白い巨塔の動画を1話から無料で見逃しフル視聴する方法!岡田准一・唐沢寿明

岡田准一が主演のドラマ『白い巨塔』の1話が放送されましたね!

 

この白い巨塔 1話の動画は無料で見逃し視聴できるの?と、気になって動画を探している人が多いようです。

 

このページでは全21話の超大作として放送された唐沢寿明が主演の、『白い巨塔』全話の動画を “無料で見逃し視聴できる” おススメの方法を紹介しています↓

 

>>>『FODプレミアム』の1ヶ月無料おためしはこちら

 

YouTube・Dailymotion・Pandoraなどの違法にアップロードされた動画じゃないので、高画質でCMもないし “1話~ まとめて” 視聴できます!

 
今後、岡田准一の『白い巨塔』の見逃し配信が確認でき次第、そちらも紹介します!

 

白い巨塔(岡田准一)の動画!1話の予告を紹介[PR]

ドラマ『白い巨塔(岡田准一)』1話の動画予告はこんな感じに!

白い巨塔の動画!全話を無料で見逃し視聴するおススメの方法

ではドラマ『白い巨塔』1話の動画を、無料で見逃し視聴できるおススメの方法を紹介します!

 

それは、白い巨塔の放送が終わるたびに毎回、見逃し配信をしてくれている公式のサービス『FODプレミアム』です!

  

『FODプレミアム』には”1ヶ月無料おためし”が付いててお得なので、

 
違法にアップロードされた動画を探さなくても安全に見逃し視聴できます!

 

>>>『FODプレミアム』の1ヶ月無料おためしはこちら

 

無料期間中に登録して、1ヶ月以内に解約することもできるので、その場合でもお金をかけずに、白い巨塔の動画はもちろん

  

『白い巨塔』以外の 現在放送中の最新ドラマ・映画・海外ドラマも、時間が許す限り好きなだけ見れてしまいます!

  

ただ、“1ヶ月無料おためし”はいつまでやっているのかわからないので、

 
白い巨塔を安全に無料で見たいなら早めに登録したほうが損しないです!

 

>>>『FODプレミアム』の1ヶ月無料おためしはこちら

 
FODプレミアムに登録したら検索窓から「白い巨塔」で検索してくださいね^^ すぐにみれますよ![PR]

白い巨塔(岡田准一)の動画!1話の予想は

 

40代 女性 :

白い巨塔の動画 1話の予想は、白い巨塔の面白いところは沢山ありすぎて、医療ミスがあってからの五郎の急激に落ちていく感じが

人間の上まで昇りつめたら落ちるしかないのだというのが神様が与えた試練かなと思います。

でも友人でありライバルであり相談相手の里見の存在が五郎の人生を左右していくのが凄いです。

偉くなるたくない里見と偉くなりたい財前の真反対にいながらでも一生懸命にアプローチは違うがお互いの医療の方針が違う。

この交差する二人の信念が観ていて対比があり面白いです。医者の奥さんの立場の違いで気を使って頑張る姿が印象的です。

でもそれを無理してするのが嫌な里見の奥さんの心の葛藤も凄く感じました。

 

50代 男性 :

白い巨塔の動画 1話の予想は、財前さんが教授を目指すためにどの様な戦略でのし上がって行くのか。愛人との関係はどの様に進展していくのか。

今回は唐沢さんバージョンとはまた違う展開になるかもしれないし、原作や前回と同じかもしれない。

正直予想はできません。だから楽しみにしているし、観る方は楽しみにしてほしい。上になるためには自分の能力や権力だけではダメ。

上司や同僚、部下の支えや信頼の構築によってなれるものと思っている。

なので、私は論理的な考え方と自身の能力だけでのし上がろうとして、失脚し、愛人からも愛想尽かされて堕ちていくのではないかと予想している。

 

50代 男性 :

白い巨塔の動画 1話の予想は、ドラマの監督は鶴橋康夫。映画「後妻業の女」「のみとり侍」などで有名な実力派の監督です。

パワフルでどこか一癖ある人間描写が特徴的な監督なので、今回はどのような財前五郎や東教授が描かれるのか楽しみです。

また、現代性も取り入れていくでしょうから、現在における権力争いとはなにか、いったところの深い話に期待をしたいと思います。

財前五郎が最後には、権力を手に入れながらも自らも病魔に襲われてしまうという展開は同じだと思いますが、

そこに今回はどんなアレンジがあるのか、また現代医療との関係性でどのように前の作品と変わっていくのか楽しみです。

 

>>>『FODプレミアム』の1ヶ月無料おためしはこちら

白い巨塔(岡田准一)の動画!1話の見所はどこ?

