シグナル ドラマの動画!最終回10話を無料でフル見逃し視聴

シェアする!!

ドラマ『シグナル』の最終回が放送されましたね!

このシグナル 最終回の動画は無料で見逃し視聴できるの?と、気になって動画を探している人が多いようです。


坂口健太郎と北村一輝の予測不能な刑事ドラマ『シグナル』を最終回に限って見逃してしまったーー!!なんて人も多いと思います。


なのでこのページでは安心してシグナル 最終回の動画を無料で見逃し視聴できる方法&ネタバレも紹介しています!


YouTube・Dailymotion・Pandoraなどの違法にアップロードされた動画じゃないので、高画質でCMもないし”1話~全話まとめて”視聴できますよ↓


>>>『FODプレミアム』の1ヶ月無料おためしはこちら

シグナル ドラマの動画!最終回10話の予告を紹介[PR]

ドラマ『シグナル』最終回の動画予告はこんな感じに!

シグナル ドラマの動画!最終回10話を無料で見逃し視聴するおススメの方法

ではドラマ『シグナル』最終回の動画を、無料で見逃し視聴できるおススメの方法を紹介します!

それは、シグナルの放送が終わるたびに毎回、見逃し配信をしてくれている公式のサービス『FODプレミアム』です!

『FODプレミアム』には”1ヶ月無料おためし”が付いててお得なので、

YouTube・Dailymotion・Pandoraなどの違法にアップロードされた動画を探さなくても安全に見逃し視聴できます!


>>>『FODプレミアム』の1ヶ月無料おためしはこちら

そして、完全に無料で見るためにはここからが大事なんです!

無料期間中に登録して、1ヶ月以内に解約することもできるので、その場合はお金を一切かけずに、シグナルの動画はもちろん

『シグナル』以外の現在放送中の最新ドラマ・映画・海外ドラマも、時間が許す限り好きなだけ見れてしまいます!

ただ、Amazonアカウントで利用できる”1ヶ月無料おためし” はいつまでやっているのかわからないので、


シグナルを安全に無料で見たいなら早めに登録したほうが損しないです!


>>>『FODプレミアム』の1ヶ月無料おためしはこちら


FODプレミアムに登録したら検索窓から「シグナル」で検索してくださいね^^すぐにみれますよ!


※Amazon Pay及びアプリ内課金を利用して登録すると、初回に限り1ヶ月無料![PR]

シグナル ドラマの動画!最終回10話の予想は

40代 女性 :

シグナルの最終回の予想は、大山は、三枝に兄を助けてくれと言われ、昔の加藤良太の家に急ぐ。

そこで、出会ったのは警視庁の三枝刑事部長だった。言葉巧みに、主犯格は加藤だと言ってもらうのだった。

大山は、間一髪で、加藤良太の命を救う。

これで、大山が腹部を刺され、殺されることはなくなり、過去が変えられるのだった。

三枝の現代には、兄が戻ってくる。そして、大山と桜井は、過去にはできなかった二人の気持ちを伝え、現在では、二人はけっこんしているのだった。

そして、無線機はまったく通じないガラクタになってしまう。

しかし、今度は違う時間につながっているのではないかという雰囲気を出して終わる。

  

30代 女性 :

シグナルの最終回の予想は、北村一輝が主人公のお兄さんのことを助けると思います。

9話で、お兄さんが北村一輝に助けを求めていたためそれは実現することが可能なのではないかと思います。

お兄さんを殺そうとしていたのは、その事件の主犯である男子高校生のお父さんが雇った人であると思います。

その事件を調べていることが警察官のトップに知れ渡ってしまい、主人公も命の危険に合うと思います。

それを助けるのが、未解決捜査班チームの人たちであると思います。

力を合わせてその事件の真犯人を捕まえるのではないかと予想しています。

その結果、過去と未来が変わると思います。

  

30代 女性 :

シグナルの最終回の予想は、想像がつきませんね。

正直。様々なつながりが明るみになり、視聴者にはついにすべての材料がそろったように見えます。

最終回は、もちろん、武蔵野事件の解決。真相解明に成功し、中本刑事部長の闇が明るみにでて、政治家ともども失脚。

そして、小川開発の破滅。「未来を救え」のキャッチフレーズそのままに、同じ職場には、大山さんがいて、桜井さんとわちゃわちゃしている。

お兄さんは死なずに、淡い恋心を実らせて結婚。母親と一緒に幸せに生きている。

そんな優しい世界だったら、いいな。けれど、原作は韓国。思いもよらないことが起きそうな予感がします。

日本人が好きなハッピーエンドにしてくれるなら。三枝の目の前に広がる世界が、大山刑事のいう「幸せ」に溢れていてほしい!!

