モンテクリスト伯の動画!7話を無料でフル見逃し視聴する方法

シェアする!!

ドラマ『モンテクリスト伯』の7話が放送されましたね!

このモンテクリスト伯 7話の動画は無料で見逃し視聴できるの?と、気になって動画を探している人が多いようです。


ディーン・フジオカが見せる冷酷な表情も魅力のドラマ『モンテクリスト伯』を7話でついに限って見逃してしまったーー!!なんて人も多いと思います。


なのでこのページでは安心してモンテクリスト伯 7話の動画を無料で見逃し視聴できる方法&ネタバレも紹介しています!


YouTube・Dailymotion・Pandoraなどの違法にアップロードされた動画じゃないので、高画質でCMもないし心置きなく視聴できますよ↓


>>>『FODプレミアム』の31日間無料おためしはこちら

モンテクリスト伯の動画!7話の予告を紹介[PR]

ドラマ『モンテクリスト伯』7話の動画予告はこんな感じに!寺門への復讐を遂げた真海の次の標的は南条幸男。幸男の元にダニー・ウォンが現れ、すみれと明日花を人質にとります。

真海の中にすみれはもういないのでしょうか??

モンテクリスト伯の動画!7話を無料で見逃し視聴するおススメの方法

ではドラマ『モンテクリスト伯』7話の動画を、無料で見逃し視聴できるおススメの方法を紹介します!

それは、モンテクリスト伯の放送が終わるたびに毎回、見逃し配信をしてくれている公式のサービス『FODプレミアム』です!

『FODプレミアム』には”31日間無料おためし”が付いててお得なので、

YouTube・Dailymotion・Pandoraなどの違法にアップロードされた動画を探さなくても安全に見逃し視聴できます!


>>>『FODプレミアム』の31日間無料おためしはこちら

そして、完全に無料で見るためにはここからが大事なんです!

無料期間中に登録して、31日以内に解約することもできるので、その場合はお金を一切かけずに、モンテクリスト伯の動画はもちろん

『モンテクリスト伯』以外の現在放送中の最新ドラマ・映画・海外ドラマも、時間が許す限り好きなだけ見れてしまいます!

ただ、「Yahoo! JAPAN ID」を利用した”31日間無料おためし”は6月末に終了なので、

モンテクリスト伯を安全に無料で見たいなら早めに登録したほうが損しないです!


>>>『FODプレミアム』の31日間無料おためしはこちら

※FODプレミアムに登録したら検索窓から「モンテクリスト伯」で検索してくださいね^^すぐにみれますよ![PR]

モンテクリスト伯の動画!7話の予想は

20代 女性 :

モンテクリスト伯の7話の予想は、入間家に動きがあるような予告だったので、

えりなが祖父の貞吉に対して脅しか何かで動いて入間家がどんどん壊れていくのではないかと予想。

南条家も香港マフィアにボロボロにされてしまうのか。それに伴って神楽がどう動くのかが気になる。

神楽はるみとの関係ももともと破綻してるがかんじの存在がはっきりした事でさらにダメになっていくだろうと思う。

第7話は香港マフィアによってボロボロにされてしまう南条家がメインになると思う。

それに神楽がどう絡んでくるか、どこまでが真海が手を回しているのかが種明かしされるのではないかと期待している。

>>>『FODプレミアム』の31日間無料おためしはこちら

モンテクリスト伯の動画!7話の見所はどこ?

