モンテクリスト伯の動画!6話を無料でフル見逃し視聴する方法

シェアする!!

ドラマ『モンテクリスト伯』の6話が放送されましたね!

このモンテクリスト伯 6話の動画は無料で見逃し視聴できるの?と、気になって動画を探している人が多いようです。


ディーン・フジオカの不敵な笑みが魅力wのドラマ『モンテクリスト伯』を6話目でついに見逃してしまったーー!!なんて人も多いと思います。


なのでこのページでは安心してモンテクリスト伯 6話の動画を無料で見逃し視聴できる方法&ネタバレも紹介しています!


YouTube・Dailymotion・Pandoraなどの違法にアップロードされた動画じゃないので、高画質でCMもないし心置きなく視聴できますよ↓


>>>『FODプレミアム』の1ヶ月無料おためしはこちら

モンテクリスト伯の動画!6話の予告を紹介[PR]

ドラマ『モンテクリスト伯』6話の動画予告はこんな感じに!モンテ・クリスト真海の次のターゲットは幸男。過去に幸男はある事件を起こし、香港の裏組織ヴァンパとの黒い繋がりが!そしてここに巻き込まれたのが愛梨・・・

モンテクリスト伯の動画!6話を無料で見逃し視聴するおススメの方法

ではドラマ『モンテクリスト伯』6話の動画を、無料で見逃し視聴できるおススメの方法を紹介します!

それは、モンテクリスト伯の放送が終わるたびに毎回、見逃し配信をしてくれている公式のサービス『FODプレミアム』です!

『FODプレミアム』には”1ヶ月無料おためし”が付いててお得なので、

YouTube・Dailymotion・Pandoraなどの違法にアップロードされた動画を探さなくても安全に見逃し視聴できます!


>>>『FODプレミアム』の1ヶ月無料おためしはこちら

そして、完全に無料で見るためにはここからが大事なんです!

無料期間中に登録して、1ヶ月以内に解約することもできるので、その場合はお金を一切かけずに、モンテクリスト伯の動画はもちろん

『モンテクリスト伯』以外の現在放送中の最新ドラマ・映画・海外ドラマも、時間が許す限り好きなだけ見れてしまいます!

ただ、Amazonアカウントで利用できる”1ヶ月無料おためし” はいつまでやっているのかわからないので、

モンテクリスト伯を安全に無料で見たいなら早めに登録したほうが損しないです!


>>>『FODプレミアム』の1ヶ月無料おためしはこちら

※FODプレミアムに登録したら検索窓から「モンテクリスト伯」で検索してくださいね^^すぐにみれますよ![PR]

モンテクリスト伯の動画!6話の予想は

20代 女性 :

モンテクリスト伯の6話の予想は、来週は遂に、幸夫と愛梨の家族に何があったのか明かされそうですね。

神楽が幸夫の身辺を探っているので、もしかしたらそちらから何か動くのでしょうか。

また、瑠美と安堂の関係もこのままでは終わらないでしょう。また何か、真海が仕掛けるのではないでしょうか。

幸夫とその家族である、すみれと明日香にも復讐をためらわないと言った真海ですが、実際には愛梨が手を下しそうですね。

二人がどんな計画を立てるのか、とてま気になります。

また、とにかく真海と愛梨にうまくいって欲しいんです!殺されても構わない、とまで言い切る愛梨がいじらしくて、つい応援したくなっちゃいます!

  

30代 男性 :

モンテクリスト伯の6話の予想は、つぎのターゲットは南條ゆきお。

ゆきおもなんだか危ないところに手を染めていそうですし、モンテ・クリスト伯にまんまとやられそうですね。

でもその南條ゆきおの大切な人は山本美月ちゃんとその娘ちゃん。

その2人が傷つけられなければいいのですが、今の憎しみの塊しかないモンテ・クリスト伯は何をするか分からないから怖いところですね。

稲森いずみさんといい、その他にも複雑な人達が多すぎて、次はどうなっていくのか本当に分からないことだらけです。

モンテ・クリスト伯の下僕の女性も南條ゆきおのことをとっても嫌っているようですし、気になりますね。次でわかるのかな?

>>>『FODプレミアム』の1ヶ月無料おためしはこちら

モンテクリスト伯の動画!6話の見所はどこ?

