西郷どんの動画!最終回47話もフルで見逃し視聴する方法

シェアする!!

鈴木亮平・瑛太に泣ける!!大河ドラマ『西郷どん』の最終回47話が放送されましたね!

この西郷どんの最終回47話の動画はフルで見逃し視聴できるの?と、気になって動画を探している人が多いようです。

なのでこのページでは安心して、西郷どん 最終回47話の動画を “見逃し視聴できるおススメの方法” やネタバレを紹介しています↓

>>>『U-NEXT』の31日間無料トライアルはこちら

YouTube・Dailymotion・Pandoraみたいに違法にアップロードされた動画じゃないので、高画質でCMもないし “1話~ 全話まとめて” 視聴できますよ!

西郷どんの動画!最終回47話の予告を紹介

ドラマ『西郷どん』最終回47話の動画予告はこんな感じに!

西郷どんの動画!最終回47話をフルで見逃し視聴するおススメの方法

ではドラマ『西郷どん』最終回47話の動画を、フルで見逃し視聴できるおススメの方法を紹介します!

それは、西郷どんの放送が終わるたびに毎回、見逃し配信をしてくれている公式のサービス『U-NEXT』です!

  

『U-NEXT』には”31日間の無料トライアル”が付いててお得なので、


YouTube・Dailymotion・Pandoraなどの違法にアップロードされた動画を探さなくても安全に見逃し視聴できます!

>>>『U-NEXT』の31日間無料トライアルはこちら

無料期間中に登録して31日以内に解約することもできるし、その場合でも、西郷どんの動画を1話から視聴できます!!

もちろん『西郷どん』以外の現在放送中の最新ドラマや映画・海外ドラマも、時間が許す限り好きなだけ見れてしまいます!

  

ただ、“31日間の無料トライアル”はいつまでやっているのかわからないので、


西郷どんを安全に見たいなら早めに登録したほうが損しないです!

>>>『U-NEXT』の31日間無料トライアルはこちら

※U-NEXTに登録したら検索窓から⇒「西郷どん」で検索してくださいね^^

西郷どんの動画!最終回47話の予想

40代 女性 :

西郷どんの動画 最終回の予想は、政府軍は降伏をするように言い出すが解散したとは言えど

ほとんどが一緒に戦う道を選び最後まで戦うつもりで立ち向かっていくんだと思います。

そんな隆盛を大久保もわかってるように攻めていくんだと思います。

菊次郎は足を失ったことで鹿児島へ戻って行き糸たちは戦争の経緯を聞くことになり改めて覚悟をする。

従道は西郷家に帰ってくるが琴や雪蓬から政府軍の人間として文句を言われてしまう形になってしまうんだと思いました。

戦い続け人が居なくなり残った者に自分の本当の気持ちや政府に対して言おうとしていた思いを伝えていくんだと思います。

城山に着きそこで再び戦うが隆盛自身も撃たれたことで最後を迎えることになるんだと思います。

50代 男性 :

西郷どんの動画 最終回の予想は、今までの大河ドラマだと主人公が死ぬことで、

エンディングとなるパターンが多いですが、「西郷どん」は、初回の西郷の銅像の除幕式のシーンにつなげるのではないかと感じることや、

菊次郎が準主役以上の役割であることから、早い時間帯に西郷隆盛が西南戦争で最期を遂げてしまい、残った菊次郎が過去を振り返ったり、

隆盛の死後の日本が発展していく様子や西郷家の人々の様々な生き様を紹介していくのではないかと思っています。

希望を言えば、愛加那、篤姫、おりょうなど、ドラマに花を添えた女性たちのその後も紹介して欲しいと思います。

40代 女性 :

西郷どんの動画 最終回の予想は、西郷隆盛は大久保利通の望み通り自決して西南戦争を終結させるのだろう。

中村半次郎は、その場にいたのだろうか。どのような場所を選び、そばに誰を置いて自決するのだろうか。

明治政府に降伏する人の命は全てが助かるのだろうか。助かって欲しいと思うが、史実だから変えられない。

これまでの大久保利通ならば、全員を殺してしまうように感じる。西郷隆盛の遺体は家族の元に帰れるのだろうか。

熊吉は、菊次郎と糸さんと鹿児島へ戻るのだろうか。西郷を失った西郷家の家族を少し丁寧に描かれるといいなと思います。

島津久光はじめ、鹿児島が受ける衝撃は相当なものだろうと思う。

30代 男性 :

