いだてん 動画を47話最終回も見逃し配信でフル視聴する方法

 

2019年12月15日放送 中村勘九郎主演のドラマ『いだてん』の最終回「時間よ止まれ」が放送されましたね!

 

このいだてん 最終回の動画は 見逃し配信でフル視聴できるの?と、気になって動画を探している人が多いようです。

 

なのでこのページでは安心して、いだてん 最終回の動画を “見逃し視聴できるおススメの方法” やネタバレを紹介しています↓

 

 

>>>『U-NEXT』の31日間無料トライアルはこちら

 

違法にアップロードされた動画じゃないので、高画質でCMもないし、安全に “1話~ まとめて” 視聴できますよ!








いだてんの動画!最終回の予告は?

ドラマ『いだてん』最終回の動画予告はこんな感じに!

 








いだてんの動画!最終回を見逃し配信でフル視聴するおススメの方法

ではドラマ『いだてん』最終回の動画を、見逃し配信でフル視聴できるおススメの方法を紹介します!

 

それは、いだてんの放送が終わるたびに毎回、見逃し配信をしてくれている公式のサービス『U-NEXT』です!

 

『U-NEXT』には”31日間の無料トライアル”が付いててお得なので、

 
違法にアップロードされた動画を探さなくても安全に見逃し視聴できます!

 

>>>『U-NEXT』の31日間無料トライアルはこちら

 

無料期間中に登録して31日以内に解約することもできるし、その場合でも、いだてんの動画を1話から視聴できます!!

 

もちろん『いだてん』以外の現在放送中の最新ドラマや映画・海外ドラマも、時間が許す限り好きなだけ見れてしまいます!

 

ただ、“31日間の無料トライアル”はいつまでやっているのかわからないので、

 
いだてんを安全にフル視聴したいなら早めに登録したほうが損しないです!

 

 

>>>『U-NEXT』の31日間無料トライアルはこちら

 

※U-NEXTに登録したら検索窓から⇒「いだてん」で検索してくださいね^^








いだてんの動画!最終回の予想

30代女性

いだてん動画の予想は、次回は最終回なのでこれまでいだてんに出てきた人たちが回想シーンなどで可能な限り登場するんじゃないかと思っています。四三は聖火ランナーから外れてがっかりしていましたが、聖火ランナーに選ばれた坂井はプレッシャーなどからとても走れなさそうな状態でした。全部走り切るのは無理かもしれませんが、四三も走ってオリンピックに参加するのではないかと思っています。また五りんもオリンピックに出ればいいじゃないかという話が出ていたので、どんな形で登場するかは分かりませんが、彼と東京オリンピックに参加する気がします。

 

40代男性

いだてん動画の予想は、開会式当日の様子を実写映像を交えながら解説していく事になるでしょう。当日でもあまり知られていないエピソードはかなりあるでしょうから少しは触れてくれるのでしょうね。開会式の後も実写映像でオリンピックの様子を流す事になるでしょう。競技のドラマパートは女子バレーボールぐらいしかやらないと思いますが、かなり力の入った演出でソ連に勝ったシーンを再現してくれると思います。そして最終日のマラソンの国立競技場での出来事も入ると思います。円谷選手のゴールシーンは入るでしょうがその後の事はやらないでしょうね。あまり語られてこなかった閉会式もきっと描かれるでしょう。

 

10代男性

いだてん動画の予想は、聖火ランナーが無事みんな聖火を渡しめでたく、金栗や今まで犠牲になってきた人の回想が流れ2020年のオリンピックに託されるというものです。そのため予想ですが五厘が何らかの形で走者としてこのオリンピックか次のオリンピックで関わるの描写も期待させられました。また師匠が亡くなるシーンは流石に最終回なのでないと思います。しかし、一応大河ドラマということで主人公の生涯を描くものなので、金栗と田畑の最後はシーンとして描かれると予想できます。ただオリンピックが行われたというだけでは、もう承知のことなので面白くありません。きっと何かひねりがあるはずです。

 

