トップナイフ―天才脳外科医の条件―動画!第6話を無料の見逃し配信でフル視聴

2020年02月15日 天海祐希主演のドラマ『トップナイフ―天才脳外科医の条件―』の6話が放送されましたね!

 

このトップナイフ―天才脳外科医の条件― 6話の動画は 無料の見逃し配信でフル視聴できるの?と、気になって動画を探している人が多いようです。

 

なのでこのページでは安心して、トップナイフ―天才脳外科医の条件― 6話の動画を “無料で見逃し視聴できるおススメの方法” やネタバレを紹介しています↓

 

 

>>>『Hulu』の2週間無料トライアルはこちら!

 

 

違法にアップロードされた動画じゃないので、高画質でCMもないし、安全に “1話~ まとめて” 視聴できますよ!

トップナイフ―天才脳外科医の条件―の動画!6話の予告は?

ドラマ『トップナイフ―天才脳外科医の条件―』6話の動画予告はこんな感じに!

トップナイフ―天才脳外科医の条件―の動画!6話を無料の見逃し配信でフル視聴するおススメの方法

ではドラマ『トップナイフ―天才脳外科医の条件―』6話の動画を、無料の見逃し配信でフル視聴できるおススメの方法を紹介します!

 

それは、トップナイフ―天才脳外科医の条件―の放送が終わるたびに毎回、見逃し配信をしてくれている公式のサービス『Hulu』です!

 

 

>>>『Hulu』の2週間無料トライアルはこちら!

 

 

『Hulu』には”2週間の無料トライアル”が付いててお得なので、

違法にアップロードされた動画を探さなくても安全に見逃し視聴できます!

 

無料期間中に登録して2週間以内に解約することもできるし、その場合でも、トップナイフ―天才脳外科医の条件―の動画を1話からまとめて視聴できます!

 

もちろん『トップナイフ―天才脳外科医の条件―』以外の現在放送中の最新ドラマや映画・海外ドラマも、時間が許す限り好きなだけ見れてしまいます!

 

ただ、“2週間の無料トライアル”はいつまでやっているのかわからないので、

 

トップナイフ―天才脳外科医の条件―を安全にフル視聴したいなら早めに登録したほうが損しないです!

 

 

>>>『Hulu』の2週間無料トライアルはこちら!

 

 

※Huluに登録したら検索窓から⇒「トップナイフ―天才脳外科医の条件―」で検索してくださいね^^

トップナイフ―天才脳外科医の条件―の動画!これまでの感想は?

今回のトップナイフの見どころはズバリ、才能でした。親に才能がないと見放された西郡先生と音楽の才能がないと感じながらも、脳腫瘍によって才能が開花したと錯覚に陥っている患者とのやり取りは考えさせられることがありました。才能という定義は本当に難しいです。自分で才能があると思っている人はどれくらいいるのでしょう。他の人に評価されて初めて才能と呼べるとも言えますが、評価されたとしても本人がそう思わないケースだってあります。ただ、生きていくうえで、ドラマで描かれていたような才能が必要かと言われれば、人は才能がなくとも生きていけるものです。平凡こそが真の才能、ドラマの最後で西郡先生が母親に言った一言にそのことを感じました。

トップナイフ5話も見ごたえがありました。ピアニストの才能、というところはなかなか考えさせられます。特に作曲の才能があると思ったのにそれは脳の腫瘍のせいだった、という展開は切ない話です。有名ピアニストは結局ピアノの才能ではなく、顔がそこそこかっこよかったから売れたわけなんですよね。才能なんて結局作り上げられたものなんじゃないかな、と考えさせられました。手術が成功してよかったです。その後突然倒れたマネージャーさんの緊急手術は唐突すぎてびっくりしすぎました。そんなに都合よく脳外科医のお世話になるような人が倒れるかい、と突っ込みました…。オペのシーンは多かったけど深山先生の華麗なオペはなかなか見れないですね…。

