ミス・ジコチョー 動画を8話も見逃し配信でフル視聴する方法

 

2019年12月06日放送 松雪泰子主演のドラマ『 ミス・ジコチョー~天ノ教授の調査ファイル~』の8話が放送されましたね!

 

この ミス・ジコチョー 8話の動画は 見逃し配信でフル視聴できるの?と、気になって動画を探している人が多いようです。

 

なのでこのページでは安心して、 ミス・ジコチョー 8話の動画を “見逃し視聴できるおススメの方法” やネタバレを紹介しています↓

 

 

>>>『U-NEXT』の31日間無料トライアルはこちら

 

違法にアップロードされた動画じゃないので、高画質でCMもないし、安全に “1話~ まとめて” 視聴できますよ!

 

ミス・ジコチョーの動画!8話の予告は?

ドラマ『 ミス・ジコチョー』8話の動画予告はこんな感じに!

 

ミス・ジコチョーの動画!8話を見逃し配信でフル視聴するおススメの方法

ではドラマ『 ミス・ジコチョー』8話の動画を、見逃し配信でフル視聴できるおススメの方法を紹介します!

 

それは、 ミス・ジコチョーの放送が終わるたびに毎回、見逃し配信をしてくれている公式のサービス『U-NEXT』です!

 

『U-NEXT』には”31日間の無料トライアル”が付いててお得なので、

 
違法にアップロードされた動画を探さなくても安全に見逃し視聴できます!

 

>>>『U-NEXT』の31日間無料トライアルはこちら

 

無料期間中に登録して31日以内に解約することもできるし、その場合でも、 ミス・ジコチョーの動画を1話から視聴できます!!

 

もちろん『 ミス・ジコチョー』以外の現在放送中の最新ドラマや映画・海外ドラマも、時間が許す限り好きなだけ見れてしまいます!

 

ただ、“31日間の無料トライアル”はいつまでやっているのかわからないので、

 
ミス・ジコチョーを安全にフル視聴したいなら早めに登録したほうが損しないです!

 

>>>『U-NEXT』の31日間無料トライアルはこちら

 

※U-NEXTに登録したら検索窓から⇒「 ミス・ジコチョー」で検索してくださいね^^

ミス・ジコチョーの動画!8話の予想

 

30代男性

マンションのエントランスで不審な事故死の事案が発生します。 とあるきっかけで、事故調査を頼まれた天ノは、1人で事故調査を始める事にします。 調べていくとそのマンションでは過去から何件もの事故が発生しており、周りからは呪われたマンションだと言われていました。 そんな中、秘密の暗号を見つけた天ノは暗号の解読を行う事になります。 解読した結果、マンションの構造の結果をみつけて、呪われていない事を証明する事ができると思います。 一方で、秘書の志保は引き抜きにあいます、かなりの好条件でしたが天ノと一緒にいたい志保はきっぱりと断る展開になると思います。

 

30代女性

次回は呪いのマンションという事故調によりによって天ノ1人で乗り出さないといけないということで、何か色々とハプニングが起こりそうな気がします。そもそも天ノがホラーとかそういうものが大丈夫なのかがよく分かりませんが、事故調で向かうマンションでは次々と死亡事故が起こる様子です。天ノはいつも野津田とセットで動いている印象なので1人だけで行くというのは何か理由があるのか分かりませんが、天ノが1人で行かなければならない事情があるのでしょう。しかしなんだかんだで心配になった野津田が最後には助けに行くのではないかと思います。

 

 

>>>『U-NEXT』の31日間無料トライアルはこちら

ミス・ジコチョーの動画!8話の見所はどこ?

30代男性

なんといってもマンションの事故死をどのような原因かを特定して解決するかが見どころだと思います。 マンションのエントランスで事故が多発するが、事件ではなく事故だということなので、かならず原因があります。 天才ならではの方法で見事に原因を明らかにする所が楽しみです。 そして志保に引き抜きがありますが、引き抜きに乗るのか断るのか気になります。 長い間一緒にやってきた天ノと志保なので断ると思いますが、天ノとの絆の深さがどれほどなのか楽しみです。 最後に今回は元旦那が出てきましたが、次回も出てくるのでしょうか相性抜群に見えた元夫婦にも期待したいです。

 

