モンテクリスト伯 ドラマの動画!1話を無料でフル見逃し視聴する方法

シェアする!!

ドラマ『モンテクリスト伯』の1話が放送されましたね!

このモンテクリスト伯 1話の動画は無料で見逃し視聴できるの?と、気になって動画を探している人が多いようです。

ディーン・フジオカ主演のドラマ『モンテクリスト伯ー華麗なる復讐ー』を1話からさっそく見逃してしまったーー!!なんて人も多いと思います。


なのでこのページでは安心してモンテクリスト伯 1話の動画を無料で見逃し視聴できる方法&ネタバレも紹介しています!

YouTube・Dailymotion・Pandoraなどの違法にアップロードされた動画じゃないので、高画質でCMもないし心置きなく視聴できますよ↓


>>>『FODプレミアム』の31日間無料おためしはこちら

モンテクリスト伯 ドラマの動画!1話の予告を紹介[PR]

ドラマ『モンテクリスト伯』1話の動画予告はこんな感じに!

モンテクリスト伯 ドラマの動画!1話を無料で見逃し視聴するおススメの方法

ではモンテクリスト伯 1話の動画を、無料で見逃し視聴できるおススメの方法を紹介します!

それは、モンテクリスト伯の放送が終わるたびに毎回、見逃し配信をしてくれている公式のサービス『FODプレミアム』です!

『FODプレミアム』には”31日間無料おためし”が付いててお得なので、

YouTube・Dailymotion・Pandoraなどの違法にアップロードされた動画を探さなくても安全に見逃し視聴できます!


>>>『FODプレミアム』の31日間無料おためしはこちら

そして、完全に無料で見るためにはここからが大事なんです!

無料期間中に登録して、31日以内に解約することもできるので、その場合はお金を一切かけずに、モンテクリスト伯の動画はもちろん

『モンテクリスト伯』以外の現在放送中の最新ドラマ・映画・海外ドラマも、時間が許す限り好きなだけ見れてしまいます!

ただ、「Yahoo! JAPAN ID」を利用した”31日間無料おためし”は6月末に終了なので、

モンテクリスト伯を安全に無料で見たいなら早めに登録したほうが損しないです!


>>>『FODプレミアム』の31日間無料おためしはこちら

※FODプレミアムに登録したら検索窓から「モンテクリスト伯」で検索してくださいね^^すぐにみれますよ![PR]

モンテクリスト伯 ドラマの動画!1話【ネタバレ】← 紹介

ここからが『モンテクリスト伯』1話のネタバレになります!

  

自転車で家を飛び出す目黒すみれ。港で寝ている柴門暖を起こそうとすると、釣り竿に貝殻の指輪が。

暖はそのまますみれにプロポーズ。周りからは港中の人たちが二人を祝福。この様子は動画に

  

2003年 春。

暖の親友・南条幸男と話すすみれ。

  

幸男『大丈夫だって、気と帰ってくるよ』すみれはカレーを作ると言って後ろを向き泣く。

暖は二週間前、遠洋漁船『海進丸』が遭難し、行方不明のままに。

海進丸の会社・守尾漁業では、社長の守尾英一朗の元には、漁協の組合長、遠藤勝也が捜索には税金がかかっているとクレームが入ったという。

そして、船長のバラジがテレ組織ククメットのメンバーではないかと疑われているという。しかし守尾はバラジを信じているという。

そして船には暖がいるという守尾

海進丸の遭難から無事に帰る柴門暖

一方、暖の母親の恵に、海進丸が見つかったとの知らせが入り、港に海進丸が戻ってくる。

港にはたくさんの人たちが集まり、乗組員たちが次々に降りてくる。船長のバラジは亡くなっている。

最後に降りてきた暖。

暖『船長を救えませんでした。社長。バラジさん、嵐んとき、頭うって・・・』

神楽は恵とすみれの元にいけという。
  

暖は車イスの恵みに抱き着き『ごめんな、心配かけた』と謝る

暖『すみれ、ただいま』抱き合う二人。

そこに刑事の入間公平がきてバラジの遺体を調べている。

暖が何をしてる?と声を掛けると帰っていく入間。

ネズミが這う牢屋の中に男が寝そべり、歌を歌っている。

海進丸の船内を調べる守尾と神楽。

  