 

40代 女性 :

白い巨塔の動画 1話の見所は、この白い巨塔は本当に何度観たら気が済むのかというくらい夫婦で観ています。

二人とも医療関係者なので旦那さんもこのドラマだけは何度も見て、今の進んだ医療との違いも話ます。

でも基本は患者さんを助ける技術だけではなく、外科的治療と、内科的治療のアプローチの違いなど、そうなのかと勉強になります。

外科は華やかに技術が凄いですが、研究を地道にして病気を発見する里見の頑張りも素晴らしいです。

発表もしたりして里見と財前の目標としているところが違う所が観ていてわかりやすいです。

このドラマは演者さんが変わっても色あせることのない名作だと感じます。5夜連続楽しみにしています。

 

50代 男性 :

白い巨塔の動画 1話の見所は、財前さんの狙いや論理的な考え方を学べる良い機会ですし、

総合病院(医療組織)の現状がどの様なものなのかを知ることができるのを楽しみにしています。

患者の命を救うのが第一なはずなのに、ビジネス的な考え方しかできない医師が居る。反対に感情的で患者の命を第一に考える医師も居る。

それぞれの医師の考え方がぶつかる。反対の意見を胸に抱えながらも上層部の指示に従わないといけない縦社会の辛さ。

病院だけに接点を置かずに自身の勤めている会社に置き換えて観るとより臨場感が味わえるのではないかと思います。

本日から5夜連続、非常に見応えがあると思います。

 

50代 男性 :

白い巨塔の動画 1話の見所は、今回、財前五郎を演じるのはV6の岡田准一、財前の同期の第1内科・准教授の里見脩二役には

松山ケンイチ、第1外科・教授で財前の師である東貞蔵役には寺尾聰が演じます。

2003年のドラマでは東貞蔵役は石坂浩二が演じており、その権力争いに敗れ苦しんでいくさまの壮絶な演技は話題になりました。

それに対して今回の寺尾聰がどんな演技を見せてくれるのかかは見どころの最大ポイント。

その他にも沢尻エリカや松重豊、岸部一徳、小林薫、夏帆、市毛良枝、高島礼子、満島慎之介、八嶋智人、

椎名桔平、柳葉敏郎などなど豪華出演陣がどんな演技をみせてくれるのか楽しみです。

 

 
◆最新のドラマ動画の見逃し視聴方法&ネタバレまとめページはこちら↓

>>> ドラマ動画の見逃し&ネタバレをまとめてチェック♪

白い巨塔(岡田准一)の動画!1話までの感想

 

40代 女性 :

白い巨塔の動画 1話までの感想は、白い巨塔の物語自体が素晴らしく財前五郎の人生が大学教授になる前の

必死せやなったあとの五郎のどのように変化していくかが愛人の存在と正式な妻との女の闘いがすごい迫力です。

私は原作者の方の情報をしっかり収集されていて病院内の様子や病院の仕事をしていたためこの医療ものが大好きです。

五郎の妻と義理のお父さんの希望にこたえようと頑張っているところもあるが、やはり五郎の自分への母への偉くなったのを見て欲しいという気持ちがあるのだと感じます。

お母さんは五郎の行く末を心配しながら電話の時はいつも偉くならなくていいと五郎を気つかう所など五郎の苦労したから必ず成功して教授になるという気持ちが強くなるのだと思います。

 

50代 男性 :

白い巨塔の動画 1話までの感想は、白い巨塔は田宮さん時代から知っています。医療現場(総合病院)の組織の現状。

ガチガチの縦社会の中で財前さんや里見さんが奮闘していく姿がどのシリーズでも一番印象に残っています。

今回の岡田さんバージョンでも医療組織というところで、色んな戦略を立てて挑んで行く姿を楽しみにしています。

やはり財前さんの手術さばきも見逃せないですね。今回は岡田さんのアドリブも入っているらしいので、岡田さんが財前さんをどう演じているのかかなり楽しみにしています。

教授との駆け引き、里見さんとの連携、愛人との関係、見どころ満載だと確信しています。

 

50代 男性 :

白い巨塔の動画 1話までの感想は、本日5月22日(水)より5夜連続テレビ朝日系列で放送される「白い巨塔」。

言わずと知れた山崎豊子原作の不朽の名作です。

何度もドラマ化、映画化されており、1966年に後悔された山本薩夫監督で主人公、財前五郎を田宮二郎が演じたものが有名。

2003年にはフジテレビ系の連続ドラマとして唐沢寿明が主演したものがあります。

大病院を舞台にした権力争いを軸にしたストーリーはなかなか強烈で、

本当にこんなことが大学病院では起こっているのか、そんな大げさなものはないだろう、でもありそうな気もする。

人間ってなんと醜いものなのだろうと考えさせられつつも、何か人間の良い部分も表現されているストーリーだと思います。

 

>>>『FODプレミアム』の1ヶ月無料おためしはこちら

白い巨塔(岡田准一)の動画!1話【ネタバレ】← 紹介

 

ここからがドラマ『白い巨塔』1話のネタバレになります!