20代 女性 :

モンテクリスト伯の6話の見所は、幸夫が過去にしでかした過ちの全貌が明らかになりそうですね。

それによって狂わされた愛梨の人生についても、きっと明かされることでしょう。

なにしろ、一番の親友にして最大の裏切り者ですから、真海と愛梨がどんな手をつかって復讐を果たしていくのかとても気になります。

また、瑠美と安堂の方にも何か動きがあるような予感がします。安堂、実は結構悪い子みたいですし。

皆、いつになったら真海が暖だと気づくんでしょうね。すみれはわかってるみたいですけど。

毎回、真海演じるディーンさんの身のこなしが美しくて優雅で、惹き付けられてしまいますね。

とにかく、今一番楽しみなドラマです!

  

30代 女性 :

モンテクリスト伯の6話の見所は、入間家族は、新奥さまはとっても怖い人でもう2人も殺してしまっていましたね。

薬が減っちゃったと言っていましたが、これからまた再度使う機会が訪れるのか気になるところです。

入間さんのお父さんもまだまだ寝たきりのままでは終わらないような雰囲気がですし、まだまだ何かが起こる予感がぷんぷんしていますね!

それにしても暖はとってもいい人だったのにモンテ・クリスト伯はもう優しさは全くないのでしょうか。

本当に人が変わってしまったのか。やっぱり愛情は変わらずあるのか、いや愛情はそのままであってほしいとおもっています。


◆モンテクリスト伯 “全話”のネタバレまとめページはこちら↓

>>> モンテクリスト伯 “全話”の動画の視聴方法&ネタバレをチェック♪

モンテクリスト伯の動画!これまでの感想

20代 女性 :

モンテクリスト伯のこれまでの感想は、遂に、すみれと真海が対峙することになり、どきどきしながら見ていました。

でも、私は個人的には愛梨が健気で可愛くて仕方ないので、そっちの意味でハラハラしちゃいました。

すみれは、気づいてるんでしょうね。真海の心が揺れているのを感じて、切なかったです。

あと、気になったのがすみれの「子供の扱いに慣れている」という言葉。

愛梨が子供の頃から面倒を見てきたからなのかな?あと、えりなが怖いです!

このままだと、みらんちゃんが危ない!信一郎くんとうまくいくことを信じていますが、すごく気になります。

来週はまた、悲劇が起こりそうですね。

  

30代 男性 :

モンテクリスト伯のこれまでの感想は、モンテ・クリスト真海、ついに間接的にではありますが1人殺してしまいましたね。

あのお父さん寝たきりのような寝たきりではないような。

すごく不思議なキャラクターですが、これからまだまだこのままでは終わらない雰囲気が漂っていますね。

やっぱり山本美月ちゃんはなんとなく、モンテ・クリスト伯が暖だということ分かっているのでしょうか?

なんとなくだけど試してみたり気付いてる素振りはありますよね。

暖は本当にもう好きじゃないのでしょうか?そんなふうには思えませんが。

あんなに大好き同士だった2人なのに。それにしても悪い奴が多すぎます。

>>>『FODプレミアム』の1ヶ月無料おためしはこちら

モンテクリスト伯の動画!6話【ネタバレ】← 紹介

ここからがドラマ『モンテクリスト伯』6話のネタバレになります!

  

プールサイドで真海との会話を思い出し

真海(こう思うことにしています。その女性は、もう、死んでしまったのだと…)浮かない表情のすみれ。

明日花が描いた真海の絵をみる。

  

その頃、真海は『真実を語るいい記事だ』といってタブレットで見ていたニュース記事を愛梨にも見せる。

真海『これでヴァンパは南条幸男を疑う。必ず、彼を狙ってくる…』

愛梨『彼らは南条の家族にも手を出しますよ。あの女にも、必ず…』

真海もすみれとの会話を思い出す。すみれ(真海さんは、いま、幸せですか?)

すみれは貝殻の指輪を見て箱にしまう。

牛山からの報告

一方、神楽は『地上げ屋から始めて東京出てきてさ、色んな奴に成金、成り上がりってバカにされてきたよ。

俺がもう一段上に行くためには、ここの国有地が絶対に必要だ。五容の看板立てられるわけにはいかねえんだよ!

ここには、神楽の看板立てねえと』

牛山『はい。』

神楽『で、あっちは何か分かったか?』

牛山『はい。南条幸男は香港に渡った当時、ヴァンパという組織と関係を持っていたようです』

神楽『ヴァンパ?』

牛山『いわゆる、香港マフィアと呼ばれる連中です』

神楽『なんでそんな奴らと?』

牛山『金に困っていたようです。香港をたつとき、丁度地元の新聞に気になる記事が』

牛山は香港の新聞を神楽に見せる。真海が見ていたものと同じニュースで

牛山『13年前に失踪した有名俳優ショーン・リーとその家族が、ヴァンパに殺害されたと新証言が出たそうです』

神楽『13年前?』

牛山『南条幸男は、当時香港に渡ったばかりで、ショーン・リーの付き人をしていました』

  