30代女性

これまで事故調には天ノ1人で出向くということはありませんでした。1人のほうが好き勝手やれていいような気もしますが、今回の事故調はちょっと特殊なものなので、1人で大丈夫なんだろうかとなんだか不安になります。また天ノのことをよく理解していて彼女の暴走を止めたりコントロールしてくれている志保が研究室を去っていってしまうのかも?といった感じで物語が進むようです。志保はそれほど目立つキャラクターではないと思いますが、このドラマにとって重要な登場人物なので次回は志保に注目して見ることになりそうです。天ノと志保の女の友情のシーンが見られるかもしれません。

 

 

>>>『U-NEXT』の31日間無料トライアルはこちら

 

◆ ミス・ジコチョー “全話”のネタバレまとめページはこちら↓

>>> ミス・ジコチョー “全話”の動画の視聴方法&ネタバレをチェック♪

ミス・ジコチョーの動画!8話までの感想&ネタバレ

30代男性

過労死とは怖いものだと思いました。 好きな仕事だから文句もいわずにやり込めたのだと思いますが、体は悲鳴を上げていたのだと思いました。 それを推進部長は、サブリーダーの責任にしたことはいけない事だと思いますが最後は自分の非を認めたので、良い事故調査だったと思いました。 IT関連のシステム開発は日々高度になりついていけなくなる事はあり得ると思います。 その中でも仕事をしていかなければならなと今回の様な事故は現実に発生すると思います。 事故の結果を見るのではなく、その過程や原因が本当に大切だという事を今回感じました。

 

30代女性

天ノに離婚歴があるのはだいぶ前から知らされていましたが、まさかカウンセラーだったとは思いませんでした。離婚するからにはそれなりの理由があるはずだと思っていましたが、見るからに穏やかな男性で離婚する要素が見つからないくらいいい旦那さんだったのでちょっと戸惑いながら見てしまいました。今回過労死が取り上げられていましたが、これは現実にも起こりうることだろうなと思います。自殺でもなく本人もまさか死ぬとは思っていなかったのに亡くなることになってしまったという結末が悲しかったですが、この悲しい出来事をもう繰り返さないでほしいとも思いました。

 

 

>>>『U-NEXT』の31日間無料トライアルはこちら

 

ミス・ジコチョーの動画!8話【ネタバレ】← 紹介

 

ここからがドラマ『 ミス・ジコチョー』8話のネタバレになります!

個人的な事故調査依頼

 

いつもの激辛中華料理店。

天ノ真奈子教授と助手の野津田燈は、研究室の秘書・辻留志保の引き抜きを話題にしていた。

教授の天敵であり母親の南雲博士の発案で、「宇宙エレベーター国際プロジェクト」の統括事務局長に推薦されたのだ。

「いいんじゃない」と、教授は志保の好きにさせたいと言う様子。

その時、店員のグエンがミスを連発し、教授に泣き付いてくる。

自分の住んでいるマンションの呪いを解いて欲しいと言うのだ。

マンションでは最近老人が不審死を遂げていた。

「オカルトは専門外です」と野津田が断ろうとするが、教授は乗り気だ。

「いつもの“辛さ20倍”が戻ってこない」その言い分だ。

 

 

呪われた?マンション

 

グエンの住むマンションは大騒ぎで、2人は事故現場のロビ-に警察官が集まっているのを見かける。

壁には一面にお札等が貼られており、『呪われたものは出て行け』などの言葉もあった。

被害者・橋爪の倒れていた付近には“-23”と書かれていた。

 

その時「マンションは呪われている!」と言って、住民の榊という老女が2人を追い立てる。

もみ合っていると、まぁまぁと取りなしてくれたのが南品川署の栗原刑事だった。

教授のファンらしく「テレビで見るよりお綺麗です」とご機嫌だ。

橋爪の死因が後頭部打撲による脳挫傷と聞き、呪いではないと安心する野津田。

しかし、どこにぶつけたのか、あるいは凶器があるのかは分かっていない。

遺体のそばにはペンが落ちていたとのこと。

「事故より事件の方が嬉しい、真犯人を逮捕したい」とはしゃぐ栗原に、教授は不安を感じてしまう。

 

集会室に向かう3人。

マンションの管理組合長・新藤秀一から話を聞く。

橋爪は気難しく、3年前に妻が亡くなり一人暮らしだった。

グエン一家以外に親しくしている人もいなかったらしい。

呪いについて「一つ一つは大した事はないけれど…」と並べだす新藤。

・階段で転倒する人が妙に続いた

・火事でもないのに廊下の警報器が急に鳴り響いた

・防火シャッタ-が突然動き出して、転ぶ人が出た

 

おびえて飛び上がってしまう野津田だ。

死者が出たことで、組合長も「噂も馬鹿にできない」と考えている様子。

 

帰りがけに、教授自身にも呪いが起きる!