20代 女性 :

モンテクリスト伯の7話の見所は、真海が冷えた表情で復讐を淡々としている姿が増えた。

6話でるみとかんじが死体隠蔽してる姿を見ていた真海に少しぞっとした。

平気で見てたんだなーと思うと本当に人が死ぬことに抵抗がないんだなと思った。

5話でも出口は死んでるが、真海が見てた訳じゃないので。7話でもそんな復讐に徹した真海を見るのが楽しみだ。

それを演じているディーンフジオカの暖と真海のギャップにも萌える。

また、稲森いずみ演じるるみさんの開き直り具合もすごかった。

息子が生きていた事で得た生き甲斐。人が変わったようとはまさにこの事だと思った。

稲森いずみの演技の賜物だと思う。引き続き2人の演技にも注目したい。


◆モンテクリスト伯 “全話”のネタバレまとめページはこちら↓

>>> モンテクリスト伯 “全話”の動画の視聴方法&ネタバレをチェック♪

モンテクリスト伯の動画!これまでの感想

20代 女性 :

モンテクリスト伯のこれまでの感想は、るみさんの反応におー!!っと、まさに真海と同じようなリアクションをしてしまった。

まさに、母は偉大。るみさんはきっと子どもが生きていたことが本当に嬉しかったんだなとおもった。

だけどまさか殺しちゃって埋めちゃうとは思わなかったけど。そこは母親なら自首じゃない?と思ったけど。

息子に会えた喜びで麻痺しちゃったのと守らなきゃという母性が爆発しちゃったんだなと思った。

そして神楽へのあの態度の変わりよう…母は強しだけど、なんだかおかしな方向にいきそうだなーと思った。

南条の過去は本当に酷い。あいりさんはどんな気持ちで南条のマネージャーになったのか。

復讐のためとはいえ凄いと思った。

>>>『FODプレミアム』の31日間無料おためしはこちら

モンテクリスト伯の動画!7話【ネタバレ】← 紹介

ここからがドラマ『モンテクリスト伯』7話のネタバレになります!

  

南条幸男の自宅に、バンパのダニー・ウォンたち4人の男がやってきてすみれを人質に獲る。

幸男『何してんだよ!辞めろよ!!』

ダニー『まーまーまー、ショーン・リーの事件で、香港警察が目撃者と接触をする』

幸男『俺じゃないって、いったろ…』

ダニー『わかってる。エデルヴァだ』

幸男『エデルヴァ?…』

ダニー『売り飛ばした後、ある男が半年前にやってきてエデルヴァを買い取った。その男は日本語話していたんだ。

お前、誰かに狙われているだろう?

自分で見つけろ、あとの始末はこちらでしてやる・・・。3時だ、3時までに間に合わなければ、可愛い奥さんを魚のエサにしてやるよ…ハハ』

明日花も人質に

そこに明日花が何も知らずに起きてくる

すみれ『明日花!』

ダニー『おはよう、明日花ちゃん。おじさんはね、パパのお友達!』

ダニーは明日花を抱きかかえ、そう話す。

幸男『香港からきたダニー・ウォンさん、パパの知り合い』

ダニー『一緒に朝ごはん食べよう』そう言って明日花を連れて行く。

  

すみれ『明日花!!』

ダニー『3時までに、ぱぱ帰ってこなかったら、お魚さんにエサをやりに行こうか!』

明日花『そこに魚いるの!?』


ダニー『いっぱいいるよ~ハハハ』

すみれは今にも泣き出しそうな顔で見ている。

  

幸男はすぐに家をでて愛梨に電話『愛梨さん、ごめん、今日の食事会と打ち合わせキャンセルしてもらえないかな』

愛梨『どうされたんですか?』

幸男『ちょっと体調悪くて…』


愛梨『大丈夫ですか?明日はベストパートナー賞の授賞式です』

幸男『明日までに治すから』そう言って車で出ていく。

真海の嘘に気付く神楽

その頃、真海は神楽のオフィスを訪ね

真海『すみません。どうしても至急お伝えしたいことがありまして、急遽押しかけてしまいました』

神楽『いえ、どうしました?』

真海『安堂完治という、若い実業家を覚えてらっしゃいますか?』

神楽『ええ・・・』

真海『彼は、詐欺師でした』

神楽『瑠美はそれを…』

  

