シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。動画!第3話を無料の見逃し配信でフル視聴

 

2020年01月26日 清野菜名と横浜流星主演のドラマ『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』の3話「スポーツ代表選考に潜む殺意」が放送されましたね!

 

このシロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。 3話の動画は 無料の見逃し配信でフル視聴できるの?と、気になって動画を探している人が多いようです。

 

なのでこのページでは安心して、シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。 3話の動画を “無料で見逃し視聴できるおススメの方法” やネタバレを紹介しています↓

 

 

>>>『Hulu』の2週間無料トライアルはこちら!

 

 

違法にアップロードされた動画じゃないので、高画質でCMもないし、安全に “1話~ まとめて” 視聴できますよ!








シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。の動画!3話の予告は?

ドラマ『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』3話の動画予告はこんな感じに!








シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。の動画!3話を無料の見逃し配信でフル視聴するおススメの方法

ではドラマ『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』3話の動画を、無料の見逃し配信でフル視聴できるおススメの方法を紹介します!

 

それは、シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。の放送が終わるたびに毎回、見逃し配信をしてくれている公式のサービス『Hulu』です!

 

 

>>>『Hulu』の2週間無料トライアルはこちら!

 

 

『Hulu』には”2週間の無料トライアル”が付いててお得なので、

違法にアップロードされた動画を探さなくても安全に見逃し視聴できます!

 

無料期間中に登録して2週間以内に解約することもできるし、その場合でも、シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。の動画を1話からまとめて視聴できます!

 

もちろん『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』以外の現在放送中の最新ドラマや映画・海外ドラマも、時間が許す限り好きなだけ見れてしまいます!

 

ただ、“2週間の無料トライアル”はいつまでやっているのかわからないので、

 

シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。を安全にフル視聴したいなら早めに登録したほうが損しないです!

 

 

>>>『Hulu』の2週間無料トライアルはこちら!

 

 

※Huluに登録したら検索窓から⇒「シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。」で検索してくださいね^^








シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。の動画!これまでの感想は?

「シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。」というタイトルからは想像もつかない影が見られた回で、森島、レン共に新たな過去が明らかになっていました。森島については、死んだ父親とMr.ノンコンプライアンス、そして森島の恋人と複雑な伏線が見えてきました。また、レンについては放火事件によって死んでしまった姉の存在が明らかとなり、死んでしまった姉に対する罪悪感からレンの極端なネガティブさを生んでいると感じました。他にも母親のレンに対する異常な愛情や姉に対するネグレクトが見られ、その光景もトラウマになっているように感じました。今回は1話で見られたような怒りの感情をミスパンダからは見られませんでしたが、ミスパンダの存在がレンのトラウマを呼び起こすきっかけとなっており、レンの症状の悪化が見られました。 1話で犯人が「ここから出して」という言葉にミスパンダが反応を示したのは、母のネグレクトにより檻に入れられていた姉の言葉とリンクしたためだと感じられ、今後もふとしたきっかけが過去とつながる可能性があり、ミスパンダの存在にどう影響していくのか目が離せないと感じました。

シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。は2話もミスパンダがやりたい放題でしたね。第三者委員会への乱入したり会見に動画を流したりとなかなか激しいやり方かと思いました。かわいそうなのは怪我をした学長と息子さんですよね…。それから何気に馬鹿な内容暴露した文科省の人の娘さんも…。。ミスパンダの動画配信をしたがらのシロクロ付け方は今っぽいなと改めて思いました。世間に顔を知らさせれて誹謗眺望される人々は社会的に死ぬわけですよね。ちなみに直輝くんはミスターノーコンプライアンスの娘さんとお付き合いしてるんですね。レンちゃんとの関係はどうなるか気になります。

『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』はとにかく『美男美女のW主演』と言うところが『合っている!』と感じながら観ている!そして、その中でも『ミスパンダとプロ囲碁棋士川田レン(清野奈名)』と言う『二役』の上にとにかくカワイイ!こんな『ドラマ』なら何回見ても『秋が来ない!』と僕は思ってます!でも、『記憶』がどうしても阻んできてるので今後に『どう左右してくる』というのがこの『ドラマ』の見どころの『楽しみの一つ』でもあるのかと思って、『W主演』の二人がどうなるのか『最後まで分からない』と思うので竿後まで観ていきます!

