同期のサクラ ドラマ動画!7話も無料の見逃し配信でフル視聴

 

2019年11月20日放送 ドラマ『同期のサクラ』の7話が放送されましたね!高畑充希 橋本愛 新田真剣佑 竜星涼 岡山天音 津嘉山正種などが出演されています。

 

この同期のサクラ 7話の動画は 無料の見逃し配信でフル視聴できるの?と、気になって動画を探している人が多いようです。

 

なのでこのページでは安心して、同期のサクラ 7話の動画を “無料で見逃し視聴できるおススメの方法” やネタバレを紹介しています↓

 

>>>『Hulu』の2週間無料トライアルはこちら

 

違法にアップロードされた動画じゃないので、高画質でCMもないし、安全に “1話~ まとめて” 視聴できますよ!

同期のサクラの動画!7話の予告は?

ドラマ『同期のサクラ』7話の動画予告はこんな感じに!

同期のサクラの動画!7話を無料の見逃し配信でフル視聴するおススメの方法

ではドラマ『同期のサクラ』7話の動画を、無料の見逃し配信でフル視聴できるおススメの方法を紹介します!

 

それは、同期のサクラの放送が終わるたびに毎回、見逃し配信をしてくれている公式のサービス『Hulu』です!

 

『Hulu』には”2週間の無料トライアル”が付いててお得なので、

違法にアップロードされた動画を探さなくても安全に見逃し視聴できます!

 

>>>『Hulu』の2週間無料トライアルはこちら

 

無料期間中に登録して2週間以内に解約することもできるし、その場合でも、同期のサクラを1話からまとめて視聴できます!

 

もちろん『同期のサクラ』以外の現在放送中の最新ドラマや映画・海外ドラマも、時間が許す限り好きなだけ見れてしまいます!

 

ただ、“2週間の無料トライアル”はいつまでやっているのかわからないので、

 

同期のサクラを安全にフル視聴したいなら早めに登録したほうが損しないです!

 

>>>『Hulu』の2週間無料トライアルはこちら

 

※Huluに登録したら検索窓から⇒「同期のサクラ」で検索してくださいね^^

同期のサクラの動画!7話の予想

20代女性:

次回は桜の地元の島にやっと橋が架かることとなったけど、すんなりうまくはいかないのかなと思います。念願の橋が架かることに桜も楽しみな思いだけど、いろいろな試練があるような気がします。 前の上司である黒川から突然呼び出されて、橋に問題が起きたと言われ、どんな問題が起きるのかなと思います。橋が架かるのがもしかしたら予定よりも、ずれてしまうのかなと予想します。 またおじいちゃんが体調を崩していたことを桜は知ることになって、桜はおじいちゃんをなんとかして病院へ行くことができると思います。桜の言うことは聞いてくれるはずです。

 

30代女性:

今回の終盤はようやくサクラの故郷に橋がかかるという嬉しいニュースが飛び込んできましたが、同時にサクラの祖父の体の具合が悪いのと「橋はかからない。お前の夢は叶わない」という不吉なFAXが送られてきた夢を見てしまうという不吉な終わり方をしていました。予告で百合が「どうしてサクラばっかりこんな目に」と言って涙声で抱きついているシーンがありましたが、サクラがもう子会社にすらいられなくなってしまうのではないかと予想してしまいます。これまでもサクラは色々とやらかしてきてそのたび周りがなんとかフォローしてくれていましたが、すみれも別の部署に飛ばされてしまいましたし、これ以上かばいきれないのではないかと思います。

 

50代以上男性:

ずっと待ち望んでいた故郷への橋を架ける工事がいよいよ再開されたはずが、それと真逆な決して故郷に橋は架からないという不吉な予知夢みたいなものがサクラを苦しめます。いったいサクラの故郷で何が起ころうとしているのかがすごく気になってしまいますね。また第1話から順番にサクラの近しい人にスポットライトがあたってきたので、いよいよ次週は今まで飄々と「いい質問だねえ」と軽いキャラを見せていた黒川がピックアップされると思います。となれば彼は人事部部長なのでいよいよサクラの本社復帰・土木部移動も近いと信じたいところです。

 

30代女性:

