西郷どんの動画!18話をフルで見逃し視聴する方法

シェアする!!

西郷どんの18話の奄美大島編が放送されましたね!

この西郷どんの18話の動画はフルで見逃し視聴できるの?と、気になって動画を探している人が多いようです。


いよいよ始まった大河ドラマ『西郷どん』の奄美大島編 18話をいきなり見逃してしまったーー!!なんて人も多いと思います。


なのでこのページでは安心して西郷どん 18話の動画を見逃し視聴できる方法&ネタバレを紹介しています!


YouTube・Dailymotion・Pandoraみたいに違法にアップロードされた動画じゃないので、高画質でCMもないし心置きなく視聴できますよ↓


>>>『U-NEXT』の31日間無料トライアルはこちら

西郷どんの動画!18話の予告を紹介

『西郷どん』18話の動画予告はこんな感じに!いよいよ始まった西郷どんの奄美大島編!奇跡的に命を繋いだ吉之助はこれからどう生きていくのでしょうか!?

西郷どんの動画!18話をフルで見逃し視聴するおススメの方法

では西郷どん 18話の動画を、フルで見逃し視聴できるおススメの方法を紹介します!


それは、西郷どんの放送が終わるたびに毎回、見逃し配信をしてくれている公式のサービス『U-NEXT』です!


『U-NEXT』には”31日間の無料トライアル”が付いててお得なので、

YouTube・Dailymotion・Pandoraなどの違法にアップロードされた動画を探さなくても安全に見逃し視聴できます!


>>>『U-NEXT』の31日間無料トライアルはこちら


無料期間中に登録して31日以内に解約することもできるし、その場合でもお金をかけずに、西郷どんの動画を1話からまとめて視聴できます!


もちろん『西郷どん』以外の現在放送中の最新ドラマや映画・海外ドラマも、時間が許す限り好きなだけ見れてしまいます!


ただ、“31日間の無料トライアル”はいつまでやっているのかわからないので、

西郷どんを安全に見たいなら早めに登録したほうが損しないです!


>>>『U-NEXT』の31日間無料トライアルはこちら

※U-NEXTに登録したら検索窓から⇒「西郷どん」で検索してくださいね^^

西郷どんの動画!18話の予想

20代 女性 :

西郷どんの18話の予想は、月照さんとは離れてしまったのか、1人で南の島に流れ着いたような様子なので、

おそらく西郷どんは気持ちがすっかり落ちてしまっているんじゃないかと思います。

今まで描かれてきた西郷どんが、将来江戸城を焼こうとするような人になるとはまったく想像できないので、

ここからの話が西郷どんにどんな影響を与えていくのか、また、時代の流れからするとおそらく井伊直弼が暗殺される桜田門外の変もこの辺りに起こるはずなので、

本土のほうでも何かしらの大きな動きがあるのではないかと思っています。

その時代の変化がどんなふうに描かれるのかが楽しみです。

  

30代 女性 :

西郷どんの18話の予想は、奄美大島編という新章がスタートになるのですが、文化の違う人々とのふれあいの中で、

新しい国づくりへの決意を固めていくのだと思います。

斉彬様や月照様という精神的な支えを失い、自身が守ろうとしていた国からもそっぽを向かれて、生き残ってしまったが故に名を偽って潜伏するしかない吉之助さんですが、

今までの彼がそうであったように、新しい人々との出会いやその人達の苦しい状況をなんとか変えたいと再び立ち上がることを期待しています。

吉之助さんの秘めたる決意を見抜けずに送り出してしまった正助さんのことにも、少し触れてくれると嬉しいです。

  

30代 男性 :

西郷どんの18話の予想は、2人が入水自殺を図りますが西郷どんだけが生き延びると言う子歴史の内容です。

どのようにして最後が生きのびるかと言うところが多少興味があります。

やはりやるべきことをまだやり終えてないと言う天命を果たしてないと言うことが生き延びた1つの原因なんでしょう。
それとやはり渡辺謙がまた亡霊で出てくるのかなというのがちょっと期待していますが、あまり出過ぎるのもありかなと言う気もしています。

これから最後は冬の時代を迎えますが逆境の中でもどう自分を鼓舞し、明治維新の立役者になっていくかと言うところを見ていきたいと思います。

  

40代 女性 :

西郷どんの18話の予想は、吉之助と月照が入水して行方不明になった知らせは薩摩藩にはもちろん、

追い詰めた井伊直弼や関わった人物が知ることになる。

吉之助は奄美大島に流れ着きそこで助けられ西郷吉之助の名を隠し暮らすことになる。ボロボロになっている吉之助を島の人は優しくもてなす。

薩摩の西郷家は事がわかり重い雰囲気になってる中、大久保正助は斉興に吉之助たちを見つけて欲しいとダメ元で頼み込むも一蹴され仲間と探し始める。

島の暮らしの貧しさ感じた吉之助は薩摩の時とは違う島のゆっくりした時間の中で徐々に身体も回復して自分に出来る手伝いをやって行っていく。

>>>『U-NEXT』の31日間無料トライアルはこちら

西郷どんの動画!18話の見所はどこ?