今週のシロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。もとても面白かったです。 佐藤二朗さん演じるさしまさんと横浜流星さん演じる直輝はどういう関係なのかなと疑問だったので少し謎が解けました。あすささんがとても色っぽくていい女優さんだなと感じました。 せいのなさん演じるミスパンダのアクションがとてもきれいで見とれてしまいました。 今週は直輝のアクションも少し見れたので嬉しかったです。悪いやつが偉そうな顔をしているのは腹が立ちますが、ミスパンダが成敗してくれるので楽しく見れました。 学長も息子も正々堂々としていてかっこよかったです。 ミスパンダの過去が可哀想すぎて悲しかったです。

シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。の2話目の感想は、冒頭から衝撃であった。 レンが森島に会いに行ったところ、事件に遭遇し息子を不正入学させたと疑われている理事長が、受験に落ちたと思われる逆上した受験生に刺される。 そして、その受験生がレンに向かってナイフで襲いかかり、レンが驚いて動けないところ、森島が血を流しながらナイフをてで受け止めて、さらに犯人もとらえる。 そして、過去のシーンに戻り、レンと森島がぶつかったところ、森島にレンの心の声が聞こえ、「助けて」と訴えていた。 そのため森島が、レンを操るため事件をしミスパンダに変身させたのだ。 変身させたきっかけがわかり今後の展開が楽しみになった。

シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。第2話は、大学の学長が自身の息子を不正入学させた疑惑についての話でした。不正入試疑惑がネット上に出回ったことで、恨みを持った受験生に学長が刺されるという事件で改めて公になり、第三者委員会が立ち上がり調査を進めるのですが、現代社会においても実際に起きている事象なので、このドラマは現代風刺の側面もあるのかなと思いました。今回は途中で飼育員さんとミスパンダがアクションシーンを繰り広げる場面もありましたが、2人ともキレのある動きをしていて、見惚れてしまいました。

シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。第2話は医学部の不正入試問題。そこは直輝が通う大学でちょうどレンが訪ねてきた時に学長が刺される事件が起きます。Mr.ノーコンプライアンスの司令でこの事件を調べる事にした直輝。ミスパンダを使っての事件捜査が始まります。捜査や証拠探しならミスパンダを使う必要はなかったのではと思いますが彼女の活躍の場を増やす為の強引な展開。細かい所にはこだわっているのが笑いどころなのでしょうが、強引な展開でどうにもむなしく感じます。今回の事件ではアクション要素が薄目となりました。今までにないドラマ作りに挑戦しているのは分かるのですが空回り気味です。裏設定をいろいろと組んでいるようですから、展開次第では盛り上がるとは思いますが内容とうまくリンクできるのか不安です。

『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』の第2話は、川田レンやミスターノーコンプライアンスのトラウマが盛り込まれていました。 ミスパンダが不正入試の真相を暴くというストーリーでしたが、毎回コスプレ的に衣装が違うのも面白いですね。 予想通り、あっさり不正入学を認めた池渕と柳本の「でっちあげ」という結末でした。 並行して、直輝の恋人がミスターノーコンプライアンスの娘だとわかりましたが、「何があっても梓を守る」とは本当に直輝の本音なのか疑問です。 仕事の為とはいえ、直輝の笑顔がすべて作り笑いに見えてしまうのは、私だけでしょうか。

シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。第2話のグレーゾーン案件は、大学の不正入試疑惑でした。不正入学の疑いのある学長の息子が、第三者のネット上出の発言やメディアの偏った報道によって精神的に追い詰められて行くシーンでは、投稿内容や番組内容が普段よく目にする内容に通じるモノがあり、自分は悪意なく放ったつもりの一言がこんな風に人を追い詰めてしまう可能性があるのだ、と恐ろしく感じました。だからこそ、真の黒幕だった副学長と文科省官僚の悪事をミスパンダが見事に暴いてくれたときには、胸のすく思いがしました。

シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。の第1話は川田レンの人物像をフォーカスしていましたが、第2話はバディを組む森島直輝をメインに進みました。冒頭では暴漢に襲われたレンを負傷しながらも身を挺して助けていましたが、後のシーンでは川田レンの別人格であるミスパンダと互角以上の組み手をしていたので無傷で暴漢を倒せたはずです。ほかにも法務大臣が直輝と娘のあずさとの食事の時にMR.ノーコンプライアンスとして直輝と会った記憶が抜けていたりして、まるで直輝が法務大臣にも催眠術をかけているような節が見られたりと1話の超人的なミスパンダのアクションと対比したミステリアスな展開で進んでいったのが意外でした。まさに白と黒のイメージ通りといったところでしょうか。

