イノセンス 最終回の動画10話も無料で見逃しフル視聴!冤罪弁護士

シェアする!!

坂口健太郎・川口春奈が主演のドラマ『イノセンス 冤罪弁護士』の最終回10話が放送されましたね!

このイノセンスの最終回10話の動画はフルで見逃し視聴できるの?と、気になって動画を探している人が多いようです。

なのでこのページでは安心して、イノセンス 最終回10話の動画を “見逃し視聴できるおススメの方法” やネタバレを紹介しています↓

>>>『Hulu』の2週間無料トライアルはこちら

違法にアップロードされた動画じゃないので、高画質でCMもないし “1話~ 全話まとめて” 視聴できますよ!

イノセンス 最終回の動画!10話の予告を紹介

ドラマ『イノセンス 冤罪弁護士』最終回10話の動画予告はこんな感じに!

イノセンス 最終回の動画!10話を無料でフル見逃し視聴するおススメの方法

ではドラマ『イノセンス 冤罪弁護士』最終回10話の動画を、フルで見逃し視聴できるおススメの方法を紹介します!

それは、イノセンスの放送が終わるたびに毎回、見逃し配信をしてくれている公式のサービス『Hulu』です!

『Hulu』には”2週間の無料トライアル”が付いててお得なので、

違法にアップロードされた動画を探さなくても安全に見逃し視聴できます!

>>>『Hulu』の2週間無料トライアルはこちら

無料期間中に登録して2週間以内に解約することもできるし、その場合でも、イノセンスの動画を1話からまとめて視聴できます!

もちろん『イノセンス』以外の現在放送中の最新ドラマや映画・海外ドラマも、時間が許す限り好きなだけ見れてしまいます!

ただ、“2週間の無料トライアル”はいつまでやっているのかわからないので、

イノセンスを安全にフル視聴したいなら早めに登録したほうが損しないです!

>>>『Hulu』の2週間無料トライアルはこちら

※Huluに登録したら検索窓から⇒「イノセンス」で検索してくださいね^^

イノセンス 最終回の動画!10話の予想

20代 女性 :

イノセンス 最終回の動画10話の予想は、最終回では、今回の事件と、11年前の事件のどちらも真相が明らかにされていくと思います。

今回は2人目の被害者の死亡推定日がずれている可能性を法廷で指摘するも、

検察側からは黒川先生が11年前の事件にこだわっていることを理由に検証も証人も否定されてしまいました。

なので最終回では、11年前の事件を気にしつつも、まずは目の前の捜査に本腰入れていくんだろうと思います。

また、9話の最後で和倉先生が犯人らしき人に刺されてしまったので、その件で一旦逮捕して、法廷で真犯人であることを暴いていく流れなのかなと思います。

30代 女性 :

イノセンス 最終回の動画10話の予想は、9話の終盤、不審者が黒川を狙い、黒川をかばった和倉が刺されてしまう。

この不審者が捕まり、この不審者は、有馬が一連のストーカー事件の被害者のストーカーの1人ではないかと疑っていた者だったのではないか?

そして和倉を刺した犯人は、一連のストーカー事件、また11年前の事件に関しても自供するのではないか?

和倉を刺した恨み、11年前の事件の恨みから黒川は感情的になるが、11年前の事件の犯人として捕まり、

自殺してしまった幼馴染みの為にも真実を追及する為に事件と向き合っていくのではないか?

しかし検事である父親とこの一連の事件に関してぶつかり、黒川は今までの思い、本音を父親に訴えるのではないか?

30代 女性 :

イノセンス 最終回の動画10話の予想は、物語の終盤で楓が何者かに刺されてしまいました。

ここで真犯人が出てきて、11年前の幼なじみの事件や、今回の事件がどのような形で決着を迎えていくのでしょうか。

決別を宣言した秋保に再び協力関係が実現する事はあるのか。黒川の父は秋保を検察捜査の検証チームに招き入れています。

もし、真実が明らかになって、秋保は自分の妹が誰に殺されたのかわかった場合、検察の側としてこの事件は浅間が犯人で間違いないと結論づけるのか、

それとも科学者らしく真実は1つだけであると主張するのか、厳しい決断を強いられることになりそうです。

50代 女性 :

