麒麟がくる の動画 第3話を見逃し配信でフル視聴する方法

 

2020年02月02日 長谷川博己主演のドラマ『麒麟がくる』の3話「美濃の国」が放送されましたね!

 

この麒麟がくる 3話の動画は 見逃し配信でフル視聴できるの?と、気になって動画を探している人が多いようです。

 

なのでこのページでは安心して、麒麟がくる 3話の動画を “見逃し視聴できるおススメの方法” やネタバレを紹介しています↓

 

 

>>>『U-NEXT』の31日間無料トライアルはこちら!

 

 

違法にアップロードされた動画じゃないので、高画質でCMもないし、安全に “1話~ まとめて” 視聴できますよ!

 

麒麟がくるの動画!3話の予告は?

ドラマ『麒麟がくる』3話の動画予告はこんな感じに!

 

麒麟がくるの動画!3話を見逃し配信でフル視聴するおススメの方法

ではドラマ『麒麟がくる』3話の動画を、見逃し配信でフル視聴できるおススメの方法を紹介します!

 

それは、麒麟がくるの放送が終わるたびに毎回、見逃し配信をしてくれている公式のサービス『U-NEXT』です!

 

『U-NEXT』には”31日間の無料トライアル”が付いててお得なので、

 
違法にアップロードされた動画を探さなくても安全に見逃し視聴できます!

 

 

>>>『U-NEXT』の31日間無料トライアルはこちら!

 

 

無料期間中に登録して31日以内に解約することもできるし、その場合でも、麒麟がくるの動画を1話から視聴できます!!

 

もちろん『麒麟がくる』以外の現在放送中の最新ドラマや映画・海外ドラマも、時間が許す限り好きなだけ見れてしまいます!

 

ただ、“31日間の無料トライアル”はいつまでやっているのかわからないので、

 
麒麟がくるを安全にフル視聴したいなら早めに登録したほうが損しないです!

 

 

>>>『U-NEXT』の31日間無料トライアルはこちら!

 

 

※U-NEXTに登録したら検索窓から⇒「麒麟がくる」で検索してくださいね^^

麒麟がくるの動画!これまでの感想は?

 

1話から話がどう展開していくのか楽しみでしたが、戦のシーンもあってちょっとげんなりしました。戦国時代の話なのでそのシーンは多くなっていくのだろうと思いますが、それが中心になっていくと見ているのも辛くなります。麒麟がくるというタイトル通りになるのであれば、これから少しずつ平和な世の中になっていくのではないかとも思われるのでそれを期待して見ていこうかと思いました。あと、最後に斎藤道三が土岐頼純にお茶を飲ませて毒殺してしまうシーンはゾクッとしました。昔は毒を盛るのも裏切りに対して躊躇いなく行うのだなと思うと本当に怖かったです。

麒麟がくるは、これまでの大河で描かれる歴史人物の像を違った視点で描かれていると感じています。例えば、主人公の明智光秀は、聡明な人というイメージだったのが、武功をがむしゃらに得ようとする感情的に熱くかかれていたり、織田信秀が斎藤道三の策に引っ掛かり敗走する緊迫し場面で、落ち延びた信秀(高橋克典さん)が「帰って寝るか。」と間の抜けた発言をする設定になっていたりと、これまでの人物像をいい意味で変えてくれると思います。一番ぐっと来た部分は、斎藤道三(本木雅弘さん)が自分の子供である帰蝶を嫁がせた夫の土岐氏の頭目に対して、怒り心頭なのを隠して冷静に対応した後で、お茶を勧め東歌を歌い始めるシーンが一体化して暗殺を演出するシーンは、良かったです。

無事に道三との約束を果たし戻ってきた光秀。今回の「麒麟がくる」では、戻ってきた途端に戦に借り出されなんだか気の毒でした。しかも、道三との約束も果たして褒められるかなと思ったのに、旅のお金は貸しただけなので返せと言われててなかなか驚きました。もちろん、戦で侍大将の首を取れば帳消しとのことでしたが。それにしても、帰蝶の夫で、美濃の守護である土岐家の長男を道三が毒殺した結末もびっくりでした。たしかに敵と密通してましたがうまく使う手も考えればよかったのでは?、今回の戦で負けた織田信秀といい、息子を殺された土岐家といい、波乱必至の展開になりそうで次回も期待しています。

