いだてん 動画!34話も見逃しフル視聴する方法

シェアする!!

阿部サダヲ・大竹しのぶ出演の大河ドラマ『いだてん』の34話が放送されましたね!

このいだてん 34話の動画は 見逃し配信でフル視聴できるの?と、気になって動画を探している人が多いようです。

なのでこのページでは安心して、いだてん 34話の動画を “見逃し視聴できるおススメの方法” やネタバレを紹介しています↓

>>>『U-NEXT』の31日間無料トライアルはこちら

違法にアップロードされた動画じゃないので、高画質でCMもないし、安全に “1話~ まとめて” 視聴できますよ!

いだてんの動画!34話の予告は?

ドラマ『いだてん』34話の動画予告はこんな感じに!

いだてんの動画!34話を見逃し配信でフル視聴するおススメの方法

ではドラマ『いだてん』34話の動画を、見逃し配信でフル視聴できるおススメの方法を紹介します!

それは、いだてんの放送が終わるたびに毎回、見逃し配信をしてくれている公式のサービス『U-NEXT』です!

『U-NEXT』には”31日間の無料トライアル”が付いててお得なので、

違法にアップロードされた動画を探さなくても安全に見逃し視聴できます!

>>>『U-NEXT』の31日間無料トライアルはこちら

無料期間中に登録して31日以内に解約することもできるし、その場合でも、いだてんの動画を1話から視聴できます!!

もちろん『いだてん』以外の現在放送中の最新ドラマや映画・海外ドラマも、時間が許す限り好きなだけ見れてしまいます!

ただ、“31日間の無料トライアル”はいつまでやっているのかわからないので、

いだてんを安全にフル視聴したいなら早めに登録したほうが損しないです!

>>>『U-NEXT』の31日間無料トライアルはこちら

※U-NEXTに登録したら検索窓から⇒「いだてん」で検索してくださいね^^

いだてんの動画!34話の予想

50代 女性 :

いだてんの動画 34話の予想は、2.26事件が描かれます。新聞社も襲撃され、マーちゃんも事件に立ち会うことになるようです。

そんな大騒動のなか、IOC会長のラトゥールさんが来日するようで、マーちゃんが案内することになるようです。

また、オリンピック招致には金栗四三さんも加わることになりそう。これで招致活動も盛り上がりそうです。

こんな時にオリンピックをと思いますが、嘉納さんはこんな時だからこそという気持ちが描かれるようです。

個人的にもその辺がとても気になるところなので、こんなご時世にどうしてオリンピックにこだわったのかを知りたいと思っています。

30代 女性 :

いだてんの動画 34話の予想は、次回は226事件が起こるということで、かなりシリアスな展開になりそうです。

まーちゃんが関わった政治家も次々殺されてしまうということで、

どんな状況に立ってもポジティブシンキングなまーちゃんも明るくしているのは難しいんじゃないかと思います。

まーちゃんに関わった政治家というとぱっと思いつくのは元同僚の河野ですが、果たして彼は無事なんだろうかと気になります。

彼は今後行われる東京オリンピックで重要な立場になるようはので殺されることはないと思いますが、何らかの被害は受けそうな気がします。

次々殺されていく身近な政治家を見てまーちゃんがどんな行動に出るのか気になります。

30代 女性 :

いだてんの動画 34話の予想は、今回四三やスヤさん、1部に登場していた熊本の人たちの出番が多かったですが、

次回も彼らの出番は多そうだなと思っています。

予告では幾江さんも登場していましたが、おそらくこっそり熊本を出て加納先生のところにいこうとしていたところを見つかってしまうのでしょう。

加納先生も今こそ四三が必要だと今回言っていて、それで手紙を送ったのだと思いますが、今や四三は一家を支える身で年齢も40過ぎ。

もう東京に行ったり来たり自由にあちこち行くことは許されない立場だろうと思います。

スヤさんは四三のことを理解していたので手助けしてくれそうですが、幾江に止められそうな気がします。

40代 女性 :

いだてんの動画 34話の予想は、1936年。2,26事件が起きた年ですがこの年もオリンピックイヤーでもありました。

高橋是清大蔵大臣が暗殺されるわけですが、今後の日本のスポーツ界にどういった影響がでてくるのか興味深く見守りたいですね。

朝日新聞社も大変なことになりそうで田端はどうやって逃げるのかも注目される所です。

混迷期にIOCの委員長を呼んでどうするのかというのはありますが事件自体はあくまでローカルなもので

国際的にはさほど影響はしなかったはずです。ヨーロッパはどこもそんな感じでしたから。

さて動けない加納先生にかわって田端がどんな役割を果たすことになるのかが次回の焦点でしょうね。

弁当食べて終わりということは無いでしょうね。

50代 男性 :

