大泉洋の兄の大学は?函館市役所勤務って本当?

シェアする!!

大泉洋さんのお兄さんにも注目が集まっているようです!

大泉洋さんは大学受験のさい、お兄さんの影響を受けて同じ大学を目指すことを決意したそうです。

そんなお兄さんは現在、函館市役所勤務という噂があります。函館市役所に行けば大泉洋さんのお兄さんに会うことも出来るのでしょうか?

今回は大泉洋さんの大学時代や兄弟・家族のことなど紹介したいと思います!

Sponsored Link
 

大泉洋の兄の大学はどこ?

大泉洋さんは北海道出身で両親は教師であり、真面目で厳しい家庭で育ちます。

両親の姿を傍で見ていた事もあったと思いますが、大泉洋さん自身も教師を目指すために大学進学を考えるようになります。

そして、早稲田大学を目指すようになりますが、それにはお兄さんの影響がありました。

大泉洋さんには7歳上のお兄さんがいて、名前は大泉潤(おおいずみじゅん)さんです。

7歳も離れたお兄さんがいたとは意外でしたね!とても頭が良く優秀な人物で早稲田大学に現役で合格しました。

真面目な家庭で育ったお兄さんも両親の背中を見て、勉学に励まれたと思います。

両親やお兄さんの影響は大泉洋さんの人生に大きな影響を与えたのは間違いないでしょうね!

大泉洋の兄は函館市役所勤務なの?

現役で早稲田大学に合格したお兄さんですが、大学卒業後の進路は東京には残らずに地元の北海道に戻り、函館市役所で働くようになりました。

優秀な人物であり、就職先は数多くあったと思いますが、函館市役所を選んだお兄さんは大泉洋さんに負けないくらい北海道愛に溢れている人だと感じますね!

函館市役所に勤務するようになってから、市の発展に貢献するために仕事に尽力したそうです。

観光部での勤務実績が評価されて、50歳の若さで函館市役所の観光部長に就任しました。

将来は函館市役所の市長になるのではないかと言われるほどの優秀なお兄さんです。

人望も厚く、仕事も出来る人物ですから、函館市の市長になる日もそう遠くはなさそうですね!

Sponsored Link
 

大泉洋の兄弟は何人?

地元愛に溢れている大泉洋さんですが、家族構成はお父さん・お母さん・お兄さんの4人家族になっています。

両親は教師であり、お兄さんは函館市役所で勤務しています。お父さんとお母さんは教師として現場で担当科目を教えていたそうです。

その後、お父さんは北海道高等盲学校の校長を務めるなど、「教育界」に大きく貢献しています。

お兄さんは7歳の年上で、早稲田大学を卒業後に函館市役所で勤務しています。

また、GLAYのTAKUROさんと面識があり、意外な人脈で驚きですね!

お兄さんは大泉洋さんと見間違われるほど、よく似ていると言われています。

大泉洋さんが両親とお兄さんの影響を受けましたが、どうやら大学進学が今後の人生の分岐点になったようですね!

大泉洋の大学時代がヤバい!

大泉洋さんは北海学園大学の経済学部に進学しましたが、入学当初は目指していた大学に進めなかった事もあり、落ち込む日々が続いていたそうです。

しかし、自らを変えるために一念発起して、演劇研究会に入り現在人気を集めている劇団ユニットの「TEAM NACS」のメンバー達と運命的な出会いをします。

この出会いが今後の大泉洋さんの人生を大きく変化させた出来事だったですね!

演劇研究会で芝居に力を入れて取り組んでいた大泉洋さんはある舞台をきっかけにテレビ番組に出演する事になりました。

そして、大泉洋さんの知名度を上げることになった伝説の番組「水曜どうでしょう」に出演する事になります。

大泉洋さんの進む道やタイミングが少しでも違っていれば、今の大泉洋さんはいなかったかもしれませんね!

Sponsored Link
 

大泉洋は大学受験を失敗?

両親と同じ教師を目指し、お兄さんと同じ早稲田大学に進むことを決めた大泉洋さんですが、

その道のりは険しいものでなかなか合格する事が出来ず、2回浪人する事になります。

早稲田大学と並行して、法政大学を受け合格していたそうですが、本人は納得がいかずに浪人の道を選びました。

大泉洋さんはどうしても早稲田大学に行きたかったと強い思いが伝わってきますね!