西郷どんの動画 最終回の予想は、見方も少なくなって、武器も少なく、

もう後がない西郷軍はそれでも死に場所を求めて進行すると思います。

政府軍は何がなんでも西郷軍を止めようとすると思うので、死に物狂いでかかってくると思います。

また政府軍には近代兵器があるので、時代遅れの士族たちの武器では適うはずがなく、絶体絶命の危機に立たされてしまうと思います。

西郷は自分が死んでこの世からいなくなることが、士族の反乱を諦めさせるきっかけになると思っているので、時を読んで自害すると思います。

大久保も東京で天誅に合い殺害されてしまう感じだったので、死んでしまうと思います。

40代 女性 :

西郷どんの動画 最終回の予想は、西郷どんは、死んでほしくないが、死んでしまうと思います。

西郷どんの意思を受け継いで、子分たちは、自分なりにいきていくだろうと、思います。やさしい政治をすると思います。

息子も政治をやるだろうと思います。人のための政治をするだろうとおもいます。

全国に西郷どんの死が伝えられ、大久保の暗殺につながっていくのかとを予想します。

西郷どんは、子分たちに投降しろと、言うだろうが投降する人は、少ないと思います。

47話は、西郷どんの死を引き立てるためにも、大久保利通の暗殺までは、やると思います。

鈴木亮平さんの演技が素晴らしいのではないかを予想します。

40代 男性 :

西郷どんの動画 最終回の予想は、47話の予想では最終回になるだろうと思っています。

そこでは西郷が本当に自害していまうでしょうが、大久保も1年後くらいの場面で暗殺されるシーンが出てくるとも思っています。

さらに菊次郎もずっと後年になってのシーンが出てきて西田敏行さんが老いた姿で椅子に座ってしゃべってるのではないかとも思えたりします。

これらとは別にさらに東京の上野に西郷像が現存していますが、そこで過去に出ていた勝海舟の回想シーンとして

銅像を建てなければのセリフが出てきたり、糸さんがこんな顔じゃない的なシーンも出てくるのではないかとも思っています。

>>>『U-NEXT』の31日間無料トライアルはこちら

西郷どんの動画!最終回47話の見所はどこ?

40代 女性 :

西郷どんの動画 最終回の見所は、隆盛がどんな判断をして城山まで行き着いたのか、

桐野や新八たちに何を語るのか見どころだと思います。

あとはやっぱり最期のシーンを鈴木亮平さんがどう演じられるのかをしっかり見届けたい気持ちです。

西郷隆盛の物語なのでその後の大久保がどこまでどう描かれるのかはわからないけれど

大山の言葉のように隆盛への本当の気持ちが出てくるのかがみんなが知りたいところではないかなと思ってます。

第1回に銅像の除幕式で糸が「違う」と言っていた意味もわかりますね。

でもこれまでの隆盛を見てきていると糸の言う気持ちがわからなくもないような気持ちです。

50代 男性 :

西郷どんの動画 最終回の見所は、ホームページを見てみると、

大久保利通が西郷隆盛が降伏すればいのちを助けると言うようですが、ドラマとしてはおもしろいかと思います。

(ただ、史実を知っているだけにどうかという気もしますが)

あと見どころとなるのは、菊次郎や糸、西郷従道がどのような行動を取っていくのか、気になります。

また、大久保利通も次回は弱いところを見せるのではないかと思っており、それがどのようなものか、気になります。

他の登場人物の言動も気になり、何かここまで書くと、このドラマはいろいろな人物が大きく関わってきたなと感慨深くなります。

40代 女性 :

西郷どんの動画 最終回の見所は、夫の西郷隆盛を失った糸さんは、鹿児島へ帰り、家族にどのように説明するのだろうか。

糸さんでなく、菊次郎が語るのだろうか。目の前で従兄弟を失い、自分の右脚も失い、父も失った菊次郎を西郷の家族は、

どのように迎えるのだろう。ただでさえ厳しい生活費のやりくりをしているだろうに。

働く手を同時に3人も失った頃は、非情に厳しかったろうと思う。

援護を断った家族に対して、西郷隆盛の弟は、次にどのような手で家族を守るのだろう。

同じ手では、西郷家の女性陣はまた保護や援護を断るだろう。

そして生き残った西郷軍の仲間はおとなしくなるのだろうか。

30代 男性 :