20代 女性 :

西郷どんの18話の見所は、次回の18話から西郷どんの話の舞台が奄美大島のほうに変わるということなので、

ここから新しく登場する人たちがどんな人たちなのかということや、

入水を経験した西郷どんがこれまでとはまたどのように変わっていくのかが楽しみです。

そして、南の島ということで、おそらく風景も今までとは違った描かれ方をするのではと思っています。

大河は時代物なだけにあまり絵の綺麗さや美しいシーンに期待をしたことはなかったのですが、

前回の入水シーンがとても綺麗で印象的だったので、次回の話でも綺麗な風景が見られるといいなあと思っています。

  

30代 女性 :

西郷どんの18話の見所は、薩摩とは全く違う奄美での生活を送るわけですが、一番気になるのは自然の美しさと、当時の人々の暮らしぶりです。

2番目の妻になる女性も登場するので、そちらとのストーリーも勿論気になるのですが、

あの時代の奄美大島の暮らしというものを見聞きした事がないので、馴染みのないその風土や生活を見られるというのはとても興味深いものがあります。

様々な情報が現代よりもずっとずっと手に入らない時代ですから、吉之助さんの戸惑いは予想も出来ません。

それでもきっと、吉之助さんは現地の人々の心を掴んでいってくれるのだろうなと思っています。

  

30代 男性 :

西郷どんの18話の見所は、まだ頼りない久光と西郷とのやりとりがあって、西郷の無礼な物言いに対し久光が激怒する。

それにより西郷が島流しされると言うことになっているが史実です。

予告編では犀川島に流されていますが島の生活そして島の人たちとの交流。

苦境の中でもどう生きるのかというところ、西郷が英雄と言われる生き方を見ていきたいと思います。

順風満帆な人生などありえないそういう人が1人もいないと思います。

英雄と言われる西郷でさえ二度と島流しから立ち直り明治維新を推進していく人になっています。

もちろん脚色はあるでしょうが英雄が英雄と言われる所以を見ていきたいと思います。

  

40代 女性 :

西郷どんの18話の見所は、奄美大島の中でどう過ごして行くのか、2番目の妻となる愛加那登場ですよね。

2人の恋愛模様がどこまでどう描かれるか注目してます。

同じ時代にこんなとこあったのかなと思うくらい人もゆったりした雰囲気の人物が多いようですね。

薩摩の支配下が厳しく吉之助を悩ませる原因のひとつになるんだろうと思います。

どんな形で暮らそうが吉之助の男らしさは変わらずに大久保正助が吉之助のことでどう動き出すのか、斉興に権力を握られた久光が気になるところです。

斉興に対して怒りに似た思いが出たような感じだったので斉彬の意思を継ぐべく動き出すこともあるのかと感じています。


◆最新のドラマ動画の見逃し視聴方法&ネタバレまとめページはこちら↓

>>> ドラマ動画の見逃し&ネタバレをまとめてチェック♪

西郷どんの動画!これまでの感想

20代 女性 :

西郷どんのこれまでの感想は、西郷どんが薩摩に戻って来たけれど、嶋津の家の方針が変わってしまったことで処刑という処分が下されたことには驚きました。

やはり斉彬の力は大きかったんだなと実感しました。

また、安政の大獄について今まで歴史の教科書で名前を聞いたなくらいの印象しかなかったのですが、

思っていた以上に大きく、かつ恐ろしい事態だったんだと勉強になりました。

最後に西郷どんと月照さんが2人で入水するシーンは海と月があまりにも綺麗で、悲しいシーンと相まって息を呑んで見入ってしまいました。

歴史物ではなかなかそういうシーンはない印象なので新鮮でした。

  

30代 女性 :

