テセウスの船 動画 第2話を無料見逃し配信でフル視聴

 

2020年01月26日 竹内涼真主演のドラマ『テセウスの船』の2話「真犯人、あらわる」が放送されましたね!

 

このテセウスの船 2話の動画は 無料の見逃し配信でフル視聴できるの?と、気になって動画を探している人が多いようです。

 

なのでこのページでは安心して、テセウスの船 2話の動画を “無料で見逃し視聴できるおススメの方法” やネタバレを紹介しています↓

 

違法にアップロードされた動画じゃないので、高画質でCMもないし、安全に “1話~ まとめて” 視聴できますよ!

 

 

>>>『Paravi』30日間無料体験はこちら!

 








テセウスの船の動画!2話の予告は?

ドラマ『テセウスの船』2話の動画予告はこんな感じに!








テセウスの船の動画!2話を無料の見逃し配信でフル視聴するおススメの方法

ではドラマ『テセウスの船』2話の動画を、無料の見逃し配信でフル視聴できるおススメの方法を紹介します!

 

それは、テセウスの船の放送が終わるたびに毎回、見逃し配信をしてくれている公式のサービス『Paravi(パラビ)』です!

 

『Paravi』には”30日間の無料体験”が付いててお得なので、

違法にアップロードされた動画を探さなくても安全に見逃し視聴できます!

 

 

>>>『Paravi』30日間無料体験はこちら!

 

 

無料期間中に登録して ” テセウスの船 ” の動画をまとめて視聴することもできるし

 

『テセウスの船』以外の現在放送中の最新ドラマや映画・人気バラエティーも、時間が許す限り好きなだけ見れてしまいます!

 

ただ、“30日間の無料体験”はいつまでやっているのかわからないので、

テセウスの船を安全に無料視聴したいなら早めに登録したほうが損しないです!

 

Paravi(パラビ)に登録したら検索窓から⇒「テセウスの船」で検索してくださいね^^

 

>>>『Paravi』30日間無料体験はこちら!

 








テセウスの船やドラマ動画を見るならParaviがおススメ!

動画を見るならParaviがおススメな理由についても紹介します!

 

Paraviでは、TBS系のドラマを独占配信しているので、テセウスの船の他にも 現在放送中の『孤高のグルメシーズン8』『パパジャニWES』『恋んトス』も、一緒にまとめて視聴することができます。

 

過去のドラマも含めて、テレビ未公開のディレクターズカット版まで見れるのは独占配信の公式サイト『Paravi』だけ! 

 

 

>>>『Paravi』30日間無料体験はこちら!

 

 

さらに嬉しいのは、バラエティーや恋愛リアリティー番組も充実している所です!!

 

例えば「水曜日のダウンタウン」「マツコの知らない世界」「パパジャニWEST」などのバラエティーから 「恋んトス シリーズ」などの恋愛リアリティー番組も独占配信しているので、

 

  テセウスの船 以外のドラマやバラエティーをお得に見ることを考えると、Paraviはおススメの動画配信サービスです! 

 

 

>>>『Paravi』30日間無料体験はこちら!

 

 

そしてもちろん 映画やアニメに ” Paraviオリジナルのドラマ ” も全部、 スマホやタブレットを使って見れるので、通勤中・急に空いた時間・連休中の暇つぶしにも安心なんです^^








テセウスの船の動画!これまでの感想は?

