BGの動画!3話をフルで見逃し視聴する方法&ネタバレ!身辺警護人

シェアする

BG 身辺警護人の3話が放送されましたね!

このBGの3話の動画は見逃し視聴できるの?と、気になって動画を探している人が多いようです。

木村拓哉主演のドラマ『BG 身辺警護人』を3話目でさっそく見逃してしまったーー!!なんて人も多いと思います。

なのでこのページでは安心してBGの3話の動画を見逃し視聴できる方法&ネタバレを紹介しています!

YouTube・Dailymotion・Pandoraみたいに違法にアップロードされた動画じゃないので、高画質でCMもないし心置きなく視聴できますよ↓

>>>『U-NEXT』の31日間無料トライアルはこちら

BGの動画!3話の予告を紹介!

『BG 身辺警護人』3話の動画予告はこんな感じになっています!

BGの動画!3話をフルで見逃し視聴するおススメの方法!

ではBG 3話の動画を、見逃し視聴できるおススメの方法を紹介します!

それは、BG 身辺警護人の放送が終わるたびに毎回、見逃し配信をしてくれている公式のサービス『U-NEXT』です!

『U-NEXT』には”31日間の無料トライアル”が付いててお得なので、

YouTube・Dailymotion・Pandoraなどの違法にアップロードされた動画を探さなくても安全に見逃し視聴できます!

>>>『U-NEXT』の31日間無料トライアルはこちら

無料期間中に登録して31日以内に解約することもできるし、その場合でもお金をかけずに、BGの動画を1話からまとめて視聴できます!

もちろん『BG 身辺警護人』以外の現在放送中の最新ドラマや映画・海外ドラマも、時間が許す限り好きなだけ見れてしまいます!

ただ、“31日間の無料トライアル”はいつまでやっているのかわからないので、

BGを安全にフルで見たいなら早めに登録したほうが損しないです!

>>>『U-NEXT』の31日間無料トライアルはこちら

※U-NEXTに登録したら検索窓から⇒「BG 身辺警護人」で検索してくださいね^^

BGの動画!3話のネタバレを紹介!

ここからが『BG 身辺警護人』3話のネタバレになります!

  

仕事から戻った島崎は、息子・瞬からなぜ危険なボディーガードの仕事を選んだのかと聞かれる。


缶ビールを開け、飲もうとした瞬間、課長の村田から緊急の呼び出しメールが入る。

  

島崎は瞬に鍵かけるように言って出かけるが、瞬は全く聞く耳を持たない。それどころか、人気タレント・かのんのCMを見て喜んでいる。

村田に呼ばれ、全員出社。菅沼が夜間手当てが付くのかとお金のことを質問していると、一度は身辺警護課を辞めた高梨もやってくる。

高梨『課長から自分の経験が必要だと言っていただき、お受けすることにしました』

島崎『よかった、よかった。一回組んでみたかったんだよね。だってほら、こないだのマラソンの時なんか、直前になって放り投げるっていうさ…』

喧嘩しそうになる島崎と高梨を村田が止める。

そして今回の依頼内容を説明する。

人気タレントの事務所社長からの依頼

依頼してきたのは、人気タレント・かのんの事務所社長・坂東。

  

