ミス・ジコチョー 動画を4話も見逃し配信でフル視聴する方法

 

2019年11月08日放送 松雪泰子 堀井新太 須藤理彩 高橋メアリージュン 余貴美子が出演するドラマ『 ミス・ジコチョー~天ノ教授の調査ファイル~』の4話が放送されましたね!

 

この ミス・ジコチョー 4話の動画は 見逃し配信でフル視聴できるの?と、気になって動画を探している人が多いようです。

 

なのでこのページでは安心して、 ミス・ジコチョー 4話の動画を “見逃し視聴できるおススメの方法” やネタバレを紹介しています↓

 

>>>『U-NEXT』の31日間無料トライアルはこちら

 

違法にアップロードされた動画じゃないので、高画質でCMもないし、安全に “1話~ まとめて” 視聴できますよ!

 

ミス・ジコチョーの動画!4話の予告は?

ドラマ『 ミス・ジコチョー』4話の動画予告はこんな感じに!

 

ミス・ジコチョーの動画!4話を見逃し配信でフル視聴するおススメの方法

ではドラマ『 ミス・ジコチョー』4話の動画を、見逃し配信でフル視聴できるおススメの方法を紹介します!

 

それは、 ミス・ジコチョーの放送が終わるたびに毎回、見逃し配信をしてくれている公式のサービス『U-NEXT』です!

 

『U-NEXT』には”31日間の無料トライアル”が付いててお得なので、

 
違法にアップロードされた動画を探さなくても安全に見逃し視聴できます!

 

>>>『U-NEXT』の31日間無料トライアルはこちら

 

無料期間中に登録して31日以内に解約することもできるし、その場合でも、 ミス・ジコチョーの動画を1話から視聴できます!!

 

もちろん『 ミス・ジコチョー』以外の現在放送中の最新ドラマや映画・海外ドラマも、時間が許す限り好きなだけ見れてしまいます!

 

ただ、“31日間の無料トライアル”はいつまでやっているのかわからないので、

 
ミス・ジコチョーを安全にフル視聴したいなら早めに登録したほうが損しないです!

 

>>>『U-NEXT』の31日間無料トライアルはこちら

 

※U-NEXTに登録したら検索窓から⇒「 ミス・ジコチョー」で検索してくださいね^^

ミス・ジコチョーの動画!4話の予想

 

40代

4話は医療事故編の前編ということで医療の過失、事実を導き出すためにはかなりの労力を要する展開になるんだろうなと思います。

 

普段の事故でも聞き込みに行ったり事故の状況を入念に調査したりと大変ですがもう1段階上で大変そうで興味深い回になるんじゃないかと思っています。

 

遺族が手術の不審な点を感じ、マスコミを動かし真奈子が調査に乗り出すとあるんで医療ミスを真奈子が見つけれるかに注目する感じです。

 

展開的には医療ミスを真奈子が見つける流れですが予想は真奈子が調べても医療ミスは無かったというパターンもあるんじゃないかと予想しました。

 

 

30代

心臓手術の失敗ではないか、と遺族から発せられメディアで大沙汰に。

 

おそらく病院側としては医療事故は隠したい必須事項なので、カルテはもちろん、手術に関与した医師や看護師などへのかん口令は裏でしっかりとされているでしょう。

 

しかしそんなことはすでにお見通しの真奈子。

 

手術の再現には、また目の敵にしている母親の南雲がひと役買ってでるのでしょうか。

 

ポイントは手術を執刀した医師よりも助手。

 

助手は何かをしっていたにも関わらず、上下関係や出世に響くためにNOとは言えずに助手として淡々と手術に参加していたのではないか。

 

 

40代

4話のタイトルは、「真奈子パンダになる」です。

 

マスコミも注目する医療事故の調査で、真奈子がテレビに出るようですが、それを見た南雲博士は、真奈子のことをパンダと言っていました。

 

真奈子は美人なので、客寄せパンダ的な存在になったのかな?と思いました。

 

それを最初は馬鹿にしている真奈子の母、南雲博士ですが、苦戦する真奈子を応援して、事故を解決するヒントを教えてくれそうです。

 

真奈子は、助手の野津田のことを、工学者としての才能を密かに認めています。

 

自信を取り戻した野津田の活躍も見てみたいです。

 

