知らなくていいコト 動画!第3話を無料の見逃し配信でフル視聴

2020年01月22日 吉高由里子主演のドラマ『知らなくていいコト』の3話が放送されましたね!

 

この知らなくていいコト 3話の動画は 無料の見逃し配信でフル視聴できるの?と、気になって動画を探している人が多いようです。

 

なのでこのページでは安心して、知らなくていいコト 3話の動画を “無料で見逃し視聴できるおススメの方法” やネタバレを紹介しています↓

 

 

>>>『Hulu』の2週間無料トライアルはこちら!

 

 

違法にアップロードされた動画じゃないので、高画質でCMもないし、安全に “1話~ まとめて” 視聴できますよ!

知らなくていいコトの動画!3話の予告は?

ドラマ『知らなくていいコト』3話の動画予告はこんな感じに!

知らなくていいコトの動画!3話を無料の見逃し配信でフル視聴するおススメの方法

ではドラマ『知らなくていいコト』3話の動画を、無料の見逃し配信でフル視聴できるおススメの方法を紹介します!

 

それは、知らなくていいコトの放送が終わるたびに毎回、見逃し配信をしてくれている公式のサービス『Hulu』です!

 

 

>>>『Hulu』の2週間無料トライアルはこちら!

 

 

『Hulu』には”2週間の無料トライアル”が付いててお得なので、

違法にアップロードされた動画を探さなくても安全に見逃し視聴できます!

 

無料期間中に登録して2週間以内に解約することもできるし、その場合でも、知らなくていいコトの動画を1話からまとめて視聴できます!

 

もちろん『知らなくていいコト』以外の現在放送中の最新ドラマや映画・海外ドラマも、時間が許す限り好きなだけ見れてしまいます!

 

ただ、“2週間の無料トライアル”はいつまでやっているのかわからないので、

 

知らなくていいコトを安全にフル視聴したいなら早めに登録したほうが損しないです!

 

 

>>>『Hulu』の2週間無料トライアルはこちら!

 

 

※Huluに登録したら検索窓から⇒「知らなくていいコト」で検索してくださいね^^

知らなくていいコトの動画!これまでの感想は?

「知らなくていいコト」第2話で、ケイトの母親が尾高にケイトの父親のことを話したということは、もうまぎれもない事実です。 ですが、ケイトの父親はもしかしたら冤罪かもしれません。 しかし、彼は無実を訴えていたのかどうかも分かりませんし、誰かをかばうために自分が罪を負ったと言う可能性もあります。 真実は分かりませんが、少なくともケイトは野中と別れて良かったと思いました。 もし、仮に父親がキアヌ・リーブスだったとしても、他の問題が浮上したら、その時に彼は逃げてしまうと思いました。 ケイトも吹っ切れているようですし、結果的にはこれで良かったと思いたいです。 

知らなくていいコトもあるがこれは知って欲しいことがある今回。殺人犯の子だという負い目を引きずるケイトだったがDNA婚活サービスのの取材を通して参加者の山際と婚活サービスの事務員の笹野がお互い好き同士であると悟る。そして、山際のDNAなどより自分の気持ちを大切にしたい気持ちに同感してDNAの相性にこだわる笹野を叱責するがそれは殺人犯の子であるとこだわっている自分に言い聞かせている様に思えた。また、殺人犯の子であることを理由にケイトと別れた野中と違いそれを承知でプロポーズした尾高に感激した。さらにニュースカメラマンを辞め動物を追いかけるようになった理由を知らずケイトは尾高と別れたのだが何も言わなかった尾高に優しさを感じました。

2話こ知らなくていいコトの感想は、DNAマッチングで婚活をするシステムを初めて知りました。DNAと聞くだけで相性が良いように思えてしまうのはわかる気がしたので、春樹が結婚を辞めようとする気持ちになるのもわかる気がしますが、何かに洗脳され結婚を断るのは許せません。DNAに囚われ結婚したい人たちを騙しているような気もしました。婚約破棄されたケイトは仕事で取材の為に結婚に関わるのも苦しく思いましたが、DNAで動かされる人だけではないということを感じ記事にでき成果が出る姿をみていると女性は強いと思いました。尾高のようにDNAは関係ないと考える人と付き合って欲しいと心から思いましたが、尾高に何か秘密があるような気がしてしまいました。

