グッドドクターの動画!最終回10話を無料で見逃しフル視聴する方法

シェアする!!

山崎賢人の泣ける医療ドラマ『グッドドクター』の最終回10話が放送されました!

このグッドドクター 最終回10話の動画は無料で見逃し視聴できるの?と、気になって動画を探している人が多いようです。

なのでこのページでは安心して、グッドドクター 最終回10話の動画を “無料で見逃し視聴できる” おススメの方法を紹介しています↓

>>>『FODプレミアム』の1ヶ月無料おためしはこちら

YouTube・Dailymotion・Pandoraなどの違法にアップロードされた動画じゃないので、高画質でCMもないし “1話~ 全話まとめて” 視聴できますよ!


グッドドクターの動画!最終回10話の予告を紹介[PR]

ドラマ『グッドドクター』最終回10話の動画予告はこんな感じに!

グッドドクターの動画!最終回10話を無料で見逃し視聴するおススメの方法

ではドラマ『グッドドクター』最終回10話の動画を、無料で見逃し視聴できるおススメの方法を紹介します!

それは、グッドドクターの放送が終わるたびに毎回、見逃し配信をしてくれている公式のサービス『FODプレミアム』です!

  

『FODプレミアム』には”1ヶ月無料おためし”が付いててお得なので、


YouTube・Dailymotion・Pandoraなどの違法にアップロードされた動画を探さなくても安全に見逃し視聴できます!

>>>『FODプレミアム』の1ヶ月無料おためしはこちら

そして、完全に無料で見るためにはここからが大事なんです!


無料期間中に登録して、1ヶ月以内に解約することもできるので、その場合はお金を一切かけずに、グッドドクターの動画はもちろん

  

『グッドドクター』以外の 現在放送中の最新ドラマ・映画・海外ドラマも、時間が許す限り好きなだけ見れてしまいます!

  

ただ、“1ヶ月無料おためし”はいつまでやっているのかわからないので、


グッドドクターを安全に無料で見たいなら早めに登録したほうが損しないです!

>>>『FODプレミアム』の1ヶ月無料おためしはこちら


FODプレミアムに登録したら検索窓から「グッドドクター」で検索してくださいね^^ すぐにみれますよ![PR]

グッドドクターの動画!最終回10話の予想は

20代 女性 :

グッドドクターの動画 最終回の予想は、3つの視点から最終回の予想を立てたいと思います。

まず、いおについてですが、無事小腸も移植でき姉とともに助かると思います。

手術シーンでは、バイタルの低下であったりとか危機を迎えるとは思いますが結果的には助かるのではないでしょうか。

2つ目としては小児外科のこれからですが、結局、副院長も今回の息子の件もあって心動かされはじめてるので小児科はなくならないのではないかと思います。

理事長も、気乗りしていないことが何話か前から伺えていることもあり存続に向かうと思われます。そして最後に院長ですが、助かるのでしょうか。

ガンもかなりのステージ数進んでいたことが前回か前々回ほどにわかっているのでもしかしたら亡くなってしまったのではないかとも思いますが出来れば助かっていて欲しいです。

20代 女性 :

グッドドクターの動画 最終回の予想は、あくまでも予想ですが、病院は存続されて、

なおかつ小児科もなくならないんじゃないかなあー?と思います。

小児外科は元々少ないですしなくならないでほしいという願いもあります。

もし小児科がなくなったとしても進藤先生が立派な小児外科医になって終わることは間違いないと思います。

理想としてはこれからも頑張っていこう!という感じで終わってほしいので難しい手術を成功して、

尚且つ小児科もなくならない。というのが私の予想です。

小児科ではないですがもしかしたら院長先生の手術も進藤先生がしちゃうのかな?とも思ったりしています。

30代 女性 :

グッドドクターの動画 最終回の予想は、小児外科はどういう形であれ存続していくと思います。

病院運営は経営だけではなく、必要な医療が受けられる病院であること、

患者や家族の思いにどう向き合っていくか、どうやって地域に貢献していくかが問われるのではないかと思います。

また湊のたくさんの人との関わりで患者や家族に寄り添う心が成長とともに磨きがかかるのではと楽しみにしています。

いよちゃんの治療は湊が考えだし提案しチーム一丸となって治療していくと思います。

院長は湊にとって大きな存在であるため院長のいくすえが気になるところですが、

湊に何かを伝えその教えを守り続けて医師として成長するんじゃないかと期待してます。

30代 女性 :