突如目の前に植木鉢が落下してきたのだ。

「ポルタ-ガイストです!」とおびえる野津田だ。

 

 

マンションの住人たち

 

研究室で現場写真を確認する教授。

「ダイイングメッセ-ジですか」と“-23”に興味津々なのは、助手の西峰郁美だ。

教授は1人で捜査すると宣言するので、野津田は驚く。

その時、南雲博士から志保の進路のことで電話がある。

ちゃんと話を進めてほしいと言われるが、特に志保には伝えずに帰ってしまう教授だ。

 

・ ・ ・

 

マンションを訪問する教授。

『封印』、『悪霊退散』などの貼り紙はむしろ増えている様子だ。

住民集会の掲示を見て、行ってみる教授。

 

栗原刑事と組合長から、事情説明が行われていた。

殺人か事故か、栗原を問い詰める住民たち。

「怖くて住めない」、「気味悪い貼り紙にうんざり」などとうるさい。

特に新旧の住民同士の言い合いは鮮明で、天罰だ、マナーが悪いなどと盛り上がる榊たち年配組。

覗いている教授を栗原刑事が会合に引き込む。

「天才工学者の天ノ教授です!」と紹介し、呪いを解いてくれると断言してしまう。

つい「呪いは科学で解明できます」と請け負う教授だ。

 

まずは階段や防火扉、エレベーターなどを見て回る。

老朽化しているが、不審な点も細工も見つからない。

「呪いだよ!」と榊が現れ、橋爪は天罰を受けたとわめく。

「でたらめ言わないで」と買い物帰りのグエンが怒り、冬瓜を振り上げる!

総出で止めることになる。

 

流れでグエンの部屋でご馳走になる教授。

橋爪には扇風機やトースターを直してもらったり、子供を見てもらったりの仲だったとのこと。

長男をエレベーターの事故から救出してくれたこともあった。

閉じ込められた経験を持つ息子は、とても橋爪になついていた様子。

教授は、息子が持っている手帳に橋爪の名前があるので、驚く。

エレベーターホールで拾ったらしい。

中には『0805+12』、『0912-1』などの書き込みがあった。

「ここに真犯人のヒントがあるんですよ!」とはしゃぐ栗原だ。

 

 

橋爪の手帳の謎

 

研究室では助手2人と志保が、宇宙エレベーターの昇降機能の実験を繰り返していた。

引き抜き話について「今の気持ちは半々」と語る志保。

宇宙エレベーターの開発は魅力的だが、天ノ研究室も心配だというのだ。

志保の飛躍を応援する郁美と野津田。

一方、戻った教授は例の手帳のデータに夢中で、志保と話す気はない様子。

ため息をつく3人だ。

 

・ ・ ・

 

マンションでは、栗原刑事が4ケタの数字を部屋番号に見立てて、聞き込みをしていた。

しかし住人たちからは情報を得られないうえに、914号室の榊には「あの男は悪霊に取りつかれて夜徘徊していた」としか話を聞けない。

オマケに『1103』との記載もあるのに、10階の上は屋上だった。

 

雷のなる中、研究室で数字と取り組む教授。

最初の4桁を日付に見立てて、野津田に天気予報を調べさせる。

どうやら記録は雨の日を示しているようなのだ。

「やっぱり雨の呪いじゃないですか」と野津田。

郁美は志保と教授を2人きりにしようとする。

しかし、今からマンションに行くと言い出す教授。

「なんで避けるの」と志保。

宇宙エレベーター・プロジェクトに行ってしまうという話に、教授は「好きにすれば」と言い、ケンカのようになってしまう。

 

 

教授の「失敗」

 

土砂降りの夜11時30分。

橋爪が亡くなった日と同じ条件で、マンションを調べに来た天ノ教授。

考えながらエレベーターに乗っていると…急停止!