その頃、幸男は五容の接待を受けていた。すみれと夫婦で出演中のCMの評判がいいと言う。

浜岡財務大臣の嫁・浜岡珠江『ホント、奥様が羨ましいは~うちの人ったら、いつもアザラシみたいにゴロンとして』

秘書『浜岡先生はお忙しい人ですから、珠江夫人の前でしか心が休まらないのでしょうね。あ、そうだ、よろしくお伝えください!』

  

珠江『大丈夫です。わたくしの言うことには、あの人は絶対に従いますからwww

それより南条さん、次はハリウッドなんですって?』

幸男『ええ、オファーはいただいております』

珠江『ラブコメ?アクション?あたくしは刑事物にして欲しいわ~。ほら、ショーンリーの代わりに、南条さんが主演に抜擢されたんですって?

最後に拳銃を突き付けて、これが俺の復讐だ!あ~もう、思い出すだけで続々しちゃう!』

幸男『ありがとうございます』

幸男の元にヴァンパが

その夜、幸男は1人でバーで飲んでいる。そして過去の記憶を追い出す。

ショーン・リーがヴァンパに襲われ嫁も一緒に殴り殺されてしまう。娘は逃げる。

そこに4人組の男達が現れ、幸男は動揺。中国語で『何故ここにいる?』

1人の男がショーン・リーの新聞記事を見せる。

  

ヴァンパのボス、ダニー・ウォン『リークしたのはお前だな?』

幸男は中国語で『おれが喋るわけないだろう…』

ダニー・ウォン『あの場所にいた人間しか知らないことが書いてある。何かの取引で、お前が組織を売った』

幸男『違う!あのファックスは、お前らじゃなかったのか?』

ダニー・ウォン『お前なにいってんの?』

幸男『じゃあ、この事件の真相を知ってる奴が、他にもいるってことか?』

  

ダニー・ウォン『香港でお前の過去を探っていた日本人がいる。神楽エステートの牛山だ。知ってるか?

止めろ、お前の家族も同じ目にあうぞ・・・』

  

その頃、愛梨は真海の別荘でショーン・リーの記事をみて、過去の記憶を思い出す。

ショーン・リーが襲われた時、愛梨はヴァンパの男に捕まり『この子は高値がつくぞ』

そして目の前でショーン・リーは殺されてしまう。

  

この時のことを思い出し、震えながらタバコをくわえる。

そこに真海がきて『大丈夫か?愛梨。いよいよ始まるね君の復讐が…』

そう言ってマッチをすり、愛梨のタバコに火をつける。

真海『南条幸男のすべてを奪ってやろう。彼の命さえも・・・』マッチの火を吹き消す。

  

別の日。神楽の元に幸男が訪ねてくる。

神楽『おお、幸男~丁度お前と話したかったんだ』

幸男『こそこそ嗅ぎ周んの辞めてもらっていいすか!香港で秘書に、俺の過去調べさせたでしょう!?』

神楽『なんか調べられてまずいことでもあんの?う~ん例えば、ショーン・リー一家殺害事件にお前が関係してるとか?』

幸男『何すかそれ?』

神楽『フフ、役者ならもう少しうまい芝居しろよ!』

幸男『常識が通用しない連中がいるってこと、あんたは分かってねえんだよ…』

神楽『それは認めたってことでいいのか?』

幸男『これ以上、クビ突っ込むな!これは警告だ』そのまま立ち去る幸男

  

神楽『間違いないな~、あいつやってんな、これ』

牛山『でも、証拠がありません。それと、時間も。。上等銀行から今月締めで手形を現金化して欲しいと連絡がありました。

国有地落札について、金融機関内に噂が回り始めているのかもしれまえん』

神楽『牛山、アポをとって』

牛山『木島先生ですね?』

神楽『いや。』

牛山『まさか浜岡財務大臣ですか?』

神楽『違う。モンテ・クリスト真海だ』

真海と神楽のやり取り

神楽が真海の元を訪れる。

真海『これは神楽さん、ようこそお越しくださいました。いや、残念でしたね~、国有地の件、五容でほぼ決まったと聞きました』

神楽『いやいや、まだ~私は諦めていません』

真海『そうですか。これは失礼しました。浜岡大臣の奥さまが、南条幸男をCMに起用した五容を、いたく気に入っていると聞きまして』

神楽『今日は、そのことでお願いがあって伺いました』

真海『…どうぞ、おかけください。土屋、お茶を』

真海は椅子に腰かけ『そのことについてとは??』

神楽『真海、以前おっしゃってまたよね?南条幸男が香港マフィアと関係があると。それって、これの事ですよね?』

  