  

40代 女性 :

シグナルの最終回の予想は、前回大山巡査部長の骨が発見されたところで終わっていたので、

今回はやっぱりようやく黒幕がでてきたなあと思いました。

ドラマとはわかっていても黒幕の権力を持った人間が間違ったことを隠すためだけに、何の罪もない正しい人間をただ殺してしまう、犠牲になっていく。

ドラマではよくある設定ではあると思いますが、ハラハラしてきになります。

きっと「無線」というものを通じて過去と現在を繋いでいるというところで、何とか過去をかえてほしい、

そうすれば事件がこれ以上悲しいものにならないという感情移入をしてしまうのだと思います

また大山巡査部長が犠牲になったさえぐさ警部補(当時はこども)のことを見守っているところも泣けました。

  

20代 女性 :

シグナルの最終回の予想は、きっと、大山巡査部長が三枝警部補のお兄ちゃんが自殺と見せかけられる前に、

証拠と一緒にお兄ちゃんを助けてくれるはずです。

しかし、それがバレて今度は大山巡査部長がやはり殺されてしまうのではないでしょうか。

未来には三枝警部補のお兄ちゃんは生きているのでは?と思う反面、

過去を変えれば未来が変わるというこのドラマの通り、未来で何かがまた起こると思われます。

予告では、三枝警部補が血まみれで救急車?に乗っていた映像が流れていました。

警察幹部にやられたのでしょうか?全て口封じのためなのでしょうか?

最終的には過去を変えることはできず、同じ結末になるのかと思います。

  

30代 男性 :

シグナルの最終回の予想は、桜井さんに無線のことがバレてしまったので協力してもらうことになる。

過去で大山刑事が集団暴行事件が解決する。過去の事件が解決したことで未来が変わってしまう。

大山刑事と桜井刑事の恋愛もハッピーエンドになる。健人と大山刑事との関わりは、なくなってしまう。

中本管理官と野沢衆議院議員との繋がりも明らかになる。中本管理官と岩田刑事との関わりも明らかになる。

集団暴行事件の真犯人が小川陽一で、斎藤裕也が健人の兄、

加藤亮太に渡していたが桜井刑事の仕事を見守らないといけないので証拠を取りに行けなかったのが取りに行けるようになる。

  

50代 男性 :

シグナルの最終回の予想は多分三枝健人(坂口健太郎)と桜井美咲(吉瀬美智子)に活躍により、

武蔵野集団暴行事件の主犯が挙げられ衆院議員・野沢義男(西岡徳馬)と中本慎之助(渡部篤郎)の癒着、

事件の真相に関わった斎藤裕也(瀬戸利樹)の犯罪が暴かれ旨くゆけば大山剛志(北村一輝)も蘇り、

長期未解決事件捜査斑と大山は昔よく食べた焼き鳥屋のおかみ(濱田マリ)と仲良く焼き鳥とオムライスを食べて祝杯を上げる様子が見えてきそうです。

結局、終わりよしの結末を予想しますが、問題は加藤亮太(瀬戸利樹)や岩田一夫(甲本雅裕)、

井口奈々(山田愛奈)まで生き返るのかどうかとゆう事がまだよくわかりません。

  

20代 女性 :

シグナルの最終回の予想は、何のためにトランシーバーで過去の大山と現代の健人が繋がったのかの謎が解かれていくと思うので、

大山の助けたいという気持ちと健人の兄の無実を晴らしたいという気持ちに応えられる結果になると思います。

しかし、警察内部の権力は大きいので、何とか命がけで無実を証明できる程度になるのかなという気がします。

主犯、共犯、その親たちに償ってもらうところまでは難しいかもしれません。

でも、法的には罰せられるところまでいかなくても、一生後悔するような気持ちで生きて欲しいところだし、

そんなストーリーになると信じています。

  

30代 女性 :

