リーガルVの動画を1話から見逃し配信でフル視聴する方法!

シェアする!!

米倉涼子が元弁護士役のドラマ『リーガルV』の1話が放送されましたね!

このリーガルVの1話の動画はフルで見逃し視聴できるの?と、気になって動画を探している人が多いようです。

なのでこのページでは安心して、リーガルV 1話の動画を “見逃し視聴できるおススメの方法” やネタバレを紹介しています↓

>>>『U-NEXT』の31日間無料トライアルはこちら

YouTube・Dailymotion・Pandoraみたいに違法にアップロードされた動画じゃないので、高画質でCMもないし “1話~ 全話まとめて” 視聴できますよ!

リーガルVの動画!1話の予告を紹介

ドラマ『リーガルV』1話の動画予告はこんな感じに!

リーガルVの動画!1話をフルで見逃し視聴するおススメの方法

ではドラマ『リーガルV』1話の動画を、フルで見逃し視聴できるおススメの方法を紹介します!

それは、リーガルVの放送が終わるたびに毎回、見逃し配信をしてくれている公式のサービス『U-NEXT』です!

『U-NEXT』には”31日間の無料トライアル”が付いててお得なので、

YouTube・Dailymotion・Pandoraなどの違法にアップロードされた動画を探さなくても安全に見逃し視聴できます!

>>>『U-NEXT』の31日間無料トライアルはこちら

無料期間中に登録して31日以内に解約することもできるし、その場合でもお金をかけずに、リーガルVの動画を1話からまとめて視聴できます!

もちろん『リーガルV』以外の現在放送中の最新ドラマや映画・海外ドラマも、時間が許す限り好きなだけ見れてしまいます!

ただ、“31日間の無料トライアル”はいつまでやっているのかわからないので、

リーガルVを安全に見たいなら早めに登録したほうが損しないです!

>>>『U-NEXT』の31日間無料トライアルはこちら

※U-NEXTに登録したら検索窓から⇒「リーガルV」で検索してくださいね^^

リーガルVの動画!1話【ネタバレ】← 紹介

ここからがドラマ『リーガルV』1話のネタバレになります!