  

浪速大学名誉教授・滝村の喜寿を祝う会にぞくぞくと集まる各界の著名人たち。

 

財前五郎は会場入口にいる、上司の東教授と鵜飼教授に滝村がごねていることを伝える。

 

財前は東と鵜飼を連れて滝村の控室へ。

 

東は全国からの著名人が集まっているというが、滝村はますますすねて、会を中止しろと激怒。

 

それを聞いていた財前は、主賓である自分(滝村)に誰一人気が付かなかったことが気に入らないのですか?と訪ねる。

  

財前は東の指示を受け、この会の幹事を務めていると答える。

 

滝村は財前に『どうして医者になった?』と聞く。黙る財前に会場の様子をみせ、今では医者はここにきている関係者の利権でしかないと嘆く。

 

滝村は自分の祝いを、彼らの営業活動の出汁に使われることが気にくわないのだ。

 

会を中止するといいはる滝村に財前は、自分は患者のために外科医になった。『浪速大学の名誉教授ともあろうお方が、、何をいまさら…』
 

この言葉でやる気を取り戻す滝村。

 

そして会場で演説をする滝村。

  

AIの目覚まし発展をえて、10年後には自分たち医師はAIによって必要がなくなるという。

 
しかし、人間を治すのは、やはり人間である医師だと信じているという。

 

これを聞いていた財前の拍手に合わせ、会場中から拍手喝采がおきる。
 

演説後、満足そうに来賓と話す滝村。

 

それを見て、鵜飼と東が財前の元へ。財前は滝村に認知症の症状があると話す。

 

そこに第一外科 講師の金井が駆け込んできて、東のスぺ患である近畿新聞会長・山田の容態が急変したという。

 

東がすぐにオペに向かおうとすると、金井は山田の家族が財前を指名しているという。

 

財前は東を差し置いて自分が執刀するわけには…というが、東は財前にすぐに執刀するように指示を出し、財前が病院へ向かう。

   
財前は山田のオペを開始。

 

手際よく進める。そこに鵜飼と東もモニター室に駆け付ける。

 

財前のオペをみて、任せて正解でしたねと笑う鵜飼に、東は表情を曇らせる。

 

手術を終え、モニター室にいる東と目を合わせる財前。

  

別の日、歩いて病院に向かう財前。そこに車で到着する東。
 

後ろからやってきたの財前と動機で第一内科准教授の里見。
 

里見が患者のことで相談しようとすると、財前は忙しいといって話を聞かずに行ってしまう。

 

病院に着いた財前は後輩たちからアドバイスを求められるが、授業があるからと言って行ってしまう。

 

授業中、3日前に財前のオペを受けた山田がやってきて、財前のオペの凄さを語る。
 

その夜。山田の秘書が財前の元を訪れ、お礼とともに札束を置いていく。

   

翌日、第一外科・東教授の総回診。一般患者には2~3分の回診をすませ、山田の病室へ。

 

東が山田に話しかけるが、山田は財前のおかげで命拾いしたと、財前に礼を言う。

 

東は面白くなさそうな顔で先に出て行く。

  

そして廊下で、東は財前の最近の行動が気にくわないと部下たちの前で注意する。

 

東『山田さんから何か頂いたのかね?』

 

財前『ワインを・・・。どうしてもと…』

 

東『さぞ高級なワインなんだろうね!』といって行ってしまう。

  

その頃、鵜飼は自分の部屋で今後建設予定で全国一の最新医療施設の模型の上に自分の人形を乗せる。
 

そこに東がやってきて、この医療施設が完成する頃には東がいなことをわざとらしく嘆く。

 

鵜飼は東退官後の天下り先のことを話し、前祝いに奥さんと子供を呼んで食事をしてはと話。

   

その後、東は財前を呼び出し。様々な仕事で忙しくしている財前に、半年後に消える自分の話など聞きたくはないかと嘆く。

 

そして自分の後任となる教授推薦の話をエサに、地方に左遷される医者の名前をだし
 

『一歩間違えれば、君だって小田君と同じ道をだどっていたのかもしれない…』と肩を叩く。

 