真海『ご存知です。ただ、瑠美さんはそれを承知で、彼を助けようとしているようです。元々私が紹介してしまったので、

これ以上被害が大きくなる前に、お伝えしなければと思いまして…』

神楽『それは、わざわざありがとうございます…』

  

真海『お詫びといっては何ですが、南条幸男さんについて一つ、新しい情報をお教えしましょう。

ショーン・リー事件の真相を知る人物が近く、香港の捜査当局から事情聴取を受けるようです。これで、南条が事件に関係していることが明らかとなるでしょう。


よかったですね。これであの国有地は、御社のものだ…。それでは』



神楽『これって、すべて真海さんのシナリオですか?』

真海『いいえ、私は何もしていません。因果応報。という奴でしょうか・・・』

瑠美が安堂の借金を返済

一方、安堂と瑠美は闇金の天野に金を返す。

瑠美『772万4820円、ありますよね?』

天野『確かに元金利息分、すべて、お支払いいただきました。またのご利用を、お待ちしております…』

安堂は借用書を捨てる。瑠美はそれを拾い『終わったね』

安堂『お金って、あんなに貰ったのか?』

瑠美『そんな事心配しなくていいから、美味しい物食べにいこう』

安堂『死体は見つかんないかな?』

瑠美『大丈夫だよ…』

  

その頃、寺門の死体遺棄現場を警察が調べている。

発見者は匿名の通報のため分からず、寺角の身元は静岡の浜浦だと判明。

現場付近を車で通る真海。警察に止められ『なにかあったんですか?』

警察『捜査中のため、お答えできません』

真海『ご苦労さんです』

土屋『鑑識まで来ていますね』

真海『匿名の通報で、死体でも見つかったんじゃないのか?』

入間が真海の存在に気付き始める

その後、入間の元に寺門が見つかった現場で捜査していた国見悠馬が訪ねてくる。

入間『久しぶりだな、どうしたんだ急に?』

国見『ちょっと、気になることがありまして。この男を覚えていますか?』

寺門の死体写真を見せる。

  

国見『寺門類、腹部を鋭利なもので突き刺され、埋められた状態で今朝発見されました。彼は静岡県の浜浦出身です』

入間『浜浦町?・・・』

国見『15年前のラデル共和国と人質交換をした、あの事件の関係者です。逮捕した柴門暖の知り合いで、話を聞いたことがあります。

ま~、柴門暖は死亡報告書がラデルから来ていますし、関係ないとは思うのですが、もしかしたらと思いまして、一応ご報告を…』

入間『遺体の発見場所は?』

国見『鎌倉の樋口山です』

考えこむ入間・・・

  

一方、真海の屋敷に、警察が訪ねてきて『昨夜、不審な人物を見かけませんでいたか?』

玄関先で対応する土屋『いえ、特には…』

警察『何か、大きな物音を聞かれたりとか?』

土屋『変わったことは、なにも…』

警察『そうでか、なにかありましたらこちらに』

土屋『分かりました』

真海はこの会話を奥の部屋で、絵画を見ながら聞いている。

未蘭の元に信一郎が…

その頃、未蘭は自宅の部屋で、ネットでククメットについて検索。ラデル共和国の事も調べている。

そこ瑛里奈が来て『未蘭、お客様が来てるわよ』

訪ねてきたのは信一郎、未蘭は自分の部屋に信一郎を案内する。

信一郎『失礼します。・・・もしかして、迷惑ですか?』

未蘭『え?』

信一郎『いや、やっぱり俺なんかじゃダメっすよね。すみません。帰ります』

未蘭『違うんです!私の父なんです。15年前、信一郎さんの会社の人を逮捕したのは…』

信一郎『それでお父さん、あんなに反対してたんですね』

未蘭『ごめんなさい・・・』

  