西郡の母の言葉は激励だと思っていましたがどうも違ったようです。才能のあるなしをテーマとしたトップナイフ5話は患者や医者の内面をよく捉えていました。天才といわれる音楽家が自分の才能が枯れているのを感じておりもはや音楽家の皮をかぶったタレントとしての価値しかないと自覚していたのはショッキングな脚本です。聴覚よりも顔面神経痛を治す方が重要と言ったのは彼の真の願いだったのでしょう。音楽家として再起するシーンがなかったのはこのドラマの残酷でもありリアルさなのだと思います。プライドを取り戻したかのように思えた西郡も黒岩の見事な手術を見せ付けられて心が折られてしまいました。限界を自覚した事で医者としては成長してくれると思いますが、そういった展開にはなってくれないでしょうね。深山の存在感が薄かった気がしましたが次回は主役として活躍してくれるでしょう。

今回のトップナイフは西郡が主人公みたいな内容でした。すごく自信をなくしてしまった西郡でしたが景浦のオペをやったことで少しだけ自信を取り戻した様に見えた時は嬉しかったです。ですが、マネージャーのオペはかなり難しかったのか出血してしまい失敗しますが辛うじて黒岩が成功してくれたので助かりました。このオペで自分が平凡だと再確認して母親に話しに行くところがすごく感慨深い気持ちになりました。それを聞いた母親が知っていたと言うので本当に事実をただいつも言っていたのだとわかりました。西郡はこれから自分の弱さを知り成長していくのでしょうね。

このトップナイフというドラマで後天性サヴァン症候群という病名を知りました。サヴァン症候群は知っていましたがこれは生まれつきの病気だと思っていたので後天性があったなんて驚きです。それからそのサヴァン症候群の患者の根岸が作った曲がめちゃくちゃいい曲だったのですごく驚きました。この曲がサヴァン症候群の影響だとしたら悲しいですけどサヴァンは本当にすごいですね。一種の天才がなる病気という印象だったのでその通りだと確信しました。でも自分は腫瘍を取り除いた後のサヴァンではない根岸の曲も聴いてみたいと思いました。何か違った魅力がある曲かもしれませんよ。

天才ピアニストと才能のないピアノ講師が同時期に入院して偶然にも二人共同じ音楽大学出身で脳腫瘍があるという設定は少し無理があると思った。天才ピアニストは難しい手術と言いながら西郡が手術を成功させて後遺症もなさそうな感じで退院していったので別の患者でも良かったような気がした。退院していく時に脳外科の手術のあとにしては髪がフサフサだったのが残念だった。ニット帽で隠すような演出が欲しかった。天才ピアニストのマネージャーがクモ膜下出血で倒れた時、自分はトップナイフだと自信を取り戻しつつあった西郡が執刀を申し出たが、結局は動脈瘤の再破裂でお手上げ状態になって黒岩に変わってもらう情けなさ。医者も音楽家も自分の能力を知ることが大事なと思う回だった。

今回のトップナイフは、西郡の成長と、自身を見つめ直す話に思えました。二人のピアニストの腫瘍にまつわる話で、双方の患者に関わった西郡です。綿密なシュミレーションを繰り返した手術は成功したのですが、急患には対応できず、また黒岩に助けてもらいます。母に対して、自分は普通の医者だと言った西郡の悔しさが分かり、少し切なくなりました。でも、自分の実力を確認することで成長出来ることもあると思います。母の病室から去る西郡を拍手で見送った今出川も、さすが院長だなという手腕が垣間見れた話でもありました。今回は西郡の活躍が素晴らしかったです。

