ミス・ジコチョー 動画を7話も見逃し配信でフル視聴する方法

 

2019年11月29日放送 松雪泰子主演のドラマ『 ミス・ジコチョー~天ノ教授の調査ファイル~』の7話が放送されましたね!

 

この ミス・ジコチョー 7話の動画は 見逃し配信でフル視聴できるの?と、気になって動画を探している人が多いようです。

 

なのでこのページでは安心して、 ミス・ジコチョー 7話の動画を “見逃し視聴できるおススメの方法” やネタバレを紹介しています↓

 

 

>>>『U-NEXT』の31日間無料トライアルはこちら

 

違法にアップロードされた動画じゃないので、高画質でCMもないし、安全に “1話~ まとめて” 視聴できますよ!

 

ミス・ジコチョーの動画!7話の予告は?

ドラマ『 ミス・ジコチョー』7話の動画予告はこんな感じに!

 

ミス・ジコチョーの動画!7話を見逃し配信でフル視聴するおススメの方法

ではドラマ『 ミス・ジコチョー』7話の動画を、見逃し配信でフル視聴できるおススメの方法を紹介します!

 

それは、 ミス・ジコチョーの放送が終わるたびに毎回、見逃し配信をしてくれている公式のサービス『U-NEXT』です!

 

『U-NEXT』には”31日間の無料トライアル”が付いててお得なので、

 
違法にアップロードされた動画を探さなくても安全に見逃し視聴できます!

 

>>>『U-NEXT』の31日間無料トライアルはこちら

 

無料期間中に登録して31日以内に解約することもできるし、その場合でも、 ミス・ジコチョーの動画を1話から視聴できます!!

 

もちろん『 ミス・ジコチョー』以外の現在放送中の最新ドラマや映画・海外ドラマも、時間が許す限り好きなだけ見れてしまいます!

 

ただ、“31日間の無料トライアル”はいつまでやっているのかわからないので、

 
ミス・ジコチョーを安全にフル視聴したいなら早めに登録したほうが損しないです!

 

>>>『U-NEXT』の31日間無料トライアルはこちら

 

※U-NEXTに登録したら検索窓から⇒「 ミス・ジコチョー」で検索してくださいね^^

ミス・ジコチョーの動画!7話の予想

 

40代男性

真奈子の助手の野津田と郁美が互いに恋が結ばれなかったことから新たな恋が生まれても良いんじゃないかと思います。野津田と郁美がお似合いだなと思えてきてお互い容姿も良いし郁美には子供が3人いるが、野津田は子供の扱いが上手いし優しいしベストカップルなのかなと思えました。予想というよりはそうなってくれたらドラマ的にも面白くなるし期待を込めてそうなればと思っています。まだまだ真奈子にこき使われる野津田も予想出来ますね。いじめにも近い辛いもの食べさせられたり、野津田の苦手な高いところに行かされたりと今後の酷い仕打ちも楽しみではあります。

 

 

>>>『U-NEXT』の31日間無料トライアルはこちら

ミス・ジコチョーの動画!7話の見所はどこ?

40代男性

真奈子の元夫の敏腕カウンセラー橘が登場するそうでどんな展開になるのか楽しみです。橘は馴れ馴れしくてチャラチャラした雰囲気で変わった人間ぽいしどんな感じで関わってくるか気になります。橘のカウンセラーを受けていた患者が過労死の可能性のある死に方をしたことで真奈子と再会することになりました。もしかしたら対決的な展開になる可能性はないとは思いますが色々亡くなった人の情報を橘から聞きだす流れかなとは思いますが橘が癖のある人間なんで面白くなりそうで楽しみです。野津田と橘が気が合いそうにないしひと悶着あるのを期待したいです。

 

 

>>>『U-NEXT』の31日間無料トライアルはこちら

 

◆ ミス・ジコチョー “全話”のネタバレまとめページはこちら↓

>>> ミス・ジコチョー “全話”の動画の視聴方法&ネタバレをチェック♪

ミス・ジコチョーの動画!7話までの感想&ネタバレ

40代男性

工事現場で女性作業員が死亡して本人の操作ミスだと思われたが真奈子の気づきにより殺人事件だったという結末には驚かれました。犯人の若林の最初の雰囲気が良かったし亡くなったのが恋人だったということからまさかの展開でした。真奈子が事故調査の時に見つけた部品について若林が聞きに来た事に違和感を持ち、先ずは疑いの目を向けたことが真奈子の機転の利くところだと思いました。犯人の行動を考えて何故わざわざ来たかなどを含めての心理を読んだ真奈子は流石だなと感じました。真奈子が男前の大学生に告白されて断る場面も面白かったです。イケメンじゃなきゃダメなのというコメントも理想高すぎだと感じました。

 

 

>>>『U-NEXT』の31日間無料トライアルはこちら

 

ミス・ジコチョーの動画!7話【ネタバレ】← 紹介

 

ここからがドラマ『 ミス・ジコチョー』7話のネタバレになります!