今、注目しているドラマはシロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。佐藤健さんと白石さん主演。所が、期待通り。今回はじゃれ合う程度だったが、それであのレベルなので、本気になったときの俊敏さ、リアルさが楽しみ。今回は大学の不正入試に白黒つけるストーリーだったが、それと同時にレンの過去の謎が少しづつ現れ始めていた。レンには姉妹がいたり、炎を見ると具合が悪くなることから、過去に何かしら火事?あって、それが、今のレンに影響しているらしい。母との関係もそれの影響を受けているよう。双子?母の精神の病に関係がありそう。また、あずさにもつながっているような気がするが、そこはまだ今後を見てからだと思う。

 

 

>>>『Hulu』の2週間無料トライアルはこちら!

 








シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。の動画!3話の見どころは?

診察を受けたレンが表情が豊かになったと門田に言われるようですが、2話で見られた火事の状況を思い出す頻度は多くなるようで、道で倒れこむレンの姿が見られました。また、2話でミスパンダの時にも火事の記憶が蘇っていたシーンがあり、レンほど気にはしていないようでしたが、1話でふとしたきっかけで過去に結び付き怒りの感情に豹変したミスパンダが見られたため、3話でも断片的に蘇るであろうレンのトラウマとなった記憶にミスパンダがどういう反応を示すのか見どころに感じました。レンがトラウマに耐えられなくなる頻度とミスパンダの登場時の強さの比例についても注目していきたいです。「シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。」というタイトル通りミスパンダが主導権を握る展開になっていくのではと今度の展開に期待が高まります。

次回のシロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。でもどんなシロクロ付け方をするのか楽しみです。今度はスポーツクライミングの世界の話になるそうですね。ロープを切って大怪我なんて怖い話です。レンちゃんとも関わりがあるようなのでトラウマが発動しないか心配です。また、2話でもありましたが横浜流星くんのアクションが見れそうなのが楽しみです。エンディングでの華麗なトレーニングの様子はとてもかっこよかったです。さすが空手の世界チャンピオンですね。そういえば初回であったパンダメイクの制裁はもうしないのでしょうか。まあなくてもいいと思いますが…。

『Mr.ノーコンプライアンス』が『元議員?』で『数年前』に『娘が誘拐されてた』という事実が分かってき、その上、昔起こった『家事』が頭の中に出てき『ミスパンダ』のも少し何かしら『影響』し始めてる?と言う感じですが、この『ドラマ シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』の3話も『ミスパンダ』が『ボルタリング』の『代表』になって『どんどん暴れまくる』感じがして自分が『主演』になった賢治化して心が『ウキウキ』してる上に『ワクワク』もしてるのでこれからも『さらに楽しい「白黒パンダ(自分で勝手に省略)」』を楽しみにしてみていきます!

シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。3話の見どころはやはりミスパンダのアクションだと思います。また、ミスパンダの過去も徐々に明らかになっていくと思うので、それも楽しみです。 また、直輝がミスパンダに関わっているとバレそうなのが気になります。 じかい、ミスパンダがどうしてお母さんからあんなに差別されていたのか、それに嫌気が差して放火したというのが分かっていくのかなと思うと知りたくないような気もします。愛されたい母親からオリに入れられて生活させられるなんてとても悲しいです。そして、母親は全く反省もしていないなんてひどすぎます。

シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。予告編からボルダニングの選手が、選ばれなくなり、そこに忖度があるのではと創造させる内容であるが、今までの展開からどんでん返しが待っているようなきがします。 ノーコンプライアンスと森島の関係も、娘が介した食事の席ではノーコンプライアンスが、高飛車であるが、依頼するときは、へりくだっているのはどうしてか? ノーコンプライアンスの娘が、コアラ男に誘拐された時のことを語りだがらない理由。 そして、ノーコンプライアンスがマスコミに囲まれながら土下座して、娘を返し欲しいと言っていた理由。 そして、喫茶店マスターと森島こ通う大学の先生との関係がなんなのか明らかになるのではと、ワクワクして楽しみです。

シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。第3話は、スピードクライミングの日本代表選手が大会直前に怪我をして棄権する会見を開いていました。選手本人は誰かに故意にロープを切られたと主張しているようで、その秘密を飼育員さんとミスパンダが暴くのだと思います。2話の最後のシーンで、テレビ局の報道記者が飼育員さんの姿に気付きます。写真も撮られており、第1話で暴いた秘密の場面でも見かけていたことを思い出しており、今後記者による捜査が入ることが想像できます。他にも謎な設定や場面が多いため、第3話では少しでも進展があるといいなと楽しみにしています。

テレビディレクターの神代が”飼育員さん”の正体が直輝ではないかと気が付きます。直輝はメンタリストNとしてテレビ出演していますので、彼との接点はありますからこれがストーリーにどう絡んでくるのでしょうか。一方レンも自分の過去に悩まされます。火事でなくなっった姉妹がいるという記憶が彼女を苦しめていますが、それが事実なのかは謎です。次回で真相が分かると言う事はないでしょうが、Mr.ノーコンプライアンスや直輝の父親の事件も含めてこれから徐々に明らかになっていくのでしょう。「シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。」の第3話で扱う事件はスポーツクライミングの代表問題。スポーツの事件ですからミスパンダの派手なアクションシーンが見られるはずです。

『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』第3話に期待することは、それぞれのトラウマの繋がりを、もう少し見せて欲しいです。 本編のお話よりも、「そこ」に興味を惹かれている人が多いと思います。 レンには火事で亡くなった姉がいる。 レンが持っている写真とお母さんが持っている写真が、違う女の子を塗りつぶしているのが気になります。 そもそも死んだのは「リコ」ではなく、賢い「レン」の方ではないのか?と思ってしまいました。 もしもそうなら、檻に入れられていたリコの人格が異常をきたしたのもわかり、レンを溺愛していた母親が、事実を受け入れられずに病んでしまったことも繋がります。 そして二人の担当医ですが・・・何かが怪しいと思います。 真相はどんどん小出しで盛り込まれていくと思いますので、3話以降も見逃せません。

シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。第3話では、スポーツ界のパワハラや代表選考をめぐる疑惑がクローズアップされます。オリンピック間近の昨今、タイムリーに世間を賑わせている話題だけに、このドラマではどんな真相が隠されているのか、注目したいです。また、第2話でも見られたミスパンダと直輝のアクションシーンが第3話でも見られることを期待しています。そして、レン、直輝、佐島法務大臣がそれぞれ抱えている過去の事情が、少しずつですが明かされてきました。この3人の事情が、ミスパンダの活動にどう結びついていくのかも見逃せないです。、

シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。の予告を見ました。ミスパンダがボルタリングの壁を恐ろしい勢いで登っていってますます人間離れしてきましたが、対して川田レンは、歩道で胸を押さえて倒れこんでしまった。(フラッシュバック?)ミスパンダが元気になればなるほど川田レンはどんどん弱体化していくのでしょうか?ボルタリングの人間関係も女子レスリングの某名コーチとオリンピック4連覇中の某選手との軋轢を思い起こさせるので、いったいどこまで放送できるのか不安になります。話の展開も後半にもってきてもいいはずの川田レンの過去の謎が2話目なのにもう展開しているので、これ以上盛り上がるストーリー展開があるのかも気になります。

シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。の今後は、レンの過去が少しづつ明かされてきたことによる、謎解きが気になります。母親の様子と、レンや姉妹の姿が写真で黒く潰されていること。ネガティブ過ぎるレンの姿。炎を見ると何かを思い出しそうであり、具体が悪くなる所…謎が沢山でてきたのでますます楽しみ。自分的にはレンとあずさが姉妹??の様な気がするのですが。あとは、やはり、主役二人のアクションシーンに期待しています。今までの俳優さん達の頑張って作られた感じのアクションシーンに比べ、身体能力の高さが半端ない、二人だからこその素晴らしいアクションシーンになると思っています。

 

◆シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。 “全話”のネタバレまとめページはこちら↓

 

>>> シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。 “全話”の動画の視聴方法&ネタバレをチェック♪

 

 

>>>『Hulu』の2週間無料トライアルはこちら!

 








シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。の動画!3話【ネタバレ】← 紹介

 

ここからがドラマ『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』3話のネタバレになります!

