透明なゆりかごの動画!9話を見逃し配信でフル視聴する方法

シェアする!!

清原果耶と瀬戸康史が出演の切ないドラマ『透明なゆりかご』の9話が放送されましたね!

この透明なゆりかごの9話の動画はフルで見逃し視聴できるの?と、気になって動画を探している人が多いようです。

なのでこのページでは安心して、透明なゆりかご 9話の動画を “見逃し視聴できるおススメの方法” やネタバレを紹介しています↓

>>>『U-NEXT』の31日間無料トライアルはこちら

YouTube・Dailymotion・Pandoraみたいに違法にアップロードされた動画じゃないので、高画質でCMもないし “1話~ 全話まとめて” 視聴できますよ!

透明なゆりかごの動画!9話の予告を紹介

ドラマ『透明なゆりかご』9話の動画予告はこんな感じに!

透明なゆりかごの動画!9話をフルで見逃し視聴するおススメの方法

ではドラマ『透明なゆりかご』9話の動画を、フルで見逃し視聴できるおススメの方法を紹介します!

それは、透明なゆりかごの放送が終わるたびに毎回、見逃し配信をしてくれている公式のサービス『U-NEXT』です!

  

『U-NEXT』には”31日間の無料トライアル”が付いててお得なので、


YouTube・Dailymotion・Pandoraなどの違法にアップロードされた動画を探さなくても安全に見逃し視聴できます!

>>>『U-NEXT』の31日間無料トライアルはこちら

無料期間中に登録して31日以内に解約することもできるし、その場合でもお金をかけずに、透明なゆりかごの動画を1話からまとめて視聴できます!

もちろん『透明なゆりかご』以外の現在放送中の最新ドラマや映画・海外ドラマも、時間が許す限り好きなだけ見れてしまいます!

  

ただ、“31日間の無料トライアル”はいつまでやっているのかわからないので、


透明なゆりかごを安全に見たいなら早めに登録したほうが損しないです!

>>>『U-NEXT』の31日間無料トライアルはこちら

※U-NEXTに登録したら検索窓から⇒「透明なゆりかご」で検索してくださいね^^

透明なゆりかごの動画!9話の予想

20代 女性 :

透明なゆりかごの動画 9話の予想は、「小学生の娘の性被害」ということなので学校の先生からの被害か

家族からの被害とかなのかなと予想してます。

学校の先生なのであれば写真を撮られたり、体育の授業などの着替えのときに何かされたりしたのではないか。

そして家族からであれば、お父さんや兄弟からお母さんの知らないところで日常的に行われており家族だから

何も言えずお母さんにも事実を伝えることができなくて1人で抱え込んでしまっていたという話なのではないかと私は思っています。

しかし、最近は小学生もネットで知り合った人と性被害にあってしまったりする世の中なので予想しだすとキリがないですね。

20代 女性 :

透明なゆりかごの動画 9話の予想は、幼少期の主人公とその友達との話だとおもいます。

主人公が泣いている姿があったので、母親との関係がはじめは悪いといっていたけど、より仲が深まったような感じがありましたが詳細はわかりません。

主人公は幼少期から、いじめられている子と仲良くしてみたり、優しい心をもっているので、その優しさが、

また裏目にでてしまったり、母親はして欲しくないことだったりをしてしまうのではないのかなとおもいます。

透明な子がまた出てくるのでどんな透明な子供かはわからないけど、両親から虐待されていたり、

ネグレクトに、合っている子供との関わりもあるのではないかとおもいます。

30代 女性 :

透明なゆりかごの動画 9話の予想は、原作を知らないので、少しの予告での予想ですが、小学生の頃気づいてあげられなかったことで、

傷ついた友だちがいて、気付ければ助けてあげられたのに…と自分のことを責めてしまうけど、

あおいちゃんのお母さんがその苦しい気持ちに寄り添い、一人じゃないこと、

絶対に離れていかないことを伝えて母と子の間にあった溝がさらに無くなって行くのではないかと思います。

あおいちゃんの病気について知らなかった時のお母さんと、知ってからのお母さんが変わって行ったように、

あおいちゃんも少しずつ距離を近づけ、母子って本当に素敵な存在なのだと実感してくれると嬉しいです。

30代 女性 :

