まれて行くのかな。どういう風に関わっていくのかな-。あまり、西郷さんには、政治のドロドロは、似合わないんだけど。

本当は、かかわって欲しくないけど、政治が、悪いほうには、いって欲しくないから、西郷さんに頑張って欲しい。


◆西郷どん”全話”のネタバレまとめページはこちら↓

>>> 西郷どん”全話”の動画の視聴方法&ネタバレをチェック♪

西郷どんの動画!これまでの感想

40代 女性 :

西郷どんのこれまでの感想は、篤姫の本当のお父さんが亡くなり、海辺で、黄昏れている姿が、とても悲しげで、印象的でした。

泣くのを我慢している篤姫に、西郷さんが、悲しい時は、泣くべきと言った所が、かっこ良かったです。

さすが、西郷さんだな~と思いました。幾島の教育が始まり、西郷さんまで、圧倒されているのが、笑えました。

篤姫は、大変だなと思いました。将軍の御台所になるには、計り知れないくらい大変なんだなーと思いました。

でも、最後に斉彬さんが、篤は、不幸に、なるという言葉は、衝撃的というか、かわいそうだなと思いました。こんなに頑張っているのに、と。

>>>『U-NEXT』の31日間無料トライアルはこちら

西郷どんの動画!11話【ネタバレ】← 紹介

ここからが『西郷どん』11話のネタバレになります!

  

斉彬は篤姫の輿入れ先となる徳川十三代将軍・徳川家定と対面。


阿部正弘が話を進める。しかし家定は外に停まっているカラスが気になる様子…

斉彬と井伊直弼

その帰り、斉彬は井伊直弼と対面。

直弼は斉彬の娘・篤姫を家定の嫁にと働きかけているな?と聞かれ、家定のご意向だと応える

直弼『戯言を申されますな。公方様が誠にそのようなことを望んでおられるはずがない!分家の娘を御台所に押し立て、姑面をして公方様につかづく腹つもりであろう?』

島津斉彬と井伊直弼は次の将軍を巡る対立していた。

  

彦根藩主・井伊直弼は、徳川家の政党後継となる紀州藩主・徳川慶福を次の将軍にと考えている。

しかし、幕政を根本から変えたい斉彬は、篤姫を御台所にし、次の将軍に一橋慶喜を押したいと考えていた。

直弼は、斉彬が家定の姑になれば、恐ろしいのは異国だけではないという。

斉彬『どちらの想いが強いのか、天命を待つのみかと存じます!』

直弼『薩摩の上殿、くれぐれも御身、大切になさりませ…』

虎寿丸の不可解な死

その頃、西郷吉之助は、斉彬の息子・虎寿丸と相撲をとっていた。

西郷は子供の虎寿丸でも押し出してしまう。

篤姫は諦めてはいけないと励ますが、虎寿丸は急に具合を崩し、倒れてしまう。

そして数日後、虎寿丸は亡くなる。斉彬にとって5人目の子供だった・・・

それでも斉彬は自分の計画を進め、ただただ働き続ける。西郷はそんな斉彬のことが心配でならない。

篤姫は虎寿丸のことで勉強が進まない。

  

そんな篤姫に幾島は『姫様も、お殿様のように、早うお気持ちを切り替えあそばせ…。姫様が、何をおいても考えるびきことは、恥じることのない御台所となり、お世継ぎさんを産むこと。』

その頃、西郷や大山達は、虎寿丸の件はお由羅の呪いではないかと話をする。

すると西郷は、人の気配を感じ、あまりヘタなことは言うべきでは無いという。

  

一方、斉興と由羅は、幕府の命で江戸の高輪で隠居暮らしをしていた。そこに、虎寿丸の訃報の知らせが入る。

由羅は、また自分が呪い殺したと噂が広まることに嫌気がしていた。

正助と久光

そして江戸からの知らせを聞いた薩摩では、郷中仲間が斉興と由羅をどうにかせねばと飛び出そうとするが、正助はいまは待つときだと止める。

  