「知らなくていいコト」2話もコメディ要素とサスペンス要素が程よく混在し、とても楽しめました。小ネタや小ボケが散りばめられていてクスッと笑えるシーンが多くありました。その反面、ケイトの父親の真相に迫る場面では緊張感でドキドキさせられました。今回、ケイトが潜入したDNA婚活は、今のケイトの状況を反映するようなものだったと思います。その取材を通して、DNAが何だとまとめた記事は胸に刺さるものがありました。恋愛要素もあり、いろいろな楽しみ方ができる内容でした。出所した乃十阿の描写もあり今後の展開が楽しみです。

知らなくていいコト2話では1話のおさらいのような場面が冒頭であったので、1話を見逃した視聴者や見たけどどんな内容だったか忘れてしまった視聴者に対して親切な構成になっているなと感じました。ケイトは春樹のことを「やっぱり結婚できない」と言われてから幻滅しているのだろうと思っていたので、納得いかないと言った感じで彼を引き止めて考え直してくれないかと言っているシーンは正直驚きました。しかしもっと驚いたのは尾高の過去のシーンです。ケイトの母親からケイトの父は殺人犯なのだと知らされた上でプロポーズしていたのですから、これを断ってしまったケイトは罪深かったなと思ってしまいました。

「知らなくていいコト」2話のケイトの取材はDNA婚活でした。DNAマッチングによるお見合いパーティはカップルの成立率が高ければかなり申し込み者がでるでしょう。週刊誌でそれを掲載しても大して注目されないと思いますが、美談として記事にしたのはドラマならではでしょう。DNAをドラマで扱ったのはケイトの父親につなげる為でもあったと思います。性格や感情が遺伝するとは思えませんが、事実かもしれないと思うとやはり怖いものがありますね。ケイトの気持ちも何となく分かるような気がします。1話から恋愛と仕事と忙しい毎日をこなしていましたが、父の件で心が弱ってしまっています。この辺りがこのドラマの見所なのでしょうね。乃十阿徹についてはまだ謎が多すぎるのでなんともいえません。とりあえずは前半のキーマンではあるのでしょう。

今回の知らなくていいコトは、ケイトがDNA婚活パーティーの取材に向かいます。DNAマッチングという少し怪しいネーミングに、ケイトは洗脳ではないかというも、科学ですと答える相談員でした。でも、その相談員はマッチング率の低い会員とできてました。DNAなんて関係ないというその男性に、ケイトがそんな素敵なこと言ってくれる人いませんよ、と後押ししてたのが可愛く思えました。そしてケイトはやはり乃十阿の娘で、尾高はその事を知ってました。後悔先に立たず、という言葉をすごく感じました。ケイトには何故か幸せになってもらいたいです。

知らなくていいコトの待望の2話、絶対に怪しいと思っていたオダカが、実はかなり優しい人間で、絶対にいい人だと思っていた元カレが実は冷たい人間だったことに衝撃を受けました。ショックです。それに気がつかなかったと落ち込むケイトの気持ちもわかるし、果たしてそれが本当に真相なのかもわかりません。ただ、一話よりもすっきり見終えることができました。さて、今回のメインテーマのDNA婚活パーティについては、そのDNA結果が最悪なことに逆らっても、自分が愛した女性を愛す覚悟をしたえなり君に共感しました。真っ直ぐで素敵でした。

病気の遺伝的な発症リスクを知ることができるようになるなど、DNA診断が非常に有益であるコトは事実です。しかし人間には、DNAだけでは説明できない現象が起こるコトもまた事実です。「DNAだけが全てじゃない」と信じたい気持ちを強く抱えながらも、診断結果を信じる人にも信じない人にも寄り添える文章に仕上げたケイトは優秀なライターであるとともに、芯の強い女性なのだと感じました。人が人に惹かれる理由は遺伝子かも知れないし、そうではないかもしれない…どちらだったのかなんていうのは知らなくていいコトなのだ、と思わせてくれるストーリーでした。

