麒麟がくる の動画 第2話を見逃し配信でフル視聴する方法

 

2020年01月26日 長谷川博己主演のドラマ『麒麟がくる』の2話「道三の罠(わな)」が放送されましたね!

 

この麒麟がくる 2話の動画は 見逃し配信でフル視聴できるの?と、気になって動画を探している人が多いようです。

 

なのでこのページでは安心して、麒麟がくる 2話の動画を “見逃し視聴できるおススメの方法” やネタバレを紹介しています↓

 

 

>>>『U-NEXT』の31日間無料トライアルはこちら!

 

 

違法にアップロードされた動画じゃないので、高画質でCMもないし、安全に “1話~ まとめて” 視聴できますよ!

 








麒麟がくるの動画!2話の予告は?

ドラマ『麒麟がくる』2話の動画予告はこんな感じに!

 








麒麟がくるの動画!2話を見逃し配信でフル視聴するおススメの方法

ではドラマ『麒麟がくる』2話の動画を、見逃し配信でフル視聴できるおススメの方法を紹介します!

 

それは、麒麟がくるの放送が終わるたびに毎回、見逃し配信をしてくれている公式のサービス『U-NEXT』です!

 

『U-NEXT』には”31日間の無料トライアル”が付いててお得なので、

 
違法にアップロードされた動画を探さなくても安全に見逃し視聴できます!

 

 

>>>『U-NEXT』の31日間無料トライアルはこちら!

 

 

無料期間中に登録して31日以内に解約することもできるし、その場合でも、麒麟がくるの動画を1話から視聴できます!!

 

もちろん『麒麟がくる』以外の現在放送中の最新ドラマや映画・海外ドラマも、時間が許す限り好きなだけ見れてしまいます!

 

ただ、“31日間の無料トライアル”はいつまでやっているのかわからないので、

 
麒麟がくるを安全にフル視聴したいなら早めに登録したほうが損しないです!

 

 

>>>『U-NEXT』の31日間無料トライアルはこちら!

 

 

※U-NEXTに登録したら検索窓から⇒「麒麟がくる」で検索してくださいね^^








麒麟がくるの動画!これまでの感想は?

 

「麒麟がくる」第1話を見た。 総合での夜8時からの放送が待ち切れず、BSプレミアムで夕方5時30分から見てしまった。 こんなことをしたのは「真田丸」以来である。 期待を込めて見たところ、色鮮やかな着物が目を引いた。 歴代の大河ドラマに比べて随分と派手である。 武士や公家の着物が派手なのはまだわかるが、町人まで派手なのはちょっと合点がいかない。 また着物が新品のようにきれいすぎて、生活感が感じられず少し異様な感じがした。 着物のみならず、映像全体としても色彩豊かで優美に仕上げているのだが、1時間15分も休みなしで見ていると少し目が疲れてしまった。 明るさを少し落として見た方が目に良いかもしれない。 ストーリーとしては、明智壮・堺・京と舞台が目まぐるしく変わるわりに、やっていることが地味で引きが弱い。

「麒麟がくる」見ました!やっぱりNHKの大河って戦国時代ですよね。大好きな大河が戻ってきたと思いました。うれしいです。でも画像の色がチカチカして、あまりにもきれいすぎる色合いなので違和感を感じました。雲も動いていないし、なんだか作りものって感じで嫌でした。画像の色が気になり、ストーリーが入ってこない感じもありました。ストーリーのまだまだ今からで、よくつかめていませんが、鉄砲を手に入れるのが、いとも簡単すぎじゃないかなって思いました。もっと苦労するのかなって思ってたから早い!って感じました。火事の現場で子供を助け出す姿がかっこよかったですね。来週に期待したいと思います。

このドラマ麒麟がくるの予告編を何度か見ましたが、NHKのこれまでのドラマの傾向として、長谷川さんの登場は成人した光秀ということで、もっと先だと思っていました。 そのため、まずは成人した光秀が登場し、幼い頃を思い出している感じで物語が始まっているのかなと感じました。 だけど、最初から長谷川さんが登場するという設定のようだったので、光秀の資料が多くはない分、1年間どんな内容になるのだろうと思いました。 また、堺さん演じる医者はオリジナルな登場人物ということらしいので、光秀が尾張に行こうとするのは、このお医者さんと駒がきっかけとなりそうだなと感じました。 麒麟という言葉もまた、光秀のことなのかもしれないけれど、光秀がどれだけこの言葉に執着していくのかも、気になりました。

