集団左遷の動画!7話も見逃し配信で無料視聴する方法

シェアする!!

ついに第2章!ドラマ『集団左遷』の7話が放送されましたね!

この集団左遷の7話の動画はフルで見逃し視聴できるの?と、気になって動画を探している人が多いようです。

なのでこのページでは安心して、集団左遷 7話の動画を “見逃し視聴できるおススメの方法” やネタバレを紹介しています↓

>>>『Paravi』の31日間無料体験!はこちら

違法にアップロードされた動画じゃないので、高画質でCMもないし “1話~ 全話まとめて” 視聴できますよ!


集団左遷の動画!7話の予告を紹介

ドラマ『集団左遷』7話の動画予告はこんな感じに!

集団左遷の動画!7話を無料でフル見逃し視聴するおススメの方法

ではドラマ『集団左遷』7話の動画を、フルで見逃し視聴できるおススメの方法を紹介します!

それは、集団左遷の放送が終わるたびに毎回、見逃し配信をしてくれている公式のサービス『Paravi(パラビ)』です!

  

『Paravi』には”31日間の無料体験”が付いててお得なので、


違法にアップロードされた動画を探さなくても安全に見逃し視聴できます!

>>>『Paravi』の31日間無料体験!はこちら

無料期間中に登録して31日以内に解約することもできるし、その場合でも、集団左遷の動画を1話からまとめて視聴できます!

もちろん『集団左遷』以外の現在放送中の最新ドラマや映画・海外ドラマも、時間が許す限り好きなだけ見れてしまいます!

  

ただ、“31日間の無料体験”はいつまでやっているのかわからないので、


集団左遷を安全にフル視聴したいなら早めに登録したほうが損しないです!

>>>『Paravi』の31日間無料体験!はこちら

※Paravi(パラビ)に登録したら検索窓から⇒「集団左遷」で検索してくださいね^^


集団左遷の動画!7話の予想

20代 女性 :

集団左遷の動画 7話の予想は、マルハシホールディングスのダニエルCEOは、横山の差し金のせいで無実の罪に問われて逮捕されたんじゃないかなと思いました。

マルハシホールディングスは業績が低迷していたということなので、横山は自社の店舗数を減らすだけじゃなく、今度は融資先を革命することを始めたんじゃないかと考えました。

マルハシ再建の緊急プランまで出すそうだけど、お客様の気持ちを考えていない、銀行員としてのプライドを捨てたもののような気がしてなりません。

片岡はこの件に関して調査を始めるそうだけど、そこでもまた横山の陰湿な邪魔が始まりそうな予感がします。

40代 女性 :

集団左遷の動画 7話の予想は、本部へと異動した片岡は、また新たな問題を抱えて奔走しそうです。どこへ配属されても走る場面は切り離せそうにない片岡です。

別の職場にはなっても、蒲田支店の行員たちとの繋がりは保てそうです。特に、片岡の良き片腕となってくれていた真山とは、これからも関係が続くことでしょう。

本部にいることで、より横山と近い距離になり、影響をもろに受けます。専務に昇格した横山はさらにその手腕を発揮して片岡に圧力をかけてきます。

マルハシホールディングスと関わる片岡が、真山との情報を絡めながら企業の実態を洗い出していくことになります。

30代 女性 :

集団左遷の動画 7話の予想は、福山雅治さんは、鎌田支店の支店長から本部の融資部へ異動して、更に大きな仕事へと取り組んでいくことになると思います。

そこでは、これまで以上に三上博史さんと対峙する機会が増え、何かとにらまれることも増えてしまうと思いますが、

本当に重大な危機に陥る前には、誰かが救いの手を差し伸べてくれて、そこには鎌田支店で一緒だった香川照之さんもその一人だと思います。

ただ、福山雅治さんは友達だと思っていた尾美としのりさんは、三上博史さん側についているので、裏切られてしまうのではないかと思います。

融資担当の上司である別所哲也さんが、福山雅治さんの味方なのか?敵なのか?7話だけでは、わかりづらいポジションだろうと思います。

30代 女性 :

集団左遷の動画 7話の予想は、蒲田支店が廃店となり、それぞれが異動して新天地で仕事をすることになりました。

片岡支店長は本部の融資部への異動となったわけですが、ここでまた新たな戦いがはじまりそうな予感です・・・。

本部には最後まで蒲田支店を廃店にしようとしていた横山常務取締役もいるし、同期で仲の良かった梅ちゃんも本部へ異動してきていて、

横山ともなにやら怪しい雰囲気だったし、また何かを企んでいるんだろうな、という予告でした。

ただ、本部に異動しても、片岡は片岡らしく銀行員である姿を見せてくれそうな様子だったので、7話以降も正義は勝つ!的な展開を楽しみにしています。

40代 女性 :

