アライブ-がん専門医のカルテ-動画!第3話を無料の見逃し配信でフル視聴する方法

2020年01月23日 松下奈緒主演のドラマ『アライブ-がん専門医のカルテ-』の3話が放送されましたね! 

 

このアライブ-がん専門医のカルテ- 3話の動画は 無料の見逃し配信でフル視聴できるの?と、気になって動画を探している人が多いようです。

 

なのでこのページでは安心して、アライブ-がん専門医のカルテ- 3話の動画を “無料で見逃し視聴できる” おススメの方法を紹介しています↓

 

 

>>>FODプレミアムの無料お試しはこちら!

 

 

違法にアップロードされた動画じゃないので、高画質でCMもないし、安全に “1話~ まとめて” 視聴できますよ!

 








アライブ-がん専門医のカルテ-の動画!3話の予告は?[PR]

ドラマ『アライブ-がん専門医のカルテ-』3話の動画予告はこんな感じに!








アライブ-がん専門医のカルテ-の動画!3話を無料の見逃し配信でフル視聴するおススメの方法

ではドラマ『アライブ-がん専門医のカルテ-』3話の動画を、無料の見逃し配信でフル視聴できるおススメの方法を紹介します!

 

それは、アライブ-がん専門医のカルテ-の放送が終わるたびに毎回、見逃し配信をしてくれている公式のサービス『FODプレミアム』です!

 

『FODプレミアム』には”1ヶ月無料おためし”が付いててお得なので、

 

違法にアップロードされた動画を探さなくても安全に見逃し視聴できます!

 

 

>>>FODプレミアムの無料お試しはこちら!

 

 

無料期間中に登録して、1ヶ月以内に解約することもできるので、その場合でも アライブ-がん専門医のカルテ-の動画はもちろん

 

『アライブ-がん専門医のカルテ-』以外の 現在放送中の最新ドラマ・映画・海外ドラマも、時間が許す限り好きなだけ見れてしまいます!

 

ただ、“1ヶ月無料おためし”はいつまでやっているのかわからないので、

 

アライブ-がん専門医のカルテ-を安全に無料で見たいなら早めに登録したほうが損しないです!

 

 

>>>FODプレミアムの無料お試しはこちら!

 

 

FODプレミアムに登録したら検索窓から「アライブ-がん専門医のカルテ-」で検索してくださいね^^ すぐにみれますよ![PR]








アライブ-がん専門医のカルテ-の動画!これまでの感想は?

アライブ-がん専門医のカルテ-は、乳がんは身近な病気でいつなってもおかしくなく、誰にでも可能性があるとわかっていながらも、自らかかると強く生きれるのだろうかと考えさせられました。まさか薫がガンだったとは思わず強く生きている今を見ていると何もないように見えましたが、誰にでも悩みがあるものだと思いました。薫が心に旦那のことを伝えようとしているシーンがあり、絶対に成功するとは限らない手術で、薫のミスがあったわけではないのに、心にとっては大切な旦那で、2人の関係に卑劣が入ってしまうのではないかと思うと悲しくなりました。患者を励ます医者や、同じ病気の人たちの励まし合いを見ると自分はそこまで強く生きれるのだろうかと考えさせられました。

「アライブ-がん専門医のカルテ-」のストーリーは単純に癌診療科の様子だけでも十分成立しているドラマなのにあえてサスペンス要素を入れる事には戸惑いを感じていました。梶山が悪い女として振舞うのか気になりましたが、どうも違うようで誠実な医師だと感じます。患者の高坂が絡んできますがやがて影響することになるでしょう。今回の乳癌患者の対応にはいろいろと考えさせられました。男性の患者と若い女性の患者。それぞれの患者の視点からも癌の恐怖に怯え、どうしてよいのか分からない様子には見ている方にも伝わってきます。医師や他の患者との関わりで自分を見直す姿には共感しました。丁寧に描かれている医師と患者の関係はとても価値のある内容です。ただすっきりした余韻とならないのは評価しづらいところです。