きっと、真奈子の最高のパートナーとして、事故の解明の手助けをすると思います。

 

 

30代

次回は医療ミスという、今回もそうでしたが現実にも起こりそうなことがテーマになるようです。

 

天ノと野津田は当然その医療ミスを疑われた病院に行くのだと思いますが、どういうわけか予告で天ノたちは手術室で医者が着るような服を着ていました。

 

まさか彼らが手術に参加できるわけもありませんし、再現実験をするのも無理だろうと思います。

 

それなのにそういう格好をしているということは、手術現場を見るためそういう格好をして手術室に入ったのか、はたまた天ノが野津田にやろうと言ったコスプレか何かなのか気になります。

 

そしてまた聞きこみの時相手を怒らせそうで、苦悩する野津田の姿が見られそうです。

 

 

40代

前後編の長編になっています。

 

心臓手術で死亡した遺族が疑問を抱き、医療ミスが疑われます。

 

病院内での医療事故発生を疑い、事故調査を始める天ノですが、弁護士の守康に阻まれ真相を究明出来ずにいます。

 

恐らく弁護士の守康は、事故調査委員会の委員長であるにも関わらず、病院側に買収されているのです。

 

組織ぐるみの医療ミスの隠蔽に、天ノは大苦戦していき、諦めそうになるのですが、不自然な弁護士の行動や小さな辻褄の合わない言動から、真相究明の糸口を見出だすことが可能になりそうです。

 

遺族には、隠された人間ドラマがありそうで、どのように真相究明と繋がっていくのかも楽しみです。

 

 

 

>>>『U-NEXT』の31日間無料トライアルはこちら

ミス・ジコチョーの動画!4話の見所はどこ?

40代

手術が医療ミスだったのかを調べる為にどんな手段を使い真実に導くかが楽しみです。

 

事故調査委員会の委員長、弁護士の守康とことある事に衝突するそうです。

 

真奈子が隠蔽を疑うが証拠がなく大苦戦とあるんでぶつかり合いが楽しみです。

 

真奈子にこき使われるだろう野津田が次は何をさせられるのか楽しみです。

 

バンジージャンプさせられたり辛いもの食べさせられたりパワハラに近い扱いがまたあるのか楽しみです。

 

バンジージャンプよりもキツいことがあるのかはわからないですが注目しています。

 

医療事故ということで慎重に説明しながらドラマを進めてくれそうで楽しみです。

 

 

30代

第4・5話で前編・後編の医療事故を扱った内容。

 

登場する弁護士が医師免許を持っているというややこしさから、どこまで真奈子が弁護士・守の主張を論破するかが見どころです。

 

一体、亡くなった遺体の胸に残っていた赤黒い痕とは何なのか。

 

失敗という医療ミスなのか。

 

それとも偶発的に起こった、予期せぬ事態だったのか。

 

おそらく医療事故であることは100%あり得るのですが、その明かし方が真奈子の腕の見せ所。

 

ロボット開発もそこそこに、母親・南雲教授からは「事故調査のパンダよ!」と言われていることから、圧迫したことや止血不十分で医療事故が起こったのではないか、と予想しています。

 

 

40代

第4話は、医療事故の調査に乗り出す真奈子ですが、医療事故は専門的な要素が多く含まれていると思うので、どうやって解決に導くか見どころだと思います。

 

真奈子は苦戦し、病院に隠蔽があるのでは?と疑問をいだくのですが、その隠蔽をどうやって見つけだすのか楽しみです。

 

事故調査委員会の委員長、弁護士の守康は医師免許も持つやり手で、真奈子と守康はことごとく衝突するようです。

 

真奈子と守康の対決も面白そうです。

 

病院という閉鎖された場所を舞台に、真奈子が助手の野津田と協力して、事故の原因を見つけ解明し、病院関係者と弁護士の守康に、ビシっと言う姿を見せてほしいです。

 

 

30代

やはり天ノと野津田はなぜ手術着を着ているのか?というのが見どころの1つじゃないかと思います。

 

そもそも一般人が手術室に入ったりすることができるのか、も疑問です。

 

天ノはあまり苦手なものがなさそうなので手術しているところを見ても特に何も変わらず涼しい顔をしているか、もしくは興味津々で見入ってしまいそうですが、野津田はそんな現場に入ったら貧血などで倒れてしまうんじゃないかと思ってしまいます。