待ちに待った戦国時代が舞台の大河ドラマだったので、とても楽しみにしていました。 まず大河ドラマは主人公の幼少期から始まるのが主流となっている中、麒麟がくるでは明智光秀の青年期からのスタートだったので間延びする事なく冒頭から物語に引き込まれました。 そして放送前から話題になっていたカラフルな衣装の数々が映像美に拍車をかけていてとても綺麗で、それぞれの役柄に合わせた個性的なデザインの着物を眺めるのも今後の楽しみの一つになりそうです。 1話では京の町の火災の様子に迫力を感じました。 まだ若い光秀が持ち前の優しさと率直さを行動に移し火に飛び込んで行く様を見て、今後の成長を見守って行きたいと思いました。

去年の大河ドラマせごどんが終わってから、待ちに待った2020年の大河ドラマ麒麟がくる! 織田信長の家臣であった明智光秀の生涯をどのように描いているのか楽しみで仕方ありませんでした。 また視聴者の期待を一番背負っているといっても過言ではないのが1話目! 良い意味で予想を裏切られたような回となりました。 衝撃だったのが衣装のカラーリングです。明智光秀とその家臣たちや村人たちの衣装の鮮やかな事。 当時から本当にこんなに鮮やかな着物を着ていたのか?!と違和感を感じました。 また、初めて鉄砲を目にした時の演技や炎の中に飛び込んでいく迫真のシーンは素晴らしかったです。

話題の「麒麟がくる」ですが、若い頃の動向が不明な明智光秀だけに、前半生は比較的自由に描けると思いますが、桔梗紋の使用から土岐家の支族で美濃の生まれという古典的な設定にしたようです。斎藤道三に取り入って堺や京を巡ったのはともかく、そこで松永久秀と出会うのところはご愛敬というところでしょうか。キャスティングでいろいろとひと騒動あった帰蝶の方も、その生涯はほぼ不明ということもあり、お転婆という設定で光秀とも知り合っているとしているようです。史実としての妥当性よりも、かなりフィクション要素が強くなっていますが、最近の大河ドラマの作りを踏襲しているとも言えます。

冒頭のセットなどがかなり豪華なのは流石大河ドラマです。大掛かりな殺陣は今となってはNHKしか出来ませんので堪能しました。美濃から堺、京への道中でも鮮やかな衣装が目に付き不自然に見えてどうしようもありません。見栄えはしますが見ていて違和感しか感じませんでした。美濃と堺の対比もなかなかのものがあり、商業都市と田舎の城下の差がしっかり分かるのは良い工夫です。松永久秀の登場はかなり盛り上がりもっと怖い空気の方がよかったと思いますがとりあえずは面白く見れました。京での火災は終盤への伏線でもありなかなか考えさせるものがあります。「初回の麒麟がくる」はいろいろありましたが光秀の旅は順調すぎたのは面白みがない気がします。もっと波乱のスタートを期待していましたが、波乱の展開はこれからいくらでも見られるでしょうね。

応仁の乱以降、朝廷と室町幕府の権威が失落し、法も秩序も絵に描いた餅のように有名無実となってしまった時代の中で、世の不条理に怒り、世の乱れを改革・改善するために奮い立った明智十兵衛光秀の姿に、私は若武者の凛々しさと美しさを感じました。 ドラマ第1話と云う事もあり、物語と主人公の性格を分かりやすく説明するために、RPGゲームの「お使いイベント」のようなテンポの良い話の進み方に好感を覚えました。主人公である明智十兵衛光秀(後の明智日向守光秀)に関する知識が少ない視聴者に対しても、彼の性格や生い立ちなどを知ってもらおうとするドラマ制作陣の心配りを認識しました。 明智十兵衛光秀は、世の乱れを正し、善政によって太平の世を築く伝説の神獣「麒麟」を見つける事が出来るのか、「麒麟がくる」のこれからのストーリーに大いに期待しています。

