病室で念仏を唱えないでください 動画を第5話を無料見逃し配信でフル視聴

2020年02月14日 伊藤英明主演のドラマ『病室で念仏を唱えないでください』の5話が放送されましたね!

 

この病室で念仏を唱えないでください 5話の動画は 無料の見逃し配信でフル視聴できるの?と、気になって動画を探している人が多いようです。

 

なのでこのページでは安心して、病室で念仏を唱えないでください 5話の動画を “無料で見逃し視聴できるおススメの方法” やネタバレを紹介しています↓

 

違法にアップロードされた動画じゃないので、高画質でCMもないし、安全に “1話~ まとめて” 視聴できますよ!

 

 

>>>『Paravi』30日間無料体験はこちら!

 








病室で念仏を唱えないでくださいの動画!5話の予告は?

ドラマ『病室で念仏を唱えないでください』5話の動画予告はこんな感じに!








病室で念仏を唱えないでくださいの動画!5話を無料の見逃し配信でフル視聴するおススメの方法

ではドラマ『病室で念仏を唱えないでください』5話の動画を、無料の見逃し配信でフル視聴できるおススメの方法を紹介します!

 

それは、病室で念仏を唱えないでくださいの放送が終わるたびに毎回、見逃し配信をしてくれている公式のサービス『Paravi(パラビ)』です!

 

『Paravi』には”30日間の無料体験”が付いててお得なので、

違法にアップロードされた動画を探さなくても安全に見逃し視聴できます!

 

 

>>>『Paravi』30日間無料体験はこちら!

 

 

無料期間中に登録して ” 病室で念仏を唱えないでください ” の動画をまとめて視聴することもできるし

 

『病室で念仏を唱えないでください』以外の現在放送中の最新ドラマや映画・人気バラエティーも、時間が許す限り好きなだけ見れてしまいます!

 

ただ、“30日間の無料体験”はいつまでやっているのかわからないので、

病室で念仏を唱えないでくださいを安全に無料視聴したいなら早めに登録したほうが損しないです!

 

Paravi(パラビ)に登録したら検索窓から⇒「病室で念仏を唱えないでください」で検索してくださいね^^

 

>>>『Paravi』30日間無料体験はこちら!

 








病室で念仏を唱えないでくださいやドラマ動画を見るならParaviがおススメ!

動画を見るならParaviがおススメな理由についても紹介します!

 

Paraviでは、TBS系のドラマを独占配信しているので、病室で念仏を唱えないでくださいの他にも 現在放送中の『孤高のグルメシーズン8』『パパジャニWES』『恋んトス』も、一緒にまとめて視聴することができます。

 

過去のドラマも含めて、テレビ未公開のディレクターズカット版まで見れるのは独占配信の公式サイト『Paravi』だけ! 

 

 

>>>『Paravi』30日間無料体験はこちら!

 

 

さらに嬉しいのは、バラエティーや恋愛リアリティー番組も充実している所です!!

 

例えば「水曜日のダウンタウン」「マツコの知らない世界」「パパジャニWEST」などのバラエティーから 「恋んトス シリーズ」などの恋愛リアリティー番組も独占配信しているので、

 

  病室で念仏を唱えないでください 以外のドラマやバラエティーをお得に見ることを考えると、Paraviはおススメの動画配信サービスです! 

 

 

>>>『Paravi』30日間無料体験はこちら!

 

 

そしてもちろん 映画やアニメに ” Paraviオリジナルのドラマ ” も全部、 スマホやタブレットを使って見れるので、通勤中・急に空いた時間・連休中の暇つぶしにも安心なんです^^








病室で念仏を唱えないでくださいの動画!これまでの感想は?

病室で念仏を唱えないでください4話は、研修医田中の医者としての意識が大きく変わった回でした。が、田中先生の話よりも松本先生が公園で見つけた男の子・かいと君の話が衝撃的でした。話の途中で虐待をされている可能性があるかいと君が登場しました。そのあとは別の話になり、かいと君の話は次週に持ち越しなのかなと思っていると、救急にかいと君の姉のあいらちゃんが運び込まれます。まだ小学生高学年くらいの見た目です。松本先生は性器出血がある、虐待の可能性もあると言います。私は耳を疑いました。このドラマ、こんな題材やるの!?と。ドラマとはいえ、すごく気分の悪い結末でした。しかし、現実の世界でもあり得ることであって、だからこそこのドラマは批判も覚悟でこの内容にしたのだろうと考えさせられる4話でした。

