いだてん 動画 最終回の感想と見逃し配信でフル視聴する方法

 

2019年12月15日放送 中村勘九郎主演のドラマ『いだてん』の最終回「時間よ止まれ」が放送されましたね!

 

このいだてん 最終回の動画は 見逃し配信でフル視聴できるの?と、気になって動画を探している人が多いようです。

 

なのでこのページでは安心して、いだてん 最終回の動画を “見逃し視聴できるおススメの方法” やネタバレを紹介しています↓

 

 

>>>『U-NEXT』の31日間無料トライアルはこちら

 

違法にアップロードされた動画じゃないので、高画質でCMもないし、安全に “1話~ まとめて” 視聴できますよ!

いだてんの動画!最終回の予告は?

ドラマ『いだてん』最終回の動画予告はこんな感じに!

 

いだてんの動画!最終回を見逃し配信でフル視聴するおススメの方法

ではドラマ『いだてん』最終回の動画を、見逃し配信でフル視聴できるおススメの方法を紹介します!

 

それは、いだてんの放送が終わるたびに毎回、見逃し配信をしてくれている公式のサービス『U-NEXT』です!

 

『U-NEXT』には”31日間の無料トライアル”が付いててお得なので、

 
違法にアップロードされた動画を探さなくても安全に見逃し視聴できます!

 

>>>『U-NEXT』の31日間無料トライアルはこちら

 

無料期間中に登録して31日以内に解約することもできるし、その場合でも、いだてんの動画を1話から視聴できます!!

 

もちろん『いだてん』以外の現在放送中の最新ドラマや映画・海外ドラマも、時間が許す限り好きなだけ見れてしまいます!

 

ただ、“31日間の無料トライアル”はいつまでやっているのかわからないので、

 
いだてんを安全にフル視聴したいなら早めに登録したほうが損しないです!

 

 

>>>『U-NEXT』の31日間無料トライアルはこちら

 

※U-NEXTに登録したら検索窓から⇒「いだてん」で検索してくださいね^^

いだてんの動画!最終回の感想!

30代男性

いだてん動画最終回の感想は、いままでつないできた物語が大団円を迎えたような、とても素晴らしいものになっていたと思います。 俳優陣の演技と実際の映像とをつなぎ合わせることで、臨場感や当時の雰囲気を良く描くことができており、1964年に開催された東京オリンピックをよりリアルに感じることができました。 細かく挿入されるエピソードもほとんどが史実に基づいているというのも素晴らしく、近代史だけに資料が多いということもありますがそれらを丁寧に取材し、ドラマ内のエピソードとしてすくい上げていった制作陣の熱意が伝わってくるようでした。

 

30代男性

いだてん動画最終回の感想は、いだてん動画最終回の感想は、オリンピックの開催される国立競技場に田畑と四三の会話は四三のオトボケから回りくどい批判行動が可笑しく、四三だけはいつまでも成長が止まったままに見えました。 開会宣言をする会長のブランデージとの日本語か英語かのもめ事から急遽不参加となった出来事、同じ場所から銃器を持って戦争に送り出した若者たちの行進から、世界中が楽しめるオリンピックに参加する選手団たちの行進になった明るい光景など、多種多様な話題を詳細に描いてあった所が素敵でした。 五りんの話はくだらない感じがしましたが、閉会式に現れた幻の治五郎の言葉に感動、本当の主役は治五郎だったなと思いました。

 

40代男性

いだてん動画最終回の感想は、開会式当日の主人公2人の談笑シーンはこのドラマの象徴でした。内外で大騒ぎとなったこのドラマですが開会式、閉会式ともに実写映像を交えたドラマ構成はすばらしいもので緊張感や喜びが画面の外に伝わってきました。当時の苦労を表現するには足りませんがかなり大変だった事はよく分かります。それぞれの役割が見事に果たされたからこそ当時の大会が成功できたのでしょう。マラソンと女子バレボールだけでなく、せめて金メダル競技には触れて欲しかったと思います。嘉納先生の柔道に触れなかったのは残念でした。ラストシーンの金栗がストックホルムの競技場を再び走るところは実写映像で本人がすごくしっかりしていたのは驚きでした。ドラマと実写が重なる大河ドラマは模索の段階です。近現代の大河としてかなり難しかったはずなのでこれを財産にしてより洗練されていって欲しいと願っています。

 

30代男性

いだてん動画最終回の感想は、とてもよく出来た大河ドラマだと思いました。第一話からの伏線が最終回であのような形で回収されるとは思いもよらない展開で面白かったです。何かと視聴率の事が騒がれていたドラマでしたが、今までの大河ドラマのファン層とは違う人向けのアプローチだったせいかクドカンワールドについてこれない人たちが多いようでした。落語と絡めてドラマが進行していくのも面白い試みだったと思います。ここでよく語られている落語、富久が物語のキーパーソンになっていて、これが最後にわき役だった五りんと繋がっていく様は流石、宮藤官九郎と思わせる脚本でした。タクシードライバーとして本人も出演していたのが、面白かったです。

 