真海はショーン・リーの新聞記事をみて『なるほど。南条幸男を失墜させ、そのタイミングで、なんとか五容から国有地を奪い取ろうというわけですか?』

真海『あそこに、当時の香港警察の捜査資料があります。独自の調査も行い、犯人につながる証拠も手に入れました。』

神楽『なんでそんなこと知ってるんですか?』

真海『私のような仕事をしておりますと、情報がすべてですので』

神楽『その資料、私どもにお貸し願えませんか?』と頭を下げる。

真海『断ります。』

神楽『真海さん・・・』

真海『私に、友人を売るような真似はできません…』

神楽は悔しそうね目で資料を見つめる。

地上げ屋・寺門

その後、地上げ屋の寺門を呼び出した神楽

寺門『しっかし珍しいじゃねえか、お前から誘ってくるなんて。あん時依頼じゃねえか?ほれ、遭難した暖の野郎をはめようって、幸男と3人で飲んだ時だよ!』

神楽『何すかそれ?覚えてないっすね…』

寺門『あっそう、まいいや、それよりさ、神楽、ちょっとだけ金貸してくれねえかな?5万ぐらい。無理なら3万。いや、1万でもいいや』

神楽は立つ束を見せ『これで仕事しませんか?先輩、前に盗みでムショに入ってましたよね?』

寺門『おう、それがなんだよ?』

神楽『俺の知り合いの家に入って、ファイルの資料を写真撮ってきて欲しいんですよ』

寺門『ファイル?』

神楽『南条幸男の過去が分かる資料があるんですよ。あ、それと、ダイニングテーブルの後ろに置いてある、この辺の木箱の中身を写真に取ってきてください』

寺門『なんかやべえ話なんじゃねえのか?』

神楽『嫌ならいいです』

寺門『やるやるやる!可愛いい後輩の頼みだからしょうがねえな』

2人の会話は、真海が以前、神楽にプレゼントした釣り竿に仕掛けられた盗聴器でつつぬけ。

真海『大変だ、うちに泥棒がはいることになってしまった…』

愛梨『どうするんですか?』

真海『化学反応を楽しんでみよう…』

寺門はさっそく、真海の別荘に下見にいく。

寺門と安堂の関係


すると寺門は真海の家から出てくる安堂を見て『安堂かよ?』

真海は寺門が見ているのに気付いている。

寺門は安堂を追いかける。安堂は瑠美に電話し、ベッドイン

安堂『瑠美さんの匂いって、すごい落ちつく。ずっと吸っていたい感じ…』

すると着信があり、借金取りの天野『772万!』

  

安堂『すみません。もう直ぐ用意しますから』

天野『返済期限です!』

安堂『あの、すみません。急ぎますから、もう少しだけ待っててもらえませんか?お願いします』

瑠美『大丈夫?仕事??』

安堂『うん、仕事。』そう言って誤魔化し

スマホを見せる安堂『これ見て、下北沢の物件。ここから俺の夢が始まるって感じがしない?でも800万かかるんだよな~』

瑠美『800万?』

安堂『真海さんには断られちゃった…』

瑠美『ふ~ん・・・』

帰る安堂を追いかける寺門『あれ?安堂じゃん??』

嫌そうな顔をする安堂に寺門が話かける『3年ぶり?いや、2年ぶりか?ちょっと待てよ~ムショで同じ便器使ったなかだろ~う。あのさ、ちょっと見てよ、さっきこんなん撮っちゃったんだけど』

といって、安堂と瑠美が歩いている姿を撮った写真を見せる。

  

寺門『しかしお前も進歩がねえな~、また女転がしやってんのか?』

安堂『うるせえな!てめえは相変わらずきたねえな!二度と俺に近づくな!』


寺門『ちょっと待て、ちょっと待て、これさ、神楽の嫁さんだろう?』

安堂『知ってんのか?』

  

寺門『しってるよ~神楽は俺の後輩だもんね~まっさかお前がはめ込んでるとはな~、まっじで受けるんだけどw

なあ、どうせ金に困ってるんだろう?な、俺と一仕事しねえか?