野中がDNAを気にして別れ、その後話をしても同僚に戻ろうとしている野中は、一般的には当たり前の事なのではないかとおもいました。ケイトは尾高さんが何かを隠していると確信してお母さんと尾高さんの本当の父親は乃十阿だという秘密を教えてもらい、改めて、犯罪者の娘であることを知り、同時にそれでもプロポーズした尾高さんに特別な気持ちを抱いているのを見て心が痛かったです。DNA婚活の話題を上手く取り入れながらメインの父親のストーリーを進めていき、今後が気になるなとおもいました。今後の知らなくていいコトも楽しみです。

今回は、特にケイトちゃんの切ない、そしてどうしようもない気持ちがよく出ていたかと思います! 遺伝子でヒトが決められてしまうなら、殺人犯の娘はどうしたらよいのでしょう・・・ ケイトちゃんの母が、死の間際に伝えてくれた「あなたの父はキアヌ・リーヴス」のほうがよっぽどよかったです! そして、私の中ではケイトちゃんの元カレ(!?)になってしまった春樹がダメダメ男で・・・ 別れを告げてからのよそよそしさ、ケイトちゃんの内面を好きだったんではないの??と疑ってしまいます。 知らなくていいコト、自分の周りにもたくさんあるんだろうなーと思いながら(ケイトちゃんほどのことではなくても)、それに惑わされずに生きていきたい!

1週目の一番最初に母親が急逝した「知らなくていいコト」。しかもプロポーズされていた彼氏が父親が犯罪者かもしれないということで付き合いさえ解消されてしまったケイト。遺言で父親が「キアヌ・リーブス」と言っていた時はふたりで疑問を持ちつつも笑っていたのがウソのような急展開でびっくりでしたが、今週もさらなる追い討ちという感じでした。それにしても彼の方が、別れたから同じ職場にいるのが気まずいと編集長に異動を志願してたけど、器小さいなと感じました。編集長がはねのけてたのでちょっとスッキリしましたが。今回も取材先が今の事象にあったDNA婚活で面白く見れました。自分のプライベートに色々ありつつも仕事はちゃんとしようとするケイトは応援したくなります。

今回の「知らなくていいコト」では、元カレのオダカさんが昔ケイトの母親からお願いされた内容についてケイトに話します。内容としては昔ケイトのことでお願いしたいことがあるからと呼び出された時のことでした。「ノトアトオルについてこれ以上追うのはやめてほしい。ノトアはケイトの父親である。そっとしておいてほしい。ケイトのことをお願い」ということでした。オダカさんはケイトが犯罪者の父親である可能性があるのにプロポーズをしてくれたことがわかりました。しかし、元婚約者は犯罪者の父親がいるケイトとの別れを決意します。そんな二人の違いの中で少しずつケイトの気持ちが揺れ動く様子が描かれていました。

春樹の言動には、苛立ちが募るばかりです。ケイトが下手にまわって話しかけても、丁寧語使いのあの態度には唖然としました。編集部で2人きりになったシーンで、ケイトを見る春樹の冷たい目線には、信じられない思いがしました。人って、これほど変わるものなのか?との思いがモヤモヤと、渦巻いてしまいます。 まさに、「知らなくていいコト」を知ってしまった春樹なのですね。 対照的なのが尾高です。 ケイトをさりげなくサポートする優しさはホッとさせられます。亡くなった母にしても、尾高に全てを話した上で、彼に娘のことを託したのでしょう。

ドラマ「知らなくていいコト」2話で、プロポーズ時の尾高の思いを知ったケイトの涙が本当に悲しい。 当時ケイトは仕事に夢中で、恋愛も楽しみたくて、自分の理想通りの尾高しか愛せなかったのでしょうか。 尾高は本当にケイトを大切に思っていたんですね。 相当な覚悟と深い愛を持って。 それは今も変わらないのかも。 野中の気持ちも分かりますが、ケイトに対してあまりにも冷たいですね。 それとも、あの態度はケイトに未練を残さないためにわざとなのか。 ケイトは仕事も今までと変わらず頑張っているのに、自分だけ編集部から抜けようとしたのは逃げたいだけのようで疑問に思いました。 杏南が信じていたように、乃十阿は犯人ではないのでは。 誰かをかばっているということではないか。

 

 

>>>『Hulu』の2週間無料トライアルはこちら!

 

知らなくていいコトの動画!3話の見どころは?