イノセンス 最終回の動画10話の予想は、和倉弁護士が、刺されてしまい、まさかそのまま亡くなるとは思えないので、きっと助かると思います。

そして、犯人が自首することによって、今回の事件で犯人とされていた富士田さんの冤罪をはらす方向で黒川弁護士は動くことでしょう。

さらに、その犯人が11年前の秋保さんの妹殺害事件の犯人であることも証明しようと、もう一度秋保さんに協力依頼するのではないかと思います。

黒川弁護士の気持ちを理解し、秋保さんも真犯人が現れたことできっと協力するはずですが、そこに最高級検事である黒川拓の父が立ちはだかりそうです。

検察のメンツにかけて、11年前の事件については、認めないつもりのようですから。

50代 女性 :

イノセンス 最終回の動画10話の予想は、秋保準教授は黒川拓の父親の元へ行きましたが、

そこには感情がなく、もはや彼自身はどこかへ行ってしまったように思えました。

しかし、黒川親子は目指しているところは同じだと信じたいです。

ただ、そのやり方が違うだけで、それをお互いが理解しあえていないように思います。

今回の事件の真犯人が最終回では明らかになりそうです。その真犯人が11年前の事件にも絡んでいるのかはよく分かりません。

もしかしたら、全く別の犯人がいるのかもしれませんし、別の展開も十分にあり得ます。

楓の容態が非常に気になるところですが、もう彼女は今回の事件に関して協力することはできないでしょう。

30代 男性 :

イノセンス 最終回の動画10話の予想は、楓を刺した犯人が自主して拓を弁護士として指名するのは、

11年前の事件と今回の事件を起こした人物で、今回の事件で罪を被せたのに富士田の犯行でないと拓が解き明かしそうになった事で、

どんな人間かを確認したくなっただめで、犯人は意外にも接見に現れた拓が真実に近付けていないと分かりガッカリして、

わざと事件の詳細を語り真犯人と告白して挑発、証拠が無く、浅間が犯人と判決が出ているのでもう覆らないと

拓を見て嘲笑い、拓が衝立を叩き怒り狂るのを、犯人が弁護士が脅迫すると騒ぎ立て追い詰める気がします。

また、11年前の秋保の妹事件が浅間ではない可能性に気付いた当時事件を担当した検事が汚点が付かないように、

再審を計画する拓たちの行動を止めるため、弁護士事務所を企業法務で脱税を指南したと強制捜査に入り業務停止状態に追い込み、

検察の暴挙と事務所所長の別府に登別、湯布院たちが立ち上がり、拓を筆頭に事件解明に立ち上がり、

検察でも真相を明らかにするために検察官の真が秋保に証拠品の化学的な検証をさせて、検察内の腐敗を一掃する行動に出ると考えています。

>>>『Hulu』の2週間無料トライアルはこちら

イノセンス 最終回の動画!10話の見所はどこ?

20代 女性 :

イノセンス 最終回の動画10話の見どころは、今回の事件で、黒川先生と秋保教授の考えの違いから対立してしまいもう黒川先生に協力しないと言っていたのですが、

黒川先生が真実に近づくことで秋保教授が考え直し、また協力してくれると嬉しいなと思います。

そして警察の下請け機関のようなところに入るのはやめてほしいです!

また、8話のときには、事件の真相を見抜いていたにも関わらず再審請求が通らなかったので、

最終回で、すでに自殺してしまっている黒川先生の幼なじみの無実を証明することができるのか、開かずの扉が開くのか、期待して観たいと思います。

黒川先生の幼なじみが戻ってくることはありませんが、せめて名誉の回復だけはしてほしいです!

30代 女性 :

イノセンス 最終回の動画10話の見どころは、黒川をかばった和倉は果たして助かるのか?

そしてなぜ黒川は狙われたのか、11年前の事件と関係しているのかが見どころ。

事件の真相を知る為にずっと協力してくれていた秋保准教授から、もう実験には協力しないと言われ、

秋保准教授の協力なしに黒川は真実を探しだすことが出来るのか?