シグナルの最終回の予想は、武蔵野の事件の真相が暴かれ、黒幕の正体も分かってくるんじゃないかなと思います。

恐らく中本が警察内部の黒幕でさらにその上にいるのが国会議員の野沢だと思います。

権力を持っていれば、何をやってもいい、犯罪を犯してもいいという考え方を持っているからこそ、大山を殺害出来たんじゃないでしょうか。

大山だけは三枝の兄の無罪を信じていたので、そこだけは救いです。

三枝の兄は中本に殺害され、第一発見者は三枝ではなく、大山になるのかもしれません。

大山、三枝、桜井が事件の真相を追究して、中本と野沢が失脚するんじゃないかなと思います。

  

30代 女性 :

シグナルの最終回の予想は、無線でお兄さんのことを大山に助けてほしいと言っていたので大山がお兄さんを助けに行く。

病院へ救急搬送されるが助からない。

刑事部長が直接お兄さんを殺そうとしていたことがわかり刑事部長が逮捕され、警察組織が裏で隠蔽工作してたのも判明する。

予告で三枝が刺されたようでしたが、刑事部長が自分の地位とか何もかも失ってヤケクソになって刺したのだろうと思いました。

最終的には三枝は助かり刑事復帰するところで終わる。

無線で過去が変わったりすることもありましたが、結局変わらないこともあったのでお兄さんは助からないだろうなと思いました。

  

40代 女性 :

シグナルの最終回の私の予想は、過去と繋がるトランシーバーによって過去をかえること事ができるのではないかと思います。

大山警部補の死も健人の兄の死も両方とも未然に防ぐ事ができ、

過去の暴行事件の犯人に仕立てられた亮太の無実も明らかになり事件の主犯もはっきりして逮捕されるのではないでしょうか?

それと警察関係者の関与もはっきりしてくると思います。

大山警部補の死が未然に防ぐことができ、現在の美咲の前に大山警部補が現れ、健人の兄の亮太も現在に現れてお互いに再会を果たすのではないかと思います。

できればいい結果になって欲しい。

  

50代 男性 :

シグナルの最終回の予想は、捜索一係長・岩田一夫(甲本雅裕)の最後をみとった三枝健人(坂口健太郎)は彼の言葉から、

多分行方不明の大山剛志(北村一輝)のその後の消息を知る事になりますが、多分死んでいるだろうと思われます。

そこから武蔵野集団暴行事件で逮捕されその後自殺した兄の加藤亮太(神尾楓珠)の真相をしりこれにこれについて大山剛志(北村一輝)に真相究明を依頼するが、

行方不明になる大山剛志(北村一輝)を心配して事件から手をひくようにアドバイスするが、熱血警官の大山は拒否して危険な真相究明に挑んでいく。

その様子にハラハラドキドキする展開が予想されるます

  

30代 女性 :

シグナルの最終回の予想は、大山刑事はとりあえず生きていると思います。桜井が無線機の事実を知り、大山と無線機で通信をして、

そこで何かしらのやり取りがあり、危機一髪助かるのではないのかなと信じています。

三枝のお兄さんも自殺偽装で殺される前に大山刑事が助けに入るのではないかなと思っています。

そこで事件の真相が明かされるのか、それともそこで大山刑事も殺されるのかどちらかなと思います。

私はハッピーエンドで終わると予想しているので、三枝の周りで亡くなった人はみんな生きており、

現在それぞれの道を歩み、それを三枝が微笑ましく見ていると思います。

  

30代 女性 :

シグナルの最終回の予想は、大山刑事がずっと行方不明になっていたのはどうしてかが解明されて、

三枝刑事のお兄さんの事件についても真相が明らかになると思います。

イヤミで威圧的で高圧的な上司の中本刑事がまた過去の事件をもみ消そうと躍起になって、三枝刑事の捜査を妨害するのではないかと思います。

あと、岩田刑事の殺害事件は警察上層部がなんらかの形で関与していて、そのいきさつや犯行の経緯や動機なども、

徐々に明らかになって明るみに出てくるのではないかと思います。

過去と現在の交錯が徐々に現在の今の事件とつながってリンクして真相が少しずつ判明していく気がします。

  

30代 女性 :

シグナルの最終回の予想は、三枝刑事の奮闘により大山刑事が死ぬ運命から逃れる結末になるのか、

それとも死んだままなのか、正直どちらになるか全くわかりません。

ただ、時を超えて繋がる無線機の謎は最終回でようやく解明されることになるのではないかなと思います。

あと三枝刑事のお兄さんの事件が冤罪で無実が証明される展開になるんじゃないかな、なったら良いなと個人的に思っています。

そして諸悪の根元だと思われる、中本刑事部長の今までの隠蔽工作や様々な警察内部の悪事が明るみに出てきて、

もっと上の上層部まで腐敗が広がっていて、それが全て赤裸々に世間の目にさらされる展開になるかもしれません。

>>>『FODプレミアム』の1ヶ月無料おためしはこちら

シグナル ドラマの動画!最終回10話の見所はどこ?

