ノーサイドゲームの動画!6話も無料で見逃しフル視聴する方法

大泉洋や西郷輝彦も出演のドラマ『ノーサイドゲーム』の6話が放送されましたね!

このノーサイドゲームの6話の動画はフルで見逃し視聴できるの?と、気になって動画を探している人が多いようです。

なのでこのページでは安心して、ノーサイドゲーム 6話の動画を “見逃し視聴できるおススメの方法” やネタバレを紹介しています↓

>>>『Paravi』の31日間無料体験!はこちら

違法にアップロードされた動画じゃないので、高画質でCMもないし、安全に “1話~ まとめて” 視聴できますよ!

ノーサイドゲームの動画!6話の予告を紹介

ドラマ『ノーサイドゲーム』6話の動画予告はこんな感じに!

ノーサイドゲームの動画!6話を無料でフル見逃し視聴するおススメの方法

ではドラマ『ノーサイドゲーム』6話の動画を、フルで見逃し視聴できるおススメの方法を紹介します!

それは、ノーサイドゲームの放送が終わるたびに毎回、見逃し配信をしてくれている公式のサービス『Paravi(パラビ)』です!

『Paravi』には”31日間の無料体験”が付いててお得なので、

違法にアップロードされた動画を探さなくても安全に見逃し視聴できます!

>>>『Paravi』の31日間無料体験!はこちら

無料期間中に登録して31日以内に解約することもできるし、その場合でも、ノーサイドゲームの動画を1話からまとめて視聴できます!

もちろん『ノーサイドゲーム』以外の現在放送中の最新ドラマや映画・海外ドラマも、時間が許す限り好きなだけ見れてしまいます!

ただ、“31日間の無料体験”はいつまでやっているのかわからないので、

ノーサイドゲームを安全にフル視聴したいなら早めに登録したほうが損しないです!

>>>『Paravi』の31日間無料体験!はこちら

※Paravi(パラビ)に登録したら検索窓から⇒「ノーサイドゲーム」で検索してくださいね^^

ノーサイドゲームの動画!6話の予想

20代 女性 :

ノーサイドゲームの動画 6話の予想は、滝川常務が、アストロズ廃部に向けての動きを加速させじわじわと君島を追い詰めていく。

そのため、新たな壁にぶつかることは間違い無いと思うが、君島のもつ底力や運の良さで、なんとかピンチを切り抜ける。

しかし、あの手この手で滝川常務が攻めてくるのは間違いないだろう。アストロズの選手たちは、

廃部になるかもしれないという現実を突きつけられモチベーションが下がってしまい、チームに活気がなくなってしまう。

そこで、今回、応援だけに留まっていた七尾に気持ちの変化が生まれ、アストロズに入部を決めたことで、

またチームに活気が生まれるのではないだろうか。

30代 女性 :

ノーサイドゲームの動画 6話の予想は、サイクロンズに惜しくも敗れてしまい、アストロズの存続はどうなってしまうのか、

また監督や選手が入れ替わってしまうのかなど不安な材料もあり滝川常務の神の一声で変化はあるのかがとても興味があります。

また、前職でもあった経営戦略室から本社に戻るオファーが届き君嶋も自分の出世の為にチャンスが舞い降りてきたのだが、

ラグビーに魅了されアストロズの選手たちに心を打たれた君嶋の決断はどういったことをするのか興味があります。

また、カザマ商事の買収で滝川常務が裏で何かを隠していたものがどうなっていくのか、更なる展開が楽しみでもあるので期待したいです。

そして、勧誘し続けてきた選手は入部することになるかも楽しみです。

30代 女性 :

ノーサイドゲームの動画 6話の予想は、6話では、トライが決まらなかったところで終わってしまったので、

ついにアストロズがなくなってしまうのか、というところが見どころだと思います。

また、大泉洋扮する主人公が最初の話の方では、本社に戻ることを最優先で考えていたので、今はチームの一員、

まさに家族のような結束が生まれてきたのでどうなってしまうのだろうというのが気になります。

また、会社の中で裏で何かが動いている感じがするので、誰が黒幕なのかが気になるところです。

そしてあの七尾さんがアストロズに合流してくれるのかで、今後のキーになってくると思う。

40代 女性 :