船から出てきた神楽は、エンジンを修理したのはだれかと守尾にたずねると、暖だという。

守尾『航海日誌に書いてあった。バラジが亡くなった後は暖が船長として指揮をとったみたいだな。

嵐でエンジンがやられて、通信機もGPSも死んだらしい』

神楽『それでどうやってここまで?』

守尾『星を見て計測したんだよ。みてみるかこれ、暖がかいた航路だ。あいつやるよな~』

  

その頃、暖は病室で幸男と、寸劇を演じる。売れない役者の幸男の練習相手をしてた。

翌日オーディションがあるという幸男をすみれの店に誘うが

幸男は『気が早いって。じゃ、東京戻るはもうちょっと稽古しないと。今日は二人でゆっくりしてくれよ』

暖『幸男、ごめんな。芝居の練習相手になんなくて』

幸男『無事でよかったよ本当に』といって病室を出ていく。そこに神楽がきて、ジュースを貰って帰っていく。

神楽が病室に入ると、浮かない表情の幸男。

その後、会社に帰った神楽。

すると守尾の部屋から刑事の入間が出てきて帰っていく。
  

バラジがテレ組織のメンバーではないかと疑われていたため、調べているという。

守尾『たく、何にも出てくるわけないのによ、船長室とロッカー調べられた。まだ葬式も出せてないって言うのにさ。神楽ちょっと時間あるか?ちょっと』

暖が海進丸の船長に

別の日、退院した暖が海進丸にやってくる。神楽がいて、暖は掃除すると話しかける『もう次の航海の準備っすか?』

神楽『いや、別れをさ、見に来たのよ、こいつには世話になったからな・・・』

暖『まさか廃船すか?海進丸』

神楽『ちげーよ!おれが船を降りるんだよ』

暖『え?どうして?』

神楽『お前だよ暖、社長からのご指名だ、次の船長お前だって』

暖『無理っすよ、船長は・・・』

神楽『いや、俺もお前がいいと思う。こいつ見て思ったんだわ。お前よくこんな状態で戻ってこれたな、すげえよ』

暖『やっぱでも、船長は神兄っしょ!』

神楽『いや、俺はさ、事務方に回るよ、社長の右腕になって、会社支えてくれっていわれたから、お前が海に出て魚採って

俺が丘に残って取引先バリバリ広げる。な、チームプレイっしょ!時代は!』

  

暖は無言で掃除をする

神楽『おい!なんか言えよ!海進丸頼んだぞ!暖』

暖『はい!おれ、死ぬ気で頑張りますから』

神楽『ばか、お前はバラジさんの分まで生きなきゃダメだろう!

暖『そうっすね!・・・あっ、神兄、渋谷っていったことありますか?あの、バラジさんに頼まれたことがあって』

暖はバラジから預かった手紙を神楽に渡す。

  

暖『無くなる時、必ず届けてくれって頼まれて』

神楽『渋谷ね~どうすんのこれ?』

暖『明日届けてきますよ、約束したんで』

神楽と幸男の暖への妬み

その頃、東京のお台場でオーディションを受ける幸男。そして神楽は、地上げ屋の寺門と飲んでいる。

寺門『暖のやろう戻ってきたから面白くねえんだろう』

神楽『マジでぶっ飛ばしますよ!地上げ屋と一緒にしないでください』

寺門『おれ知ってんだよ、お前が暖に嫉妬してるって。奴が転校してくるまでお前がこの街のヒーローだったもんな

すると向かいのホームに幸男が。

神楽『おい幸男!飲もうぜ!』

幸男『でも俺、すみれのとこ行かないと』

神楽『え?まだ早いだろう!一杯くらい付き合えよ!』

寺門『付き合えよ!大根!