敗訴が原因で依頼人の母を追い込んでしまい自殺させてしまった結果になってしまった担当弁護士の青島圭太(林遺都)。

現場検証のため自殺現場の断崖絶壁に立っていた彼の腕を彼が自殺すると勘違いし掴んだのは小鳥遊翔子(米倉涼子)でした。

彼女は「弱者を救うために一緒に戦おう」と告げ、翌朝訪ねてくるよう言い残しその場を去っていきました。

翌朝青島は指定された場所に向かう途中で痴漢騒動に巻き込まれてしまいます。

無実を主張する一流企業に勤める安田勉(児嶋一哉)と痴漢をしたと安田を糾弾する三島麻央(山谷花純)。

青島は見過ごすことが出来ずに弁護を受けてしまいました。

一方で大学教授でペーパー弁護士の京極雅彦(高橋英樹)は退官の日を迎えていました。

以前から翔子に「一緒に正義の法律事務所を始めないか」と誘われて新たな人生を始めようとしていたのですが、肝心の翔子に連絡がつかないでいました。

調べてみると彼女は弁護士資格を剥奪されていて大手弁護士事務所Felix&Temma法律事務所もクビになっていたことが発覚します。

恩師である京極から話を聞いた元検事ヤメ検弁護士の大鷹高志(勝村政信)は詐欺だと睨み、その住所を調べてみるとそこには京極法律事務所の看板があったのです。

大鷹はさらに疑惑を深めますが、京極は自らが代表弁護士になっている事に大喜びしています。

弁護士資格がないのに代表弁護士がやってきて、若手弁護士の青島もやってきた。

着々と出来上がっていく京極法律事務所に小鳥遊は満足げです。さらにはパラリーガルの面接も組み込みました。

伊藤理恵(安達祐実)は元銀行員横領で服役経験あり。

馬場雄一(荒川良々)ストーカーで逮捕経験あり。前科ものばかりと言う大鷹でしたが小鳥遊は即決採用としました。

初めての依頼

安田が働く君島科学の相原がFelix&Temmaに相談にやって来ます。

遅刻してきた青島が依頼を持ってきたと皆は大喜びでしたが、痴漢冤罪事件と聞いてガッカリしてしまいます。

小鳥遊は金にならないクズ案件だ示談にしなさいと青島に言います。

鉄道好きな小鳥遊を駅弁で釣り、青島は安田との接見に付いてもらいます。安田はやってないものは認めたくないという姿勢を固持しています。

しかし痴漢裁判では圧倒的に被害者側に有利に働くので示談しかないという空気になっていきます。

依然としてやる気のない小鳥遊でしたが君島科学のアイデアは全て安田のアイデアでそれが生み出す利益は300億円だというのです。

小鳥遊は俄然やる気を出してきました。

君島科学の相原とFelix&Temmaに依頼しついた担当弁護士の海崎(向井理)が安田の接見につきます。

海崎は示談を提案し、譲らない安田に会社での進退を問うように進言しました。会社の切り捨てる姿勢に安田はショックを受けます。

示談にしたいとあきらめ顔を見せる安田に小鳥遊はハッパをかけ、本格的に調査を開始します。

公判開始

痴漢裁判の公判が開始しました。被害者の三島は安田で間違いないと言います。

青島は安田がメールを右手で打っていて左手では触るのは難しいと主張しますが判事は検察側よりで勝てそうにありません。

青島はガッカリして肩を落とします。

逆転の一手

青島は鉄道の専門家として小鳥遊を証人に呼びます。

小鳥遊は三島の乗り換えが極めて不自然だった事、窓に映った安田を見たと主張した三島でしたが事件当日窓にはポスターが貼っていて窓に映るはずがないと告げます。

すると突然三島が泣きながら謝りだしました。事実を偽って言っていた罪の重さに耐えきれなかったようです。

被害届は取り下げ、控訴は取消しとなり晴れて安田の無実が証明されました。

最後にもう1発

逆転勝利に喜ぶ青島でしたが、小鳥遊はまだここからが本番だと言います。

安田の代わりに開発部長になった安田の友人の富樫、そこに安田が無罪になったと連絡が入ります。そして君島科学に賠償請求の通知書が届きました。

実は富樫がホステスとして働いていた三島を使って安田を陥れ、自らがトップになろうという策略だったのです。驚く安田、富樫はずっと安田の才能に嫉妬していたのです。

賠償金請求額はなんと100億、払う必要がないと言う海崎と相原の前に京極が現れます。そして告発会見をすると宣言しました。

法律の穴をついた小鳥遊のやり方に海崎は負けを認めます。お金を払うしかなさそうです。

小鳥遊は100億はいき過ぎ、落とし所は3億だと2割が取り分だから6000万。大勝利に喜ぶ京極法律事務所のメンバー。

行列のできる法律事務所作りましょうと宣言。

弁護士資格がないのにという大鷹に資格がないと人を救ってはいけないの?と最後カッコ良く決める小鳥遊でした。

--- 以上、リーガルV 1話のネタバレでした~! ---

リーガルV 1話を見逃した人は、

『リーガルV』を1話からまとめて視聴できる『U-NEXT』がおススメです!

>>>『U-NEXT』の31日間無料トライアルはこちら

いつまで”31日間の無料トライアル”があるのか分からないので、見たいかたはお早めに~^^♪

これで連休の暇つぶしはバッチリです(笑)