恩田心の夫の意識が戻らず、植物状態になっているのが梶山医師の手術処置が原因かも知れないことがわかり、梶山医師が何をしに病院を変わってきたのだろうと疑問に感じた。高畑淳子が演じるがん患者はガンなのに陽気で医師にも遠慮なく自分の意見を言うことができ、強い人だな、と思う。梶山医師が恩田心に近づいたのが偶然ではないことを察知したようなので今後余計なことを言わなければいいな、と思った。男性の乳がん患者が実際にいることを今回の放送で知った人も多いのかな、と思い、抗癌剤治療で氷を舐めると口腔粘膜障害を予防できる、若年性乳がん患者に乳房再建の説明をして手術を決意させるなど医療的な知識も入っていて今回のアライブ-がん専門医のカルテ-は良いテーマだったと思う。ただ自分の裸を見せたり、患者が死んだことをほかの患者に言う医療者はほぼいないと思うのでそこは違和感を感じた。

今回のアライブ-がん専門医のカルテ-は、男性乳がん患者の日ノ原と若年性乳がん患者の佐倉のお話でしたが、まず感じたことは全乳がん患者の1%しか男性患者がいないという事実です。そもそも男性の乳がん患者がいるということです。そして、自分自身が緩和ケアを受けているのに日ノ原に親切に接してくれ、亡くなる前に手編みの帽子を心先生に託していたノリコの優しさに心打たれました。薫先生が乳がんのがんサバイバーであるという事実も驚きでした。自分の苦しんだ経験を佐倉に話し、再建した乳房を見せる薫先生は神々しく見えました。佐倉の「胸を失うより人の幸せを喜べなくなっていくのが怖い」という言葉が印象的でした。

アライブ-がん専門医のカルテ-の2話の感想として、薫先生の過去が少しわかりストーリーが進んでいく様な予感がしました。 今回は乳癌の患者さんが男女ともに1人ずついて、それぞれの背景をストーリー化したものでした。 男性の場合は、遺伝性の乳癌でした。男性の乳癌はとても珍しいとのことで、男性がかかってしまうと発見が遅れてしまうと知りました。女性の場合は、乳房を取ることによって今後の恋愛や将来に関する不安などがあり手術を決めかねている様子でした。最後に、旦那さんが急変したとのことで次回の旦那さんの容体がとても心配になるラストでした。

アライブ-がん専門医のカルテ-2話では乳がんがテーマでした。若い女性の乳房全摘出というショックな出来事と、珍しい男性乳がん、二人の患者が自分で決断するまでの葛藤が凄かったです。実際自分がなったらどうなんだろうと考えながら見てしまいました。心が絶対的な信頼を置く薫も乳がん経験者で、摘出手術をし再建した自身の胸を触らせてあげたところは、強い女性だと思いました。心と薫の信頼関係はすごく良いですが、薫が心の夫をオペしたことを話したらどうなっていくのだろうと、心配になります。また、心が苦手そうにしている義父との関係が少し良くなったように見えてよかったです。

アライブ-がん専門医のカルテ-は、男性には珍しい乳がんの患者を扱っています。 乳がんというと女性しか罹らないイメージがありましたが、このドラマを見て男性でも患う人がいることを知りました。 患者になっても女性ばかりで、男性が乳がんになってしまっても治療しにくい環境にあることがドラマのシーンで感じることが分かりました。 心が、夫が意識不明の状態にあることからストレスを溜めているシーンもあり、夫がそうなったらストレスが溜まり大変だろうと共感することが出来ました。 患者通しの繋がりにも感動出来て見どころが多くありました。

今回も恩田心を演じる松下奈緒の演技に釘付けだった。今回は乳がんと診断された日ノ原徹(寺脇康文)と佐倉莉子(小川紗良)の二人の治療の過程や今後病気とどう向き合って行くかを描かれていた。日ノ原徹は男性ですが乳がんと診断。それはがん患者の1%にも満たないそう。今回の2話を見て、乳がん検診をしようと思った男性もいるのではないか。また、佐倉莉子は乳がんと診断されたものの、なかなか信じられず、治療に踏み切れない。そういった気持ちに寄り添う恩田心と梶山薫(木村佳乃)の温かい演技も魅力的だった。アライブ-がん専門医のカルテ-は恩田心や梶山薫の今後の展開に関するストーリーはずっと続いていくが、テーマ自体は1話完結型なのが見やすい。