一連のストーカー事件、11年前の事件に関して真相を追及するうえで父親と対立し、

どんな思いを黒川は父親に伝えるのか、親子の関係は亀裂が入ったままなのか、お互い認め合うことが出来るのかも楽しみのひとつ。

黒川は感情的になり、犯人への恨みが強すぎて果たして弁護は出来るのかも見どころ。

30代 女性 :

イノセンス 最終回の動画10話の見どころは、刺された楓が一体どうなってしまうのかというのがまず最初に気になります。

黒川は弁護士でありながら自分にとって都合の良い真実を求めてしまっている面があります。

しかし、それが証明される可能性も大いにあります。同時にその時黒川父は重大な冤罪を生んでしまったことが、証明されてしまうことにもなりかねません。

そうなった時黒川父は息子のやることを全力で潰しに来る気配が漂っています。

真実を追求する情熱が勝つのか、それともその情熱が強大な権力の前に屈してしまうのか、それぞれの立場で攻防や葛藤が見られそうです。

1番大切なことは何なのか最終回で見られることを期待しています。

50代 女性 :

イノセンス 最終回の動画10話の見どころは、まずは、落ち込んでいた黒川弁護士が、和倉弁護士が刺されたことで目を覚まし、

再び信念をもって富士田さんの冤罪をはらそうとするところでしょう。

さらに、事務所のことを常に心配していた別府さんも、黒川の味方になり、

事務所あげて11年前の冤罪事件の被害者である浅間さん無実を証明するために尽力することと思います。

検察の意地にかけて、過去の冤罪を封じ込めようとしていた黒川真検事は、最終的には拓の熱意と秋保さんの検証により、認めてくれることに期待したいです。

あとは、拓のママが和倉弁護士のことを気に入ってたので、二人の関係にも少し進展があるなど、ハッピーエンドで終わるといいなぁと思います。

50代 女性 :

イノセンス 最終回の動画10話の見どころは、今回の事件の真犯人と、11年前の事件は冤罪事件で、これもまた真犯人が現れるのかが見どころだと思います。

そして楓が大変なことになっていますが、彼女の容態と黒川拓との今後の関係も気になるところです。

できればスッキリとした感じで終わってほしいものですが、どのような結末になったとしても、ハッピーエンドにはならないのだと思います。

黒川親子の確執や法律事務所の行方も気になるところです。

黒川拓を襲ったのは誰なのかも気になりますし、それが真犯人なのか、誰かの命令でやったことなのかも気になります。

いろいろなことが途中で終わってしまっているので、やはり最終回を観ないと、本当の結末はわかりません。

30代 男性 :

イノセンス 最終回の動画10話の見どころは、冤罪と思っている弁護士の拓と、拓の父親の真からの依頼を引き受けた

秋保の所属する検察側のどんな風に対峙するのか、また秋保の内に秘めた思いは本当に拓と対立しているのか、

または秋保は検察内に入り込んで11年前の事件の詳細な事実を見つけるためなのかと色々な思惑が感じられる部分が楽しみです。

拓が弁護士となった時から、父親で検察官の真との対立が11年前と今回の事件の真相によって、

修復へと向かうのか、冤罪を生んだ事に対して真はどのように思い考えているのか明かされる事を期待しています。

不安定になった拓を心配して、庇った事で刺されてしまった楓との関係は恋愛へと進むのかを期待して楽しみにしています。


◆イノセンス 冤罪弁護士 “全話”のネタバレまとめページはこちら↓

>>> イノセンス “全話”の動画の視聴方法&ネタバレをチェック♪

イノセンス 最終回の動画!10話までの感想

20代 女性 :

イノセンス 最終回の動画10話までの感想は、イノセンスはいつも1話完結なのですが、今回は解決まで行かなかったのでモヤモヤしました。

黒川先生のお母さんが事務所を訪ねてきて、たっぷり夕方まで居座って行ったのが面白かったです。

和倉先生に黒川先生の部屋を見せてもらったとき、「お父さんも拓を応援している」と言っていたのには驚きました。

以前和倉先生が夕食に同席したときにはとても険悪な雰囲気だったので、黒川先生のお父さんは黒川先生の生き方を否定しているんだと思っていました。

そして、黒川先生が和倉先生の腕を掴んだあのシーンは何だったんでしょうか?本当に結婚なんてことになったらびっくりです!