財前は深々と頭を下げて部屋を出て行く。そこから病院の屋上に駆け上がり、周りの景色を見渡す。

  

携帯を取り出し、母親のキヌへ電話をかける。財前からの仕送りに喜ぶ母の言葉で、いつもは見せない無邪気な笑顔で話す財前。

 

若き日の財前。義父となる財前又一に料亭に呼ばれ、行く行くは浪速大学の教授を目指して欲しいと言われる。

 

又一は自分の財力や政治力を使って、財前を教授にしてやると宣言!又一は勝手に母親とも話を付けているといい、金と共に頭を下げる。

 

そして娘の杏子を呼ぶ。杏子を見た財前は、無言で酒を飲む。
  

ふたたび屋上の財前。電話で店に行く時間を遅らせてくれと話している。

  

その夜。バー『ラディゲ』のママで愛人のケイ子の部屋に行き、入るなりキス。

 
ケイ子は財前の懐事情もしっていて、もしも教授になれなかった場合、今までのように優雅にわいかないのでは?といたいところを付いてくる。

 

そして財前の膝の上にまたがり、そのままベッドへ。

   

翌日。里見は鵜飼の所に行き、鵜飼が診断した患者が誤診ではないかと聞く。間違いないと言い張る鵜飼に苦笑いの里見。

 
自宅に帰った里見。
 

嫁から息子が風邪っぽいときき、直ぐに診察。元気そうな息子をみて、里見は仕事の電話があると言って部屋を出る。

 

電話の相手は鵜飼で、鵜飼は東家族と食事をしている。

 

里見は一度聞いた患者のことを訪ね、鵜飼は不機嫌になって自分の好きなようにしろと言って電話を切る。
 

席に戻った鵜飼は里見にイライラを募らせ、財前を部下に持つ東が羨ましいと愚痴る。

 

しかし東は財前のことをよく思っていない。鵜飼は他の病院から候補を探してみては?といい。

 

その様子を見ていた東の娘・枝子は浮かない表情。

 

財前と里見は若い時、東の自宅で教えをこい、色々教えてもらっていた。
  

この日も財前は病院の屋上から景色を眺めていた。そこに里見がやってくる。

 

ここは財前にとって秘密の場所であり、憩いの場所。

 

風景を見ながら財前は『ここからの風景、残酷だなって思うんだ…』

 

財前が小学校の時、父親が交通事故で病院に運ばれた時、すでに助かる見込みはないと言われ、母と共に呆然としていたちいい

 

生きるものと死にゆくもの、それをすべて見ている。と語り、里見の用事を訪ねる。

 

里見は気になっていた患者のカルテをみせ、財前は即座に症状を言い当てる。

 

オペを頼めるかという里見に、財前はこのオペを出来るのは俺以外いないと快諾するが、、誤診をしたのが鵜飼だときいて表情を曇らせる。

  

そして突然、この話はなかったことにして逃げていく。必死で追いかける里見。

 

里見は必死でオペを頼むが、教授選を控えた財前にとって鵜飼のたてつくような真似をするのは絶対に避けたい。

 

そこに里見が話した患者・小西がやってくる。

 

財前はすぐに自分の部屋へ逃げかえる。そこに山田の紹介できた藤島が現れる。

   

その頃、東家では、新聞にでかでかと取り上げられた財前の記事をみて東の嫁・政子も財前に憤慨。
 

東は財前を呼び出し、新聞記事のことで説教。そこに鵜飼からの電話が入り、財前は部屋を後にする。

 

そしてケイ子のバーに鵜飼と東が飲みにやってくる。2人の話は財前を後任にするかしないかの相談。

 

それを聞いていたケイ子は、プールで泳ぐ財前に、このことを報告。財前は焦る。

   

その後、鵜飼が自宅に帰ると、大好きな絵画が又一から届く。

 

翌日、鵜飼は財前を呼び出し、あんな高級な絵画を受け取れるわけがないという。

 

財前は又一から、名刺代わりに送っておけと言われたと話す。鵜飼はひとまず預かっておくという。

 

財前は去り際『義父の又一はこうも申していました。次の学長には、鵜飼先生しかいない。学長選の折には、是非応援したいと…』

   

このことを又一に報告する財前。又一は嬉しそうにたから笑い。

  

そこに大阪中央医師会会長の岩田と大阪市議会議員の鍋島がやってくる。

 

岩田は鵜飼と大学の頃からのなかで、今でもゴルフに行くという。鍋島は病院への予算配分を根回しをできる立場だという。

 