野中はケイトのことに対して責任を負えないのであれば、いつかどこかで別れる時がやってきたでしょう。 元恋人の尾高は結婚をしていますし、ケイトを支えてくれる男性が早く現れることを期待したいです。   他にも社内には独身男性が居ると思いますが、ケイトの相手になるような人は今のところは現れない様子です。 尾高がいつまでもケイトの世話をしていくことはできないと思いますが、ケイトの母親との約束があるので、そうとも言い切れないとかもしれません。 ケイトは父親に会いに行くと思いますが、そこで、彼女はハッキリと父親に確認した方が良い様な気がします。 「知らなくていいコト」第3話の展開が気になります。

知らなくていいコトの次回予告を見て見どころは野中と尾高のケイトに関する衝突とケイトが父親に会いに行ったことですね。天才ダンサー巽ことタツミーヌの取材でタツミーヌが老人に暴言を吐く動画が拡散され取材テーマが変更されると10年前のことを掘り返すことになる。ケイトも父親の乃十阿のことを知りたいと思っているのだろうが怖いのだと思う。この取材を通してケイトに本当の父親の真実に迫る勇気を得るのではないだろうかと期待している。また、尾高のことを誤解している野中の目を覚まして欲しいがケイトが尾高とすんなり復縁する展開もつまらないのでこの取材で何か呪縛が吹っ切れるきっかけを掴んで欲しい。

3話で気になるシーンは尾高と春樹が言い合うようなところが気になりました。お前最低だなと言った尾高は、なぜ結婚することを辞めたのか聞いたことでなのか、春樹が尾高にケイトの父親を知っているかを問うシーンもあったので、そんなことで結婚をやめた男と、父親の顔を知りながらプロポーズをした男が比べられるのが楽しみで、春樹が苦しんで欲しいと思いました。父親は別にいることが判明されることを祈っています。知らなくていいコトが再び出てきそうな気がします。尾高の詳しい何かが全く描かれていないので、尾高とケイトの間に秘密が隠されているのではないかと思います。

「知らなくていいコト」3話の見どころは、ケイトと尾高の恋の行方です。これまで気付かなかったけれど、ずっと自分を想ってくれていたのは尾高だと知ったケイトがどのような行動に出るのか気になります。復縁することがあるのか楽しみです。また、ケイトと乃十阿の対面も大きな見どころだと思います。2話の内容から乃十阿がケイトの父親であることは間違いないものの乃十阿が起こした事件は、冤罪である可能性があるのではないかと感じました。ケイトは乃十阿と言葉を交わすことができるのか、できたなら乃十阿の口から何が語られるのか楽しみです。

知らなくていいコト3話はケイトは過去に自分の父親が殺人犯であると知りながらもプロポーズしてくれた尾高をふったことを後悔していましたが、おそらく3話でもしばらくは後悔した状態が続くんじゃないかと思っています。しかし仕事も忙しくなるのであまりそのことで落ち込んでばかりもいられないかもしれません。今回ケイトは年末特集として天才ダンサーのタツミーヌの取材をするようですが、過去にネット炎上したというタツミーヌ。これはケイトも自分の過去と重ねて見るところがあるかもしれません。そしてネットで炎上したことがすべて真実とも限らないので、その辺のことがどう描かれていくのか楽しみです。

次の取材は天才ダンサーの特集。いろいろ調べるうちに妙な情報が出てくるようで取材の中止をケイトは求めます。しかし企画を彼の過去を中心として本性に迫る内容に変更するように命じられます。知らなくていいコトなのですが、ケイトの一生懸命な仕事ぶりで今度も美談となるスクープに持ち込めるのでしょうか。ケイトをめぐって元彼同士が揉めるのも見逃せないところです。野中と尾高がケイトを巡ってどんな内容の口論となるのでしょうか。一番の注目はケイトと乃十阿がついに出会う所でしょう。次回で対面するのかは微妙な所だと思いますがケイトの出生の真実に近づくはずです。乃十阿が本当に殺人を犯したのかも気になります。

次回の知らなくていいコトは、春樹と尾高の直接対決、というか会話するシーンがありました。その中で尾高が、お前最低だなと春樹に言ってたのをみて、なんとなくスカッとしました。取材では天才ダンサーに迫るようです。ニックネームがタツミーヌというようで、なんだか気に入ってしまいました。そしててっきり尾高がケイトを幸せにしてくれるのかなと思ってたのですが、妻子持ちだったんですね。何故かとてつもなく残念さを感じている自分がいました。次回の取材と、ケイトのこれからの幸せを願って、誰との幸せを願えばいいのか分からなくなってしまいました。