「病室で念仏を唱えないでください」第4話はとても内容が濃いものだったと思います。階段から転落して運ばれてきた長沢さんという患者の奥さんの気持ち、凄くよく分かりました。散々遊んできた夫の介護をしたくないという気持ちもそうですし、妻としての意地にも凄く共感しました。「こんな姿、誰にも見せられないよね。」の後の”私以外には”という部分は、絶対こう言うだろうと思いましたから。それにしても、小学生の女の子の、性的虐待からの子宮外妊娠で亡くなってしまったのは、物凄くショッキングでした。ドラマで扱う題材としては、あまりにも生々しく、とても攻めた内容だとビックリしました。

毎回病院もののドラマは涙なしでは見られませんが、今回の「病室で念仏を唱えないでください」は少し違う、違いました。途中までは、最近目に付く児童虐待かと思ったら、それだけではなかった。虐待されてた男の子の姉が腹痛で運ばれた後、検査してみたら子宮外妊娠だったという内容。今、2歳の娘を持つ私としては、胸が痛むどころか想像しただけで、その父親をどうにかしてしまいたいくらいの衝動にかられてしまった。現実でこんなこと怒っちゃいけない。ちゃんと、子供が助けてと言える環境を作ってあげなきゃいけない。そう感じた内容でした。

今回の病室で念仏を唱えないでくださいは、家族の話でした。田中が、術後の状況を予想して述べた意見を聞いて、手術中止を申出る妻でしたが、結果あたたかい家族愛を感じるものになりました。もうひとつの家族は、きょうだいを虐待をする親の家庭です。その結果、姉は亡くなりました。義父がクズすぎて、松本が思わず殴るのですが、その行動は人として正しいものと思えました。ドラマの中だけで起きてる話ではないことを取り上げていましたが、とても深く、悲しい話でした。前半の家族の話は、田中もほっとして終われたのに、最後の最後でとても悔しくて切なくなりました。

病室で念仏を唱えないでくださいの今回の話は、頭部外傷の男性で運ばれてきた男性の話がメインでした。頭部外傷の男性は、病前は遊び人だったの事で奥様から毛嫌いされてしまったいました。病気をした事によって家族から目をそむけていた問題に直面したり予期せぬ事で気持ちが揺れ動いたりとすごく難しいなと感じました。男性の病状に対する始めの田中先生の発言が、ナガサワさんの奥さんや家族の心を傷つけたのでこの発言を聞いた時は、医者としてどうなんだと思いました。しかし、田中先生は患者さんの事を良く見ていて凄い先生なのにもったいないなと今後の成長を感じるなと思いました。松本先生は、千手観音を目指すと言っていましたが、松本先生の優しさや心の強さは本当になれるんじゃないかなと思いました。今回の松本先生の行動や話は、田中先生の心や迷ってた気持ちを救ったのではないかと思います。これから戦力になって行きそうです。これからも同僚の気持ちを救っていってもらいたいなと思いました。

「病室で念仏を唱えないでください」第4話ではすべての人の命を救うとはどういうことなのか考えさせられる内容でした。救命救急の現場では今にも死にそうな患者に残されたわずかな時間の中で可能な限りの延命治療をします。しかしそれは本当の意味で「救う」ことになっているのか。残された家族の未来、命の優先順位、様々な葛藤の中で松本先生が貫く、目の前で尽きようとしている命をなんとしてでも助けたい、その信念こそが救命救急の現場では一番大切なんだと実感しました。最後のシーンが衝撃的で怒りと悲しみでいっぱいになりました。

 

>>>『Paravi』30日間無料体験はこちら!








病室で念仏を唱えないでくださいの動画!5話の見どころは?

病室で念仏を唱えないでください5話は、4話の最後にあいらちゃんの父親(本当の父親ではない)を殴ってしまった松本先生が謹慎になるようです。4話の話が事実なのだとすれば、あいらちゃんの父親は犯罪者ということだし、母親だって育児放棄に等しいと思います。なのでこの二人は捕まってくれないと困ります。そして松本先生が父親を殴ったことだって、あの場にいた全員がよく殴ってくれたと思っているんじゃないかと思います。しかし、やはり感情的になり殴ることはいけないし、なにより病院で職務中にというのが完全にアウトで謹慎になるのだろうと思います。その部分を医者として、僧侶として、松本先生はどう自分と向き合っていくのかがとても見どころだと思いますし、私自身も一番興味深い部分です。