グッドドクターの動画 最終回の予想は、新堂湊先生の大切な人、しが先生が倒れる、いよちゃんも肝硬変で移植手術が不可で吐血、

でも救急で運び込まれる小児もいる。その状況の中で湊は誰を助けたいと思い、どれだけの小児を救えるのかが鍵になってくるとは思っていて、

しが先生は末期の癌で新堂自身の中で精神的に大きな存在であるため、亡くなるとなると精神的ショックが大きくパニックになるかも知れないけど、

しが先生の言葉を胸にいよちゃんの手術へ向かって、移植と肝硬変の手術を同時間で行ってしまう術式を高山先生に提案して、

実施して行くんじゃないかなと思って、救急の子が同時刻に入ってきて、高山先生が抜けて、

2人でどう切り抜けるかを凄く迷いながらいよちゃんの手術と向き合う姿が見られると思う。

40代 女性 :

グッドドクターの動画 最終回の予想は、新藤先生を誘ってくれた先生が倒れ、

新藤先生の担当の患者の女の子も倒れ、急遽、2人同時に手術をすることになり、先生は帰らぬ人となり、

女の子は助かったが元の病気は治療できず、余命を告げられる。

新藤先生はショックでしばらく立ち直れず、でも、やっぱり小児科の先生としての夢は諦めきれず、病院は小児科がなくなってしまったが、

他の小さな病院で小児科としてなんとか働かせてもらえてそのでこれからの人生を過ごして行くことになった。

他の先生も新藤先生をサポートしてあげて、なんとかやっていくことができるようになって過ごしている。

20代 女性 :

グッドドクターの動画 最終回の予想は、個人的には小児科は無くさないでいてほしいし、しんどう先生にたいしての皆の理解と共存。

みんながみんな思いやりをもって病院の仕事を続けていけるようになるといいなと思っています。

上の人間達はここでは悪役っぽく描かれていますが、現実でこういう話は少なくないと思います。

最終的にお互いが納得のいく結果を出してほしいですし、ハッピーエンドであってほしいと思います。

このドラマを通して実際に社会的にも、みんなに優しい世間に少しでもなれたら。

とにかく言えることは、わたしは最後の最後まで泣くんだろうなぁ。ということ。

>>>『FODプレミアム』の1ヶ月無料おためしはこちら

グッドドクターの動画!最終回10話の見所はどこ?

20代 女性 :

グッドドクターの動画 最終回の見所は、まずいおの手術がうまくいくかどうかではないかと思います。

1話から継続してでいるいおとお姉ちゃんにとっては今回が1番の山場になることは間違いないのでどんな結末を迎えるのか気になります。

そして小児外科の行方。私としてはどうしても存続して欲しいので、副院長の心がもう少し動かされ結果的に小児外科存続になることを期待して見たいと思います。

来週最終回ということで、今期1番楽しみにしていたのがグッドドクターなのでとても終わってしまうのが寂しいです。

山崎賢人さんの、発達障害の役はとても上手であるとおもったのであれが見れなくなってしまうのはとても悲しいですが最終回楽しみにして待ちたいと思います。

20代 女性 :

グッドドクターの動画 最終回の見所は、やはり1話などを思い返すと全然信頼されていなかった進藤先生が純粋で真っ直ぐな気持ちで取り組み、

みんなにどんどん信頼されていくのが私の中では一番の見所なので最終回はみんなに頼られている姿を見るのが楽しみです。

小児科がなくなるのか、なくならないのかも気になりますし、院長先生は死にはしないと思いますがどうなってしまうのかとか、

ムカつく副院長をギャフンと言わせてほしいなとか思っています。

でも私はやはり一番の見所は一話から徐々に成長していく進藤先生だと思います。みんなに信頼されていく進藤先生が今後どうなっていくのかが気になります。

30代 女性 :