ケイトがオダカに対しての気持ちを復活させましたが、オダカはすでに既婚者。どうしようもない状況で、どんな風に自分の気持ちを解決するのでしょうか。また、オダカもそっけない態度をとってはいますが、ケイトに対して少なからず未練はあると感じるので、二人の今後に期待しています。また、急に態度を変えた元カレが本当に犯罪者の娘、というだけであんな態度に変わったのかも気になります。なにか他にも事情あって、それに逆らえなくてそんな態度になっている気がしてなりません。また違った真相が明らかになりそうで、知らなくていいコトの次回が楽しみです。

ケイトたちが取材していた人気天才ダンサーが、暴言を吐いたとされる10年前の動画が流出、炎上してしまいます。過去の過ちを蒸し返したくない、という自分の意思とは反対に、ケイトは彼の過去を暴く方向で取材を進めるよう編集長に求められます。上司からの指示と自分の信念のどちらをケイトは優先するのか、またダンサーの過去にはどんな知らなくていいコトが隠されているのか、注目して見たいと思います。そして、尾高さんと春樹の対峙も気になります。ケイトの出生の秘密を知りながらプロポーズしフラれた尾高さんと、プロポーズした後にケイトの出生の秘密を知ってフった春樹、対照的な2人のケイトに対する本音の気持ちがも聞けることを期待しています。

今後の知らなくていいコトはケイトの父親もワンカットずつですが出ているので、ケイトが父親のことを調べたり、会う決心をしたりしていくのではないのかなと思います。また、次回予告で野中が、尾高さんにケイトの父親のことを話していたので、男同士のバトルもあるのではないかなと思う反面、野中はケイトを忘れきれなくて、尾高さんにアドバイスや話を聞きに行ったのかなとおもいました。今後の楽しみなポイントはケイトと尾高さんがどうなっていくのか、野中は今後どう動いていくのか気になります。そして父親の事件の真相が気になります。

ケイトちゃんのパワフルさ、これからどうやって自分の父親が殺人犯、しかも猟奇的な大量殺人だった、という境遇に立ち向かっていってくれるのかが楽しみ! そして、ケイトちゃんの過去、尾高さんとの恋愛の様子も楽しみです。 一度、プロポーズされていたのに、お断りしていたなんて!そして、尾高さんは今結婚しているなんて!と新しい事実が今回わかりましたが、これからケイトちゃんの心を支えてくれる人物であることは確かだし、どんな展開、もしくは恋愛になっていくのか楽しみです。 知らなくていいコト、次回の展開もとっても楽しみにしています!

父親が結局誰なのと気になって仕方がない「知らなくていいコト」。第3話もまだまだ波乱の展開がありそうで楽しみです。結局、年下彼氏とも別れたので元彼が2人も職場にいる状態のケイト。今回の振られ方は納得がいかないでしょうけれど、仕事に対しての興味や好奇心があるところが魅力的なので復縁よりも新しい出会いがあれば面白いのにと感じています。3話では殺人犯で父親?の乃十阿とケイトが対面するみたいだけど何が語られるのか気になります。それにしてもスクープ相手のダンサー、タツミーヌって・・・いつも振り切った設定が楽しくてハマってしまいます。

「知らなくていいコト」の次回予告の動画では、元カレのオダカさんが元婚約者のノナカさんに向かって「お前最低だな」と言っているシーンがありました。二人は屋上のような場所で話をしていたようなので、そこでケイトやケイトの父親について話していたのではないかと思います。「犯罪者の父親がいても結婚する気持ちがあったが振られた元カレ」と「犯罪者の父親がいるから結婚する気持ちにブレーキをかけた元婚約者」の2人がどのような会話をしたのかが気になります。また、ケイトはノトアトオルのいる場所に向かっているようなシーンがありました。大人になった姿のケイトを知らない父親に自分のことを話すのかどうか、もしくは記者として近づいていくのか気になるところです。