疑惑の代表選考

 

門田明宏医師の診断を受ける川田レン。

「表情が豊かになった、彼氏できた?」と門田先生に言われる。

即座に森島直輝の顔が浮かぶが、照れて「できていません」と否定するのだった。

 

レンを帰し、鍵のかけたキャビネットを開ける門田先生。

「一卵性双生児における記憶の相互関係について」とのファイルだ。

川田レンと、姉のリコは平成8年生まれ。

妹のレンは都立高校を2015年3月卒業、姉のリコは2010年4月中学2年時に死去。

2人の履歴書や新聞記事を眺め、2人に思いを馳せる門田だった。

 

・ ・ ・

 

スピードクライミングの宮澤沙奈恵選手が1人で練習中、命綱のロープが切れ、落下する事故が起きる!

 

レンのバイト先、囲碁喫茶も宮澤選手の緊急会見で盛り上がる。

松葉杖の宮澤は、無念そうに出場辞退を報告。

それをみたレンは、中学時代の同級生・沙奈恵ちゃんだと思い出す。

会見の宮澤は「誰かが私を殺そうとした」と訴え、コーチの磯貝を弾劾する。

そんな時、メッセージが来たので「パンケーキ?!」と盛り上がるレン。

しかし、内容は請求書だったので、ため息だ。

「男だね、レン」と嬉しそうに迫る、店主夫人の佳恵ママ。

「(直樹が)私のことを好きなはずない」と引け目を感じて弁解するレン。

亡くなった姉・リコに遠慮していると察するママは「思い切って、その彼に話してみたら」と持ちかける。

「森島直輝」とのレンの打ち明け話に、聞き耳を立てている加賀マスターだった。

 

・ ・ ・

 

大学で友人の宮澤選手とライバルの北里亜香里選手についての話を聞き流す森島直輝。

『今日も会えなそう?』との彼女・佐島あずさからメッセージに返信する間もなく、さらに電話が鳴る。

“MNC”からだ。

直輝を呼び出したミスターノンコンプライアンスこと佐島源造法務大臣。

「星座のように人も結びつくことで意味を持つことがある」などとぼやき、直輝に宮澤選手の一件のグレーゾーンの裁きを依頼する。

 

 

クライミング場の疑惑とミスパンダ

 

全日テレビの企画会議。

宮澤の怪我はパワハラ疑惑の磯貝コーチが犯人か、宮澤の自作自演か、北里選手サイドの仕業か?

神代一樹ディレクターはコネがあると匂わせて上司を説得し、北里の公開練習に向かう。

 

公開練習はマスコミで人だかりができていた。

また、宮澤のライバルだった海外のコリーナ選手とミルコビッチコーチも見に来ていた。

偵察かと危ぶみ、若い鹿野コーチが公開練習を中止にしようとする。

ブーイングのマスコミ陣。

その時、スッとミスパンダがやってくる!

思わず神代はあたりを見回し、前回見かけた男(直輝)を探す。

 

パンダは北里選手の横に立ち、マスコミにアピールして命綱を自分にセット。

鹿野コーチが止める間もなく、登りだすパンダ!

クライミングタイムは7.99秒、「惜しかったなぁ」と宮澤の記録に届かなかったことを嘆く。

北里亜香里に向かい「あんたでしょう。宮澤早苗のロープを切ったの?」とあおるパンダ。

寄ってくる警備員をからかいながら、北里を「宮澤選手の7.12を超えられるの?」となじる。

むっとした北里は壁に取り付きスタートする!

タイムは6.98!

背後でニヤリと去ってゆく直輝。

会場を抜けていたミスパンダとハイタッチをして去っていく。

 

 

レンの告白

 

ネットニュースに見入る入院中の宮澤をレンがお見舞いする。

「川田レン」の名前を思い出す宮澤。

レンはオズオズとたくさんのお守りを差し出す。

リコのことを話題に出し、懐かしそうに「囲碁はまだやっている?」と質問する宮澤。

不調を言い訳するレンに、「リコちゃんも生きていたらこんな大人になっただろう」と言うのだった。

鹿野コーチが来たので慌てて退出するレン。

レンは病室をのぞきに来た神代とすれ違うが、気づかなかった。

 

宮澤としたリコの話に、胸が痛むレン。

オリに入れられた少女の思い出や、リコが火に巻かれている様子を思い浮かべる。

焼け落ちた同じ部屋に、レンもいたのだった…。

 

・ ・ ・

 