淡々と描かれている印象の「アライブ-がん専門医のカルテ-」。ただ大袈裟に描写されていないことにより、逆にがん患者の葛藤・悲しみ・強さがリアルに表現されていると思います。 第二話は乳がん患者のストーリーでしたが、お節介焼きののりこさんの優しさにジーンときました。後で事実を知った男性患者が、遺された手編みの帽子を被り、同じようにお節介を焼いていく姿に優しさは伝わっていくのだなぁ…と。人は人との関わりによって希望を見出し、また前に進んでいけるのだとしみじみ。 薫がなぜ心に近づいたのか、その真意も少しずつ分かってきました。一話の途中までは良からぬ企みがあるのでは??と勘繰っていたけれど、全く外れていましたね。親しくなればなるほど、真実を伝えにくくなるのでは??と思いつつ、2人の関係性に今後も期待です。

今回のアライブ-がん専門医のカルテ-は、二人の乳がん患者の話でした。若い莉子は乳がんになり全摘出が望ましいと言われます。だけど、やりたいことも見つからない時期に決断を迫られ逃げ出します。一方は男性の日ノ原で、遺伝を疑われます。その中でがん患者と親しくなるも、その人物が亡くなり、がんとの向き合い方を見つけたようでした。莉子も薫の術後再建した乳房を見て覚悟ができたようでした。そして薫が最後に心になにか言おうとしていましたが、電話にさえぎられてしまい、とても気になってしまいました。心の夫の容態も気になりますが、こちらも同じくらい気になります。

アライブ-がん専門医のカルテ-は、がんに焦点をあてたドラマなので、様々ながん患者さんが登場し2話まで楽しく拝見させていただいております。 2話のテーマは乳がんでした。男性でありながら遺伝性乳がんの診断を受けた患者と年齢若く乳がんの診断をされた女性が登場します。手術を前に不安で涙してしまう患者さんや周りに知られたくない。遺伝性と聞いて家族に伝えるべきか。遺伝の検査を受けるべきか様々なことで悩む患者に対して心と薫が協力して患者治療にあたる姿は見応えがあります。 その一方で、医師でありながら夫が事故で意識不明状態である患者家族の立場でもある心は、今後の生活に不安を感じ、母親としてもどのようにしていったら良いのか悩んでいるシーンがあります。医師としての場面だけでなく、心と薫の関係が今後どのような展開となっていくのか楽しみなドラマとなっていると思います。

 

>>>FODプレミアムの無料お試しはこちら!

 








アライブ-がん専門医のカルテ-の動画!3話の見どころは?

3話のアライブ-がん専門医のカルテ-は、乳がんは身近な病気でいつなってもおかしくなく、誰にでも可能性があるとわかっていながらも、自らかかると強く生きれるのだろうかと考えさせられました。まさか薫がガンだったとは思わず強く生きている今を見ていると何もないように見えましたが、誰にでも悩みがあるものだと思いました。薫が心に旦那のことを伝えようとしているシーンがあり、絶対に成功するとは限らない手術で、薫のミスがあったわけではないのに、心にとっては大切な旦那で、2人の関係に卑劣が入ってしまうのではないかと思うと悲しくなりました。患者を励ます医者や、同じ病気の人たちの励まし合いを見ると自分はそこまで強く生きれるのだろうかと考えさせられる2話でした。須藤は薫との関係を進めたいが、今は考えられないと答えたことや、心に自分との関係を隠されたことで薫との関係や、旦那の方を知っていたことオペを行ったことをバラしてしまい、薫の救いだとしていた須藤が裏切りを見せるのではないかと思いました。

「アライブ-がん専門医のカルテ-」の1話からの懸念事項であった梶山が恩田に何故近づいたのか説明しようとした所に夫の容態が急変したとの連絡が入りました。緊急の状況にすぐ梶山は恩田を病院に送り届けますがこの流れでどうなるかは非常に気になります。結局の所話せずじまいでしたがこの話題が3話できちんとし解決するのかは見所になるでしょう。腫瘍内科の患者も診療科ゆえの事情でかなり厳しい患者ばかりです。それでも恩田は夫の事もあるのに気丈に振舞う姿はすごいとしか言いようがありません。患者の対応は医師の見解が分かれますが患者の為にどうする事が最善なのかを次回でも考えさせられる展開となるでしょう。