自分を取り巻く不穏な環境にもめげずに、仕事に邁進するケイトの生活ぶりを楽しみに見守りたい思いです。 天才ダンサーのタツミーヌと関わって、彼の過去まで遡って調べていくうちに、河原巽の本当の姿を見出していく過程が見どころになると思います。 タツミーヌの辿ってきた道のりを模索することと並行して、自分のルーツも探っていくケイトが見られるのではないかと思います。尾高が妻帯者であることかわかり非常に残念に思っているのですが、ケイトを守ってくれるのは、やはりとうしても尾高なのではないかと感じています。 尾高とケイトの関係が、かつての恋人同士の時のように接近していくことが、「知らなくていいコト」の最大の見どころになりそうです。

ドラマ「知らなくていいコト」3話では、自分の選択を後悔したケイトと尾高との間がどうなるのか楽しみです。 自分の背景をいとわず愛してくれていた尾高に、ケイトの気持ちはどんどん傾いていくのでは。 でも、再び付き合うこともできずに苦しむでしょうね。 尾高が今、ケイトをどう思っているのか、本当の気持ちを知りたいです。 尾高が野中に物申す場面もありそう。 野中はもう全くケイトに気持ちがないのか。 ケイトは、乃十阿の事件を尾高とともに調べる流れになるのかも。 はたして父娘の対面はあるのでしょうか。 乃十阿は何か隠しているのか、そろそろ彼の真実が見え隠れするのか。

 

◆知らなくていいコト “全話”のネタバレまとめページはこちら↓

 

>>> 知らなくていいコト “全話”の動画の視聴方法&ネタバレをチェック♪

 

 

>>>『Hulu』の2週間無料トライアルはこちら!

 

知らなくていいコトの動画!3話【ネタバレ】← 紹介

 

ここからがドラマ『知らなくていいコト』3話のネタバレになります!

過去を振り返るケイト

真壁ケイトは尾高由一郎に過去のプロポーズの事を尋ねて、後悔する。

涙を流していたが落ち着きを取り戻して、「話してくれてありがとう」と感謝した。

ケイトは帰宅しようとすると尾高の携帯が鳴る。

相手は奥さんで、子供が熱を出したとの連絡だった。

帰りのタクシーの車内で8年前の出来事ケイトは思い出す。

 

ある人物の熱愛の件で尾高とケイトは張り込みをした。

地下駐車場で待っていると1台の車が現れて、熱愛の噂があった2人が合流する。

スクープ写真を収めて、車を追っていくとあるマンションの前に辿り着く。

尾高の指示で新聞配達員に詳しい事を聞くようにケイトは指示を受ける。

部屋番号を必死で尋ねるが、分からなかった。

その後も張り込んでいると2人が一緒に居るシーンを目撃して、写真に収める。

帰りにご飯に誘われたケイトはキスがしたいと突然言い出す。

2人は笑い、尾高からケイトにキスをして2人の関係が始まった。

それからの彼女は公私ともに充実していて、尾高も絶好調だった。

しかし、乃十阿徹の写真から2人の関係性は変化してしまう。

ニュースカメラマンを止めた尾高と別れて、野中と付き合うケイト。

一方、別の女性と尾高は結婚してしまった。

帰宅したケイトは1人で寂しさを感じながら、床に着く。

 

1人のダンサーを取材する

2019年12月18日、岩谷進を中心に会議をして様々な提案が上がる。

ケイトはある議員のSNSを見ていると河原巽の名前を耳にした。

ダンサーの巽のCMを同僚から見せられて、話題になる。

会議が終わり、黒岩正彦から政治家の不祥事より巽の話題が取り上げるように指示を受けた。

黒川班は巽の華麗な踊りを動画が見ながら、各人が分担して調査を進めていく。

ケイトはある人物に会いに行き、巽の事を聞いた。

過去の出来事を耳にして、巽の衣装について意見を求める。

ある靴が目に入り、スタイリストをつけずに自らが衣装を決めている事を知った。

そこに電話が入り、会社から巽の取材がいったん中止するように指示が入る。

 