グッドドクターの動画 最終回の見所は、毎回家族の抱える思いや病気になった子の葛藤がみていて考えさせられることばかり。

病気の子が病気と葛藤しながらも生きる楽しみや治療を頑張ろうと前向きになる過程が観ていてとても伝わる内容です。

院長が湊に電話をしたということは湊に何かを伝えたいと思うため院長が何を湊に何を話すのかが気になる。

小児外科が廃止に向けて進んでいる一方、副院長は小児外科の必要性を自分の息子を助けてもらってから

考え直し始めるのではないかなと思い副院長の動きにも注目したい。

湊が人との関わりでどう成長していくのかもとっても楽しみです。

30代 女性 :

グッドドクターの動画 最終回の見所は、しが先生の吐血して倒れているのがどうなるのか、

それがどんな影響を病院と湊自身に与えるのか、いよちゃんの肝硬変と小腸の手術は成功するのか。

救急搬送されてきた小児はどんな症状で何の病気でどんな背景を抱えている子なのか、どう助ける道へ導くのかがとても気になる。

また、新堂湊先生の変化が少しずつ見られてるけど、本人自身の軸はぶれてないし、ちゃんとしたお医者さんになっていけるのか、

病院が高度医療高齢者施設に変わるとなった時に、次に行くところ、受け入れてくれるところは果たしてあるのかが楽しみだし、

しが先生や高山先生のいない場所での湊の姿はどのように成長してるのかが気になる。

40代 女性 :

グッドドクターの動画 最終回の見所は、とにかくみんなハッピーになって欲しいので、できれば小児科が残った状態の病院をそのまま残し

、新藤先生を誘ってくれた先生も生きて、新藤先生の担当の女の子も完治してそのまま大きくなり、

新藤先生自身もみんなに認められて信頼されるように成長して、小児科の先生として頑張って続けていき、

新藤先生の病気の症状もいまよりもっと改善して普通の人に近いぐらい良くなって、

小児科の先生として素晴らしい功績を残すような人になったり、名医と呼ばれるような人になって病院に新藤先生がいるから

その病院に来たという患者さんがくるぐらいになって行ったというようになって欲しい。

20代 女性 :

グッドドクターの動画 最終回の見所は、皆がしんどう先生とどう向き合っていくのか、小児科はなくなってしまうのか、

病院は先生達や患者を含め色んな人間がいます。それをいかに個性ととらえられるのか‥‥。

患者の女の子の急激な悪化、しが先生が突然倒れたり‥最後まで目が離せません。

もうどうなるのか全く予想がつきません。一度に色々起こりすぎです‥(笑)

あとちょっとしたクスっと笑える一コマはそれまで緊迫していたのに少しホッとできる場面でもあるので、

それは毎回楽しみなのですが最終回も時折そういったシーンを混ぜていてくれると個人的に嬉しいです!


◆グッドドクター “全話”のネタバレまとめページはこちら↓

>>> グッドドクター “全話”の動画の視聴方法&ネタバレをチェック♪

グッドドクターの動画!最終回10話までの感想

20代 女性 :

グッドドクターの動画 最終回までの感想は、りょうへいくんが最後まで諦めず車いすバスケ選手としてバスケを続けて行くとを選んだことに感動しました。

何もかもが思い通りになるわけではないけれど自分に与えられた環境の中で自分のやりたいことを精一杯成し遂げるそんなメッセージが込められているように思います。

そして、りょうへいくんの父親が副院長であり普段威張っている彼が、高山先生に息子を助けて欲しいと頭を下げた時父親としての顔が見れたこともとても印象的でした。

また、今回の回ではいおとお姉ちゃんの兄弟愛も1つの見どころであり、1話から継続してでていた二人の過去や両親のことも織り込まれていて見所がたくさんありました。

結果的に、いおは手術を受けることを決心しましたが、最後小腸移植できない展開となり今後どうなって行くのか気になるところです。

また、院長が倒れてしまったのと、これからの小児科が本当になくなってしまうのかについてもとても気になります。

20代 女性 :

グッドドクターの動画 最終回までの感想は、今まで短編的だったのですが次回の最終回が気になる終わりかたでした!