40代 女性 :

シグナルの最終回の見所ですが、一体、大山と三枝は、無線でその時の捜査の流れを共有することで、過去を変えられるのか、

また、そのため、三枝の兄の命は救えたのだろうか、また、もし救えたとしたら、現在はどうなっているのか。

大山の命は助かったのか。楽しみにしていること満載です。

過去が変わって、三枝の兄もやり直し、立派な大人になっていてほしい、大山は殺されずに、現在の桜井とハッピーエンドになっていてほしいです。

しかし、もう、過去の時間もすぎているので、三枝の寂しい日々は救えないことを嘆く、大山だったのでした。

そして、武蔵野事件が解決したと同時に、無線も通じなくなる。

  

30代 女性 :

シグナルの最終回の見所は、北村一輝、主人公のお兄さんが過去が変わり今を生きている設定になるのかどうかがまずは、

とても楽しみにしている点であります。

警察官のトップである管理官の動きにはとても注目したいと思います。

真犯人を隠している管理官には何か裏があると思います。その裏がどんなものなのか気になります。

もし、北村一輝が生き返るとなれば、吉瀬美智子との恋愛模様がどうなるかが楽しみです。

二人は、恋人関係になるのか、ただの上司部下の関係なのかどうなるかが楽しみです。

主人公のお兄さんが生き返れば、2人の兄弟としての時間をどうやって取り戻していくのかが楽しみです。

  

30代 女性 :

シグナルの最終回の見所は、本当に過去は変わるのか。未来は救えるのか。ここは最大の見どころでしょう。

三枝が偶然にも大山刑事のトランシーバーを手に入れて、過去の大山刑事と出会い、当時、未解決だった過去の事件を解決に導いてきた二人。

そのタッグがいよいよ最終回かと思うと寂しいですね。

久しぶりに、じっとテレビにかじりついているドラマを見た気がします。先が楽しみで仕方がなかったドラマでした。

武蔵野の事件解決するのか、大山さんは無実の罪で殺されないで、未来に生きることができるのか。

未来時間23:23にしか会話できない二人の再会が、未来につながっていることを期待します! 

  

40代 女性 :

シグナルの最終回の見所は、さえぐさのお兄さんと大山巡査部長は助かるのか?

さえぐさ本人もどうなってしまうのか?が一番に気になります。

武蔵野集団暴行事件はどうやって解決していくのか?解決するのか?それとも迷宮入りしてしまうのか?

未解決班が頑張って他の部署とは別に捜査を行っているので未解決班が事件とどうかかわっていくのかというのも気になります。

また、事件の解決を握るのは「無線」だけではなくて、どちらの時代にも関係している桜井の存在も大きいと思います。

あまり大きくは取り上げられてはいないけれど、桜井と大山の関係も密かに気になるところです。

  

20代 女性 :

シグナルの最終回の見所は、毎回、予想とは全く違う方向に展開が動くので見ていてとても面白いです。

そして、ドキドキしています。

最終回もやはり予告で見た三枝警部補がなぜ血まみれになっていたのかが気になります。

誰かに銃で撃たれたのでしょうか。撃ったとしたら誰なのでしょうか。

三枝警部補のお兄ちゃんを自殺と見せかけるように、殺したのは誰なのか。警察幹部の仕業なのか。

そこがとても気になります。未解決班の団結力もいつも見ていて楽しいポイントです。

最初は全然息もあってなかったのに、事件を重ねていくにつれて仲間への思いや信頼というところが分かりやすく描かれていてそこも見どころの一つだと思います。

  

30代 男性 :

シグナルの最終回の見所は、集団暴行の真犯人は誰なのか。健人の無線が大山刑事と繋がっているのを聞いた桜井刑事は、どうするのか。

現在では亡くなっている大山刑事の命は助かるのか。もし助かったら未来がかわってしまうのか。

大山刑事が助かったら大山刑事と恋人になれるのか。事件か解決したら健人と大山刑事との関わりは、なくなるのか。

中本管理官と岩田刑事の関わりは。中本管理官と野沢衆議院議員との関わりは。岩田刑事を大山刑事を殺したのは。

事件が解決したら無線は、どうなるのか。中本管理官と大山刑事との確執は。

韓国ドラマを見た人は、このシグナルを見たらどう思うのかなどみどころはたっぷりあります。

  