信一郎『なんで未蘭さんが謝るんですか?確かに、あの事件のせいで、うちは滅茶苦茶になりました。

あれが無かったらみんな幸せだったのにって、何度も思いました。


親父は最後まで冤罪だって言ってました。俺もそう信じています。でも俺、決めたんです。

忘れることは出来ないけど、もうこれ以上あの事件に縛られるのは辞めようって、引きずってたら、一生前に進めないっすから!』

  

未蘭『信一郎さん…』

信一郎『お邪魔します!』

未蘭『はい』

  

一方、入間は部下に『2003年の外事三課資料を確認させてくれないか』

そして、1人資料室に入り、ラデル共和国から送られてきた柴門暖の死亡報告書を確認する。


一緒に入っていた資料の中から、ラデル共和国 第3代大統領 ファリア・真海の資料を見つける。

入間『真海・・・?』

瑛里奈と貞吉

その頃、入間の自宅では、貞吉のお手伝い・馬場が、台所の棚に置いてある瑛里奈の毒入りの赤い小瓶を手に取り、中身を確認しようとしていた。

そこに瑛里奈『馬場さん、何してるの~?』

馬場『奥さま!いいえ・・・』

瑛里奈は小瓶を奪い返し『お父様に頼まれたのね~?』

  

その後、貞吉の部屋にいき『馬場さんは少しお疲れのようでしたから、しばらくお休みを取って頂くことにしました。これからは全て私が。

さあ、お茶をどうぞ~・・・


大丈夫ですよ~、毒はハイっていませんから・・・』

そう言って小瓶をみせる。焦った表情の貞吉

  

瑛里奈『きづいてたんですね~私が、出口さんも、前の奥さまも毒殺したこと。嬉しいです。計画を話せる相手ができて…w

未蘭ちゃんと守尾さんは、どうせ親の反対を押し切って後先考えずに一緒になります。

ロミオとジュリエット気取りで、いまどきバカですよね~あの二人w お父さんは、溺愛する孫を取られてはなるまいと、未蘭ちゃんを病死に見せかけて毒殺します。
  

そして~後を追うようにして、お父さんも自殺しま~すw


公平さんはお父さんのこと疑ってましたし、ま~私の筋書き通りにとらえてくれると思います。

何より、自宅で殺人が来たなんて絶対に認めませんから、本格的な操作が入ることはまずありえません』

そう言いながら手袋を付けて小瓶を貞吉に握らせる瑛里奈。

  

瑛里奈『後は、公平さんと、瑛人が遺産を引き継いで、3人だけで仲良く暮らす。めでたしめでたしw

そう思います~?、この計画。


とりあえず、毒はこの部屋に置いてあった事にさせてもらいますね』

写真をとり、おむつを替えるという瑛里奈。

  

一方、幸男の自宅では、ダニー・ウォンたちがすみれと明日花を見張っている。

明日花『まま、ジュース』

すみれはキッチンに向かいスマホを取り出すが、直ぐに見つかって取り上げられる。

神楽は幸男を真海の元へ

その頃、真海は自宅。幸男は神楽のオフィスにいき『あんただろう、エデルヴァ握ってんのは』

神楽『エデルヴァ?なんだそれ?』

幸男は神楽に掴みかかり『とぼけてんじゃねえよ!俺を潰そうとしてんだろう!!』

神楽『おおこわ!どっかの…』

幸男『答えろよ!!』そこに牛山も近づいてくる。

神楽『幸男、お前狙われてるだよ、やべえ奴に。真海だよ!あいつ、お前の事調べ上げてるから。警察の捜査資料まで持ってたし。

あいつは、お前を潰すために近づいてきたんだよ。いや、嘘だと思うなら自分の目で確かめろよ!』

  

幸男は無言で出ていく

牛山『なぜ教えたんですか?』

神楽『ん?幸男と真海をぶつける。幸男の奴、相当追い込まれてんぞ、あれ。どんな手使ってでも真海の手をとめるだろうな…。

ま~下手したら殺すかもな…』

牛山『うちにとって邪魔なのは、南条幸男だけですよね?』

神楽『ああ、だけど、真海はいずれ俺の事も潰しに来る。元漁師の勘てやつだ・・・』

  