今回の麒麟がくる2話のお話は織田信秀が美濃へ侵攻とその戦いというのがメインのお話です。 従来の時代劇、大河ドラマでも信長のメインの戦いが取り上げられており、信長以前のお話はあまり取り上げられなかった。 取り上げられたとしてもあまり内容が薄かったと思うので今回はそのお話だけでも見どころだと思います。 特に見どころだと思ったのは下記のとおりです。 ・高橋克典さん演じる織田信秀: 従来の時代劇だと道三にかなわない役どころ、信長の引き立て役という印象がありましたが、たしかに今回でも道三にかなわないという 印象は変わりないですが、尾張の実力者・強敵という印象が残りました。 今後のドラマの展開で高橋さん演じる信秀をもっと見てみたいという気がします。 ・土岐頼純 従来の時代劇では土岐家の守護は土岐政頼と頼芸しか扱わなかったと思いますが、近年歴史の研究が進んでいるせいなのか、頼芸は守護を 隠居し頼純が守護という設定も新鮮さを感じましたが、何より近年の研究で帰蝶(濃姫)の最初の夫は土岐頼純である説から話が始まっています。 ネタバレを避けるため詳しくは書かないですが、ラストシーンは見どころです。

麒麟がくる、2話での斎藤道三役のモックンこと本木雅弘さんの存在感、畏怖感には目を瞠るものがありました。圧倒されました。美濃のマムシと呼ばれた道三を見事に演じられています。歌のシーンも、シブがき隊世代には大ボーナスであったと思います。帰蝶さん役の川口春奈さんも凛とした美しさと、初々しさがあり、今後に期待を持たせるのもでありましたし、もっと見たい!と思わせました。織田信秀役の高橋克典さん、東庵先生役の堺正章さんのちょっとコミカルな演技も凄く効いていて、配役が本当に良いな?と改めて感じました。カラフルな衣装で暗い内容でも、明るい気分で視聴できます。

「麒麟がくる」2話では長時間にわたる合戦シーンが見所でした。大河ドラマといえども作り話ですから史実とは違います。実際には小競り合い程度の応酬が双方に損害を出したわけですが。それにしてもかなりの尺を合戦に費やしたのは近年にはない力の入れようです。ただ押し込むだけではなく駆け引きもきちんと描いたのは良い脚本でした。光秀の奮闘はありましたが役割が定まっていないのがもどかしい部分でした。一応首2つをノルマとしていたので知らない人でも面白く見れたとは思いますが。斉藤道三の存在感は流石です。今回は彼が主役といっても過言ではないでしょう。ありとあらゆることで成り上がった彼の迫力を見事に表現していました。

「麒麟がくる」第2話もおもしろかったです! 今回は斎藤道三の作戦が見事すぎて視聴者をうならせる内容です。戦が始まり、数ではとうてい敵わない相手を(敵軍:20000、道三軍:4000)うまく欺いて勝利に導いた作戦は鮮やかでお見事でした。 主人公の十兵衛(後の明智光秀)も道三にうまく使われて…。でも、十兵衛は道三の言われるままにしっかり敵大将の首を取る働きをした所が、今後活躍するであろう明智光秀を彷彿とさせました。 また、娘の帰蝶の夫の裏切りも見破り、裏切られたところを更にまた欺いて毒殺したところがお見事! 道三すごすぎましたわ…。面白かったです!

麒麟がくるの2話を見て、長谷川さんの演技には圧巻でした。戦場での敵との刀の斬り合いのシーンはキレが合って素晴らしかったです。戦の際の大将の首を取るシーンやその後の後悔の気持ち話している姿を見ると、明智光秀と言う人は本当に裏切り者として嫌われるべき人なのかなと少し疑問に思いました。これからの大河ドラマの流れの中で、色々な環境変化もあると思うので展開に期待したいと思います。そして川口さん演じる帰蝶の演技も良かったと思います。力強く凛とした女性を上手に演じていて、この重要人物をどのように演じていくのかなと楽しみにしています。

「麒麟がくる」2話を視聴しました。 明智(十兵衛)光秀が堺に行くときに、主君の道三から頼まれたこと(病気の妻のために医者を連れてきてほしい、鉄砲を買ってきてほしい)を命がけで成し遂げた。しかし、旅費の半分は返せ、さもなくば敵の侍大将の首を2つもってこい、と言われる。それでも、命令をやり遂げていく、光秀の実直さが見て取れる。 美濃国の守護大名である土岐頼純を、それより身分が低い利政が威圧する姿に圧倒された。 そのような一連の流れの中で、斉藤利政(道三)の老獪さが伝わってきて、引き込まれた。 また、戦国時代に形成された、その時代特有の「下剋上」という風土が伝わってきた。

麒麟がくる第2話とても面白かったです。特に戦のシーンは真田丸の大阪の陣よりも大規模のように感じました。あそこまで壮大なスケールの戦シーンを映画以外で見ることはあまりないので、この大河ドラマにNHKがどれだけの期待を持っているのかが分かります。また、終盤では斎藤道三による土岐頼純の暗殺シーンは静かですが迫力のあるシーンで引き込まれました。全体的に大満足ですが、少しだけこのドラマの役者さんたちは演技がわざとらしいかなと感じています。今後、明智光秀の織田信長への謀反に至るまで重要なシーンが増えると思うので、自然な演技を見たいです。

>>>『U-NEXT』の31日間無料トライアルはこちら!