このところ天才脳外科医を自称していた西郡琢磨の傲慢さが陰りを見せるような出来事が多く、この先どうなるか、西郡はこのまま情けなく堕ちて行ってしまうのかとも思っていましたが、今回はそこに希望が見えてくる話でした。 本物の天才、”トップナイフ”黒岩健吾と自分自身との差をまざまざと見せつけられ、西郡の自信はむしろ更に失われてしまうような形となりましたが、受け持った患者との交流も併せて、自らを天才ではないと正面から認め、そこからもう一歩先へ踏み出せるような、希望が見えたように思います。 今回の患者それぞれのエピソードも併せ、才能というものを考えさせられました。

今話のトップナイフは、西郡先生にとってすこし試練だったなと感じました。有名ピアニストが患者でした。ピアニストとしては致命的な聴神経に治療が必要とのことで今回も難病の患者さんだなと思いました。そしてもう一人、脳腫瘍のある音大出身の女性でした。なにもかも上手くいかない時に作曲を再会する事で自身が持てている人です。この人は実はサバンという病気も持っていて、病気によって作曲が出来ているだけという事実に少し切なくなりました。西郡先生が、冷静に伝えてくれて治療を促してくれて良かったと思いました。この告知については、今回の話の中で一番心に残りました。そして、その後に西郡先生のお母さんとの対話がありました。お母さんはとても厳しい人だけれど、あの一言は息子を思っているなと感じる言いお母さんだと感じました。才能があるという事は、大切なことだけど時には残酷さとも感じました。今回の話もとても良かったと思いました。

今回のトップナイフでは、患者である天才ピアニスト景浦祐樹の最後の告白に驚きを覚えました。 当初はピアニストとして、音楽家の命脈である聴神経の温存を中心に希望していると思われましたが、実は彼は自分の才能の枯渇を既に自覚していて、テレビで活躍するタレントとしてその美貌の維持を考えていました。 聴覚より顔。それだけを聞けばピアニストとしての矜持もない軽薄な思考とも取れますが、告白する彼の話を聞けばそんな単純なことではなく、己の才能の枯渇におびえながらテレビタレントとしてそれこそ軽薄に生きていくしかないという、巨大な腫瘍という現実を目の前にしながらの、切実な苦悩が感じ取れました。

 

 

>>>『Hulu』の2週間無料トライアルはこちら!

 

トップナイフ―天才脳外科医の条件―の動画!6話の見どころは?

深山先生の若かりし頃の話のようです。訪れた患者が、深山先生がクビにした人で、脳の病を抱えているという設定のようですが、誰にでも暗い過去はあるものです。なぜこの患者はクビになってしまったのか、それは正しい判断だったのか、何か隠された真実があるのかが楽しみなところです。いつでも冷静な深山先生が、さすがに動揺してしまうのでしょうか。その辺も考察してみたいところです。また、脳と心の問題も扱われるようです。トップナイフと呼ばれる医師たちがこういう問題にどのように立ち向かっていくのか楽しみです。黒岩先生に預けられた子ども実の子と判明しましたが6話で触れられるのでしょうか。予告にはありませんでしたが、どういう経緯でそうなったのか知りたいところです。

トップナイフ6話では深山先生の元部下大澤がリストラされたことを逆恨みして先生の前に現れるようです。大澤を切ったことで氷の女、と呼ばれるようになったそうですが、今のところそんなに冷たい感じを受けません。大澤さんには幻の自分が見える、ということですが、それも脳の病気なのでしょうか。精神的なものが原因なものと見分けがつかなそうですが…。深山先生の過去も少しわかるようなのでどんな経緯があったのか期待してます。また、黒岩先生の元にやってきたお子さんは本当に黒岩先生のお子さんとのことで今後は果たして家族になるのかも気になるところです。

トップナイフにでてくる患者は特殊なケースの人ばかりですが、次回はさらにとんでもない患者が現れるようです。かつてこの病院に勤務していた医者が患者として診療にきます。元上司の深山との因縁が大きな問題を起こすようです。深山が女帝と呼ばれる理由がはっきりと分かるのではないでしょうか。緊迫の手術がこのドラマの見所ですが今度の手術はとんでもない場所で行う事になるようでどういった展開となるのか期待したいです。そろそろ幸子にも問題児をやらせているだけでなく医者としての成長した姿を見せて欲しいですがどうなりますか。活躍の場はあるみたいですが医者としてなのかスタッフ扱いなのかは気になります。