西郷どんのこれまでの感想は、毎週楽しみにしている西郷どんですが、

17話は新章へのターニングポイントという事で、いつもより気合いを入れて視聴していました。

正助さんが「月照を亡きものにすれば逃げられる」ように手引きをしていても、それをしないのが吉之助さんの吉之助さんたる所以だなぁと内心号泣していました。

キャスティングが素晴らしい今作ですが、17話は月照役の尾上菊之助さんの美しさがひときわ輝いた回だと思います。

元々綺麗な顔立ちの役者さんですが、月照役では僧侶らしからぬ艶やかさが滲み出ていて、目の保養になっていました。

月明かりに照らされた姿がえも言われぬ美しさで、最期まで一秒たりとも目が離せませんでした。

  

30代 男性 :

西郷どんのこれまでの感想は、また渡辺謙のクレジットが最初のタイトルにあったので牡また亡霊で出てくるんだかと思いましたが、

臨終の時の後継者の話だったので亡霊出演はなく良かったなと思いました。

月照と西郷どんが札場に逃げ帰る所を描いていましたけれども追ってから逃れる描写があまり描かれてなく、よく 足の萎えた月照をおぶってさすがまだ逃げ帰れだなと思いました。

薩摩の後継者選びについては久光が鳴るのが順当かと思いましたが何故かその息子が後をついて隠居のおじさんがまたしゃしゃり出てきたことに、おかしいんじゃないのと思いました。

久光は今はまだ頼りないですが今後国父となっていくわけで楽しみです。

  

40代 女性 :

西郷どんのこれまでの感想は、いつも吉之助が帰ってくると元気に出迎えてたので判別のつかなくなっていた祖母のきみが寂しかったですね。

時の流れを感じたシーンでした。

斉彬と斉興は考えは違うものの斉彬の惹きつける力などは認めていたような久光への言葉だったように思います。

これで考えが一緒だったらまだ大きなものがあったんではないかと思いました。

斉彬亡き後権力を奪い取られた久光の「なんとでもなれ」的なやる気の無さが凄かったですね。

史実はともかくこのドラマを見ていると斉彬の思いを継いだ久光には頑張って欲しいです。

あと斉興と大久保正助のシーンは「翔ぶが如く」の鹿賀版大久保利通をうっすらと憶えている自分には嬉しいシーンでした。

逃れに逃れ薩摩まで連れてきた月照の最期は見てても辛かったです。

月照と吉之助の船から飛び込むシーン、海の中のシーンはなんだか幻想的でした。

>>>『U-NEXT』の31日間無料トライアルはこちら

西郷どんの動画!18話【ネタバレ】← 紹介

ここからが『西郷どん』18話のネタバレになります!

  
奄美大島の娘・とぅまは波打ち際にたたずみ、民族の歌を歌う。その手には島の民族のタトゥーが…


そしてとぅまは、島の占い師ユタに『もう直ぐお前の夫がやってくる。海の向こうから。』

とぅま『私の夫?』

ユタ『しかし災いも連れてくる』

とぅま『災い・・・』

その頃、憔悴しきった表情の西郷が小舟に揺られている・・・
  

一月前

  

幕府に追い詰められた西郷は、藩からも見放され、月照と共に冬の海に身を投げる。


しかし西郷は、冷たい海から救い出された西郷は、奇跡的に蘇生。

琴の呼びかけで意識を取り戻す西郷。『こ、ここは・・・』

  

みんな西郷の周りに駆け付け、大山『おまんは、三日三晩寝たきりじゃった!』みな喜ぶ。

西郷『おいは・・・』

新八『海に落ちとったとを正助さが直ぐに見つけて』

西郷『月照様は・・・月照様は、ど、どこに』

正助『月照様は、おらん。助かったとは、吉之助さだけじゃ』

西郷『ないごて、助けた、ないごて、死なせてくれんかった・・・』と涙を流す。

  

その後、幕府の目を欺くため、西郷は名を、菊池源吾と名を変え、薩摩から遠く離れた島に幽閉されることになる。

この時代、奄美黄島(大島)は琉球に属していたが、徳川家康が幕府を開いた頃、薩摩が制圧。依頼、薩摩藩の支配下に置かれた。

島に住む人々、島人は、黒糖を年貢として薩摩に収めることが課せられていた。


島の娘・とぅまは働き者。

  

砂糖は、サトウキビを絞り、その汁を煮込んで作られた。

しかし、そうして出来る砂糖は、元のサトウキビの100分の1のため、島の人々は、薩摩から要求される重たい年貢に、日々苦しめられ、貧しい暮らしを余儀なくされていた。

  