  
真海邸にお邪魔しようかなって思ってるんだ~…。下見にいったらおめえが出てきてびっくりだよ!合わせてくれた神様に感謝だな~


あの家の、間取りとか、防犯設備とか、大体頭に入ってんだろう?たっぷりやっちまおうぜ!』

  

安堂『断る!馬鹿とは組まねえよ!』

寺門『おい!ふざけんなお前よ!俺はお前の大先輩だからな!!』

貞吉と瑛里奈

一方、入間宅では、貞吉の顧問弁護士が『入間未蘭が出口文矢氏と結婚した場合、遺産はすべて世界文化振興財団に寄付することとする。

という文言は、出口文矢氏が無くなったため、削除させていただきますがよろしいでしょうか?・・・では、手続きを勧めたいと思います。』

入間は無言で貞吉の部屋から出ていく。

  

貞吉は瑛里奈を見つめる。瑛里奈も貞吉をみて微笑む。

瑛里奈は入間にお茶を出しながら『まだ出口さんのご葬儀が終わったばかりだというのに、遺言書の書き換えなんてしなくてもいいのに…』

すると誰かが訪ねてきて、入間『誰だ?』

瑛里奈『未蘭ちゃんのお友達。ほら、病院で、ちょっと会ったでしょう?付き添ってくれた男の子』

入間『よんだのか?』

瑛里奈『市場で働いてるって言ったから呼んだのよ。こないだのお礼もしなきゃって思ったし』

入間は渋い顔。

  

瑛里奈は無理矢理、信一郎を家に上げる。、

瑛里奈『今日はねぇ、お魚のこととかいろいろ聞きたいことがあるの。ねえ今日はどんなお魚があるんかしら~』

信一郎『今日はいい鯛が入ったんですよ』

信一郎は入間に気付いて挨拶をする。

  

入間『守尾信一郎だったかな?』

信一郎『はい。先日は失礼しました』


入間『すみませんが、帰って頂けますか…』

未蘭『ちょっとパパ』

入間『未蘭は、婚約者を失ったばかりなんです』

信一郎『すみません、失礼しました。魚を届けに来ただけなんで…』帰る信一郎。

未蘭は怒り気味に『なんであんな言い方したの、パパ』

入間『未蘭、もう、彼には会うな、会うな!わかったな?』

瑛里奈『ちょっとあなた、そんな一方的に…』

入間『どうせ彼は、未蘭を受け入れられない。パパは、お前を傷付けたくないだけだ・・・』

未蘭は無言で家を出て、信一郎が働く市場に。

信一郎の身の上話

すると信一郎の同僚が未蘭に気付く。そして釣りに行ってると教えてくれる。

未蘭『あの、信一郎さんとは長いんですか?』

同僚『うん?俺と真一郎?あいつはまだうちに来て~3カ月くらいかな?俺はむしろ、あいつの親父さんと付き合いが長かったから』

未蘭『お父さんて?』

同僚『守尾漁業っていう会社やってたんだよ、親父さん。結構デカい船持ってて、遠洋漁場でマグロとかカツオとか取っててさ、社員もいい連中ばかりで、上手く言ってんだけど…』

未蘭『けど、何があったんですか?』

同僚『いや、ちょっとした事件がね。あって…』

未蘭『教えて下さい!もっと信一郎さんのこと知りたいんです!お願いします』

同僚『ああ、社員の1人が、ククネットとかククマットとかいうテロ組織のメンバーって言うんでさ、逮捕されたんだよ…』

未蘭『ククメット・・・』未蘭は入間が表彰された時のことを思い出し『それっていつの事ですか?』

同僚『ああ~あれはたしか、2013年。15年前だな』

未蘭『15年前・・・』

同僚『それから守尾漁業には、警察の捜査が何度も入って、信用ガタ落ちしちゃってさ。あいつの親父さんもテロリストなんじゃないかって。

親父さんもつらいの我慢し踏ん張ってたんだけど、体壊しちまって。
  

信一郎は親父さんの会社、何とか残そうと踏ん張ってたんだけど、結局ダメで。去年、親父さんが亡くなって、会社を畳んだんだよ。

あいつ、いつも楽しそうにやってるけど、若いくせにさ、結構辛いこととか経験してきたんだよね…

だから、ま、なんて言うか、上手く言えないけど、これからもあいつと、仲良く、してやて下さい…』

  

未蘭は信一郎が釣りをしている堤防にいく。信一郎が気付き『未蘭さん・・・』

未蘭『信一郎さん・・・』頭を下げて帰ろうとすると

信一郎『未蘭さん!!』

  