次回のトップナイフは病院に過去に深山にクビにされた男がやってきて問題が起こるみたいです。絶対にその男は深山に危害を加えようとすると思いますのでとても心配です。やはりそのクビにした理由がなんなのかわからないことにはどうしようもありません。エレベーターで深山のことをナイフで脅していたので相当根は深そうで理由を聞くのがとても楽しみです。おそらくその男は誤解していて実際の理由はすごく納得できるものだと思います。深山はそんな理由もなく人を解雇にする様な薄情な人間ではないと思いますので早く次回が見たいです。

次回のトップナイフで黒岩の子供がDNA鑑定の結果、間違いないことがわかったのでどの様な展開になるのかとても興味があります。自分の予想ではおそらく一緒に暮らして仲を深めるんじゃないでしょうか。家政婦ばかりに頼っていたので病院にも連れてきそうです。黒岩は困った様子で深山に相談すると思います。そこで深山は自分の子供だとわかったのなら育てるしかないのではないかとさっぱりと答えて人ごとの様に吐き捨てると思います。黒岩はとりあえずは家政婦に、世話を任せてどうするかはまだ結論を出せずに時間が過ぎてしまうと思います。

自分はトップナイフではないと自覚したと思われる西郡が今後医者としてどんな風に成長していってくれるのか、生意気なままなのかが楽しみ。今回DNA鑑定で黒岩と小学生の男の子が親子関係ということが分かったが、このまま子供の面倒を見るいいお父さんになるのか、母親が引き取りに来るのか、親であることを自覚して黒岩が人間として同成長していくのかも楽しみ。次回の患者が深山に恨みがある人物と、若い女性のようだが、予告ではどんな話の展開になるのか全然予想ができなかった。恨まれている患者に深山がどうやって信頼を取り戻すのか、線路に足を投げ出した若い女性はどうなるのか次回も目が離せない。

次回のトップナイフは、西郡と小机を見守る役に徹していた深山自身に事件が起こるようです。ドッペルゲンガーが見えるという患者と、切断したはずの手が痛むという患者の二人がやってきます。次回は幻覚に関する話のようですね。どんな症例でどんな症状が見られるのか、どんな処置が必要か、など毎回気になっています。そして小机の恋愛解禁も気になるし、黒岩のDNA鑑定後の行動なども気になっていますり毎回公式ホームページでも各話の症例などを詳しく書いていて、本編を見る前も見たあとも楽しんでいます。そろそろ後半に向かって色んな出来事が起きそうで、とても楽しみです。

今回、西郡は自ら天才ではないことを認める形になったわけですが、仮に天才ではなかったとしても現時点で既に腕が一流であることもまた間違いありません。 恐らくこのまま自信を失って去るという展開は無いように見えます。 なので、天才でないことを認めた西郡が高慢さを取り除き、周りの医師に対しても素直に努めてここからなお高みのトップナイフを目指し、超一流の脳外科医になっていくような、そんな姿に期待したいです。 とはいえこの先も西郡の高慢さ、タメ口は変わらないような気もしますし、それならそれで変わらないでいて欲しいという思いもあります(笑)。