 

天ノ教授と野津田の賭け

 

ランチに出た天ノ真奈子教授と助手の野津田燈は、賭けをしていた。

誰がベテランか当てるというもので、野津田はハキハキしたメガネのスタッフを選ぶが、教授は少しモタモタしたマッチョのスタッフを選ぶ。

実際にマッチョの方がマニュアルに縛られず、お客に席を詰めてもらうなど臨機応変だった。

「ステーキランチ500グラムね!」とほほ笑んだ教授は、「ニセベテランは自分で考えていない」と解説する。

ガッカリした野津田がお金をおろしにATMに行こうとすると教授がとめる。

“いろは銀行でトラブル発生、振り込みの障害でお客殺到”などというニュースがTVで流れていた。

教授はこのシステムエラーの事故調査を頼まれることになる。

 

・ ・ ・

 

いろは銀行システム障害第1回事故調査委員会。

 

いろは銀行は今回のシステム障害で、首都圏で60万件の振込遅延などを起こしてしまった。

3つの銀行が経営統合して、営業開始したとたんの事故だった。

技術的な原因は判明、振込のエラーに対する指示をシステム内で「リトライする」という選択にしてしまったミスだった。

3銀行のシステム統合では「リトライしない」という選択にする手はずだったのだ。

 

システムの受注先は老舗の大手なので、チェック機能は何重にも働いているはずだと主張する銀行側。

「起きるはずのないエラーが起きた」という言葉に野津田は呆然、教授は目をつぶって考え込んでいる。

寝ているのか…と心配された時。いつものように饒舌に過去の事件を語り出す。

1962年のアメリカでは、ハイフンが1つ抜けていただけで惑星探査機が墜落したとのこと。

「今回の事故にも、興味深い失敗が潜んでいる」と喜んでいた。

 

 

システム開発の責任者

 

教授の過労を心配する野津田。

現在天ノ教授は、6件のプロジェクト・論文執筆に講義・そして事故調査まで抱えていた。

しかし頓着なく、システム開発の総指揮である会社・テクニサスソリューションに出向く教授。

 

プロジェクトリーダーを務めたシステム推進部長・十川勲に面会する2人。

今回のプロジェクトにはピーク時には1000人以上、協力会社も35社が絡んでいたとのこと。

「システム障害は、すべて私の責任なんです」と語り出す。

 

「リトライしない」という銀行からの意向は、十川からサブリーダーの高坂真司に直接伝えられた。

高坂は、テクニサスソリューションの子会社・テクニサスシステムズの社員だ。

「承知しました」と言って、仕様書を変更すると言っていたが、後日確認すると、最終の仕様書には「リトライする」と書かれていた。

 

高坂には文書で伝えるべきだった、また改定後の仕様書を自分でチェックしていればよかったと、後悔している十川。

しかし、話を聞こうにも、高坂は亡くなっていた。

「いろは銀行の営業開始日前日に、くも膜下出血で」と聞かされ、呆然の野津田と教授だ。

 

 

元ダンのカウンセラー

 

天ノ教授の大学の研究室。

高坂が亡くなったのは、明け方の道端での突然死だったが、事件性はない様子。

SEといえばブラック企業かと考える野津田だが、助手・西峰郁美が調べると、高坂の勤務状況は毎日9時~5時の実働時間7時間前後だった。

高坂に既往歴はないが、ただ2年前には長時間残業の時期があり、会社の指導でカウンセリングを受けていた記録があった。

研究をせっつきに来た秘書の辻留志保が、そのファイルを見て慌てて隠そうとする。

野津田が戸惑っている間に、教授がファイルを取り返して、驚く。

何と高坂のカウンセラーは“橘健介”、天ノ教授の元夫だった。

 

・ ・ ・

 