 

もしくはあの格好は実際に手術室に入るために着たものではなく天ノが野津田を誘ってやったコスプレか何かなのか?そして予告に書かれている再現実験というのはどういうふうに再現するのか注目ポイントがたくさんありそうな回になりそうです。

 

 

40代

医療事故の前編です。

 

心臓手術の結果、患者が死亡してしまいます。

 

遺体の胸には赤黒い跡が残っており、医療事故が疑われます。

 

遺族が手術に対して疑問を抱き、医療事故を疑います。

 

医療ミスが起こったのではないかと、マスコミは騒ぎだします。

 

調査を始める天ノの前に、事故調査委員会の委員長である弁護士の守康が立ちはだかります。

 

理論武装で応戦してくる弁護士の守康に天ノはどのように対処していくのでしょうか?病院の医療ミスの隠蔽を疑い疑問を感じるものの、真相を突き止める為の証拠は見つからず苦戦する天ノ。

 

解決の糸口はどこにあるのか?

 

 

 

 

◆ ミス・ジコチョー “全話”のネタバレまとめページはこちら↓

>>> ミス・ジコチョー “全話”の動画の視聴方法&ネタバレをチェック♪

ミス・ジコチョーの動画!4話までの感想

40代

火災原因の可能性があるエアコンが野津田が過去に勤めていて大損害を与えてしまった会社だったため萎縮しまくる野津田とあります。

 

野津田のようなパターンに実際になって全く感情を表さない人はいないです。

 

怒りというパターンかもわからないですが野津田の場合は自分のミスだから何も言えなくなるのはしょうが無いかなと思いました。

 

それでも周りに助けられ事故調査委員会の前でエアコンの実験を推奨した野津田の行動は素晴らしかった。

 

その後に事故調査委員会が反対するなか真奈子が出てきて全て野津田の考えに乗るというコメントは感動的なコメントでした。

 

 

30代

真奈子の助手・野津田が闇に葬り去りたい過去の失敗が見事に返り咲いた第3話。

 

会社員時代に仮説を立てて、失敗せずに立証していたらこれ以上野津田自身の自信が保てていただろうに、と残念ではあるが運命のいたずらか火災事故でリベンジできたので良かったと思う。

 

第3話まで見たが、真奈子または助手の野津田がある事故調査の仮説を立てるが失敗。

 

しかし、その失敗から新たな仮説を立てて実証するというのがドラマの流れとして見えてきました。

 

今回は、「失敗」をしたら現実逃避する、おいしいものを食べる、寝るという定番の行動ですが、自分自身にためになる言葉として響きました。

 

 

40代

ライブハウスの火災の事故は、以前に野津田が勤めていた空調メーカーのエアコンが原因でした。

 

真奈子の助手野津田の仮説は、空調メーカーの上役に馬鹿にされていたけど、真奈子は、野津田の失敗から、事故の原因を見つけ出し、空調メーカーの上役に言ってのけた姿にスカッとしました。

 

野津田の仮説を誰も信じていなかったけど、真奈子が答えに辿りついたのは、野津田を信頼しているからだと思いました。

 

野津田は、社員だった時、自分の仮説のせいで空調メーカーに損害を負わせてしまったことをずっと気にしていたけど、今回の事で一歩前に進めるようになって良かったです。

 

 

30代

いつも天ノに振り回されている様子の野津田の過去を知ることができた重要な回だったんじゃないかなと思います。

 

これまで野津田がどういう経緯で今の研究室に来ることになったのかはよく分からないままでしたが、今回そのもやもやが晴れてすっきりしました。

 

結構今の研究室で野津田は天ノに振り回されていてかわいそうだなと思ってしまいましたが、前の職場の回想シーンを見ていたら今の研究室のほうがずっといいように思いました。

 

というか野津田がそんなにつらい目に遭っているとは思わなかったので、そういう過去があることを知った上で助手に選んだ天ノはすごいなと思ってしまいました。

 

 

40代

またしても事故の真相を突き止めた、天ノ教授が良かったです。

 

ライブハウスで起こった火災により一人のバンドのメンバーが死亡しました。

 

事故の原因はステージで使用した花火とみなされそうになりましたが、助手の野津田がステージに設置してあった業務用空調機であると推測します。

 

その空調機は野津田が以前勤務していた会社で、事故調査会ではかつての上司達から蔑まれます。

 

空調機が原因であるという証拠は出ず、諦めようとする野津田ですが、野津田の失敗から天ノは真相を究明するのです。

 

野津田の優秀さを以前の上司達に証明し、「あなた達の最大の失敗は野津田を手放したことです」と言い放つ姿に、スッキリ感が最高潮です。

 

 

 

>>>『U-NEXT』の31日間無料トライアルはこちら

ミス・ジコチョーの動画!4話【ネタバレ】← 紹介

 

ここからがドラマ『 ミス・ジコチョー』4話のネタバレになります!