透明なゆりかごの動画 9話の予想は、これまでの放送で、10代の妊娠にも触れてきましたが、この度は、

大人から性的な暴行を受けてしまった少女にスポットが当てられます。

身体的な異常については、産婦人科で診察してもらうということは理解できるのですが、

傷を負った少女の心のケアについて考えさせられる放送になると予想しています。

このような事件については、少女のその後については、ほとんど報道されることもないので、私たちが普段知ることがない領域です。

実際に性犯罪に巻き込まれてしまった少女の心のケアが、どのように行われていくのかというところが次回の見どころだと思います。

40代 女性 :

透明なゆりかごの動画 9話の予想は、どうなんだろうか。小学生の性被害。もしかしたら、義理のパパかな。っておもいました。

再婚して新しいパパがきても、ママはどんどん衰えるけど、子供はどんどん綺麗にかわいくなっていくから、

やっぱり血が繋がっていなければ、そちらに目を向いてしまうんだろうなあっておもいます。

けれど、やはり小学生。どうか、本当は被害にあってないでいてほしいって思います。見るのが少し怖いような気がします。

小学生でも、内診するのかな。それも、ちょっと疑問です。可哀想だと思う。

小学生でも高学年だと子供より、少女だもんなあ。予想がつかないです。

40代 女性 :

透明なゆりかごの動画 9話の予想は、性被害が関わっているようですが、産婦人科が舞台での性被害ということは

やはり女学生さんが不本意な妊娠をしてしまい「産むか産まないか」を悩むのだろうと思います。

性犯罪を犯すような父親に相応しいとは思えない男性の血が入った子供を自分の子として出産し育てていけるのか、

きっとそんな葛藤の中に今まで知り得なかった「母性」という気持ちがわいてくるだろうと思います。

女学生ともなれば高校(中学?)を退学して女学生として楽しむことができるはずだった生活を諦めなくてはいけない。

不本意でできた子、性犯罪を犯した男性の子、とはいえ自分のお腹でスクスク育っていく命、

きっと母性が勝り母子とも波乱万丈だけど幸せな人生を送っていくのではないかと思います。

>>>『U-NEXT』の31日間無料トライアルはこちら

透明なゆりかごの動画!9話の見所はどこ?

20代 女性 :

透明なゆりかごの動画 9話の見所は、小学生の娘さんがなぜ性被害にあってしまったのか、どうしてもっと

早く気づいてあげられなかったのかという点に重視して見たいなと思います。

ものすごくデリケートなことなので話を聞き出すことも難しいと思います。

身体のケアも大事ですが、それ以上に心のケアをすることが最も重要になってくると思います。

その点をどのように描かれているのか気になります。

今年娘が生まれたばかりですので、自分の子供がもし性被害にあってしまったらと自分と置き換えて

母親目線で見てしまってなかなか辛い内容にはなりそうな気はしますがとても楽しみにしています。

20代 女性 :

透明なゆりかごの動画 9話の見所は、9話に限らずですが、アオちゃんの空想でいつも泣かされます。

持ち前の優しい心や、人の気持ちを言葉にできることがとても、いいと思い、また楽しみにしています。

そして、透明な子供との関わりも楽しみですが、妊娠した望月看護師との関わりと、また楽しみです。

どんどん、回数が、減っていきますが、このドラマをみて、少しでも、命の尊さを家族で、考えることができたらいいなと、おもいます。

そして、大きくなったとき、子供たちに見せて、女性を大切にすることや、気持ちを考えること、

命の、大切さを教えたいとおもいました。来週も楽しみにしています。

30代 女性 :

透明なゆりかごの動画 9話の見所は、あおいちゃんの友だち思いなところ、

一生懸命になったら周りが見えなくなってしまうところ、とてもかわいくて応援しながら見ています。

7話であおいちゃんの病気についての話もあり、病気と分かるまでお母さんは本当に苦しくて辛かっただろうと思いました。

自分の育て方のせいではないかなど色んなことを考えていたけど、肩の荷が下りたような表情で医師の話を聞いていたのが印象に残っています。

そして、そこからの母子関係が良い方向に変わり、距離も近づいて、母子手帳を開くことが出来た時、

そして出産した時にたくさん愛情をもらっていたことを知ることが出来た時は、涙が溢れてきました。

赤ちゃんが産まれてくる時、様々な人の思いなどを本当に丁寧に作られた作品で毎回心を打たれています。

子育ては決して楽しいことばかりではないけれど、その中にある幸せを見つけてこれからも生きていく気待ちになれるので毎回楽しみです。

30代 女性 :