グッドドクターでは恋愛要素はなかったのですが9話ではそこも気になるところでした。

小さい子供がいる身としては何度も何度も手術をするというのはやはり抵抗がありますが踏み切った彼女もすごいと思います。

それも恋の力もあるのかなあなどと思いながら見ていました。

それぞれがそれぞれの思いがあって病院を存続したい気持ちもわかるし小児科をなくしたくない気持ちもわかるし、

院長が倒れてしまうと見方が減ってしまうような不安な気持ちになりました。最終回が楽しみです。

30代 女性 :

グッドドクターの動画 最終回までの感想は、姉妹の互いを想う気持ち、家族愛が感じられた。

姉の支えがあること、また好きな人の現状を知り、辛いのは一人ではないと思い強く成長していくいよちゃんの気持ちの強さが観ていて泣けてきた。

湊の医師として患者を理解する気持ち、寄り添う心が成長してきていた。

院長の病状が悪化していよいよ湊が院長の身体の異変に気づく段階になってきて、湊がどうなっていくかが気になる。

院長が湊に電話をかけてきたということは院長は湊に何かを伝えたいのではないかと思う。

小児外科がいよいよ廃止する動きになってきて高山先生がどう動いていくのかが気になった。

30代 女性 :

グッドドクターの動画 最終回までの感想は、いよちゃんが、しおりさんを想っていて、しおりさんはいよちゃんを想ってるところが凄く伝わってきた。

りょうへいくんへの想いを少しずつ前までの回で募らせてきたいよちゃんが病室が隣になったことがきっかけとなり、

恋心が凄くわかりやすい描写で描かれているのと同時に疾患を抱えている小児であるからこそ抱えているそれぞれの想いや

本当の想いを隠しつつ接していることを見て、互いに抱えている上で話しているのは大人だなと感じられた。

また、りょうへいくんの喪失感の乗り越え方が凄く大人で、すぐには切り替えられないはずの想いだったと思うけど、次に進もうとする姿が凄くカッコよかった。

その姿に影響される人はいよちゃんもだろうし、視聴してる人にも伝わるんじゃないかなと思った。

40代 女性 :

グッドドクターの動画 最終回までの感想は、息子を助けてもらったお礼に、小児科は残すと計画を変更すると思っていたが、

それとはやっぱり別だったのが残念だった。このドラマを見るといつも感動して涙が必ず出てしまう。

9話も山崎賢人演ずる新藤先生が、みんなに生きることの意味、これからの生き方などを教えてくれて、

前向きに生きて行こうと考え方が変わって行く過程が、見ていて感動し、自分自身と照らし合わせて見てしまい、

このままでいいのか、もっとこうして行った方がいいのかなど、

自分もこれからの生き方を頑張って前向きに生きて行こうと思わせてくれて、反省もさせられた。

20代 女性 :

グッドドクターの動画 最終回までの感想は、個々のキャラクター全てがそれぞれの気持ちを抱きながらストーリーが進んでいくので、

一件複雑そうにも思えますがとてもすっきりまとめられています。患者達の葛藤は見ていて自分の事のように悔しくなりました。

出演している全てのキャラの気持ちがそれぞれわかるので何とも言えないのですが、これが現実というものなのでしょうか。

しんどう先生みたいな方がもし身近にいるとしたら、とても気持ちが和らぐ反面、いまの社会的に障害をもつものに対しての理解がまだまだ必要だなと感じます。

私自身病院にお世話になっていたこともあり、毎回このドラマには泣かされます(笑)

>>>『FODプレミアム』の1ヶ月無料おためしはこちら

グッドドクターの動画!最終回10話【ネタバレ】← 紹介

ここからがドラマ『グッドドクター』最終回10話のネタバレになります!

  

河原でキャンプをして遊ぶ家族。

母親が女の子から目を離した数分後・・・。美咲の姿が見えない。焦って探す夫婦!

  

その頃、湊はベッドに横たわる司賀に付き添う。

司賀が目を覚ますと、湊は『どうして病気のこと言ってくれなかったんですか?!』

しかし司賀は、心配するのは私じゃないという。

  

湊は首をふり『僕は司賀先生がとても心配です。離れるのが怖いです。ずっとずっとそばにいます!』

すると湊の携帯がないり、司賀は湊を待っている子供たちの所へ行くんだという。

湊は心配そうな顔で、はいと返事をして病室を出て行く。

伊代は同時移植が必要!?