集団左遷の動画 7話の予想は、片岡が本部の融資部へ異動となり、総合百貨店マルハシ・ホールディングスの

ダニエル・バックCEOが会社資金を私的流用するというトラブルによって逮捕されるという事件に巻き込まれます。

そこで、専務に昇格した横山は、そのマルハシの社長を丸橋雄一郎会長として推薦するなどの再建プランを打ち立てるが、

日本橋支店に異動になった真山副店長と片岡は内密に協力して、横山専務と対立し、蒲田支店のときよりも激しく争うことになると思います。

真山副店長からのメールで、実はダニエルははめられたのではと疑う片岡は、

ダニエルが無実であることを証明できると思いますが、横山専務の再建プランが採用される気がします。

50代 男性 :

集団左遷の動画 7話の予想は、7話では、それぞれの銀行に配属された行員たちの活躍ぶりや、苦労する場面などが紹介されるのではないかと思います。

ここで気になるのが、支店長が本部の融資部に配属された点。専務に昇格した横山からの圧力により、

支店統括部部長に昇格した友人「うめちゃん」からの嫌がらせ行為などが始まるのでは、と予想しています。

立場にがんじがらめにされた人間たちの悪行ぶりが、またもやテンポよく展開されると予想。

また、ノイローゼ気味になった総務部の宿利さんは、まさかの自殺を図るのではないか、と少々心配もしています。

藤田頭取は辞めるんじゃないか、真山さんの入院中の妻が亡くなるのでは?と予想します。

>>>『Paravi』の31日間無料体験!はこちら

集団左遷の動画!7話の見所はどこ?

20代 女性 :

集団左遷の動画 7話の見どころは、今度は横山と片岡がどんなことで対決を繰り広げるのかがとても楽しみです。

横山は蒲田支店のみんなをクビにできなかったことを悔しく思っているだろうから、とことん片岡を嫌って攻めてきそうだなと思います。

その時に片岡がどうやって乗り越えるのかが気になります。また、元蒲田支店のメンバーが、これからも登場して片岡のことを助けてくれたらいいなと期待しています。

片岡の人柄がみんなの心を動かす熱いシーンが見たいなと思いました。

さらに、マルハシホールディングスの件が、横山が仕組んだことなのかどうかも気になりました。

横山が企んでいることの規模がかなり大きそうな気がしてワクワクします。

40代 女性 :

集団左遷の動画 7話の見どころは、何にでも全力投球の片岡が、苦難をどうやって切り抜けていくかが見ものです。

梅原が近くにいることが、吉と出るか凶とでるかにも注目していきたいです。

マルハシホールディングス関係の情報が真山の元へと入ることにより、真山はこれからも登場してくれそうで安心です。

今となっては、片岡にとっては女房役ともいえる真山と関わりを持つことで片岡にとって利益があることが見込めるからです。

銀行支店から、本部に舞台が変わり、仕事内容に変化が出たことでストーリーも後半を迎えて、良いターニングポイントとなりました。

少し危なげな行動をしていた宿利はどうしたの?と思いますが、新しい人間関係が出来ることも楽しみです。

30代 女性 :

集団左遷の動画 7話の見どころは、支店と本部というところから、本部内での派閥争いなどのようなものも見られて、

THE メガバンクという感じのシーンが増えると良いなと楽しみです。本部で取り扱う融資は、やはり支店とは違って、

かなり高額のものが多いと思うので、常務の三上博史さんのシーンも増えて、言葉は丁寧だけれども、

血も涙もないという感じの冷徹な専務ぶりが存分に見られるだろうと思います。

そして、7話のゲストの本田博太郎さんは、最近はオーバーアクションが多いので、かなりの”困ったちゃん”ぶりが観られて、

そんな人物に対しても真正面から向き合う一生懸命な福山雅治さんの姿が見られそうで楽しみです。

30代 女性 :