幸男は真海の別荘に行き、真海が置いた置物を見る。

真海『これは南条さん、ご無沙汰しております。土屋!土屋!お客様だ!』土屋の返事がない

幸男『エデルヴァを買い取ったのはあなたですか?』

真海『エデルヴァ?それは~美術品か何かですか?』

幸男『あんたいったい何者なんだ?俺に何の恨みがあるって言うんだよ!!』

真海『w南条さん、私はあなたの友人ですよ!』そこに時計の音が鳴り『2時か…』

幸男は無言で飛び出していく。

  

自宅に幸男が戻ってくる。

明日花『パパお帰り』

幸男『ただいま・・・』

幸男はダニー・ウォンの元に行き『俺を狙ってるのは、モンテクリスト・真海だ』

ダニー・ウォン『誰だ?』

幸男『シンガポールの投資家で、今は日本にいる』

ダニー・ウォン『そいつで間違いないんだろうな?』

幸男『あの時の翡翠を持ってた。あいつがエデルヴァも握ってる』

ダニー・ウォン『モンテクリスト・真海。わかった』

ダニー・ウォンたちは出ていき、幸男は安心した表情で明日花の横に座る。

解放されるすみれと明日花

その後、すみれは幸男に『どういうこと?ちゃんと説明して?』

幸男『すみれは知らない方が安全だよ』

すみれ『こんなことされて知らない訳にはいかない!誰なのあの人たち!香港で何があったの!?』

  

幸男『香港で、最初に配役で使ってもらった映画のさ、主演がショーンさんだったの知ってるよな?

ショーンさんは、奥さんが日本人だったってこともあって、俺の事凄いかわいがってくれた。


家族の一員みたいに。でも俺、ろくに仕事もなくて、生活に困って、バンパって香港マフィアから金を借りたんだ…』

  

すみれ『さっきの人?』

  

幸男『あのダニーって奴から借りたんだ…。でも返せなくなると、脅してきた。奴らは俺に、ショーンさんの家に案内させた。

高価な翡翠を盗み出すために・・・


でもショーンさんは、予定より早く帰ってきて、ダニーは、ショーンさんと奥さんを殺した。そこには、エデルヴァがいたんだ。

ショーンさんの娘が見てたんだ・・・』

  

ダニーは、ショーンにとどめを刺し、エデルヴァは高値で売れるといって連れて行く。

幸男『いまでもショーンさんが夢に出てくる。俺はずっと後悔し続けてる。でもこれだけは信じて欲しい、俺はあんなことになるとは思ってなかったんだ…』


すみれ『あんであの人たちがウチに?』

幸男『事件の真相をばらして、俺を潰そうとしている人間がいる。その犯人を、奴らは突き止めるために来た…

すみれ『だれ?』

幸男『真海だよ。なぜ奴が俺を狙うのか、意味が分からない。もしかしたら、ショーンさんの知り合いなのかもしれない』

すみれは考える・・・

  

そこに明日花がきて『ママ、ケーキ食べていい?』 すみれ『うん…』

  

幸男『ありがとう、今まで…。今さら俺は、自首も出来ない。そんなことしたら奴らは、すみれや明日花に手をかける。

俺はもう、このことを隠し通して、全部のみ込んで生きていくしかない…。こんな奴と一緒にいない方がいい』

  

すみれ『一緒に乗り切ろう。今度は私が幸男を助ける番だよ。幸男が言ったこと、私も抱えて生きていく…

一生償っていこう・・・』

幸男はすみれを抱きしめる。

  

一方、愛梨は真海に『南条幸男とすみれが、明日ベストパートナー賞に出席するようです』

真海『祝電を送ろう。授賞式の会場に届くよう、手配してくれ』

愛梨『はい』

  