別の日、正助が鶴丸城の記録所で仕事をしていると、上司が久光の命令で古い記録を読みたいから探してくれという。

そして久光がやってきて探す。

正助は久光に『仰せつかった記録とは、我が藩が西洋の国と初めて戦った記録ではないですか?何のためにいま、お調べになるのでしょうか?』

久光は今後の異国との戦のために少しでも多くの知識得たいと言う。

それを聞いて正助はその本を懐にしまい、明日にでも持っていきますという。しかし久光は『いや、待つ』

  

正助『恐れながら、江戸では虎寿丸様が突然亡くなられたと聞きました。城下の物の中には、先年の騒動を思い出し、暴挙に出かねん勢いの物もいます。

このままでは、また多くの血が流れることになります!私は、あなた様の恩名を傷付けたくありません!


あなた様なら、必ずや立ち上がり、この騒動を沈めて下さると信じております!』

  

久光『お主、・・・名はなんや?』

正助は震えながら『名乗るほどのものでは。。ですが、あなたさ前の想いは、城下氏一同同じでございます!』

そう言って久光が探していた記録を差し出す。久光はそれを受け取り、黙ってさっていく。

慶喜の考え

一方、江戸の薩摩藩邸では、斉彬の呼びかけで集まった、松平慶永・徳川斉昭・一橋慶喜が集まる。

この席には橋本佐内も出席。それを見た慶喜は佐内と西郷をこっちにこいと呼ぶ。佐内は松平慶永に使い番として信頼されている。

斉昭は篤姫の輿入れの後には、薩摩が幕府を操るつもりはないのか?と訪ねる。

斉昭『とは申せ、万が一にも殿との間に篤姫との世継ぎができれば、気も変わると言うのが親心ではないか?』

  

しかし松平慶永は家定に世継ぎができることはないという。それを聞いた西郷は、思わず『それは、どげな…』

慶喜『何も知らないんだな。公方様はおおうつけ、世継ぎは作れん』

西郷『ならば、なぜ篤姫様を御台所に?』と斉彬に聞く。

斉彬が篤姫を嫁がせる本当の目的は、家定に慶喜を次の将軍に推挙させるよう、働きかけることだと言う。

それを聞いて大喜びの斉昭。松平慶永もこれはめでたいと喜ぶが…

  

慶喜は『よくもま~めでたいなどと勝手なことを申されますな!誰がいつ将軍になりたいなどと申しましたか?俺は将軍になどなりたくない!そう申したはずだぞ!西郷!!』

斉彬は、気持ちは聞いているが自分たちもここで引き差がるわけにはいかないといい、国のためにも慶喜に将軍になっていただかねばという。

慶喜『悪いが、私はそなたらが思うておるような人物ではない。異国と互角に渡り合うなど、考えただけでも逃げ出したくなる!』

斉彬『それでようございます。面子や見栄にこだわっていては何も変わりません。そうお考えあそばす一橋様にしか、この難局は乗り切れません!』

慶永『我ら神妙をとして、お仕えいたします』

斉昭『将軍になれ、慶喜!この父の命が聞けぬと申すか!!』

慶喜『ここにはどうやら、まともな父親は誰一人とおらぬようじゃ、幼子が死んだと言うのに、祝いの酒を交わしておる。篤姫とかいう娘の、いく末も思いやられる。

何が日本国じゃ!おれは付き合いきれん!!』

そう言って出ていく慶喜。そのまま品川宿に遊びに行く慶喜。その姿を見ている彦根藩士・長野主膳・・・

  

お開きになった後、西郷は斉彬に訪ねる『公方様にお世継ぎが出来ないのは、誠でございますか?』

すると斉彬は突然倒れてしまう。

駆け付けた篤姫は、斉彬の手を握り『父上にお預けした私の命を、使ってください…』

西郷はその日から毎晩、瀧に当たり『この西郷吉之助の命に代えて、殿をなにとぞお救いくださいませ』

斉彬は、すんでんのところで一命をとりとめる。

毒が盛られる!?