同期と共にサクラの故郷へ帰省している姿が見られました。その後、橋を架けるための視察に訪れたような場面が予告で見られましたが、故郷に橋をかけるために島の人たちにウソをつくのか、サクラの夢である橋がかかるのを諦めるのかという選択に迫られているようでした。自分だけでは出せない答えに同期たちが意見をぶつけ合いながらもサクラに寄り添おうとする姿が目に浮かびます。島の人たちの前に立つサクラが見られ、「お前の思った通りにやれ」「お前の決めたことなら全力で応援する」という心強い同期の言葉を胸に、ウソをつかなければならない状況を正直に島の人たちに話し、そのことで橋の着工が再びストップしてしまうのではないかと思いました。誰よりも橋がかかることを望んでいるサクラにとって辛い選択ですが、サクラにとって同期たちの心強さを感じる回になるのではないかと思いました。

 

50代以上女性:

予告を見ての予想です。6話の終わりで実はおじいちゃんが心臓の具合が良くない事をサクラに隠している事実が判明。それに、おじいちゃんから不吉なFAXを受け取るという夢も何か悪い事が起きる暗示のような気がします。予告を見ても「なんでサクラばっかりこんな目に・・・。」というような事を百合が言ってましたから、もしかしたら、サクラのおじいちゃんに何かが起こるのでは?と思います。そして、サクラは急遽故郷の島に帰り、そのまま故郷の島で挫けそうになるのを、同期の仲間が団結して助けようとするのでは無いかと予想します。

 

50代以上女性:

入社7年目のサクラの時は、黒川部長がサクラの影響を受けるようです。 この時はすでに昇進をしていて常務になっていました。 黒川部長はほとんどの仕事をすみれに丸投げにして、自分では何もしていないように見えました。 それでも常務になったということは、よほどすみれや他の部下が優秀だったのだろうと思いました。 サクラの故郷の橋の建設が難航しているようです。 サクラが観た予知夢のように、橋の工事は中止になってしまうのか気になるところです。 さらに蓮太郎には彼女ができたようですが、相手は意外な人のようで、こちらも気になります。

 

 

>>>『Hulu』の2週間無料トライアルはこちら

 

同期のサクラの動画!7話の見所はどこ?

20代女性:

次回は桜の地元の島に橋を架けることが動きだすのが楽しみです。桜のずっと叶えたい夢であった一つで、どうなるのか気になります。 だけどすんなり橋を架けることはできなくて、なにか問題があるところがどうなるのか不安です。桜はその問題をどうするのか、なんとかして橋を架けられるように頑張って動いていくのかなと思います。 またおじいちゃんが体調を崩していることを桜が知って、病院へ行くように言うところに注目したいです。桜にとってとても大切な人だから、おじいちゃんをなんとか説得するのかなと思います。桜の言葉に注目したいです。

 

30代女性:

サクラにとって何かよくないことが起こりそうだということです。そのあたりは見どころでもあると思いますが、同時に見るのがちょっと怖くも感じてしまいます。サクラが本社に戻るのは難しいということでしたが、6話では「このままだと子会社にもいられなくなるかもしれない」と忠告もされていました。そろそろそれが現実になってしまうのではないかと思います。橋は故郷にかかるかもしれませんが、サクラは今の会社を辞めないといけないかもしれませんし、サクラの祖父は亡くなってしまうかもしれません。サクラは今の会社を去ることになってしまうのかもしれませんが、予告ではスピーチらしきものをやっていました。このスピーチで会社が良い方向へ変わってくれないかと期待しています。

 

50代以上男性:

島民説明会に島出身者として参加してほしいと請われついに同期メンバーと故郷に凱旋するサクラが描かれるのが楽しみです。いつもサクラが落ち込んだ際に達筆の文字で応援していたじいちゃんとの久しぶりの再会と会話も興味深いですね。ただじいちゃんの体調が決して万全ではないみたいで、サクラが席を外した時に同期メンバーにじいちゃんが何か話をするとのことでここが第7話の大きなポイントとなりそうです。いよいよ彼女の夢が動き出していきますが、それだけに今までにない選択を彼女は迫られるみたいで自分を決して曲げないサクラの決断が今から楽しみです。

 

30代女性:

葵と菊夫がサクラに思いを伝えられない中、蓮太郎に付き合っている人がいることを打ち明けられている場面があり、そこへタイミングよく入ってきたのがすみれの娘であるつくしであったことから、必死でみんなに止められ、冷静なサクラでさえ声が大きくなってしまっている姿があり、笑いどころになると感じました。また付き合っていることを蓮太郎に打ち明けられたことで、葵や菊夫がサクラに対して何か行動を起こそうと二人で競い合うような姿が見られるのではないかと期待しています。 6話の最後に故郷に橋がかからないことがサクラにとって負担となっているのか、うなされて目覚めたサクラが見られました。また、7話の予告でサクラの祖父が倒れサクラが呼びかけても目を覚まさない様子が見られ、精神的なことの積み重ねが意識不明となっている現在の状況に起因しているのではないかと思い、今後のサクラの動向に目が離せないと感じました。