その頃、キッチンで毒薬入りの便を見つめる瑛里奈の元に瑛人が来て『何してるの?』

瑛里奈『なんかね~、未蘭お姉ちゃんに、好きな人が出来ちゃったみたいだから、準備を色々急がなきゃな~って・・・』

瑛人『準備って?』

瑛里奈『これからどういう風にお料理しようかな~って??』

瑛人『なんだか楽しそう』

瑛里奈『そう?ママね~瑛人のために、これからどうお料理しようかな?って、考えてる時一番幸せなの~』

と話している横を、使用人が貞吉を車椅子に乗せて通過する。

瑛里奈『珍しいですね~お散歩ですか?』

使用人『旦那様が、お屋敷の中を見たいとおっしゃられて。失礼します・・・』

寺門が下見に

一方、真海が車で通っていく姿を、寺門が見ている。

土屋『ここ最近、ずっと見はている男がします』


真海『私の客だ。丁重に知らないふりをしておいてくれ』

土屋『何者ですか?』

真海『地上げ屋。いや、人殺しかな・・・』

  

その頃、すみれは愛梨と共に、真海の母・恵の墓参りに『おかあさん・・・』

涙を流しながら、恵の葬式の時のことを思い出す。

葬儀屋に『失礼します。どなたもお見えにならないようですが、受付を終了してしまってもよろしいですか?』

すみれは無言でうなずき。棺の前にいき、泣く・・・

その帰り、すみれ『ごめんね、愛梨さん。付きわせちゃって』

愛梨『いえ、どなたのお墓んですか?』

  

すみれ『お母さん。ああ、大切な人のね…。私が助けなきゃいけなかったのに、助けられなかった人。

でも、今日はいい報告が出来たから、きっと喜んでくれてると思う』

愛梨『私も両親を亡くしてるんです』

すみれ『そいうだったんだ…』

愛梨『お墓詣り出来てないな・・・』

すみれ『今度の休みに行けるといいね』

愛梨『はい、もうすぐで父と母にいい報告が出来そうなので。楽しみです』

神楽が煽る

一方、神楽は焼肉を食べている寺門の元へ行き


神楽『1人焼肉ですか?仕事終わんのいつっすか??』

寺門『うっせえな、こう言うのは、下調べに時間かかんだよ』

神楽『本当にやる気あんのか?15年前も結局、警察に電話したの幸男で、あんた何もしなかったチキン野郎だったじゃないすか』

寺門『おめえよ、あの後、柴門のババア追い込んで、あの土地ゲットしたのは俺の手柄だろう?』

神楽『あんた俺の俺の指示に従っただけだろう』

寺門『なんだてめえ、先輩の俺に向かってその口の聞き方…』

神楽『いいからさっさとやれよ!昔っから、コソ泥と万引きしか能がねえんだからよ!こっちはあんた引き上げてやろうっていってんだよ!

なあ、頼んますよ先輩!!』

  

その頃、安堂は借金取りの天野に捕まり『安藤完治さん、あなたにいいことを教えてあげましょう。動くと危ないですよ。

あなたの腎臓200万。肝臓は150万。二つありますね。まだ足りないか~。心臓は500万!』

安堂『あ~、返します。返しますから!!』

天野『分かりましたね。借りたもんは返さなくちゃダメですよ。お母さんに教わってないんですか?』

解放された安堂は、すぐに寺門に電話をかけ『もしもし、こないだの話まだ生きてるよな??やるよ!やってやるよ!!』

瑠美の母性

別の日。真海『今日は突然および立てしてしまって』

瑠美『いえ、お話しって??』

真海『いえ、実は、瑠美さんに謝らなければいけないことがありまして…』

瑠美『え??』

真海『ご紹介した、安藤完治さんの事です。彼はかつて、盗み詐欺をやっていて、前科があることが分かりました』

瑠美『前科??』

真海『ええ、闇金業者に借金をしていて、その返済のために、金を集めていたそうです。私もすっかり彼の夢とやらに乗せられてしまいました。

とんだ輩を紹介してしまいまして、本当に、申し訳ございません。

もしすでに、瑠美さんも彼に、金を渡してしまっていたのなら、私の方から弁済をさせて頂きます』

  

瑠美『いえ、お金は、あげていません…』

真海『それをきいて安心しました。・・・それにしても、偶然とはあるものですね~、彼、この近く電話ボックスに捨てられていたそうですよ。

生まれたばかりの、赤ちゃんの状態で』

これを聞いた土屋が驚く。

  

瑠美『え??・・・』

真海『どうされました?』

瑠美『それは、いつ?』

真海『土屋、あれはいつの事だったかな?どうした?お前が調べてくれたんだろう』

土屋『22年前。1996年の4月15日です』土屋は下がる。

瑠美『1996年、4月15日??』瑠美は外のマリア像をみる。

真海『タオルにくるまれて、泥だらけだったそうですよ。親の愛情を知らずに育ったんでしょうね~、道を外れた人間になってしまったのは、とても残念です…。

ただ、施設にいた頃から本当に、洋服を作る仕事がしたいとそう言ってしたそうですよ』

瑠美は涙を流す。

  