志保や郁美に心配されながら、たちばなカウンセリングオフィスに行く教授と野津田。

「久しぶりだね、真奈子」と橘健介が言うので、野津田は驚いてしまう。

教授の辛口にもめげずに「キミより面白い女性は見つからないよ」と笑う橘。

「橘健介、真奈子の元ダンです、よろしく」と、野津田に気軽に自己紹介する。

「高坂さんについて話して」という教授に「俺に会いに来てくれたんじゃないの?」と軽口をたたきながらも守秘義務だという橘。

次のクライアントがやってきたので「今度は真奈子1人で来て」と言われ、追い返されてしまう。

 

 

過労死疑惑

 

教授と野津田は、下請けのシステム会社を順にまわって話を聞いていく。

 

・開発責任:テクニサスシステムズ:

いろは銀行のプロジェクトには高坂1人の参加。

2年前にも1度、高坂のミスで大事故になりかけたことがあり、その時も組んでいたのは十川で、やはり指示の聞き間違いだった。

十川がかばってくれなければクビになっていたらしい。

仕事中よくヘッドフォンを付けていたのが気になったとのこと。

 

・プログラム作成:ゼプトフィールドテクニカル:

高坂から借りた『アップデートノート』を見せてくれ、面倒見が良い人だったと語る女性社員。

「SEとして大切なことを一杯教えてもらいました」とのこと。

高坂さんはテクニサスシステムズでの終業後よく来てくれた、仕事のし過ぎではと心配していた。

 

・デザイン担当:ナノテクニックスタジオ:

「毎週夜来てくれて、仕事がやりやすかった」との誉め言葉。

パーツだけの担当会社なので全体像が見えにくいのをフォローしてくれた。

高坂はSEとしてコミュニケーションがすごく高かったとのこと。

 

・内部処理担当:ウラノスネットワーク:

「高坂さんがいなければ、プロジェクトはもっとひどいことになっていた」との絶賛だ。

自分の仕事だけでも相当忙しいはずなのにと、心配はしていたとのこと。

 

ミスが多いとの自社の指摘に対し、協力会社から有能だと慕われていた高坂。

「どっちが本当の高坂さんなんでしょう」と悩む野津田。

「やっと面白くなってきたじゃない」と笑う教授だ。

 

研究室で高坂の過労死疑惑を話す教授。

退社後に何社も協力会社を回っていた、「会社に殺されたようなものだ」と憤る野津田。

しかし、タイムカードに証拠が残っていない。

天ノ教授は志保から「エバンジェリスタ工学賞」の授賞式の支度を急ぐようにせかされる。

はしゃぐ助手2人に対し、テンションの低い教授だ。

その理由は、教授の隣に審査員として登場した、母・南雲博士にあった。

「自分が欠席している間に決まったのだ」と耳打ちする博士。

さらに橘健介と連絡を取っているらしく、最近会いに行ったことまで知っているので、げんなりする教授だ。

 

思わず愚痴りに橘に会いに行ってしまう教授。

橘が賞のお祝いを言ってくれるので「目標にしていたわけじゃないし、取ったかって研究が成功するわけじゃない」と憮然とする。

高坂について、過労死らしいと話し、立花の意見を聞く教授。

「クライアントが過剰な仕事で過労死したのに気付けなかったとしたら、取り返しのつかない失敗だ」と、一般論だと言いながら真剣に言う橘だった。

 

 

ヒューマンエラーなのか?

 

事故調査委員会。

高坂がタイムカード後に協力会社をまわって“隠れ残業”に励んでいたことを報告する教授。

「システム障害の原因は、高坂さんが過労に追い込まれたことによるのではないでしょうか?」と野津田が言い添える。

 

しかし、テクニサスシステムズでもテクニサスソリューションの十川の方でも、隠れ残業を把握していなかったとのこと。

十川は「気づいてフォローしてやるべきでした、実に遺憾に思います」と語る。

 

過労が原因とはいえ、システムエラーの原因は高坂さんのヒューマンエラーだったという結論に向かう会議。

ヘッドフォンのことも、ミスの一因にされてしまった。

納得がいかない教授だ。

 

研究室に高坂の職場のPCを借りだしてきた教授。

 

ログイン履歴を確認して驚く郁美。

PCの残る稼働時間によると、定時付近に退社して、深夜に再度ログインしていることがわかる!