 

50代以上女性:

本当は、もっと葵と菊夫くんのサクラを巡る恋のバトルが見たいところでしたが、次回はそうもいかないようです。二人のイケメンの恋に苦しむ可愛い姿は、もう本当にツボで胸キュンなのですが、7話はかなりシリアスな内容のようです。サクラのおじいちゃんに何かが起こり、それがサクラに多大な影響を及ぼしそうです。しかし、同期の仲間が本気の団結でサクラを一生懸命に救おうとするのではないでしょうか?今までサクラが自分たちを救ってきてくれたように、今度は同期がサクラを助ける。そこが大きな見どころとなると思います。そして、それによってサクラが同期に救われるのを楽しみにしています。

 

50代以上女性:

サクラは故郷の橋の着工に関する説明などで、新潟に出張するようです。 しかし、橋の工事は難航しているようで、それが気がかりです。 さらに、サクラのじいちゃんの容体も良く内容で、それもかなり気になります。 橋はなんとしてでもかかってほしいものですが、大きな問題を解決しなければいけないのでしょう。 サクラがいつも言っていた「じいちゃんのコロッケが食べたい」が実現しそうです。 他のメンバーも新潟に行くようなので、みんなで美味しいコロッケを食べることが出来て楽しそうです。 私は新潟なので、どこでロケが行われたのか、それも気になるところです。

 

 

>>>『Hulu』の2週間無料トライアルはこちら

 

◆同期のサクラ “全話”のネタバレまとめページはこちら↓

同期のサクラ “全話”の動画の視聴方法&ネタバレをチェック♪

同期のサクラの動画!7話までの感想

20代女性:

今回は火野がセミナーのリーダーになって、マネージャーに振り回されていたのが印象的でした。いろんな注文に頭を下げたりしていたのが、リアルだなと感じました。 そして娘のことも気にしないといけない火野が、いっぱいいっぱいになっているのが心配になりました。つい娘に手をあげてしまったところは、すごく驚きました。火野はいろんな思いを抱えながら、母親としても仕事でも頑張っているのが伝わってきました。 また桜はそんな火野を気にしながら、子会社で頑張っていたのが良かったです。最後火野から褒められて、嬉しそうな桜がほっこりしました。

 

30代女性:

これまでサクラの病室にやってくるのは同期メンバーの誰かでしたが、今回やってきたのは先輩のすみれだったのが意外性があってよかったです。これまでサクラとすみれは先輩後輩くらいの立場であまり接点がないように思っていましたが、今回すみれの本心などが知れてよかったです。すみれは今はあんな感じだけど昔はサクラと同じように熱血に仕事をやっている時もあったんだということが分かって、サクラ以外にもそういう社員がいたんだなと思うと少しうれしく思いました。そしてこれまでサクラのことを苗字でしか読んでいなかったすみれが名前で呼ぶようになっていて、すみれの変化が感じられた良い回でした。

 

50代以上男性:

決して周りに忖度することなく自分の思ったことを真っ直ぐに口にするサクラを今までは問題視していた感のある人事部の日野さんがクローズアップされるお話でした。無茶ぶりしてくる講演者の椿&マネージャーに対して最後の最後いつも通りサクラが爆発するかと思っていたら、サクラではなくその日野さんがズバズバ言いたいことを言ってくれてすごくスッキリしました。自分を曲げないことを美徳としながらもなかなか変わらない周囲に対して元気を失くしつつあるサクラでしたが、彼女が数年かけて蒔いてきた種は確実に育ちつつあることが理解できるとっても嬉しい第6話でした。

 

30代女性:

