ハゲタカ ドラマの動画を1話から見逃しフル視聴する方法!

シェアする!!

綾野剛が主演で渋すぎる役が魅力のドラマ『ハゲタカ』の1話が放送されましたね!

このハゲタカの1話の動画はフルで見逃し視聴できるの?と、気になって動画を探している人が多いようです。

なのでこのページでは安心して、ハゲタカ 1話の動画を “見逃し視聴できる人気の方法” やネタバレを紹介しています↓

>>>『U-NEXT』の31日間無料トライアルはこちら

YouTube・Dailymotion・Pandoraみたいに違法にアップロードされた動画じゃないので、高画質でCMもないし “1話~ 全話まとめて” 視聴できますよ!

ハゲタカ ドラマの動画!1話の予告を紹介

ドラマ『ハゲタカ』1話の動画予告はこんな感じに!綾野剛が演じる外資系ファンドの鷲津政彦が日本企業に次々に買収劇を仕掛けて、巨大権力に立ち向かう男の生きざまが描かれています!

ハゲタカ ドラマの動画!1話をフルで見逃し視聴するおススメの方法

ではドラマ『ハゲタカ』1話の動画を、フルで見逃し視聴できるおススメの方法を紹介します!

それは、ハゲタカの放送が終わるたびに毎回、見逃し配信をしてくれている公式のサービス『U-NEXT』です!

  

『U-NEXT』には”31日間の無料トライアル”が付いててお得なので、


YouTube・Dailymotion・Pandoraなどの違法にアップロードされた動画を探さなくても安全に見逃し視聴できます!

>>>『U-NEXT』の31日間無料トライアルはこちら

無料期間中に登録して31日以内に解約することもできるし、その場合でもお金をかけずに、ハゲタカの動画を1話からまとめて視聴できます!

もちろん『ハゲタカ』以外の現在放送中の最新ドラマや映画・海外ドラマも、時間が許す限り好きなだけ見れてしまいます!

  

ただ、“31日間の無料トライアル”はいつまでやっているのかわからないので、


ハゲタカを安全に見たいなら早めに登録したほうが損しないです!

>>>『U-NEXT』の31日間無料トライアルはこちら

※U-NEXTに登録したら検索窓から⇒「ハゲタカ」で検索してくださいね^^

ハゲタカ ドラマの動画!1話【ネタバレ】← 紹介

ここからがドラマ『ハゲタカ』1話のネタバレになります!

  

その人は言った、この国は腐ってしまったと。ほこりを捨て、責任を放棄し、目先の私益ばかり追い求めて、大切な魂をうしなってしまったのだ…

そして、こうも言った。だから自分が、この国を壊してやるんだと・・・

  

芝野健夫は経協連の会長・西澤則之と話す『今言った通りだ芝野。帝都重工は、表沙汰にできない爆弾を抱えている』


芝野は資料に目を通しながら『確かに厄介ですね、これが明るみに出ると…』

西澤『企業再生の第一人者である君意外に、この危機を救える人間はいない。引き受けてくれるかね?』

芝野『この仕事は、私一人の手には余ります。もう一人のパートナーが必要です。その男が引き受けてくれるなら』

西澤『誰だそれは?』

芝野『その前に、時期的にこの不正には、会長も関わっておられますね?会長は、ご自身の身を切る覚悟をお持ちですか?

何より重要な所です。覚悟を示さなければ、その男が動くことはないでしょう…』

  

西澤『思えは平成という時代は、日本経済の暗黒時代だった・・・』

芝野『失われた30年ですか・・・』

西澤『私が責任を取ることで、その40年目が阻止できるなら、安いもんだ。ただ、信頼できるんだろうな?その人物は』

芝野『会長もご存知のはずです。かつて、ゴールデンイーグルと呼ばれた男のことを…』

西澤『ゴールデンイーグル?ちょっと待て、確かその男…』

芝野『ええ、かつては敵でした。私にとっても、この国にとっても…』

芝野はある町工場を訪ねる。

   

1997年。三葉銀行本店にホライズンジャパン・パートナーズの代表・鷲津政彦がやってくる。

そこで出迎えたのは、当時室長の芝野。

  

鷲津『初めまして、ホライズンジャパンの鷲津と申します!』

芝野『あ、失礼しました。三葉銀行の、芝野でございます。今回の、バルクセールを担当させていただきます』

鷲津『よろしくお願いいたします』

部下『しかし、外資ファンドの責任者の方が日本人とは意外でした。それも、こんなお若い方だとは』

鷲津『若輩者ですので、どうぞお手柔らかに』

アラン『わたくしは買い取り業務を担当いたしますアラン・フジタです。不束者ですが、よろしくお願いいたします』

芝野『どうぞ、ご案内いたします』

  

1990年代後半、バブルの崩壊後、日本の金融システムは、末期的状況に置かれていた。

戦後最大の金融危機に日本中があえぐ中、銀行もまた、膨大な不良債権をかかえ、生きるか死ぬかの瀬戸際にたたされていたのだ。

そこで銀行大手・三葉銀行が採用したのが、回収困難な不良債権を投資会社に一括でまとめ売りする取引き、日本初のバルクセールである。

   

バルクセール交渉・1回目

芝野『今回、バルクセールにかけられる債権のリストです』

鷲津『拝見いたします』

部下『簿価総額は723億6458万円。是非とも適正な価格でお買い上げ頂きたいです』

鷲津『お返事は4週間後になりますが、前向きに検討させて頂きますので』

芝野『鷲津さん、我々も今回独自にバルクの算出を行い、最低買い取り価格を300億とイメージしております。その額を守って頂くことはできますか?』

鷲津『こればかりは現段階では何ともいえません。誠心誠意丁寧な査定をさせていただきます』

交渉が終わり、鷲津『では、失礼いたします』

  