そして藩邸では、大山・俊斎らが、床下に潜りお由羅の呪いの痕跡を探している。

それを見た西郷は、斉彬の食事を作る台所の様子を伺う・・・

  

病み上がりの斉彬は、再び懸命に働き始める。西郷はそんな斉彬の元にいき、毒が盛られているかもしれないといい、


斉彬『毒ならば、何者の仕業か必ずや突き止めます』そう言っておかずの魚をもって、品川宿へ。

そしてふきに、佐内が来ていないか訪ね、佐内の元へ。

すると二人の話を慶喜が盗み聞き。

  

西郷『おつきの医師たちは、原因が分からんと言っております。やっぱり、毒が盛られているのではないかと…』

それを聞いた慶喜が部屋に入ってきて『聞き捨てならぬ、俺も危うく毒を食う所だったのか!だから嫌だといったのだ!

うかつに目立てばこうやって、毒を盛られて寿命を縮める!政なんてな、命知らずの物好きに任せて行けばよいのだ!!』

  

西郷は佐内に、持ってきた焼き魚をみせ、これに毒が盛られていないか調べて欲しいと頼む。


佐内は銀の箸を焼き魚に刺して、引き抜く。橋が黒くなっているのを見て『やはり砒素です』


砒素は無味無臭で色もないため、混入されてもわからないという

慶喜『つまり、毒見をされた後に、屋敷の何者かが・・・』

  

そして、虎寿丸が亡くなったのはこの砒素が原因の可能性もあるという。

佐内『問題は、誰の仕業か?ということになります』

すると西郷は人の気配に気づき、戸を開ける!お面をかぶった男が飛び出し、酔って部屋を間違えたと薩摩弁で。

しかし佐内が酒の匂いがしないと怪しむと、男は佐内を捕まえ、短刀を突き立てる。

  

西郷『そん言葉、薩摩のもんじゃな!?何もんじゃ!!誰の手先じゃ!?・・・まさか、大殿様の??』

男は佐内を連れて一階に、そしてそのまま逃げだす。西郷は追いかけるが、見失ってしまう。

  

西郷はそのまま、高輪の薩摩藩邸へ。斉興に会うまで帰らないと、門の前に座り込む。

犯人は斉興と由羅!?

すると門馬が出てきて、中に呼ばれる。

斉興と由羅は、笑顔で西郷を迎える。西郷は怒りに震える表情で『恐れながら、お聞きしたかことがございます』

すると斉興は西郷を近くに呼び、褒美の菓子だといって西郷に食べるよう勧める。


しかし、毒が盛られているのではないかと疑う西郷は、食べることが出来ない。

  

由羅『どうした?食わぬのか?それとも、食えぬ理由でもあるのか?』

斉興『お前、わしがそん菓子に毒をもったとおもっているのか?』

由羅『毒?毒ですと!?ま~恐ろしいことを…』

斉興『お前がなにやらお由羅を疑って、嗅ぎまわっているのはわかっとる!』

由羅『それを確かめたくて、嬉しそう~にきたんでしょう?』

西郷『恐れながら、斉彬さまのお飯ものから毒が見つかりました。誰の仕業でございましょうか?』

由羅『私だと??お殿様、お聞きになりましたか?そなた、私を疑うからには、証拠の一つでもあるのか?』

西郷『証拠は、それはございません。ですが…』といって、出された菓子をにらむ。

すると由羅は、その菓子の一つを取って食べる。

  

その姿を見た西郷は驚く

そして由羅は、証拠などあるはずがない!といい、自分たちは毒など持っていないという。

  

斉興『確かにわしは、いまでも斉彬は憎い、憎くてたまらん!!じゃがな、あいつを憎んどるのはわしだけではない…

他に山ほどいるぞ!!卑し気味の分際で、何の証拠もなく、これ以上わしらを疑うならば、こちらとて容赦はせん!!』

  

由羅『そうなれば、斉彬さまとて無事ではすみますまい』

斉興『二度とその顔を見せるな!!』

西郷は何も言えず、頭を下げて帰る。

斉彬の怒り!

その頃、斉彬は蒸気機関の開発に成功し大喜び、実用化がいつになるのか考えている。

そこに西郷が戻り、他の家来たちを下がらせる。

斉彬『この大馬鹿者ーーーー!!この大事な時にお前は何をしておるのじゃ!!!』と西郷をけ飛ばす!