透明なゆりかごの動画 9話の見所は、主人公のアオイは、自身もADHDという病気を抱えながらも、懸命に社会生活に馴染もうと努力しています。

しかし、産婦人科には、想像を絶するような事情を抱えた人が多く、妊娠や出産について視聴者も本気で考えさせられるような展開が多く見受けられます。

次回は、病気を抱えながら産婦人科でアルバイトするアオイが、性犯罪に巻き込まれた少女とどのように接していくのかというところを楽しみにしています。

きっと、周囲の大人たちがかけてあげられないような言葉で、少女の心のケアをしていくのではないでしょうか。

また、由比医師がどのような治療をしていくのかというところも楽しみにしています。

40代 女性 :

透明なゆりかごの動画 9話の見所は、楽しみと言うより、被害にあってないことを祈ります。

楽しみは、水川あさみさんの、お腹が少しずつ大きくなり、性別がわかったり、なんかほんわかすることを楽しみにしています。

小学生の女の子にたいしての、看護婦さんたちの、態度とかも楽しみです。小学生の女の子にどう接するのかを見たいです。

もう少し、本物の赤ちゃんが出演してくれると嬉しいです。本当の生まれたばかりの赤ちゃんです。

バブバブしくて、本当に可愛いです。赤ちゃんのミルクとか、入浴とかおむつがえとか、もう少しみたいです。

すぐ赤ちゃんが成長していて、赤ちゃんのかおじゃないですもん。

40代 女性 :

透明なゆりかごの動画 9話の見所は、すでに書いたように、おそらく何の思い入れもない見知らぬ男性から受けた性被害によってできた子供を

出産するのか中絶するのかを10代の学生という立場でどう考えていくのかというのが見どころかと思います。

ドラマではわりと若い10代から20代前半の女性のそれぞれの妊娠描かれていることが多いけれど、

いずれも愛する男の子供であったり避妊をせずにできた子供ということで多少なりとも女性にも責任の妊娠でした。

次回は女性には全くと言っていいほど責任はないのでは・・・と思うので、そんな立場だとどういう結論を出すのか楽しみです。


◆透明なゆりかご “全話”のネタバレまとめページはこちら↓

>>> 透明なゆりかご “全話”の動画の視聴方法&ネタバレをチェック♪

透明なゆりかごの動画!9話までの感想

20代 女性 :

透明なゆりかごの動画 9話までの感想は、女性にとって妊娠する時期というのはすごく大事なことだと改めて思いました。

働く女性にとって妊娠してもギリギリまで働いていたいというのが本音であり、自信に満ち溢れていて何でもこなせると思い無理をしがちです。

その部分が鮮明に描かれており、実際「こんなしんどい思いしてまで…」と今回の話と同じようなことを思ったこともありました。

会話の中での「全てを手に入れようとしないで。」というセリフが私の中ではすごく心に刺さりました。

本当にその通りだな…と。でも女性だけがそうやってしたい仕事を諦めなければならないようになってしまっている社会に問題があるのではないかと考えてしまいました。

出産、育児を経験してもしたい仕事をできたり、復帰したりしやすい環境がもっと整っていくといいなと思いました。

20代 女性 :

透明なゆりかごの動画 9話までの感想は、わたしも看護師をしていたので、とても共感できました。

5年間看護師をしており、キャリアもあったので、妊娠して、出産することは仕事から離れることであり、とても不安でした。

でも、仕事の先輩や同僚に、仕事はいつでも帰ってこれるし、どこでもやっていけるよ。

でも、母親はあなたしかいない。赤ちゃんを守れるのは、あなただけ。と言われ、切迫にもなっていたため、早めに産休に入りました。

いまでは、復帰し、同じ場所で、働くことができています。

今日のゆりかごは、仕事と母親にぬることの葛藤を表していて、今仕事を頑張っているママに見てもらいたいと思いました。

30代 女性 :