再度、早稲田大学を目指しましたが、合格を勝ち取る事がなく、早稲田大学を諦めて北海道学園大学の経済学部に進みました。

大泉洋さんにとっては、大きな壁が立ちはだかり、越える事が出来ずに相当辛かったはずです。

この選択が今の大泉洋さんが存在する大事な出来事だったと思いますので、今となれば良い人生経験になったのではないでしょうか。

大泉洋の嫁・中島久美子はどんな人?

今や多忙を極めている大泉洋さんですが、2009年にプロデューサーの中島久美子さんと結婚して、翌年に挙式を挙げました。

大泉さんの妻である中島久美子さんがどのような人物なのか、紹介していましょう。

中島久美子さんは1970年3月10日生まれで、長野県松本市の出身です。

信州大学の経済学部を卒業して、フジテレビのプロデューサーとして働いています。

大泉洋さんとの出会いは2005年のドラマ「救命病棟24時」です。

中島久美子さんがプロデュースしていた事で知り合いましたが、その時は何も進展しません。

そして、2008年のドラマ「ロス:タイム:ライフ」で中島久美子さんがプロデュースして、

大泉洋さんが出演した事で再会を果たし、交際に発展して、2009年にめでたく結婚しました。

運命の相手とは何年経ったとしても再会を果たすのだと感じますね!

大泉洋の身長・体重は?

今や大泉洋さんはドラマや映画に出演して様々な役柄を演じていますが、その時に合わせて体重など身体のバランスを調整しているそうです。

体格はあまり大柄なイメージはありませんが、調べてみると身長は178cmで意外と高いですね!

そして、ある番組で測った時の体重が68.8kgで、体脂肪率は17.6%でした。

思っていたよりも太っていると感じる数値でしたが、彼にとっては意外と頃合いの良い身体バランスなのかもしれませんね!

このバランスを常時維持し続けるのは大変だと思いますが、日頃から食事制限やトレーニングを行い、健康管理には人一倍気を付けていそうです。

決して表には見せない陰の努力が大泉洋さんの演技に更なる磨きをかけているのだと思います。

Sponsored Link
 

大泉洋の経歴・プロフィール

大泉洋(おおいずみ よう)

1973年4月3日 生まれで、北海道江別市の出身です。

血液型はB型であり、事務所は「CREATIVE OFFICE CUE」です。

高校は札幌藻岩高等学校で、北海学園大学の経済学部に入学して演劇研究会に入りました。

そこで現在も所属している劇団ユニット「TEAM NACS」のメンバーと出会い、結成します。

演劇研究会と同時に劇団イナダ組に入団し出演した舞台がきっかけで、鈴井貴之さんと運命的な出会いを果たします。

鈴井貴之さんの後押しにより、1995年から北海道テレビの番組に出演して、芸能活動が始まりました。

そして、翌年「水曜どうでしょう」に出演して、鈴井貴之さんとの絶妙なやりとりが評判になり、彼の知名度が一気に上がります。

大泉洋さんのキャラを全面的に押し出したタレント人生の原点である番組になると思います。

そこから東京に進出して以来、バラエティー番組、ドラマ、映画などの様々なジャンルで活躍するようになります。

2009年にはプロデューサーの中島久美子さんと結婚を発表して、2011年には長女を誕生しました。

公私ともに多忙を極めている大泉洋さんですが、彼の明るいキャラは多くの人達から親しまれています。

まとめ

大泉洋さんとお兄さんの大学や勤務先について調べてみましたが、いかだったでしょうか。

お兄さんは大泉洋さんだけではなく、地元の北海道にも多大なる影響を与える存在ほどの人物でしたね!

頭が良くて、誰にでも慕わる地元の思いの優しいお兄さんで、大泉洋さんが羨ましいです。

兄弟揃って、北海道愛が強いのは凄い事だと思いますので、さらに地元を盛り上げて欲しいですね!

今後の大泉洋さんとお兄さんの更なる健闘と活躍に期待していきしょう。

Sponsored Link
 

シェアする!!