いだてんの動画 34話の予想は、東京では二、二六事件が起きてしまい、田畑が勤める新聞社も襲撃を受けてしまいました。

そのような混乱の中で、IOC会長の東京視察が行われるのは、かなり危険な状態だと思いました。

嘉納治五郎先生はもう動くことができないとしても、奇抜なアイデアは出し続けてくれるでしょう。

東京視察も嘉納先生の発言から実現したことなので、やはり彼なしでは東京オリンピックが決まることはなかったと思います。

それにしても、ここ数回は、政治や世界情勢との絡みが多くなってきました。

どれもスポーツマンシップとはかけ離れているように思います。

やはり平和でなければ、オリンピックも成り立たないのだと思いました。

>>>『U-NEXT』の31日間無料トライアルはこちら

いだてんの動画!34話の見所はどこ?

20代 女性 :

いだてんの動画 34話の見所は、2.26事件が描かれるようです。歴史では勉強して言葉だけは知っていても、

実際どんな事件だったのかは詳しく知らないのでしっかりと確認したいと思っています。

こんな物騒な記事にオリンピックをやろうとしていたのかと思いますが、

その辺がどう描かれるのとても興味があります。また、久しぶりに四三さんが戻って来そうで楽しみです。

四三さんがいないとやっぱり寂しい。オリンピックに対する強い思いは四三さんが1番強いのではないかと思います。

池部家のお母さんも出て来て何やら大騒ぎになりそう、久しぶりに熊本弁がたくさん聞けそうです。

30代 女性 :

いだてんの動画 34話の見所は、225事件でまーちゃんや周りの人達は悪い方向へ変わっていってしまうだろうと思います。

身近な人が亡くなるというのはこれまでもありましたが、それ以上にこの先辛い未来が待ち構えていそうな気がします。

しかしオリンピックは日本を元気づけるものだとまーちゃんや治五郎先生が言っていました。

色々と日本にとっても世界にとっても辛い状況になりそうですが、

こんな時こそみんなを元気付けてくれるオリンピックというものが必要なんじゃないかと思います。

なかなかそれを全面的に出すのは難しい時代に突入してしまいそうですが、

まーちゃんと治五郎先生はその気持ちを忘れないでいてくれて、みんなを元気付ける方向へ導いていってほしいと思います。

30代 女性 :

いだてんの動画 34話の見所は、次回はまた東京と熊本を行ったり来たりして、1部に登場していた懐かしい顔ぶれが見られそうな気がします。

東京では次のオリンピックのことでゴタゴタしていて、まーちゃんもイライラしているシーンが多いように思います。

四三のことをまーちゃんは認めていないようでしたが、治五郎先生と似ているところがあるからかもしれません。

しかし案外ちゃんと話をしてみれば分かり合えるような気もします。そして今治五郎先生が必要としているのは四三。

これまで四三が熊本に帰ってしまったことで治五郎は1人で戦っている様子でしたが、

今は腰痛で弱っている時なので余計に助けになってくれる存在が必要だと思います。

また2人が一緒にいるシーンが見られるかもしれないと思うと楽しみです。

40代 女性 :

いだてんの動画 34話の見所は、ベルリンオリンピックの年なのに政治情勢ばかりで緊張感はあるもののドラマとしては面白みが無いですね。

本来は前畑選手の地獄の特訓を挟んでもいいと思うのですが、来週の後半辺りにはでて来ますか。

また金栗四三再び東京へ行けるのか、それとも途中で引き返すのかは気になりますね。

播磨屋に小松を預けることになるはずですが次回にそこまでやるのかどうか。またマラソンの有望選手が登場するのかも注目されます。

1936年に関しては冬場と夏で全く違った風景になりますね。戦前のオリンピックはベルリンで最後になります。

陸上、水泳様々なドラマがありますがその過程をまずは出して欲しいですね。

50代 男性 :

いだてんの動画 34話の見所は、金栗四三はスヤさんを説得して、無事に東京で来ることができるのか気になります。

彼も東京招致のために働きたいと思うのは当然のことだと思います。

何度もオリンピックに出場していますし、やはり最初にオリンピックに出場した功績は大きいでしょう。

なので、四三はこれからもオリンピックのためにできることがあれば、何かをやっていきたいと思うはずです。

しかし、やはりスヤさんの協力がなければ、それも実現することは難しいものです。

東京では二、二六事件が起き、かなり大変な状況になっています。

このままではせっかくIOC会長を招いたとしても、東京の印象は悪くなってしまうのではないかと少し心配になります。


◆最新のドラマ動画の見逃し視聴方法&ネタバレまとめページはこちら↓

>>> ドラマ動画の見逃し&ネタバレをまとめてチェック♪

いだてんの動画!34話までの感想

20代 女性 :