坂東の元にいった島崎と高梨は坂東から依頼の内容を詳しく聞く。

坂東はかのんのボーナス1億円を運ぶため、そのボディーガードを日ノ出警備保障に依頼してきたのだ。

坂東『急に引退したいって言いだしましてね。契約期間は残っているよ説得したら、ドロンしたんです』

島崎『黙っていなくなってしまわれたんですか?』

坂東『情けないですよ。大事に育ててきたのに、仕事に穴をあけるわけにはいかないから、必死に連絡をとりました。

そしたらちゃっかり、1億円持ってきてくれたら、戻るよ~ってね』

高梨『それで言うとおりにするわけですか?1億は大金ですよ』

坂東『大金だからボディーガードを頼んだんじゃないですか、私だってホイホイ1億を持っていくようなことしませんよ!』

島崎『なにか特別な事情でも?』

坂東『明後日の朝、映画の制作発表があるんです。念願のしゅえんですよ、絶対に明日中につれもどさないといけないんです!』

島崎は依頼を受けると承諾。高梨は今回の責任者で現金輸送の経験があるといい、坂東と1億円が入ったバッグを手錠でつなぐ。


驚く島崎、車に乗りこみ出発。

落合と立原大臣

その頃、警視庁のSP・落合は、厚生労働大臣・立原の元に行き、同じSPの清田の目を盗んで家を抜け出したことを聞く。


この時、立原は、島崎に会い、自分のボディーガードを直接頼んでいた。

清田『私に失点を付けて、首にしたかったのではありかせんか?だから、マラソン大会の時も、いなくなられたのでは?』

立原は否定し、落合と二人で話したいため、席を外して欲しいと清田に告げる。


清田が出ていくと、落合に本音を話す。
  

立原『見てお分かりでしょう?私が清田さんを信頼できない理由』

落合『使命感のあまり、感情をあらわにしてしまうことが多いようです。きちっと指導します』

立原は政治家としてがっぷちで、自分の警護は結構だと落合に告げる。そして民間にボディーガードを依頼したという。


立原『墨田川マラソンであった、島崎さんです。ご本人に依頼したら、喜んでやらせていただきますと、快諾をいただきました』

落合は、丸腰で要人は守れませんと、民間のボディーガードを否定する。

  

立原『私が抜け出したのに気付かないあなたの部下も、相当間抜けだと思いますけどw


政治家は孤独です。特に女の政治家はね。国の任務だとふんぞり返ているSPより、民間の方が細やかな警護をしてくれます。

今の私に必要なのは、そう言う暖かい警護です』

1億円の現金輸送

一方、島崎たちは、首都高を八王子方面に走っていた。


村田に報告する高梨だが、目的地不明のため現着の時間は分からないと告げる。

村田はどうゆうことなんだろうかと頭を悩ませる。

沢口は大のかのんファンのため、1億円もよこせなんて言う訳がないと、どのことばかりw

村田は考える。

  

その頃、島崎たちは北八王子インターをおり、坂東に次の行き先を訪ねる。


しかし、坂東はかのんから電話が入るまで分からないと答える。

高梨は、島崎に、車を止めて外で話すようにいう。

高梨『この任務おりましょう。あなたは気付いていないかもしれませんが、社長はなにか隠してます。信頼関係なく大金を運ぶのは危険です』

島崎『でも俺たちはいったん引き受けたんだ。いったん投げ出すのは無責任でしょう』

  

坂東が車から降りてきて


高梨は、なぜわざわざ危険を伴う現金なのかと問う。

坂東『税金の問題もありますし、かのんの気が変わったら困ります。目の前に、すぐに使える現金を積む。私はずっとそうやって仕事をしてきました』

島崎『あ~なるほど、だから、全部古いお札なんですね。いや銀行から1億も降ろしたら、新札が混ざるのが普通ですけど、すべて旧札でした。

そちらの方がすぐに使える感じがしますもんね』

  

話していると、坂東の携帯に着信が、かのうの携帯から男の声で、警察には話していいないかと聞かれる。


そして、20分後に多摩ショッピングモールのイベント広場に来るように言われ、電話は切れる。

島崎『社長、間違っていたらすみません。かのんさんは誘拐…』

また着信が入り、かのんが縛られている画像が送られてくる。それをみた島崎と高梨。


坂東は本当のことを話し始める。

人気タレント誘拐事件


昨日の12時、1億円払えば、かのんを返品すると身代金の要求を受けたと話す。


高梨は誘拐事件としって警察に電話しようとすると


坂東『待って下さい。犯人は警察にいったら、かのんを殺すといっています』

  

島崎は村田に誘拐事件だと報告する。警察へは、坂東の希望で通報はしていない。

高梨も村田も、警察に通報した方がいいと話すが


板東『ダメです。警察はダメです!警察に言えないからボディーガードに頼んだんじゃないですか!』

島崎は板東と話しをするので30分時間を欲しいと告げる。


菅沼も警察に通報した方がいいいうが、村田は現場に判断を任せたと話す。

  