西郷『殿のお命を狙っているものを一刻も早く倒さねばと…』

斉彬『そんな下らんことのためにお前を召し上げたのではない!!』

西郷『確かに、確かに毒が盛られちょったのでございまもす!殿のお命が、何より大事なのでございます!!』

  

斉彬『つまらん!つまらん!!時が無いのがわからんのか!わしは命など惜しくはない、命に代えてもやらねばならんことがあるのだーー!!

この国を変える、この国を強くするには…


わしが、なぜお前をそばに置くかわかるか?わしも、お前と同じ大馬鹿者だからだ。

民のために命を捨てられる。そうだろう?』

  

西郷『殿の、命は・・・?』

斉彬『民のために国を、そんな国を作りたい…、のう、のう西郷・・・』

井伊直弼が黒幕?

その頃、井伊直弼の元に、長野主膳が斉彬が持ち直したと報告。

『しかしながら薩摩の上殿には敵が多い。方々から命を狙われております…。さらに申し上げます。一橋公が品川宿に入り浸り、一日女の絵を描いております。

政を嫌い、将軍になる気はなさそうにございます』

直弼『ほう・・・』

--- 以上、西郷どん 11話のネタバレでした~! ---

  

西郷どん 11話を見逃した人は、

『西郷どん』を1話からまとめて視聴できる『U-NEXT』がおススメです!


>>>『U-NEXT』の31日間無料トライアルはこちら


いつまで”31日間の無料トライアル”があるのか分からないので、見たいかたはお早めに~^^♪

これで連休の暇つぶしはバッチリです(笑)

西郷どんの動画!11話の感想まとめ

西郷どん 11話の感想は、斉彬の暗殺騒動ですね!早くも斉彬ロス!?と思っていたのですが、どうやらもう少し先のようで安心しました。

史実では斉彬は志半ばで亡くなってしまうのは確かなので、いつ頃になるのか?そこはかなり気になりますのね~

  

今回の一軒で、西郷吉之助は完璧に斉興に嫌われてしまったわけです。。これが原因で、西郷は、斉彬亡き後、島流しにあってしまうということにつながるのでしょうか?
  

そして逆に正助は、この11話の一件で、のちの薩摩藩主・島津久光に気に入られると言うことになるのだと思います。

今後の、井伊直弼が切られ、いよいよ幕末に突入していくのだと思います!


>>>『U-NEXT』の31日間無料トライアルはこちら

西郷どんの動画!11話のあらすじを最後に

『西郷どん』11話のあらすじを簡単に紹介します~!

篤姫(北川景子)を将軍家に嫁がせ、一橋慶喜(松田翔太)を将軍に擁立しようとする斉彬(渡辺謙)に彦根藩主・井伊直弼(佐野史郎)は嫌悪感をあらわにする。

  

そんなとき斉彬の世継ぎである虎寿丸が突然亡くなり、さらに斉彬まで病に倒れる。

  

吉之助(鈴木亮平)は、その陰に由羅(小柳ルミ子)と斉興(鹿賀丈史)の存在を疑い探索を始める。

   

西郷どんの目線

   

吉之助さん、篤姫様付用人に任命されましたね。

  

第10回の海のシーンで篤姫さまとの距離感がグッと近くなり、篤姫さまの悩みや葛藤、ホームシックな感情も知って、他人とは思えなくなっている吉之助です。

  

いよいよお輿入れの準備が進んでいく次回、女性の幸せというものをいろいろ考えました。

  

もちろん今とは価値観が違い、結婚は親が決めるもので、政治的に利用されることも多かった時代だけど、やっぱり人間だから好き嫌いの感情があるはず。

  

家のために一生を捧げるということに、人に言えない悲しさやつらさがあるんじゃないか……そこを感じてしまうのが吉之助さんなんじゃないかと思います。

  

しかし話題はそれだけじゃなく、島津家にとんでもない事件も巻き起こり……。


心がザワザワする後半シーンをお見逃しなく!


>>>『U-NEXT』の31日間無料トライアルはこちら

最後までお読みいただきありがとうございました^^

◆西郷どん”全話”のネタバレまとめページはこちら↓

>>> 西郷どん”全話”の動画の視聴方法&ネタバレをチェック♪

※本ページの情報は2018年3月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

シェアする!!