心が突然、31年前にタイムスリップし過去を変えられるかもしれないと思ったようですが、佐野鈴を救ったり、一番、劇的だったのは、雪崩に会って死んだ木村の事故死を阻止しようと文吾のパトカーで木村を追跡して、すんでのところで木村が雪崩に巻き込まれるのを防いで、心が文吾だけでなく村の住民から、特別な存在と認知された場面でした。 しかしテセウスの船の神話のように過去の事実が変えられた場合、将来に渡って全ても変わるのかがドラマの焦点だと思います。つまり文吾が犯人だったとしても心が文吾の犯行を阻止しても、それが本当に将来に渡って有効なのか疑問です。心は計画半ばで失敗し未来に戻ってしまうかも判りません。 なぜなら文吾がパソコンに怪しい文章を書き込んだり、殺された千夏の手を引いたり、心が雪の中に捨てたパラコートの空容器を、どうやって見つけて保管したのか、はなはだ疑問です。もしかすると、空容器は文吾が本当に自分の犯行に使ったものかも判りません。 心は明音を文吾が助けたことで文吾を信用したようですが、あまりにも迂闊なような気がします。 父親を信じたい、でも怪しいと揺れ動き悩む心に同情します。

テセウスの船という概念は初めて知りましたが、過去を変えたら未来の自分を取り巻く環境も変わるのかという心の疑問はかなり興味深かったです。殺人犯の容疑者が身内にいるというだけで、周りの目が一気に変わってしまうという現実は、かなりリアリティがありました。心は、父親が悪人だという先入観があるので、普通なら初めて父親に会ったら感激する場面で素直に喜べないのはちょっとかわいそうだと思いました。心と同じように、文吾の一挙手一投足が怪しく見えてハラハラしましたが、終盤で少し善人なんじゃないかと希望が見えたところにホッとしました。

楽しみにしていたテセウスの船の1話を見終わりました。冒頭から奥さんが亡くなってしまうのは想定外で早速重たい気持ちになってしまいました。吹雪のシーンや雪崩など、臨場感と迫力がすごくてまだ1話しか見ていないのに映画を一本見たような気分になります。最初は父親が怪しく、悪い人間に見えたけれど最後の方では印象がガラッと変わりましたね。未来から来たと信じてくれたのは優しいなと思いました。あんなに人情のあるお父さんが犯人ではないと信じたいです。お父さんが2020年の日本に興味津々だったのを見て、改めてこの30年で日本の生活はここまで進化したんだなと認識しました。

日曜劇場は毎回とても楽しみにしています。そんな期待の中で見たテセウスの船第一話ですが、とても面白かったです!今後どのような展開になるのかが本当に気になります。特に最初に東京駅のシーンで心とすれ違った安藤政信のことがこれからの重要人物な気がしてならないので、伏線をしっかりと見逃さないようにチェックしていきたいと思います。また、なぜ佐野文吾が犯人にならなければならなかったのかという部分についても注目して今後ストーリーを見ていきたいだ思います、 タイムパラドクス的な要素はJINのようでとても興味深い設定だと思いました、

とても期待していて、やっと第1回を迎えたテセウスの船。ほんとうに毎回日曜劇場をドラマの中で一番楽しみにしているのでやっとだ…!という感覚が強いです。すこし竹内涼真は若すぎて31歳には見えないなぁと思いましたが、鈴木亮平とはいい意味で親子に見える部分もあったので見進めていくいくうちにナイスキャストだ!とおもってさすがだなぁと思いました。気になる伏線がきっと今回にもたくさん色々なところに散りばめられていると思うので、最終回までを見て全てを理解してからもう一度一番最初から見直したらまた何かが見えてくるのかな?といまからとても楽しみにしています!

父のことを知る度に疑うことしか出来なかった心が、最愛の妻、由紀の言葉で父をもう一度信じてみようと決心して命がけで父を助けるシーンが感動的でした。その後に、2人で温泉に入るシーンも凄く素敵でした。過去にタイムスリップしたことで、今までに知らなかった家族の姿を見ることができた時の心の顔が、凄く嬉しそうで幸せそうでした。この村で起こる事件を全て解決して、未来を変えようとする心は、父である佐野文吾の力を借りながらどこまで事件を解決できるかも楽しみです。そして心が過去に来たことにより、過去がどんなふうに変わってしまうのかにも注目しています。テセウスの船が何を意味しているのかも気になるところです。