沢口は、何か手掛かりはないかとかのんのSNSを調べ始める。

高梨は、警察に通報するように勧めるが、坂東は、誘拐が世間にしれたら、かのんのタレントしてのイメージに傷がついてしまうことを恐れている。

高梨『あなたは彼女の命と、タレントとしての価値、どっちが大事なんですか!?』

板東『もちろん、命です。かのんは私の宝です。しかし、スターを夢見て頑張てきました。恋愛だって諦めさせてきました。友達もなくしたでしょう。

いろんなことを犠牲にしてここまで来たんです。命が助かるだけじゃだめなんです!お願いします!あの子の夢を叶えてやるのが私の使命なんです!』

  

島崎はモールに移動しようとするが

高梨『誘拐が発生してからすでに20時間経過しています。統計的に誘拐されてから24時間以上たつと命を奪われる可能性が高いんです』

島崎『だからだよ!社長には警察に協力する意思がない。通報しても混乱を招いて時間を食うだけでしょう』モールに向かう。

事務所の方では、誘拐を通報せず、最悪の事態になった場合は警備業の免許をはく奪される可能性があると田村は言う。

  

一方、落合は日ノ出警備保障のことが気になってホームページを見ている。

そこに警備課の係長・氷川がやってきて、これ以上、立原大臣のわがままを聞くなというが


落合は『しかし、相性というものもあります。安全な体制を整えるためには、多少の要求をもむことも必要なのでは?』

氷川『お前らしくない。民間みたいなことを言うな…』

犯人からの新たな指示

島崎たちがモールの駐車場につくと、犯人から電話があり

『社長さん、嘘つきましたね。警察にはいわないという約束だったでしょう?そこのいる二人はどなたですか?』


板東はとっさに、自分は心臓が悪いため事務所のマネージャーを連れてきたと話す。

犯人『ではカバンと携帯を持って、イベント広場のコーヒースタンド前に行ってください』

島崎は電話を替わり『もしもし、お電話変わりました。マネージャーですけども。お金なんですけど取られてしまったら元も子もないので、私どもも社長と一緒にいってもいいでしょうか?』

犯人『どうぞ、マネージャーさん』

島崎と高梨が板東の脇を固めながらモールの中へ。するとまた電話があり、4階に行けと指示が入る。

するとガラの悪い男が板東にぶつかりからんでくる。高梨はとっさに腕をとって制止するが、今の動きを見られていて、警察だと思われしまう。

  

また島崎が電話変わり『申し訳ありませんでした。我々はボディーガードです。警察ではありません。嘘はつきません。もしお近くにいられるなら、周りを見て下さい。

警察なら必ず集団で行動します』

犯人『では証明してください。あなたはイベント広場に走って、戻って下さい』

島崎は言われた通りに走る。その頃、駐車場に止まる一台の車の中では、かのんが後部座席に倒れている…

  

一方、事務所では、沢口がかのんの裏アカウントを発見!

イベント広場まで走った島崎に犯人は、ジャケットを脱ぐように指示、島崎は言われた通りジャケットを脱いで指示に従う。


犯人『1時間後にあきる野大橋でお待ちしてます』

島崎『待って下さい、かのんさん出してください!社長は、かのんさんの無事が確認できなければ、1億は渡せないと言っています』

  

一旦電話が切れ、再び着信が。

かのん『警察に言ったら、私本当に殺されちゃう。お願い、彼の言うこと聞いて、お金さえもらえれば帰れるから…』

島崎はかのんの言葉に違和感を覚える。坂東のところに戻った島崎に、村田から30分経ったと電話が入る。

偽装誘拐!?

島崎『いや、ちょっと待って下さい。ひょっとしたらこれは、偽装誘拐かもしれません。

いま、かのんさん本人と電話で話しました。彼女が言うには、彼の言うことを聞いてお金さえもらえれば帰れる。そういったんです。


普通なら社長がお金を出してくれたらって言いませんか?それに、犯人の事、彼っていいます?』

村田『犯人とグルって言うことですか?』

島崎『いや、確証はありません』

すると沢口が、かのんの裏アカウントから妙な書き込みを見つけたといい、高梨に画像を送る。

高梨が画像を坂東に見せると、書込みには『ほんとうの夢がかなうから』とのコメントとともに左手の薬指には指輪が。

  

これをみた坂東は、犯人の、目星がつき、かのんの地元の友達で、元カレ。手切れ金まで払って別れさせたと話す。


島崎は男の名前を聞き、沢口に調べさせる。


一方、かのんは、車に中で良く寝たと言って起き上がり、犯人の男から水を貰う。

  