ノーサイドゲームの動画 6話の予想は、君嶋が本社に戻るかが焦点になりそうですが、そんなことよりも

ラグビー部が新生アストロズとして七尾を迎え入れ、劇的な戦力増強になることが期待されます。

社内政治には時間を割かず、ラグビー部の変貌に時間が割かれると思います。

1強15弱と言えども、16位から2位に躍進したラグビー部のその後に時間を割いていくように思います。

第5話の視聴率は上がったはずで、制作側は、チームのプレーが視聴者の期待に沿うことに気付き始めていると思います。

元々役員会議は下町ロケット、半沢直樹に比べ緩く、共感の得られないシーンだと気付いているはずです。

40代 女性 :

ノーサイドゲームの動画 6話の予想は、ようやくチームの雰囲気もよくなってきたものの、今回なんとしても勝ちたかった

試合に負けてしまったことで会社からは厳しい決断をせまられそうです。

GMとしてがんばっている主人公も会社の方針にはなかなか逆らえそうにありません。

いくらやる気や頑張る気があってもチームが解散してしまえばもうラグビー部をすることもできないので、今後どうなるのかが描かれるかと思います。

主人公の息子もラグビーにはまっており、親子の会話も楽しめそうです。

キーマンとなりそうなラグビー才能がある新入社員が入部するのかどうかこちらも気になります。

50代 男性 :

ノーサイドゲームの動画 6話の予想は、次回はおそらくカザマ商事をトキワ自動車が買収するのかどうか、

はたまた、滝川常務が新しい社長に就任するのかや、アストロズのジェネラルマネジャーを務める君島が府中工場から、

念願の本社に戻れれるのか否かが話題に上がってくると思います。

君島GMはアストロズをここまでのチームにしたのだから、上に頼べば本社に戻れるのだろうが、おそらくはラグビーの魅力に取りつかれ、

次こそはプラチナリーグでブラック サイクロンズを破って優勝したいとの思いの方が勝つのではないでしょうか?

あそこまで善戦すると、滝川常務もコストカットにばかり目を奪われるわけにはいかにでしょうから。

それに、決勝の秩父宮ラグビー場は満員でしたね。

>>>『Paravi』の31日間無料体験!はこちら

ノーサイドゲームの動画!6話の見所はどこ?

30代 女性 :

ノーサイドゲームの動画 6話の見どころは、優勝できなかったサイクロンズがいったいどうなってしまうのかが一番の見所だと思う。

優勝できなかったことが、滝川常務がサイクロンズ廃部に向けての動きが加速させるかとは思うが、

君島の底力を信じているので、どうにかこのピンチを切り抜けて欲しい。

君島の妻である真希が次回も君島に毒を吐きながらも、ピンチを切り抜けるアイディアをくれるのではないだろうか。

また、七尾がトキワ自動車に入社したことで、今回の試合を観て心を打つものがあったと思うので、きっとラグビー部に入部するだろう。

彼がアストロズにとってどういう作用をするのか注目したい。

30代 女性 :

ノーサイドゲームの動画 6話の見どころは、ユーモアのある君嶋GMの姿がどこかで出てこないかなと思っています。

5話までは霊長類最強の吉田沙保里選手がゲスト出演してくれてそこにタックルをするシーンがあったのですが、

そういったところが、次回でもあればいいなとは思っています。

また、君嶋GMと滝川常務との直接対決などはないのかということも楽しみでありますし、

最後は正義が勝つような展開かもしれないですが、それを裏切るようなこともあってもいいのかなとも感じました。

企業スポーツの本当の難しさも表して欲しいです。

30代 女性 :

ノーサイドゲームの動画 6話の見どころは、やはり、今まで頑なにラグビーチームへの加入を拒んできた七尾がこれからアストロズに入るか、

入らないのか、どのような影響を及ぼしてくるのかが、物語の大きな鍵になると思いますし、盛り上がりが違ってくると思います。

また滝川さんが敵なのか、味方なのか、果たしてどういった立場なのか、というのが楽しみなところです。

今回の佐々くんのように、今後サブの選手たちの活躍も楽しみなところです。

毎回米津玄氏さんの主題歌がどこで流れてくるんだろうということも楽しみのひとつです。

大泉洋さんと松たか子さんのやりとりもピリッとした中に優しさが溢れていて楽しみです。

40代 女性 :

