シグナル ドラマの動画!6話を無料でフル見逃し視聴する方法

シェアする!!

ドラマ『シグナル 長期未解決事件捜査班』の6話が放送されましたね!

このシグナル 6話の動画は無料で見逃し視聴できるの?と、気になって動画を探している人が多いようです。


三枝警部補・大山刑事の展開が読めないストーリーが魅力のドラマ『シグナル』を6話目でついに見逃してしまったーー!!なんて人も多いと思います。


なのでこのページでは安心してシグナル 6話の動画を無料で見逃し視聴できる方法&ネタバレも紹介しています!


YouTube・Dailymotion・Pandoraなどの違法にアップロードされた動画じゃないので、高画質でCMもないし心置きなく視聴できますよ↓


>>>『FODプレミアム』の31日間無料おためしはこちら

シグナル ドラマの動画!6話の予告を紹介[PR]

『シグナル』6話の動画予告はこんな感じに!出所したばかりの工藤雅之はすぐに矢部香織を誘拐し犯罪を起こします。その工藤の犯行の動機には大山が深くかかわっていて…

シグナル ドラマの動画!6話を無料で見逃し視聴するおススメの方法

ではドラマ『シグナル』6話の動画を、無料で見逃し視聴できるおススメの方法を紹介します!

それは、シグナルの放送が終わるたびに毎回、見逃し配信をしてくれている公式のサービス『FODプレミアム』です!

『FODプレミアム』には”31日間無料おためし”が付いててお得なので、

YouTube・Dailymotion・Pandoraなどの違法にアップロードされた動画を探さなくても安全に見逃し視聴できます!


>>>『FODプレミアム』の31日間無料おためしはこちら

そして、完全に無料で見るためにはここからが大事なんです!

無料期間中に登録して、31日以内に解約することもできるので、その場合はお金を一切かけずに、シグナルの動画はもちろん

『シグナル』以外の現在放送中の最新ドラマ・映画・海外ドラマも、時間が許す限り好きなだけ見れてしまいます!

ただ、「Yahoo! JAPAN ID」を利用した”31日間無料おためし”は6月末に終了なので、

シグナルを安全に無料で見たいなら早めに登録したほうが損しないです!


>>>『FODプレミアム』の31日間無料おためしはこちら

※FODプレミアムに登録したら検索窓から「シグナル」で検索してくださいね^^すぐにみれますよ![PR]

シグナル ドラマの動画!6話の予想は

20代 女性 :

シグナルの6話の予想は、おそらく、あのお父さんは冤罪だと思います。

そして、犯人は今回拉致られた女の人の親かなぁ…?真犯人はポストの指紋のことも考えて、

どうにかしてあのお父さんの指紋をつけて、お父さんは、はめられて罪を擦り付けられたんだと思います。

それで、大山さんがお父さんを追い詰めている間に、証拠隠滅?もしくはお父さんに注目を集めるため?に放火したため、

娘を助けられずに大山さんを恨んだのかなー。と…。

謎なのは拉致られた女の人も火事のトラウマがあるっぽくて、娘が死んだときになんで近くにいたんだろー?

年齢的に、当時娘と友達だったのかな?拉致られた女の人は娘を助けたかったけど、できなかったんじゃないかなー。と思ってます。

  

30代 女性 :

シグナルの6話の予想は、工藤に誘拐されたお嬢さんがどうなってしまうのかが、まずは気になるところですが、

過去が変わったことがこれからの未来にどう関係していくのか気になります。

大山刑事は自分のしたことを悔いているようでしたが、人情味あふれるステキな刑事だと思うので、どうか彼の望むような未来に発展していってほしいと願います。

誘拐されたお嬢さんがまずは無事に見つかってほしい。そしてどうかこれ以上状況がわるくならないようになってほしいです。

また、大山刑事のことを調べていた三枝ですが、6話でもきっと何かしら進展が見られるはずだと思います。

  

30代 女性 :