トップナイフの次回以降の見どころとしては、西郡先生とお母さんとの関係性がどのように変化していくかが見どころの一つだと思います。今の状況としては、あまりいい関係ではないので、西郡先生の成長と共にお母さんに認めてもらえるように頑張って欲しいと思います。そして、最後に何者かがメスで深山先生の写真を切りつけているシーンがありました。深山先生の過去に何があったのか気になります。来週も必見だと思います。そして小机先生が恋愛を解禁すると言っていたので、マスターとどんな恋愛をしていくのかもとても楽しみです。黒岩先生に関しても、親子関関係が証明されたので今後の展開に目が離せないと思います。今回の患者さんの様に、また難病の方が運ばれてくるのかなと思うので、チームで解決して治療が良い方向へ進むといいなと思いました。トップナイフは、最後の深山先生のダンスがみどころのひとつだと思います。もと宝塚の実力がとても出ているキレキレのダンスです。最後まで見逃せないドラマだと思うので来週以降も楽しみです。

次回のトップナイフは、深山に深い恨みを持った人間が出てくるようです。その人間とはおそらく過去に深山に首を切られた元外科医。 奇しくも深山らが勤める東都総合病院ではリストラの噂が広まっていて、深山によるリストラをみんなが恐れるのだとか。 ちょっとコメディタッチな展開もあるようで、コメディエンヌぶりに期待したいです。 「(脳外科医として)人を切る」と「(管理職として)人を切る」をかけてるんですかね。 それとその元外科医の暴走に関係してエレベーター内での緊急手術?もあるようで、その切迫した状態をどう切り抜けるのか、楽しみですね。

 

◆トップナイフ―天才脳外科医の条件― “全話”のネタバレまとめページはこちら↓

 

>>> トップナイフ―天才脳外科医の条件― “全話”の動画の視聴方法&ネタバレをチェック♪

 

 

>>>『Hulu』の2週間無料トライアルはこちら!

 

トップナイフ―天才脳外科医の条件―の動画!6話【ネタバレ】← 紹介

 

ここからがドラマ『トップナイフ―天才脳外科医の条件―』6話のネタバレになります!

深山の元部下が現れる

原田保という男性が事故に巻き込まれて、救急車に搬送される。

ある男性は深山瑤子の記事を切り刻んでいた。

後ろにはもう1人の男性が立っている。

ある日、黒岩健吾は手術のためにオペ室に入り、深山は電話しながら廊下の真ん中を歩いていく。

ナースステーションでは犬飼剛と小沢真凛がリストラの噂をしていた。

後ろで話を聞いていた小机幸子が動揺する。

 

深山はワークショップの準備で忙しくなり、今出川孝雄に不満を伝えた。

そして、リストラの噂も尋ねるがはっきりした事は言われない。

オセロをした今出川は秘書の玉井静香から良いアイデアがあると言われた。

入院していた原田は左手が痛くて、苦しみ小沢と黒岩が駆け付ける

その頃、西郡琢磨は大沢卓司という患者の診察が行う。

内科医の彼は以前、この病院で働いていたと明かす。

更に「もう1人の自分が出てくるようになったんです」と口にした。

犬飼が詳しい話を聞くと深山にクビにされた事を知る。

 

ノッペルゲンガーに悩む

ミーティングで深山はワークショップで忙しく、他のメンバーから報告される。

小沢から原田の報告を受けて、幻肢痛になっていると伝えられた。

黒岩は息子の名前と一緒で気になる。

小机は突然、症状について話し始めた。

治療方法はなく、黒岩も脳外科としてやる事がないと話す。

続いて、西郡から大澤の事が報告されて脳腫瘍とノッペルゲンガーである事が伝えられた。

彼の場合は分身と会話する状態で重度だった。

ミーティング後、小机は犬飼から深山の10年前の出来事を聞かされる。

そして、クビを切られないためになんとかしようと考えた。

西郡と犬飼は大澤の病室を訪れて、容体を尋ねる。

すると大澤が窓の事を話し始めて、当時自分が飛び降りた事を口にした。

深山に脳外科医は無理だと否定されていた事も明かす。

 

今出川から西郡は当時の出来事を確認すると飛び降りたのは事実だった。

人生、上手くいかなくても生きなければならないと諭す。

そこに犬飼が現れて、大澤の話をする。

どんな自分を見ているのか、西郡は心配した。

大澤はもう一人の自分と話をして、今後の事を迫られる。

 