会社では巽の10年前の暴言が収められた動画がネットで話題になっていた。

今までとは違うスタイルで巽の実態を探る事を岩谷が指示する。

その方針にケイトは納得しないが、岩谷の意見が通った。

黒岩班は巽の居場所を探す事になり、チームで調べていく。

ネットでは巽の動画がアップされて、黒川から稽古場に行くように言われた。

現場にはすでに報道陣が集まっていて、ケイト・新人の福西彰・カメラマンの市川武の3人が駆け付ける。

待っていると「来た」との声に稽古の関係者が中から出てきた。

本人ではなかったが、後ろから現れた車に巽らしき人物が乗り込む。

ケイト達は冷静に対応していると、1人の男性が出てきた。

福西が声を掛けると振り向いて、こっちを見る。

ケイトは心配な目で見ていると巽は走って逃げていく。

必死で追っていくがスケボーを使う巽に追いつかずに見失う。

 

野中が尾高にある事を尋ねる

10年前の動画は、ニュースでも取り上げられていて岩谷には長引くと考える。

ケイトはある議員のツイートから巽の事が削除されている事に気付く。

黒岩が部下に連絡して報告を受けるが、巽の居場所が掴めない。

ケイトは巽がバイトしていたラーメン屋に行く事になり、すれ違いで尾高が現れる。

彼の撮った動物の写真がカレンダーになり、岩谷達に渡していく。

尾高はケイトの机にも置いていると、野中春樹が気にする。

 

珈琲を飲もうとした野中は機械の故障で戸惑っているとそこに尾高が現れた。

故障の原因を突き止めた尾高に野中は感謝して、「今ちょっといいですか」と屋上に誘う。

野中は尾高にケイトと別れた理由を聞くと「嫌だよ」とすぐに断る。

そして、自らも別れたとカミングアウトした。

事情を説明して、岩谷以外は知らないと伝えて本気で結婚したいと思っていたが、出来ない理由があった事を明かす。

尾高とケイトが別れた理由も同じではないかと推測する。

説明が分かりにくいと口にした尾高にケイトの父親の事を尋ねた。

知らないと主張する尾高に、野中はケイトと結婚していたら子供を作れたか問う

将来を考えると自らは無理だと話して、「良かったです」と野中は尾高と話が出来た事にホッとした。

すると沈黙していた尾高が「お前、最低だな」と言って去っていく

職場に戻る尾高はケイトと遭遇して、笑顔で対応した。

 

取材を続けるケイト

仕事に集中したケイトは巽の元バイト先にやってきた。

働き者で褒める店主から老人介護施設が設立のために、ダンスの稽古場が潰された事を聞く。

施設で当時の事情を聞こうとすると前の施設長を案内された。

ケイトは急いで自宅を訪ねて、当時の説明会の出来事を聞く。

するとあの動画には隠された誤解があり、可哀想だと驚きの言葉を男性が口にした。

ケイトは会社に帰り、黒川に事情を説明する。

現在、ホテルに閉じ籠っている状況で黒川は頭を抱えた。

ケイトは「方法はあります」と目を瞑る。

同僚達が見守る中、ペンを動かして手紙を書いていく。

そこにケイトは思いが詰まっていて、彼の気持ちを動かそうとしていた。

黒川が確認して、どうやって本人に渡すか尋ねられると野中の人脈を使う事を思いつく。

帰宅して、尾高のカレンダーを母親に見せていくケイトはご飯を食べ始める。

その頃、尾高は仕事場で乃十阿の写真を見返していた。

 

12月21日、本人に手紙が届き、翌日の22日に直接会いに行ったケイト。

取材の許可をもらい、テープレコーダーを置く。

まず、人目を避けた理由を尋ねると良く分からずに隠れていた事を明かす。

そして言葉で表現するのが苦手だと伝えてきた。

ケイトはあの発言の前に何があったのか聞くと、10年前の説明会での出来事を耳にする。

一部をダンスが出来るスタジオとして残して欲しいと頼んだが、反発を受けた。

更にダンスを否定された巽は頭に血が上り、暴言をしたと明かす。

本心ではないと言えないと口にして、当時将来に大きな不安を抱えたと漏らした。

当時の事を謝罪して、これからもダンスも続けると決意を述べる。

使用を取り戻すために踊り続ける覚悟を見せて、ケイトも巽の気持ちが伝わるように書く事を約束した。

ケイトが踊っている写真を撮りたいとお願いして、屋上で巽が踊る姿を写真に収める。

その表現力にケイトは驚き、笑顔を浮かべた。

帰社して、ケイトが自ら記事を書くと発言して取り組もうとする。

同僚から衣装の資料やコンサートのパンフレットを渡されると議員とある会社の社長の不正に気付く。

同僚にその事は任して、ケイトは巽の記事に集中する。

 