ノーサイドゲームの動画 6話の見どころは、七尾の入部が楽しみです。第5話で観客で試合を分析している

彼の姿は非常に頼もしく、浜畑の後釜として頑張って欲しいです。

カザマの話は、トキワ常務とカザマ社長が大学同期という、君嶋と柴門と同じ間柄という共通点が話を面白くしてもらえるならして欲しいと思います。

手を組む2組の同期の違いにメスが入るとは思いますが、第5話での滝川常務とカザマ社長の宴席のやりとりを聞いていると、

大学時代はこれまた君嶋・柴門と同様に仲が良くなさそうだったので、面白くなるならその視点でかき回して欲しいですが、

視聴者は社内政治には飽きているので、見どころと言えるまではいかないと思います。

40代 女性 :

ノーサイドゲームの動画 6話の見どころは、今回ライバルとの試合におしいながらも、負けてしまったので、トキワでのラグビー部の存続自体が危ぶまれそうです。

会社の上役から本社に戻るようにいわれるシーンがあったので、主人公はようやく面白くなってきた

GMの仕事をやめて本社に戻ることになるのか、それともこのまま工場に残るのかが気になります。

選手たちともようやく親しくなってきて、信頼関係ができてきたのに、やはり経営難にはかてないのかと思ってしまいました。

ラグビー部のわくで採用となった新入社員が今回の試合を見て、入部してくれそうな気がします。

今までは断り続けられていましたが、貴重な戦力となりそうです。

50代 男性 :

ノーサイドゲームの動画 6話の見どころは、それは何といっても、トキワ自動車にいわゆる「ラグビー枠」で

入社した七尾とかいう、ラグビーのテクニックが物凄くあるといわれている社員の処遇でしょう。

アストロズがもう一歩のところまでブラック サイクロンズを追い込み、ノーサイドになったときに、

彼一人だけ意を決したような顔つきで立ち上がっていましたね。

思うに今まで封印してきたラグビーへの血と言いますか、思いがあそこで一気に内側から湧き出たのだと思います。

でも、彼がすんなりとチームに入れるとは思いません。入部するまでには一波乱も二波乱もあるでしょうね。

でも、最後は彼の熱意が勝ち君島GM(彼もラグビーの魅力に取りつかれた男だが)達と一緒にアストロズを支えていくメンバーになると思います。

そこに至るまでのプロセスを大変楽しみにしております。

◆ノーサイドゲーム “全話”のネタバレまとめページはこちら↓

>>> ノーサイドゲーム “全話”の動画の視聴方法&ネタバレをチェック♪

ノーサイドゲームの動画!6話までの感想

30代 女性 :

ノーサイドゲームの動画 6話までの感想は、試合には負けてしまったが、佐々の活躍できる場面があって、本当に良かった思う。

試合に出られなくても、人一倍コツコツと頑張っている姿に毎週エールを送っていたので…。

去年まで負け続けていたアストロズが、こんなにも勝ちにこだわり優勝まで目指せるようになったのは、

柴門監督と、君島の熱い思いがあったからこそであり、それが選手にも伝わったからだと思う。

優勝こそしなかったが、それがチームにとって選手にとってもいい経験になったのではないかと思うが、

チームの存続がかかっていたので、今後どうなってしまうのか心配である。

30代 女性 :

ノーサイドゲームの動画 6話までの感想は、チームの予算が圧倒的にも違うサイクロンとの一戦を控える中、

会社を含めどう戦略をぬっていくのかがとても楽しみでした。

ラグビーの素晴らしさである諦めない精神がいっぱいに込められていてとても清々しい気持ちになれました。

また、新たな練習の取り組みとして行われたタックルからの起き上がりをするシーンでは、レスリングを取り入れたりと柔軟な発想がとても面白く、

それでいて君嶋GMが吉田沙保里選手と一戦を交えるところがユーモアいっぱいで楽しめました。

最近では、面白いシーンが少なかったので一安心した気分です。最後は負けはしましたが、今後が楽しみになりました。

ラグビーの新たなルールを知ることも出来ましたし、ドラマでの最後のトライのシーンでは実際の日本代表が

南アフリカに対して諦めずにトライを取りに行き奪い取った歴史的なシーンを呼び起こすような感じがして、

あの瞬間は忘れてはいけないものだと再認識にもなりました。

30代 女性 :