30代 女性 :

イノセンス 最終回の動画10話までの感想は、11年前に起きた、黒川の幼馴染みが犯人とされた事件に酷似した事件が起きる。

その容疑者の私選弁護士として、黒川が事件を担当することになる。

この容疑者が11年前の真犯人なのかもしれないと、接見の時に黒川は自分の感情を抑えられず、容疑者に問いただしてしまうシーンは少しハラハラもさせられた。

また、ずっと科学的証拠を掴む為に協力してくれていた秋保准教授は、検察側から新しく作られる機関のメンバーにならないかと打診され、

その結果黒川に対しもう実験には協力出来ないこと、そして11年前の事件の際の苦しみを涙ながらに訴えるシーンはとても印象的だった。

30代 女性 :

イノセンス 最終回の動画10話までの感想は、黒川は幼なじみの浅間大輔の11年前の事件の無実を信じて、

死後再審を考え奔走しますが、ハードルは決して低くはありません。

ここで入ってきた新たな事件は、その浅間の事件と関連をうかがわせるものでした。被害者の遺体の首筋の傷が、今回と11年前で酷似していたのです。

黒川は幼なじみの無実を晴らせるかもしれないと調べますが、妹殺されている秋保は逆に対立してしまいます。

秋保は自らを『科学者失格』としながらも、『浅間が犯人であった方が苦しまなくて済む』と言い切り、悲しみを持って黒川と対峙するのが印象的でした。

協力するのはこれが最後であると明言して、黒川と決別を宣言してしまうとでした。

50代 女性 :

イノセンス 最終回の動画10話までの感想は、秋保さんの気持ちが、いたいほどわかる。

今まで、黒川弁護士のため検証実験を協力してきたのは、警察のずさんな捜査や検証が納得できなかったからだったからなんだと。

黒川弁護士は、11年前、有罪判決で自殺してしまった幼なじみを信じて、冤罪をはらそうとしていたのだから。

秋保さんにとっては、真相なんかよりも、目の前の結末にすがりたい、妹を殺されたことで、憎む相手がほしい。

今回の事件で、そこが決定的に違っていたことが改めてはっきりした。とても悲しい思いが伝わってくる。

そして、まさかの和倉弁護士が真犯人に刺されるなんて!

黒川弁護士が、落ち込んでいたから、自分の身を守れなかったから、彼女が犠牲になってしまった。

なんか、黒川拓に腹が立ってきた。和倉さんという強い味方がいたのに…

もちろん、1番わるいのは真犯人なのだけれど、なんか納得がいかない思いがしました。

50代 女性 :

イノセンス 最終回の動画10話までの感想は、秋保準教授は黒川拓の父親から、検察庁での仕事の打診があった後から、急に態度が変わってしまいました。

秋保の妹の犯人が彼女の恋人であれ、他の誰かであっても、妹は帰っては来ません。

なので、秋保にとっては辛くて悔しい気持ちだけが今も残っているのだと思います。

黒川拓にとっては犯人だと言われている幼馴染みが、この事件で犯人にされ、それを無念に亡くなってしまったことを第一に考えています。

しかし、親族が亡くなったわけではなく、やはり考え方や気持の相違が出てきても仕方がないことだと思いました。

今回の事件をきっかけに、11年前の事件も大きく動いていくような気がします。

30代 男性 :

イノセンス 最終回の動画10話までの感想は、拓の母親の麗が突然、拓の勤めている弁護士事務所に訪れて挨拶と言いながら2時間もいた上に、

楓をすっかり気に入って結納にお色直しから孫の話を、拓も楓もいない所で話を進めるような行動が可笑しく、

拓のパラリーガルである城崎を見てお風呂で子どもが遊ぶアヒルと、好き勝手に例えて面白がる姿に爆笑しました。

拓が秋保の妹が殺害された事件で、容疑者となった浅間を慕っていた私情があることが分かり、秋保との事件の捉え方が全く違い、

そこの部分を上手くついたように拓の父親で検事の真は秋保を拓から引き離しにかかったように感じました。

麗の話からすると真は、息子の拓に厳しい言葉を放ちながらも心配している父親と思われる部分もあり、拓と同じように不器用な人物かなと思いました。

>>>『Hulu』の2週間無料トライアルはこちら

イノセンス 最終回の動画!10話【ネタバレ】← 紹介

ここからがドラマ『イノセンス 冤罪弁護士』最終回10話のネタバレになります!

