芦田愛菜の中学校や小学校はどこ!?受験勉強の方法や高校はどこへ進学?

ドラマ「mother」や「マルモのおきて」で天才子役として大注目された芦田愛菜ちゃんですが、現在は中学校に通っていて大人になった姿が再度話題になっています。

 

 

芦田愛菜ちゃんは女優業だけでなく、学業もかなり優秀です。中学校はどこに通っているのか、高校はどこを受験するのか気になります。

 

 

また、最近では天皇陛下の即位を祝う場で堂々と祝辞を読み、そのときの綺麗な着物も話題となっています。大人になった芦田愛菜ちゃんについて詳しく見ていきましょう。








芦田愛菜のプロフィール!子役で大活躍

芦田愛菜ちゃんは2004年6月23日生まれで現在15歳です。兵庫県出身で血液型はA型です。歌舞伎揚げや都昆布など渋いものが小さい頃から好きだったり、KARAやAKB48の曲などダンスを踊ることが好きだと話していました。

 

 

圧倒的な演技力を見せる芦田愛菜ちゃんですが、寝る演技は意識しすぎて目や喉が動いてしまうので苦手なんだそうです。

 

 

そんな芦田愛菜ちゃんが芸能界へ入ったのは、3歳の時でした。お母さんに誘われて芸能プロダクションのオーディションに参加しました。

 

 

5歳の時に出演した「ABC家族レッスンショートムービー2」が初めての出演作品です。芦田愛菜ちゃんの凄さを一気に世に知らしめたドラマ「mother」ですが、当時5歳でドラマの設定年齢は7歳だっため応募資格すらありませんでした。

 

 

ですが駄目元でいいからとお願いし受けたオーディションで、演技力や質疑応答が他の子役とは明らかにレベルが違い、急遽脚本の一部を芦田愛菜ちゃん用に変更したのでした。

 

 

このドラマで多くの新人賞を受賞し、2011年には大河ドラマ「江~姫たちの戦国~」に出演したり、同年3月にドラマ「さよならぼくたちのようちえん」で史上最年少でドラマ初主演となりました。

 

 

同年5月のドラマ「マルモのおきて」では、ドラマはもちろん主題歌となった「マル・マル・モリ・モリ」で歌手デビューし、史上最年少で紅白にも出場します。

 

 

学業に専念するために、少し抑えて活動していましたは2015年には映画「パシフィック・リム」でハリウッドデビューするなど、芦田愛菜ちゃんの凄さはとどまることを知りません。








芦田愛菜、大人になった姿に魅了

マルモのおきての時など、いつまでもかわいい子役のイメージが強かった芦田愛菜ちゃんですが、最近は大人へと成長し、その姿に魅了されている人が大勢います。

 

 

最近では、11月9日に行われた「天皇陛下御即位をお祝いする国民祭典」で祝辞を読んだことが話題になりました。とても緊張する場だとは思いますが、とても落ち着いていて、15歳とは思えない言葉選びで約2分半にわたり素晴らしい祝辞を読み上げたのでした。

 

 

この姿にはネット上でも、賞賛と芦田愛菜ちゃんの成長への驚きの声が多く上がっています。

 

 

次世代を担う芸能界の代表として芦田愛菜ちゃんが選ばれたのですが、演技力はもちろんこう言った場で分かる知性品性で本当に、今後芸能界を担っていく存在になりそうです。








芦田愛菜、着物姿が美しく凛々しい

天皇陛下御即位をお祝いする国民祭典では、芦田愛菜ちゃんの素晴らしい祝辞の他に着物姿の美しな凛々しさが話題となりました。とても綺麗な着物が似合っていたのですが、この着物がまた特別なものでした。

 

 

なんと、約100年前に作られたアンティークの着物だったのです。ただ100年前のものというだけでなく、染め、織り、刺繍をふんだんに使っていて刺繍の縁取りや色合いを微妙に変化させるなどかなりの手間暇がかけられたものです。

 

 

100年ほど前から1度も袖を通していない、門外不出の振袖でした。そんなすごい着物を芦田愛菜ちゃんは見事に着こなしたのです。

 

 

また、この着物の模様や色には永遠、長寿、家の繁栄、不断長久といった意味があり、天皇陛下御即位をお祝いするにはピッタリの着物でした。








芦田愛菜の学歴を調べてみたら!