50代 男性 :

シグナルの最終回の見所は、衆院議員・野沢義男(西岡徳馬)と中本慎之助(渡部篤郎)と斎藤裕也(瀬戸利樹)の癒着が暴かれ正義の判決が下されることを期待します。

勿論、大山剛志(北村一輝)が生き返って欲しいのはその通りですが、どこまでが元の通りになるのか無理なく元に戻せるのか難しいところです。

そこまで元に戻すなら、政治家、警察幹部と建設業者の癒着まであばけるのかまともに考えると難しい局面です。

まぁ、あくまでも長期未解決事件捜査ですので、武蔵野集団暴行事件が正義の判決にもどり、

癒着は暴かれずそれをこれから捜査するとゆ最後になるかもしれません。

  

20代 女性 :

シグナルの最終回の一番の見所は、過去の大山と現代の健人とのトランシーバーでの最後の会話です。

健人はきっと大山に感謝の言葉を伝えたいと思います。一言一言かみしめて聞きたいです。

二人の絆を感じたいです。

大山がみさきに後で話そうと言ったことの内容も気になります。

大山とみさきについても楽しみです。愛情が二人の間にあったと思います。

そしてなんと言っても武蔵野の事件の真相がわかり、どこまで亮太の無実の証明ができたり、どこまで真犯人に罪を追及できるのか。

善と悪について。権力について、組織というものについて色々と考える材料を残して欲しいです。

  

30代 女性 :

シグナルの最終回の見所は、過去の大山と繋がったことによって、未来が変わっていくということですが、きっと三枝の兄は助からないと思います。

殺害されたことを知った大山はその犯人を捜すんじゃないでしょうか。

そしてその犯人が中本だと知った時、中本に対して反旗を翻し、その結果中本に殺害されてしまう。

でも三枝がいることによって、未来を知った大山はきっと中本の手から逃げてくれると思います。

中本の裏にいるのが野沢だと知って、何か行動を起こしてくれるんじゃないでしょうか。

気になるのは大山の命です。

2018年に白骨遺体となって発見されましたが、三枝とつながっていることで助かってくれていたらいいなと思います。

  

30代 女性 :

シグナルの最終回の見所は、お兄さんの死の真相がわかること、これまでの事件で刑事部長が裏で隠蔽工作していたのが全て判明すること、

そして何より大山さんが生き返ることが楽しみです。

生き返るという言葉は正しくないかもしれませんが、大山さんが実は無事だったというオチはどうでしょうか。

私の願望ですが、大山さんが無事で三枝とも実は顔見知りで…いや実は一緒に住んでるというところまでいったら不自然でしょうか。

少年時におじさんに引き取られたが、その後おじさんが亡くなり、どこにも居場所がなく大山が引き取るというのもアリだ思います。

だからお兄さんは亡くなったままで助からない。助かったらお兄さんと暮らすでしょうから。

それで大山を見て警察官になりたいと思うようになった。

  

40代 女性 :

シグナルの最終回のみどころは、もちろんトランシーバーでの繋がりで過去の事件を変えて未然に防ぐことができるかだと思います。

大山警部補や健人の兄の亮太の死も未然に防ぐことができるのか?

また過去の暴行事件の主犯も捕まり、警察関係者の関与もはっきりできるのか?

大山警部補が死なずに現在の美咲と再会を果たすことかできるのか?

健人が兄の亮太に現在で再会を果たすことができるのか?がすごく楽しみです。

過去と現在を繋ぐトランシーバーは最後はどのようななるのか?