  

一方、すみれは、テレビの取材を受ける暖を見て笑う。

その様子は神楽たちがいる居酒屋のテレビにも映っていて、寺門『どいつもこいつも暖ちゃん暖ちゃん、うるせえよ!』

幸男『この街のヒーローすね』

寺門『なに言ってんだ女寝取られたくせによ!』

すると幸男が怒って『俺とすみれはそんなんじゃないですから』

寺門『何だお前その態度、俺先輩だよ、この大根サラダが!』

神楽『でもさ、一つ、暖のことで心配なことがあんだよな…。バラジさんがククミットのメンバーじゃないかって疑われてんの知ってた』

それを聞いて表情が曇る幸男。

暖とすみれのキス

その頃、暖は瓶ビールとジョッキを2つ持って砂浜へ。あとからすみれが付いてくる。

  

夜空を見上げ、すみれ『嫌いだったな~満点の星って奴。転校生には綺麗に見えるかもしれないけど、私には、都会のネオンの方がずっと綺麗に見える。

だって、生まれた時から空には星うじゃうじゃだから。でもね、暖に誘って欲しくて、星が好きな振りしてた。そしたら、なんか好きになってたな~』

暖『お前、めっちゃ可愛いな!』 すみれ『だろ!』2人で笑いながらビールを飲む

  

暖『俺、もうダメだと思った…。エンジンも通信機器も壊れて、夜通し出直してもうんともすんとも言わなくて、漂流から1週間たって、バラジさんが死んだ…


水もねえし、雨も降んねえし、もうどうしたらいいのかわかんなくなってさ、みんなが寝た後、1人で甲板に出て仰向けになってさ

もうこれ、すみれと一緒に見れないんだな~って思って俺、諦めてた。ごめんな・・・』

  

すみれ『愛は勝つんだよ。どこにいても暖を思い出すから』

暖がすみれにキス。

  

すみれ『店、戻らないと…』

暖『だな。うっし、せいの』と起き上がろうとすると、すみれから暖にキス。

そんな二人を、幸男がみて、悲しそうな表情を浮かべる。そして帰っていく。

  

一方、路地裏で、寺門が借金取りからボコボコに。

『待って下さい!いいネタ、仕入れてるんで…』

そして神楽は、海進丸の中で酔っ払いながら船を操縦する真似事。幸男は駅のホームで電車を待つ。

そこにオーディション落選のメールが送られてくる。

バラジの手紙の内容

次の日。暖の実家で恵の結婚式の衣装選びをする暖とすみれ。

暖は渋谷に言ってくるという。靴を履こうとしていると、刑事の入間が訪ねてくる。

家の中で話をする二人。

  

暖『ククメット?俺がうんなわけないでしょう!なんでおれが疑われなきゃいけないんですか?』

入間『バラジさんが、寄港先でククメットのメンバーと接触していたと情報がありまして、帰国したのち、事情聴取をするつもりでした』

暖『それは問題なかったっていってたじゃないですか

入間『ええ、我々もそのつもりでした、ですが匿名の電話がありまして。柴門さんがククメットのメンバーの可能性があると。

もちろんうのみにはしていません。ただ、あなたは航海中に、ククメットから手紙を預かったとか…心当たりあるようですね』

  

暖『いや、バラジさんから預かったというだけです』

入間『彼が手紙を託したということですか?中身は確認しましたか?』

暖『いえ…』

入間『今お持ちですか?確認して頂いてもよろしいですか?これは、大勢の人の命に係わる大事なことなのです。ご協力お願いします』

暖『わかりました…』暖はしぶしぶ手紙を確認するが、英語で書いてあるからわからないといってしまおうとするが

入間が見せて欲しいといって受け取る。入間は手紙を確認し『バラジさんはこれをどうしろと?』

暖『えっと~渋谷の、何とかって会社に届けろって』そういって住所が書かれた紙を差し出す。

すると入間の表情が曇る。

  

暖が手紙にはなんと書かれていたのかと訪ねると、入間は『申し訳ありませんが、これは機密事項のためお答えすることが出来ないんです。この手紙は証拠品として警察でお預かりしてもよろしいですか?』

  

暖『いや、困りますよ。だって俺、必ず届けるって・・・』

  

入間『柴門さん、これはあなたが思っている以上に危険な手紙です。これを持ってるだけで、あなたや、あなたのご家族に危険が及ぶかもしれない。

あなたにご迷惑をかけないことはお約束します。どうか、私のことを信じていただけませんか』

暖『分かりました…』

入間『それと、このことは決して口外しないで頂けますか?あなたとご家族の安全を守るためです』

暖『ええ、そりゃあ、もちろんですよ…』

入間と貞吉

家をでた入間に電話が『外務省ルートを使ってラデル共和国から人質交換の提案があったそうです』

入間『条件は?』

電話『バラジが持っていた手紙は日本の誰に渡されるはずだったのか?その人間を差し出せば、あちらに拘束されている外務省の人間と交換する用意があると…』

入間『官邸は?』

電話『既に大使館に村上補佐官が入って交渉中だそうです。柴門暖の方はどうでした?終わりましたか?