いだてんの動画 34話までの感想は、今回もマーちゃんこと田畑政治がパワー全開で面白かったです。

さすがのマーちゃんもムッソリーニの前ではちょっとビビってましたが、確かに迫力ありましね。

ムッソリーニにオリンピックを譲ってほしいと直談判していたとはびっくりです。

政治とスポーツは別と言いますが、やっぱり政治家が口を出す。それは昔から変わらないんだと思いました。

また、ロビー活動もこの頃からあったんだなあと、痛感しました。

必要とはいえ、スポーツというのフェアプレーの精神に則ってと言いますが、ロビー活動がフェアーなのかなあとちょっと疑問に思いました。

30代 女性 :

いだてんの動画 34話までの感想は、治五郎先生が腰痛で動けなくなったかと思ったら副島さんも余命1年の宣告をされて、悪いことって続くんだなと思いました。

しかしムッソリーニとの対談で短時間でうまくいった副島さんすごいなと思いました。

自分の病気のことでいっぱいいっぱいで体もしんどいなか説得をしていて、そんな根性のあるところを見せたからこそムッソリーニも彼を認めたのだろうと思います。

しかし病気のため伏せっているシーンが多く、見ているのがつらくもありました。

あんな状態になっていても状況が悪くなるとまた話をつけようとしに行ったり、副島さんの責任感の強さを感じた回でした。

30代 女性 :

いだてんの動画 34話までの感想は、久しぶりに登場した美川くんに驚きましたが、スヤさんがその話を四三から聞いて「お友達じゃなか。

ゴキブリたい」と言われているシーンには笑いました。

しかししばらく行方知れずだった美川くんなので、普通に元気にしていてカフェのオーナーをしていたというあたりは

ゴキブリのような生命力を持っているような気がします。

「カフェ?ニューミカワ」という店名にも笑いましたし、その字体も美川くんそのものといった感じで笑いを誘いました。

またカフェのオーナーになるまでの経緯が独特で、各地の方言をマスターしてしまったあたりは

自分をストレイシープと言っていたのにつながるなと思いました。

40代 女性 :

いだてんの動画 34話までの感想は、加納先生もだいぶお年ですからこの時代で動けるだけでもすごいのですが、

普通に海外に出かけて言っているのがやはり怪物としかいいようがありません。

東京オリンピック招致で副島、杉村両委員の活躍は目立たないですが大きかったことは事実です。

しかし加納先生のカリスマはたたき上げのものですから、エリート路線で生きてきた人には無いとんでもない魅力があったのでしょうね。

ムッソリーニの登場といった大きな出来事はありましたが、あくまで招致はIOC委員の投票で決まります。

それは現代でも変わりませんが、日本で開催なんて当時は夢物語に近いお話だったでしょう。

それを実現してしまった関係者には本当に頭の下がる思いです。

50代 男性 :

いだてんの動画 34話までの感想は、そもそも、一国の総理大臣の発言だけで、オリンピックが変わるようであれば、

これはもうスポーツマンシップではないと思います。

国や政治の圧力に関係なく、誰もが平等にスポーツを競い合うことができるのがオリンピック精神だと思っています。

ですが、日本が率先して、それを破っているように見え、とても残念に思いました。

もし、今だったらそこまでこだわらないような気もしますが、実際はどうでしょう。

それにしても、イタリアに譲ってもらおうという考えを持ち出す嘉納先生の発想が凄いと思いました。

しかし、その発言が大きく影響するということは、やはり嘉納先生の影響力が強大だったのだと思います。

>>>『U-NEXT』の31日間無料トライアルはこちら

いだてんの動画!34話【ネタバレ】← 紹介

ここからがドラマ『いだてん』34話のネタバレになります!

