眞子様のアヒル口は下品?小室圭とデート画像は

シェアする!!

今最も注目されている皇族のお一人が眞子様です。世間では眞子様のアヒル口は下品と言われているそうですが、本当でしょうか?

また週刊誌などでも紙面を賑わせている小室圭さんとのデートの画像はあるのでしょうか?

眞子様のアヒル口は下品なのか?小室圭さんとのデート画像はどうなのか?お二人のご婚約はどうなるのか、

その行方もさることながら、眞子様についてなんだか色々と気になることが出てきました。早速調べていきたいと思います!

Sponsored Link
 

眞子様のアヒル口が下品と言われる理由は

そもそもアヒル口とは何かというと、口角をあげ、唇をややすぼめた形がアヒルのくちばしに似ているといったところからこの名前が付きました。

中には元からアヒル口の芸能人はいたらしく、酒井法子さんは自然なアヒル口の持ち主であったらしいですが、

酒井さんの時代にはまだ「アヒル口=可愛い」というイメージはついていなかったよう。

それが可愛さ、キュートさの代名詞といわれるようになったのは、鈴木亜美さんからのようです。最近では板野友美さんもアヒル口とよく言われているとか。

これがなぜ下品と言われてしまうかというと、可愛らしさの中に「あざとさ」や「ぶりっこ」というイメージを抱いてしまうからのようです。

鈴木亜美さんや板野友美さんのアヒル口を見たところで、眞子様のお写真を拝見すると…確かにアヒル口です!

口を閉じているときにきゅっと口角に力を入れて微笑まれているお写真が多いですね。

この微笑み方がアヒル口=可愛く見せようとしているといったところから、下品だなどと言われてしまっているようです。

しかし、「下品」というのは程遠いように思えますが、いかがでしょうか?

眞子様のアヒル口は天然なの?

アヒル口は、天然というか自然にその形になっている人と、わざとそのような形にしようとしている人もいるらしいです。

中には整形によってアヒル口になろうとしている人もいるという噂もあります。

眞子様の場合はどうでしょうか?幼いころの笑顔の写真と、現在の笑顔の写真を比べてみましょう。

幼いころの眞子様は今より口角は上がってはいませんが、唇の形は厚みがあって今と変わりがないように見えます。

上唇に厚みがあると、Мのような形が際立って、アヒルのくちばしのようにすぼめたように見えるのかもしれません。元々アヒル口の要素を持たれた口元のように見えますね。

そして皇族というお立場の眞子様は、どんな状況でも微笑を絶やしてはならないというお気持ちが、きゅっと上がった口角に表れているのではないでしょうか?

というわけで、結論として天然か、わざとかは判定できませんが、口の形がアヒル口に見えやすいと思われます。

Sponsored Link
 

眞子様と小室圭のデート目撃情報は

そもそも皇室の方って、どこでデートしているのか、気になりますよね。

眞子様と小室圭さんのデート情報として、最も話題になったのは、2016年10月の週刊誌報道でした。

なんと電車に乗っている二人の写真が挙げられたのですね。

眞子様、普通に電車に乗るんだ

しかも彼氏と二人でいるんだ

と当時世間をざわつかせたのを覚えています。しかもその時のお二人はペアリングとペアブレスレット!

当時の報道によると

「次は、マーちゃんの携帯も見せてよ」男性が親しげに、女性の充電中のスマートフォンを覗き込むと、

「ブサイクだから、やだぁ~」 女性は嫌がってみせるが、その表情からは本気ではないことがわかる─。

何ともラブラブなご様子です。

さらにはその時の眞子様のワンピースはユニクロではないかと言った人もいたようです。ユニクロにペアのアクセサリー…。

周りにいる若者と何ら変わりがないデート風景ですね。

デート中の皇族方と人知れずすれ違っているのかもしれないと思うとドキドキします。最も週刊誌の報道があってからは、お二人は外でのデートをされてはいなかったようです。

眞子様と小室圭の現在の関係は

眞子様と小室圭さん、お二人の今現在の関係はとても複雑です。平成29年9月にお二人は婚約内定の会見をしました。

本来であれば翌年の3月に納采の儀、そしてその年の11月に帝国ホテルにて盛大な結婚式を挙げられ、眞子様は皇族の身分を離れることになるのですが、そこに暗雲が立ち込めます。

小室圭さんのお母様やご自身の、主に金銭をめぐる問題が浮上し、世間を大いに賑わせてしまったのです。

これを受けてか、宮内庁は平成30年2月に、二人のご婚約を2年延期するという発表をしました。

これは実はとても複雑です。そもそも小室圭さんと眞子様は、いまだ納采の儀を行っていません。

一般の人々の「婚約」に当たるのが「納采の儀」ならば、まだ婚約をしていない、お付き合いをしているという状態なんですね。

そして、2年延期されると発表された後、小室圭さんはなんとアメリカに留学してしまいます。

その留学期間は3年間ということは、2年後の婚約の約束には、間に合わないのではないかといった危惧があります。

さらには小室圭さんの母親の借金問題とは言え、トラブルはいまだに続いているにも関わらず「解決済み」という内容の文書を発表していたり、

はたまた3年間の高額な留学費用が、自身の資金ではなく自身の働く弁護士事務所や留学先の大学から賄われるといった、

一種特別の計らいに、今後もお二人から目が離せない状況のようです。

Sponsored Link
 

眞子様の大学時代のエピソード

さて、そんな話題の渦中の眞子様ですが、どんな学生時代をお過ごしだったのでしょうか?