「病室で念仏を唱えないでください」5話の見どころは、松本先生が謹慎中に何を思うのか?という部分だと思います。4話の終わりで、小学生の娘に性的虐待していた継父を殴った松本先生には「よくぞやってくれた!」と思ったのですが・・・。警察に逮捕され、その上、無期限の出勤停止処分になってしまうようです。そんなに重い罪になってしまうの!?とショックです。個人的には松本先生に反省しないといけない事はあるのか!?と思ってしまうのですが、謹慎中にこの件について”一体何をどう思うのか?”。とても興味があり、楽しみにしています。

4話で虐待した父親を殴ってしまった松本は、私としては感情で動いてくれてスカッとしたけれど、実際は何があっても患者家族を医者が殴るなんてこと許されるわけもなく、無期限の出勤停止処分になってしまう。そんな中、僧侶として、医者として、どんな行動をするのか、楽しみでもある。「病室で念仏を唱えないでください」と言うのは、人を諭したり、自分を抑えたり、人の死の時だけではないということが、やっとわかってきたので、残りのストーリーでどんな風に唱えられるのか、それも気になるところである。病院とお寺、場所は違えど人は変わらず、言葉や思いの向こうに人がいることを、このドラマで感じたいです。

次回の病室で念仏を唱えないでくださいは、松本が無期限の出勤停止となります。その中でいろいろな体験をする松本が、どのように成長するのか、感情的にならず、煩悩を閉じ込めることが出来るのかが課題に思えます。一方、児嶋が救急に転属を申し出て、松本不在の中頑張るようです。松本がいない救急センターの雰囲気も初めて見るため、どんな雰囲気なのかも楽しみです。哉の父と酒を酌み交わす日もついに訪れるようで、それを期に松本の意識や考え方が変わっていくのだろうと思うと、今後がますます楽しみになりました。ただ、無期限の停止なので、いつ解除されるのかは分かりませんね。

病室で念仏を唱えないでくださいの見どころとして、救命のチームはいいチームになってきていると感じました。最近では、児島先生も手伝ってくれていてチーム医療の大切さを学んでいる気がします。松本先生の説法や行動は患者さんや仲間を良い方向へ引っ張って行ってくれるので、これからも良い方向へ向かう事を期待しています。今回の話の最後で、松本先生は人を殴ってしまいました。あんな幼い子供に父親は何をしているんだと悲しくなりました。かなり衝撃的なラストです。女児は死んでしまっています。松本先生は、感情的にならないと決めていたけれど殴ってしまった松本先生の気持ちを考えると、共感できてとても腹立たしい気持ちになります。この行為が原因で来週の話では無期限の謹慎処分になってしまうとのことなので、この状況がどんな風になって行くのか必見だと思います。虐待をする両親を許す事は出来ないので、なんとかして松本先生の説法で良い方向に向かわないかなと期待しています。せっかく良い方向に風が向いているのでいい事が起こる事を期待します。

性犯罪を何の悪気もない態度で話す父親を松本先生が殴るシーンで終わってしまった第4話。予告では松本先生が無期限の謹慎処分になっていましたが、父親の態度と女の子の死を思うと何ともやるせない気持ちになりました。しかし松本先生がこんなことで怯むはずはないと信じています。松本先生がいなくなった現場で人々がどう受け止め、どう救命に向き合っていくのかとても楽しみです。さらに松本先生がどのように現場に戻ってくるのかも楽しみです。「病室で念仏を唱えないでください」5話は、ひとりひとりの医師の成長を感じられる内容になっていることを期待します。

 

◆最新のドラマ動画の見逃し視聴方法&ネタバレまとめページはこちら↓

 

>>> ドラマ動画の見逃し&ネタバレをまとめてチェック♪

 

 

>>>『Paravi』30日間無料体験はこちら!

 








病室で念仏を唱えないでくださいの動画!5話【ネタバレ】← 紹介

ここからがドラマ『病室で念仏を唱えないでください』5話のネタバレになります!

無期限の謹慎

松本照円はお経を唱えながら先日の出来事を思い出す。

虐待で運ばれてきた少女が亡くなり、義父の態度に怒りを覚えて殴った。

センター長の玉井潤一郎から松本の処分を同僚達は聞く。

警察からは釈放されたが、病院では無期限の出勤停止になる。

松本は師匠の円明と話して、殴った事へ後悔がない事を明かす。

円明からは正義の鉄槌で誰か救えたのか、問われる。

 