拓を庇った楓

和倉楓は黒川拓を庇い、不審者に腹部を刺されてしまう。

犯人が離れる瞬間に爪で相手の顔を引っ掻く。

拓にその事を伝えようとするが、気を失い病院に運ばれる。

警察から事情を聴かれる拓は冷ややかな態度を取られて、さらに所長の別所長治からも今回の件が自己満足ではないかと怒りを買う。

楓に付き添っていた拓が手を握ると目が覚めて、「よかった」と安堵する。

目が覚めた楓は悪夢を見て、拓の机から大量の資料が雪崩れてきたと話す。

そして、「どうして手を握ってるんですか」と聞かれて、拓は動揺した。

新たな情報

事務所では拓達が富士田と京香のSNS上で繋がっている「KooZ」という人物の話題になる。

有馬聡子からの情報で、「KooZ」のページを見ると、「このマーク…」と拓は言った。

秋保恭一郎に報告に行った有馬は勾玉の傷が示す意味を彼は口にする。

「自分の所有物」の意味で、その場の雰囲気は重くなった。

富士田に接見した拓は11年前の話をする事になり、彼が当時の被告人である浅間の事に触れる。

「気持ち分かりますもん」と無実の人間が罪を疑われる過酷な心境に同情した。

拓は「僕が最後まで精一杯調べて戦います」と富士田に言う。

その頃、警察署に怪しい男性が警察官に近付き、今回の事件の犯人だと自首してきたのだった。

事務所に自首してきた人物の弁護士が現れて、早速示談交渉を行う。

容疑者は神津一成という男性で被害者が通っていた大学の職員だった。

神津と「KooZ」が似ている事を怪しんだ拓は相手の弁護士に「1つだけ条件があります」と言う。

その後、入院している楓の元を訪れて、「この男と面会します」と言い、拓は神津に接見する。

予期せぬ自供

神津に接見した拓は以前、東央大学に働いていた事を耳にした。

同席していた警察官が席を外すと「人間死ぬ時、あっさりです」と口にして、ゆっくり拓に近付く。

そして、「実は3人とも俺が殺したんです」といきなり自供をして、11年前の事件と今回の2件の事件の犯行を認めた。

怒りがこみ上げた拓はガラスを叩き、「そいつが殺人犯です」と同席していた警察官に訴えますが、神津は態度を急変させて否定する。

事務所に戻った拓は皆の声が耳に入らずに一目散に自らの机にある資料を手に取った。

「自白しました」と接見の時の話をして、資料を見る拓に城崎穂香が近付いて気持ちを落ち着かせる。

我に戻った拓は証拠がないと話をすると居合わせた有馬が「当時の捜査員」と口にした。

早速、拓と湯布院和人は当時、事件を担当していた草津に話を聞きに行く。

当時の捜査にミスはなかったと証言する草津に正当性を訴える拓達は「知っている事があれば教えて下さい」とお願いする。

テレビでは拓が再審請求をする事が報道されて、有馬も責任を負う覚悟を決めていた。

検察の強引な行動

自らの部屋で当時の資料を見る拓の元に城崎が現れて、「大変なんです」と口にする。

事務所には石和徳則の弁護士法違反をしたため、検察が捜索差押で乗り込んでいた

強引な検察のやり方に反発する拓達だったが、その時横浜地裁から封筒が届く。

内容を確認すると再審請求が棄却される事が目に入り、証拠品に吸い殻がなかったと書かれていた。

拓が急いでどこかに出掛けようとすると退院した楓と出会うが「すいません」と言って、事務所を後にする。

実家に戻って資料を見ていた拓は帰宅した父親の真に「あなたは卑怯です」と今回のやり方に不満を漏らす。

今回の仕業が真だと拓は怒りを露わにすると、そこに楓が駆け付けてきた。

拓の事を援護しながら彼の行動・考えを説明するが、傷が痛み出して顔を曇らせる。

急いで楓を介抱する拓に「私は知らなかった」と資料を手に取って、席を外す。

