滝沢カレンの母はガン?さんま御殿で判明?

滝沢カレンさんが母親と一緒に出演したさんま御殿が話題になっています。滝沢カレンさんの母親は、ガンという噂があるのですが、そのことがさんま御殿で話題になったようです。

 

ガンは本当なのか?母親はどんな人なのか見ていきましょう!また、日本語がおかしくてそこが面白い滝沢カレンさんなのですが、ハーフだからなのでしょうか?

 

 

彼氏はゆうすけという噂や熱愛報道などもあるようなので、恋愛面についても調査していきたいと思います。








滝沢カレンの母はガン?

滝沢カレンさんの母親がガンを患っているという噂は本当でした。現在、闘病中ではなく2018年の7月に亡くなってしまっていたようです。

 

滝沢カレンさんの母親は、宮沢さゆりさんという方で元バレリーナの経歴をもち、その後はバレエスクールを経営しながら、ロシア語の通訳の仕事もしていたそうです。

 

 

滝沢カレンさんの母親が亡くなっていたことが分かったのは2019年の8月です。滝沢カレンさんの天真爛漫で面白いイメージから、母親の死を公表するのは辞めたようです。

 

 

テレビで相変わらず元気に明るい滝沢カレンさんからは想像もつきませんでした。悲しみを隠してテレビでは気丈に振舞っていたようです。

 

滝沢カレンさんが喪主を務めたお葬式では、生まれ変わってもまたお母さんの子供に生まれたいなどと挨拶したそうです。絆の強い親子だったんですね。








滝沢カレンの母がさんま御殿に出演?

亡くなってしまった滝沢カレンさんの母親ですが、二人は過去に番組でも共演しています。2016年4月12日に「踊る!さんま御殿」に出演しました。

 

 

番組内では、最近滝沢カレンさんが忙しく、この番組で久しぶりに会うことができたと話していました。活躍する娘と共演、そして久しぶりに会うことができて嬉しかったのではないでしょうか。

 

 

2017年の3月26日に「誰だって波乱爆笑」でも共演していました。そこではテーブルマナーが厳しかったことや、ご飯は基本的に和食なのに食事中はオペラが流れていたなどのエピソードを披露しています。

 

 

また、2015年10月8日の「浜ちゃんが!」では、共演はしていないのですが、母親にはウクライナ人の彼氏がいて、ゲイの男性と三角関係になっているなどの衝撃エピソードを暴露していました。

 

 

ガンだと判明したのは、さんま御殿がきっかけというのはデマで、二人がテレビで最後に共演したのがさんま御殿でした。

 








滝沢カレンの母国語は?

滝沢カレンさんと言えば、かなり変わった日本語です。独特な言い回しや漢字もなかなか読めません(笑)

 

そうなると気になるのが母国語です。ここまで日本語が苦手だと元々は、他の国の言葉を話していたのではないでしょうか。ですが、調べて見るとまさかの母国語は日本語でしたw

 

 

滝沢カレンさんは日本生まれの日本育ちです。また、母親も日本人です。滝沢カレンさんは現在27歳です。

 

 

27年間、日本で暮らしていたのに日本語が苦手な理由は、母親の通訳の仕事の関係で家に来るロシア人とカタコトの日本語で話していたことが原因だと言っていました。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

強メイク 合わせたくなるのさ アロハシャツ 🍉💄 (これがなんなのかは時が来たら言います)

滝沢カレン/karen takizawaさん(@takizawakarenofficial)がシェアした投稿 –

 

日本語がおかしい滝沢カレンさんですが、最近では芸能人に4文字熟語であだ名をつけたことが話題となっています。。

 

 

FUZIWARAの藤本さんに突如顔面、サンシャイン池崎さんには小声希望などです。とてもセンスがありますよね。

 

こういったところを見ると頭はよさそうな感じもしますね。








滝沢カレンはハーフじゃないの?

日本生まれ、日本育ちで母親も日本人です。滝沢カレンさんはハーフではないのでしょうか。調べて見ると、母親は日本人ですが、父親はウクライナ人のようです。

 

あの目鼻立ちがハッキリしていて美人な顔に、長い手足は、母親も美人な方でしたが、ウクライナの影響が強いです。

 

 

ウクライナ人の父親の影響で、日本語がカタコトになったのかと思いましたが、両親は滝沢カレンさんがお腹の中にいるときに離婚しています。

 

母親の宮沢さゆりさんは女手一つで育て上げたのですね。滝沢カレンさんは父親について一生会うことはないと話していました。

 

 

協力して生きてきた二人の絆は本当に強いようです。そんな最愛のお母さんを亡くしてしまったのは本当に悲しいです。

 








滝沢カレンの学歴や高校は

滝沢カレンさんは、日出高校出身です。日出高校と言えば芸能コースがありこれまでも多くの芸能人が卒業していることで有名ですが、滝沢カレンさんも芸能コースです。

 

モデルを始めたのは、高校1年生の夏からですが中学の頃からスカウトなどをされていて、高校から芸能活動を始めようと考えていたのでした。

 

 

同級生には染谷将太さんやグラビアアイドルの村上友梨さんがいます。村上友梨さんとは仲が良く二人でよく遊んでいたようです。

 

 

高校時代の滝沢カレンさんは、軽音部に入ってベースを担当していました。少し意外ですよね。高校卒業後は、芸能活動に専念するために大学へは進学していません。

 

 

また、中学校は世田谷区の梅丘中学校に通っていました。中学時代でも今の滝沢カレンさんのキャラは健在で、当時の同級生が言葉遣いが変な人だと思っていたと話していました。








滝沢カレンの彼氏はゆうすけ?