ノーサイドゲームの動画 6話までの感想は、一番印象的に残ったのは、今まであまり活躍していなかった

佐々くんが後半のゲームの要隣、得意のスピードプレイで活躍できていたことに感動いたしました!

また後半にグッとくるところで米津玄氏さんの曲が流れてくるところでかなりウルウルきてしまいます!!

またアストロズとサイクロンズの合同会見はヒリヒリとしたシーンでありながら師弟対決というところも面白かったです。

またチーム自体の結束力が回を追っていくごとに良くなっていくので、その成長過程も見ていく側としてはグッとくる部分があります。

次の展開がどうなるか気になるところで5話は終わりました。

40代 女性 :

ノーサイドゲームの動画 6話までの感想は、ようやく心熱くなる演技を見ることができました。

サイクロンズ戦、予想通り苦戦したものの、今までのアストロズの集大成が出し切れていたと思います。

試合は残念ながら負けたものの、初戦以上に沢山の観客の前でプレーできた選手達は幸せだと思います。

また、ジュニアアストロズの存在も大きくなってきた感じがしました。

一方、最後、君嶋が観客席に座り込み「負けた」と言ったセリフは重さが足りないように感じました。

腑抜けになったのかもしれませんが、目標未達の責任は重いという冷酷さも演じて欲しかったです。

島本社長も同席していたわけですし。

40代 女性 :

ノーサイドゲームの動画 6話までの感想は、チームのみんなが勝ちたいという気持ちで一致団結し、目標にむかう姿勢は元気や勇気をもらいました。

ライバル相手の監督やマネージャーはいやみをいいますが、現実的ではないと感じてしまいました。

試合のシーンは迫力があり、ルールがよくわからないものの選手たちが奮闘している様子があつく描かれていて、よかったとも思います。

いつもは控えの選手がようやく試合にでることができ、しかも大活躍するシーンはとてもうれしかったです。

主人公の息子と合図を出し合うのもかっこよかったです。おしいところで試合に負けてしまい、とても残念でした。

50代 男性 :

ノーサイドゲームの動画 6話までの感想は、トキワ自動車のラグビーチームアストロズは決勝で圧倒的有利のサイクロンズに

今少しで勝てるところまで行けたのは、選手の頑張りもあるが、柴門監督の采配によるところが大きい。

チームスポーツは作戦次第で大きく結果が左右されるということで、監督、コーチの指導方針が如何に大切かを思い知らされました。

全体的にはサイクロンズが圧倒的にパワーがあり、強いが一つの動きから次に移るリロードとかいう速さに欠ける。

そこを見抜いて、攻撃を仕掛けた柴門監督はさすが大したものです。

そして「お前達は俺のラグビーの全てだ!」とちゃんと精神論も吹き込んでグランドに送り出した監督。

試合こそ僅差で負けたが、ある意味監督の勝利とも言えます。

>>>『Paravi』の31日間無料体験!はこちら

ノーサイドゲームの動画!6話【ネタバレ】← 紹介

ここからがドラマ『ノーサイドゲーム』6話のネタバレになります!