東京誠立大学の図書館。

あずさからの電話には出ない直輝だが、レンには反応し、優しく振舞う。

宮澤選手のサインを忘れたことを謝るレンの顔色が良くないことに気付き、質問する直輝。

“直輝”、“レン”と名前呼びする約束で心がほぐれたレンは、佳恵ママの言葉を思い出して、勇気を出す。

「最近、昔の記憶が思い浮かぶんです」と、過去のトラウマを語るレン。

 

…10年前、母と双子の姉のリコと一緒にキャンプに行ったこと。

…バンガローが放火されて、姉妹の目の前に柱が倒れてきたこと。

…怖くなって、リコを見捨てたんこと。

さらに檻の中の少女の様子も思い出すが、そこまでは直輝に話せないのだった。

 

「門田先生のおかげで落ち着いていたんですが、最近になってまた…」と話すレンを、抱きしめる直輝。

「俺も一緒だよ、大好きだった父親を失った」と自分の過去を思い浮かべ、共感を見せる。

レンは落ち着いた笑顔を見せるのだった。

またもやレンをパンケーキに誘う直輝。

そんな2人の様子を、コアラの着ぐるみ男が監視している…どうやら直輝のことを特定した神代だ。

 

 

ミスパンダのライブ中継!

 

テレビ番組では、宮澤と鹿野コーチの熱愛についての報道を流していた。

囲碁喫茶の常連もこのニュースで盛り上がっている。

パンダのお面の少女・楓もレンと勝負しにやってきたが、『ミスパンダ今夜配信予定』とのネットニュースを聞きつけ、興味津々だ。

 

・ ・ ・

 

レンをいつものパンケーキシロップの催眠術にかける直輝。

気がつけばレンはミスパンダとして、宮澤と北里の情報を全て吸収していた。

 

・ ・ ・

 

ライブ中継開始!

ネットには多くの注目が集まっている。

ミスパンダは夜の北里選手の練習に忍び込んでいた。

今回は警備員の格好だ。

「羊の顔を被った狼を発見!」と北里に近づき、宮澤選手の事故のように命綱を切断!

悲鳴をあげて落ちる北里!

そこで配信が終了される。

 

鹿野コーチは慌てて車で出かける。

あずさは「ミスパンダは無茶苦茶!」と神代に噛み付いていた。

ネット視聴者も、パンダに否定的なコメントを寄せている。

 

そこで配信再開!

 

「こちらのホテルに、話題のあの方が泊まっている」と、ドッキリを仕掛けるらしいミスパンダ。

「この廊下見覚えがある!」と、神代が走り出す。

カメラマンは直輝だが、画面には映らない。

パンダだが中継するスイートルームでは、男女が笑い転げていた。

「サンキュー、ミスパンダ!」と笑い転げて戯れているのは…ミルコビッチと鹿野の2コーチだった。

「(宮澤を)怪我させたのはあなたなんですか?!」とパンダが迫るので、大慌ての2人だ。

 

鹿野がカメラを弾き飛ばし、中継は終了。

あざ笑う直輝。

実は、北里選手が出した新記録は、直輝が仕掛けた罠だった。

その時鹿野は喜ばず、ミルコビッチは鹿野に「話が違う」と目線を送っていた。

それを読み解いた直輝は、北里に事情を打ち明け、ロープを切る罠を計画する。

北里はもちろん無事だ。

動転した鹿野は、「宮澤はちょろかった」と交際も色仕掛けだったことを話しながら、ミルコビッチと2人で攻撃モードに入る!

しかし直輝は鹿野を、ミスパンダはミルコビッチを翻弄する。

「必死に頑張っている選手を毎日側で見続けていながら、よく怪我させるなんてことができるね!」とパンダ。

「パンダは単独行動が好きだから、自分のために仲間を犠牲にするなんてことは絶対しない!」と啖呵を切って、2人を追い詰める。

報酬の半分を申し出る鹿野に「この男真っ黒だな、救いようがない」とつぶやく直輝。

2人をノックアウトして、笑い合って逃走する2人に、神代が迫る!