龍家の当主・龍佐民は、腹を減らしてボーっとし、牛にひかれそうになった子供を叱る。

龍佐民『甘いにおいだけかがされて食えんなんて、ここは地獄かい?極楽かい?』

とぅま『地獄にきまってる…』

龍佐民はみんなに頑張れと声を掛ける。

とぅまはさっきの子供・タケの気を紛らわすため、歌を歌う。するとみんなも一緒に歌い始める。

  

一方、西郷は、龍佐民の家の離れを、住みかとして与えられていた。

やさぐれて横になる西郷は、斉彬に貰った短刀でのどを付こうとしたが、正助に止められた時のことを思い出す。

正助『おまんは死んだらいかん。天がおはんを生かしたとじゃ…』


そういって西郷の手から、短刀を取る。

正助『じゃっで、生きてくれやい!吉之助さ…』

  

西郷は起き上がり『うそじゃ・・・、天が俺を生かしたち、嘘じゃ…、嘘じゃっとがーーーー!!なにが天じゃ!嘘じゃーーーー!おいに生きる資格なんかなかーーー!!』

ひとしきり暴れ、庭に横たわり悔しがる西郷。

  

その頃、子供たちがとぅまの元に駆け寄り「ケンムン」が出たと騒ぐケンムンとは時々、島の住民に悪さをするもののけのこと。

子供達は西郷の事をケンムンと勘違いして怯えていた。

とぅま『あれは薩摩からきたケンムンじゃ、みんな、二度とここにはくるな』と子供達をおどす。

西郷はとぅまをみて、歩いていく。

とぅまはユタに言われた話を思い出す。

  

とぅまが龍佐民の家に帰ると、兄の富堅がいる。

富堅『薩摩の流民の世話を押し付けられた。悪さしなければいいが…』

とぅまはまた、アンゴを差し出さなければいけないか?と訪ねる。

  

アンゴとは、薩摩の侍が島にいる間だけ、妻になる女性の事。

富堅の妻・里千代金は『差し出さなければとは言っても、みんな追い変えされちまったよ』

アンゴとしていった女たちは、何も話さない不気味な西郷が気色悪いと嫌がっていた。

  

そこに龍佐民がやってきて『あの流人は菊池源吾というお名前だ』

富堅『あれは何者なんだ?盗人か?人殺しか?』

龍佐民『分からん。だが、この島に来たからには、死なせる訳にはいかん。死なせれば罰を受ける』

龍佐民の妻・石千代金は『誰か言ってくれないかい?』

とぅま『あのケンムンなんか餓死させればいい!誰も行かなくていいよ!』

それでも誰かいかねばと、龍佐民と石千代は女たちに頼むが、やはり誰も行きたがらず…

とぅまが行くという。『でもアンゴにはならんど、指一本ふれさせんからや!』

その頃、西郷は島の岬に向かって歩く・・・

  

次の日、西郷の元に、果物を持っていくとぅま。こんにちはと声を掛けるが西郷はうなだれたまま、ピクリともしない。

とぅま『ごはん、作りにきました。入りますよ』


そしてとぅまが食事を出すと

  

西郷『その手はなんじゃ?』

とぅま『ハジキ。この島の女はみんな…』

西郷『女の身で、刺青をするなんて、わいは盗人か?』

とぅま『魔除けです!手にハジキがないと、死んだときにケンムンという鬼にいじめられて極楽にいけないから…』

西郷『そんな刺青の手で作ったもんがくえっか!』

とぅまは怒るが、ご飯をみって西郷の正面に座り『食べて下さい!』

西郷は飯を弾き飛ばし『おいの事はほっとけ!』といって外の出ていく。

悔しがるとぅまは、海に走り叫ぶ『神様!そうかあの男に災いを与えてください!!災いを与えてください!!!』

  

その後、砂糖船といわれる船が、薩摩からやってくる。島でとれた砂糖のほとんどは、薩摩藩に年貢として納められる。

島には貨幣はなく、砂糖で日用品と交換する。しかし、その交換の具合はかなり不当で、島人の暮らしは、薩摩藩のいのままとなっていた。

島代官の田中雄之介『こいでは我が藩の収め獲る分には当たらんとじゃなかか?お前はそう思わんか?木場』

代官附役・木場伝内『はあ…』

富堅は田中に、今年は嵐が次々に来て不作だったと知っているだろう!怒る。
  

龍佐民は富堅を黙らせ『御無礼仕りました。今年は何度も嵐の見舞われ、サトウキビはやられたのを、お代官様ならよくご存知かと。

島のもんが食べるものも同じでございます。みな、飢え苦しんでたまらん。どうか、お慈悲をたまわりたく…』

  