その姿をみている三葉銀行常務取締役の飯島亮介『あれが、例のバルクセールに食いついたちゅう外資の連中か?』

秘書『ええ、代表が日本人だそうです』

飯島『ふ~ん、同じ日本人同意で片方は食われるまんまの獲物、片方は、それを食い漁る外資のハゲタカか。ハハ、おもろい話やの~』
  

交渉を終え、芝野たちが資産流動化開発室に戻ると、部下が『なんだか拍子抜けだったな、安く買いたたいて高く売る。血も涙もない外資のハゲタカファンドなんて聞いてたから…、どんなおっかない連中が来るかと思ってたら』

宮部みどり『そうですね、みなさん愛想も良かったし』


芝野『上に、報告に言ってくる』

そこに審査役の沼田透が話しかけてくる『芝野、どうだ?うまく処理できそうか?』

芝野『いや~まだ分からないね、結果は4週間後だ』

  

沼田『役員連中も気をもんでるんだ、しっかり頼むぞ!そんな目で見るなって、俺だって気持ちは同じだ。それより、向こうの責任者、日本人の若造なんだって?』

  

芝野『いや、若いが油断できない相手だよ、経歴を見る限りじゃね。代表の鷲津は企業買収ファンドで実績を上げ、実力主義のアメリカでトップに立った男だ。

どうこうしていたアランは、大手投資銀行出身。まいわば、企業買収のプロフェッショナル集団だ』

   

その頃、鷲津たちは会社に戻る。

中延五朗が帰ってきた鷲津に『お帰りなさい。必要な資料、用意できています』

鷲津『じゃ早速ミーティングを!』

アラン『鷲津ワーカホリック過ぎるよ!久しぶりに故郷に帰ってきたのに』

ミーティングルームに集まるホライズンジャパンの社員たち。

鷲津『ジャック、コピー頼む!』

佐伯宗徳『聞きましたよ~、まだ住むところも決めてないって』

鷲津『ホテル暮らしは楽でいい、何かあった時身軽だしな』

アラン『何かって、女を連れ込むときとか!』

  

雑談を切るように、鷲津の目つきが変わり『さあ、ビジネスの時間だ!三葉バルクの簿価総額は723億6458万円。銀行側の希望買い取り価格は300億だ!

4週間でこのバルクの中身を徹底的に洗え!立地、稼働率、所有者!すべてのポイントをチェックするんだ!!GO!!』
  

鷲津たちは実際に、リストの乗っている会社に足を運び徹底的に調査、証拠の画像も撮影する。

   

その頃、東武日光駅近くを歩く東京クラウンセンチュリーホテルのマネジャー・松平貴子は、実家の日光みやびホテルに帰る。

--- 以上、ハゲタカ 1話のネタバレでした~! ---

  

ハゲタカ 1話を見逃した人は、

『ハゲタカ』を1話からまとめて視聴できる『U-NEXT』がおススメです!


>>>『U-NEXT』の31日間無料トライアルはこちら


いつまで”31日間の無料トライアル”があるのか分からないので、見たいかたはお早めに~^^♪

これで連休の暇つぶしはバッチリです(笑)

ハゲタカ ドラマの動画!1話の感想まとめ

ハゲタカ 1話の感想は、


>>>『U-NEXT』の31日間無料トライアルはこちら

ハゲタカ ドラマの動画!1話のあらすじを最後に

ドラマ『ハゲタカ』1話のあらすじを簡単に紹介します~!

時は1997年。

バブル崩壊後、末期的な危機に陥った日本の金融業界――銀行もまた膨大な不良債権を抱え、生きるか死ぬかの瀬戸際に立たされていた。

  

そんな中、大手銀行のひとつである三葉銀行は、回収困難な不良債権を投資会社に一括でまとめ売りする“バルクセール”を実施。

  

日本初となるこの試みを担うこととなった三葉銀行・資産流動化開発室の室長・芝野健夫(渡部篤郎)は、


その席で外資系投資ファンド『ホライズンジャパン・パートナーズ』の代表・鷲津政彦(綾野剛)と対面する。

  

簿価総額は723億6458万円。

  

芝野は「最低でも300億円で買い取ってほしい」と申し出るも、鷲津は「誠心誠意、丁寧な査定をさせていただきます」と返すに留め、その態度に芝野は一抹の不安を抱くのだった。

  

芝野を除く三葉銀行の面々は、査定に向け想定以上の手応えを感じている様子。


しかし4週間後に迎えた回答期日、芝野たちは鷲津から衝撃の評価額を提示される!

  

外資の“ハゲタカ”に丸め込まれたことに憤慨した三葉銀行常務取締役の飯島亮介(小林薫)は、第2回目のバルクセールを自らが仕切ると、名乗り出る。

  

「三葉のためだけに働け」と強いる飯島に芝野は…?

  

一方鷲津は、バルクセールで手中に収めた債務者から怒号を浴びせられていた。

  

たまたまその場に居合わせた、『東京クラウンセンチュリーホテル』のフロントマネージャー・松平貴子(沢尻エリカ)は、その様子を目にし…。

>>>『U-NEXT』の31日間無料トライアルはこちら

最後までお読みいただきありがとうございました^^

◆最新のドラマ動画の見逃し視聴方法&ネタバレまとめページはこちら↓

>>> ドラマ動画の見逃し&ネタバレをまとめてチェック♪

※本ページの情報は2018年7月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

シェアする!!