深山が電話して打ち合わせをしていると小机が差し入れをするが、受け取ってもらえない。

その後、大澤の病室に行くと本人はいなかった。

スタッフルームにやってきた大澤は中に入り、深山の机を確認する。

深山と犬飼がエレベーターで2人になった。

過去の噂に対して、意外と優しいと犬飼が口にする。

深山は外科医には2種類が存在する事を話して、大澤には否定的だった。

廊下を走っている大澤は、もう1人の自分が現れてきて逃げ回る。

 

患者を励ます黒岩

仕事を終えて帰る事を小沢に伝えた黒岩は、原田の元に行く。

病室に入り、容体を尋ねて鎮痛薬を強くすると伝える。

原田は黒岩が世界一の脳外科医だと知っていた。

更に後悔した事があるのか聞かれて、黒岩は悩む。

仕事も遊びも全力だったと口にした。

事故に遭った事が不運だと伝える黒岩に原田は、涙を流し始める。

 

西郡は手術の動画を見ていると看護師から呼ばれた。

担当している患者が足を切り落としたと言ってきて、本人と話す。

機能不全の一種で対照的な患者が重なった。

別の日、原田の元に黒岩が現れて、過去の出来事を話し始めて子供の事を明かす。

理想とは程遠いと口にして、自分の子供だと認める。

引き取らせるつもりの黒岩に理由を尋ねると「絆は幻だ」と口にした。

そして、冗談で話を交わして、原田は笑顔になる。

今度は原田が話し始めて、自らの後悔は甲子園に出られなかった事だと話す。

当時、決勝戦で自らのミスで負けてしまった。

チームメイトは悔しがり、彼は仲間に合わす顔がない。

当時のミスをした感覚を、まだ覚えていた。

 

深山に危機が訪れる

小机がスタッフルームに行くと来島達也がいて驚く。

信じられない小机だったが、今出川のスタッフを元気づけるために呼んでいた。

深山は大澤の病室に行くと不在で、そのままエレベーターに乗る。

来島は患者と遭遇して、エレベーターが閉まろうとすると大澤が入ってきた。

深山が話し掛けると大澤が細工して、エレベーターが止まってしまう。

彼はメスを出してきて、その場は凍り付く。

 

西郡達がエレベーター前に駆け付けて、今出川から事情を聞いた。

今出川が無線で状況を把握していると、突然患者が倒れてしまう。

左足が変色して、すぐに処置をしないといけない状況だった。

深山はここでオペをすると道具を上から搬送するように指示をする。

小机が道具を持っていくようになった。

待っていると深山が大澤に「話って何」と聞くと、脳外科医の認定試験を受けさせてくれなかった理由を尋ねる。

すると深山は「あなたは弱すぎた」と明かす。

更に記憶が混乱していると、患者が亡くなったから飛び降りたと伝える。

研修医から見ていた子供が亡くなった事でショックを受けていた。

そのため、認定試験にサインをしなかった。

上から小机が道具を中に入れてきて、彼女も加わる。

手術を行う深山の姿を見て来島は、彼女が強い酒を飲んで苦しみを乗り越えている事を話す。

「分かったでしょう」と度胸と図太さが脳外科には大事だと訴えた。

エレベーターは4階に到着して、急いで倒れた患者を運んでいく。

大澤も倒れてしまい、深山と小机が手術を行う。

 

それぞれの思い

黒岩がある道具を使って、幻肢痛の治療をサポートした。

複雑な表情を浮かべる原田だったが、病室に高校時代のメンバーが駆け付ける。

実は小沢が連絡を取っていたようで、原田は当時の事をメンバーに謝った。

「あの時、取れなくてごめん」と言うと、仲間はよく頑張ったと声を掛ける。

患者はそれぞれの思い出を抱いて、生きていた。

その頃、原田はもう1人の自分と話して励まされる。

涙を浮かべて、当時担当していた子供の写真を見ていた。

 

カサブランカでは小机が小沢に仕事と恋愛が両立出来るのか、問われる、

深山はテキーラを一気飲みして、ストレスを解消していた。

小机は必至で止めようとする。

 
 
 

>>>『Hulu』の2週間無料トライアルはこちら!