田中『そうか、やったら、もう他の作物は作るな。すべてサトウキビ畑にせい!!』

龍佐民『では、我々は何を食べればよろしいのでしょうか?』

田中『海があっどが、魚を取って食えばよか!畑は全てサトウキビにして、藩に収めろ!!』

怒る富堅を押さえるとぅま。

  

すると、タケが落ちていた黒砂糖を拾って食べる。

それを藩士に見つかり『いま、砂糖をなめちょったろが!!』

母親が土下座して助けて下さいと謝るが

  

田中『島の砂糖は、みな薩摩のもんじゃ!それを盗み食うのは、薩摩のお殿様の物を、盗み取るのと同じことじゃ!そいが、いかに重たい罪か、ここにおるもんたちにも思い知らせてやれ!!』

  

木場『田中様、一度申し開きを聞いてからでよかとじゃごはんか?』

田中『砂糖をなめた小僧も、そん母親も同罪じゃ!二人そろってきせろ!』

するととぅまが止めに入ろうとするが、藩士に取り押さえられる。

  

他の藩士が親子を棒で殴ろうとすると西郷が来て止める。

西郷『やるならおいをやれ!おいを殴れちいいよっどが!!』ともめる

田中『辞めろ!!この流人ふぜいが、こげなコツをして、タダで済むち思うな!!わしに歯向かうのは、薩摩に歯向かうのと同じじゃ!!』

西郷『薩摩・・・』

田中『そうじゃ、お殿様より、お役名を頂戴しちょるわしに…』

西郷は田中に掴みかかる。

すると龍佐民が『悪いのは我々です!お代官様にもしものことがあれば、島のもの全員が罰をうけることに』

それをきいて西郷は手を離し、歩いて去っていく。

  

家に戻った龍佐民は『菊池様は何を考えておられるんじゃ』

石千代『薩摩から大層なものが届いとるんよ。たくさんの本や米一俵』

みんな西郷が一体何者なのかと気になる。とぅまはタケの怪我の手当てをしてあげる。

  

次の日、自分の手の甲のハジキを見ながら、ユタの言葉を思い出す。

そして西郷に食事を作って差し出し、タケを助けてくれてありがとうと礼をいう。

--- 以上、西郷どん 18話のネタバレでした~! ---

  

西郷どん 18話を見逃した人は、

『西郷どん』を1話からまとめて視聴できる『U-NEXT』がおススメです!


>>>『U-NEXT』の31日間無料トライアルはこちら


いつまで”31日間の無料トライアル”があるのか分からないので、見たいかたはお早めに~^^♪

これで連休の暇つぶしはバッチリです(笑)

西郷どんの動画!18話の感想まとめ

西郷どん 18話の感想は、


>>>『U-NEXT』の31日間無料トライアルはこちら

西郷どんの動画!18話のあらすじを最後に

『西郷どん』18話のあらすじを簡単に紹介します~!

冬の錦江湾に身を投げた吉之助(鈴木亮平)は奇跡的に生き返るが、藩命により菊池源吾という名でひそかに奄美大島に流される。

  

龍家の当主・龍佐民(柄本明)の世話になるが、吉之助の気持ちはささくれ、島人たちを容易に近づけない。


しかし、島人たちは驚くほど貧しい暮らしをしていた。

   

島人たちが薩摩の過酷な支配により黒糖作りを強いられていることを、吉之助は島の娘・とぅま(二階堂ふみ)から教えられる。

   

西郷どんの目線

   

月照さんと身を投げた海からひとり生き返ったものの、心は死んだまま。

  

西郷さんご自身が「土中の死骨」とみずからを呼んだように、死人同然の状態からいかにしてはい上がるのか?


島の人たちとのふれあい、そして愛加那さんとの出会いを通じて、ゆっくり心が再生していく姿を見てほしいですね。

  

僕はここまで吉之助さんを生きてきて、“吉之助ならこうする、こうはしない”の軸が僕の中で確立しつつあるんですけど、あえてリセットして島での撮影に挑みました。

  

島での日々を通じて吉之助さんがどう変わっていくのか、僕自身も楽しみに演じています。

  

これまで見たことがないような“やさぐれ吉之助”も登場しますが(笑)、死の状態から立ち上がっていく魂の揺れ動きをどうぞ見守っていただきたいです!


>>>『U-NEXT』の31日間無料トライアルはこちら

最後までお読みいただきありがとうございました^^

◆最新のドラマ動画の見逃し視聴方法&ネタバレまとめページはこちら↓

>>> ドラマ動画の見逃し&ネタバレをまとめてチェック♪

※本ページの情報は2018年5月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

シェアする!!