乃十阿に会いに行く

12月25日ケイトの記事は、世間で話題になっていた。

会社の忘年会が行われて、皆は盛り上げる。

ケイトは野中に話し掛けて、この間の事を感謝するが彼の態度は冷たかった。

周囲は2人が上手くいっていると思っていた。

更に同僚達が話す会話が耳に入り考え込むケイトに尾高が声を掛けて、2人は楽しく話始める。

 

年が明けて1月1日にケイトは1人でお雑煮を食べていた。

今までの思い出を振り返っているとケイトはパソコンが目に入る。

そして、乃十阿の居場所について、調べ始めた。

当時の放送内容を思い出しながら、あるツイートに注目する。

写真には乃十阿の名前が写り、住所は千葉県だった。

ケイトは調べた住所を訪ねていくとネットにあった写真と一致する建物を見つける。

すると乃十阿が中から現れて2人は目が合って、立ち尽くす。

 

 
 
 

>>>『Hulu』の2週間無料トライアルはこちら!

 

 

--- 以上、知らなくていいコト 3話のネタバレでした~! ---

 

知らなくていいコト 3話を見逃した人は、

 

『知らなくていいコト』を1話からまとめて視聴できる『Hulu』がおススメです!

 

いつまで”2週間の無料トライアル”があるのか分からないので、見たいかたはお早めに~^^♪

 

 

>>>『Hulu』の2週間無料トライアルはこちら!

 

 

これで連休の暇つぶしはバッチリです(笑)

知らなくていいコトの動画!3話の感想まとめ

知らなくていいコト 3話の感想は

ケイトは尾高が自らの父親の事を知ったうえでプロポーズしてくれた事を知り後悔しましたが、当時は知る由もなかったでしょう。

尾高との距離が離れしまい、野中と付き合うようになりましたが、事実を知った時は相当ショックのようでした。

その時に何か尾高が伝えていれば展開は変わっていたかもしれません。

しかし、何も言わなかったのは彼なりの優しさだったのでしょう。

2人は別々の道を歩みますが、まさかのこのような展開になるとは想像していなかったはずです。

今となればどうしようも出来ませんが、尾高とケイトが結ばれて欲しかったです。

尾高は結婚後もケイトに優しく接しているようですが、彼の今の本心を聞いてみたいと思います。

2人はお互いをどう思っているのか気になります。

ケイトは過去の事を思い出しながら、仕事に取り組んでいくのは凄いです。

そして、話題なる記事を書き上げる彼女の頑張りは逞しく感じました。

正月に乃十阿の事を調べて直接会いに行きましたが、驚きました。

そして、本人と目が合い立ち尽くしてしまいます。

その後、2人は話をして真実を明らかにするのでしょうか。

 

知らなくていいコトの動画!3話のあらすじを最後に

ドラマ『知らなくていいコト』3話のあらすじを簡単に紹介します~!

週刊誌記者・真壁ケイト(吉高由里子)はかつて元カレの尾高(柄本佑)が、殺人犯・乃十阿徹(小林薫)の娘だと知りながらプロポーズしてくれていたにも関わらず、春樹(重岡大毅)に心を移した自分を悔やんでいた。そんな中、国民的人気ダンサー・タツミーヌ(大貫勇輔)の才能に迫る特集企画を担当するが、10年前の彼のある動画が炎上したことで急遽取材は中止に…。一方、ケイトの出生の秘密を抱えた春樹は尾高を呼び出し…。

知らなくていいコト 公式サイト引用

 

最後までお読みいただきありがとうございました^^

 

 

>>>『Hulu』の2週間無料トライアルはこちら!

 

 

◆知らなくていいコト “全話”のネタバレまとめページはこちら↓

 

>>> 知らなくていいコト “全話”の動画の視聴方法&ネタバレをチェック♪

 

※本ページの情報は2020年1月時点のものです。最新の配信状況はHuluサイトにてご確認ください。

タイトルとURLをコピーしました