父親に対して憎しみから愛情に変わっていく様子が見え、胸が熱くなりました。タイムスリップすることで初めて会う父親の姿や見たこともない母の笑顔、そして家族の温かみなど父親に対いて抱いていた負の感情に疑念を持ちはじめ、自分の死をも顧みない父親の姿に「あなたには生きていた欲しい」と父親への本心を言葉にした心の姿に涙がとまりませんでした。自分の所在を隠しきれずタイムスリップしてきたことを父親に打ち明けるシーンが見られましたが、それを否定しない度量や家族との未来でも続く幸せを願う父親の姿に涙する心に過去を変えるという強い決意を見ました。また、パソコン画面上の文章で現れる犯人の言葉は心の行動を身近に見ているような感じがあり、心の周りに登場する人物の行動に目が離せないと感じました。「テセウスの船」というタイトル通り過去を変えることで真実にたどり着けるのか、次回の展開に期待が高まります。

「テセウスの船」第1話は、導入として、すなわち以後への期待を持たせるものとして、なかなか良かったと思います。父親が犯人であるのか否かということの謎の膨らませ方が、どちらともとれるような演出に嫌味がなく、自然に次回も観ようという気になりました。鈴木亮平が健康的な様子と影の部分とを上手く演じ分けています。竹内涼真は今後に期待でしょう。でも悪いという感じではなかった。最後の雪の降る崖のシーンは、助け方は無茶だとしても、背景の装置はうまかったと思います。装置が駄目だとしらけてしまいますが、自然な感じで緊張感がありました。

「テセウスの船」第一話視聴を終えての率直な感想は、「想像を遥かに上回る面白さ」です。タイムスリップ系はリアルさに欠け、私は正直あまり好きな分野ではありませんでした。キャストは豪華だなと思っていましたが、私の中のドラマを見る基準として「キャスト<脚本&ストーリー」なのであまり期待していませんでした。しかし、見出したらもう止まらず「もっと見たい!早く続きが見たい!」と思っているうちにあっという間に一話が終わってしまっていました。私的に高評価のポイントとしては二つ。一つ目は、主人公心とその父である佐野の演技力の高さが際立っていること。脇を固める俳優人も演技が上手い方ばかりですが、群を抜いてその二人がいい。だからもっと見たくなる。目で追いかけたくなるのです。二つ目は、全員犯人になりうる怪しさ&見せ方。ミステリーものは、一緒になって謎を究明していくところが楽しさの一つです。第一話ではたくさんの登場人物がでてきますが、皆が皆怪しいのです。想像力が駆り立てられ、早く謎を解く鍵を見つけて犯人を見つけ出したい!と強く思いました。

前宣伝でミステリーのような話展開を期待して1話視聴しました。1話の感想としては面白かったですし、2話以降も見ていきたいです。タイムスリップして過去・未来を変える、というストーリーはありがちといえばありがちなのかもしれませんが、タイムスリップして初めて出会った父親がたまに見せる冷酷な表情や家族や村人に向ける正義感のある警官としての顔に観ている視聴者も翻弄されていきます。雪深い田舎の村、という設定の為、雪山などの雪景色もとても綺麗で映像も楽しめます。また、テセウスの船、という単語の意味も知りました。タイムスリップした主人公がどのようにして過去を変えて、未来を変えていけるのか、また変えた未来は主人公やその家族にとって幸せなものとなるのか今後も楽しみです。

 テセウスの船の第一話とってもシリアスなシーンからはじまり驚きました。 崖の上から手を放しそうになり苦しいシーンどんなドラマか気になり見入ってしまいました。  主人公のつらい人生のエピソードからはじまり、小学校での吹雪のシーンはCGがすこし溶け込んでいなくて大袈裟に感じました。  現在と過去での年齢をわかりやすくするためか、父と母の顔の特殊メイクが少し大袈裟なような気がしました。  主人公が未来を変えるために、事件を未然に必死で防ごうと奮闘する姿や、父親の怪しい表情や、動きは興味深かったです。  父親との温泉シーンは涙の感動でした。