明智光秀出生の地が地元なので麒麟がくるを楽しみにしてました。オープニングの美濃の田畑の緑に光秀の衣装の水色が映えて鮮やかでした。衣装がピンクとか赤とか紫とか艶やかで、あえてそういう演出をしたのかわかりませんが、日本ではなく中国の時代劇かなという雰囲気で、した。長谷川博己はまだ光秀という感じはしませんが、回を増すことに光秀らしくなってくると思います。彼の成長が楽しみてます。斎藤道三役のモッくんが、貫禄があって、また、槍のの立ち回りも見事で、時代劇ができるいい役者になったと思います。どんな斎藤道三を見せてくれるのか楽しみです。

色んなタレントさんが目白押「麒麟がくる」第一話。今後も出て来そうなメンバーたちばかりなので光秀とどう関わって来るのかが気になります。今回は鉄砲を買ってくることと医者を連れてくることを条件に旅をさせてもらってましたが、智将の片りんを感じました。道三の息子とも友達?、みたいなのですが光秀の方が勉強は出来る感じで道三に比べられていたので敵対することにならなければいいなぁと思いました。また鉄砲をお酒を飲んで寝ている間に調達してくれた三好長慶の家臣、松永が道三ファンみたいで群雄割拠する時代の中で基本的には主君や自分の家の仲間以外は信じないという背景の中でも意気投合し合った男同士の友情やもあるのかなと楽しみになりました。光秀が美濃の領地内だけで暮らしていたところから、世間を知ったばかりなので青臭い青年のイメージです。

これまでの戦国時代にない鮮やかな色彩の風景から始まって、容赦なく人の売買や宗教腐敗、都の凋落まで対比となるような時代の描き方がとても面白かったです。打って変わってオープニング曲はむしろここ数年より前の大河を踏襲するような重厚さがあり、これからの展開は決して明るいばかりではないことが分かりやすいようになっていた。主なキャスティングの登場は多くはないものの、それだけに美濃の中という世界観が強調されていたようにも思う。内容は、若い十兵衛にハラハラさせられながらも、周りの大人たちがその賢明な十兵衛に協力して見守り、手助けをしてくれるという安心感があった。これがいつ反転していくのかというのも見どころなのかもしれない。タイトルの麒麟がくるについても駒がわかりやすく説明してくれており、久しぶりにわかりやすい 大河ドラマになるのではないかと思った。

大河ドラマ『麒麟がくる』第1話『光秀、西へ』の印象に残ったシーンの紹介です! 一番面白かったのは銃を購入するため京にやってきた明智光秀が偶然その場に居合わせた松永久秀と酒を飲みかわすシーンです。 この場面には役者さんのアドリブが多くて、今までの大河で描かれていない様な光秀の人物像が見られる、と聞いていたので楽しみにしていました。 久秀は光秀の出身地である美濃の国の主の斉藤道山を褒めちぎるのですが、酒に酔った光秀は「正直好きになりませぬ。」と一蹴。他にも「けち臭い」など言いたい放題です笑。 彼が現在の主君に対して持っている印象と、後に主君を変えることになる伏線をコミカルに描かれているな、と感じました。

麒麟がくるはそれまでの大河と違い、衣装も含めて色彩がとても鮮やかでした。4K放送に合わせた色彩とのことでしたら、新しい時代の大河ドラマの幕開けを感じさせてくれました。 内容に関しては初回から殺陣があり、ここ数年では珍しく動きの大きい脚本に感じました。方言が少なく会話が分かりやすいのもここ数年の大河と違って新鮮です。ただし方言はもう少し取り入れると地方らしさが生まれる気がします。 最後がとても有名な明智光秀ですが、生真面目でありながら自分の意志を貫き、それでいて酒出口をこぼす人間臭さも感じられ、ここからどうやって「敵は本能寺にあり」へと繋がるのかが楽しみです。

麒麟がくる1話を見ての第一印象は、色彩が鮮やかな映像だということです。当時は色鮮やかな服装をしていたとのことなのでなるほどと思いました。戦いのシーンの臨場感はさすが大河と思えるもので圧倒されました。火事のシーンは実際に家を燃やしていたと聞き、役者やスタッフの覚悟を感じられました。主人公の明智は若武者らしくはつらつとしたキャラクターが印象的でした。松永久秀と宗次郎のシーンも味わい深く、さまざまな年代の役者さんの演技を1年見られるのが楽しみです。光秀が家に帰るときに、お尻を向けて入っていくシーンがかわいらしかったです。