瑠美『彼はただ、一生懸命生きてきただけなんだと思います』どこか嬉しそうな瑠美

真海『そこまで思ってらっしゃるのであれば、一つだけ、御忠告差し上げます。彼はいま、寺門という窃盗の常習犯と行動を共にしています。

このままでは、また刑務所に戻るのも時間の問題かと…』

真海がベランダに出ると土屋が『お帰りになりました。あの安藤完治という男が、私が助けた赤ちゃんだったのですね。生きていたなんて・・・』

真海『自分の息子と寝ていたと知って、絶望すると思っていたが、あんな嬉しそうな顔をするとはな~…。母親と言うのは、偉大だな…』

その頃、寺門と歩く安堂。それを遠くから見つける瑠美。

寺門と安堂は、真海邸の前に車を止める。安堂がいこうとすると寺門が止める。『何かいやな予感がするんだよ。』もうちょい待て。

寺門と安堂が侵入

そして寺門が鍵を開けて侵入。

引き出しにを開ける、目的の幸男のファイルが。寺門『一発ビンゴ!』寺門は写真をとりまくる。

その隙に安堂が時計を持ってきて、寺門も金目の物を物色し始める。

すると瑠美が入ってきて『ダメだよこんなことしちゃ!借金を返すためにやってるんでしょう?だから私の事も、ダマそうとしてたんだよね?』

安堂は開き直り『だったらどうするよ!?察に出も付きだすか?俺に惚れたあんたが勝手に貢いだだけだろう!腐ったババアを抱いてやったんだから感謝しろよ!』

  

瑠美『一つだけ教えて欲しい。あなたの夢は嘘じゃないよね?好きな服が着たいから自分で作ろうと思った。

だから、自分でデザインしたりお店を探したりして、その夢は本物なんだよね!?』

安堂『別に関係ねぇだろう!』

瑠美『お金を借りたのも、最初はその夢を実現するためだったんでしょう?!』

安堂『知ったようなこと言ってんじゃねえよ!旦那が稼いだ金で、好き放題やってるあんたみたいな奴に、俺の何が分かんだよ!!』

瑠美『大丈夫!あたしが守ってあげる。これからは、安堂君のこと私が守ってあげる!だから、一緒に帰ろう!!』

すると寺門が後ろから瑠美を殴る!

  

安堂『おい!!何してんだよ!?』

  

寺門『いいから、いいから。紐男のこと付けまわして、あんたやっばいストーカーだな~!!旦那さんにちくっちゃうよ~。

安堂、この女、やっちゃってもいいよな?』

瑠美『安堂君、帰ろう・・・』

寺門はズボンを脱ぎ、襲い掛かる!瑠美は寺門の腕に噛みつき、追い払う。

瑠美『安堂君、帰ろう。』

安堂『瑠美さん、なんで!?』

瑠美『あなたの事、大好きだから…』

寺門が瑠美を捕まえる。安堂は瑠美を守ろうと、寺門を杖で殴る。

そして襲い掛かってくる寺門に、杖が刺さる。

  

寺門『おい、なんだ…、意味わかんねえよ・・・』

安堂『瑠美さん帰って!!後は何とかする!!・・・こんなんで、こんなところで終わってたまるかよ!!たまるかよーーー!!』

瑠美『この人運び出して、部屋の中綺麗にして…。私はスコップ探してくる。裏に物置があるの…』

安堂『どうするんだよ・・・』

瑠美『埋めるのよ。こういう時は、埋めればいいのよ・・・

真海は一部始終を見ている・・・。

寺門への復讐

瑠美と安堂は、穴を掘る。そして寺門を穴の中へ

安堂『誰か来た!』 瑠美『逃げよう』

2人がいなくなり、真海が半分埋められた寺門の元へ

  

ライトを照らすと、寺門はまだ生きていて、動いている。

真海『まさかの結末だ…。本当に母親の愛情というものは、軽く私の想像を超えてくる・・・』

寺門『たすけ…て・・・』

  

真海『ずいぶん勝手なことをいいますね。15年前、神楽が南条を使って私を警察に売ったことを知っていながら、あなたは何もしなかった…


しかも地上げのために、私の母を、あまりにも惨い孤独死に追い込んだ。

神楽とあんたが、母さんを殺したんだよ・・・』

  

寺門『だれ…だれだ・・・』

真海『俺は柴門暖だ。』土を寺門のかける。真海『これで、まず1人・・・』

神楽と瑠美の決別

翌朝。瑠美は神楽の事務所に行き『おはよう。一緒に食べよう』

神楽『何その顔?』

瑠美『大切な男の子がいてね~、その子を守ろうとした時に。こないだ紹介した安堂完治さん、覚えてるでしょう?