西郷どんの動画 最終回の見所は、遂に西南戦争が始まり一気に展開して最終局面まで進んだので、

次回は最終回ということでさみしい感じがします。

まだこの作品を見続けたいと思いますが、そういうわけにはいかないので、西郷さんの思いを噛み締めたいと思います。

西南戦争自体はもう結果が出ているようなものなので、なぜ西郷はあそこで降伏しなかったんだろうと思いました。

西郷と大久保のただの喧嘩がこれほど悲惨になってしまい残念です。大久保は海外で何があったのか、気になります。

そして西郷が何を考えてまだ進行しようとしているのかがわからないので、

なぜこういう結末になってしまったのかが、わからない感じです。

「西郷さん。武士の魂と共に永遠に。」という気持ちです。本当のラストサムライだと思いました。

40代 女性 :

西郷どんの動画 最終回の見所は、西郷どんの死によてえて、大久保利通の暗殺を企てるひとたちが、

全国から現れることが、みどころだと思います。あとは、西郷どんの家族がどうなっていくかも、気になります。

塚地さんの演技が、毎回、すごく良かったので、楽しみです。

西郷どんに、あんまり正義感を強くだしてもらいたくないから、やさしい終わりにしてもらいたいと思います。

大久保利通が、憎らしいので、暗殺シーンがあるとすれば、どうのなるのかなと、思います。

鹿児島の方言が、とてもよく、癒やされています。「よかよか」という言葉が好きです。

西郷どんの、素敵な言葉が聞けるといいなと思います。犬がかえってくるといいな思います。

40代 男性 :

西郷どんの動画 最終回の見所や最大の楽しみにしていることは、西郷が亡くなって西南戦争が終結してしまった後の展開につきます。

この亡くなった後の展開でやはり悪役に徹していて権力集中して急進的政策を展開していた大久保が

殺されなければ視聴者の不満はさらに高まってしまうので、これこそが最大の見どころにしてもらわないとも思います。

楽しみにしていることは他にも遠藤憲一さんが演じていた勝海舟、西郷の2番目の妻だった愛かな、

さらに大久保にそそのかされて西郷を犯罪者扱いした明治天皇が名誉回復する場面が登場するのか否かも気になるところです。


◆西郷どん “全話”のネタバレまとめページはこちら↓

>>> 西郷どん “全話”の動画の視聴方法&ネタバレをチェック♪

西郷どんの動画!最終回47話までの感想

40代 女性 :

西郷どんの動画 最終回までの感想は、今までのような知らない相手との戦いではなく、

味方同士だったもの達が横になって死んでいく姿は見ていて辛かったです。

桐野と川路の直接なシーンがなくてほっとしたような気持ちもありました。

小兵衛の死は吉二郎同様キツい場面でしたが最後に隆盛の名を持ち出したりと、死に様はカッコ良かったと思いたいです。

大山綱良が言ってたようにどこに大久保の真があっての決断だったのか、寛容な考え方一つで避けられた戦争だったんだと思います。

「おいが政府じゃ」の極悪な言いっぷりが憎らしくもあったけど大久保の見応え十分でした。

木戸も書き遺したように「無用之戦」は最もだけど大久保に対してではないんだなと思ってしまいました。

島津久光は隆盛を守るすごく男前な言葉でした。芋侍は懐かしいくらいに最高な自虐ネタでしたね。

糸の「ただのお人じゃなかったら?」は隆盛への愛が半端なく詰まってた言葉でした。

50代 男性 :

西郷どんの動画 最終回までの感想は、ドラマが田原坂まで進んだということは、

また大河ドラマが1つ終わり、年を1つ取っていくな、と感慨深くなります。

今回のストーリーは、人間が主役で進んで行くのではなく、大きな時代のながれに人間が簡単に流されていく様を描いていたような気がします。

そのような状況を大久保と西郷は感じ取って、日本が進むべき道を後戻りしないように振る舞っているようで、何か空しさを感じました。

また、糸や菊次郎は、そのような西郷の態度を見て、自分たちが日本の未来を作って、

最後まで見届けて行かねばならないことを悟ったように感じました。

40代 女性 :

西郷どんの動画 最終回までの感想は、また西郷どんの家族が命を落とした。

幼馴染を賊軍にした大久保利通を非情で恐ろしく思う。

刀の戦いならいざ知らず、銃器の戦なのだから、受けて立つまでもなく、正々堂々と西郷隆盛たちと話し合いの場を設けて欲しかった。

それを避けたのは、推し進める政治に後ろめたさがあったからなのだろう。

正論で来られたらいい負けると踏んでいたから、政府(大久保利通)は、武力で西郷隆盛を成敗した。情けなく思う。

木戸が京都で息を引き取ったけれど、彼が健康だったならまた違った歴史があったのだろうか。木戸の短命を残念に思う。

ところで、糸さんは本当に戦さ場まで出かけたのだろうか。

30代 男性 :