社長の進退をかけたアストロズ存続

結果的に、サイクロンズに負けた事によって、プラチナリーグ2位でシーズンを終えたアストロズだった。

打ち上げの場では、選手・スタッフ全員が気を落としている中、主人公が来年も頑張ろうと元気づける、

居酒屋の女将さんの強烈な可愛がり(張り手)もあり、選手は来年も頑張ろうと一致団結する。

そんな中、来年度のアストロズ存続に向けての役員会議が行われた、観客動員数も増加し成績も向上したものの、

年間14億円の費用が掛かるのに対して収入は5,000万前後に終わり廃部にするべきという意見が大勢を占める中、社長が自分の進退を掛ける事で来年度の予算が可決される事になった。

本当の意味でのラストチャンスの1年が始まりを向かえた。

そんな中、主人公の本社復帰の話が舞い込んでくる1か月以内に返事をすることを条件に出され、主人公は1か月でアストロズの道筋をつけると誓ったのだった。

日本蹴球協会との対決

収支改善の為には日本蹴球協会の改善が必要と考える主人公、近々連絡会があるので改善案をぶつけてみようと考えるが、

監督からはラグビー業界は強烈な縦社会だから上手くいかないと忠告を受ける、特に会長には気を付ける様に忠告を受けた。

そんな中での連絡会は噂の日本蹴球協会の会長が登場する、威圧感がたっぷりな姿と他の参加者の完全なる縦社会の対応見て二の足を踏む主人公だったが、

改善案を全員の前で提案すると一部のチームは賛同の意思を示すが、会長の意向に反しているといわれて他の参加者が尻尾を巻いてしまう、

やはり古い体制のラグビー業界は変わらないと途方にくれてしまう。

後日、滝川に呼び出され成績が向上したことや少しは収支が改善している事は認めるが、

GMとはなんの為にやっていると問われて自問自答してしまう主人公はますます苦境に立たされる展開になる。

本波涙の引退を決意

本社復帰をどうするか迫られる主人公、当初はアストロズをさっさと廃部にして本社に戻る事しか考えていなかった主人公が

ラグビーを好きなっていってる自分がいると気づき迷っていた。

そんな中、本波がチームの為に引退したいと言い出した、選手・スタッフの前でアストロズの為にチームの為に引退すると涙ながらに引退する思いを告げる、

チーム全体が今年こそは強くなってチーム全体で会社に恩返し出来る事を誓う事でチームの絆がさらに強くなった。

そして、主人公もついに決断した今まで仕事では必ず成果をあげてきたが、アストロズの去年の成績・収支は負けたに等しい必ず勝つ為に本社行きを断った、

茨の道の選択をする事を選んだ主人公だった。

恐妻の妻にその事を報告すると意外にも二つ返事で許してくれた、やるからには勝てと逆にエールをもらいやる気に満ち溢れた主人公だった。

ファン感謝祭の開催

収支は黒字にはならなかったが、昨年よりは確実にファンが増えているアストロズだった、そこでファン感謝祭を開催したいと主人公が提案を出す、

選手全体で準備を行い確実にファンが喜んでもらえる準備をしていく、主人公は自分の仕事だと言い日本蹴球協会に再度改善案をぶつけに行く、

しかし以前と同様の伝統を重んじるアマチュアスポーツだということで却下されるが、食らいつく化石の様な考え方でラグビーの発展はないと大見えを切る主人公だった、

何度却下されても何度でも改善案を提出するといい専務理事が苦い顔をして話し合いは終わりを迎えた。

そんな中できな臭い動きも動き出した、サイクロンズがファン感謝祭にアナリストを送りこみさらに裏でアストロズ潰しの作戦が暗躍している事を示唆したのだ。

七尾の鮮烈デビューの紅白戦

そんな中、岸和田選手の同期社員から主人公に風間商事に問題があるかもしれない情報提供があった。

以前タンカー事故がありその原因が風間商事のオイルに原因があるかもしれないという情報だった、

確かめる必要はあるが何故風間商事が買収を急いでいたのか線がつながっていく展開となる。

そして、アストロズのファン感謝祭が始まった、ファンの大勢が参加して選手達も喜んで参加していた、

メインイベントの紅白戦が始まった、レギュラー組対控え組という試合結果がわかりきっている闘いだと思ったが、見慣れない背番号10番が躍動しだす、

よく見ると誘われても入部を断っていた七尾選手だった、なんとラグビー部に加入しており紅白戦でデビューしたのだ、本場のニュージーランドでも活躍した選手ということもあり、

他の選手を圧倒する実力を披露した、特にドロップキックという超高難易度のキックを次々に決めて最後はなんと控え組がレギュラー組を倒すという快挙を成し遂げる。

まさにアストロズのレギュラー争いは戦国時代に突入した、そんな中サイクロンズが暗躍していた謎がとけた、アストロズ選手の引き抜き工作を裏で行っていた、

なんと浜畑選手に声かけていたのだ、果たして浜畑選手は移籍するのか気になる展開で話は終わった。

--- 以上、ノーサイドゲーム 6話のネタバレでした~! ---

ノーサイドゲーム 6話を見逃した人は、

『ノーサイドゲーム』を1話からまとめて視聴できる『Paravi(パラビ)』がおススメです!