集団左遷の動画 7話の見どころは、7話のあらすじでは、ある百貨店の会社資金102億円の私的流用のニュースが飛び込み、

金融庁の立ち入り調査を控えて大わらわの中、横山専務が緊急再建プランを提出します。

そんな中、日本橋支店の副支店長になった真山のもとに告発メールが届きます。メールは真実なのか、

片岡は融資担当の常務の相談し、自ら調査しようと動きだすという展開になっています。

舞台が蒲田支店から本部へ移り、キャストも少し変化しますが、これからもトラブルに対してそれぞれに散らばった仲間たちと協力しながら、

問題解決に向けて奔走する片岡が見れそうで楽しみです。

40代 女性 :

集団左遷の動画 7話の見どころは、片岡が、新しく本部に異動になり、これまでの仲間たちと離れて活躍するシーンに期待をもっています。

本部では、片岡の友人である梅原が、横山専務側についていき、本部の中で片岡と共に行動する人が見つかるかが気になります。

第2章としてスタートする本部編でも新しい人物が多数登場すると思いますので、片岡との関係や敵・味方のどちらかなども気になり、楽しみが増えます。

そして、もうひとつ気になるのは、ダニエルについて告発メールを送って情報を与えた真山副店長が、

これからも片岡を援護する立場で登場する機会が増えたらいいなと思っています。

50代 男性 :

集団左遷の動画 7話の見どころは、立場を得たうめちゃんの心がすり減ってしまうのか、

それとも専務横山のように悪魔に心を売ってしまうのか、そのあたりをエグってほしいですね。

また、片岡元支店長が融資部部付部長として、どのような仕事をするのか、協力者は登場するのか、上からの圧力はどのようなものになるのか、といった場面も期待したいところ。

日本橋支店副支店長となった真山さんの趣味であろう「お城のフィギュア」の数が増えていないか、その辺も楽しみにしています。

わが身可愛さで魂を悪魔に売る人間の愚かな部分、そして本来誰しもが持っている他者を労る愛について、ガッツリと描写してくれたらうれしいです。

◆集団左遷 “全話”のネタバレまとめページはこちら↓

>>> 集団左遷 “全話”の動画の視聴方法&ネタバレをチェック♪

集団左遷の動画!7話までの感想

20代 女性 :

集団左遷の動画 7話までの感想は、銀行員のプライドというものがとても崇高で感動しました。

融資を受けて来ることはだれでもできると思うけど、お客様の気持ちやその後の未来まで考えて行動できる蒲田支店のメンバーは、本当にいい人たちだなと感じました。

自分の左遷がかかっている状況で、あんなことができるのはとても素晴らしいと思います。

また、片岡が、ノルマ達成できなかったことに対して横山に、自分だけ処分ということじゃダメなのかと進言したことも嬉しかったです。

たった半年間だったけど、片岡の中では蒲田のみんながかけがえのない大切なバカになっていたんだなと感じました。

20代 女性 :

集団左遷の動画 7話までの感想は、国外へ逃亡しようとしていた三嶋社長を激しい揉み合いになりながらも取り押さえた片岡でした。

銀行員がそこまでやるか?というほどの派手なアクションでしたが、大損害を免れたことはホッとできました。

最後の融資話を客側の立場にたつことで白紙に戻し、あとたった一億を残して目標額に達成しないままに、本部から言い渡された期限を迎えてしまう蒲田支店でした。

結局、集団左遷とはならず、それぞれの異動先が決まった行員たちは嬉しそうでした。ただ引っかかることはあります。

雑誌掲載をきっかけに、存続を求める一般客が押し寄せたことがありましたが、その存在は無視ですか?と問いたいです。

30代 女性 :

集団左遷の動画 7話までの感想は、銀行マンとして「廃店にしない条件は”100億円”」と決められていたので、

三上博史さんが言うように「1円でも届かなければ廃店」というのが、もしかしたら銀行では普通なのかもしれませんが、

そこに市村正親さんが頭取として、見事な采配をしてくれたなと思いました。

多くの部下の前で、廃店のことを公言していた専務でもある三上博史さんのことも傷つけずに誉めたうえで、

支店長として鎌田支店のみんなと頑張ってきた福山雅治さんのことも認めて、誰も傷つけないというトップの判断は本当にすごいです。

『半沢直樹』のイメージもあり、銀行は本当に厳しいと感じていたので、市村正親さんの決断には拍手を送りたくなりました。

30代 女性 :