向かったのは伊代の病室。伊代の意識はない。


その後、医局では、高山が、伊代は肝硬変を患っているため、肝臓移植が必要だと話。

高山『肝、小腸の同時移植をやるしかない』


一度もやったことのない難しい手術で、間宮も難色を示すが、伊代を助ける方法をこれしかないといい、高山は湊を連れて伊代の姉・汐里に説明にいく。

それと同時に夏美に急患の知らせがはいる。

患者はキャンプ場の川でおぼれた美咲・6歳。心肺停止の重傷で運ばれてくる。

直ぐに心臓マッサージをするが脈が戻らない。

その後、処置が終わり、両親に説明する夏美。脈は戻ったが意識は戻ておらず、自力での呼吸ができていないと話す。

横にいる間宮が、脳にダメージがある可能性が高く、このまま目を覚ます確率が低いと伝える。

それを聞いてショックを受ける両親。

  

一方、湊と高山は、汐里に肝臓の移植も必要だと話す。

直ぐに移植が必要な状態だが、肝臓に関してはドナーを待つ必要がある。

更に高山は、肝臓と小腸の同時移植の例は少なく、高山も経験がないうえに東郷記念病院でも過去に例がないという。

それでも今の伊代の体力を考えると、他の病院に転院するのは危険なため、高山は全力を尽くすので預けて欲しいと頼む。

汐里は何度もお願いしますと言いながら頭を下げる。高山と湊も頭を下げる。

湊は伊代のベットにいき、伊代の手の両手で握りしめ『大丈夫です。絶対絶対、僕たちが助けます』と言葉をかける。

美咲の残された時間

その後、夏美は脳死についての資料を読む。

そこに間宮がきて、夏美の美咲に対する治療について訪ねる。


間宮『ご家族の前では言えなったが、あの状態じゃもう…』

それでも夏美は、1%でも希望があるならそれを信じたいという。

  

その頃、容態が落ち着いた伊代に、汐里は同時移植の話をする。

それを聞いて伊代は、自分の力だけでいきれないことが情けないという。そんな伊代を慰める汐里。

  

一方、高山は役員会議で同時移植について話すが、手術を許してもらえない。

高山は必死に、伊代を救う道はこれしかないと声をあげるが、そもそもドナーは見つかったのかと問われ、返事に詰まる。

美智はこの会議に司賀が出席していないことが気にかかる。

  

その頃、美咲の病室では、夏美に両親が、今日のキャンプを楽しみにしていたと話す。美咲が回復することを祈る両親。

夏美は何とかできないかと資料を読み続ける。そこに間宮が、美咲の検査結果が出たと言ってやってくる。

父親が美咲の手が動いたといって夏美を呼ぶ。夏美は美咲の診察を続けるが・・・

間宮が持ってきた検査結果は『ほほ脳死で間違いない。彼女の心臓は、もって1週間てところだ…』

夏美が辛そうな表情で医局に戻ると、湊が夏美にどうしたのかと訪ねる。『つらいなら僕が直したいです!』

夏美『分からないの。医者として、病気を治してあげれないなら他に何が出来るのかって…。美咲ちゃんの命は、あと一週間しかないのに・・・』

すると湊は、まだ一週間あると答える『美咲ちゃんのためにできることは、まだまだたくさんあります!』

咲の命

一方、伊代に関しては、高山も症状をみてどうすることも出来ず肩を落とす。

伊代は日に日に辛そうになっていく。汐里が手術したら大丈夫と励ますが、伊代は

『それでいいのかな?だってそれったさ、誰かが亡くなるのを待つってことでしょう?その人にだって家族はいるよね。亡くなったらみんな悲しむよね…

なのにドナーを待つなんて、それでいいのかな・・・』

病室の外で伊代の言葉を聞いている湊。

  

その頃、美咲の病室では、美咲の回復を祈る両親。夏美は本当のことが言えず辛い状態が続く。

  

次の日。美咲の病室に行くと、母親が美咲の手が動いたと言うが、夏美は・・・

両親に美咲は脳死と告げる。『目を覚ますことは、残念ながらもうありません…。美咲ちゃんの心臓は、あと1週間ほどで停止します。


残された時間、ここから先は美咲ちゃんのために何が出来るのかを、我々も一緒になって考えていきたいと思います』

  
そう言って夏美は、過去に同じような家族がした事が書かれたノートを渡す。

夏美が臓器提供の話をすると、母親まだ心臓が動いている美咲を自分たちの手で殺すのかと怒る!

