CRISIS(クライシス)1話 感想【ネタバレ】

シェアする




CRISIS(クライシス)1話の感想・ネタバレを紹介します!4月11日放送のCRISIS(クライシス)1話は初回SPと言うことで15分の拡大版になっています!

主演の小栗旬や、相棒を務める西島秀俊など豪華俳優陣が見せるアクションは見逃せません!

CRISIS(クライシス)1話は、大物政治家の息子・宇田川圭介がテロリストに命を狙われ、首に爆 弾を付けられるというもの。

この宇田川圭介役を演じるのは、1話限りでCRISIS(クライシス)にゲスト出演する、爽やかイケメン俳優の白洲迅です。

宇田川圭介は数々の犯罪を犯すのですが、政治家である親の権力を盾に、これまで逮捕されずに野放しにされてきた、いわくつきの悪党です。

白洲迅のこれまでのイメージからは想像できない役柄ですが、この悪党を迫真の演技で演じていました!

CRISIS(クライシス)予告動画 海外特別版

CRISIS(クライシス)1話のネタバレ

宗教団体・神の光教団に潜入捜査中の林智史(眞島秀和)から青沼祐光(飯田基祐)に連絡が連絡が入る。

青沼は文部大臣の岡本がテロに狙われていることを警察庁警備局長・鍛冶大輝が連絡を受け『あいつらを使ってみるか』

青沼『特捜班のことですか?』

新幹線に乗った岡本大臣を追って、新幹線に乗り込む特捜班のメンバー

ターゲットの写真確認を確認した田丸三郎(西島秀俊)は犯人を見つけ、激闘のすえ確保する。

メンバーが田丸の元に集まりバッグの中を調べると、中身は爆 弾。

樫井勇輔(野間口徹)が爆弾を処理するため、トイレの中へ

班長・吉永三成(田中哲司)は犯人に共犯者がいないか問い詰め、携帯を奪う。

大山玲(新木優子)が携帯の暗証番号を割り出し、吉永は犯人の携帯から共犯者の携帯に電話を掛ける。

電話に反応する犯人を見つけた稲見朗(小栗旬)は、犯人と激しいバトルに。犯人の腕を折り黙らせる稲見だったが、犯人が持っていた時限爆弾のタイムリミットは、あと一分30秒。

新幹線の非常停止ボタンを押し、新幹線は橋の上で停車。

爆発寸前で、稲見は犯人と一緒に川の中にダイブし、事件は解決する。

翌日、この事件が新聞沙汰になり、鍛冶と青沼が話をしていると、事件の連絡が入る。

オフィス街の広場に、首に時限爆 弾を付けた男が現れた、叫び始めた。この男は大物政治家の大物政治家の息子・宇田川圭介。

時間解決のため特捜班のメンバーが現場に向かうが、宇田川圭介はこれまで幾度となく犯罪を繰り返すが、政治家の父親の権力で逮捕をまぬがれてきた、筋金入りのバカ息子だと知らされる。

圭介に反感をもつメンバーだったが、『納得がいかないが国家のために全力を尽くすぞ』という吉永の言葉で、事件解決のため動き出す。




現場に着いた特捜班だったが、センサーで監視されている圭介に、一歩も近づけない。

圭介が拉致されたポイントが分かれば、解決の糸口がつかめると考えていた時、犯人から圭介のスマホにメールが。

『許可が出たから水をくれ』と叫ぶ圭介の元に、田丸が水を持っていき、拉致された場所と犯人の心当たりを聞き出す。

大山は拉致られた現場の防犯カメラの映像を見つけ出し、稲見と田丸は、圭介が話した友人のマンションに向かう。

二人の訪問に気付いた、圭介の友人が非常階段から逃げ出すが、稲見がマンションから飛び降り、後ろから追いかけてきた田丸に捕まえられる。

吉永が友人の取り調べを始めるが、圭介と友人が犯してきた犯罪の数が多すぎて手がかりがつかめない。

そんな中、稲見は、犯人が圭介に復讐をするにしては、場所がチープすぎると気付く

『他のどこでもなく、ここじゃなきゃいけない理由があるのかも』稲見は大山に、何か調べて欲しいと頼む。

時間が迫る中、父親からの電話をうける圭介だったが、見捨てられ絶望する。

現場を囲んでいた警察が一斉に下がり始める中、一人の警官だけそこを動こうとしない。

稲見が近づき、静かに話しかける『鳥越さん、娘さんのこと、知ってます。』

事件の犯人は、一人娘が圭介に暴行され自ら命を絶った女の、父親で現場にいた警察官だった。

稲見が犯人の気を引いている間に、樫井が爆 弾を解除。

ギリギリのところで復讐を果たせなかった犯人は泣き崩れるが、この計画をしたのは、自分ではないと話し始める。

計画を持ち掛けたのは『平成維新軍』という組織だと。

現場を後にする中、稲見は人込みの中に気になる男を見つける。

特捜化に戻ったメンバーの元に、連絡が入る、ハッキングされた官公庁のホームページに何者かからの宣戦布告が…文章の最後には、平成維新軍の文字が。

仕事帰り、1人バーに入る稲見。1人で飲んでいた女をナンパする。

シーンは変わり、———— 二年前 —————

森の中で逃げ回るスーツ姿の男を、ガスマスクを付け、迷彩服に身を包んだ男が追いかける。

迷彩服の男は、倒れこんだスーツ姿の男の胸に向け、銃を発砲!動かなくなったスーツ姿の男をみて、迷彩服の男はガスマスクを外した…

呼吸を荒げる迷彩服の男は、自衛隊員時代の稲見朗だった・・・。

CRISIS(クライシス)1話 —完—

CRISIS(クライシス)バーの女性の口説き方《セリフ》を紹介!
CRISIS(クライシス)で、バーの女性の口説き方やセリフがかっこいいと話題になっています!CRISIS(クライシス)1話のラストで、稲見朗役の小栗旬がバーにいた女性を口説くシーンがあったのですが、その口説き方やセリフがかっこよすぎました!

CRISIS(クライシス)1話の感想

CRISIS(クライシス)1話は期待通りのドラマでした!小栗旬・西島秀俊の格闘シーンがとにかくカッコよかったですね!

結構シリアスな展開のドラマなのかと思っていたのですが、そういうわけでもなく、随所に、少しホッとさせられるん場面も盛り込まれていて楽しめました。

中でも、小栗旬演じる稲見朗は女好きで、和ませてくれるところもあって、どこかルパンを思わせるような男でした。

そんな稲見朗が、最後のシーンではジョングルで男を打ってしまいます。

これが稲見が抱える、自衛隊員時代の人に言えない過去。なのでしょうか?

また、宣戦布告してきた謎の組織・平成維新軍とはどん組織で、CRISIS(クライシス)の物語にどのように絡んでくるのかも気になります!

CRISIS(クライシス)2話はどんな物語が展開されるのか楽しみですね^^