歴史にはそこまで詳しくないため、明智光秀といえば信長の家臣!本能寺の変!!ぐらいの印象しかなく、人物像など全く存じ上げておりませんでした。そもそも光秀自身、生前の行動をあまり知られていなかったそうですが、この作品・麒麟がくるでは、それが上手くまとめ上げられていくのだなあと、まだ1話しか見ていないながらに感じました。敵の鉄砲に影響を受けて堺へ、小見の方を治してくれる名医を探しに京へと旅をし、旅先では火事の家に取り残された子供を助ける、光秀の行動力や勇気などには感心させられましたし、脚本ならびにキャストの技術の高さを感じました。終盤で光秀は旅を終え、堺で手に入れた最先端の武器・鉄砲を持ち、京で出会った名医・望月東庵を連れて、美濃へと戻りました。これから色々なことが始まりそうだなという話のまとめ方で、構成力の高さを感じました。さて、このタイトルにもある「麒麟がくる」とはどういう意味なのでしょうか。それは東庵の助手である駒が聞いた話によるものでした。英雄が麒麟を連れてやってくる。そのとき、平和が訪れる。このエピソードに、平和への願いも込められているように感じましたし、タイトル回収が上手いです。

>>>『U-NEXT』の31日間無料トライアルはこちら!

 








麒麟がくるの動画!2話の見どころは?

「麒麟がくる」第2話は、織田信長の父である織田信秀が尾張から美濃に侵攻してくるという話のようだ。 尾張対美濃、織田信秀対斎藤道三という構図になる。 本作では初めて本格的な合戦シーンを描くことになるはずだ。 どのような合戦シーンを描くのかお手並み拝見と言ったところ。 ちなみに史実では、織田が美濃を征服するのは信長の代になってからである。 つまり今回の侵攻は失敗する。 サブタイトルが「道三の罠」だから、道三が罠を張って信秀軍を撃退する展開と見る。 どのような罠を張るかを楽しみにしたい。 一方の光秀は東庵と駒を連れて美濃に戻るだろうが、今回の戦には関わらないのではないか。

「麒麟がくる」第2回まだまだストーリーがわからないので、何が起こるかなと期待しています。第1回に帰蝶ちゃんが出てきたので、次回からどんどん出てくるのか楽しみになりました。短い撮影期間で頑張った姿を見たいと思いました。「明智光秀」主演ドラマって、今まで見たことがないからドラマの先が読めないのがいいですね。ワクワク感が増す感じがします。キャストの方々も続々と大物の方が出てきているので、次は誰がでるのかなと楽しみですね。あと、画像の色合いがチカチカして好みではないので、改善してあればとても見やすいドラマになると思いました。色が綺麗すぎて光った感じが苦手です。

麒麟がくるの2話のみどころは、いよいよ織田信長と光秀が初対面する場面だと言えます。 光秀は尾張に行くことになるけれど、なぜあまり好きではない信長に仕えようとしたのか、信長も光秀のどういう部分にひかれて家来にしようとしたのかが、楽しみだと思いました。 また、光秀は予告でのちの奥さんとなる女性に結婚を申し込んでいましたが、あらすじ的には、駒が光秀に恋心を抱いているという設定だったので、駒は光秀の結婚をどう思うのかなと思いました。 戦いの場面も、2話以降は増えていくのかなと思うと、そこもまた戦国らしさがあるみどころであり、時代の移り変わりも感じる部分だと思います。

第2話の見どころは、何と言っても予告で少しだけ登場した織田信長です。 織田信長といえば大河ドラマでは毎回強面の勇ましい役者が演じるのが鉄板でしたが、麒麟がくるではどちらかというと優しいイメージの染谷将太さんが演じられるという事でどんな信長像に仕上がっているのかが気になっています。 また1話で最後に登場した川口春奈さん演ずる帰蝶が予想以上に美しく勇ましい姫だったので、今後どうやって物語の主軸に絡んでくるのか目が離せません。 主人公の光秀にも親しい女性が出来るようなシーンがあったので、そちらも楽しみにしています。

戦国時代の幕開けということもあり、血気盛んな迫力ある戦闘シーンが大変楽しみです。 2話ではのちの宿敵である織田信長が登場するので、明智光秀とどのように対峙していくのか気になるところでもあります。 また南果歩や木村文乃に尾野真千子など、豪華女優陣が続々と登場したり、織田軍との攻防が見られる回になるので1話よりも、より見ごたえがありそうです! 明智光秀が鉄砲を背負い、医師である望月東庵と駒と一緒に美濃の国へ向かう道中に果たしてどのような試練が待ち受けているのか。 麒麟がくると言い放った意味はなんなのかを知る回となりそうです。