医療ミス?!遺体に大きな火傷

 

葬儀場で悲しんでいる遺族たち。

いざ最後のお別れという段階で、息子が遺体の着物をはだけさせる。

驚いたことに、胸のあたりに大きなガーゼがあり、その下には火傷のような大きな赤黒い痕が隠されていた。

母が止めるのも聞かず、写真に収める息子だった。

 

・ ・ ・

 

今日は天ノ真奈子教授の講義に取材が入っている。

失敗学について語る天ノ教授に、「熱血列島」というTV番組から密着取材の依頼があったのだ。

『0.1%でも可能性がある事故は、必ずいつか起こる』と話しつつ、意外に緊張している教授。

ニヤニヤ見守るのは、助手の野津田燈・西峰郁美、そして秘書の辻留志保だ。

研究室に戻った教授は、さんざんからかわれる。

そこに、医療ミスについての事故調査委員会参加の依頼が入る。

盛り上がる予感に喜ぶ榎波ディレクター、カメラを意識して参加を承知する教授だ。

医師免許を持つ弁護士

撮影陣を引き連れ、委員会へ向かう天ノ教授と野津田。

ついカメラ目線になってしまう。

「栄倫会病院医療事故の疑いに関する調査委員会」の委員長を務めるのは弁護士・守康堅一郎だ。

医師免許も持っているらしく態度は尊大、天ノ教授を話題作りだ、門外漢だと認めたくない様子だ。

栄倫会病院の山口室長が事情を説明する。

 

故・佐竹氏は9/24に心肺停止状態で救急搬送され、医師による救命措置で心拍が回復。

冠動脈硬変・急性心筋梗塞の合併症で、椎名医師の執刀で手術を行ったが、容体回復に至らず死亡が確認された。

問題は、佐竹氏の遺族から提出された写真だ。

ピントがぼやけているが、胸に大きな溝のような黒色の火傷痕が見られる。

遺族が医療ミスを疑う根拠で、マスコミも大騒ぎだった。

『オペであんな跡ができるはずない』ということで話が進む。

『医療ミスなら盛り上がる』と不敬なことを言う榎波ディレクターは、守康委員長に怒られてしまう。

病院側は、写真の信憑性を疑っていた。

椎名医師は心臓外科のベテランで、今回は遺族の思い込みだという流れになりそうな会議だ。

しかし『あり得るんじゃないですか』と口を挟む教授。

いつものように失敗学を持ち出し、過去の医療事故のケースをあげる。

しかし守康委員長にダメ出しをされてしまう。

引用した事故の言い間違いを指摘、今回のようなケースを容認しては医師たちが委縮してしまうというのだった。

教授の聞き取り調査

これ以上のTV取材を断り、守康の反対を押し切って遺族へ会いに行く天ノ教授と野津田。

息子・誠司は医療ミスを主張する一方、お金目当ての様子。

妻・しのぶは、夫の傷はガーゼで隠されていたこと、病理解剖には医師が否定的だったことを語る。

2人の話に、息子が信用しがたいと思う野津田、『失敗の匂いがする』と微笑む教授だ。

 

栄倫会病院に出向く2人。

作業服を借り、椎名医師がオペ中の手術室を見学する。

椎名先生は1日に複数回心臓オペを担当することもある、多忙な医師だった。

教授は看護師が手術中に記録をとっていることに注目。

事故調にも当日のものが提出されていたが、リアルタイムで書いているものより数段字が丁寧だったことに思い至る。

 