漫画原作のミステリードラマ「テセウスの船」はやはり実写にするとどうしても大げさな演技になってしまいました。スタートですから力が入るのは当然ですがちょっと無理をしすぎのように見えました。主人公が父親の佐野文吾にきちんと話したことで重苦しい空気が変わりましたがそこまでは痛々しい展開でした。都会とは離れた雪の積もる村で寒さに慣れていない主人公が耐えられるとは思えませんがそこはしょうがない部分ですね。テンポが速すぎて初回なのに様々な事件が起きてしまい見ていて混乱しました。頭の中を整理してとりあえず初回を考察しなければと思います。ドラマの感じはなかなか興味深いですね。そういえば平成元年はそんな事もあったけなと思い出す要素はなかなか面白いですね。

「テセウスの船」のなかで、主人公の犯人であり殺人犯なのかどうか疑惑の人物でもある、佐野文吾役を演じている鈴木亮平さんの演技が素晴らしいです。北国の田舎の真面目な警察官であり、家族思い。しかし、どこか怪しい。そんな役柄を目の動きや体全体から滲み出る雰囲気で演じていて、物語全体にリアリティーを与えていると感じました。物語の感想としては、主人公が農薬を捨てたにもかかわらず、三島家の次女が殺されてしまった謎が気になります。一体誰がどうやって殺したんでしょうか。主人公が農薬ボトルを捨てたのに殺されたということは、犯人は複数の手段を考えていたんでしょうか。主人公の姉が神社の近くで倒れていたのも、不自然で気がかりです。

 主人公・田村心が生まれる前に父が殺人犯として逮捕され、世間のあたりの厳しさの中、残された家族で、生活してきた様子は、あまりにもかわいそうで、現実にこのような家族も存在するのだろうと、心がいたみました。また主人公が結婚していて、奥さんが妊娠しているという場面は、暗い青春時代を過ごしてきた、中で、幸せを掴んだのだと、少しほっとしましたが、束の間でした。命がけで子供を出産して、命を落とした主人公の妻、田村由紀が生前訴えていた、心の父親は冤罪だからもう、下を向いて歩かないで、という所も、主人公の父は犯人ではないのかもという、視聴者に希望を持たせるようなワクワクした、演出が面白いと思いました。1話の終盤において、主人公の父が、子供や家族を大事にする性格だと知り、未来からきた心と、若き日の心の父の蟠りが溶け始めていく様子は、涙を誘いました。テセウスの船、という題名は、主人公が過去に戻り、家族関係を修復していく事を指しているのかと思いましたが、新しい材料で修復した船は、本当にその時のテセウスの船と言えるのか?というナレーションに、また、展開が変わるのだと予測させられました。

生まれた時から父親が21人の人を殺したと言われて世間から隠れるように大きくなった主人公が、我が子を出産してすぐに他界してしまった妻の遺志を継いで、初めて牢獄にいる父に会おうと決意して父のいる場所を尋ねたました。 21人が犠牲になったのは、現在はもうない小学校です。 白い霧に包まれた主人公が目を覚ましたのはないはずの小学校の前でした。時は1980年代、父親はまだ巡査をしていました。初めて見る父親を初めは受け入れることもできなかった主人公。けれども父の小さな子供たちへの接し方を見ていると、父が21人もの人を殺害したなどとは思えなくなってくる主人公なのです。真実を明らかにすることがなき妻の遺言と心に決めて、主人公が解決していくストーリーです。テセウスの船は、スケールの大きな壮大な物語です。

 

>>>『Paravi』30日間無料体験はこちら!








テセウスの船の動画!2話の見どころは?