電気が落ち、非常ボタンも鳴らず、携帯も圏外になっている。

完全に閉じ込められた教授だ。

 

研究室では、野津田と志保が実験を続け、郁美は手帳の数字を調べていた。

グラフ化してみると、日付が最近に近づくにつれて、『+-』の付いた数字の方は値が大きくなっていることがわかる。

悩む郁美に、野津田が「日付はすべて雨の日」だと教える。

3人で話していると、大きな雷が鳴る!

携帯のつながらない教授の動向にピンと来て、志保が動き出す!

 

天ノ教授はエレベーターの中でうなだれていた。

1人でいると、マイナスのイメージばかり浮かんでしまう。

榊の「呪い」発言、転倒する人々のイメ-ジ、死んだ橋爪、グエンの言葉…。

手帳のことを考え、ふと思いつく!

「私、失敗しちゃった」とつぶやいていると、エレベーターのドアがゆっくり開く。

志保と組合長が助けに来てくれたのだ。

安心して笑い合う志保と教授だ。

 

 

雨の呪いの真相

 

翌日。

エレベーターの機械室に案内してもらう天ノ教授と栗原刑事と組合長。

40年来の古い機械で、故障が起きても当たり前、業者としては新製品との交換を勧めるレベルだった。

栗原が湿気を指摘するので閃いた教授。

エレベーター・シャフトの底部をのぞいてみると、汚水がたっぷり溜まっていた。

雨が降るとエレベーター・シャフトを伝って機械室にも湿気が及んでいたのだ。

 

また、教授はグエンの部屋を訪問。

グエンの息子に「当ててみようか」と切り出して、手帳と一緒に拾ったものを指摘する。

少年は橋爪のL字型定規も見つけていたのだった。

それを使って、とある部分を図ってみる教授。

雨の呪いが解けた瞬間だった。

 

・ ・ ・

 

集会室に住民を集めた教授。

志保は模型の用意をして待機していた。

まずは「この世には悪霊の呪いは存在しません」と切り出す教授。

動揺する住民を志保がいさめる。

 

マンションの主な“呪い”は建物の設備の劣化だった。

警報は機械の故障、防火シャッタ-のストッパ-の摩耗などだ。

そして、橋爪が雨の日にマンションを徘徊していたのは、調査のためだった。

電気機器に精通していた橋爪は、グエンの息子を救出して以来、エレベーターの老朽化を心配していた。

管理組合の総会で危険性を訴えたこともあったが、却下される。

橋爪はそれ以降の雨の日に、エレベーターと廊下の床面の差を記録していたのだ。

手帳のメモの数字は、6月21日、総会の日から始まっていた。

L字型定規で高低差を記録してエレベーターの不具合を証明しようとした橋爪。

『-15』などはエレベーターが床面よりも低い、『+22』とは床面よりも高いという意味だった。

 

合点する栗原刑事。

志保が模型で事故の日の事情を示す。

 

いつものように、1階で計測していた橋爪。

しかし、おそらく雷でエレベーターが故障、ドアが開いたまま突然上昇し始めたのだ。

橋爪は天井で頭を打ってしまい、1階ロビ-に転落。

最後に彼は『-23』と書き残したのだった。

 

 

責任の所在

 

痛ましそうな顔をする住民たち。

しかしすぐ、責任問題や、どこを訴えるかとの話で部屋は騒然とする。

組合長も槍玉にあがり、さすがに怒りだす。

 

教授が静かに説明する。

エレベーターの消耗品がずっと交換されていなかったこと、メーカーは30年前に廃業していること。

現メンテナンス業者が新品の設置を呼びかけているが、金がかかると会議で却下されたこと。

最近では事故防止の法規定があるが、古いエレベーターには適用されていないこと。

お金をかけ、補修するのか取り替えるのか、それとも放置するのか。

「決断するのは、皆さんなんです」と語りかける教授だ。

 

黙ってしまう住民たちの中で、組合長とグエンが教授に教えを乞う。

「ここのエレベーターは40年経っている以上、安全という思い込みは捨てなければ」と教授。

さらに、新旧住民の対立や「呪い」などの疑心悪鬼。

橋爪の想いに耳を傾けることができなかったことが、住民たちの失敗だったのだ。

「皆さんの心の中にある呪いを解くことができるのは、おそらく…」と教授。

「愛」と栗原刑事が付け足す。

 

住民たちは団結して貼り紙をはがし始める。

榊も「呪い」を振りかざすのをやめ、グエンは息子とエレベーターホールに花をお供えする。

帰ろうとする教授に「弟子にしてください!」と栗原刑事が迫る。

もちろん返事はNOだったが…名残惜しそうな栗原だった。

 

研究室に戻った天ノ教授と志保。

橋爪は「ここでやるべきことがある」と言って、息子たちとの同居を断っていたらしい。

「志保もやればいいんじゃない?」と勧める教授。

驚く志保。

「迷ったら、世の中のためになる方を選ぶのが科学者の常識」と言って、笑顔を返す教授だった。

 

 

志保の決断

 

宇宙エレベーターの公開実験。

カウントダウンで野津田や郁美が模型を打ち上げる!