 

麒麟がくるの動画!3話の見どころは?

斎藤道三が美濃国をどのように治めていくのかが気になります。本来は守護である土岐氏が治める国ですが、実権を握っているのは道三なのでまた巧妙に立ち回るのだろうと思います。まだまだ麒麟がくるような平和な世の中になりそうではないですが、そこで光秀がどう振る舞っていくのかというのも気になります。一方で夫を亡くした帰蝶が気落ちしているのを光秀や駒と過ごすことで気持ちが和らいでいくというところも見どころで、束の間のほっとする一幕になると思われます。騙し合いや戦だけではなく、心が休まるシーンにも期待が高まります。

麒麟がくる3話を歴史的な観点で見るなら、いかに織田信秀から織田信長が家督相続されるシーンが描かれるのかが楽しみであり、一方で叔父の明智信安(西村雅彦さん)が実は織田側のスパイではないのか、と疑心暗鬼になっているであろう明智光秀の心の変わり方がどのようになっていくのかが気になります。また、ここ最近の大河では、恋愛関係が大きなウエートを占める中で恋愛の観点で見ると、道三の娘、帰蝶(川口春奈さん)の恋心に気づかないうちに、京から来た看護者の駒(門脇麦さん)との三角関係になっていくシーンが、ハラハラしそうで楽しみです。建物という観点でいえば、稲葉山城が出てくるシーンが多くなってくると思われるので、どのような感じで表現されるのかが楽しみです。

今回の戦で敵側と密通していた帰蝶の夫、頼純を殺害し、波乱必至の来週。予告シーンでは「毒殺?誰が?」みたいなセリフを道三が言っていたのでまた見応えのあるやりとりがありそうで楽しみです。嫡男とはいえ正室の子ではない高政は1話から道三に不満を持っている感じなのも気になっています。来週はオリジナルキャラである駒や菊丸も出て来そうな「麒麟がくる」。戦国時代の中でほっこりさせてくれつつ、ストーリーテラーのような役割になるのかなと期待しています。光秀が道三とのやりとりで見せる知性が良い方向に出て来ることも願っています。そろそろ信長も出て来るのかな、帰蝶は信長の妻というイメージだったので前に結婚していたのは知りませんでした。早く続きがみたいです。

深芳野(南果歩さん)、土岐頼芸(尾美としのりさん)、今川義元(片岡愛之助さん) 3人の演技等に注目したいです。 ・深芳野(南果歩さん) 道三と義龍が冷え切った関係の中でどんなストーリーでどんな立ち位置でどんな演技をするのかが非常に謎なので 楽しみにしたいと思います。 ・土岐頼芸(尾美としのりさん)  -守護を隠居したという形で登場するのか?  -道三との関係性  -従来の大河ドラマでは重臣に政治を任す無能な守護のイメージがあるのですが、今回はどんな形で登場するのか? 上記3点が気になります。 ・今川義元(片岡愛之助さん) 麒麟がくるのガイドブックでも見ましたが従来のお公家のイメージではなく、衣装が足利一門の名家という感じの 衣装で登場しますので、どんなイメージで演技されるのかが非常に楽しみです。

麒麟がくる、現時点での歴史背景があまり詳しくないので、第3話で何が起こるのか分からないだけに興味津々です。予告を見ても予測がしにくいのですが、夫を実父に殺害された帰蝶さんの、光秀への恋心がふつふつと出てきたりして・・・?と2人のシーンを楽しみにしています。とはいえ、帰蝶さんは織田信長に嫁ぐ事は分かっているので、その恋心は叶う事は無い訳ですが。海千山千の美濃のマムシ・道三が頼純を殺害した後、土岐家にどう新たなアプローチをするのか?は、大きなみどころとなりそうです。モックンこと本木雅弘さんの演技には大注目です。