リーガルVの動画!1話の感想まとめ

リーガルV 1話の感想は、素直に面白かったです。法律が絡んでくるドラマは話が重くなりそうで、

しかも難しくなりそうなイメージがあり個人的にも敬遠しがちなドラマでしたがこのドラマはそんなことはなく進行もスムーズで内容も分かりやすかったです。

資格がないとはいえ小鳥遊がやり手の弁護士だったのは容易に分かりますね。

資格がないからこそ資格があるものを使い京極法律事務所の管理人としてリードしていく。

とはいえ小鳥遊も事件に深く踏み込んで解決策を考えるわけですから青島も心強かったでしょうね。裏の支配人というような感じがとても良かったです。

痴漢裁判は訴えられた側が不利というのは素人の私でも分かります。

しかしきちんと調査を重ね、証拠を用意して勝ちをもぎ取る、どうやって逆転の一手を掴むのかが非常に興味が湧きました。

おそらく希なケースなんでしょうが非常に面白い裁判でしたね。

小鳥遊が何故Felix&Temmaを辞める事になったのか、弁護士資格を剥奪されることになったのか、まだまだ気になる所はたくさんあります。

資格復活なんてのもあるのですかね。頼りない青島がどう成長していくのかも本当に気になる所です。

海崎との因縁めいた戦いがこれからもまだまだ続くかと思うと次週からの話も楽しみになってきました。

資格なしの管理人小鳥遊。ペーパー弁護士の京極。ひよっこの青島。

口うるさいヤメ検の大鷹。犯罪者揃いのパラリーガルの面々。なかなか魅力的なメンバーが揃った京極法律事務所これからも期待しています。

>>>『U-NEXT』の31日間無料トライアルはこちら

リーガルVの動画!1話のあらすじを最後に

ドラマ『リーガルV』1話のあらすじを簡単に紹介します~!

敗訴が原因で依頼人の母を自殺へ追い込む結果となり、失意の表情で断崖絶壁にたたずむ若手弁護士・青島圭太(林遣都)の腕を、喪服姿の女が突如つかんだ。

「死んじゃダメ。勝つまで戦うの」――。

女の名は小鳥遊翔子(米倉涼子)。

青島をスカウトしに来たという翔子は「弱者を救うための法律事務所で一緒に戦いましょう」と熱く語りかけ、翌朝訪ねてくるよう言い残して去っていく。

一方、ペーパー弁護士の大学教授・京極雅彦(高橋英樹)は退官の日を迎えていた。

実は京極、翔子から「一緒に正義の法律事務所を始めてみませんか?」と誘われ、新たな人生を踏み出そうとしていたのだ。

ところが、肝心の翔子とは連絡がつかない状態…。

そればかりか、翔子が弁護士資格を剥奪され、大手弁護士事務所「Felix & Temma法律事務所」をクビになっていた事実も判明する!

恩師である京極から事情を聞いたヤメ検弁護士・大鷹高志(勝村政信)は詐欺だとにらみ、翔子の居場所を徹底調査。

しかし、ようやく突き止めた住所を訪ねると、そこには「京極法律事務所」と記された表札と看板が!

大鷹はやけに調子のいい翔子を警戒するが、代表弁護士として迎えられた京極はすっかり舞い上がり…。

その頃、翔子に指定された住所へ向かっていた青島は、駅のホームで痴漢騒動に出くわす。

一流企業「君島化学」の社員・安田勉(児嶋一哉)が、若い女性・三島麻央(山谷花純)に「お尻を触られた」と糾弾され、必死で無実を主張していたのだ。

見過ごすことができない青島は、安田の弁護を引き受けるのだが…。

その安田が後日、送検された!しかし、痴漢事件は圧倒的に被害者が有利…。

弱者救済を高らかに謳っていたはずの翔子も、青島から話を聞くや「儲けも少ないし、売れない弁護士がやるクズ案件」とバッサリ切り捨てる。

ところが、安田がふと発した“ある一言”に、翔子は目の色を変え…!?

リーガルV 公式サイト引用

>>>『U-NEXT』の31日間無料トライアルはこちら

最後までお読みいただきありがとうございました^^

◆最新のドラマ動画の見逃し視聴方法&ネタバレまとめページはこちら↓

>>> ドラマ動画の見逃し&ネタバレをまとめてチェック♪

※本ページの情報は2018年10月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

シェアする!!