実験は無事成功し、上昇した模型は時速115キロを記録する。

拍手喝采の見学者たちだ。

 

南雲博士はコッソリ志保に話しかける。

志保は研究室に残る決意を伝える。

教授のアドバイスを受けて「真奈子の失敗学を支える方が人類の未来のため」と考えたのだ。

残念がる南雲博士。

「あの研究室は私がいないとだめなので」と言った志保だが、ふと「私が真奈子じゃないとだめなのかも」と付け加える。

2人は、万歳する教授たちを苦笑して眺めるのだった。

のちほど公開します!

 

>>>『U-NEXT』の31日間無料トライアルはこちら

 

--- 以上、 ミス・ジコチョー 8話のネタバレでした~! ---

 

ミス・ジコチョー 8話を見逃した人は、

『 ミス・ジコチョー』を1話からまとめて視聴できる『U-NEXT』がおススメです!

 

 

>>>『U-NEXT』の31日間無料トライアルはこちら

 

いつまで”31日間の無料トライアル”があるのか分からないので、見たいかたはお早めに~^^♪

これで連休の暇つぶしはバッチリです(笑)

ミス・ジコチョーの動画!8話の感想まとめ

 

ミス・ジコチョー 8話の感想は、

「呪い」と言う結論に落ち着くはずはないと思っていましたが、賑やかな住民たちに説得力のある結論を披露することができた天ノ教授に拍手喝采と言う感じのエンディングでした。

教授の話の中で出てきた「法律の規定が適用外の古いエレベーターが7割」との内容にはびっくりし、リアルに恐怖を感じました。

確かに「運転手がいない乗り物」という点では、メンテ重視が安全第一ということですよね。

「呪いか徘徊老人か」という目線で見られていた被害者が・橋爪が、実は技術者の目線で古いエレベーターに警鐘を鳴らしていたという展開も練れていてよかったです。

 

志保の進路に関して、「悩んだら世の中のため人のためになる方を選べば」と言った天ノ教授も、「失敗学を支える方が人類の未来のため」と言った志保もカッコよかったです。

「娘の研究室よりも人類の未来のために」と言う南雲博士に対し、これ以上ないきっぱりとした断り方ですよね。

実際、志保は一方踏み出すことを恐れていたのかもしれませんが、教授の言葉の的確さには感じ入りました。

 

そういえば栗原刑事役の渡辺大知は「べしゃり暮らし」に出ていた新人芸人・辻本役の俳優さんでした。

刑事役も、嫌味にならない程度にコミカルな雰囲気で良かったです。

教授からのフラれ方も面白かったです。

 

>>>『U-NEXT』の31日間無料トライアルはこちら

 

ミス・ジコチョーの動画!8話のあらすじを最後に

ドラマ『 ミス・ジコチョー』8話のあらすじを簡単に紹介します~!

とある古いマンションのエントランスで、住民の老人・橋爪(宇崎竜童)が頭を打って死亡。たまたま頼まれたことから、真奈子(松雪泰子)は「たったひとりの事故調」に乗り出す。

老朽化したマンションでは、高齢者たちと新住民の間の不和が激しく、不吉な事故が続くことから「呪いのマンション」「呪われている」と呼ぶ人も。真奈子は被害者が残した、暗号のような謎の数字の記録から、真相に近づいていく。

ミス・ジコチョー 公式サイト引用

 

>>>『U-NEXT』の31日間無料トライアルはこちら

 

最後までお読みいただきありがとうございました^^

 

◆ ミス・ジコチョー “全話”のネタバレまとめページはこちら↓

>>> ミス・ジコチョー “全話”の動画の視聴方法&ネタバレをチェック♪

 

※本ページの情報は2019年12月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

タイトルとURLをコピーしました