シグナルの6話の予想は、連続窃盗犯として逮捕された男は実は冤罪で、

その男の娘は当時同級生だった誘拐された女性のせいで火災事故により死亡したので、

男が冤罪で逮捕した警察とこの女性に復讐をするのではないかと思います。

また、真犯人は別にいて、長い間ひっそりと暮らしていたけど、再捜査が始まったのを知り、さらに現在で事件を起こすような気がします。

大山刑事は、汚職の濡れ衣を着せられ、警察関係者に殺されているんじゃないかと思っています。

それを未来からの無線で暴いていくと思います。大山刑事の上司が一番怪しいような気がします。

保身のために大山刑事をハメたんじゃないでしょうか。

>>>『FODプレミアム』の31日間無料おためしはこちら

シグナル ドラマの動画!6話の見所はどこ?

20代 女性 :

シグナルの6話の見所は、今まで以上に鬱な展開になる気がします。

でも、5話で「なんで?」「どうなるの?」がたくさんありすぎて、鬱な展開になるとわかっていても、続きが気になり早く来週になってほしいです(><)! 予想ではあのお父さんは冤罪だと思うので、真犯人は誰か?そして、なんで娘は死んだのか? 現在、お父さんに拉致られた女の人との繋がりは?謎がいっぱい?今期やっているドラマで一番気になるかもです。 あと、大山さんが失踪した謎も少しずつわかってきているので、そこも話が進んだらいいなぁと思います。 とにかく来週も絶対見ます??笑

  

30代 女性 :

シグナルの6話の見所は、クールな三枝と、人情味あふれる大山刑事の対比をいつも楽しみにしています。

大山のことを気にしている桜井もいるので、三枝と協力して、どうか真実に近づいて行ってほしいなあと思います。

警察というのはドラマのように事件よりも組織のほうが優先されるのか気になるところですが、いち刑事である三枝がどのようにかかわっていくのか、これからも楽しみです。

これ以上悲しい思いをしてほしくないので、まずは誘拐されたお嬢さんが無事であるよう願っています。

そして、過去がかわったことや大山刑事に何があったのか、ナゾが早く知りたいです。

  

30代 女性 :

シグナルの6話の見所は、大山刑事の失踪の真実と、連続窃盗犯として逮捕された男の娘に何があったのか、

誘拐された女性との接点はなんなのかを早く知りたくて次回放送が待ち遠しいです。

いったいなぜ失踪したのか、生きているのか死んでいるのか、大山刑事をハメた人物は誰なのか毎回ワクワクしています。

あと、最大の疑問はそもそもなぜ無線機が過去と交信できるのかが一番知りたいです。

1話ごとに徐々にわかってくるので、1話も見逃せないです。

6話では大山刑事の失踪の真実が少しでもわかり、私の中のモヤモヤがはれて「あ~そうだったのか!!」という気持ちになるのを期待しています。


◆最新のドラマ動画の見逃し視聴方法&ネタバレまとめページはこちら↓

>>> ドラマ動画の見逃し&ネタバレをまとめてチェック♪

シグナル ドラマの動画!これまでの感想

20代 女性 :

シグナルのこれまでの感想は、いつも旦那とドキドキしながら見ています。

5話はまた一段と話が重くなってきたような気がします。

最初はどういうことかわからなくてモヤモヤしますが、話が進むにつれて

「え?あのお父さん犯人だったの?」「娘死んだの?」「もしかして、大山さん誤認逮捕?」とハラハラしながらも

「こういうことだったんだ!」とスッキリもします。

過去と未来がもっと上手く連携とれたらいいのにー?大山さんもっと考えて動いてよー?