信用の出来ない主張する拓に楓は真が本当に知らなかったのではないかと問いかけた。

結束する事務所のメンバー

事務所では今後の方針が別所を中心に話し合われていた。

帰社した拓は責任を取って、事務所を辞めると伝えるが別所は応じない。

すると別所は「事務所の正当性を明らかにする」と11年前と今回の事件の冤罪を証明すると口にした。

そして、事務所のメンバーは結束して各人が行動に移る。

聞き込みを各人が行い、情報収集をする中で拓と楓は草津に会いに行く。

「本当に宜しいんですか」と尋ねて、3人は警察署に入っていった。

その後、拓は秋保の元を訪れて、「殺人犯は別にいました」と言い、当時の証拠品である吸い殻を出す。

「科学的検証を手伝って下さい」と伝えて、涙しながら「もう一度だけ力を貸して下さい」と頭を下げる。

その頃、真も上司に呼ばれて、拓の事を問われた。

真は「私なりに決着を着けます」と何か決意を固めた様子を見せる。

事務所に戻った拓は神津の経歴を見ていて、何かを思い付く。

始まった裁判

裁判が始まり、今回の事件と11年前の事件が似ていて共通点があり、第三者による犯行が高いと拓は口にする。

さらに今回の事件の証拠品である吸い殻と11年前の事件の吸い殻を出した。

神奈川県警内に残されていた証拠品であると明らかにして、秋保が登場する。

彼は吸い殻が同一人物のDNAであり、楓の爪に残った皮膚片から犯人を特定した。

検察は偽りの証拠品と疑うが、秋保も検察の証拠品が意図的に偽装工作されている事もあると話す。

そして、検察のやり方を批判して、拓にメッセージを送り証言台を後にする。

秋保と入れ替わり、神津が証言台に立ち、真も傍聴席に姿を現せた。

拓は証拠映像を流して、複数の監視カメラに神津に映っていた事や被害者と一緒にいた事を口にして、今回の件と11年前の事件について説明するように言葉を掛ける。

すると「できませんけど…」と言い始めて、自らが3人を殺した事を認めて、警察を試していたと衝撃の言葉を口にした。

計画的に綿密な犯行だったと詳細を明らかにして、笑いながら話をする。

そして、秋保を挑発するような発言をして、検察を非難する。

「神津一成、35歳…」と拓は彼の経歴を話始めて、過去に痴漢で逮捕されている事を明かした。

さらに被害者の女性と会い、嘘だったと聞き冤罪だった事を口にする。

拓の話に取り乱しながら「ふざけるな」と口にする神津に拓は彼への怒りを表す。

しかし、彼に「冤罪の苦しみをあなたは誰よりも分かっていたはずなのに」と声を掛けて、

「人として最後の最後までその心の痛みと向き合って下さい」と思いを伝えた。

傍聴席にいた真が「私から一言」と手を上げて、11年前の事件の事を話して、「心から謝罪をしたいと思います」と口にする。

今度は拓が話し始めて、「司法に絶望したくない」と口にして、冤罪は必ず晴らす事が出来ると伝えて、2つの事件の無罪を主張した。

前を向いて歩く拓達

裁判が終わり、「終わったな」と秋保が拓に声を掛けて、「スッキリしない」と拓は言う。

そして、「少なくとも俺は救われた」と秋保は自らの思いを拓に伝えて、笑顔を見せる。

真は再審請求をする事を決意して、自らの責任を取る事を決める。

事務所には刑事事件の依頼メールが大量に来ていて、別所は機嫌を悪くしていた。

石倉は刑事事件を勉強していたが、城崎は次の司法試験を受けるべく、さらに勉強を重ねる。

有馬は拓に取材に来ていたが、相変わらず受けてもらえなかった。

--- 以上、イノセンス 最終回10話のネタバレでした~! ---

イノセンス 最終回10話を見逃した人は、

『イノセンス』を1話からまとめて視聴できる『Hulu』がおススメです!