心が木村の紹介で連続殺人事件が起きる小学校の臨時教師に臨時で働くことになるようです。そして文吾とやがて起こるであろう殺人事件を阻止しようとするようです。 問題は、心がその意図を文吾に打ち明けるのか、秘密にするのか注目です。 心は文吾を信用していればおそらく意図を打ち明けるでしょう。ところが由紀の残したノートで3日後に田中義男の家が火事になる記事があり、心が田中の家に行くと、少女2人のことを書いたノートが見つかるようです。 心は小学校連続殺人事件に関係があるのかと不審に思い、文吾に相談するかも判りません。すると、佐野鈴が行方不明になり、心は文吾と捜索をするようですが、文吾は何かを隠している気がして心は不信感が芽生えるようです。一度は心が助けた鈴が行方不明になったので、どうしても文吾が殺された千夏の手を引いていた姿が脳裏から離れないようです。 文吾が、次のモルモットを決めた、いよいよ本番に向けてカウントダウンだとパソコンに書き込んだのが、小学校殺人事件への犯行予告ではないかと推測させます。 テセウスの船のように心が過去を置き換えても、文吾が心を裏切った場合、心の努力が無駄に終わる可能性も心配です。

次回は、心が本格的に過去を変えるために動き出しますが、すでに起こった事件をなかったことにすると、別の歪みが起こるというタイムスリップあるあるな展開になるんじゃないかと思います。文吾は心が未来から来たことに納得したように見えていたけれど、本当はまだおかしな言動を疑っていて、不吉な事件を持ち込んでいると思い込んでいるのかもしれません。テセウスの船の理論からすると、いくらパーツを変えても船自体が同じというなら、文吾の犯罪者気質はどう頑張っても変わらないような気がします。彼はなかなか本性を見せないと思うので、心がどうやって距離をつめていくのかが重要なポイントになると思います。

テセウスの船1話を見て、心さんの行動によって未来が変わるということがわかったのでこれからはお父さんが犯人ではないと信じて、二人で事件を未然に防ぐように頑張って欲しいです。犯人らしき人物が文字をタイピングするシーンがありますが犯人は男性であることは間違いなさそうですね。これからは誰が犯人なのか推測しながら見るのが楽しみです。霜降り明星のせいやさんが演じる村人の息子と竜星涼さんが演じる青年の存在も今後の鍵になってきそうな気がします。心さんが見たことなかったという、お母さんとお姉さんとお兄さんの笑った顔や明るい日常もたくさん見られるといいなと思いました。

来週の次回予告のところで、住民たちの裏の顔が明らかになっていくという煽り文句がとても気になりました。個人的に描かれている中で一番気になってたまらないのは安藤政信がどんな人でどんな役なのかなのですが、令和元年であの雰囲気ということは青酸カリ入りのオレンジジュースを飲んでしまった被害者の男の子の生き残りが成長した姿なのでは?そして後遺症で半身不随になってしまったのではないかと私は推理しています。伏線があらゆるところにテセウスの船は散りばめられているので、次回も絶対に見逃さない作品だと思いました!来週が今から楽しみです

今週がとても面白かったので次回にもとても期待しています!また、霜降り明星のせいやさんもドラマとうとう出るんだ…!と思いつつ!お笑い芸人さんも役にあえばキャスティングしている日曜劇場なので現場に感化されて素敵なお芝居をしてくれたらと思います。誰がワープロを打っているのかも気になりますが、今のところ超能力的な心が予知能力みたいなものをもっているのは雪崩に巻き込まれなかったおじいさん、その奥さん、そして佐野文吾なので佐野文吾が犯人でないとしたら怪しいのは奥さん?など謎が謎しか呼ばない展開にとてもハラハラさせられます!テセウスの船、来週も見逃せません!

テセウスの船で楽しみにしていることは、1話の最後に2人で温泉につかって、本当のことを話して信頼関係が芽生えたと思う2人の関係がどう進展するのかが楽しみです。未来の子供だということは、秘密のままだと思いますが、どこまで話すのかも気になるところです。そして、犯罪記録を打ち込んでいたのは誰なのかも気になります。文面を見る限りでは、犯人は人を殺めることを楽しんでいるように思えました。ただ今までに登場した人の中に、そんなに凶悪な犯罪を犯しそうな人がいないのが本当に怖いことだなと感じています。たくさんの人が犠牲になる前に、文吾と心で何とか未来を変えてほしいです。