集団左遷の動画 7話までの感想は、まずは20億の詐欺事件に巻き込まれそうになり、体を押して空港で逃亡を食い止められ、ホッとしました。

いよいよ決算日が近づき、目標額まであと1億と届きそうなときに、1億の融資相手の工場の再建のおてつだいをすることを決め、

お客様の立場になって目標額まで届かないことを選択する様子は予想を裏切らずに見ることができました。

それでこそ、蒲田支店だ!!みたいな(笑)結局、目標額に届かず、蒲田支店の廃店が決まるものの、蒲田支店の努力が認められ、

全員が解雇ではなく異動になったときは、やっぱり努力はどんな形であれ報われる姿を見ることができて、うれしかったです。

40代 女性 :

集団左遷の動画 7話までの感想は、蒲田支店の存続を懸けて、片岡支店長をはじめ、仲間たちが頑張っている姿を見て、応援したくなるような気持ちで見ていました。

藤田頭取から紹介された精密工場の融資が達成できれば、蒲田支店のノルマ達成が決まるという大事な場面で、

実は精密工場は再建を望んでいたことで片岡支店長と滝川は悩みますが、お客様のためをモットーとする蒲田支店の皆さんが、

精密工場の再建をサポートするという決断をしたときは、すごく感動しました。

結局、ノルマは達成できずに蒲田支店は廃店になってしまうものの、全員が勤務地異動で新しい活躍の場を得られたことで、良い締め括りだったと思いました。

50代 男性 :

集団左遷の動画 7話までの感想は、廃業予定の町工場への融資予定額1億円を計上すれば100億円のノルマを達成!

というところまで来てからのハプニングは、さすがのテンポ良さを感じます。

町工場担当の行員が、廃業するにもかかわらず一生懸命に機会を磨く妻の姿を見て、「本当は廃業したくないのでは?」と気付く場面は、

AIでは到底不可能な人間力を見せつけられました。結果、蒲田支店の存続も可能だったのにもかかわらず、

1億円の融資ではなく工場が存続できるための人材3名を提供するという、なんとも温かい銀行の対応に感動します。

実際の銀行業務では、本当にここまでの温かい姿勢があるのかは疑問ですが。

自社の利益や個人の欲を優先するのではなく、利益をもたらしてくれる他者の幸せを願うという、「利他」の精神が見てとれました。

蒲田支店は残念ながら閉店となるものの、支店長と行員全員の再就職先は銀行だった、という内容は安心して観ることができましたね。

>>>『Paravi』の31日間無料体験!はこちら

集団左遷の動画!7話【ネタバレ】← 紹介

ここからがドラマ『集団左遷』7話のネタバレになります!

  

--- 以上、集団左遷 7話のネタバレでした~! ---

  

集団左遷 7話を見逃した人は、

『集団左遷』を1話からまとめて視聴できる『Paravi(パラビ)』がおススメです!


>>>『Paravi』の31日間無料体験!はこちら


いつまで”31日間の無料体験”があるのか分からないので、見たいかたはお早めに~^^♪

これで連休の暇つぶしはバッチリです(笑)


集団左遷の動画!7話の感想まとめ

集団左遷 7話の感想は、


>>>『Paravi』の31日間無料体験!はこちら


集団左遷の動画!7話のあらすじを最後に

ドラマ『集団左遷』7話のあらすじを簡単に紹介します~!

蒲田支店の廃店により、本部の融資部へ異動した片岡(福山雅治)。

落ち着く間もなく、全国展開する総合百貨店・マルハシホールディングスのダニエル・バックCEOが

会社資金102億円を私的流用した疑いで東京地検特捜部に逮捕される、という衝撃的なニュースが飛び込んでくる。

マルハシは4年前、アメリカの大手百貨店・ウィルマンズと合併したものの業績の低迷に喘いでいた。

金融庁の立ち入り検査を控えて大わらわの中、横山専務(三上博史)がマルハシ再建の緊急プランを提案する。

それは、ダニエルの解任及びウィルマンズとの合併解消、そして丸橋雄一郎会長(本田博太郎)を 再び社長に就任させるというものだった。

だがそんな折、日本橋支店の副支店長に就任した真山(香川照之)のもとに「ダニエルは丸橋会長にはめられた」という告発メールが届く。

果たしてメールは事実なのか。片岡は上司である融資担当の隅田常務(別所哲也)に相談し、自ら調査に乗り出そうとするが・・・。

集団左遷 公式サイト引用

>>>『Paravi』の31日間無料体験!はこちら

最後までお読みいただきありがとうございました^^

◆集団左遷 “全話”のネタバレまとめページはこちら↓

>>> 集団左遷 “全話”の動画の視聴方法&ネタバレをチェック♪

※本ページの情報は2019年6月時点のものです。最新の配信状況はParaviサイトにてご確認ください。

シェアする!!