軍人によるクーデター

1936年(昭和11年)、赤坂の田畑家では田畑政治と妻の菊枝が2人で過ごす。

その頃、熊本の金栗四三は家出をするために手紙を置き、美濃部孝蔵も引っ越しの準備をしていた。

2月26日午前5時、赤坂表町では軍人達が雪の中で行進しながらどこかに向かう。

そして、ある家に軍人が乗り込んで周囲に銃声が響く。

銃声を耳にした菊枝は田畑を起こして、外を見ると目に軍人の姿が入る。

慌てて外に出た田畑の前に行進している軍人達が現れて、二・二六事件が始まった。

午前6時半の新聞社では陸軍によるクーデターの話で、社内は混乱する。

部長の緒方が社員達を落ち着かせたが、外務省から連絡を受けて一切の報道が出さないようになった。

熊本の四三は美川秀信の店に足を運び、家出を中止する決断をする。

孝蔵も事情を聞き、現在起きている事を知った。

新聞社では混乱する中で状況を把握していると、田畑が外を見て大声を上げる。

すると軍人達が社内に乗り込んできて、瞬く間に占拠された。

緒方は責任者として、交渉を試みた。

そこで、高橋是清が殺害された事を耳にして、「ちょっと待ってくれ」と緒方は社員達の安全を第一に考える。

田畑は軍人達に反発するが、緒方から是清の事を聞く。

軍人達は社内の社員達を外に追い出すが、田畑は抵抗した。

社内が荒らされてしまい、田畑も緒方に連れられる。

ラトゥールの来日に向けて

前代未聞のクーデターで、メディアは混乱して午後8時半にラジオで報道された。

熊本ではラジオでスヤ達が情報を耳にする。

その時、四三が自宅に帰ってくるが相手にされない。

クーデターは政府の各場所が占拠されていた事が伝えられる。

しばらくして反乱軍は逃亡したが、東京は厳戒態勢だった。

怪我を負った田畑は菊枝に起こされて、支度をする。

そこにある人物が現れて、日本にラトゥールが来る事を耳にした。

田畑は、煙草を吸いながら「俺は怖い」と今回の事件や自らが関わった人物が殺されて、次は誰なのか不安になる。

記者になった事や政治に加担した事を後悔した。

その話を聞いていた菊枝は「だったら、辞めたらどうです」と思わぬ事を口にする。

田畑は怒りを露わにして、記者かオリンピックのどちらかなのかと問う。

彼女は夫婦の時間が増えると落ち着いて話をする。

田畑は急いで会社に向かうが、中に入れずに治五郎の元に行く。

ラトゥールが来る事を聞かされるが、田畑は治五郎達に現状を訴える。

この状況でもオリンピックを開く意義を問う。

自らの怪我の事を伝えて、治五郎にオリンピックが本当に出来るのか口にした。

田畑は怖さを訴えて、死にたくないと本音を漏らす。

しかし、それでもオリンピックをやりたいと叫ぶ。

治五郎は「如何なる努力も惜しまない」と言い、田畑は「よし、分かった」と誓う。

ラトゥールの来日

日本はイタリア首相のムッソリーにオリンピックを譲ってもらう事になっていた。

しかし、IOC委員会で杉村陽太郎がラトゥールを怒らしてしまう。

治五郎達は視察の予定を立てていると、ある1人の男に道案内を頼もうとする。

3月19日、ラトゥールが東京に到着して、治五郎達が歓迎した。

東京市長の牛塚虎太郎やIOC委員の副島道正が挨拶する。

後ろから杉村も現れて挨拶したが、ラトゥールの顔色が変わった。

記者団の取材でオリンピックが東京に相応しいのか見極めると語る。

招致委員会の全力接待作戦が始まり、案内役として清さんを呼んでいた。

人力車でラトゥールを乗せて、田畑は走って追い掛ける。

歌舞伎や料亭に足を運び、明治神宮外苑競技場を視察した。

現地に治五郎も駆け付けて、田畑がサポートする。

関東大震災の時の写真を出して、その時の事を説明した。

13年掛けて立ち直ったと東京でオリンピックをやりたいと訴える。

ラトゥールの前にマラソン選手が現れて、四三の名前を口にした。

副島が通訳をしながら、ラトゥールは競技場などアドバイスをする。

その後、岸清一の墓参りをして、プールや寄席にも足を運んだ。

目黒のさんまを孝蔵が高座で噺をして、田畑と清さんも駆け付ける。

孝蔵も腕を上げたようで調子が良く、清さんと再会してお互いの事を話した。

再び田畑とラトゥールを押せて、ゆっくりと狭い路地を走る。

突然、ラトゥールが人力車から下りて、遊んでいる子供達の元に行く。

子供達が遊んでいる姿を見ながら笑顔を浮かべて、拍手をする。

思いを伝えた四三

熊本の自宅で食事を取っていた四三は、ラトゥールの事を新聞で知る。

四三は家族の前で改まって、真面目な話をした。

治五郎からの手紙を出して、幾江は内容を確認する。