その頃、事務所には、落合が訪ねてきて島崎について訪ねる。


菅沼は誘拐事件を気付かれないように、パソコンとホワイトボードを隠す。

  
落合は立原大臣が島崎にボディーガードを頼んだことが納得いかず、大臣クラスの要人を、民間が守ることは出来ないと話す。


しかし田村は、島崎からも立原からもボディーガードの話は聞いていないと応える。

菅沼『嘘つきはあの先生じゃないんですか?女の嘘は見抜くのが難しいですから…』


落合が帰ろうと、エレベーターをまっていると、沢口が事務所に駆け込み『分かりました!ヤバいですこいつ!』という声が落合の耳に

  

その頃、あきる野大橋に到着した島崎たち。

高梨の携帯の送られた、犯人・野々村のプロフィールには、経営していた古着屋が潰れ多額の借金がある。

SNSには、借金の目途が付いたと思わせる投稿が。

坂東は、やっぱりあいつか…と、バッグの中の現金をただの紙切れに入れ替える。

事件の真相!犯人は?

橋の反対側に、かのんが乗った車が止まる。

かのん『やったね!1億あれば、借金返して二人で新しい生活できるよね』

坂東の携帯に電話が入り、橋の真ん中に金を持ってこいとの指示。代金を貰ったらかのんを返品すると話す犯人。


坂東はボディーガードに運ばせるといって、どちらでもいいのでかのんを取り返してきて欲しいという。

  

高梨『偽の金で取り返す?結構な難題ですね』

島崎は自分が行くと言ってバッグを持ちいこうとすると

高梨『注意して下さい。モールで接触してきたチンピラは、グルだと思います』

島崎『珍しく気が合うね!僕もそう思ってた』

互いの腕時計を見せあい『誤差なし!』橋の真ん中に向かう島崎。

  

一方、落合は日ノ出警備保障の車の行方を部下に追わせていた。

かのん『じゃ、お金と交換に、いったん私は帰る。犯人の顔は目隠しされてて見えなかったっていうね』と話していると…


車のドアが開き、モールで絡んできた男が『いつまで臭い芝居してんだよ!お前さ、辞めなくていいよ!もっと稼いだ方がいいだろう?』

野々村もこの男とグルで、かのんを騙していた。

  

野々村『あのな、人前で裸見せたような女、本気で愛せるわけねえだろう!』

逃げようとするかのんに野々村は『警察にチクったら、ばら撒くよ!』と、ベッドでの2ショット写真をみせる。

かのんがやってきて『そこに、置いてさがって?確認したら戻る』泣きそうなかのん

島崎『全部わかってますよ。今戻れば、社長さんは許してくれます。さあこっちへ』

かのんは泣きながら指輪を投げつける。


高梨が訪ねると、島崎は『偽装が本物になったみたいです…』

島崎はバッグを橋の欄干におき、下がる。

島崎が橋からダイブ

するとバッグが落ちそうになり、島崎はバッグをキャッチするためダイブする!


片腕で欄干を掴む島崎は『女優さんだったら、もう少しお芝居の勉強した方がいいんじゃないですか…』

島崎は手錠を欄干とベルトに止めて落ちないようにしていた。

この様子を見ていた野々村たちは、落ちたら1億がパーになると思い、車から飛び出してくる。


そして島崎の腕を引っ張るが、島崎はバッグを落とす。

  

野々村たちが焦っている隙によじ登った島崎は、かのんを連れて逃げようとするが、野々村は逃げたら写真をばら撒くと言って画像を見せる。

かのん『助けて・・・』

島崎は『追加任務できました。逃げてください』

島崎は野々村を手錠で欄干につなぎ携帯を奪う。そしてもう一人の男に飛びつき、後ろから羽交い絞めに。


パトカーが駆け付ける。


島崎はかのんを連れて坂東の元へ。スマホをかのんに渡す・・・。

  