とイライラ、ヤキモキするけど、どんどん続きが気になる展開です。

いつも色々考えながら見るので、見終わった後は私も旦那もぐったりです笑

  

30代 女性 :

シグナルのこれまでの感想は、出所したばかりの工藤が誘拐事件を起こしました。

過去を変える心配があると三枝は言っていましたが、実際に過去が変わってしまったようです…。

大山刑事を演じる北村一輝の人情味あるれる演技もとても良かったです。

また、三枝が大山刑事のことをかぎまわっていることを、中本部長が気にしているような描写もあり、

警察組織が大山刑事のことになにか関わっているようなことをにおわせていました。

岩田係長がどのような立場にいるのか、少しわからなくなりました。

事件ももちろんですが、三枝が警察組織のなかでどのように動き回るのかも気になります。

  

30代 女性 :

シグナルのこれまでの感想は、無線によって過去を変えると、現在が変わってしまい新たな被害者が出てしまうため、

現在の捜査で見えてきた犯人を教えられないところや、

ヒントを出したら過去で犯人が逮捕され、未解決じゃなくなったストーリーがハラハラ・ドキドキし、もどかしかったです。

また、大山刑事の失踪に、警察内部の人間が関わっているんじゃないかという展開も面白く、みんな怪しく見えてきました。

窃盗犯として逮捕された男は無実なのかもしれないと思います。

出所してから起こした誘拐事件現場にわざと残した指紋は、わざと残していたので警察にも復讐したいんじゃないかと思います。

>>>『FODプレミアム』の31日間無料おためしはこちら

シグナル ドラマの動画!6話【ネタバレ】← 紹介

ここからがドラマ『シグナル』6話のネタバレになります!

  

健人が大山に捜査のヒントを与えた後、事件は工藤の逮捕で解決してしまう。


しかし2018年、出所した工藤は矢部香織を誘拐。

健人は無線で大山にたずねる!

大山『みんな、俺のせいです…。工藤は、犯人じゃありませんでした。この事件は、未解決のままでよかったんです。なのに、俺が余計なことをしたせいで・・・』

大山の誤認逮捕

1998年5月8日

大山は被害者宅のポストから指紋を採取する。


そして被害者の男性に、刑事はこの中に似た男はいるかと写真を見せて訪ねる。

被害者は並べられた写真の中から工藤で間違いないと証言。

証言を聞いた刑事は大山に、工藤が犯人だと話す。そして郵便受けの指紋が工藤のものと一致し、大山は工藤の所に走る。

  

そして工藤を路地裏に連れ込み

大山『どうしてだよ?被害者がお前の顔を見たって言ってるよ!現場からお前の指紋もでたよ!あの車買うお金どっからでたんだ!?』

工藤『信じてくれ、和美が泣くようなことは俺は絶対にやってない!』

大山『署で話を聞く、こい!』

すると和美が来て『おじさん!おじさん!お父さんは犯人じゃない!!大山さんお父さんはやってないって私言ったじゃない!!』

工藤の手には何かのメモが握られている…

工藤『和美、大丈夫だ、お父さんを信じろ。直ぐに帰ってくる。今夜はおばさんの所にいってろ。和美をバスに乗せるから、ちょっと待っててくれないか』

大山は和美がバスに乗るまで工藤を待つ。


工藤『おばさんによろしくな…』 和美は無言でバスに乗り、工藤は大山の元へ。

和美はバスの中で泣く。

  
和美が乗った後ろの席には、今回誘拐された矢部香織と父親も乗っていた。

香織からの着信

&nbsp

矢部『娘と私はあのバスに乗っていて、事故に巻き込まれたんです…。香織も私も、命は助かりました。でも、香織はいまも、後遺症に苦しんでいるんです・・・』

そこに矢部の電話に地着信が!

矢部が電話に出ると『お父さん・・・私。私、一人よ。とっても、寒いの・・・』


警察は逆探知中。

  

桜井が電話を変わり『香織さん、警視庁の桜井です。いま、どこですか?見えるものを、教えてください』

香織は寒さで震えながら『倉庫みたいな、ところです…。寒くて』

桜井『倉庫?広い所ですか?』

香織『車の、荷台みたいな…』

桜井『窓は、ありますか?』

香織『窓は、ありません。室内も見えなくて、とても寒いです…』

桜井『冷凍車よ!冷凍車探して!!』

着信から範囲が絞られるが、桜井『何か変だは。普段は慎重な性格よ。どうして、香織さんから携帯をとりあげなかったの?』

そこに健人から着信が『工藤の動機が分かりました!奴の目的は香織さんじゃありません。工藤の娘と香織さんは昔、同じバス事故にあっています!