>>>『Paravi』の31日間無料体験!はこちら

いつまで”31日間の無料体験”があるのか分からないので、見たいかたはお早めに~^^♪

これで連休の暇つぶしはバッチリです(笑)

ノーサイドゲームの動画!6話の感想まとめ

ノーサイドゲーム 6話の感想は、まずは、アストロズが廃部にならなくてよかったというのが第一印象です。

社長が進退を掛ける事になったアストロズですので、来年度は今年以上の成績は必須ですが収支をどうやって改善していくのだろうと思いながら番組を見ていました。

特に、日本蹴球協会の古い体制は本当に化石だと見ながら腹立たしかったです。

サラリーマンをしている男性には良くわかるだろうと思いながら見ていました。

経営層が古い考えの典型的なところだなと思いながら、主人公がどの様にして既得権益に立ち向かっていくのかに期待したいです。

又、ついに風間商事が何故買収を急いでいるのかが見えてきました、まだまだ闇が深そうなのでラグビーとは別の話ですが、トキワ自動車が騙されて買収しないかが気になりました。

そして何よりも、今回はついに七尾選手がアストロズに入った事が嬉しくて番組を見ていました。

経歴や経験は申し分無しの七尾選手がどの様な活躍を見せるかと思ったのですが、圧倒的実力に驚きました。

ドロップキックを連続で決めるあたり規格外だと思いこれで来年度は優勝間違いなしだなと思いましたが、なんとサイクロンズが浜畑選手を引き抜きに工作をしだしたので、

どこまでも汚いチームだなと思い怒りを覚えました。

浜畑選手が移籍するのか気になる展開で番組が終わりましたので、次週の展開が気になって仕方ないというのが感想になります。

>>>『Paravi』の31日間無料体験!はこちら

ノーサイドゲームの動画!6話のあらすじを最後に

ドラマ『ノーサイドゲーム』6話のあらすじを簡単に紹介します~!

サイクロンズ戦には敗れたもののプラチナリーグを2位という好成績で終えたアストロズ。

選手たちが喜ぶ中、GMの君嶋(大泉洋)は渋い顔だ。優勝という目標を達成できなかったうえに収支もほぼ改善していない。

来年度予算を承認してもらうため君嶋は役員会議に臨むが、全社的な予算圧縮を目論む滝川常務(上川隆也)から全否定されてしまう。

島本社長(西郷輝彦)のとりなしで辛くも予算は承認されたが、アストロズを取り巻く環境は厳しいままだった。

数日後、脇坂(石川禅)に呼び出された君嶋は経営戦略室に戻ってくるよう勧誘される。

脇坂は滝川常務と同期で、増大する滝川の勢いを削ぐために君嶋を手元に置きたいのだ。GMとして自信を失っている君嶋はこの誘いに揺れる。

自らの身の振り方に迷う君嶋だが、GMとしてできることをやろうと決める。やはりラグビー界全体が変わらない限り各チームの収支は改善しない。

君嶋は昨年同様GM会議の席上で改革案を提案する。すると、その席に日本蹴球協会会長・富永(橋幸夫)が現れ…。

ノーサイドゲーム 公式サイト引用

>>>『Paravi』の31日間無料体験!はこちら

最後までお読みいただきありがとうございました^^

◆ノーサイドゲーム “全話”のネタバレまとめページはこちら↓

>>> ノーサイドゲーム “全話”の動画の視聴方法&ネタバレをチェック♪

※本ページの情報は2019年8月時点のものです。最新の配信状況はParaviサイトにてご確認ください。