>>>『Hulu』の2週間無料トライアルはこちら

いつまで”2週間の無料トライアル”があるのか分からないので、見たいかたはお早めに~^^♪

これで連休の暇つぶしはバッチリです(笑)

イノセンス 最終回の動画!10話の感想まとめ

イノセンス 最終回10話の感想は、前回の話から2つの事件を検察は富士田が犯人だと断定していましたが、拓は秋保の協力を得て異なる結果を出します。

冤罪が晴らされると思いましたが、話の展開はそう簡単ではなかったです。

秋保はいつも冷静ですが、珍しく取り乱していました。彼も11年前の事件が拓と同様に引っかかっていたのです。

一時期、拓との仲が決裂したと思いましたが、無事戻り安心しました。

拓の持ってきた証拠を解析して、証言台で説明する姿はいつもの秋保でしたが、今回は少し違っています。

彼の強い思いを感じて、拓がそれに答えたように思えました。

今回の事件と11年前の事件の犯人である神津がいきなり現れますが、接見時や裁判中の豹変には驚きと怖さを感じました。

その姿に怒りを見せつつも、拓が彼に投げかけた言葉は素晴らしいです。

拓自身も今回の裁判で幼馴染の冤罪を晴らす事が出来て、良かったと思います。

さらに父親の真が傍聴席で謝罪して、再審請求をする行動も彼なりに責任を感じているのでしょう。

冤罪というテーマで今作のドラマは様々な展開がありましたが、あってはならぬことだと感じました。

正しい判断で裁判が行われてほしいと思います。出来れば、犯罪のない社会である事を願っています。

また、続編で拓と楓がコンビで活躍する姿が見れる事を期待しています。

>>>『Hulu』の2週間無料トライアルはこちら

イノセンス 最終回の動画!10話のあらすじを最後に

ドラマ『イノセンス 冤罪弁護士』最終回10話のあらすじを簡単に紹介します~!

謎の男から拓(坂口健太郎)をかばい刺された楓(川口春奈)。

一方、聡子(市川実日子)は、殺された京香と殺人を疑われている富士田(坂本真)のSNS上の共通の“友達”である『KooZ』という人物が、

11年前に殺された彩花と自殺した浅間(鈴之助)の両方のブログにもコメントを残していることに注目していた。

『KooZ』のSNSの画像に被害者の傷と同じ形“勾玉”の模様があるのを見た秋保(藤木直人)は、

勾玉が英語で所有を表す「’(アポストロフィ)」に似ていることから「被害者は自分の所有物だ」という犯人の主張かもしれないと推測。

そんな中、楓を刺したという男・神津一成(武田真治)が自首をする!

拓は、神津が京香の通う大学の職員だということと、『こうづ』が『KooZ』に似ていることが単なる偶然ではないと感じ、接見を願い出る。

翌日、接見室での何気ない会話に11年前の事件との関係を匂わせる神津は、立会いの警察官が席を外した隙を狙い、

今回の2件と11年前の事件で被害者を殺したのは自分だと拓に囁く…!!

証拠がないため真犯人を前に何もできないことに苛立つ拓は、11年前捜査に当たっていた元刑事・草津(佐藤B作)に会い、

現場の遺留品だった煙草の吸殻が、浅間が喫煙者でなかったために証拠として採用されなかったことを知る。

地裁に対し証拠品の開示と再審請求に踏み出す拓だが、そんな矢先検察が想定外の暴挙にでる!!

果たして閉ざされた真実への扉は開くのか!?それぞれの思いを胸に真実に迫る衝撃と感動の最終回!!

イノセンス 公式サイト引用

>>>『Hulu』の2週間無料トライアルはこちら

最後までお読みいただきありがとうございました^^

◆イノセンス 冤罪弁護士 “全話”のネタバレまとめページはこちら↓

>>> イノセンス “全話”の動画の視聴方法&ネタバレをチェック♪

※本ページの情報は2019年3月時点のものです。最新の配信状況はHuluサイトにてご確認ください。

シェアする!!