オリンピックに向けて力になって欲しいと書かれていて、四三は最近様子がおかしかった。

家族を熊本に残したまで行くのか尋ねられるが、意外にも承諾される。

4年後が終わったすぐに帰ってくると約束して四三は陽気に話す。

すると、幾江が突然怒り出して、四三の他人事のような態度が気に入らなかった。

いつの間にか情が出た幾江は寂しい気持ちを伝えると、四三は涙ながら「お母さん」と四三抱きつく。

今までとは違い、やっと家族らしさが出てきた。

ある日、治五郎とラトゥールは柔道を行う。

治五郎は日本に来てくれた事に感謝して握手する。

すると田畑が現れて、治五郎はムッソリーニを説得しようとしたのは自らの意思だと明かす。

杉村が現れて通訳して、土下座して謝罪した。

正座のまま、これまで極東でオリンピックが行われなかったため、正攻法ではなく禁じ手を使ったと伝える。

そして、皆が一生懸命だと訴えてアジア初の平和の祭典にして見せると誓う。

良い返事を待っていると口にして、その場を去る。

杉村はIOC委員を辞任して、オリンピックを招致するために身を引くと口にした。

視察の最終日に新聞社で話をするラトゥールは下町の子供達の出来事を話す。

彼は「アジアに来るべきだと言い、その場は拍手で沸く。

--- 以上、いだてん 34話のネタバレでした~! ---

いだてん 34話を見逃した人は、

『いだてん』を1話からまとめて視聴できる『U-NEXT』がおススメです!

>>>『U-NEXT』の31日間無料トライアルはこちら

いつまで”31日間の無料トライアル”があるのか分からないので、見たいかたはお早めに~^^♪

これで連休の暇つぶしはバッチリです(笑)

いだてんの動画!34話の感想まとめ

いだてん 34話の感想は、一部の軍人が起こしたクーデターにより、日本は混乱しました。

二・二六事件の出来事が日本に与えた影響は大きかったようです。

高橋是清も犠牲になり、今まで物怖じしなかった田畑も怖さを感じたようです。

この時にラトゥールがオリンピックの視察に日本に来るようになりましたが、よく呼べたと思います。

田畑も訴えていましたが、命が危ない状況でも覚悟を決めた招致した治五郎達は素晴らしいです。

そして、ラトゥールが来日して案内していく中で、清さんが登場するとは驚きました。

彼は人力車を引っ張っていく姿が似合っています。

治五郎達は日本を懸命に案内していきますが、ラトゥールにも伝わっている感じがありました。

実際に会場を視察しながら、治五郎達の熱い思いを聞き心境に変化があったのでしょう。

柔道場での出来事は今回、最も印象的でした。治五郎が自らの本当の事を明かして、謝罪する姿は男らしいです。

更に、杉村も進退を掛けてオリンピック招致をしようとするのは、なかなか出来る事ではないです。

彼らのそれぞれの思いがラトゥールに届き、存分のアピールになったでしょう。

次回、1940年のオリンピック開催地が決定しそうですが、どうなるのか楽しみです。

四三は家族に自らの思いを伝えましたが、いつのまにか幾江も本当の息子として彼を受け入れていたのだと知りました。

その思いを四三も初めて知ったはずなので、とても嬉しかったと思います。

ようやく本当の家族になったのではないでしょうか。彼が4年後のオリンピックにどう尽力していくのか、気になります。

いよいよオリンピックの結果が分かりますが、皆の頑張りは報われるのか注目です。

>>>『U-NEXT』の31日間無料トライアルはこちら

いだてんの動画!34話のあらすじを最後に

ドラマ『いだてん』34話のあらすじを簡単に紹介します~!

1936年2月。陸軍の青年将校らによるクーデター、二・二六事件が発生。

閣僚らが暗殺され、田畑政治(阿部サダヲ)の勤める新聞社も襲撃を受ける。

戒厳令下の東京でオリンピック招致活動を続けることに田畑は葛藤。

嘉納治五郎(役所広司)とも対立するが、IOC会長の候補地視察の案内役を任せられる。

熊本では金栗四三(中村勘九郎)がスヤ(綾瀬はるか)と幾江(大竹しのぶ)を前に、招致に協力するため上京したいと訴えるが──。

いだてん 公式サイト引用

>>>『U-NEXT』の31日間無料トライアルはこちら

最後までお読みいただきありがとうございました^^

◆いだてん “全話”のネタバレまとめページはこちら↓

>>> いだてん “全話”の動画の視聴方法&ネタバレをチェック♪

※本ページの情報は2019年9月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

シェアする!!