楽しみやみどころがいっぱいで、来週の最終回もまたハラハラ、ドキドキしながら、どんでん返しも期待しながら観たいです。

  

50代 男性 :

シグナルの最終回の見所は、主人公の三枝健人(坂口健太郎)は大山剛志(北村一輝)の行方不明の真相を暴けるのか、

武蔵野集団暴行事件の真相は判明するのか、大山は事件の真相を暴いて現在に再び現れる事ができるのか、

もし可能なら三枝の兄加藤亮太(神尾楓珠)の不慮の自殺を阻止できるのかなどが楽しみだと思えますが、

その為には権力者衆議院議員の野沢義男(西岡徳馬)やその手先の捜索一課長の中本慎之助(渡部篤郎)の不正を暴く必要があり、

どんな手を使ってその不正を暴く事ができるのか、興味の尽きない所です。

斎藤裕也(瀬戸利樹)と井口奈々(山田愛奈)の事件に関わった二人の真相は表にでてくるのか、

出てきて欲しいですがこれも興味を引くところです。

  

30代 女性 :

シグナルの最終回の見所は、とにかく、大山刑事と三枝のお兄さんが生きているのかが見どころだと思います。

事件の真相が明かされるのか、それともこのまま闇のままなのか大変気になるポイントです。

また、全てがハッピーエンドだった場合、周りの人たちの記憶は書き換わり、三枝だけが色々知っている中でどのように生きていくのかも楽しみです。

大山刑事は記憶がありそうなので、現在の関係性も気になるポイントです。

あとは大山刑事と桜井刑事の関係が発展しているのか、

先輩後輩だけの関係なのか恋愛に発展しているのかとても楽しみです。恋愛に発展していたら嬉しいです。

  

30代 女性 :

シグナルの最終回の見所は、やはり岩田刑事の殺害事件の真相がどうなるのかということです。

あと大山刑事がどうなってしまうのか、桜井刑事のようになるのかならないのかということが激しく気になります。

あとは三枝刑事のお兄さんの事件と同様に無実の人に冤罪をなすりつけて、権力者を身内に持つ犯人は野放しで、

警察はその事実をもみ消して、隠蔽してまた新たな犯罪に繋がるというループを終わらせるために、

現在では三枝刑事、過去では大山刑事が奮闘しながらもがき苦しんであがいている様子は見ていてつらい気持ちにはなると思いますが、

なんとか頑張って過去と現在を変えてくれという思いになるだろうと予想できるし、絶対見逃せないです。

  

30代 女性 :

シグナルの最終回の見どころは、なんと言っても大山刑事の生存安否がどうなるのかと、

大山刑事が過去に使っていた何年も前の無線機がなぜ、今現代の三枝刑事とつながっているのかという、

最大の謎が最終回でようやく解明されると思うし、されないと困るのでそれについては激しく期待してます。

あと楽しみにしている点は、悪徳警官の中本刑事部長の悪事が明るみに出て公明正大に裁かれる展開を切に願っているし、楽しみにしています。

そして大山刑事は殺されたけど、過去が変わって実は生きていたという展開になればいいなと本当に思うし、

大山刑事役の北村一輝の優しい笑顔を最後にまた見たいです。


◆シグナル “全話”のネタバレまとめページはこちら↓

>>> シグナル “全話”の動画の視聴方法&ネタバレをチェック♪

シグナル ドラマの動画!最終回までの感想

40代 女性 :

シグナルのこれまでの感想は、武蔵野事件により、兄が主犯格として、逮捕されたため、三枝は、一人、叔父の家に預けられるが、

常に、外食という寂しい日々だった。無線によるシグナルで、三枝が犯人にされた加藤りょうたの弟としり、

毎日、お店について来ていたのだった。

これも、変えられた過去なのか、シグナルがなければ、大山が三枝のことを知るわけもないし、少し時間軸が複雑に思った。

そして、今回びっくりしたのは、三枝の兄が自殺ではなかったことが、判明したことだった。

自殺ではなかったとは、思いもしなかった。ますます、謎が深まり、目が離せなかった。

  

30代 女性 :

シグナルの最終回までの感想は、主人公のお兄さんのことを疑っていたわけではないですが、

犯人ではないということが分かり、とても安心しました。

お兄さんが自殺をしていない、他殺であるということが分かり最終回がどうなるのかがとても楽しみです。

過去と無線しているのを吉瀬美智子に知られたため、今後話がどうなっていくのかが楽しみです。

あの表情はとてもよかったです。主人公が北村一輝に向かって、

「3月20日、兄は自宅で何者かに殺されます!お願いです、兄を助けてください!」と助けを求めるシーンはとても緊迫感がありました。

過去を変えられるのかどうか今後がとても気になります。

  

30代 女性 :