工藤は、矢部さんを恨んでいるんです!』

  

当時、大山は和美が乗ったバスを追い抜く。

大山と工藤が城西署に着くと、署内が慌ただしい。

バス事故のニュースが入り、事故の巻き込まれたの和美が乗ったバス。

それに気付いた大山はテレビ中継に映った、今まさに救助されそうになっている女性は和美。

しかしなぜか先に救出されたのは矢部の娘・香織。
  

その後、和美の救助をしようとするレスキュー隊だが、和美が救助される前にバスは爆発し炎上!

工藤『和美ーーーー!!!』

工藤の動機

現代に戻り。健人『工藤は、自分の娘が死んだのは、香織さんの父親のせいだと思って恨んでいるんです!』

桜井『それ、誰から聞いたの?』

健人『事故の目撃者です!』

桜井『目撃者?』

  

健人『今はそんなこと言ってる場合じゃありません!工藤が香織さんを殺すつもりだったら、誘拐なんかしないですぐにその場で彼女を殺すはず!

それなのにわざわざ誘拐した!香織さんの父親に、娘を助けられなかった自分と同じ思いをさせるためだ!!

工藤の目的は金じゃない!矢部さんへの復讐です!!』

  

桜井『警察を惑わせるために、ワザと、香織さんに連絡させた??』

健人『工藤は、復讐に一番ふさわしい場所に、矢部さんをおびき寄せようとするはず!恐らく、監禁場所は、バス事故の現場付近!俺もいま向かってます!』

  

桜井は健人の話を聞いて矢部をみる。しかしすでに矢部はいない・・・

車で現場に向かう健人は、大山との会話を思い出す。

大山『工藤は犯人じゃありませんでした…』

大山は証言を取った刑事の胸ぐらを掴み『工藤は白だったんだろう!!現場の郵便受けから工藤の指紋は確かに見つかった!

アリバイがあったんだろう!!どうなんだよ!え!?』

刑事『犯行時刻に、工藤を別の場所で見たって人がいました』

大山『じゃあ、なんでその証言無視したんだよ!!おい!!』


大山を周りの刑事が取り押さえる

  

刑事『上からの指示だったんですよ!』

大山『係長が?』

他の刑事『もっと上だよ!警視庁は、事件を早く幕引きしたがってた。誰でもよかったんだろう…』

工藤は連行される間も『俺はやってない…俺はやってない…俺はやってない…』とつぶやく。

大山が見ていると、工藤がかけより『お前のせいだーー!!お前のせいで、和美が死んだんだ!!お前のせいだーー!!大山ーーー!!』

大山は泣きながら、健人に無線で話す『この事件は、未解決のままでよかったんです。なのに、、俺が、余計なことをしたせいで…泣』

健人の声『俺のせいだ…なんとかしないと。』

工藤を逮捕

桜井は山田に電話し『至急応援を回して!98年、城西バスの事故現場よ!』

そこに工藤が立っている。そして矢部がやってくる。

工藤は矢部の携帯に、1人でここに来るようにメールしていた。

矢部は工藤を殴る。

矢部『娘は、どこだ!?』

工藤『いまどんな気分だ?』

矢部『なんでこんなことをするんだ?』

工藤『お前も昔、ここで同じことをしだろう。俺と同じ思いをさせてやる。娘の死ぬところを目の前で見せてやる…。

薄着の人間がマイナス30度の所にいると、2~3時間で死ぬ。マイナス10度ならどれくらいだろうな??』

矢部『お願いだ!私が悪かった~、だから、娘の命だけは助けて下さい・・・』

工藤『こんなことをしてる場合じゃないだろう。早く助けにいけよ』

  

すると橋の下に1台の貨物トラックが止まっている。それに気付いた矢部が走る。


健人は橋の上に立つ工藤に気付く。

桜井は現場に向かいながら考える。

健人は走って工藤の元へ。『香織さんはどこだ!?』

矢部がトラックに向かって走る。

桜井に電話をかけ『工藤は確保しました。事故現場の南側に、冷凍車が止まっています!』

矢部は冷凍車につくが、開け方が分からない。

その頃、他の場所にとまった冷凍車に向かう警察。

桜井美咲が殉職!?