トラブルを乗り越え、いよいよ始まった「麒麟がくる」ですが、第2回では明智光秀と更に因縁深い人物たちが登場するようです。まずは細川藤孝です。史実からすれば藤孝とはかなり若い時から知り合っていますし、後には藤孝の息子忠興と光秀の娘たまことガラシャは婚姻しているので、光秀にとっては後ろ盾となる重要人物です。そのふたりの関係性をどう描くのか楽しみです。更に織田信長が登場します。現代の信長像にはゲームキャラのイメージも混じっているため、史実の姿とは随分と違ってきている信長ですが、それをこのドラマではどう描くのかとても興味深いところです。

「麒麟がくる」2話では織田との戦に望む光秀の甲冑姿はやはり見所となりますね。立ち回りはうまく出来ていますのできちんと装備をしての動きがどうなるのかは注目です。初回の旅で目的を果たしましたし実力は道三も認めるものがありますので稲葉山城での勤めになるかと思います。ここから一気に駆け上がる事が予想され美濃での立場は上がってきます。それに伴い厄介ごとも多くなるので光秀の手腕をどう描くのかは楽しみにしています。そして信長の登場はあるのかも気になりますね。初回ほど様々な人物は出てこないと思いますがそれでも有名な人物は出てくるでしょうから期待してみます。

隣国「尾張」の襲来により、計らずしも戦に参加しなければならなくなかった明智十兵衛光秀の苦悩を想像すると、視聴者である私の胸も大変苦しくなります。 堺と京への旅により、世界の広さと世の不条理を知り、「世の乱れを正し、善政を敷いて太平の世を築く」と云う伝説の神獣「麒麟」の到来を願う明智十兵衛光秀にとって、織田信秀率いる尾張軍の行動は、「己の領土的野心のために世の秩序を増々乱し、人民の生命と生活・財産を収奪する愚かな行為」にしか見えないのではないでしょうか? 「麒麟がくる」第2話の予告の中で、苦しい胸中を吐露しながらも戦場で刀を振るう光秀の姿を見て、「麒麟」が到来する日はまだまだ遠いと私は感じました。

美濃侵略を企む織田信秀の大軍に対して、籠城を決め込んだ斎藤道三。次回のタイトルが「道山の罠」なので、どんな罠が待っているのか、早く見たいです。美濃は一体どうなるのか、光秀が持ち帰った鉄砲でなにか策があるのか、どちらが勝利するのか次回が待ち遠しいです。光秀が堺で出会った名医の望月東庵(堺正章)は、家を焼かれ、美濃へ旅立つことを決めましたが、東庵にとって美濃はどのように感じたのか、また、斎藤道三にあったとき、互いに我の強いところもあるので、どんな反応を示すのか次回の麒麟がくるのモックンと堺正章の演技が楽しみです。

なんとか道三と約束した鉄砲と内儀を診る医者を連れて帰ってこれそうな光秀。「麒麟がくる」1話のラストに領地が紛争に巻き込まれそうな雰囲気で、嫁に行った帰蝶も出て来ていたのでまた新しい登場人物が出て来そうなのが楽しみにです。帰蝶と言えば後の濃姫で言わずと知れた織田信長の奥さんなので、早くも信長が登場するのかな。また道三と息子の仲はあまりいい感じじゃないので、息子を取り巻く周りの動きも気になります。道三自体もなかなか魅力がある人物なので采配ぶりは楽しみですが、光秀とのやりとりが何より楽しみです。あと予告シーンで嫁取り?と思うようなシーンがあったので恋愛話があるのかも気になっています。

次回の麒麟がくるの見どころは何といっても戦国といえばという有名人が一気に登場するところだろう。十兵衛の活動範囲が広がっていくことがうかがえる。子ども時代が描かれていないため、どうやって信長と出会って主従関係を結んでいくのかなど、丁寧に回を重ねていくのだろうと思う。第一回にして確執が見える斎藤親子の不穏さがまたどのように十兵衛へ影響し、まだ美濃の位置若衆でしかない十兵衛がいかにして幕府とのつながりを気付いていくのかが見られることは、なかなか近年取り上げられない足利将軍家にスポットが当てられていきそうでもあり期待が膨らむ。