滝沢カレンさんの彼氏を探して見ると、ゆうすけという名前がでてきます。ただの噂ではなく、週刊誌にも報じられてどうやら本当のようです。

 

お相手のゆうすけさんの詳細ですが、名前は保山悠輔さんで現在は六本木でバーを経営しているお金持ちのようです。

 

 

しかも顔は、俳優の永山絢斗さんに似てると書かれていました。実際の保山悠輔さんの写真を見て見ると、確かに少し似ていました。

 

現在は、バーを経営している保山悠輔さんですが、ロックバンドでメジャーデビューした過去もありました。

 

 

バンド名は、「LittleBlueBox」です。2011年にデビューしていて保山悠輔さんはドラムを担当していました。滝沢カレンさんも高校時代軽音部に入っていたので、そういった面でも気が合ったのかもしれませんね。

 








滝沢カレンの交際報道の内容は

滝沢カレンさんと保山悠輔さんの交際報道を詳しく調査してみました。二人が交際していると週刊誌に掲載されたのは2016年の3月です。

 

 

二人で食事をしている姿や、2017年の7月にはサイパンに旅行したことも書かれていました。所属事務所も交際を認めていて、交際期間も2年、両親にも紹介済みと結婚も噂されましたが、二人は破局しています。

 

 

その後、交際を噂されたのはテラスハウスにも出演していた太田光るさんです。大田光るさんは現在、モデルや舞台で活躍しています。

 

二人の交際がスクープされたのは2019年の8月です。7月末にモルディブに両行をしたことが書かれていました。

 

 

保山悠輔さんの時には交際を認めた事務所でしたが、今回はプライベートは本人に任せているというどちらともとれる回答でした。まだ、交際の噂がたったばかりなので今後の二人の動きに注目ですね。








滝沢カレンの経歴・プロフィール

滝沢カレンさんの経歴やプロフィールを見ていきましょう。1992年5月13日生まれで現在27歳です。

 

日本人の母親、ウクライナ人の父親を持つハーフですが、出身は東京都です。身長はモデルというだけあって、172センチと高身長です。

 

 

趣味は読書と海外旅行で、特技は意外にも料理です。滝沢カレンさんのインスタには美味しそうな手料理がよくアップされています。

 

 

滝沢カレンさんは2008年に渋谷でスカウトされたことをきっかけに事務所へ入りモデルになりました。同年の「ミスセブンティーン2008」では見事グランプリに選ばれて専属モデルになっています。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

みなさんこんにちは😃 この前は大好きなデニムブランドさんで知らない人は知らない、Leeさんの撮影をさせていただきましたっ💓👖 Special book と名前が付くほど期待させる撮影でした🎆 本当にデニム系がお洋服つくほど大好きなので嬉しい撮影だったんです☺️ みなさんもデニムは好きですか❓ デニムは何十年たったて人の意識を変えさせずに、365日いつ出したって笑われないですし、なんなら何年かたつと自分の足のために作られたのかなと、嬉しい大きな勘違いできてしまうことも好きです🍦 決して自分が選んだだけなのに、選ばれたような嬉しさや幸せをくれるのがデニムです🥰 写真にはデニムを一切写り込ませないのは、どんなデニムが出てくるかをそそらせるためです😏💖 令和1年9月13日に発売されているはずです🔑 デニムのすごさを一緒に話し合いましょうよ💕 #デニムの無限をまた突きつけられた #おぉおぉそこまでかと #規模の迫力を知らせてもらうんだ #履いてもいい羽織ってもいい #なんなら持ったっていい #可能性知らずの素材は今日もどこかで #長所を爆発させている

滝沢カレン/karen takizawaさん(@takizawakarenofficial)がシェアした投稿 –

 

2009年ドラマ「ROOKIES~卒業~」で女優デビューしています。翌年の2011年11月の映画「マリア様がみてる」では佐藤聖という主要メンバーの役を演じました。

 

 

同年3月にセブンティーンを卒業し、同時に雑誌「JJ」の専属モデルになりました。2014年にはグルーヴィー・エアーから現在の事務所スターダストプロモーションに移籍しています。

 

 

2015年6月に出演した「踊るさんま御殿」をきっかけに、日本で育ったのに日本語が下手なキャラが話題となりバラエティ番組に引っ張りだことなりました。

 

2019年7月に8年間続けたJJを卒業しています。また、10月から始まるドラマ「G線上のあなたと私」では連続ドラマ初めてのレギュラー出演です。

まとめ

女手一つで育てた母親をガンで2018年に亡くしていた滝沢カレンさんでしたが、そのことは隠し、テレビではいつも通り明るく振舞っていました。

 

 

日本で生まれ日本人の母親に育てられたのに、日本語がおかしい原因は、母親の仕事の関係でくるロシア人とのカタコトな日本語での会話だったようです。

 

 

そんなことも、滝沢カレンさんにとってはいい思い出なのかもしれません。今年の7月にJJのモデルを卒業しましたが、10月からのドラマにも出演が決定しているなど、今後もさらに活躍していきそうです。

 






タイトルとURLをコピーしました