20代女性

いだてん動画の予想は、天気は晴天となり、賑やかな開会式になるだろう。平和の祭典だということが、選手村の様子から感じ取れるものとなって欲しい。外国からの選手達が楽しんで過ごしている姿も見てみたいものである。 また五りんは、聖火ランナーに選ばれず、師匠の元にもどるのではと予想している。ランナーとして走るのではなく、師匠と富久をやることで、かつての父が満州で聞いたような構図になるのではなないだろうか。 金栗は、聖火ランナーに選ばれなかったか、どこかで彼が笑顔になれる姿を見たいものである。 田畑や東龍、金栗や嘉納、それぞれの偉業が思い返される内容となることを期待する。

 

20代男性

いだてん動画の予想は、まず天気は快晴になると思います(笑)。そして46話の中で、明日は雨だからと飲んだくれていた航空自衛隊のパイロットが、訓練で成功しなかった五輪のマークを見事晴天の空に描くのではないかと思います。また、聖火台に火をつける最終ランナーは広島の原爆投下の日に生まれた青年に決まり、幻の1940年の東京オリンピックで聖火ランナーを嘉納治五郎から任されていた金栗四三が落胆するシーンがありましたが、最近の話の中でも度々登場してきた金栗がそれでは何のために出ていたのかということになるので、これまでの複線回収として、どこかで走るのではないかと予想しています。

 

50代以上男性

前日の天気予報では雨で、カード占いでも日本国中の雨を持ってきたような、どしゃ降りの予想でした。しかし世界中の秋晴れを日本に持ってきたような晴天となるようです。田畑は感無量で一人で国立競技場のスタンドにいると、金栗がくるようです。1940年のオリンピックを夢見ながら戦争で奪われた自分の活躍の舞台を奪われた悔しさが滲みでているようです。 聖火最終ランナーの坂井は緊張しつつ喜びを噛みしめるのだと思います。 そのころ、志ん生は高座で富久を演じていたようです。志ん生は、富久の噺の中に、オリンピックにちなんで東京の町を走っていた金栗の逸話を交えて本当なら金栗がオリンピックに参加できたのだと観客に訴えるのだと予想します。

 

>>>『U-NEXT』の31日間無料トライアルはこちら

 








いだてんの動画!最終回の見所はどこ?

30代女性

いだてん動画の見どころは、最終回をどういった形でまとめるかということです。いまの主人公はまーちゃんだと思いますが、この物語の主人公は四三とまーちゃん2人でリレー形式でやってきていました。そして歳はとったものの四三もまだ登場していますし走る姿を見せてくれています。オリンピックになんらかの形で四三も変わってきそうな気がしますし、何も関わってこなければスッキリ終われないと思います。四三が走っていて走っているうちに若い頃の姿に戻って昔を思い出したりしたりして、そんな四三のもとに治五郎が現れるという最終回ならいいなと思っています。

 

40代男性

いだてん動画の見どころは、当日の出来事は伝え聞いた事ばかりで実際に見たシーンは少ないので開会式の映像をそれなりの量、見れるのは楽しみです。ドラマでも触れていましたが天気予報と違い当日は晴れたのでブルーインパルスチームは慌てて準備したというのは聞いています。どんな様子だったのか面白くなりそうです。そして入場行進。この日のために様々な苦労をしてきた準備委員会が報われる時ですので見たら私も涙が出てしまうかもしれません。多くの人の思いがこもったオリンピックがようやく開催にこぎつけたのですから、関係者の喜びはとても大きいものだったでしょう。それを表現する事は出来ないでしょうがうれしさは伝わってくると思います。そしてストップウォッチを止める時が来るはずです。金栗が最後を締めくくってくれる事を願っています。

 

10代男性

いだてん動画の見どころは、上記でも述べたようにただオリンピックが行われて成功したでは面白くないのでひねりが何なのか期待しています。やはり前半のテーマであったLe paiなのか後半のテーマであった政治とスポーツなのか何かにおいてオチを期待しています。見所はやはり五厘が何をするのかということだと思います。今までずっと落語や芸人という設定で描かれてきた五厘が突如やはり走りたいと46話で言い始めました。果たしてその願望を実現するのかとても気になります。田畑の奥さんにも何か起こるのか、そして何と言っても後半はずっとクローズアップされていた東洋の魔女たちの結末も気になります。オリンピックの結果ではなく、恩師との関係や結婚の約束は守られるのでしょうか。

 

