前田公輝はダイナーやハイアンドローで 何役だった?似てる芸能人は?

子役時代から芸能界で活動している前田公輝さん。あの芸能人に似てるって本当なのでしょうか?今年公開された映画“ダイナー”での役柄とは?








 

作品の原作に似てると話題になった“デスノート”や“ダイナー”での前田公輝さんの演技力は?

 

特技がアクションと空手というだけあり、数々の作品でその技が披露されているのも魅力の一つです。芸能生活20年以上のベテラン前田公輝さんについて今日は調べていきたいと思います!








前田公輝が似てると言われている芸能人は?

前田公輝さん、何やら色んな芸能人に似ているという噂があるんです!1人目は最近大人気の若手俳優・山田裕貴さん。二人とも若手俳優だけあってライバルでもあります。

 

個人的には、山田裕貴さんの方が顔立ちがはっきりしているように思います!ただ、似てる!と言われる雰囲気はなんとなく分かる気がします。

 

2人目は森山未来さん。最近はドラマなどではあまり見かけることも少なくなってしまいましたが、デビュー当時の「ウォーターボーイズ」に出演していた頃の森山未来さんに似てますよね!

 

笑った時の爽やかな笑顔もそっくりだと思います!そして、3人目は高橋一生さん。もう女性のファンが相当多いです。

 

私も高橋一生さんが格好良すぎてキャー!となっていた時期がありました(笑)あの笑顔が最高です!笑いジワがある人は性別関係なく素敵だな~羨ましいな~とさえ思います。

 

そんな高橋一生さんと前田公輝さん…噂通りならば似てると思うのですが、こればかりは圧倒的に個人の感想!3人の中ではやっぱり森山未来さんが一番似てるのではないかと思います!








前田公輝ダイナーに出演

2019年公開映画「Dinerダイナー」に出演中の前田公輝さん。一体どんな役柄なのでしょうか?

 

殺し屋専用のダイナーにウエイトレスとして雇われたオオバカナコ(玉城ティナさん)とダイナーの天才シェフで元殺し屋のボンベロ(藤原竜也さん)が送る迫力ある映画です。

 

前田公輝さんが演じるソロという役柄は、殺し屋ブロ(武田真治さん)の仲間、“ロス・チカーノズ”のメンバーでブロの子分という役どころ。

 

内容が内容なだけにちょっと怖そうな映画なのかしら…なんて思っているものの、難しい役柄でもすんなり役に入り込めるのは、さすがの芸歴の長さですよね!

 

6歳で芸能界デビューしていることもあり、現在まで出演ドラマがすでに50作を超えているという前田公輝さん!50作ともなれば、今まで色々な役柄にも挑戦してきていることと思います。

 

子役時代に培った経験が今の前田公輝さんの演技力に繋がっているんだと思います。業界からも圧倒的に評判が高い前田公輝さんの演技の高さには自信すらも感じられますよね!

前田公輝ハイアンドローに出演

「HIGH&LOW」かなり話題になりましたよね!EXILE TRIBEのメンバーと若手イケメン俳優が集結した総合プロジェクト映画。前田公輝さんもばっちり出演されていました!

 

ちなみに役名が“轟洋介”という役柄で、実家が裕福な設定。そのことが原因で不良生徒に恐喝され、これがキッカケで不良という存在を激しく見下し嫌っているという。

 

この作品の前田公輝さんは、今までの他の作品とはまた違った雰囲気があり、かなり役に染まっている感じです!なんでも、トレーニング施設を自宅に作り、自身を徹底的に鍛え上げ、圧倒的な強さを手に入れたというから驚きです!

 

そもそも、役のために自宅にトレーニング施設を作ってしまうあたりがもうプロの役者魂を感じますよね!HIGH&LOWは、当時からかなり話題になっていたので、私も絶対に観よう~と思いながらも未だに観ていないという…(笑)

 

どこを観てもきっとイケメンしか出演していないと思うので、イケメン大好きな方にはぜひぜひオススメの映画かもしれませんね!








前田公輝デスノートに出演

前田公輝さんの名前が幅広い世代に知られるようになり、知名度を上げたのは「デスノート」。“キラ対策室”のメンバーである松田桃太役を演じ、原作と似ていると話題になりました!

 

前田公輝さん自身も作品のファンで、自分に似ているのは髪型のおかげだと謙遜した上で、原作に忠実に再現するべく仕草などにこだわって演じたそうです!

 

デスノートは私も結構好きで観ていたのですが、まさか前田公輝さんが出演されていたとは!全く気付きませんでした。

 

自分が好きな作品に出演できることって役者をやっている以上嬉しいことですよね!なかなか個性的な役柄が多く存在するデスノート、その役にキャスティングされた前田公輝さんの演技には何か光るものがあるのでしょうね!