女性活躍セミナーのプロジェクトチームの一員として出向先からサクラも参加していました。人事部のすみれがセミナーの仕切りを任されていましたが、先方の無理難題や自身がシングルマザーになったことで気持ちに余裕が持てずにいる様子が伺えました。先方を怒らせプロジェクトから外されてしまったサクラですが、すみれに問題を抱えきれなくなってしまったときいつもそばにいる印象が強く、サクラ自身も心が不安定になっている中で、すみれを心配するサクラの優しさが見えました。講演会当日に「良い母親である必要はない」「そばにいてくれるだけでいい」と伝えるサクラがおり、すみれの娘であるつくしと自分を重ね合わせているように思えました。講演会終了後、女性社員を考えない自分の利益だけの講演内容に納得できないず、サクラよりもすみれが先に思いをぶつける姿が見られ、安心したようなサクラの表情がつくしの母親を称える行動とリンクしているように思えました。「10年後もそのままでいて」とすみれに言われたサクラの嬉しそうな表情が印象的で胸が熱くなりました。出向してから1年間、自分を殺して働いてきたサクラが報われた瞬間のように思えたシーンでした。

 

50代以上女性:

ラストのすみれさんのセミナーでの一大本音は聞いていてスッキリしました。よくぞ言った!!!と大拍手でした。けれど、やはり左遷されてしまうのか・・・とやりきれない思いも同時に感じました。ただ、つくしちゃんとは和解できて良かった。左遷されて流石に落ち込んでいるサクラが可哀相でしたが、すみれさんのお陰で立ち直れてホロッときました。故郷の島への橋がやっと着工するという良いニュースがあったものの、おじいちゃんからの不吉なFAXの夢はかなりきになりました。最後に、葵と菊夫くんがサクラに何とかアプローチしようと試みるも、連続玉砕の様子が凄く可愛くて最高です。

 

50代以上女性:

サクラのじいちゃんの様子が心配です。 サクラはまだじいちゃんのことを知らないでしますが、いずれ分かってしまうでしょう。 じいちゃんの言葉は毎回、重みがあります。 サクラの同期を助けることができるのも、じいちゃんのアドバイスがあってこそです。 なので、そのじいちゃんにはいつまでも元気で長生きしてほしいものです。 今回は先輩のすみれがサクラによって変わることができました。 彼女も入社当時はサクラのように忖度なしで発言していたようです。 ですが、いつのまにかそれではうまくいかないことを知り、自分に嘘を付くようになってしまったのかもしれません。

 

 

>>>『Hulu』の2週間無料トライアルはこちら

同期のサクラの動画!7話【ネタバレ】← 紹介

ここからがドラマ『同期のサクラ』7話のネタバレになります!

7年目の出来事

北野サクラの病室には黒川森雄がお見舞いに来ていた。

黒川は自らの責任を感じて、4年前に美咲島の事を振り返る。

2015年11月、相変わらずのサクラは入社して7年目を迎えた。

故郷の橋に架かる工事が始まって喜んでいたが、そこに祖父からFAXが来る。

橋が掛からないと夢は変わらないと書かれていた。

その出来事は夢で急いで起きて、FAXを確認すると何も届いていない。

外は雨が降っていて、FAXを送ろうとするサクラは夢の事を隠した。

出勤したサクラがプラカードを持って営業していると、通行人の傘の持ち方を注意する。

そこに黒川から電話が入り、本社の土木に来るように言われる。

橋に問題が起きたと急いで本社に向かうと、ロビーで木島葵が待っていた。

土木に行くと黒川に理由を尋ねていると、そこに土木の役員の桑原もいて挨拶をする。

常務に昇進した黒川に対して、相変わらずの対応をするサクラは質問を続けた。

すると地盤が弱いが、国の安全基準をクリアしていると聞く。

不機嫌なサクラに桑原が資料を見せて、大丈夫だと伝える。

しかし、基礎工事の噂がネットで広がり、島民に心配が広がっていた。

そこで住民説開会が開かれる事になり、サクラが島民に説明する事になる。

 

仕事終わりに、行きつけの喫茶店に集まった同期達に事情を説明する。

住民説明会には土木の葵も同行する事になり、菊夫も行こうと口にした。

サクラは土井蓮太郎が時計を頻繁に見ている事に気付き、理由を聞く。

一級建築士に合格した事が明かして、お祝いしようとする。

しかし、「もう1つ報告が」と蓮太郎は付き合っている人がいると口にした。

すでに呼んでいると言うと火野すみれの娘のつくしが入ってくる。

遅れて火野も駆け付けて、2人の交際に同期達は驚く。

蓮太郎はつくしと仲良くなって、火野との距離も縮まった事を説明した。

「何だが嬉しいです」とサクラも祝福して、乾杯する。

帰宅して、祖父にFAXを送ると早々と返信が来た。

悪夢でFAXを見つめるサクラは用紙を手に取ると、「楽しみに待ってる」と書いているのが目に入る。

 