20代女性

いだてん動画の見どころは、金栗や五りんにランナーをやってほしいが、やはり時代は新しくなったということも淡々とかかれるのだろうか。開会式や選手村での様子は、喜ぶ田畑と、どこからともなく見ている嘉納先生の声が聞こえてきて欲しいものである。 ママの天気の占いも、ジェット機の五輪のマークも、バレーボールの勝利も、ランナーの松井も、誰もが笑顔で迎えられるオリンピックになって欲しい。これまで関わってきた人の功績があって開くことができたということもあるが、時代は前へ進んでいく、そこの描写がどのようなものになるのか期待している。

 

20代男性

いだてん動画の見どころは、聖火ランナーとして金栗がどこかで走ることと、通年の主人公である五りんが祖母や父の意思を受け継いで走ることを期待しています。当初、日本最初のオリンピック選手の活躍から東京オリンピック開催までを描くという内容を聞いていたので、「東京オリンピック開催」がどこまで描かれるかをあまり考えず観ていましたが、どうやら開会式がフィナーレのようですね。視聴率がなかなか上がらず、途中で俳優の交代等もあって、世間的には内容以外で話題になってしまったこともありましたが、個人的には第一話から最終話までほとんど抜かすことなく、完走できそうな面白い大河ドラマだったと思います。

 

50代以上男性

聖火の最終ランナーの坂井が広島に帰っていたら聖火ランナーに決定したとマスコミに報道されると新聞社が坂井の実家に来て車に乗せ大阪からセスナ機に乗って東京に行くというフィーバーぶりのようです。それで、坂井は開会式の1週間前から選手村に行かず先輩の家に雲隠れするようです。 一方、金栗は志ん生の高座に招待され、富久の噺に喜んで涙を流すのではないでしょうか。 それで、開会式当日には、日本晴れとなり昭和天皇など皇族や病気療養中だった池田総理、河野オリンピック担当大臣、東都知事、川島らもスタンドで94ケ国の選手団を華やかに迎えるのでしょう。田畑の夢には嘉納治五郎が現れ、田畑の労をねぎらう言葉があるのでしょう。そして組織委員会のご苦労さん会に、田畑が呼ばれ、河野の仲介で田畑と川島が仲直りの握手をするのではないかと期待します。

 

 

>>>『U-NEXT』の31日間無料トライアルはこちら

 

◆いだてん “全話”のネタバレまとめページはこちら↓

>>> いだてん “全話”の動画の視聴方法&ネタバレをチェック♪








いだてんの動画!最終回までの感想&ネタバレ

30代女性

いだてん動画の感想は、東京オリンピックに近づいてきて終わりに近づいているなという雰囲気を醸し出していたなということです。今回久しぶりに可児の姿が見られましたが、まさかまた彼の姿を見ることができるとは思いませんでした。今幾つなのか分かりませんが、四三が70すぎで可児は彼の先生をしていたのだからかなり高齢なはず。まーちゃんは可児が誰なのか分かっていませんでしたが、代わりに岩田がいち早く気づいていたのがなんだか嬉しく思いました。四三が聖火ランナーに選ばれなくて治五郎に詫びの言葉を述べているシーンは印象的でした。

 

40代男性

いだてん動画の感想は、昭和39年いよいよオリンピックの年までたどり着きました。これが最後ではありませんが見てきたものとしては非常に感慨深いものがあります。計画が順調に進まずぎりぎりまでかかるのは現代でも一緒なのですが、熱意は昔の方が上のように感じますね。聖火リレーでかなり大揉めになりましたが、見事な人選だったと思います。坂井さんはかなり複雑な思いを抱いていたのが推察されドラマでその事に触れたのも意義のあることです。沖縄の複雑さは今もまだ完全に解決したわけではありませんが歴史の舞台となった事は間違いないでしょう。日本全国を駆け巡る聖火リレーはニュースを聞いているだけでもワクワクしました。来年の楽しみがひとつ増えました。

 

10代男性

いだてん動画の感想は、金栗本人が最終走者じゃないと知った時の理解を示す金栗がとても切なかったです。広島で原爆が落とされた時に生まれた大学生に比べたら、これ以上にしょうがないと述べてはいるが、その戦争のせいで大会や全盛期を奪われた金栗四三はもっとふさわしいと思った。ただやはりこのエピソードで大河ドラマとしての違和感を感じてしまった。主演をダブルキャストにしたのは良いが前半であれだけ主役だった金栗がああも簡単にはしょられるとどこか感情移入しにくいものを感じました。田畑政次は相変わらず元気なように見えますが果たして本当に年齢設定が適当なのか疑問に思いました。生涯ずっとあのテンションだったというのは違和感を感じます。