桜井が矢部がいる冷凍車の前に着く。

健人は工藤に手錠を賭け『工藤雅之、略取誘拐の容疑で逮捕する』

工藤『短すぎる。俺の20年に比べたら、あっという間だ…』

健人はこの言葉を聞いて考える『娘が事故で焼死…。電気技術の資格??冷凍車に監禁…?』


健人は工藤に『なぜ電気技術を学んだ?何のためだ?』

工藤は無言でトラックの方をみる。

  
その頃、警察は無理矢理、冷凍車の荷台をこじ開けようとしていた…

健人の声『冷凍車では、ガスが使用されている…』

桜井も警察も冷凍車のドアをこじ開け、中へ

健人は走りながら『入るな!ダメだーーー!!』

香織は警察が明けた方の冷凍車で発見される。

  

そして桜井が入った方の冷凍車には誰もいない。


桜井が電気を付けようと電源を入れると、冷凍車は爆発!!

健人は吹き飛ばされ、そのまま意識を失う。目を覚ますと毛布にくるまれている。

冷凍車には炎が、健人『桜井さーーーーん!!』

タンカーで運ばれる黒焦げの桜井・・・

  

地面には桜井の警察手帳が・・・

桜井が殉職。山田と小島も駆け付け、泣く。そこに警察官僚と共に仲本も

健人は大山の言葉を思い出す。

  

事件後すぐに桜井にデスクをかたずけようとする岩田

『国民の税金で購入した備品だ。チームに欠員は出たが、人員の補充はしない。班長は、山田に変更だ』

健人『それが警察のやり方ですか?』

岩田『なに?』

健人『昨日まで一緒に働いてた同僚の机ですよ!その仲間が死んだって言うのに、冷たすぎるでしょう!!』

岩田『お前は、近くにいたそうだな?』岩田は健人の胸ぐらをつかみ、震えながら怒りを抑える。

涙をこらえ『未解決班はそのうち解散だ。しばらく堪えてくれ・・・』

桜井が健人に残した言葉

健人が帰ろうとすると、安西が『三枝さん、この度は、突然のことで…。あの、美咲さんね、警察嫌いの刑事がいるって…、美咲さんそう言ってました』

健人『え?』

安西『生意気で、理屈ばかりこねて、腹が立つことが多いって。でも、刑事として、一番大切なものはちゃんと持ってそうだって…

最近、三枝さんの話題が多かったから。期待してたんだと思います』

健人は何も言えず帰る。そして桜井の言葉を思い出す。

桜井『あなたプロファイラーでしょう?冷静に距離をおいて、事件を分析して』

健人は連続窃盗事件について改めて分析を始める。兄・亮太と写った写真の横には、桜井の警察手帳が置かれている。

健人の声『距離をおいて、静に・・・。工藤が逮捕された理由は、郵便受けの指紋と、3件目にあった白石家の長男・智弘の証言…。

事件の状況の中に、何か糸口があるはずだ。真犯人を捕まえれば、未来は変えられる・・・』

  

1998年、大山は犯人を追いかけた夜の事を思い出しながら現場を見る。

警察『この辺はセキュリティーが厳しくて、庭にも簡単には侵入できないはずなんです』

大山は仲間に取り押さえられた現場に行き『やっぱり、逃げ道なんてどこにもない…』

健人は考える『被害者宅の3人の息子は年齢が近い。しかし、3人とも高校も大学もバラバラ。

健人は3人の息子を検索し、ヨットが共通点だと気付く。

健人の声『工藤の逮捕は、指紋と白石の証言が決めてだった?もしその証言が嘘だったとしたら…?』

1998年5月22日 真犯人は?