又一と2人はツーカーの間柄で、この3人がいて教授にできない訳がないと笑う3人。
 

財前は運ばれてきた酒をとり、岩田、鍋島と酒をつぎ4人で乾杯。

  

別の日。里見が図書館に医学書を返却にいくと、受付にいたのは東の娘・枝子。枝子は里見をコーヒーに誘う。

 

枝子は家にもまた遊びに来て欲しいという。そこを回診途中の財前が通りかかり。

 

枝子に聞かせえるように、やっぱり小西の手術をやらせて欲しいと言い出す。

   

財前がいったあと、枝子は里見先生は変わらないでくださいねといい、父も財前も本当の医学者じゃないのでは?と話す。
 

その後、里見と小西の元に財前が行き、里見は小西に手術の説明をしようとするが、財前は単刀直入に胃癌とは別の腫瘍があると告げて出て行ってしまう。

 

これに激しく動揺する小西。

 

財前は部下に東の今日の予定を聞き、その学会の会場に向かう。

  

 
--- 以上、白い巨塔 1話のネタバレでした~! ---

  
白い巨塔 1話を見逃した人は、

無料期間中に1話から見逃し視聴できる『FODプレミアム』がおススメです!

 
>>>『FODプレミアム』の1ヶ月無料おためしはこちら

 
いつまで “1ヶ月間の無料おためし” があるのか分からないので、見たいかたはお早めに~^^♪

 
これで連休中の暇つぶしはバッチリです(笑)

 

白い巨塔(岡田准一)の動画!1話の感想まとめ

 

白い巨塔 1話の感想は、

 
>>>『FODプレミアム』の1ヶ月無料おためしはこちら

 

白い巨塔(岡田准一)の動画!1話のあらすじを最後に

 

ドラマ『白い巨塔』1話のあらすじを簡単に紹介します~!

腹腔鏡手術のスペシャリストとして医学界に名を馳せる、浪速大学医学部第一外科・准教授の財前五郎(岡田准一)。

 

逞しい体と精悍な顔つきに加え気さくな人柄は、付属大学の学生や医局員たちに慕われ、浪速大学のスター准教授として君臨していた。

 

 ある夜、浪速大学・滝村名誉教授(小林稔侍)の喜寿を祝うパーティの最中、“スペ患”である近畿新聞会長・山田音市(本田博太郎)の容態が急変。

 

膵がんを患う山田は、執刀医に財前を指名する。本来、山田は第一外科・東貞蔵教授(寺尾聰)の“スペ患”。

 

上司である東を差し置いて自分が執刀するわけには…と躊躇いを見せる財前だったが、心の中では期せずして舞い込んだチャンスにほくそ笑んでいた。

 

 手術は無事成功し、財前には山田から高級ワインと数百万の現金が贈られる。

 

財前によって自分の“スペ患”が救われたことに、表面上では平静を装いながらも、東はその事実を苦々しく受け止めているのだった…。

 

 そんな中、浪速大学医学部では東の退官に伴う教授選挙が近づいていた。

 

「君を次期教授に推薦しようと思う」――そう、恩着せがましく財前に囁く東だったが、その実、腹の内では財前ではない人物を、と考え始めていた。

 

 その矢先、同期である第一内科・准教授の里見脩二(松山ケンイチ)から胃がん再発患者のカルテを見せられる。

 

財前の診断では、原発巣は胃ではなく膵臓。

 

再発は誤診断である、と指摘するが、その診断を下したのが、浪速大学医学部長の鵜飼裕次(松重豊)だとわかった途端、翻意する!

 

教授選に備え、上層部に楯突くようなことは避けようとする財前を非難する里見だったが…?

 

 やがて、東が財前以外の人物を教授選候補に擁立することが判明。

 

財前は、義父である財前又一(小林薫)の財力と政治力を最大限に活かし、浪速大学医学部第一外科教授という悲願に向けてさまざまな工作を開始する。

 

 欲望が渦巻く教授選は、思いもよらぬ展開へ…。そしてその後も、過酷な運命が財前を翻弄していくことになる!

白い巨塔 公式サイト引用

 

>>>『FODプレミアム』の1ヶ月無料おためしはこちら

 
最後までお読みいただきありがとうございました^^

 
◆最新のドラマ動画の見逃し視聴方法&ネタバレまとめページはこちら↓

>>> ドラマ動画の見逃し&ネタバレをまとめてチェック♪

 

 
※本ページの情報は2019年5月時点のものです。最新の配信状況はFODサイトにてご確認ください。[PR]

タイトルとURLをコピーしました