病院では三宅涼子が救命救急をまとめて、指示を出していく。

スタッフルームは松本の定位置に藍田一平が居座っていた。

「何か御用ですか」と三宅が問うと松本に頼まれた事を口にする。

すると児嶋眞白が入ってきて、玉井に「あたしを救急に入れて下さい」と頼む。

「どうして」と問うと、児嶋は先日助けた少女を対応した時に吹っ切れたと話す。

松本の元で成長したいと明かしたが、謹慎の事を聞かされた。

濱田には既に直談判して、患者に寄り添う医者になりたい事を伝える。

その頃、理事長・澁沢和歌子と濱田達哉が今後の事で相談していた。

救急を縮小や停止・資金集めの話がされる。

 

医者と僧侶のそれぞれの立場

松本がお寺の外を掃除していると宮寺憲次から連絡を受けて、飲みに誘われた。

謹慎処分の事を明かして、憲次の咳を心配する。

そこに師匠と弟子が石川という人物ついて、話した。

最期が近く松本が担当医に代わって、容体を診る事になる。

すでに家族が集まっていて、皆も覚悟をしているようだ。

息子から延命治療はしない事を伝えられて、松本は処置を止めた。

すると松本は人間の五感を話して、聴力は最後まで残ると伝える。

亡くなる寸前で親族が声を掛けていると松本は場に合った事を言おうとした。

しかし、お腹が空いて滑舌が悪くなり笑いが起こる。

笑いながら最期を看取る事になって、ダジャレを口にして場は和む。

 

救急では新たな患者が運ばれてくる。

早急な処置が必要で選択を迫れる児嶋は、田中玲一の言葉でその場で手術が行われた。

児嶋は「絶対助ける」と懸命に処置をしていくと、三宅はその姿を見て頼もしく感じる。

石川家では過去の出来事で盛り上がっていると、本人は涙を流して口を開けた。

松本が確認して、祖父は息を引き取る。

手を合わせて親族の顔や写真を見ていく。

救急では三宅と児島がスタッフルームに入る。

そこには藍田がくつろいでいて、皆は苛立つ。

ようやく起きた藍田は自由奔放で、若い女性の対応で部屋を後にする。

スタッフルームでは松本の悪口が同僚達から次々と出てきた。

玉井は皆をねぎらい、差し入れをする。

そこに教師の植木が松本を訪ねてきた。

教え子を助ける事が出来なかったが、松本の言葉に感謝する。

その頃、松本の元にも手紙が届き、読んでいた。

涙ぐむ松本は手を握り締めて、畳を殴って「許せね」と口にする。

日本心臓血管外科の濱田は同僚とともに講義に来ていた。

講演した医師と挨拶をするが何を企んでいるのか、問われた。

その後、ある男性と金銭の話をする。

 

復帰した松本

病院では三宅が忙しく対応して、ある患者の容体が悪くなり虫垂炎だった。

濱田が担当していた少女で、彼は明るく振る舞う。

三宅に感謝を伝えると悪い人には見えないと口にしつつ、「もしかして、ものすごく悪い人だったり」と問う。

更に作り笑顔と指摘して、その場を去っていく。

松本は憲次と飲みに来ていて、楽しく会話をする。

石川の話をして、医者と僧侶の立場で悩んでいた。

亡くなり方を考えていると子供の頃の事を松本は思い出す。

微妙な雰囲気が流れる中で、憲次は彼が医者を志した理由を察していた。

そして、普通の医者として、何も背負わず頑張って欲しいと伝える。

息子のように感じていて松本は涙を流す。

そこに娘のあやが現れて、3人で飲み始めた。

 

帰り道、事故現場に遭遇した松本は負傷者を発見する。

憲次に挨拶をして、負傷者を診ていくが警察官に止められてしまう。

そこに三宅達も駆け付けて、ふと目が合った。

三宅から手伝うように指示を受けて、現場に加わる。

病院に着き、他の医者はいない状態で松本も対応しようとした。

そこに玉井がやってきて、自らの立場を問う。

助けたい気持ちを伝える松本の前に理事長が現れて、無言で近付く。

正式復帰を認めて、玉井も松本も驚いた。

「早く」と促して、急いで処置を行っていく。

玉井は事前に理事長に頭を下げて、復帰を頼んでいた。

手術前に手を合わせる松本に児嶋がサポートに入る。

無事終えて、玉井に感謝を伝えようとするが手を合わせて激を飛ばされた。

そこに同僚達が戻ってきて「おかえりなさい」と声を掛ける。

松本は児嶋に感謝を伝えると、異動した事を耳にして驚きを隠せない。

 

新体制の救急救命

松本は円明と話をして、自らの行動を反省していた。

殴った事より少女を笑顔に出来なかった事を悔やむ。

救いたかったと涙ながら悔しい思いを口にした。

義父を殴ったのは正義ぶっていたと言い、「医師と頑張ってきます」と宣言する。

 