シグナルのこれまでの感想は、初めは過去の事件の当事者が刑事になって、

過去の事件を変えるだけのただのトリップものだと思っていました。

しかし、回を追うごとに、過去とつながる理由がはっきりしてきて、ひとつひとつのエピソードが、

キーワードである「すべての始まりは武蔵野の事件からだった」に繋がっていきます。

これまでの9話に、矛盾も漏れもなく、物語をより深く掘り下げています。主人公・三枝と大山刑事との繋がりも、最終回を前にして、新事実が発覚。

トランシーバーが過去をつなげなければ、大山さんと過ごした時間に巡り合うこともなかった。

オムライスは史上最強の食べ物になるよね。うん。とても切なくて、優しくて、思わずぽろりと涙がでそうになりました。

「自分はずっと一人だと思っていた…」という、三枝のセリフは、彼が感じた人の温かみの中でも特別さをもって響きます。

感動の名シーンではないでしょうか。”今”の未来には、大山さんはいませんが、この事件を解決した後に広がる世界に、大山さんが生きていることを期待します!

同じ職場に、一緒に務めている風景をみたら。きっと涙が止まらなくなりそう。

  

40代 女性 :

シグナルの最終回までの感想は、前回大山巡査部長の骨が発見されたところで終わっていたので、

今回はやっぱりようやく黒幕がでてきたなあと思いました。

ドラマとはわかっていても黒幕の権力を持った人間が間違ったことを隠すためだけに、何の罪もない正しい人間をただ殺してしまう、犠牲になっていく。

ドラマではよくある設定ではあると思いますが、ハラハラしてきになります。

きっと「無線」というものを通じて過去と現在を繋いでいるというところで、何とか過去をかえてほしい、

そうすれば事件がこれ以上悲しいものにならないという感情移入をしてしまうのだと思いますまた

大山巡査部長が犠牲になったさえぐさ警部補(当時はこども)のことを見守っているところも泣けました。

  

20代 女性 :

シグナルのこれまでの感想は、三枝警部補のお兄ちゃんが、自殺ではなく他殺だったという事実に驚きました。

三枝警部補のお兄ちゃんを救いたいという気持ちと、でも桜井さんのために大山巡査部長に未来でも生きていてほしい

という気持ちとの葛藤が描かれたシーンは、見ていてとても心苦しかったです。

黒幕の警察幹部の人間が本当に腹立たしく思います。

ドラマだって分かってはいるけれど、正義や規則ということに一番厳しくなければならない警察が、

社長の息子だとか上層部と関わりのある人間だからとか、そういった理由で罪をなすりつけてのうのうと生きているっていうことが信じられないです。

現実はどうなのかなぁと少々不安にも感じました。

  

30代 男性 :

シグナルの最終回までの感想は、無線が、いつも決まった時間に繋がるのかをいつも気にして見ています。

健人のお兄さんが何故、死んだのか、岩田が何を健人に話そうとしていたのかも期待しながら見ています。

健人が何故、警察官になったかも分かってきて嬉しいです。

名刺を見つけた焼き鳥屋で健人を見守っていた大山刑事の優しさに感動しました。

中本管理官と大山刑事との対決も、いつ決着がつくのかも気にして見ています。

中本管理官を見ていたら、すごく腹がたつし、健人とはどうなるかを考えながら見ています。

韓国ドラマのほうは見ていないので新鮮な気持ちで毎週見ています。

  

50代 男性 :

シグナルのこれまでの感想は、大山剛志(北村一輝)の白骨死体を発見した三枝健人(坂口健太郎)と桜井美咲(吉瀬美智子)は

大山の部屋から昔三枝が夕食を食べるために良く通った焼き鳥店の名刺を発見する。

幼い三枝をここで見守った大山の優しい支援を焼き鳥店のおかみ(濱田マリ)から聞き旨を熱くする、

そしてやがて武蔵野集団暴行事件の捜査で命を落とす大山をきずかい事件の捜査から手を引くように無線で話をするが、

自分の身に何がおこるかおおよそ察した大山はその要求を拒否し三枝に「必ず真実を暴いてみせる」と無線をきる。

大山剛志(北村一輝)と岩田一夫(甲本雅裕)の死に警察関係者が関係していることにきすいて真相をあばこうとする。

これから先どうなるのか非常に面白い展開が予想されます。

  

20代 女性 :