眞子様は平成26年に国際基督教大学教養学部を卒業しました。卒業論文では日本神話を題材とした絵画をテーマとした論文をお書きになった眞子様。

美術に造詣の深い眞子様は、大学院をご卒業後、現在は東大が所蔵する学術標本などを展示している施設である、「インターメディアテク」で、働いていらっしゃいます。

そんな眞子様ですが、平成23年の東日本大震災の折りには、身分を隠してボランティア活動をされていたというエピソードが残っています。

当時19歳の未成年でいらっしゃった眞子様でしたが、身分を明かさずに一人の大学生として被災地に行かれたことがあったそうです。

名前も「まこしー」と名乗られていたそうで、子供たちは「まこしー」お姉ちゃんにとてもなついていたとか。

メディアの報道を通して、震災の状況について理解したように思っておりましたけれども、

実際に行ってみないとわからないことがあると実感いたしました。

と後におっしゃっていた眞子様。身をもって被災地の状況を体験されたことは良い経験になっているのでしょうね。

眞子様が世間知らずと言われる理由

今回の小室圭さんとの婚約問題での報道を見ていると、眞子様が「世間知らず」であるとの見方をしている人がとても多いです。

その理由としては「あれほどの報道がなされたのに、未だに小室圭さんへのお気持ちが残っている」ように見えることではないでしょうか?

真偽のほどはどうあれ、仮に結婚を考えようという相手が、定職についていない、もしくは低収入である(一部報道ではアルバイトとの噂も)、借金持ちである、

家系に自殺者が多い(父、祖父に加えて祖母の噂もありました)という話を聞いたら、婚約を破棄する理由としては十分だと思います。

しかし、未だに決断する様子もなく、一説にはご両親である秋篠宮両殿下とも頑なにその話題を避けているとか。

加えて眞子様は、将来皇位を継ぐであろう悠仁さまのお姉さまであるという立場を考えると、お相手を選ぶ際には、品位を保つことや、将来の行く末も熟慮してから決断すべきなのに、

ご自分の気持ちのままに進んでしまっているように思えます。

巷では小室圭さんが「2カ月で食費2万円」という内容の本を買われたそうなのですが、そのような質素な生活が果たして本当にできるのでしょうか?疑問ですね。

Sponsored Link
 

眞子様の影武者説が浮上した理由は

皇室では「影武者疑惑」というのが事欠かないようで、「皇室 影武者」と検索するだけで、出るわ出るわそのヒット数約16万件もありました。

愛子さまや美智子皇后陛下に加えて、眞子様も多数疑惑が述べられているようです。

検証サイトをのぞいてみると、曰く「首の長さが違う」「口元が違う」「目が違う」「偽物は下品」などなど。確かにある一瞬を切り取った写真を見ると、

なんとなく違うようには思われますが、どうなんでしょうか?

例えばこの写真の比較を見てみます。

比べてみてみると、口元、鼻、頬のふっくら具合がなんとなく違うような気がします。

でも、よく見て下さい、日付は2年違います。2年で体重が増減することはよくあるでしょうし、メイク方法も、

何より写真の撮られ方で別人のように写ることなどよくあると思います。判定不能ですね。

もし、本当に影武者を用意していたとしたら、それ相当の理由があるでしょうし、世間に正解が出てくることは全くないでしょう。

眞子様の経歴・プロフィール

眞子さまは平成3年10月23日に、天皇陛下の次男、秋篠宮殿下の長女としてお生まれになりました。天皇陛下の最初の孫にあたります。

ご兄弟に妹の佳子さま、弟の悠仁さまがいます。

学習院に初等科~高等科までご在籍、大学は国際基督教大学教養学部アーツ・サイエンス学科にご入学。

同大学をご卒業後はイギリスのレスター大学大学院博物館学研究科に入学し、平成27年9月にその過程を終えられています。

ご卒業後は「インターメディアテク」という博物館の客員研究員として勤務される傍ら、ご公務を続けています。

眞子様と言えば3歳と幼いころ、葉山の御用邸近くの海で海蛇を見つけた際、

「あっちまで行ったら海蛇がいるよね、お父さま。」

と、父親である秋篠宮殿下にしきりに訪ねていた様子が、可愛らしいと評判になり「海蛇の姫様」などと称されたようです。

まとめ

眞子様と小室圭さんの婚約問題について、世間ではまだまだその行方が話題にならない日はないほどです。

眞子様について「下品」や「世間知らず」なんて批判も多々あるようですが、

その根幹には幼いころから自分の子のように見守ってきた人々の「幸せになって欲しい」という願いがあるからに思えます。

平成の時代もまもなく終わり、新しい令和の時代を迎える今、眞子様にとってどのような将来が待っているのでしょうか。

願わくば誰からも祝福される、幸せな生活を送って頂きたいと思えてなりません。

Sponsored Link
 

シェアする!!