30代女性

いだてん動画最終回の感想は、開会式直前のドタバタ、今までのメインキャラ達の思いとその振り返りが見れてよかったです。晴れ渡った開会式の空から希望が始まるオープニング。競技場にいち早く来てしまう田畑と四三。金栗が聖火ランナーに水をぶっかけるいつものパターン。四三が行方不明扱いのままだったのでもう一度走りに行くラストのシーン。金栗は直接今回のオリンピックには関わっていないけど影響が大きかったなとわかる構成でした。田畑がコンゴの旗手の取違に気付き慌てたり、旗を掲げる係の子を励ましたり裏方で大慌て。懐中時計は壊したのかと思ったらその後も使っていた。空自が本番で成功したのは良かった。五りんの話がやや長めで競技の方を見たかった気がした。

 

30代女性

いだてん動画最終回の感想は、一言で言うと、本当に1年かけて観ていてよかったということです。 長い年月、激動の時代、たくさんの関係者達の想いを経て、ようやっと開催された東京オリンピック。ちゃんと開催されて良かったです。 この時期にカラーテレビが普及され、より身近にオリンピックを身近に感じることが出来るようになったのも、戦後日本人の底力を見たような気がしました。 ドラマの途中で、当時のオリンピックの細かい映像が挿入されていたので、よりリアルに当時のオリンピックを感じることができました。 「いだてん」のおかげで、さらに来年のオリンピックへの期待値が高まったように思います。

 

50代以上男性

いだてん動画最終回の感想は、第一印象は1964年の当時の映像がふんだんに使われていることでした。内容としては開会式の最終聖火ランナーの男性を韋駄天が水をかけて励ますという場面がありましたが現代ではどうかと思われるような描写でしたが韋駄天のさっぱりした性格を考えると「あり」かなと思いました。また韋駄天がストックホルム大会で行方不明となっているとの手紙がオリンピック委員会から韋駄天に届き実際に走った様子などを実記録として放送したことはオリンピック委員会が選手一人一人を非常に大切にしていると好感を持てた。落語に関しては志ん生の生き方とごりんとのすれ違いが最後になって「出入りを許す」と言ってもらったことでごりんが落語家として生きていく意味が一重深まった気がする。

 

50以上女性

いだてん動画最終回の感想は、 とてもよかった。最初の頃は落語のパートとの掛け合いがよくわからなかったが、回を重ねるごとに良くなり、最終回では全てが絡み合い、回想シーンも回想させられる感がなく走馬灯となり、感無量といった感動を覚えた。 嘉納治五郎が偉大な人だったことも知れた。 実際のエピソードも最後まで入っていて、役者も似た感じの人だったり寄せていて、実際の映像も随所で使われ、リアルに入り込んで見れた。創作と笑いとリアルとが絶妙だったと思う。 今までの大河ドラマと違いとまどいがあったが、見続けてよかった。

 

50以上女性

いだてん動画最終回の感想は、視聴率の低迷を毎回のように言われていましたが、最終回まで完走しました。(見終えました) 1964年の東京オリンピックまでの長い長い道のりに見ているだけの私の方が、あまりの困難さ故に何故だかくじけそうになったりもしました。 それぞれの人たちのそれぞれのオリンピックだったんだと、最後は感無量で自然と涙がこぼれました。 今までオリンピックに関わった(直接的・間接的問わず)全ての人たちの熱い想いを受け取りました。 長年にわたりオリンピックに尽力され、夢だと言われてた事を成し遂げた後の気持ちはさぞかし清々しかっただろうと思います。 個人的には最後の聖火ランナーは、「いだてん」の金栗四三さんに走っていただきたかったです。 そして嘉納先生との約束を果たさせてあげたかったとは思いますが、最終的に金栗さんも納得した8月6日生まれの大学生、坂井君でよかったのだと映像を見て私も思い直しました。 来年の東京オリンピックにもこんな裏話などがあるのでしょうか。表舞台だけでなく裏舞台にも興味が湧きました。 今まさに現場で尽力されている方々にエールをお送りいたします。 成功をお祈り申し上げます。

 

◆いだてん “全話”のネタバレまとめページはこちら↓

>>> いだてん “全話”の動画の視聴方法&ネタバレをチェック♪

 

>>>『U-NEXT』の31日間無料トライアルはこちら

 

いだてん 最終回を見逃した人は、

 

『いだてん』を1話からまとめて視聴できる『U-NEXT』がおススメです!

 

いつまで”31日間の無料トライアル”があるのか分からないので、見たいかたはお早めに~^^♪

 

これで連休の暇つぶしはバッチリです(笑)

 

 

>>>『U-NEXT』の31日間無料トライアルはこちら

 

いだてんの動画!最終回のあらすじを最後に

ドラマ『いだてん』最終回のあらすじを簡単に紹介します~!

1964年10月10日。念願の東京五輪開会式当日。田畑(阿部サダヲ)は国立競技場のスタンドに一人、感慨無量で立っていた。

そこへ足袋を履いた金栗(中村勘九郎)が現れ、聖火リレーへの未練をにじませる。最終走者の坂井(井之脇海)はプレッシャーの大きさに耐え兼ねていた。

ゲートが開き、日本のオリンピックの歩みを支えた懐かしい面々が集まってくる。そのころ志ん生(ビートたけし)は高座で「富久」を熱演していたー

いだてん 公式サイト引用

 

>>>『U-NEXT』の31日間無料トライアルはこちら

 

最後までお読みいただきありがとうございました^^

 

◆いだてん “全話”のネタバレまとめページはこちら↓

>>> いだてん “全話”の動画の視聴方法&ネタバレをチェック♪

 

※本ページの情報は2019年12月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

タイトルとURLをコピーしました