透明なゆりかごの動画 9話までの感想は、仕事を続けていきたい人の妊娠は、自分が思っている以上に大変なんだと思いました。

私は大丈夫、私ならやれる、こんなはずじゃない!などの葛藤もあり、

自分で決めたことだから周りになかなか甘えられないけど、本当は甘えたいという助産師の姿が印象的でした。

男の人はどうしても妊婦さんの気持ちを全部は理解出来ないけど、理解してくれようとする姿が素敵でした。

あと、産みたくても産まない人、産めるけどお腹の赤ちゃんを大切にしない人、色んな人の心を丁寧に描かれている作品で、

産むと決めたら赤ちゃんとお母さんのことを最優先しなくてはいけないと考えさせられる回でした。

30代 女性 :

透明なゆりかごの動画 9話までの感想は、これまでの放送回で、アオイがアルバイトしている産婦人科の看護師・紗也子が、

妊娠や出産と仕事について思い悩む様子が描かれていました。

しかし、一度目は妊娠しておらず、今回初めて妊娠したことが発覚します。

多くの妊婦さんを見てきた紗也子は、妊娠は病気ではないから働きながら出産までをこれまで通りに過ごせると思っていました。

しかし、思った以上に重い悪阻に苦しみ、仕事でも失敗をしてしまいます。

紗也子のように、仕事をこれまで通りにしていきたいと考える女性と、家庭の事情で出産を断念した女性、

キャリアウーマンで妊娠や出産が仕事を阻むことになると悩んでいる女性が登場し、

さまざまな立場から妊娠や出産、そして仕事について考えさせられるところが多かったと感じています。

40代 女性 :

透明なゆりかごの動画 9話までの感想は、切実だと思いました。経済的に産めないと言うのは辛いと思いました。

出来ないようにしていたんだろうなあって。私も出来ないようにしていたけど出来たんです。

それも、双子が。悩みましたよ。出来ても産めないなあって考えていたら出来たの。

双子とは言えず母子手帳もらってから言いました。だから、赤ちゃんをやむなく中絶したお母さんの、気持ちがわかるようなきがしました。

私もあのとき中絶していたら、あんな風になるだろうなあって。切なかったです。キャリアを、積んできた人はやはり

、妊婦しても同じ様に働きたいのもわかるけど、赤ちゃんも、お腹の中では、ほんわかして育ちたいと思うんです。

だから、辞めなくても、少しおやすみするくらいがよいのではとおもいました。

40代 女性 :

透明なゆりかごの動画 9話までの感想は、私自身、出産を経験しているので自身の経験と重なることも多いため、毎回泣かされているドラマです。

ドラマが始まった当初は新生児突然死症候群の話や母体死の話が多かったけど、

前々回あたりから妊娠や出産により前向きな将来を描いた話が増えてきたことにより、これから出産を経験するであろう女性に希望を与えられる内容になってきたと思います。

特に今回は主人公の先輩(望月さん)のように私も妊娠初期の頃、つわりに苦しみ些細な事にイライラした気持ちを主人や実母にぶつけたこが多々ありました。

その上注意力散漫の状態にも関わらず妊娠をしたことで職場に迷惑かけられない」と無理したことで職場にも迷惑をかけました。

今回の望月さんの言動と自分が妊娠中に散々甘えてきた一つ一つの言動を思い出し、重ねてしまう回でした。

>>>『U-NEXT』の31日間無料トライアルはこちら

透明なゆりかごの動画!9話【ネタバレ】← 紹介

ここからがドラマ『透明なゆりかご』9話のネタバレになります!

  

榊は電話を受け、深刻な表情で由比を呼び出す。

その頃、沙也子はお産間近の妊婦に付きそう背中をさすっている。その様子を見守るアオイ。

榊は由比に報告。話を聞いて信じられない様子の由比。

由比『直ぐに連れてくるように言ってください。着ているものはそのまま、コートを着せるようになどしてもらってください』

榊が先生から話した方が、というが、由比は少女が自分(男性)の声を聞超えてしまうかもしれないといい、女性の医師を探す。

榊は電話で母親に由比からの指示を伝え、看護師たちの支持を出す。

直接かかわるスタッフは榊と沙也子だけにし、アオイには、とてもデリケートなケースのため、患者と直接話さないようにいう。

沙也子は妊婦の旦那に部屋から出ないようにと頭を下げる。

  