西郷どんの動画 最終回までの感想は、今回は遂に政府軍の夜襲により西南戦争が始まってしまい、

西郷軍が絶体絶命の危機に立たされ、薩摩出身者同士で戦いあうなどの展開があり、とても切ない放送でした。

国家の安全を考えれば士族の反乱として西郷軍をどうにかしようと思うのは当然だと思いますが、

それにしてもあまりにも哀しい戦いだったんだなと思いました。

何故政府軍はあんなに力を持っていたのかがわかりません、政府内部から崩壊してもおかしくはない感じだったので、

盛り上がっていたのは鹿児島だけだったのかなと思いました。

また他の士族の応援がなかったのは不思議でした。政府から買収されていたのかもしれないと思いました。

40代 女性 :

西郷どんの動画 最終回までの感想は、西郷どんは、いい人すぎると思いました。

悪人でないと政治はできないと思いました。西郷どんは、政治家には、むかないとも思いました。

兄弟でも違いがあるんだと思いました。でも、血のつながりあるんだとも感じました。

弟が止めに行ったところがよかったと思いました。生きていくには、敵味方になってしまうのかなと、悲しくなりました。

西郷どんと奥さんがあった時の台詞がよかったです。西郷どんは、考えが甘いとも思いました。

勝負は勝たなければ、いけないからです。弟が説得に行くところのシーンが印象に残りました。

奥さんがいくなといって、行かなかったところが、すごいと思いました。弟は、よく行かなかったと思いました。

40代 男性 :

西郷どんの動画 最終回までの感想は、この放送の全体的な感想では政府軍と戦いに突入してしまうのですが、

またしても西郷の人の良さを垣間見たことでした。その人の良さの性格のために視聴中に少々何かいら立つ場面がありました。

別の場面では糸さんが西郷のもとへ訪問したりするのに驚いたこと、

菊次郎が戦闘中に脚をやられて片方がなくなったことで芝居だとわかっていても痛々しく感じていました。

また県令だった大山がまだ戦闘中だけど身柄を拘束されていたので、意外に早く身柄を拘束されたな、

そして大久保と面会していたので、いつの間に東京まで護送されたのかが気になっていました。

>>>『U-NEXT』の31日間無料トライアルはこちら

西郷どんの動画!最終回47話【ネタバレ】← 紹介

ここからがドラマ『西郷どん』最終回47話のネタバレになります!

  

明治37年。

  

西郷が死ぬ前にかいた書『敬天愛人』を部屋に掲げる、京都市長になった菊次郎。

菊次郎は、父・西郷がどんな想いで最後を迎えたのか?ずっと考えてきたと言う。

  

『新しい時代が、大きなうねりとなって押しよせてきた時、どうしてもその波に乗り切れないものがいるものです。

父・西郷隆盛は、あの大きな体で、熱い心で、維新から取り残された侍たちを抱きしめ、呑み込み、連れ去りました・・・』

   

明治10年8月17日

西郷は菊次郎と熊吉、糸を延岡に残し、終焉の地と定めた鹿児島に向かう。

  
糸を目を合わせ、優しく微笑む西郷。

険しい山道を超え、鹿児島に向かう、残り僅かの西郷軍。


延岡にいる糸のたちの元には、明治政府軍が現れ、そこに従動も。

従動は糸たちに頭を下げる。

  

その頃、西郷達は政府軍を交わしながら、ひたすら道なき道を歩き続ける。その距離は50キロにも及ぶ。

そしてようやく、桜島が見える!城山にたどり着く。西郷『帰ってきたどう~』

そこで西郷は、ふと思い出す!子供の頃に新八たち郷中仲間とかいた『kagoshima』とかかれた石。

城下を見下ろすと、政府軍が街を占拠している。

   

桐野利秋は政府軍から街を取り返したいといい、西郷は『よかよか、おまんらともうひと暴れしようかい!』

西郷も先頭にたち、銃を持って戦う!