病院ではエレベーターで濱田と松本が遭遇する。

お互い牽制し合いながら、相変わらずの関係だった。

事故で助けた患者を診ている三宅は、責められる。

自らが亡くなれば、保険金が家族に入ると患者は生きる事を望んでいなかった。

松本はある患者の元を尋ねるが、すでに亡くなっていた。

おばちゃんが詳しく事情を聞き、久しぶりに笑顔になっていた事を知る。

そして、松本に感謝していた事を伝えられて、外を見上げた。

外のベンチにいた三宅の横に松本がやってくる。

三宅は必至で命は救っても、心は救えないと口にした。

また逆の場合もあると患者に言われた言葉で気持ちが複雑になる。

松本がその患者を担当する事になった。

救急に正式復帰した松本は、精一杯頑張る事を決意する。

食堂では濱田と松本が遭遇して、相変わらず対立した。

そこにあやから連絡を入り、急いで家に向かう。

父親の憲次が「肺がん」と口にして、松本は立ち尽くした。

 

 

 

>>>『Paravi』30日間無料体験はこちら!

 

 

--- 以上、病室で念仏を唱えないでください 5話のネタバレでした~! ---

 

病室で念仏を唱えないでください 5話を見逃した人は、

 

『病室で念仏を唱えないでください』を1話からまとめて視聴できる『Paravi(パラビ)』がおススメです!

 

いつまで”30日間の無料体験”があるのか分からないので、見たいかたはお早めに~^^♪

 

これで連休の暇つぶしはバッチリです(笑)








病室で念仏を唱えないでくださいの動画!5話の感想まとめ

 

病室で念仏を唱えないでください 5話の感想は、

松本は搬送された少女の義父の態度に怒りを覚えて殴ってしまいます。

無責任な言葉を言い放つ義父に対して、あの場にいた人達も苛立っていたはずです。

この件で無期限の出勤停止になってしまい、救命救急がどうなるのか心配になりました。

児嶋が救急に異動してくる事になりましたが、まさか松本が謹慎中とは驚きだったでしょう。

また、思っていた松本とは違う同僚からの言葉に困惑していました。

彼女は最初から波乱の展開でしたが、進んで大変な職場に来るとは凄いです。

松本に言われた言葉が児嶋の心に響いたようで、彼女にはもっと技術を磨いて欲しいです。

早速、対応をする児嶋に田中がアドバイスをしていましたが、彼もだいぶ成長したようで安心しました。

救急救命のメンバーは各人が逞しくなりつつも、チームの結束力が固くなったように感じました。

松本がいなくても三宅を中心に対応をしていましたが、やはり彼がいないとダメです。

それだけ松本の存在感が大きいのだと思いました。

 

松本は今回の謹慎で心の整理が出来たのではないでしょうか。

憲次とも飲みに行く事が出来ていて、前向いて歩いているように感じました。

帰り道に事故現場に遭遇して対応しようとしますが、まさかお酒を飲んでいないとは驚きです。

彼はどんな時でも医者としていつでも対応出来るようにしているのだと知りました。

患者に真正面から向き合っていく彼の活躍を応援したいです。

次回は憲次から肺がんと聞かされますが、松本はどう対応していくのでしょう。

治療を望まない憲次を説得するのか、気になります。








病室で念仏を唱えないでくださいの動画!5話のあらすじを最後に

ドラマ『病室で念仏を唱えないでください』5話のあらすじを簡単に紹介します~!

物語は新展開へ突入!虐待していた義父を殴り、無期限謹慎となった松本(伊藤英明)は、懺悔も込めて師僧の寺を訪ねる。すると、馴染みのあった老人・石川(品川徹)が、老衰で危篤状態との情報が入り、枕経を唱えに品川の元を訪ねることに。息子夫婦の祐介(温水洋一)、美津子(榊原郁恵)が見守る中、松本が目にした驚きの光景とは…。 一方、天才外科医・濱田の周りでは何やら不穏な動きが…!濱田の逆襲はあるのか!?

病室で念仏を唱えないでください 公式サイト引用

 

 

>>>『Paravi』30日間無料体験はこちら!

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました^^

 

◆最新のドラマ動画の見逃し視聴方法&ネタバレまとめページはこちら↓

 

>>> ドラマ動画の見逃し&ネタバレをまとめてチェック♪

 

※本ページの情報は2020年2月時点のものです。最新の配信状況はParaviサイトにてご確認ください。






タイトルとURLをコピーしました