美咲島に到着したサクラ達

美咲島に着いたサクラは、久しぶりの帰省で島の人と話をしていく。

同行した同期達は元気なったサクラを見て、笑顔になる。

橋の建設場所を下見したサクラ達は、写真を撮る。

写真を撮り終えたあと、葵は1人何か考え事をしていた。

サクラの知り合いが現れて、同期達の宿泊先が次々と決まっていく。

いつもお世話になっている女性から祖父の具合が悪いと聞き、急いで実家に戻る。

実家に着いたサクラは料理をしている祖父を見つけて、心配した。

祖父はわざと聞こえないふりをして、話を逸らそうとする。

その夜、同期の4人がやってきて、皆でご飯を食べる。

噂のコロッケに皆は喜ぶが、祖父は無表情で戸惑う。

話はサクラの悪口になって、今までの出来事が語られていく。

百合とぶつかり合った話や葵へのビンタなど皆が盛り上がる。

 

ご飯が終わり、星空を見つめていると流れ星を次々と出現した。

その時、祖父がサクラに風呂を沸かして欲しいと頼まれる。

サクラが席を外した隙に、祖父が同期達に話し掛けた。

祖父は頭を下げて、「サクラの事、宜しくお願いします」とお願いする。

自らの寿命が長くない事を察していて、天涯孤独になってしまうサクラを心配していた。

頭が固く、不器用な人間であるサクラが、今後生きて行けるのか考えると胸が痛める。

今日、皆が話している姿を見て、サクラは寂しくないと思い「ずっと仲間でいてやってください」と改めて頼んだ。

そして、今の話はサクラに言わないように口止めする。

 

衝撃な事実を知る

翌朝、出勤するサクラは家の前に葵と出くわす。

大事な話があると場所を変えて、葵は厳しい表情から衝撃な事を口にしていく。

橋のコンクリートの量が本来より少ないと、新たな問題点を伝える。

安全基準は満たしているが、利益を上げるための桑原の意図的な策略だった。

サクラは島を訪れた桑原に資料を渡して、事情を聞く。

国の安全基準を超えていると強調されて、見直すと会社に莫大な損害が出ると言われた。

更に取り止めになると可能性をちらつかされる。

何も言い返す事が出来ないサクラは橋を造るか、中止するかを迫られた。

住民説明会場で悩むサクラの元に同期達が駆け付ける。

同期達の意見は真っ二つに分かれて、言い争いになってしまう。

サクラが仲裁に入り、最終的に決める事になる。

その時、百合から祖父に相談してみてはどうかアドバイスを受けて、急いで家に戻る。

 

実家に着いたサクラは祖父を見つけて、住民説明会での来ないのか聞く。

サクラは自らが大人になれるか尋ねると、一生大人になる必要がないと答えられた。

その言葉に対して、祖父に長生きするように伝えて会場に戻る。

会場の前で待っていた百合はサクラに答えを聞く。

百合は抱き締めて、辛い思いばっかりするサクラの気持ちに同情する。

次に葵が近付き、仲間として好きだと言ってサクラの考えを全力で応援すると伝えてきた。

更に菊夫が声を掛けて、桑原に対して自らも意見を言うと声を掛ける。

そこに桑原が声を現れて、サクラは一緒に会場に向かう。

 

運命の住民説明会

葵の司会で桑原の挨拶を始まり、説明会が進んでいくと蓮太郎がサクラに声を掛けた。

電話を渡すと相手は火野で、これから出した答えは自らを苦しむ結果になるが、皆に助けを求めるように言ってくる。

桑原はなしを勧めていき、橋の安全性を訴えるが住民達から反発の声が上がってきた。

サクラの意見を求められて、彼女は壇上に足を運ぶ。

張り詰めた空気の中、一度目を瞑ったサクラは息を吸い込んで口を開く。

入社した時の自分に意見を聞きたいと言い始めて、7年前の新人研修で模型を作った事を話す。

素晴らしい物を作れた事を口にして、自らの3つの夢を語る。

しかし、最初の夢は叶わないと言い、故郷の島に橋は掛からない事を明かす。

基礎の深さやコンクリートの量が万全な状態ではないと、住民達の安全性を考慮した。

そして、サクラは泣きながら住民達に謝る。

 