しかし反撃もここまで、最新の兵器にや圧倒的な政府軍の勢いに押され、西郷軍は山の上へと追い込まれていく。

大久保利通は自宅に帰り、満寿に鹿児島が戦場になっていると話す。


すると満寿は、あなたは鹿児島に行かなくていいのですかと聞く。

しかし大久保は、日本の成功は内国勧業博覧会の成功にかかっているといい、ここで東京を離れるわけにはいかないといい、相手にしない。

   

一方、菊次郎と糸たちは、従動に連れられ鹿児島の西郷家に帰りつく。

琴は従動に、直ぐに戦を止めてくれというが、従動『無理じゃ。こん戦は、もう止められん・・・』

琴は兄を討つつもりか!と激怒する!!

  

糸は命乞いなど西郷家の恥になるといって気丈に振る舞う!

帰ろうとする従動に糸は『もうよかです、覚悟はできちょりもす…』

その頃、西郷は城山の洞くつで座禅を組んでいる。

  

新八が奏でるアコーディオンの音色に、西郷は、賑やかの奴が聞きたいといい。

新八は明るい音楽を奏でる。この曲で疲れ切っていた西郷軍は手拍子でして歌い始める。

西郷が城山に籠って20日余りが過ぎた頃、生きのこった西郷軍の数は370人余り・・・

   

一方、大久保は自分の引き出しに入っていた、西郷から受けとった子供の頃のあの包み紙を見て・・・

そして鹿児島の政府軍本営では、陣頭指揮を執る山形有朋は、一気に攻め落とすべきだという部下たちに。


『ここにおる者の中で、西郷さんが賊になり下がったと思うもんはおるか?ことはそうたやすうない!!』

  

すると川路は、降伏を呼び掛けてはどうかといい、条件は西郷をふくむ幹部連中の自裁という。

山形『せめて名誉の死を、、っちゅうことか…』

そこに大久保からの電信が届き・・・。

  

それを読んだ西郷は、皆に内容を聞かせる


『大久保卿が、総攻撃の命令を下した!明朝4時!ただし、本日夕刻4時までに降伏すれば、賊・西郷隆盛の命は助ける・・・』

  

西郷は笑いながら『甘かとはおはんじゃ、一蔵どん。おいに情けをかくっとは…、自分で自分の首を絞めることになっど!こげな情けは受けられん…』

すると半次郎は、西郷だけは生きて欲しいと頼む。そして他の者たちも、西郷には生きて欲しいという!

   

一方、大久保は内国勧業博覧会で訪れた来賓を案内。時間が気になる大久保。

そして鹿児島では、西郷は気持ちはありがたいが、この国から戦を無くすためにも自分は死ぬべきだと語る。

西郷『おいが死ねば、日本国中の士族たちが、ようやく別の生き方を見つけようとすっじゃろう。おいの死とともに、新しい日本がうまるっとじゃ!』

新八『そいに、吉之助さあが、あはんらだけを死なせる訳がなかどが!』

西郷『そん通りじゃ!』問う言って電信を破る。

  

時間が過ぎ、大久保の元に知らせが『吉之助さぁ・・・』ショックで固まる中、演説を頼まれる大久保。

来賓の前で演説をする大久保だが、言葉が詰まり、出て行く。

   

最後の夜。半次郎はじめ、西郷達は最後の食事をしながら楽しそうに話す。


新八は最後まで来ていた洋服は脱がないと話す。服の裏には外国人の女性の写真が貼られている。

食事を終え、皆がとこについた後、西郷は斉彬に貰った短刀を置いて斉彬の言葉を思い出す。

  

明治10年9月24日。

政府軍の総攻撃の時間がくる!

  

西郷『よかか!おはんらが侍の最後を務めるんじゃ!日本の誇りじゃ!!』

政府軍の砲撃!

西郷『おおし!!いっど!ちぇすとーーーーー!!!きばれーーーーー!!!!』

砲撃の音は西郷家にも鳴り響く。

  

西郷の家族たちは家の中でその音を聞く・・・

次々に打ち取られていく西郷軍。久光・俊斎はその音を聞きながら泣く。

川路も前線にたち、半次郎に狙いを定める『半次郎ーーーー!!』

頭を撃ち抜かれた半次郎。新八は自ら地面に刀を突き立て自害。

  

従動はそのまま東京に戻っていく。

  

西郷は足を撃たれながらも仁王立ちで向かっていくが、ついに倒れる・・・

   

糸は城山に向かって『おやっとさあでした…』と頭を下げる。

すると西郷が飼っていた犬・ツンが戻ってくる。

そして自宅に戻った大久保。満寿に西郷のことを聞かれ、大久保は倒れ込む。


『吉之助さあ・・・吉之助さあ・・・吉之助さあーーー!!!吉之助さあーーー!!!』叫びながら泣く。

  