その頃、由比は女性の医師を探して、近くの病院に電話をかける。近くの病院に女性の見つからず、由比は誰かに電話かける。

被害に合った少女はアオイの知り合い

母親と患者の少女がやってくる。エレベーターに乗る時にアオイと目があった少女は、図書館で知り合った少女の…


アオイ『亜美ちゃん・・・(人間の頭は理解できないことが起きると、感じるのを辞めるのかもしれない…)』

9カ月前。図書館でアオイが虫の図鑑を見ていると、亜美がきて話かける。2人はセミの話で盛り上がる。

アオイが亜美とのことを思い出していると、由比が女医の長谷川侑子を連れてくる。

そこに榊がきて侑子に挨拶。アオイに暖かいお茶とジュースを運んでと頼む。

侑子は榊に10歳の少女なので自分におきた出来事を理解していないのでは?と訪ねるが、

榊は亜美が、家に帰った時に母親に体を触られたと話したという。加害者の男の子は分からず、亜美は話しても無反応。

侑子は榊の協力をお願いし、亜美の元へ。由比は険しい表情・・・

アオイは診察室へ飲み物を運び、受け取りに来た沙也子に『亜美ちゃん、友達なんです…。何かできることってないですか?話したりとか…』

沙也子『でも、知り合いには会いたくないんじゃないかな…。他に力になれること、考えましょう』

アオイは、性暴力についての本を読む。

  

侑子が口の中を検査。何を話しかけても無表情の亜美。ジュースを飲むとするが、口からこぼれ落ちる・・・

アオイは本に書かれた言葉にショックをうけ、本を閉じる。(力になれることって、何??)

すると沙也子がきて、亜美が分娩室に入るという。そこに父親が慌ててやってくる。

亜美は日常的に被害に合っていた

由比が出てきて、間違じゃないか?と由比に訪ねる。由比は父親を案内。

由比は両親に、警察に通報した方がいいと話す。

しかし父親は、警察の取り調べされるのではといい、母親は無理だという。

父親は学校や近所に知られるのが怖いといい、通報を考える。

その頃、侑子は自ら分娩台に寝て、亜美に見せる。それをみた亜美は無言でうつむく・・・

アオイは亜美とのことを思い出す。おしゃべりのし過ぎで図書館を追い出され、ピンク色の夕焼けがきれいだと話す。

亜美は虹色の雲を見ればいいことがあると父親から聞いたという。

亜美の父親は母親の再婚相手で義理の父親で、亜美はそんあ父親が好きだという。

   

そして現在。亜美の起きた出来事について、ノートに詳細のかかれているのを見て驚くアオイ。

沙也子は何年後かにもしも裁判になった時のためだと話す。榊も将来のために、いま残せることはすべて残しておくという。

  

そこに侑子がきて、亜美が被害にあったのは今日が初めてではないという。これまで我慢していて、今回初めて抵抗したのではと。

その頃、由比も両親に、相手は顔見知りではないかと話す。

話を聞いたアオイは、亜美の元に行こうとするが、沙也子が止める。

  

その後、アオイは由比に友達だと話す。

アオイ『誰なんですか?その、その人…』

由比『誰にもいうなと脅されているのかもしれない。亜美さん、ここにきてから一度も声が出ていない…』

アオイは亜美が、本当は明るくておしゃべりなのに声も出ないほどと聞き、何もできない自分が悔しと話す。

  

由比『とにかく今は、体を回復させるしかない。点滴を入れてる。眠れないなら眠れるよう薬も出す。人間は、体に痛みや辛さが取り除けられれば、いずれ心も回復する…

僕たちは、そう信じて治療するしかない…』

悔しさをおさえるアオイ。

  

アオイが帰宅すると、表情をみた母親・史香が『何かあったの?』と心配する。

顔見ればわかるよ、と優しく言われ、アオイは余計に落ち込んでしまう。

図書館で亜美が「中学生のための性教育」という本を読んでいたのに気づいたことがあるのだ。


『誰にも言わないで』と亜美に言われ、アオイは『言わないよ、小学生にも大事なことだから』と答えた。しかし、その時に異変に気が付くべきだったのだと後悔していた。

赤ちゃんとショック療法


入院患者・西川が、長時間の待機後、帝王切開で分娩することに決まった。


対応に追われているうちに、面会制限していたはずの亜美、産声に興奮した西川の夫、そして呼びに来たアオイは顔を合わせてしまう。


急いで話しかけ、亜美を部屋に戻すアオイ。しかし、しゃべらすにうつむく亜美だった。

  
『亜美ちゃんは今どうしたい?私といるのはイヤ?』ときいて去ろうとするアオイに、縋りつくような目で亜美は訴えかける。


『あ…か…』とのつぶやきに『赤ちゃん生まれたんだよ』というと、『見たいな』と亜美はようやく話せるようになった。

  