警視庁で取り去らべをを受ける島崎と高梨は無言で知らんぷり。

坂東とかのんは取り調べに対し

坂東『ボディーガードの方には、私が黙っているよう頼みました。この子のイメージを守るためです。

この子は純情で、世間を知らないので、あんな男に騙されてしまったんです。なあ、そうだろう?』

かのん『すみません。ドッキリだと思ってて犯罪に利用されるなんて、知りませんでした…』

誘拐事件解決も新しい極秘依頼が

みんな釈放され、警察も発表しないとのこと。沢口は島崎と高梨に『かのんを守ってくれて、ありがとうございました!』

警察署からでてきた高梨は『スタンドプレイがお好きなんですね?前からそうなんですか?』

島崎『なんか聞きたいことがあるなら聞けば?』

高梨『いえばあなたは身辺警護課を辞めるでしょう?それを望んではいません。自分は一流のボディーガーになりたいんで…』

そこに落合がやってきて『上手くやってのけたつもりですか?』

島崎『どうしてそんなに敵視するんですか?』

落合『応える義務などありません』

島崎『そんな…、同じ守る仕事じゃないですか』

落合『面白いこと言いますね~。我々とあなた方のどこが同じなのでしょうか?警備業は、警察の管轄内であることをお忘れなく…』

  

その後、落合は立原に、選任SPを後退させると連絡を入れる。

落合『私が決めました。先生が民間などに警備を依頼しないためです。今後、日ノ出警備保障とは接触しないで下さい』

立原『よっぽど彼が気にいらないのね』

落合『いいえ、警護をなめているものは排除しなければいけないだけです。日本はみんなが思っているほど、平和ではありません』

  

翌朝、島崎は自宅のソファーで爆睡。


テレビではかのんが、映画の試写会で挨拶している。


かのん『いい女優になることが、ファンの皆さま、そして、私をみいだしてくれた、事務所の社長への、恩返しだと思っています。しっかりとお芝居の勉強をいしたします』


瞬『どうせボディーガーやんなら、こういうの守ればいいのに…』

  

一方、村田に、社長の今関から電話が入り『ご苦労さん、これからちょっと島崎と一緒にきてくれんか。非常に重要かつ、極秘の依頼がはいった…』

今関の前には立原が立っている・・・

--- 以上、BG 3話のネタバレでした~! ---

  

BG 3話を見逃した人は、

『BG 身辺警護人』を1話からまとめて視聴できる『U-NEXT』がおススメです!

>>>『U-NEXT』の31日間無料トライアルはこちら

いつまで”31日間の無料トライアル”があるのか分からないので、見たいかたはお早めに~^^♪

これで連休の暇つぶしはバッチリです(笑)

BGの動画!3話のあらすじを最後に♪

『BG 身辺警護人』3話のあらすじを簡単に紹介します~!

深夜に緊急の警護依頼が舞い込み、招集をかけられた島崎章(木村拓哉)ら日ノ出警備保障・身辺警護課のメンバーたち。

  

一度は身辺警護課を辞めた高梨雅也(斎藤工)も復職する中、彼らに命じられた任務は『人気タレント・かのん(三吉彩花)に支給する現金一億円の警護』というものだった。

  

 急に「引退したい」と言い出し、姿を消したかのんを連れ戻すための金だ、と説明する芸能事務所社長の坂東光英(西村まさ彦)。

  

現金輸送の経験もある高梨を責任者とし、かのんに会うため車で出発するが、行き先もはっきりしない任務に高梨は不信感を募らせ…?

  
 ようやく現金一億円の運び先を明かし始めた坂東。


なんと、かのんは「引退する」と言い出し姿を消したのではなく、誘拐されていたのだ!

  

 警察には知らせないで欲しい、と懇願する坂東の意思を尊重し、誘拐犯の要求した場所に金を運ぶことに。

しかし、犯人との通話に成功した章は、ある違和感を覚え…?

  

 その頃、警視庁SPの落合義明(江口洋介)は、厚生労働大臣の立原愛子(石田ゆり子)から“民間の警備会社の章に警護を依頼するつもりだ”と言われ、驚がく。

落合は、章を探して日ノ出警備保障に現れ…!?

>>>『U-NEXT』の31日間無料トライアルはこちら

最後までお読みいただきありがとうございました^^

◆最新のドラマ動画の見逃し視聴方法&ネタバレまとめページはこちら↓

>>> ドラマ動画の見逃し&ネタバレをまとめてチェック♪

※本ページの情報は2018年2月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。