心の奥さんが残してくれた事件ノートを元に事故を阻止しようとする心が引き続き見られるようでした。しかし、過去を変えたからなのか過去には起こっていなかった事件が起こってしまうようで、このことがきっかけで過去を変える難しさを痛感するのではないかと感じました。また、予告で「真犯人、あらわる」や「恐るべきワナ」などの言葉があり、真犯人が心に近づいていると感じました。「テセウスの船」という言葉のように過去の出来事を変えてたどり着く真実が本来行きつく真実なのか、毎回起こる事件を乗り越えるたびに浮かび上がる疑問だと思いました。真実へ立ち向かうことへの決意の揺らぎが2話で見られるのではと心の揺らぎが見どころになってくると感じました。

謎が明らかになっていく、その展開の演出次第だと思います。「テセウスの船」というタイトルの意味の開陳についても期待が膨らみます。1話目の、主人公が過去に行ってしまうタイムスリップは実に自然でした(ここが不自然だったら、その時点で見るのをやめていたと思います)。ですので、いずれ描かれる「現代に戻る」タイムスリップをどう描くのか、そこに大いに期待するとともに、少々の不安も感じています。竹内涼真の演技力も試されるでしょう。鈴木亮平に安定した演技を期待したい。現代に戻ってから、老いた様が出てくると思いますが、あの「天皇の料理番」での結核患者の凄みを期待したい。

「テセウスの船」第二話の一番の見どころは、主人公心の心の動きです。心は最初「自分やその家族(佐野以外)を守るために、殺人者の家族にしないために」行動してきました。しかし第一話で佐野は悪人ではないと感じた心に「佐野を助けたい」という気持ちも芽生えています。その二つの気持ちを持った心は、第一話よりももっと強い気持ちで謎と向き合っていくでしょう。その気持ちの入り方に注目したいです。演技力でどこまで表現するのかなと楽しみです。あとは、過去を変えることで未来はどうなるのかや、オープニングで「テセウスの船」の神話が語られますが、あの意味がこのストーリーの結末にはどのように反映されていくのかも楽しみです。

タイムスリップし、突然田舎の村に現れた主人公が周りの人に疑惑をかけられるような展開になりそうなのでハラハラしています。父親が連絡した刑事もなんだか怪しく、意味深な発言が多い気がします。また、途中で映るワープロに殺人計画を記している犯人の手記も気になります。どのような計画のもとなんの目的で村人を殺していくのか、とても気になります。また、父親が犯人を庇って逮捕されたなら、なぜ父親は犯人を庇うのか、どんな関係性なのか、今後の展開に期待しています。また、変わってしまったテセウスの船の真価が問われているように、主人公が変えた未来に価値はあるのか、幸せな結末になって欲しいです。個人的にドラマの冒頭で亡くなった主人公の奥さんが死なない未来を期待してます。

 テセウスの船の二話では、これから起きるであろう事件を未然に防いでどんな未来が描かれるのか楽しみです。 また、真犯人がだれなのか気になりました。いろいろな町民が出てきてどんな関わり合いのなかから大事件へと発展するのか見どころ盛りだくさんです。 本当に主人公の父親が、犯人でないことを心から願いたいです。 未来へタイムスリップした主人公がどのようにして元の世界へ戻り、家族が変えられた未来の中でどのように過ごしているのか今後楽しみです。 主人公が涙する場面、心温まるシーンなど感動を与えてくれるので、見どころです。

主人公と佐野文吾が事件を阻止する為に動き出すでしょうが、何故か妨害が入るようです。文吾とすればまだ信頼しきれない部分がありますので主人公に対して辛く当たる場面はあるでしょうね。タイムパラドクスなのか事件ノートと違う事が起きるのはこの物語の鍵でしょう。主人公はよそ者でかなり目立つ存在ですから単独行動はしにくいはずですがそうも行ってられない展開はあるでしょうね。「テセウスの船」2話目では村に住む大体の人が登場するのでしょうから容疑者も登場するかもしれません。時間の進み具合も気になりますが、不審な事件とやがて起きる大量殺人事件のつながりが少しでも見えてくればと期待しています。