  

その頃、美智は司賀に、肝・小腸同時移植の話しをする。

この病院でやるには反対が多すぎて、他に方法はないかと相談するが…

  

司賀『他に方法が無いから、高山先生もその考えにいたったのでしょう。医者は自分の患者を決して見捨てたりしません。

だからこそ患者も、安心して命を預けることが出来るのです。病院というものは、そういう信頼関係で成り立っているものです…』

  

美智は無言でうなずく。

  

一方、夏美はがノートを見ていると、間宮が来て、美咲の母親が担当を変えて欲しいと言っているという。

間宮は仕方ないといい、湊に変わりの担当を頼む。

夏美が無言でていくと、湊はゴミ箱に捨てられた遺族のノートを見つける。

そして美咲の病室では、付きっきりの母親に、旦那が話しかける。

母親はあの時ずっと一緒にいて上げれてたらこんなことには…と、自分のせいだと泣く。

湊が美咲の担当医に

次の日。湊は美咲の病室にいき、今日から担当医になったと挨拶。

美咲にも挨拶し、今日は天気がいいからとカーテンを開ける。

その後もどこか痛い所はあるかと話しかけ、ケアをする。その様子をみた夏美は、医局戻ってきた夏美に話しかける。

『ごめんね。こんな状態で引き継がせちゃって…』

しかし湊は『僕はとても嬉しいです。瀬戸先生がいつも助けてくれました。いつか僕も瀬戸先生の力になりたいと、ずっとずっと思っていました。

やっとなることが出来て、とても嬉しいです』

そうして、アイスを夏美の渡す。

  

湊『瀬戸先生が辛いときは、僕が半分貰います。半分こです!』


すると湊の携帯が鳴って走っていく。

  

美智の呼び出され、伊代の容態を聞かれる湊。

美智はとてもリスクの高いオペなのでここでオペできるか分からないという。

湊はここでなら助けることが出来るという『わかりません!ここで助けられるのにどうしてここでオペしてはいけないんですか!?

僕は絶対絶対伊代ちゃんを助けたいです!』

  

その後、美智は伊代の病室に行き、病院は嫌じゃないかと訪ねる。

すると伊代は、自分だけでなくここにいる子供達はみんあ、スタッフがお兄ちゃんやお姉ちゃん、お母さんやお父さんも見たなもので、みんなとても優しいと答える。

伊代『この病院じゃなかったら、ここまで頑張れたか分からない…』

美咲の誕生日

一方、美咲の両親は、時計の針が12時を回るのを見ている。そこに湊が来て『美咲ちゃん、7歳の誕生日おめでとうございます』


と話しかけ、湊が描いた黄色い花の絵をプレゼントといって横に置く。

美咲もきっと喜ぶと言って微笑む。父親はなぜこんなことをと湊に訪ねる。

すると湊は、美咲は両親と悲しい時間を過ごすよりも楽しい時間を過ごしたいはずだといい、渡したいものがあると言って父親を連れて行く。

父親はノートを見た後、病室に戻って美咲と母親に、あっという間に大きくなったと話しかける。

そして思い出話を始め、美咲がいない人生なんて考えられないと泣く。『なあ、圭子・・・』

  

翌朝。父親は湊を呼びだし『先生にお願いがあるんです…』

その後、湊の呼び出しで美咲の病室に向かう夏美。

病室は綺麗に誕生日仕様になり、誕生日をするという。そして父親は、二人で話し合い、臓器提供を決めたという。


『美咲の体の一部が、どこかで誰かの体の一部として生き続けてくれるなら、そう思うと、来年も再来年も、ずっと誕生日を祝ってあげれると思ったんです…』

母親もノートを呼んだといい、夏美にお礼をいう両親。

  