住民説明会が終わり、桑原が声を掛けてきて厳しい言葉を投げかけた。

そこに同期達はやってきて、自分達は正しい事とサクラを守る。

改めて、サクラは建設予定現場を眺めて落ち込む。

実家に帰り、気持ちを切り替えて祖父を探すと部屋で倒れていた。

何度も声を掛けるが反応がなくて、体が冷たい。

祖父は亡くなってしまい、荷物を整理していると手を付けていない仕送りを見つける。

落ち込んだまま、アパートに帰ってきたサクラは崩れ落ちた。

皆で取った写真を見て、立ち上がろうとすると生前に祖父から届いていたFAXに気付く。最後に送ってきたFAXに目を通して、涙ながらに祖父への思いを書いて送る。

しかし、返信が帰って来る事はなかった。

FAXを見つめるサクラは機会を地面に叩きつけて、部屋の物を次々と投げ捨てていく。

時は現在に戻り、病室にいた黒川は1年以上休んでいたサクラに、解雇通知書を置いていく。

心配する百合はサクラに電話するが、まったく繋がらない。

そこに葵から連絡が入り、百合はサクラのアパートに向かう。

隣人から心配されて暴れる音がした事を聞いた百合は鍵が開いているのに気付き、部屋の中を確認する。

すると座っているサクラがいて駆け寄ると、部屋の物が一カ所に集められていた。

百合がサクラに声を掛けると「大丈夫です」と口にして、いきなり立ち上がって仕事に向かう。

--- 以上、同期のサクラ 7話のネタバレでした~! ---

 

同期のサクラ 7話を見逃した人は、

 

『同期のサクラ』を1話からまとめて視聴できる『Hulu』がおススメです!

 

>>>『Hulu』の2週間無料トライアルはこちら

 

いつまで”2週間の無料トライアル”があるのか分からないので、見たいかたはお早めに~^^♪

これで連休の暇つぶしはバッチリです(笑)

同期のサクラの動画!7話の感想まとめ

同期のサクラの動画7話を見た感想をまとめると、

再度、故郷の美咲島に橋が架かる事になって一安心したかに思えましたが、まさかの事態が起きます。

地盤に問題があるとは予期せぬ展開に驚きました。

いくら国の安全基準をクリアしていると黒川は主張しても、やはり心配になります。

桑原からも資料を渡されて安全だと言われますが、その状態で住民に説明にするのは心苦しいはずです。

同期達も同行して美咲島に行く事になって、雰囲気は良くなるかもしれないと感じました。

しかし、葵が橋に使うコンクリートの問題に気付きますが、あまりにショックでした。

安全基準は大丈夫でも、住民達の事を考えると橋を架ける事をためらいます。

ギリギリまで悩みますが、同期達の温かい言葉があったのでサクラは自分らしい選択が出来たのでしょう。

手柄を取りたい桑原の行動は納得いきませんが、果敢に挑む同期達の姿は素晴らしいです。

その後、祖父が倒れて亡くなってしまうとは言葉を失ってしまいました。

サクラの支えであった祖父がいなくなってしまい、これからどうなるのでしょうか。

アパートで冷静さを失っていましたが、百合が尋ねると座っていて恐怖を感じました。

会社に向かいますが、何か異様な雰囲気を出して、只々心配です。

これからサクラはどのような道を歩んでいくのか、気になります。

 

>>>『Hulu』の2週間無料トライアルはこちら

 

同期のサクラの動画!7話のあらすじを最後に

ドラマ『同期のサクラ』7話のあらすじを簡単に紹介します~!

子会社で社会人7年目を迎えたサクラ(高畑充希)は着工した故郷の橋の建設に直接は関われないものの、完成した橋を祖父・柊作(津嘉山正種)と渡る日を夢見ていた。

 

そんな中、黒川(椎名桔平)から本社に呼び出されたサクラは、橋の安全性について不安を抱いている島民たちを現地の説明会で説得してほしいと頼まれる。同期たちと共に故郷の島を訪れるサクラ。そこで人生を揺るがす究極の選択が待っていた……。

同期のサクラ 公式サイト引用

 

>>>『Hulu』の2週間無料トライアルはこちら

 

最後までお読みいただきありがとうございました^^

 

◆同期のサクラ “全話”のネタバレまとめページはこちら↓

 

同期のサクラ “全話”の動画の視聴方法&ネタバレをチェック♪

 

※本ページの情報は2019年11月時点のものです。最新の配信状況はHuluサイトにてご確認ください。

タイトルとURLをコピーしました