次の日、ベストパートナー賞の会場。

楽屋で待つ幸男の元に愛梨が『南条さん、後一時間です』

幸男『すみれは?』

愛梨『一緒じゃないんですか?』

すみれは真海が暖だと気付く

その頃、すみれは真海の元に。

すみれ『真海さん、お久しぶりです』

真海『どうやって??』

すみれ『会ってくれないかもと思ったので、勝手に…』

真海『お引き取り願います』

  

すみれ『主人を攻めないで下さい!!悪いのは、あなたの事を持っていることが出来なかった私だよ…暖。

暖なんでしょう?死んだって聞いてたから、信じられなかったけど。わかったよ、最初にあった時から・・・

15年前、あなたが連れて行かれてから、私は必至で帰りを待った。

お母さんは、私がテレリストの妻だって責められないように、ワザと会ってくれなくなった…。

そんな時、死亡通知が届いた。暖は刑務所で死んだって。なんでも悪夢にうなされた。暖が死ぬ場面を見続けた。

お母さんも、私が何もできなかったせいで、あたしのせいで・・・。死のうと思った。でもその時、幸男が救ってくれた…』

   

当時、幸男は落ち込むすみれに『俺と一緒に香港に来ないか?お前このままここにいたら、ダメになんだろう!

これから一生、暖ちゃんのこと想い続けてていいから、俺は、ずっと都合のいいお兄ちゃんでいい。

俺はただ、すみれに生きてて欲しいだけだだから!』

  

すみれ『ごめんね暖!本当のごめんなさい!悪いのは、暖の事を見捨てた私だよ!暖の事を忘れて、幸男と明日花のことを一番に想ってる私なんだよ!!

幸男は悪くない!恨むなら私を恨んで!!泣』

真海『あなたは何もわかってない、悪いのは幸男なんだよ!!悪いのは、幸男なんだ!』

真実を知ったすみれ

その頃、愛梨『南条さん、お時間です』

幸男『はい、すみれは?』

愛梨『さっき到着しました。お願いします』

すみれが無言で立っている。幸男『すみれ、お前なにしてたんだよ?…どうした?』

すみれ『・・・』無言で歩き出す・・・

  

幸男の携帯のダニーからメールが「これから真海を連れ去る」

そして真海の屋敷にダニーたちが押し入る。土屋はスタンガンでやられる。

ダニー『モンテクリスト・真海!』襲い掛かる!

すると他の3人がダニーを気絶させる
  

真海『後の処理はませました』

男2人がダニーを外に運び出す。

  

真海『あなたの夢を叶えるご協力はいつでもしますよ』

サム・ユンロン『香港にいらした際はぜひお立ち寄りを』

  

その頃、幸男はベストパートナー賞のステージでスピーチ。


その後ろで浮かない表情をしているすみれ

そこに会場中の携帯がなり出し「ショーン・リー殺害に南条幸男が関わっているとの情報が!至急当たれ」


マスコミが一斉に幸男に香港マフィアのとつながりを聞き始める。

  

するとすみれが頭を下げ『私達は、今日限りで離婚します…』


すみれがステージから降りていき、幸男が追いかける

  

幸男『すみれ!待てって!なあ、どう言うことなんだよ!』

すみれ『あなたが殺したのよ…』

幸男『だから、俺は手引きしただけだって』

すみれ『違う、私が言ってるのは、暖の事よ!!泣』

愛梨が近づいてくる。

  

一方、神楽の元に牛山が来て『社長!南条幸男が…、ご覧になっていましたか。これで、五容は潰れますね』

神楽『死んでなかったんだ・・・』

牛山『いえ、これで南条幸男はもう、ダメでしょう』

神楽『あいつ生きてる・・・』

入間も報道を見て『やっぱりそう言うことか…』

幸男の最後・・・

愛梨が幸男を自宅に送る『南条さん、着きました。南条さん?』

幸男が自宅に入ると、幸男・すみれ・明日花と共に写った写真と共に指輪が置かれている。

  