守護の土岐頼純を毒殺した道三が自分の扱いやすい土岐頼芸を新たな守護とするよう画策します。美濃国内部での権力闘争が「麒麟がくる」3話の本筋となるでしょう。次回も道三がドラマを引っ張る形になると思います。土岐の方もこのまま道三の言いなりでは面白くないでしょうから謀略をしかけてきます。すぐに効果は出ませんがいずれは道三と息子高政に大きな溝を作る事になります。光秀の方は明智の庄での束の間の休息。これまでに関わってきた人達の登場で盛り上がる事でしょう。いずれは稲葉山城で道三の傍にいる事になると思いますが、それまでの光秀をどう描いていくのでしょうか。

麒麟がくる第3話は、前回毒殺した道三がどのようにすっとぼけるのか!? (予告編に「殺害したな」と聞かれ、「わたしが!?」と、すっとぼけて答えたところが面白かった) まだまだ道三の見所は多そうです。 また、娘の帰蝶は主人公の十兵衛を少し意識していたような視線で見ていたので、この二人の関係も見所です。 また、第一話で野盗から解放してもらった菊丸が十兵衛と接触していたので、どうなるのか。 菊丸は野盗が持っていた鉄砲の事を知っていたし、意外に色々な情報を十兵衛に提供するのでは?と思いました。 段々と成長していく十兵衛を見逃せません!

麒麟がくるの次話以降の見どころとしては、来週以降にも登場する沢山の有名キャストの演技です。この大河ドラマは、英雄を題材にした作品ではなく、裏切り者として嫌われている人を題材にしています。これだけでもインパクトがあります。そして、今後どのように明智光秀の心境が変わっていくのか毎話楽しみにしています。そして長谷川さんの演技は毎話素晴らしいので来週以降の演技もとても楽しみにしています。戦国時代は、色々な人の気持ちが交叉する複雑な時代だと思うので、ここに関わる人たちの心情を表す仕草や演技にも注目だと思います。

「麒麟がくる」1話2話を通して伝わってきた、明智(十兵衛)光秀が、自分勝手な主君のために忠義をつくす実直さ、無理難題を押し付けられても知恵や誠意をもってそれを乗り越えていくたくましさ、領民のために野盗と命がけで戦うことに尽力する気概や懐の深さが、今後の展開にどのように影響していくのかが楽しみです。 着々と下剋上を果たしていく斉藤利政(道三)が、美濃の国主となり、どのように織田家と対峙していくのかを思うと、また老獪さ・迫力ある姿が目に浮かびます。 「麒麟がくる」2話まで視聴しましたが、今のところ、その世界観に引き込まれています。 今回の大河ドラマは最後まで視聴すると思います。

麒麟がくる第3話の見どころは、ずばり斎藤道三とその息子である斎藤義龍の確執だと思います。歴史では、斎藤道三はこの後、義龍によって謀反を起こされ、この世を去ります。次週の第3話で決定的な仲たがいを起こしてしまうのかは不明ですが、予告編での義龍の「この人は本当に私の父なのだろうか」という発言があったので、二人の親子関係にとって重要な回であるのは間違いないでしょう。この大河ドラマにおいて序盤の中では、帰蝶の織田信長への嫁入りと斎藤道三の死は一番の盛り上がりどころだと思うので、斎藤義龍がなぜ斎藤道三に対して謀反をしたのかに繋がる第3話は要チェックだと考えています。

 

◆最新のドラマ動画の見逃し視聴方法&ネタバレまとめページはこちら↓

 

>>> ドラマ動画の見逃し&ネタバレをまとめてチェック♪

 

 

麒麟がくる 3話を見逃した人は、

『麒麟がくる』を1話からまとめて視聴できる『U-NEXT』がおススメです!

 

>>>『U-NEXT』の31日間無料トライアルはこちら!

 

いつまで”31日間の無料トライアル”があるのか分からないので、見たいかたはお早めに~^^♪

これで連休の暇つぶしはバッチリです(笑)

 

>>>『U-NEXT』の31日間無料トライアルはこちら!

 

麒麟がくるの動画!3話のあらすじを最後に

ドラマ『麒麟がくる』3話のあらすじを簡単に紹介します~!

加納口の戦いから半年後、帰蝶(川口春奈)は光秀(長谷川博己)の故郷・明智の荘のもとに戻った光秀に会いに、馬を走らせる。その胸には戦のあと、織田方に通じたことを父道三に見破られ、毒殺された夫頼純(矢野聖人)への深い悲しみがあったのだ…

麒麟がくる 公式サイト引用

 

 

>>>『U-NEXT』の31日間無料トライアルはこちら!

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました^^

 

◆最新のドラマ動画の見逃し視聴方法&ネタバレまとめページはこちら↓

 

>>> ドラマ動画の見逃し&ネタバレをまとめてチェック♪

 

 

※本ページの情報は2020年2月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

タイトルとURLをコピーしました