術後、椎名武志医師に話を聞く。

火傷跡には心当たりがない、患者の奥さんには説明を尽くした、解剖を否定したことはないと語る。

助手をつとめた仙石医師が先月退職したという話を気にする教授。

2人は看護師の笹森・飯野にも聞き取り調査をする。

やはり火傷の跡は知らないとのこと。

手術後に患者をICUに移したのは4時12分、亡くなったのは4時56分だと言葉少なに語る。

 

モニタールームに案内される2人。

映像の保存期間は1週間で、当日のものは保存されていないらしい。

当直だった駒井鉄雄医師は、モニターを注視していたわけではないが、異常は見られなかったと語る。

火傷についても心当たりはないとのこと。

 

調査が終わるころ、守康弁護士が待ち構えていた。

『刑事の真似事ですか』と憮然と言うのに対し、『会議室では真相がわからない』と教授は流す。

病院側の対応が不自然に完璧だという教授に、守康は雑誌記事のコピーを見せる。

『医療ミスは遺族のでっち上げか』と、息子・誠司に借金があることが載っていた。

金目当てを主張する守康に対し、平然として調査を続ける天ノ教授だ。

 

仙石弘一元医師と対面する2人。

火傷には見覚えがない、手術に異常はなかったと答える仙石だが、ICUに移動した時間などがうろ覚えの様子。

現在勤める製薬会社は、もともと病院との付き合いが深い企業だった。

『解剖の必要はない』と言った覚えもないと、遺族とは正反対の話をする。

 

奇妙なメッセージ

大学に戻る教授に匿名のメッセージが届く。

“あの写真は本物だ”とあり、気になる教授だ。

 

研究室には南雲博士が来ており、“エモーショントレースカメラ”で取材陣や郁美と盛り上がっていた。

親子のツーショットを断る教授に、南雲博士は「熱血列島」は自分もオファーされたことがあると語る。

どうやら秘書の志保に取材の話を回したのは南雲博士らしい。

教授のことを『病院の印象を良くする客寄せパンダ』と語る南雲博士。

完全に怒ってしまう教授だ。

 

夜、研究室で酒盛りをする一同。

“あの写真は本物だ”のメッセージが気になる教授は、志保に明かしておく。

“あなたは誰ですか”との問いかけには、返事がない。

郁美と野津田は、教授と志保の関係について語っていた。

志保は宇宙工学の第一人者だったが、アメリカ留学後の天ノ教授の飛躍に惚れ込み、自分の研究をなげうって秘書になったらしい。

感動する野津田だ。

4人が揃い、シメサバをバーナーであぶる野津田。

チリチリと焼けていく様子を見た教授は、あることに気づく!

再現実験、失敗?!

 

再現実験に、事故調メンバー・医療スタッフ・榎波ディレクターたちを集めた天ノ教授。

遺族が提出した写真のような火傷を再現しようというのだ。

守康弁護士がありえないと主張する中、止血用の電気メスをダミーの皮膚片に当てて、焦げ跡がつくことを示した教授。

教授の仮説は、患者に被せる覆布などにメスが接触して大火傷の事態になったというものだった。

しかし、出力を上げても、電気メスで発火したり大火傷ができたりする様子はない。

TVカメラも含め、真剣に見守る一同の前に、実験は失敗してしまう。

『遺族の写真を捏造の可能性が強い』と、勝ち誇ったように去っていく守康弁護士たちだ。

 

教授行きつけの激辛中華料理店。

野津田と志保が付き合うが、教授は意外に落ち込んでいない様子。

心配する野津田をよそに、失敗した実験にも成果はあったと語る。

実験中に、椎名医師や看護師たちが動揺する様子が見られたというのだ。

『あれはいい線いっていた』とほほ笑む教授だ。

仙石元医師が言い間違えた30分の時間のズレは、火傷を隠すのにかかった時間だと推理できる。

志保は事故調委員長の守康弁護士がについて調べていた。

守康は栄倫会病院の元理事長と親密だったのだ。

 

1人研究室の教授。

メッセージの主に“電気メスでもあの火傷にはなりませんでした”と打ってみる。

 

衝撃の記者会見!