毎回患者役のゲストが変わり、1回ごとにテーマも扱う疾患も変わるので飽きることなく、病気へのアプローチ方法や患者の思いなど、勉強になることがある。医療者ではなくてもがん疾患について勉強になるし、もし自分がガンになったとき、予備知識がほんの少しでもあれば怖さが軽減されると思うのでアライブ-がん専門医のカルテ-はたくさんの人に見てもらいたいドラマだと思う。急変した心の夫がどうなるのか、恩田心と梶山医師がどんどん仲良くなっていく中で、心の夫のことをいつどんな風に打ち明けていくのか、事実を知った心がどうなるのかなど、ドラマのストーリーの展開も気になる。

2話の最後に、薫先生が心先生に話していなかった事実を打ち明けようと?したとき、心先生の夫匠が急変したという連絡が入り、一緒に病院へ向かうという展開でしたが、このまま事実を打ち明けられずに亡くなってしまうのか、とても気になります。それと、須藤先生と薫先生も何か訳ありのようで、二人の行く末も興味深いです。3話の予告では謎の男が登場してくるようですが、どういった話が繰り広げられるのか期待します。急変した匠が持ち直して、心先生に希望を与えてくれる展開になればいいなと思います。それにしてもせっかく心が通じ合っている心先生と薫先生が、事実がわかったときどうなってしまうのか。次回のアライブ-がん専門医のカルテ-も見逃せません。

アライブ-がん専門医のカルテ-の3話の予想として、2話のラストで何かを伝えようとしていました。おそらく旦那さんのオペに事ではないかと思いましたが伝える事で心との関係が壊れないか心配です。今の段階で、薫先生を心の支えにしている様子がみられるので、少し心配です。そして旦那さんの容体はどうなっていくのかが見どころだと思います。心のお父さんは、もう諦めている様子なので家族の中での歩行性の違いが亀裂を生み始めている様に思うのでどうなっていくのか気になります。癌医療のドラマではあるので、3話でも何か癌に対する知識が得られると良いと思います。

2話の最期で、心の夫が急変したと連絡が入っているので、夫が助かるのか?そして、薫は結局心の夫のオペについて話せずにいるので、3話では話すことになるのではないかというところが見どころです。薫の上司須藤が離婚したと話していたことについてもまだ何もわからないので、今後どうなるのか展開を期待したいです。夫の容態を気にしながらも、自身の仕事もしないといけない心は、次どんな患者と向き合うことになるのか、患者を助けることはできるのか、アライブ-がん専門医のカルテ-、おんころ先生の活躍が楽しみです。心と薫の仲が崩れないことを願いながら見たいです。

アライブ-がん専門医のカルテ-は夫の容態が急変したと連絡を受けて心は一緒にいた薫と一緒に病院へ向かいます。 匠の父が自宅で看取りたいと主治医に話しており、腫瘍内科の方でもがんの転移した患者を緩和治療に切り替えるタイミングについてみんなで議論しています。 きっと3話は、人の最後の看取り方がテーマになっているのではないかと思います。 誰でも最期の時は、必ず来ますが普段はその最期の時を考えることもありません。 このドラマを通じて、人生の最期の迎え方を考える事が出来る内容になっていると思います。 心が、どういう決断をするのかが気になります。

何よりも梶山薫が今後どう動くかが気になる。1話と2話を見る限り、恩田心の味方ではあるのだろう。温泉に二人で出掛けた後、梶山薫が恩田心に何かを伝えようと話を切り出すが、その時に恩田心の携帯に病院から「ご主人が急変した(中村俊介演じる恩田匠)」と連絡が入る。慌てて病院に向かうシーンで2話が終わり、きっと3話は病院に駆けつけたところからスタートするのだろう。私としては最後は恩田匠が目覚め、恩田心が幸せになる結末を望んでいるが、果たしてこの先のアライブ-がん専門医のカルテ-、どう展開していくのだろうか。今後も目が離せないドラマだ。