大山は白石の元へ『城西署の大山です。全然電話にお出にならないので、直接伺いました』

白石『刑事さん、もう犯人逮捕されたんでしょう?もうみんな話ましたよ。約束があって…どういうことですか??』

  

大山『お急ぎのようなんで、単刀直入にお聞きします。あの夜、侵入者を見たそうですね?もう一度確認させてください。

犯人は窓から出て、東の方に逃げたんですよね?』

白石『ええ、そうです』

大山『それはおかしいです。あんなに捜査員がいたのに、誰も犯人を見てない』

白石『知らないですよ~俺はちゃんとみたから』

大山『あなた前回、西の方に逃げたといいましたよね』

白石『は、ふざけやがって…』

大山『犯人に逃げ道なんてなかった。どうして嘘をついたんですか?何を隠してるんですか?』

白石は運転手に『お前!』運転手が大山を追い払う。

上からの圧力

大山は和美と工藤の言葉を思い出す『犯人は素人ね、プロならあんな近くに家を狙わないでしょう?警戒される決まってるんだから』

『それにしても変だよな!手口は素人のくせに、セキュリティーが厳重な家になんなく侵入してる』

大山が署に戻ると、岩田が来て『おい、なぜ勝手に白石の息子にあった?』

大山『もちろん操作です』

岩田『あの事件は工藤の逮捕で終わったんだ!』

  

大山『終わってません!どう見ても犯人の逃げ場所は有りませんでした!じゃなんで俺たちは犯人を捕まえられなかったのか?

犯人なんていなかったからですよ!!白石智弘は嘘をついてます!この事件は、自作自演の可能性があります!再捜査すべきじゃないですか!?』

  

岩田『大山、智弘は、白石重工社長の息子だ。これ以上ことを荒立てないでくれ…』

大山『係長!』

岩田『人間にはレベルってもんがあるんだ!!悔しいけどな、白石智弘の言葉は証言で、工藤の言葉は戯言なんだ…』

大山『だから黙ってろって言うんですか!?』

岩田『そう言うことなんだよ…。わかれ』

大山『ったく、素晴らしい世の中だよ。これが警察かよ!!』怒って出ていく。


大山が車で事件を整理していると、健人から無線が入る。

健人と大山の無線

大山『三枝警部補、工藤、どうなりましたか?』

健人『工藤は、殺人を犯しました…。捜査員が1人、犠牲になりました』

大山『捜査員?・・・』

健人は涙をこらえながら『連続窃盗事件の捜査は?』

大山『容疑者は特定できました。でも…証拠がありません』

健人『容疑者?白石智弘ですか?』

大山『そ、そうです!白石です!』

健人『被害にあった3件の息子は、学校がバラバラで、一見接点はありません。でも、この3人は同じヨットクラブのメンバーでした』

大山『ヨットクラブですか?!』

  

健人『被害にあった3件の息子が知り合い。これは偶然には思えない!工藤逮捕の証拠は、郵便受けの指紋と、工藤の目撃情報。


しかし、白石智弘の供述には、不審な点もあります。白石は、工藤を知っていたはず』

  

大山『工藤?工藤と白石に接点ですか?』

健人『その接点を見つければ、糸口になるかもしれません!』

大山『でも、工藤は、面会を拒否しています。俺に会おうとはしません』

健人『俺が、工藤に聞いてみます。2018年の工藤に。。』

大山『あの、俺は、何をすれば?』

健人『犯人は、まだ盗んだものをどこかに隠しているはずです。それを探してください。それが、決定的な証拠になります・・・』

大山『分かりました。探して見せます。三枝警部補は、必ず、工藤から何か聞き出してください。お願いします…』

健人『必ず、この事件の解決を・・・』

無線が切れ、健人は工藤の事情聴取に向かう。

  

健人は工藤の前に座り、工藤は目を開ける・・・


--- 以上、シグナル 6話のネタバレでした~! ---

  
シグナル 6話を見逃した人は、

無料期間中に1話から見逃し視聴できる『FODプレミアム』がおススメです!