幸せいっぱいの西川夫妻は紗也子の頼みに『うちらばっかり幸せじゃ申し訳ない』と、快く応じてくれた。


マスクをした亜美は、生まれたての女の子の赤ちゃんをじっと見つめる。赤ちゃんはあったかいお部屋じゃないとねといって、さりげなくアオイはお水を渡す。


水をのみ『かわいい…』という亜美。『たまんないよね』と応じるアオイ。外から見守る亜美の母親は、無事話はじめ水を飲む亜美の姿に、涙を流すのだった。

虹色の雲と亜美の告白


病室に戻りたいか聞かれた亜美は『外に出たい』という。


洗濯場の屋上でアオイが指さした虹色の雲を見て、亜美は顔をゆがめる。雲を見たことで泣きそうになる亜美を見て、アオイは何かを察する。

  
アオイは頑張って亜美に話しかける。


自分は気持ちを察することが苦手なこと、亜美がいつも『好きなものは好き』と言ってくれるから楽しかったこと。


今は亜美がどう思っているか、どう感じているかわからないので、自分にはそれがすごく悔しいこと。


『何を感じている?教えて』と聞いて、静かに待つアオイ。


車と風の音が通り過ぎる。音に溶かしてしまいたいような小さな声で亜美は話し出す『イヤだった、みんなは亜美みたいなことされてないのに』


『ないよ、良い大人はしない』アオイは応じる。


『最初は“みんな、されていることだ”って言われて、嫌がる亜美がわるいのかって』


『ほんの少しだけとてもひどいことをする大人がいる、そんな悪い人のために我慢することないよ』アオイは少し怒ってみせる。

汗をかく亜美は、飛行機の音に励まされるように言葉を絞り出した『お父さんなの、今のお父さんなの、“娘ならみんなすることだ”って。亜美はイヤだった』


アオイは亜美とうなずき合って、涙をこらえていう『一人で頑張ってえらかったね』

当然、アオイは榊婦長から『医療者としてはルール違反です』と言われてしまう。


それでも『あおちゃんだから、いえたのかもね』と言われて、戸惑うアオイ。


紗也子が説明する。『私達は、なんて言葉をかけたら正解なんだろうって考えてしまう。あなたはただ『気持ちを聞かせて』って言ったのよ』

真相を聞く母親


長谷川医師と婦長の立ち合いで、亜美と母親が話合う。


『新しいお父さんができて、お母さん笑ってくれるようになったから…』

『あの人が…』と絶句する母親。


『“言っちゃダメだって。言ったらお母さんがまた泣く”って。そんなのイヤ』とポツポツと話ができるようになった亜美。


『ごめん…』としか言えず、結局泣いてしまう母親に、『お母さん、泣かないで』という亜美だった。


『気づいてあげられなくてごめん』と何度も言って嗚咽する母。


母親と抱き合って、亜美は初めて声をあげて泣くことができた。


カーテンの向こう側でアオイと院長は複雑な表情を浮かべ、聞いているのだった。


亜美が別室に行った後、院長に被害届を出すか聞かれて、二の足をふむ母親。『離婚すればいいんじゃないですか』と大事にしたくない様子に、院長は諭す。


“10歳なんだから、何もなかったと忘れさせたい”と考えても、心も体も元に戻すことはできないということ。


『長い闘い、お母さん一人で守り切れますか』と言われ、母親は固まってしまう。


長谷川は『亜美さんとお母さんのために働きたい人はいっぱいいます。そういう人たちの手を借りてください』と応援する。


院長にも励まされ、再度『なかったことにできますか』と聞かれた母親は、今度こそ『出来ません。絶対に。許せません!』と断言するのだった。

廊下での一幕

『悪いね、警察まで行ってもらって』という由比院長に『思い出してもらってよかった。私はコッチが専門だから』と答える長谷川侑子医師。


『助かった』と院長はお礼を言う。


平塚母娘と長谷川を、頭を下げて見送る院長と榊と望月。


『何年振りだったんだろ侑子さん…元奥さん』とつぶやき合う榊婦長と紗也子。


『キツかったね、戻ってきてすぐ』と、榊はつわり明けの紗也子もねぎらう。


『キツイです。でもこれが私たちの仕事ですよね』とプロらしくほほ笑む紗也子だった。