 

20代女性

いだてん動画の感想は、平和の祭典として若い学生の松井が決定したこと、選手村のでき、田畑が裏方から表でも仕事をできるようになったこと、誰もがオリンピックに負けて躍進していく。その裏で、父親を看取ることもできなかった河西やその他のバレーボール選手の重圧や、金栗四三の嘉納との約束を高齢により話せなかったこと。闇と光の描写が素晴らしいものであった。 そして、オリンピックが近づいてくるなか、コンゴからの選手が到着したことは、ドラマの前半の三島と金栗を思い起こさせ、出場から招致までの長い歴史を振り返ることができるものとなった。

 

20代男性

いだてん動画の感想は、いよいよ東京オリンピック開催間近というところから今回幕を明け、新幹線や道路がまだ完成していない中で、役を解かれ自宅で裏組織委員会長を務めるマーちゃんが、本物の組織委員会に乗り込んで行きまくし立て、正式ではなさそうですが表立って最後の大詰めをしていく姿が描かれていました。最終の聖火ランナーを誰にするか、楽譜も無い国歌を電話で採譜し、その国の選手も驚くほど完璧に演奏したシーン等、今回も楽しく拝見しました。最後は開会式前日になり、天気予報だと雨になると言っていますが、度々登場するバーのママの迷?占いだとどう出るか?で次回予告でした。

 

50代以上男性

市川がオリンピックの記録映画の監督になった。三谷監督が市川の真似をしてタバコをくわえながら片手を顔に添える仕草が市川の特徴をよく捉えていて笑えた。 開会式まで6ケ月になりポスター第4段ができた。田畑の家に岩田が来た。岩田は聖火リレーの最終走者広島の原爆投下の日に生まれた坂井という早大生の青年を推薦する。田畑も平和の祭典にふさわしいと言う。田畑は早稲田大の坂井に会いに行きお臨費食う代表に漏れた坂井を激励する。坂井自身も代表オチで落胆していたので良い話だと思う。 しかし聖火リレーは9月6日に沖縄から出発の予定だったが、アメリカの許可がまだだった。しかもアメリカに忖度する組織委員会が坂井の起用に反対する。田畑はアメリカのオリンピックじゃないと言い組織委員会に乗り込む。東は又、来てくれ、席を用意すると言う。忖度ばかりの今の官僚や政治家は見習って欲しい話だ。 マスコミは坂井を持て囃し坂井に決まった。 田畑は沖縄に乗り込み日の丸を振って聖火を出迎えた。10月9日、全国4つのルートを経た聖火が皇居前で集まった。坂井は涙を流しながら聖火リレーの予行演習をしていた。田畑の情熱には頭が下がる。

 

 

>>>『U-NEXT』の31日間無料トライアルはこちら

 

いだてん 最終回を見逃した人は、

『いだてん』を1話からまとめて視聴できる『U-NEXT』がおススメです!

いつまで”31日間の無料トライアル”があるのか分からないので、見たいかたはお早めに~^^♪

これで連休の暇つぶしはバッチリです(笑)

 

 

>>>『U-NEXT』の31日間無料トライアルはこちら

 








いだてんの動画!最終回のあらすじを最後に

ドラマ『いだてん』最終回のあらすじを簡単に紹介します~!

1964年10月10日。念願の東京五輪開会式当日。田畑(阿部サダヲ)は国立競技場のスタンドに一人、感慨無量で立っていた。

そこへ足袋を履いた金栗(中村勘九郎)が現れ、聖火リレーへの未練をにじませる。最終走者の坂井(井之脇海)はプレッシャーの大きさに耐え兼ねていた。

ゲートが開き、日本のオリンピックの歩みを支えた懐かしい面々が集まってくる。そのころ志ん生(ビートたけし)は高座で「富久」を熱演していたー

いだてん 公式サイト引用

 

>>>『U-NEXT』の31日間無料トライアルはこちら

 

最後までお読みいただきありがとうございました^^

 

◆いだてん “全話”のネタバレまとめページはこちら↓

>>> いだてん “全話”の動画の視聴方法&ネタバレをチェック♪

 

※本ページの情報は2019年12月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。






タイトルとURLをコピーしました