お金頂戴!』

神楽『舐めてんのかてめえ』

瑠美『私は私の人生、生きることにしたから』

神楽『ふざけんな!こないだいったよな?お前がどこで何しようが勝手だが、俺の金は使わせない!って』

瑠美『じゃ、あなたが何度もやってきた木島先生の賄賂。あればらす』

神楽『お前死ぬぞ・・・』

瑠美『あなたもね。うふっ、久しぶりね、私の顔、ちゃ~んと見てくれたの…』

すみれが人質に

一方、幸男の家では『ねえ、明日花は?』

すみれ『まだ寝てるみたい』するとチャイムが鳴り、すみれが玄関へ

ヴァンパの男達が押し入ってくる。

幸男『おい、なにしてんだよ?』


--- 以上、モンテクリスト伯 6話のネタバレでした~! ---

  
モンテクリスト伯 6話を見逃した人は、

無料期間中に1話から見逃し視聴できる『FODプレミアム』がおススメです!


>>>『FODプレミアム』の1ヶ月無料おためしはこちら


いつまで“1ヶ月間の無料おためし”があるのか分からないので、見たいかたはお早めに~^^♪

これで連休の暇つぶしはバッチリです(笑)

モンテクリスト伯の動画!6話の感想まとめ

モンテクリスト伯 6話の感想は、モンテ・クリスト真海が1人目の復讐に成功しましたね!自らの手を直接下すことなく。

ですが最後、寺門に土をかけ、見殺しにしたのである意味、真海がとどめを刺したことになるような・・・。

  
しかし、稲森いずみが演じる瑠美は迫力がありました。さすがベテラン女優ですw自分の本当の息子だとわかった安堂を守っていくようですが、これで神楽の家庭は完全に崩壊。

  
そして次は南条幸男に真海の復讐の魔の手が及びます。すみれがヴァンパに人質に取られるようですが、真海は本当にすみれも助けることはしないのでしょうか?

次週の展開もかなり気になりますね!!


>>>『FODプレミアム』の1ヶ月無料おためしはこちら

モンテクリスト伯の動画!6話のあらすじを最後に

ドラマ『モンテクリスト伯』6話のあらすじを簡単に紹介します~!

モンテ・クリスト・真海(ディーン・フジオカ)の復讐は、ついに死者を出すまでに至った。

  

その犠牲は入間 公平(高橋 克典)家族の崩壊を意味している。


真海が放つ復讐の火種は南条幸男(大倉忠義)と 神楽清(新井浩文)の関係も絶ち、大炎上を招こうとしていた。

  

香港のタブロイド紙が十数年前に失踪した有名俳優、ショーン・リー(ジョー ナカムラ)家族が裏組織ヴァンパに殺害されたという新証言を掲載。

  

記事は真海が裏で手を回したものだが、幸男の弱点を探る神楽も食いつく。


ショーン家族失踪当時の付き人が幸男だったからだ。もちろん幸男、そしてヴァンパも…。

  

バーで1人飲んでいた幸男は“あの時”を思い起こす。


ヴァンパに多額の借金をしていた幸男はショーン家族の留守宅に組織を招き入る。宝飾品などを盗み出すことで借金をチャラにしようとしたのだ。

  

だが、そこにショーンたちが帰宅。組織のメンバーは、夫婦を殴り倒す。幸男が気づくと両隣に男が座っていた。


ヴァンパのボス、ダニー・ウォン(葉山ヒロ)たちだ。

  

裏切り者を始末しに来たのだが、幸男は自宅に脅し文句が書かれたファックスが送られたことを男たちに話す。

  

すると最近、香港で過去の幸男のことを嗅ぎ回る人間がいたと教えられる。神楽の秘書、牛山直紀(久保田悠来)だ。


男たちは牛山の動きを止めるよう幸男に命令する。

  

だが、事件の真相を知っている人間は幸男とヴァンパのメンバーだけではなかった。


それは、両親を目の前で殺害されたショーンの娘で…。

>>>『FODプレミアム』の1ヶ月無料おためしはこちら


最後までお読みいただきありがとうございました^^


◆モンテクリスト伯 “全話”のネタバレまとめページはこちら↓

>>> モンテクリスト伯 “全話”の動画の視聴方法&ネタバレをチェック♪

※本ページの情報は2018年5月時点のものです。最新の配信状況はFODサイトにてご確認ください。[PR]

シェアする!!