アオイの心配

母・史香はアオイを心配していた。アオイは眠れず、ずっと自分の部屋で起きていたらしい。


アオイは目の焦点がぼやけた状態から回復せずに話し出す。


『お母さんも“どうしてあの時”って自分を責めているの?つらくならない?もういやだって投げ出したくならない?』


アオイは、亜美の母親が亜美を守り切れなくなるかもしれないと、強く心配していたのだった。


史香は後ろから、アオイを抱きしめる。驚いて謝るアオイ。

  
『亜美ちゃんのお母さんのことはわからない。でもね、私はあなたから離れて行ったりしないよ』


『傷つけたしキツかったけれど、私はあなたのことがとっても大事で大好きなの』


そういわれて心がほどけ、アオイは唇を震わせて静かに泣きながら、母の手を握るのだった。


(望めば救いの手はさしのべられる、私はそう信じることにした)

--- 以上、透明なゆりかご 9話のネタバレでした~! ---

  

透明なゆりかご 9話を見逃した人は、

『透明なゆりかご』を1話からまとめて視聴できる『U-NEXT』がおススメです!


>>>『U-NEXT』の31日間無料トライアルはこちら


いつまで”31日間の無料トライアル”があるのか分からないので、見たいかたはお早めに~^^♪

これで連休の暇つぶしはバッチリです(笑)

透明なゆりかごの動画!9話の感想まとめ

透明なゆりかご 9話の感想は、「体の痛みやつらさが取り除けられれば、いずれ心も回復する」という由比院長の言葉が心に刺さって、泣きそうになりました。

今回、男性の由比先生は自分があまり力になれないうえに、アオイのケアもしている状態で、とても歯がゆい気持ちでいたと思います。

アオイは雲を亜美と見た時点で「あの父親が」と気づきましたが、由比先生は面談の段階で父親に違和感を持っていたのではないでしょうか。


アオイを説得しているときの雰囲気と情報で、そのような気がしました。
  

だからこそ母親には「あの男相手では、警察の保護が必要だ」という気持ちを込めて、強気で被害届を勧めたのではないかと思います。


分かれた妻である長谷川侑子を呼ばなくてはならなかったことも含めて、由比先生にはツラい回だな、と思いました。

  
それにしても、アオイは本当に率直な性格に描かれています。今回に限ってはアオイの“注意欠陥多動性障害”も良い作用を及ぼしたようです。


亜美の気持ちに先回りして遠慮する大人よりも「わからないから“気持ち”を教えて」と言ったのが良かった、というところがとてもいい話だな、と感動しました。

また、母親が「あなたのことがとっても大事で大好き」と言ったのも、感極まってではありましたが、母娘の必要な段階を踏んでいるようで、とてもいい雰囲気でした。


>>>『U-NEXT』の31日間無料トライアルはこちら

透明なゆりかごの動画!9話のあらすじを最後に

ドラマ『透明なゆりかご』9話のあらすじを簡単に紹介します~!

それは一本の電話から始まった。

  

「小学生の娘が性被害に遭ったようだ」との訴えを聞き、榊(原田美枝子)はじめ産婦人科の面々は受け入れ態勢を整える。

  

由比(瀬戸康史)は男性である自分が応対しない方が良いと考え、旧知の婦人科医・長谷川(原田夏希)を呼び寄せる。

  

やがて母親(占部房子)に付き添われ現れた女の子を見て、アオイ(清原果耶)は言葉を失う。

  

それはアオイが図書館で知り合った友達、亜美(根本真陽)だった…。

透明なゆりかご 公式サイト引用

>>>『U-NEXT』の31日間無料トライアルはこちら

最後までお読みいただきありがとうございました^^

◆透明なゆりかご “全話”のネタバレまとめページはこちら↓

>>> 透明なゆりかご “全話”の動画の視聴方法&ネタバレをチェック♪

※本ページの情報は2018年9月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

シェアする!!