湊『美咲ちゃんの7歳のお誕生日。たくさんたくさんお祝いしましょう!』看護師たちもきてみんなで祝う。

美咲の代わりにケーキの火を消す両親。そして母親は美咲に手紙を読む。

  

『そんなに遠く離れても、ずっとずっと美咲のこと愛してます。美咲、7歳のお誕生日おめでとう。

最後に、パパとママの子供に生まれてきてくれて、本当にありがとう・・・涙』

  

夏美は湊に、病室を出た後『絶対答えなきゃね。ご両親の想いに…。新堂先生、ありがとう。ホントに、ありがとう…涙』

高山は会議で、伊代のドナーが見つかったことを受け、移植手術を行わせて欲しいという。

しかし手術をさせたければ他の病院に行くように言われる。

  

すると美智が、手術はここで行うという。融資は打ち切る『たった一人に命のためにこの病院をなくすというのか?』

美智『たった一人でも命が救えるのなら、この病院が亡くなったって構いません!この病院は患者の命を救うためにあります!


この病院の理事長は私です。最終判断は私が下します!すぐにオペの準備を始めてください!』

高山『必ず我々が救って見せます!!』

伊代の臓器移植手術

一方、伊代は、湊にドナーはどんな人かと訪ねる。

湊は伊代より小さい子だが誰だか行ってはいけないという。本当に手術していいのかと不安になるが、、

  

湊『その子は1人では生きることができませんでした。大人にしてあげることが出来ませんでした。とっても悲しいです。

でも伊代ちゃんの中で、新しい命として生き続けることが出来ます。伊代ちゃんと一緒に大人になることが出来ます。

それはとてもすごいことです。誇らしことです。伊代ちゃんだからできることです…』

  

汐里は伊代の手を握る。その頃、美咲がオペ室に運ばれる。

美咲の臓器提供前にスタッフ全員で黙祷が行われる。

そして伊代と汐里も。汐里は『伊代、大丈夫…』といって手作りのお守りを渡す。

美咲の両親はオペ室前で待つ。

そして伊代に湊は『安心してゆっくり眠ってください』伊代は湊に、汐里から貰ったお守りを渡す。

モニター室には美智や猪口らも見学に。

別室で汐里の小腸摘出も始まる。
  

湊と高山は美咲の肝臓を伊代に移植。湊『流れてください。流れてください。・・・血流再開しました!!』

肝臓移植が無事に終了。

その後、汐里の小腸が届くが、肝臓が血流障害を起こす!

  

このままでは心停止!湊は『アナフィラキシー障害を起こしています!!アドレナリンを投与すれば助かります!!』

夏美は美咲の処置を終える。間宮も汐里の処置を終える。

  

そして手術は無事に終わり。伊代が目を覚ます。夏美や看護師たちも駆け付ける。

伊代『お姉ちゃんは?』汐里は隣のベットに寝ていて『伊代。よく頑張ったね。ありがとう・・・』

伊代『お姉ちゃん、すっごい顔してる。ありがとう…。湊先生委が担当医で本当に良かった。ありがとう』

湊『どういたしまして!』

  

その頃、美咲に話しかけながら顔を拭いてあげる両親。

夏美が病室のいき、提供された臓器はすべて無事に移植され、とても元気の動いていると報告。

『美咲ちゃんは、新しい場所で、今も生き続けています…』

肝・小腸同時移植について記者会見を受ける高山・美智・間宮。間宮は張り切って質問に答える。

  

一方、湊は司賀の病室にいて、司賀からよく頑張ったと褒められるが『まだまだ学ぶべきことがある。医者である限りずっとね!』

その頃、美智の机の上には、大石の退職届が置かれている。そして猪口は電話で融資のお願い。

  

その後、湊はすれ違う高山に礼をする。

高山『新堂。よくやった!』

湊『はい!ありがとうございます!!』拳を差し出す。

高山は戸惑いながら拳を握って歩いていくw

グッドドクターの最終回ラスト!