心のご主人の急変が気になります。そして、急変により、真実を伝えるタイミングを逸した薫はどうするのか?? 伝えるのが長引けば長引くほど、薫は言いづらくなり、真実を知った時の心のショックは大きくなるか…と。2人の葛藤を軸に、どう話が展開していくのかが楽しみです。 そして毎回考えさせらるがん患者の方のストーリー。がんは決して他人事の病気ではないので、自分がその時どう向き合うかを考えさせられます。爪の黒ずみなど細部まで拘ったいるので、「こういう症状が出るのか」というのも知ることができました。 そして謎の男登場にも期待大です。どうストーリーに絡んでくるのか、「アライブ-がん専門医のカルテ-」3話も新たな展開がありそうです。

次回のアライブ-がん専門医のカルテ-は、心の夫の容態が急変したという連絡が入ったことから始まります。義父と子供を連れて訪れていた場面があり、もしかしてこれが最期になってしまうのかという不安を抱いてしまいました。一方、薫の前には容姿端麗な男性が度々現れるようで、なにか良くないことが起きるのか不安に思います。そして、薫が言いかけた言葉がなんだったのか気になりましたが、タイミングを逃したのか、心が尋ねても言わないような展開になりそうです。そして薫の目的はなんなのかも、相変わらず気になりますね。3話も楽しみです。

アライブ-がん専門医のカルテ-の2話の最後で心のもとに夫の匠が急変したと病院から連絡が入っていました。 医師としても良い相談相手としても関係を続けている心と薫の関係が崩れるてしまうのか。心配な展開が待っているような気がします。 3話が今後の展開に大きく関わってくる動きがありそうな回と思っています。絶対に見逃さずに視聴したいところです。 そして、心と薫の周りには物語の展開に関わってきそうな注目の人物がたくさん登場しています。がん患者で心と薫の病院に通院している民代は、薫の秘密に気づき始めているため、民代が今後物語にどのように関わってくるのかとても楽しみです。

◆最新のドラマ動画の見逃し視聴方法&ネタバレまとめページはこちら↓

 

>>> ドラマ動画の見逃し&ネタバレをまとめてチェック♪

 

 

>>>FODプレミアムの無料お試しはこちら!

 

アライブ-がん専門医のカルテ- 3話を見逃した人は、

無料期間中に1話から見逃し視聴できる『FODプレミアム』がおススメです!

 

 

>>>FODプレミアムの無料お試しはこちら!

 

 

いつまで “1ヶ月間の無料おためし” があるのか分からないので、見たいかたはお早めに~

^^♪

 

これで連休中の暇つぶしはバッチリです(笑)








アライブ-がん専門医のカルテ-の動画!3話のあらすじを最後に

ドラマ『アライブ-がん専門医のカルテ-』3話のあらすじを簡単に紹介します~!

恩田心(松下奈緒)に、夫の匠(中村俊介)の容態が急変したと関東医科大学付属中央病院から連絡が入り、一緒にいた梶山薫(木村佳乃)と共に病室に駆けつける。京太郎(北大路欣也)と漣(桑名愛斗)と一緒に、担当医・須藤進(田辺誠一)から状況の説明を受けるが…。 『横浜みなと総合病院』では、心が担当する末期がん患者、木内陽子(朝加真由美)の容態が悪化。腫瘍内科で、陽子の今後のケアについてのカンファレンスが行われる。心は抗がん剤治療をまだ続けることが出来るかを考えるが、光野守男(藤井隆)と阿久津晃(木下ほうか)は否定的だ。緩和治療への切り替えについては、研修医の結城涼(清原翔)と夏樹奈海(岡崎紗絵)の意見も割れる。 休憩中、心は薫に、匠の病院に付き添ってくれたことへの礼を言い、辛い時にいつもタイミング良く現れてくれると話す。そして、心は先日、薫が何か言いかけたことを尋ねるが…。 一方、薫は、容姿端麗な男性・関河隆一(三浦翔平)とジムで出会う。その後も、偶然再会し言葉を交わすが…。

アライブ-がん専門医のカルテ- 公式サイト引用

 

最後までお読みいただきありがとうございました^^

 

 

>>>FODプレミアムの無料お試しはこちら!

 

 

◆最新のドラマ動画の見逃し視聴方法&ネタバレまとめページはこちら↓

 

>>> ドラマ動画の見逃し&ネタバレをまとめてチェック♪

 

※本ページの情報は2020年1月時点のものです。最新の配信状況はFODサイトにてご確認ください。[PR]






タイトルとURLをコピーしました