つまり高坂は、協力会社を回ったあとで、自社に戻ってきて朝まで仕事をつづけるなどしていたのだった。

「倒れたのは、会社からの帰り道だったのね」と教授。

月に残業が200時間越えだと志保も仰天する。

 

郁美は“VM.zip”というファイルにパスワード設定がされていることに気がつく。

解析を頼む教授。

セットされた暗号解析が続いている横で、論文執筆に励む。

そのまま夜明けを迎えてしまい、朝日を拝む教授。

しかし、パスワードの解析は終わらず、論文の方は「時間の無駄」というほどの出来で落ち込んでしまう。

 

 

元ダンの前で寝落ちする教授

 

つい夜遅く、元ダンの橘健介に会いに行く天ノ教授。

要件も思い出せず、余裕のない状態を橘に気づかれてしまう。

「周りの景色を眺めてみるのもいいんじゃない」とアドバイスする橘だ。

結婚していた頃も、橘は教授の愚痴の聞き役だった。

「どんなに研究が面白いか、嫉妬するくらい話してくれた」と思い出す。

「研究に嫉妬なんて、やっぱ変態よね」と笑いながら、寝てしまう教授だ。

 

約1時間後。

慌てる教授を心配する橘。

「世の中の面白い失敗を全部知りたいし、世の中にはないものを全部この手で作りたい」と目をキラキラさせる教授。

「やっぱり、面白いね」と言う橘は、昔教授が語っていた徹夜で見る朝日の話をする。

「過労の人も最初はきっと真奈子と同じなんだろう」とつぶやく橘。

笑って聞いていた教授は、急に何かに気づいて飛び起きる!

「ああ、私失敗しちゃった」とつぶやく様子に、苦笑いする橘。

帰りがけに、結婚していた1年半の間の研究成果が今の自分のベースになっていて受賞もしたのだと、お礼を言う教授。

最高の褒め言葉だと、笑って見送る橘だった。

 

 

システムエラーの真相

 

明け方の、高坂の会社・テクニサスシステムズに行ってみる天ノ教授。

亡き高坂の行動をイメージして朝日を眺めると、40周年記念のポスターが目に入る!

閃いて、研究室に電話する教授。

 

解析を続けているPCのそばで寝落ちしていた野津田に、パスワードを試してほしいと言い送る!

開錠!

「どうしてわかったんですか」とはしゃぎながらフォルダを開けた野津田は、その内容に驚く。

 

・ ・ ・

 

事故調査委員会。

教授が「今回のいろは銀行のシステム障害の原因は、プロジェクトにニセベテランがいたことでした」と言うので、動揺する委員たち。

名指しされたのは、プロジェクトリーダーの十川だった。

「何を根拠に」と動揺する十川。

教授は高坂の隠し持っていたファイルが音声データだったことを明かす。

高坂がよくヘッドフォンをつけていたのは、この音声を聞いていたのだ。

野津田が音声ファイルを再生すると、十川の指示の声が流れる。

その中で、振り込みエラー時の対処方法について、十川は「『リトライする』方法に統一する」と語っていた!

「『リトライする』でよろしいですか」と、確認している高坂の声も録音されていた!

呆然の十川だ。

 

委員たちに「嘘をつき通すつもりだったのか」と、説明を求められる十川。

嘘をついたつもりはなく、なんと伝えたのかわからなくなっていたと答えをひねり出す。

非難の言葉に対し、「1000人規模のプロジェクトを統括する、そのプレッシャーがわかりますか?!」と叫ぶ。

日々忙殺され、メールも全部は読めず、何千ページもある仕様書も読まずに判を押すしかない、指示なんて覚えていられないと言うのだった。

そんな十川に教授は、高坂の2年前の聞き間違いにも十川が絡んでいたことを挙げる。

責める委員たち一同。

「ついていけなかったんですよ!」と立ち上がる十川。

システム開発が格段に複雑になり、新しく覚えてもあっという間に更新され、立場上わかったふりをするしかなかったと、嘆くのだった。

 

そのツケが高坂に押し寄せたこと、十川自身も余裕を失うことになったのを指摘する教授。

さらに「本当の大きな失敗は、高坂さんの過労死です」と続ける。

高坂のバスワードは『for your family’s tomorrow , and for all mankind’s future』。

社内の40周年のポスターにある言葉だった。

仕事に誇りを持っているがゆえに、自分を過労死に追い込んでいた高坂。

亡くなる1ヶ月前の高坂の音声には、十川をねぎらう言葉と共に、高坂の夢が語られていた。

「僕システムを作る仕事が大好きなんです、たくさんの人たちの生活が便利で豊かになるなんてワクワクします」

 