前田公輝の経歴

1997年、ホリプロ・インプルーブメント・アカデミー第1期生として入所。6歳で芸能界デビューを果たし、2003年~2006年までの3年間NHK教育テレビ「天才てれびくんMAX」のてれび戦士を務めました。

 

2003年にホリプロに入所し、ドラマや映画などに次々と出演されます。2008年には、映画「ひぐらしのなく頃に」で主演に大抜擢。初主演ということもあり、話題の作品になりました!

 

さらに、2010年「白虎隊ザ・アイドル」で初舞台にして初主演を演じあげました。前田公輝さんが“天てれ”のテレビ戦士であったことは有名な話。私も実は知っておりました!

 

というのも、私の母の知り合いが前田公輝さんのことを知っていて(知り合い?)、ごくせんに出演が決まったと報告を受けた時に過去に天テレに出ていた子…という経緯で存じあげました(笑)

 

まだ28歳という年齢ながら、20年以上も芸能界で活動している前田公輝さん。もうすでにベテランの域ですね!








前田公輝、俳優業

現在まで様々なドラマや映画に出演している前田公輝さんですが、子役時代の活躍と比べ、最近はかなり充実した俳優生活を送っていることが分かります!

 

出演する作品はほとんどが話題作でヒット作品なだけあって、以前とは比べものにならないくらい前田公輝さんの知名度もぐーんと右肩上がりです!

 

もちろん、まだ名前と顔が一致しない人もきっといるかと思いますが、ずば抜けた演技力でそこは十分カバーできちゃいます。

 

代表的なヒット作品として、2009年公開映画「ごくせんTHE MOVIE」や2011年ドラマ「花ざかりの君たちへ~イケメン☆パラダイス~」など有名な作品に次々と出演。

 

どちらもイケメン揃いの作品なので、正直、公開当時・放送当時は全く気付けず…(汗)右を見ても左を見てもイケメンしかいない撮影現場って…本当に羨ましい~!

 

とはいえ、私自身イケメンが苦手なので、いざイケメンの中にいたら絶対挙動不審になる!(笑)その他にもデスノートやHIGH&LOWシリーズなどにも立て続けに抜擢されている実力派俳優さんです!








前田公輝の子供時代は?

6歳で芸能界デビューをしてから、子役として少しずつドラマなどにも出演していた子供時代の前田公輝さん。幼い頃のやんちゃそうな笑顔がまた可愛くて、とっても愛嬌があります!

 

そんな前田公輝さんですが、あの国民的ドラマに大抜擢されていたんです!2001年にNHK教育ドラマ「さわやか3組」でいきなり主役に!

 

このドラマ知らない人がいないんじゃないかってくらい当時は放送されていましたよね!子供の頃の記憶ながら、私もはっきり覚えています!

 

確か小学校6年生の時に3組になって“さわやか3組~”と歌っていたような…(笑)このドラマは1987年から20年以上に渡って放送された教育ドラマで、前田公輝さんは第15期栃木県足利市編の主人公“村上晴夫”役を演じていました!

 

子供時代から主人公に抜擢されるということは、きっとその頃から他の人とは違う何か光る才能があったのでしょうね!








前田公輝の天てれ時代

2003年から3年間、「天才てれびくん」のてれび戦士として活躍していた過去が!番組では、てれび戦士3年目ともなるとMCを務めるまでに成長します!

 

さらに、3年間番組を引っ張ってきた前田公輝さんは当時、お兄ちゃん的存在で年下の子たちからも大人気で慕われていたようです!

 

ちなみにこのてれび戦士ですが、他にもウエンツ瑛士さんや生田斗真さんを輩出!天てれ出身の俳優さんや女優さんは結構多い気がします!

 

あれから時は流れ、2018年の前田公輝さんのインスタグラムで「天てれ会、朝までワイワイ」とコメント。飯田里穂さんやド・ランクザン望さん、バーンズ勇気さん、堀口美咲さん、伊倉愛美さんの6人でテーブルを囲み笑顔の写真をアップ。

 

今でも、メンバーの結婚を祝福したり定期的に集まったりしているようですよ!とっても仲良しで同窓会も開催しているのだとか。

 

月日が経っても変わらぬ友情は素敵なことです!そんな仲間がいるってことも心強いですね!

まとめ

まだあどけない子供時代から、現在ではもうすっかり大人の男性に成長した前田公輝さん。20年以上の芸歴とコツコツと培ってきた確かな実力が実を結び、様々な役柄に挑戦し続け

タイトルとURLをコピーしました