愛梨がきて『ドラマの撮影中止が決まりました。CMの契約中止で違約金も…。半年間でしたがお世話になりました。私も今日で南条さんのマネージャーを辞めさていただきます。

その前に、最後の仕事をお願いします。遺書を、書いてください』

  

幸男『へ?』

愛梨『ショーン・リーを殺害したのは自分だと書いて責任を取らないと、奥さんと娘さんがバンパに狙われますよ』

幸男『なんで?』

愛梨『私は彼らの事をよ~くしってますから』

幸男『愛梨さん?』

愛梨『私はエデルヴァよ。あの後知らない街の汚い部屋に閉じ込められて、汚い男達の相手を毎日毎日させられた。

一週間たつと笑うことを忘れて、一ヶ月経つと、生きていることすら分からなくなった…泣 書いて・・・
  

すみれと明日花ちゃんも同じ目にあっていいんですか?』

愛梨『人生のすべてに懺悔しろ・・・』幸男は泣く・・・

愛梨は家をでて思い出す。

  

真海が港に立っていると、信一郎がきて『市場に買いに来てくれましたよね?カツオ。何かあったんですか?』

真海『もうすぐ、知り合いが死ぬんです。昔親友だった男が・・・』

信一郎『辛いですね、それは・・・』

真海『慣れています。辛いことには…。ただ、なぜこんなことになってしまったんだろうって、考えてたんですよ。昔はみんな幸せだったのに・・・

幸男の遺書

一方、すみれは、明日花と共に教会に。
  

真海のとの会話を思い出す『悪いのは幸男なんだよ!!悪いのは幸男なんだ…。

昔、1人の漁師が、ある女性と、永遠の愛を誓いました。しかし、彼は親友の裏切りにあい、異国の牢獄へ、閉じ込められました。

激しい拷問にあい、孤独と空腹で、自我を失い。ネズミに囲まれて死にました・・・


柴門暖が警察に捕まるよう、嘘の通報をしたのは南条幸男です。南条幸男が、柴門暖を殺したんです・・・』

  

すみれは泣く。手には暖にもらった貝殻の指輪が。

  

真海は信一郎に話す『一つ歯車狂ったがだけで、すべてが変わってしまった。もう二度と、元に戻すことは出来ない・・・』

信一郎『でも、どこからでもやり直せるって、俺は信じたいですけどね。あ~すみません。偉そうに』
  

一方、幸男は遺書を書き終え、家の外に。

その頃、愛梨に携帯に明日花から着信が『愛梨ちゃん、どうしよう、ママがずっと泣いてるの。パパは悪い人だったの?違うよね?

パパは悪い人じゃないよね?だって私、パパの事大好きだもん』

愛梨は何も言葉を返せない。

   

幸男の遺書

【すみれ様 僕はずっと、君の事が好きでした。僕はずっと、君に恋をしていました。君を守る事、君を幸せにすること、それだけが僕の夢でした。それだけが僕の人生でした。

僕は、君に嘘をついていました。君を守れなくてごめんなさい。

君を幸せにできなくてごめんなさい。君を泣かせてごめんなさい。すみれ、幸せになって下さい。

明日花のことをよろしく頼みます。明日花のことを、幸せにしてやって下さい 幸男】

   

明日花『ママ、パパは悪い人じゃないよ』


すみれは明日花を抱きしめながら泣く。

  

幸男は柱に括り付けたロープに首をかける。すると愛梨が戻ってきて、幸男はそのままイスを蹴り、首を吊る・・・

真海に警察の手が…

その夜。真海が自宅に戻ると


警察が来て『モンテクリスト・真海さん、寺門類殺害事件の重要参考人として、署までご同行願えますか?』

真海『寺門?何者ですか?』

警察『近くの林で、発見された被害者です。寺門の車のGPSを調べたところ、こちらの別荘付近に滞在していた記録がありました』

  