 

調査委員会の中間報告が記者たちを前に行われる。

ミスはなかったと印象付けたい病院の策略だ。

一方志保は、榎波ディレクターに取材の中断を謝られていた。

『面白い“絵”を撮るのは厳しい』との判断らしい。

 

医療事故の疑いについての中間報告。

病院側に責任を問うのは難しいと、次々回答する委員たち。

記者から天ノ教授に質問があり、胸の火傷の真偽が問われる。

『現時点では不明』との回答は、記者に遺族の捏造かと受け取られる。

不本意ながら『現時点では、病院側の失敗は確認できておりません』と回答する教授。

 

研究室では心配そうに郁美と南雲博士が会見の実況中継を見ている。

“事故調のパンダ”とけなす南雲博士だ。

 

その時、教授の携帯にメッセージが届く!

急ぎ野津田を呼んで手配させる教授。

守康が委員長として閉会を宣言しようとするのを押しとどめ、教授は意見の取り消しを宣言する。

『手術中にミスがあり、佐竹さんの胸は炎上しました!』と発表したのだ!

大騒ぎになる場を圧するように、野津田がモニターに映像を映し出す。

 

手術室で患者の胸上に炎が上がり、医療陣が飛びのく様子がわかる!

怒る守康をよそに『私が明らかにします!』と宣言する教授だ。

 

その頃、やはり中継を見ていた仙石元医師。

自分のトラウマとなった事態が公開されたことに、怯えつつも満足を感じている様子なのだった。

 

--- 以上、 ミス・ジコチョー 4話のネタバレでした~! ---

 

ミス・ジコチョー 4話を見逃した人は、

『 ミス・ジコチョー』を1話からまとめて視聴できる『U-NEXT』がおススメです!

 

>>>『U-NEXT』の31日間無料トライアルはこちら

 
いつまで”31日間の無料トライアル”があるのか分からないので、見たいかたはお早めに~^^♪

これで連休の暇つぶしはバッチリです(笑)

ミス・ジコチョーの動画!4話の感想まとめ

 

ミス・ジコチョー 4話の感想は、

ドラマ10にしては珍しい前後編で、気合の入っているのが伝わってくる密度の濃いストーリーでした。

まずは失敗してしまった再現実験ですが、『患者の胸に炎』という衝撃映像もありましたし、後半の真相解明に期待ですね!

ひょっとしたら、以前にペースメーカー設置など機械が体に入っていたとか…と考えてしまいます。

最初は遺族役の息子があまりにヤサぐれているので、『これはタカリだ』という感じが強く、天ノ教授が火傷の跡について合理的な理由を見つける展開かなと思ったのですが…。

院長役の弁護士もなかなかの曲者で、病院の元理事長とツーカーとは“白い巨塔あるある”という流れになってきました。

考えてみれば、元医師の弁護士ということは、母校や医師会でのつながりも豊富でしょうし、遺族側に付きそうな人物ではないですよね。

しかし、もともと“0.1%の医療ミスの可能性”と言っていたのに加えて、差出人不明の動画で意見の舵を切るとは、天ノ教授もなかなかのツワモノです。

やはり、“刑事の勘”ならぬ、“科学者の勘”が働いたということでしょうか。

それに再現実験は失敗しましたが、立ち会った椎名医師たちの不穏な空気、看護師による手術経過の“清書”も見つけていました。

次回は『クビになる』というタイトルですし、病院の闇を暴く天ノ教授が楽しめそうです!

 

>>>『U-NEXT』の31日間無料トライアルはこちら

ミス・ジコチョーの動画!4話のあらすじを最後に

 

ドラマ『 ミス・ジコチョー』4話のあらすじを簡単に紹介します~!

 

医療事故編の前編。

とある病院で心臓手術の結果、患者が死亡。だが、遺体の胸に残った奇妙な赤黒い痕から、遺族が不審な思いを抱き、「医療ミスでは?」とマスコミを動かした。

調査に乗り出した真奈子(松雪泰子)だったが、事故調査委員会の委員長、弁護士の守康(寺脇康文)と、ことあるごとに衝突。真奈子は病院の隠蔽があるのでは?という疑惑を感じるが証拠は無く大苦戦。手術の再現実験に挑むが・・・?

ミス・ジコチョー 公式サイト引用

 

>>>『U-NEXT』の31日間無料トライアルはこちら

 

最後までお読みいただきありがとうございました^^

 

◆ ミス・ジコチョー “全話”のネタバレまとめページはこちら↓

>>> ミス・ジコチョー “全話”の動画の視聴方法&ネタバレをチェック♪

 

※本ページの情報は2019年11月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

タイトルとURLをコピーしました