「すまなかった」と嘆く十川。

「命を落としてしまったら、それは大きな失敗なんです」と、関わった全ての人の失敗だと語る教授だ。

 

 

100年後の人類の未来

 

激辛中華料理屋に来た天ノ教授。

なぜか、南雲博士と相席になってしまう。

互いにこの店は自分のテリトリーだと言い合いになる。

南雲博士は例によって橘健介からいろいろ聞いていた。

「ずいぶんロマンチックだったみたい」とからかいつつも、橘にいいカウンセリングを施してもらったのではと示唆する。

意表を突かれた教授。

しかし気を取り直し、互いに離婚原因をつつきながら、辛さ40倍の激辛ラーメンをいただくのだった。

 

・ ・ ・

 

一方、橘に悩みを打ち明ける野津田。

「スーパー上司」こと天ノ教授のようにはなれないと落ち込んでいる。

じっくり聞きたがる橘だ。

野津田は、教授のわがままで2人が離婚したのだと思い込んでいた。

しかし「俺が離婚してくれって頼んだ」と言い出す橘。

真奈子は100年後の人類の未来を、家族の明日の未来と同じように考える人だから…そう言って笑うのだった。

 

>>>『U-NEXT』の31日間無料トライアルはこちら

 

--- 以上、 ミス・ジコチョー 7話のネタバレでした~! ---

 

ミス・ジコチョー 7話を見逃した人は、

『 ミス・ジコチョー』を1話からまとめて視聴できる『U-NEXT』がおススメです!

 

 

>>>『U-NEXT』の31日間無料トライアルはこちら

 

いつまで”31日間の無料トライアル”があるのか分からないので、見たいかたはお早めに~^^♪

これで連休の暇つぶしはバッチリです(笑)

ミス・ジコチョーの動画!7話の感想まとめ

 

ミス・ジコチョー 7話の感想は、

今までにもまして身近でリアルな問題だったので、食い入るように見てしまいました。

身近にSEの知り合いがいたりすると、ショッキングだったのではないでしょうか。

技術革新についていけないケースや、コミュニケーション不足で責任の所在がはっきりしなくなること、過労死も、現実にいっぱいちりばめられていますよね。

 

しかし、高坂さんが音声データを記録していて、教授が解錠できて本当に良かったです。

証拠隠滅されない状態で被害者の音声ファイルを公開できたことは、高坂さんの関係者だけでなく、失敗から学ぶという観点から見ると大事なことでしたね。

 

ところで、教授の夫・橘健介はいい味出していました!

健介役の滝藤健一は、不思議にドラマ「東京独身男子」のようにパリッとしている時よりも、今回のようにフワッとしてエキセントリックな時の方が、若々しくかっこよく見えます。

今回はカウンセラーなので、包容力のある演技も良くて、天ノ教授を大切に思っている雰囲気がよく感じられました。

しかし、教授にしてみると、元夫が仲の悪い自分の母・南雲博士とツーカーというのは、かなりやりにくいですよね。

3人が対面して話をしているところを見てみたいなぁと思ってしまいました。

 

>>>『U-NEXT』の31日間無料トライアルはこちら

 

ミス・ジコチョーの動画!7話のあらすじを最後に

ドラマ『 ミス・ジコチョー』7話のあらすじを簡単に紹介します~!

とあるメガ銀行で、「ネットバンキングで振り込みが出来なくなる」システムエラーが発生。大きな混乱を呼ぶ。

事故原因の調査に乗り出した真奈子(松雪泰子)だったが、鍵を握るプログラムの担当者・高坂はつい最近、くも膜下出血で死亡していた。

タイムカードではほぼ残業の無かったはずの高坂が死亡した理由を探るうちに、高坂から話を聞いていたカウンセラーが調査に浮上する。

そのカウンセラーはなんと、真奈子の離婚した元・夫だった。

ミス・ジコチョー 公式サイト引用

 

>>>『U-NEXT』の31日間無料トライアルはこちら

 

最後までお読みいただきありがとうございました^^

 

◆ ミス・ジコチョー “全話”のネタバレまとめページはこちら↓

>>> ミス・ジコチョー “全話”の動画の視聴方法&ネタバレをチェック♪

 

※本ページの情報は2019年11月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

タイトルとURLをコピーしました