真海『任意同行であればお引き取りを。関係の事件に巻き込まれることほど、恐ろしい物はない。

ただ、警視庁刑事部長・入間公平さんお誘いであれば、いつでもお受けしますよ。あの方は、とても信用できる』

入間は車の中で『この国の警察をなめるなよ…』

真海は自宅に入っていく・・・

--- 以上、モンテクリスト伯 7話のネタバレでした~! ---

  
モンテクリスト伯 7話を見逃した人は、

無料期間中に1話から見逃し視聴できる『FODプレミアム』がおススメです!


>>>『FODプレミアム』の31日間無料おためしはこちら


いつまで“31日間の無料おためし”があるのか分からないので、見たいかたはお早めに~^^♪

これで連休の暇つぶしはバッチリです(笑)

モンテクリスト伯の動画!7話の感想まとめ

モンテクリスト伯 7話の感想は、ついに幸男への復讐が遂げられましたね~。そしてすみれは最初から真海が暖だと言うことに気付いていたんですね~

寺門・幸男と葬った次は、入間のようですが、最後の復讐の相手は神楽になるのでしょうか?

  
しかしモンテクリスト伯を演じるディーンフジオカの冷酷な表情や伯爵として紳士的な立ち居振る舞いはカッコよすぎます!

スーツ姿もかなりダンディーでいい感じに演じていますね~

次週は入間と対決になるようですが、真海が暖だと気付いた入間を、どのように追い詰めていくのかが見ものですね!


>>>『FODプレミアム』の31日間無料おためしはこちら

モンテクリスト伯の動画!7話のあらすじを最後に

ドラマ『モンテクリスト伯』7話のあらすじを簡単に紹介します~!

モンテ・クリスト・真海(ディーン・フジオカ)は自分を貶めた寺角 類(渋川 清彦)をこの世から抹殺する。

  

そして、真海が復讐のために放った南条幸男(大倉忠義)に向けた矢も、ついに的を射ようとしていた。

  

幸男の家に、裏組織のダニー・ウォン(葉山ヒロ)とサム・ユンロン(ジョン・リ)が押し入り、何も知らないすみれ(山本美月)と明日花(鎌田英怜奈)を人質にとられる。

  

かつて幸男も片棒を担いだショーン・リー(ジョー ナカムラ)事件の目撃者が香港警察と接触することになったとダニー。


目撃者はショーン夫婦の娘、エデルヴァ。

  

エデルヴァはダニーたちが人身売買で売り飛ばしたのだが、日本語を話す男が買い取った。

  

ダニーは幸男が誰かに狙われているのだろうと、その男を探し出すよう命令する。

  

家を飛び出した幸男は江田 愛梨(桜井 ユキ)に予定のキャンセルを連絡、さらに神楽清(新井浩文)に電話するのだがつかまらない。

  

その頃、神楽は訪ねてきた真海と会っていた。

  

真海は留美(稲森いずみ)に引き合わせた安堂完治(葉山奨之)が詐欺師だったと神楽に謝る。

  

そして、間もなく幸男がショーンの事件に関与していたことを香港警察が知ることになるとも教えた。

  

寺角の遺体は匿名の通報で警察に発見される。

  

寺角が浜浦町の出身で、15年前に暖が捕まった時の関係者だと国見悠馬(森岡龍)は入間公平(高橋克典)に報告。


入間は、ラデル共和国から死亡報告が届いている暖を調べ始めた。

>>>『FODプレミアム』の31日間無料おためしはこちら


最後までお読みいただきありがとうございました^^


◆モンテクリスト伯 “全話”のネタバレまとめページはこちら↓

>>> モンテクリスト伯 “全話”の動画の視聴方法&ネタバレをチェック♪

※本ページの情報は2018年6月時点のものです。最新の配信状況はFODサイトにてご確認ください。[PR]

シェアする!!