一方、美咲の家には、伊代からのお礼の手紙。

すっかり元気になり、学校に通えるようになった伊代は手紙に

『私は一つ、決意したことがあります。命を救うために懸命に戦っている人たちは、みんな素晴らしいお医者さんなんだって。

いつか私も、そんな素晴らしい小児外科医になりたいと思っています。お子様が繋いでくれた命を、ずっと大切にしながら、私も誰かの命を救える人になります。


本当にありがとうございました。私はこれからも、一緒に生き続けます』

  

手紙を読んで嬉しそうな美咲の両親。

  

その頃、湊は小児外科の看板をみて微笑み。屋上にいって兄に貰たった木彫りのメスを見ながら胸をノックする。


すると夏美が一緒に食べようといって、手作りのおにぎりを持ってくる。

しかし湊は、このおにぎりは違う!白で海苔も欲しいとごねる。

夏美にためしに食べてみたらと言われ、食べると『とっても美味しいです!』

2人でおいしそうにおにぎりを食べる。そして小児外科の壁には

『すべての子どもが、大人になれますよに』と書かれている。

――― 完 ―――


--- 以上、グッドドクター 最終回10話のネタバレでした~! ---

  
グッドドクター 最終回10話を見逃した人は、

無料期間中に1話から見逃し視聴できる『FODプレミアム』がおススメです!


>>>『FODプレミアム』の1ヶ月無料おためしはこちら


いつまで “1ヶ月間の無料おためし” があるのか分からないので、見たいかたはお早めに~^^♪


これで連休中の暇つぶしはバッチリです(笑)

グッドドクターの動画!最終回10話の感想まとめ

グッドドクター 最終回10話の感想は、最終的に伊代が助かってハッピーエンド?な反面、6歳で命を落とすこになった美咲と、残された両親のことが切なかったですね~

また、ドナーを待ちことは、裏を返せば誰かが亡くなるのを待つことともいえ、このことを考えると複雑な心境に伊代に気持ちも響きました。
  

しかし、最終的にそのおかげで助かった伊代が、その後の人生を一生懸命生きることがドナーの方や残された遺族のためになり、この経験がきっかけで

伊代も小児外科になってたくさんの子供達を助けることにつながるなら、いい!と思うラストでした。


結局その後の司賀医院長がどうなるのかは描かれていなかったので気になるところですがw グッドドクターはこれで最終回と言うことで、次のドラマにも期待しましょう!


>>>『FODプレミアム』の1ヶ月無料おためしはこちら

グッドドクターの動画!最終回10話のあらすじを最後に

ドラマ『グッドドクター』最終回10話のあらすじを簡単に紹介します~!

東郷記念病院は小児外科の廃止へと向かっていた。

  

だが、新堂湊(山﨑賢人)はステージ4のガンで倒れた司賀明(柄本明)を病室で付き添っている。

  

これまでずっと支えてきてくれた司賀の病状を初めて知り、湊はショックを隠せない。

  

その時、湊に森下伊代(松風理咲)の急変を知らせる連絡が入る。


司賀に今心配すべきなのは自分ではなく子どもたちだ、と促された湊は伊代の病室へ急ぐ。

  

瀬戸夏美(上野樹里)ら小児外科医を集めた高山誠司(藤木直人)は伊代が肝硬変も患っていると話す。

  

そして、放置すれば肝不全になるため、すぐにでも肝臓の移植手術が必要だと続けた。


しかし、伊代は小腸の移植も予定されている。

  

高山は肝臓と小腸の同時移植以外に伊代を助ける方法はないと告げるも、小腸と肝臓の同時移植は国内で実施された例は少なく、高山ですら行ったことがない。

  

そこにER(救急救命室)から川で溺れた少女、吉本美咲(古川凛)が心肺停止状態で運び込まれたと連絡が入る…。

グッドドクター 公式サイト引用

>>>『FODプレミアム』の1ヶ月無料おためしはこちら


最後までお読みいただきありがとうございました^^


◆グッドドクター “全話”のネタバレまとめページはこちら↓

>>> グッドドクター “全話”の動画の視聴方法&ネタバレをチェック♪

※本ページの情報は2018年9月時点のものです。最新の配信状況はFODサイトにてご確認ください。[PR]

シェアする!!