すみれが何だったのかと暖にたずねると、海の事故の事、と誤魔化す。

  

その後、入間は渋谷のオフィスに。

入間『あなたは、ラデル共和国のテロ組織・ククメンとに多額の試験援助をしていますね?ここに500万ドルの更なる援助を求める内容が記されています。貞吉さん。

世界的な投資家として知られるあなたが、なぜテロ組織に資金援助などしたのですか?』

  

貞吉『ククメットは、クーデターによって、首都から追い出された。州政府の要人たちの集まりで、テロリストなどではありません。

この国に真の繁栄をもたらすことが出来るのは、彼らです』

  

入間『各国政府がククメットをテレ組織として認定しているんです。ラデル共和国から日本政府に連絡がありました。

手紙の受取人と、あちらに拘束されている日本人を交換する用意があると。政府も前向きに動いています』

貞吉『とらわれているのはたしか、外務省の人間だったはずだ。当然の判断ですね』

入間『あなたを引き渡さなくてはなりません』

貞吉『覚悟はできています。正義の名のもとに、私を逮捕するか。大義の名のもとに、己を守る道hを切り開くか、どちらか選べ、公平』

入間『俺の名前を着やすく呼ぶな。あんたとはとっくの昔に縁を切ってる。あんたみたいな父親を持つ俺が、今の地位に上り詰めつるまで、どれだけ大変だったか…』

貞吉『神様がお前に、その手紙を見つけさせてくれたのかもしれないな…』

貞吉は手錠をかけるように、両腕を差し出す。

暖とすみれの結婚式

一方、暖は、袴に着替え、新婦控室まですみれをまっていた。ウエディングドレス姿のすみれを見た暖は、大喜びで万歳!

式中、トイレが我慢できずに席を立つ暖。

会場では、暖がすみれにプロポーズした時の動画が流れる。

すると暖の元に逮捕状を持った警察がやってきて、暖は連行されてしまう。

幸男が会場から出てきて、何も知らずに止めようするが、警察だと知ってとまる。

  

その頃、入間は、貞吉のオフィスで、暖から預かった手紙を燃やしてしまう。

貞吉『礼を言った方がいいかな?』入間は無言で立ち去る。

式場では、何も知らないすみれたちが楽しそうに歌っている。暖『何かの間違いだ!すみれに伝えてくれ!幸男!頼む!』

幸男がすみれに伝え、すみれは外に出るが、暖はパトカーに無理矢理押し込められ、連行される。


パトカーを走って追いかけるすみれ

その様子をボーっと見つめる神楽。

  

取調室に入る入間。『申し訳ありません。どうも部下が勇み足を無んだようです。いま、柴門さんを釈放するために植えにか会ってるところですので、もう少し辛抱してください』

暖『おい、結婚式だぞ!』

そう言って入間は、手袋を付け、暖から預かった手紙をもう一度確認して欲しいと渡す。


手紙にふれ、英語は読めないと突き返す暖。

入間『もうこれで大丈夫です。これで無実は証明されますので…』しかし手紙の名前の部分は、貞吉から柴門暖に書き換えられている。

入間は部屋を出て部下に指示。もう釈放だと思い安心する暖だが・・・その後、外国人に拷問を受ける暖。

ラデル共和国の刑務所

一方、すみれと幸男は、大使館前で嘆願書を出すため抗議している。その様子を入間が見て車で去っていく。

すみれはネットで『ラデル共和国 刑務所』を検索・・・

暖の意場所はラデル共和国の刑務所。すみれはラデル共和国のビザを申請するが、却下される。

暖の実家はテロリストの家と嫌がらせを受け、窓ガラスを割られる。恵は精神的にやみ、寝込む。

  