大河ドラマ『麒麟がくる』第2話『道山の罠』の楽しみにしているところ 主人公側である美濃の斉藤軍と美濃の侵略を目論む尾張の織田軍との合戦が描かれます。 兵力は尾張軍が美濃軍の倍となる戦力差。圧倒的に不利な美濃軍の窮地を覆すために道山は奇策を立てて尾張軍に挑むことになります。 果たしてその奇策とは何なのか?合戦の行方がどうなるか注目です! 第一話では主君に対して良い印象を持っていたとは言えない光秀ですが、前回には描かれなかった斉藤道山の知略に長けた一面を見て、光秀の主君に対してのどう思うのか、そこにも注目していきたいです。

織田の襲撃を受けての合戦がメインとなりますが、序盤から本格的な合戦を取り入れているところが「麒麟がくる」の本気度を伺わせます。予算が多そうですね。 また持ち帰った鉄砲がどのような形で活躍するのかも注目したいです。 「麒麟」の話を聞いた光秀が周囲に「麒麟」の話をするのか、あるいは密かに「誰が麒麟であるのか、あるいは自分自身が麒麟となるべきなのか」を考え出すかどうかも気になります。 この他には1話では顔見世程度だった川口春奈の「帰蝶」が、どれだけの活躍を見せてくれるのかも、下世話だなと思いつつ楽しみです。

麒麟がくる2話では、光秀は望月東庵と駒とともに美濃に向かいます。尾張からも美濃を目指す軍が押し寄せ、戦国らしい戦いの場面が描かれそうです。織田信長は光秀と切っても切れない関係ですが、2話から大規模な戦いを繰り広げそうでわくわくします。籠城している斎藤道三に対して光秀と高政は反対しますが、道三の作戦だということです。道三の作戦を追行する表情がどんなものになるのか、しっかり見届けたいと思います。光秀に対して、望月東庵と駒は信頼感があるようですが、この先もずっと連れ立っていくのか、特に光秀と駒の関係がどうなっていくのかが気になります。

光秀が、お目当ての鉄砲や名医とともに美濃へ戻ってからの話になると思います。次回も、今回の冒頭にあったような、戦国もの大河の名場面とも言えるであろう、戦闘場面は見どころになると思います。そして次回からは、私のような歴史に詳しくない人でも知っているような、織田信長や足利氏といった有名人が次々と登場するそうです。人物名は聞いたことがあってもどういったことをしたのかまではうっすらとしか知らない、そういった人の人物像や業績などを、信長の家臣の光秀の物語を通じて知っていく。そのようなスタンスで楽しむこの物語の、続きが楽しみです。そして、今回の話に出てきたような、麒麟がくる、というタイトルを回収してくれるようなエピソードも、これからたくさん現れるのかな、と楽しみにしています。

 

◆最新のドラマ動画の見逃し視聴方法&ネタバレまとめページはこちら↓

 

>>> ドラマ動画の見逃し&ネタバレをまとめてチェック♪

 

 

麒麟がくる 2話を見逃した人は、

『麒麟がくる』を1話からまとめて視聴できる『U-NEXT』がおススメです!

 

>>>『U-NEXT』の31日間無料トライアルはこちら!

 

いつまで”31日間の無料トライアル”があるのか分からないので、見たいかたはお早めに~^^♪

これで連休の暇つぶしはバッチリです(笑)

 

>>>『U-NEXT』の31日間無料トライアルはこちら!

 








麒麟がくるの動画!2話のあらすじを最後に

ドラマ『麒麟がくる』2話のあらすじを簡単に紹介します~!

 

美濃に戻った光秀(長谷川博己)と駒(門脇麦)たちを待ち受けていたのは、美濃の隣国尾張からの侵略であった。光秀の主君斉藤道三(本木雅弘)は、尾張の織田信秀(高橋克典)を市街地井ノ口で待ち受ける。攻め込む織田軍は井ノ口に突入するが、それは道三の罠であった…

麒麟がくる 公式サイト引用

 

 

>>>『U-NEXT』の31日間無料トライアルはこちら!

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました^^

 

◆最新のドラマ動画の見逃し視聴方法&ネタバレまとめページはこちら↓

 

>>> ドラマ動画の見逃し&ネタバレをまとめてチェック♪

 

 

※本ページの情報は2020年1月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。






タイトルとURLをコピーしました