>>>『FODプレミアム』の31日間無料おためしはこちら


いつまで“31日間の無料おためし”があるのか分からないので、見たいかたはお早めに~^^♪

これで連休の暇つぶしはバッチリです(笑)

シグナル ドラマの動画!6話の感想まとめ

ドラマ『シグナル』6話の感想は、まさかの吉瀬美智子演じる桜井美咲の殉職!!これはかなりの衝撃でしたね!

これまで2話で一つの事件が解決する流れだったため、6話で連続窃盗事件が解決するものだとばかり思って視聴していたのですが、桜井が亡くなり、事件が解決しないのには2重にビックリさせられました!


面白すぎます!シグナル!!

  

この事件は現在の健人と、過去の大山が同時に事件を捜査することで解決に向かうようですが、その過程で、現代の大山失踪の理由も徐々に明らかになりそうです!

まずはどうやら、「岩田係長が何かを握っているようですね!次回も見逃せない展開になりそうですw


>>>『FODプレミアム』の31日間無料おためしはこちら

シグナル ドラマの動画!6話のあらすじを最後に

ドラマ『シグナル』6話のあらすじを簡単に紹介します~!

無線によって塗り替えられた現実は真実か、それとも――!?


20年前に逮捕された窃盗犯が、刑務所を出所直後に女性を誘拐!塀の中で無罪を訴え続けた男の悲しい記憶は、いつしか狂気へと変わり…。

  

1998年、高級住宅地で連続窃盗事件が発生。


捜査に行き詰まった大山(北村一輝)から無線で助けを求められた健人(坂口健太郎)は、過去を変えることは危険だと感じつつも、プロファイラーとして事件解決の糸口を伝える。

  

すると翌日、事件ファイルから捜査に関する記録が消滅。


事件発生から20年経っても未解決だったはずの事件は、1998年に犯人逮捕で幕引きを迎えていた。

  

逮捕されたのは元窃盗犯の工藤雅之(平田満)。


被害者による目撃証言に加え、健人の言葉通り被害者宅の郵便受けを調べたところ、指紋が検出されたらしい。

  

しかし過去の捜査資料によれば、工藤は現場に指紋ひとつ残さない慎重なタイプ。


さらに、工藤が逮捕後も犯行を否認し続けたことから、健人はこの一件が誤認逮捕で、自分の言葉が無実の罪を生んだのではないかと動揺する。

  

その矢先、刑期を終えて出所したばかりの工藤が誘拐事件を起こす。

  

被害者は矢部香織(野崎萌香)という大学の研究員で、両親と暮らす自宅で拉致された後、行方が分からなくなっていた。

  

捜査本部は金銭目当ての誘拐だと断定するが、現場に多くの証拠が残されていることに違和感を覚えた健人は、犯行の動機が怨恨(えんこん)ではないかと推理。

  

その理由を確かめるため無線機を手に取るが、無線から聞こえてきたのは「工藤は犯人じゃありませんでした」という悲痛な声。


そして大山は、健人がもっとも恐れていた事態について話し始めて…。

  

一方、矢部家には香織本人から電話がかかってくる。


おかげで監禁場所は特定できたものの、美咲(吉瀬美智子)はなぜ香織が電話できたのか、ふに落ちない。

  

するとそこへ健人から連絡が入る。


実は、工藤が連続窃盗犯の容疑者として連行された直後、工藤の娘は事故で焼死。


その際、香織とその父・英介(小須田康人)との間にある接点が生まれたという。

  

そしてそれこそが、工藤が香織を誘拐した本当の理由だった――!

>>>『FODプレミアム』の31日間無料おためしはこちら


最後までお読みいただきありがとうございました^^


◆最新のドラマ動画の見逃し視聴方法&ネタバレまとめページはこちら↓

>>> ドラマ動画の見逃し&ネタバレをまとめてチェック♪

※本ページの情報は2018年5月時点のものです。最新の配信状況はFODサイトにてご確認ください。[PR]

シェアする!!