すみれや社長の守尾は不法逮捕の署名運動をするが効果はない。神楽は退職届をだす。

幸男は役者になるため、稽古に励む。

入間は暖を逮捕したことで表彰される。

  

暖は何も知らないとわかり、拷問から解放されるが、死ぬまで独房の中に閉じ込められることに…

すみれは、暖と一緒に見た場所で空を見上げながら泣く。

  

2011年。独房の中で力なく「愛はかつ」を歌う暖。独房の下から、石を割ってでてきた老人。

2017年・秋 モスク姿のすみれ・幸男・神楽


--- 以上、モンテクリスト伯 1話のネタバレでした~! ---

  
モンテクリスト伯 1話を見逃した人は、

無料期間中に1話から見逃し視聴できる『FODプレミアム』がおススメです!


>>>『FODプレミアム』の31日間無料おためしはこちら


いつまで“31日間の無料おためし”があるのか分からないので、見たいかたはお早めに~^^♪

これで連休の暇つぶしはバッチリです(笑)

モンテクリスト伯 ドラマの動画!1話の感想まとめ

モンテクリスト伯 1話の感想は、ディーン・フジオカと山本美月のキスシーンはかなりの話題になりそうなシーンでしたね!


遠洋漁業で遭難した船の船長・バラジに手紙を託されたことで、最終的は入間にはめられ、ラデル共和国の刑務所に収監された暖。

激しい拷問を受け死にかけていたのですが、独房の床から出てきた老人のおかげで脱走するという展開になるようです。

  

そして自分をはめた入間はじめ、神楽・寺門・幸男あたりに復讐をしていく感じでしょうか?

まだ1話目と言うこともあって展開が余り読めないですが、次回から一気に話が進んで行きそうで楽しみです!


>>>『FODプレミアム』の31日間無料おためしはこちら

モンテクリスト伯 ドラマの動画!1話のあらすじを最後に

『モンテクリスト伯』1話のあらすじを簡単に紹介します~!

2003年春。小さな漁師町で漁業を営む柴門暖(ディーン・フジオカ)は同じ町で喫茶店『シンドバッド』を経営する目黒すみれ(山本美月)にプロポーズ。


想いは受け入れられ、2人は結婚式に向けて幸せの絶頂にいた。しかし、その矢先、暖の乗る遠洋漁船『海進丸』が遭難してしまう。

  

暖の後輩、南条幸男(大倉忠義)は心配して『シンドバッド』へ。すみれは暖の帰還を信じ、努めて明るく振舞っている。

  

『海進丸』が所属する守尾漁業でも社長の守尾英一朗(木下ほうか)、船員だが今回の航海には怪我で出られなかった神楽清(新井浩文)たちが憔悴しながらも暖たちの無事を願う。

  

そんな守尾の事務所を漁協の組合長、遠藤勝也(仁科貴)が訪ねて来る。遠藤はもう2週間にも及ぶ遭難で捜索費がかさんでいることを守尾に告げた。

  

守尾は船長のバラジ・イスワラン(ベヘナム)が優秀なので、みんな生きて帰ると譲らない。だが、遠藤はバラジを不安に思っている。

  

バラジはテロ組織のメンバーではないかと疑われていたからだ。それでも、守尾は船員たちを信じていた。

  

暖の実家では、母親の恵(風吹ジュン)が地上げ屋の寺角類(渋川清彦)と対峙していた。と、そこに『海進丸』帰港の連絡が入る。

  

迎えに来たすみれと港に急ぐ恵。船員たちが上陸する中、暖も怪我はしたが生還を果たす。亡くなったのは船長のバラジだけ。


すると、バラジの遺体を調べる男たちが…刑事の入間公平(高橋克典)の姿もあった。

>>>『FODプレミアム』の31日間無料おためしはこちら


最後までお読みいただきありがとうございました^^


◆最新のドラマ動画の見逃し視聴方法&ネタバレまとめページはこちら↓

>>> ドラマ動画の見逃し&ネタバレをまとめてチェック♪

※本ページの情報は2018年4月時点のものです。最新の配信状況はFODサイトにてご確認ください。[PR]

シェアする!!