年老いた菊次郎『父は、天を敬い、人を愛しました。己の身を捨てても、精一杯人を愛しました。だからこそこれほどまでに、多くの人から愛されたのだと思います…』

慶喜の元にも、西郷の死の知らせが入る。

慶喜『なんで逃げなかったんだ?俺みたいに逃げればよかったんだ・・・牛男!!』

勝海舟『とうとう星になっちまったかい、西郷どん!』

人々は、この頃、日本の夜空に近づいた火星を、西郷星な付け、その死をいたんだ。

  

鹿児島では、熊吉と菊次郎が戻る。菊次郎は義足を付けて帰る。

糸は西郷が最後に書いた書を広げ『みんなから聞いて欲しかことがあっとです。御父上から、最後にお預かりした言葉です…』

  

延岡で最後の夜を過ごした西郷と糸


西郷(子供達に伝えて欲しかことがあっとじゃ。おいが死んだこつで、おかしいことはおかしいといえんようになるち、おはんらには決して思わで欲しか。

こいからの国作りは、おはんらにたくされちょ!)

  

糸『逆賊・西郷隆盛の子であることを恥じることはありもはん!


旦那さは、人に拝まれたりして喜ぶような人じゃありもはん。いっつも低い所で、弱いもんに寄り添って、あちこち走りまわっちょった…。

誰よりも心の厚く、ふっとかお人でした・・・』

   

明治11年5月14日。

西郷隆盛が死んだ翌年、赤坂に向かう大久保は、賊の襲われ

大久保『おいは、おいはまだ、死ねんだ、、やらねばいかんことがある・・・』暗殺される。

  

西郷が倒れたシーンに戻り。

腹に銃弾を受け、仰向けになって空を見上げる西郷『もう、ここらで、よか・・・』

西郷どん  完

  

--- 以上、西郷どん 最終回47話のネタバレでした~! ---

  

西郷どん 最終回47話を見逃した人は、

『西郷どん』を1話からまとめて視聴できる『U-NEXT』がおススメです!


>>>『U-NEXT』の31日間無料トライアルはこちら


いつまで”31日間の無料トライアル”があるのか分からないので、見たいかたはお早めに~^^♪

これで連休の暇つぶしはバッチリです(笑)

西郷どんの動画!最終回47話の感想まとめ

西郷どん 最終回47話の感想は、


>>>『U-NEXT』の31日間無料トライアルはこちら

西郷どんの動画!最終回47話のあらすじを最後に

ドラマ『西郷どん』最終回47話のあらすじを簡単に紹介します~!

西郷(鈴木亮平)は残った兵士と共に包囲網を突破し、薩摩の城山に到達する。

  

一方、大久保(瑛太)は内国勧業博覧会の準備にまい進していた。

  

そのころ、従道(錦戸亮)は、片足を失い政府軍に投降した菊次郎(今井悠貴)を西郷家に連れて帰る。

  

政府軍総攻撃の前日、大久保は、降伏すれば西郷の命を助けると指令を出すが、西郷は拒否。

  

城山から最後の戦いに向かう。

  

そして、糸(黒木華)は夫西郷の真意を息子たちに語り始める。

   

西郷どんの目線

   

解散宣言をした西郷軍は、政府軍の手を逃れて鹿児島へ??。

  

敗走に次ぐ敗走。そんなさなかに、「降伏すれば西郷の命を助ける」という一蔵どんからの文がやってきて…。

  

そこで初めて、西郷さんは自分の意思をみんなに伝えます。

  

「おいの体はおはんらに預けたで」と言った理由は何だったのか?


ずっと誰にも明かしていなかった「本当の目的」を初めて吐露するのです。

  

そこにこそ、西郷さんという人間の格好よさが集約されていると僕は感じています。

  

そして、ついに迎えることになる、西郷隆盛の最期の瞬間。

  

ここまで西郷さんとして生きてきましたが、不思議なことに死の恐怖は全くなく、すがすがしい思いでした。

  

それは恐らく、「生」をまっとうしたからではないかと思います。

  

僕が生ききった「西郷隆盛」の人生、ぜひ最後まで見届けていただきたいです。

西郷どん 公式サイト引用

>>>『U-NEXT』の31日間無料トライアルはこちら

最後までお読みいただきありがとうございました^^

◆西郷どん “全話”のネタバレまとめページはこちら↓

>>> 西郷どん “全話”の動画の視聴方法&ネタバレをチェック♪

※本ページの情報は2018年12月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

シェアする!!