まず、主人公の父である佐野文吾は本当に一連の殺人事件の犯人なのかどうかが気になります。1話のラストで主人公は犯人ではないと確信したようですが、どうなんでしょうか。三島家の次女が亡くなる前に、彼女の手を強引に引っ張っている姿が目撃されていますが、あれはなんだったのでしょうか。そしてなぜ机の引き出しの中に空の農薬ボトルがあるのか。事件前にたまたま拾ったならば、捨てればすむことですし、事件後に拾ったならば証拠として警察に提出しなければいけないはずです。果たしてそれらの謎は解けるのでしょうか。そして、顔見せ程度にしか1話では登場しなかった人物たちの性格や村の中での立ち位置も明らかになってくるのではと「テセウスの船」の2話を楽しみにしています。

 タイムスリップしたままで、第2話に突入しますが、主人公・田村心はどのようにこの平成元年を過ごしていくのか楽しみです。亡くなった、主人公の妻が記録していた、音臼事件のノートにより、第一話でもあった、村で起こる事件を阻止していこうとする姿は、SFのような感じで楽しめると思います。この事件ノートのおかげで、次に起こる事件を阻止して、殺人犯の父をもつ一家という汚名も剥がれていくのだろうと思いましたが、ここでもまた、テセウスの船というタイトルが、布石をおいているかの如く、想定外の事件が村を襲う、仲良くなったはずの父とも亀裂が生じる、ところは、この先の展開を全く、わからないものにしてしまったのだと思いました。

子供が雪山で迷子になったところを保護した主人公の父親は、心の優しい人でした。21人もの人たちを殺害するような父ではありませんでした。ではなぜ父が殺人犯に仕立て上げられて30何年もの間習慣されているのか、主人公にはどれほど辛い今までの生活だったことでしょう。殺人犯の家族として生きてきた主人公は教職の夢も捨て、隠れるように生活していました。そんな主人公が30年前の時代にタイムスリップしたことで、父の無罪を証明することができるのかということが1番の見どころです。まだ全部の登場人物が出てきてはいないようなので、これからの展開がとても気になります。次回のテセウスの船も見逃せません。

 

◆最新のドラマ動画の見逃し視聴方法&ネタバレまとめページはこちら↓

 

>>> ドラマ動画の見逃し&ネタバレをまとめてチェック♪

 

 

 

テセウスの船 2話を見逃した人は、

 

『テセウスの船』を1話からまとめて視聴できる『Paravi(パラビ)』がおススメです!

 

いつまで”30日間の無料体験”があるのか分からないので、見たいかたはお早めに~^^♪

 

これで連休の暇つぶしはバッチリです(笑)








テセウスの船の動画!2話のあらすじを最後に

ドラマ『テセウスの船』2話のあらすじを簡単に紹介します~!

 

平成元年にタイムスリップした田村心(竹内涼真)は、父・文吾(鈴木亮平)の冤罪を晴らすため真犯人を探す。“連続して起こる不可解な事件”…その次なる事件を止めようとするが、そこで気味の悪い絵を発見する。まさか犯人の犯行予告なのか…?そんな時、文吾の娘が行方不明に!それは未来を知る心にとっても想定外の事件だった。真犯人の卑劣な罠により、心と文吾の信頼関係が崩れていく…その危機を救ったのは…

テセウスの船 公式サイト引用

 

 

>>>『Paravi』30日間無料体験はこちら!

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました^^

 

◆最新のドラマ動画の見逃し視聴方法&ネタバレまとめページはこちら↓

 

>>> ドラマ動画の見逃し&ネタバレをまとめてチェック♪

 

※本ページの情報は2020年1月時点のものです。最新の配信状況はParaviサイトにてご確認ください。






タイトルとURLをコピーしました