 

 

--- 以上、トップナイフ―天才脳外科医の条件― 6話のネタバレでした~! ---

 

トップナイフ―天才脳外科医の条件― 6話を見逃した人は、

 

『トップナイフ―天才脳外科医の条件―』を1話からまとめて視聴できる『Hulu』がおススメです!

 

いつまで”2週間の無料トライアル”があるのか分からないので、見たいかたはお早めに~^^♪

 

 

>>>『Hulu』の2週間無料トライアルはこちら!

 

 

これで連休の暇つぶしはバッチリです(笑)

トップナイフ―天才脳外科医の条件―の動画!6話の感想まとめ

 

トップナイフ―天才脳外科医の条件― 6話の感想は、

事故で左腕を失った患者を黒岩が気に掛けていましたが、息子の名前と一緒で心配のようです。

元気をつけるために話し掛ける姿は、日頃の黒岩から想像出来ません。

患者に対して、サバサバしたイメージがありましたが、今回は違ったようです。

体だけではなく、心の痛みも和らげようとした彼の行動は、素晴らしいと感じました。

優しい部分もある医者だと知り、見直しました。

 

深山はワークショップを今出川から任されて忙しそうにしていましたが、手術をしない彼女も板に付いてきたような気がします。

元部下が診察に来て西郷が診察をしますが、彼女も気にしていました。

冷酷なイメージがある深山でしたが、彼女のなりに葛藤があったようです。

上司としての立場は決して楽ではなく、責任が大きいのだと感じました。

その姿を見せないようにする人間は凄いです。

厳しい部分がある深山ですが、新たに加わったメンバーと接していくにつれて変わったように思います。

相手の気持ちを察して、助けるようとする優しさが増したのではないでしょうか。

最初は対立しあうメンバーでしたが、今ではチームとして成り立つようになったようです。

それぞれが悩みや苦しみを抱えながら奮闘している姿が上手く表現されています。

手術を治すだけではなく、患者と向き合って心も治療する事はなかなか難しいはずです。

1人1人向き合いながら、自らも前に進んでいく深山達はかっこいいと感じました。

次回は深山の娘が病院にやってきますが、母親はどう映るのか気になります。

トップナイフ―天才脳外科医の条件―の動画!6話のあらすじを最後に

ドラマ『トップナイフ―天才脳外科医の条件―』6話のあらすじを簡単に紹介します~!

自分の幻、“ドッペルゲンガー”が見えると診察にきた大澤(山本浩司)は、10年前に深山(天海祐希)から脳外科をクビにされた医者だった。“幻の自分”からの悪魔のような囁きにけしかけられ、さらに深山が自分を避けていると感じた大澤は、復讐を決意する。そして、大澤はメスを手に深山達とエレベーターに立てこもるのだった!閉ざされたエレベーターの中、深山は急変した患者の命をかけた緊急オペを迫られる!

トップナイフ―天才脳外科医の条件― 公式サイト引用

 

最後までお読みいただきありがとうございました^^

 

 

>>>『Hulu』の2週間無料トライアルはこちら!

 

 

◆トップナイフ―天才脳外科医の条件― “全話”のネタバレまとめページはこちら↓

 

>>> トップナイフ―天才脳外科医の条件― “全話”の動画の視聴方法&ネタバレをチェック♪

 

※本ページの情報は2020年2月時点のものです。最新の配信状況はHuluサイトにてご確認ください。

タイトルとURLをコピーしました