芦田愛菜ちゃんの子役、女優としての経歴は誰が見ても素晴らしいものです。ですが、すごいのは芸歴だけではありません。学歴でもすごいんです。

 

 

まず、一般の家庭の場合小学校、中学校は自宅の学区内の公立に通う人がほとんどです。芦田愛菜ちゃんのように子役の頃から活躍していて忙しいとなると、学歴などではなく芸能活動のしやすさで選ぶのではないでしょうか。

 

 

ですが、芦田愛菜ちゃんの場合は小学校は、私立の学校の多くが芸能活動を禁止しているため、公立の学校を選んだようですが、中学からは受験をして私立の偏差値の高い学校へ入学しています。

 

 

今年の3月で中学を卒業し、高校へ入学するのですが芸能人の多くが通う堀越学園や日出高校ではなく、偏差値の高い学校へ通うことが決まっています。








芦田愛菜の小学校、中学校は!?

では、詳しく芦田愛菜ちゃんの出身の小学校、中学校を見ていきましょう。小学校は先ほど言ったように公立の学校です。荒川区立第一日暮里小学校です。

 

 

芦田愛菜ちゃんの出身地は兵庫県ですが、7歳のころにはすでにドラマや映画で大活躍していたので都内の小学校に入学したようです。

 

 

中学校からは受験をしています。偏差値75の超難関である慶応義塾中東部に見事合格しています。すでに芸能人としてかなりの実績と知名度がありましたが、一般入試で自分の実力、学力で合格しています。

 

 

慶応義塾以外にも、偏差値76の女子学院中学校、などを受験して合格しています。第一志望は女子学院中学校だったようですが、この学校は芸能活動を禁止しているので、櫻井翔さんなども輩出した慶応義塾中等部を選んだようです。








芦田愛菜、高校はどこに進学するのか

2019年3月に慶応義塾中等部を卒業する芦田愛菜ちゃんですが、高校はどこに進学するのでしょうか。慶応義塾中等部からそのままエスカレーターで慶應義塾女子校に進学するようです。

 

 

もちろん、この学校も頭のいい学校です。私立で進学校の女子高は芸能活動を禁止している学校がほとんどですが、中等部同様、芸能活動のしやすい学校となっています。

 

 

中学校の時にはマンドリン部に所属していた芦田愛菜ちゃんですが、高校ではどんな部活動に入るのか、または勉強や芸能活動に集中するのか気になります。

 

 

芦田愛菜ちゃんの将来の夢は病理医と女優の兼業だと話していました。高校卒業後のことはまだ分かりませんが、このまま慶応義塾大学へ進む可能性が高そうです。








芦田愛菜、中学のために受験勉強?

芦田愛菜ちゃんは小学6年生の夏から、一時芸能活動を休止し中学受験に専念していました。中学受験として慶応義塾中等部を受けるには、6年生からの夏ではかなり遅いような気がしますが、なんと1日12時間も受験勉強をしていたそうです。

 

 

通常、2年から3年かけて勉強する内容をわずか5か月でやり遂げたのです。気になる芦田愛菜ちゃんの勉強法ですが、中学受験に向けて「早稲田アカデミーEXIV校舎西日暮里校」へ入り、NN勉強法で頑張ったのでした。

 

 

NN勉強法というのは、目標とする学校の入試問題や傾向を徹底的に分析して独自のカリキュラムやテキストで勉強する方法です。

 

 

ちなみにこの早稲田アカデミーのNN勉強法は、誰でも入れるわけではなく入るために試験もあるのです。芦田愛菜ちゃんは12時間受験勉強を頑張ったことはもちろん、これまでの努力、元々の頭の良さがあることが分かります。








芦田愛菜の偏差値は?成績いい?

芦田愛菜ちゃんは中学受験で偏差値75の慶応義塾中等、76の女子学院中学校に見事合格し、3月からも偏差値76の慶応義塾女子校に通うことが決まっています。

 

 

ということは、芦田愛菜ちゃんの偏差値も75,76は確実にあることが分かります。エスカレーター式といっても成績が悪くては高等部に進むことはできません。

 

 

そう考えると、学校での成績もよかったのではないでしょうか。芦田愛菜ちゃんの頭の良さは日々の努力もありますが、小さい頃からすでに頭が良かったことが分かります。

 

 

4歳の時点ですでにひらがなが読めていたのです。幼稚園から小学校にかけては本を1か月に60冊も読んでいると話していました。当時の芦田愛菜ちゃんのテレビでの対応を思い出してもすでに頭がよかったことが分かります。

まとめ

小さくてかわいかった芦田愛菜ちゃんが今では15歳となり、天皇陛下の前で堂々と立派な祝辞を読むほど、綺麗で凛々しい女性へと成長していました。

 

 

即位を祝う祭典では、芦田愛菜ちゃんが成長した姿、素晴らしい祝辞、綺麗な着物姿と色々な面で話題となりました。

 

 

3月からは高校生となる芦田愛菜ちゃんですが、中学受験では1日12時間勉強するなど、努力家なことが分かります。

 

 

学業でも女優業でも今後さらに活躍していくこと間違いなしです。






タイトルとURLをコピーしました