 

 

事件解決とレンの秘密

 

高い柵を乗り越えた直輝だったが、ミスパンダことレンは、幼少期のオリのイメージを思い出し、フリーズしてしまう。

「お母さん、ここから出して」泣いている記憶だ。

動揺するレンは催眠が解けたかのように弱々しい。

直輝がレンに手を伸ばし、ギリギリで神代を避ける2人だ。

 

・ ・ ・

 

『クライミング界に白黒つける』との新聞記事には、鹿野とミルコビッチが笹と縛られた写真と、ミスパンダの勇姿が載っていた。

MNCこと佐島大臣は、トレーニング中の直輝にお礼の電話をかける。

「グレーゾーンに隠れた人を暴くためなら、俺はどんなことでもできます」と直樹。

電話を切った佐島は、隠し持っている森島哲也の警察手帳と親子写真を眺める。

「どんどん君に似てきたね」とつぶやくのだった。

 

・ ・ ・

 

宮澤沙奈恵はまた磯貝コーチと組むことになったらしい。

「来年の世界選手権には私が必ず優勝する」と、宮澤はレンに言う。

微笑むレンに「諦めてないんでしょう?」と囲碁とリコのことを持ち出し、勝守を差し出す。

 

・ ・ ・

 

「本当にあと1歩だったのに」と悔しがっている神代。

しかし、あずさは直輝からの返信がないことを気にしていた。

あずさが席を立った時、携帯が鳴る

待ち受けの「森島直輝」の名前と写真を見て、驚く神代だ。

 

・ ・ ・

 

診察室の門田先生と直輝。

「川田レンは、レンじゃないですよね」との直輝の問いに、顔がこわばる門田だ…。

 

 
 
 

>>>『Hulu』の2週間無料トライアルはこちら!

 

 

--- 以上、シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。 3話のネタバレでした~! ---

 

シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。 3話を見逃した人は、

 

『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』を1話からまとめて視聴できる『Hulu』がおススメです!

 

いつまで”2週間の無料トライアル”があるのか分からないので、見たいかたはお早めに~^^♪

 

 

>>>『Hulu』の2週間無料トライアルはこちら!

 

 

これで連休の暇つぶしはバッチリです(笑)








シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。の動画!3話の感想まとめ

 

シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。 3話の感想は、

スポーツ界のグレーゾーン…今回も旬の話題を遠慮なく取り上げるなぁと、感心してしまいました。

日本人選手同士の争いかと思いきや、若いコーチと外国人のライバル選手のマネージャーとの黒い疑惑とは、手の込んだ設定でした!

三浦貴大はあまり汚れ役のイメージがないので、腹黒い演技や転じた負けっぷりは、とても面白かったです。

無事白黒つけて神代からも逃走した2人ですが、直輝はすっかり身元がバレてしまいましたね。

今後神代がどう振る舞うのか、興味津々です。

 

レンとリコの関係もだんだんクリアになってきました。

母親の前でオリに入っている方がリコで、しかも現在のレンだったようですね!

しかし、火事のことまでは直輝に打ち明けても、母のDVについてはまだ明かせない様子のレンがかわいそうでした。

 

そもそもそのような家庭問題を抱えているのに、3人でバンガローに泊まったことが、異様な感じがします。

母親の壊れ具合から見て、全く他人の放火なのかも、少々疑問に感じるところですね。

 

また、門田医師の後暗そうな様子を見ると、直輝の想像通り、2人の入れ替わりは事実な様子です。

少なくとも門田が知っていることは次回明らかになる様子なので、待ち遠しいです!








シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。の動画!3話のあらすじを最後に

ドラマ『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』3話のあらすじを簡単に紹介します~!

レン(清野菜名)は、スピードクライミング選手・沙奈恵の会見を見て、彼女が中学時代の同級生だと思い出す。沙奈恵は、練習中に誰かが命綱を切って自分を殺そうとしたと訴える。一方、直輝(横浜流星)はMr.ノーコンプライアンス(佐藤二朗)から、この件を調べるように命じられる。レンは、入院中の沙奈恵を訪ねるが、過去のトラウマを刺激されて動揺する。異変に気付いた直輝に、10年前の忌まわしい出来事を打ち明ける。

シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。 公式サイト引用

 

最後までお読みいただきありがとうございました^^

 

 

>>>『Hulu』の2週間無料トライアルはこちら!

 

 

◆シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。 “全話”のネタバレまとめページはこちら↓

 

>>> シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。 “全話”の動画の視聴方法&ネタバレをチェック♪

 

※本ページの情報は2020年1月時点のものです。最新の配信状況はHuluサイトにてご確認ください。






タイトルとURLをコピーしました