シグナルの最終回までの感想は、亮太は自殺をしたのではなく、誰かに殺されたということが濃厚になってきて、ものすごく腹が立ちました。

主犯の男子やその親はぬくぬくと暮らしていて、そして警察内部で嘘を作り上げ、何の罪もないもの達を次々と不幸にしていくそんな不条理にものすごく腹が立ちました。

主犯の男子や共犯の男子、そしてその親たちも償って欲しいです。

一方、大山は健人のことをずっと見守って来たシーンはすごく心温まりました。

健人は家族で外食したときに食べたオムライスが心の支えになっていて、オムライスをたのみ、ケチャップをたっぷりかけまくるシーンもジーンときました。

健人はあんなに辛い状況でよく頑張って生きてきたなと感動しました。

  

30代 女性 :

シグナルのこれまでの感想は、大山が死亡しているだろうことは失踪して18年っていうところで予想はしていたけど少しショックでした。

大山のお父さんが泣いてるの見るといたたまれない。

三枝と大山が繋がってることに驚きました。まさか2人が繋がってるとは。

回想シーンでの学生の時の喧嘩シーンは今まで荒れてた少年が殴ってるという感じではなかったので少し違和感を感じました。

三枝に『貧しくても一つ屋根の下で暮らす』とか話してる時は、三枝があの少年だと気づいていたのではないかな、と思いました。

そしてやはりお兄さん自殺じゃなかったんだ!と思いました。めちゃくちゃ怪しい刑事部長。

『こちら側』って。大山カッコいいな。

  

30代 女性 :

シグナルの最終回までの感想は、まさか三枝の兄が自殺ではなく、他殺だったということに驚きました。

三枝本人も兄の死の第一発見者になっていたので、他殺だなんて疑いもしなかったのに、ここに来て他殺の可能性が出てきたというのは意外な展開でした。

そして事件の真相を突き止めようとして、大山が殺害されたのではないか、と疑いを持った三枝。

自分のせいで大山が命を落とすことになってしまったのではないか、と考えてしまうと思います。

あの無線機の通信を知った桜井も驚いていましたが、三枝1人がこの不思議な出来事を抱え込む必要が亡くなったのは良かったと思います。

  

40代 女性 :

シグナルのこれまでの感想は、健人の兄の亮太の事件が徐々に明らかになってきて、警察関係者の関与もはっきりしてくる。

健人の事件を捜査していた大山の遺体が発見されて健人と美咲はショックを隠せない。

私も大山警部補ではないことを願っていたのですごくショックです。

それとは別に健人の兄の亮太が実は自殺ではなく殺害されたこともわかり、亮太のことを考えると可哀想でやりきれないです。

亮太が殺害された健人の気持ちを考えると辛い。

それに大山警部補が健人が子供の頃にずっと健人の事が心配で見守っていたシーンは感動しました。

最終回にどのような結末、またどんでん返しがあるか目が離せないです。毎回真剣に観てしまいます。

  

50代 男性 :

シグナルの最終回までの感想は、武蔵野市を舞台に衆院議員・野沢義男(西岡徳馬)と刑事部長・中本慎之助(西岡徳馬)の癒着により、

窃盗事件のもみ消しにあった大山剛志(北村一輝)は怒りに震えますが、

こんな話は地方都市の私の市でもあってもおかしくないように思え思わず苦笑いしました。

出来ればわが市にも、大山剛志(北村一輝)のような頑固一徹、刑事一筋の骨のある刑事が居て欲しい物です。

三枝健人(坂口健太郎)は少しずつ事件の真相にたどり着いていきますが、三枝健人と大山剛志の会話を盗み聞きした捜査一係長・岩田一夫(甲本雅裕)は動揺し、

三枝に事実を告げようと呼び出すが何者かに腹部を刺され重体になり最後に居合わせた三枝は需要容疑者として捜査対象になり頑なになるが、

見かねた桜井美咲(吉瀬美智子)に「あなたをたすけたい」と申し出られてまたやる気をだすが、男として頑張るのは女が原因なんだなぁと思いました。

  

30代 女性 :

シグナルの最終回までの感想は、今まで謎に包まれていたことが、一つ一つ解明されていく爽快感と、

なんでそうなるのという悔しい気持ちが混同しました。

今まで中本管理官は悪者だろうなとは思っていましたが、どこかで実は三枝を見守ってくれている存在なのではないかなと薄っすらだけれども思っていました。

本当に心の底から憎めるぐらいの悪者だったことがわかり、腹立たしかったです。

三枝の兄が犯人に仕立てられた集団暴行事件の真相も分かり、さらにそれを工作しようとしていた刑事もわかり、

若くして犯人にされ、死んでしまった兄が可哀想でなりませんでした。もどかしい。

三枝もなぜか刑事に追われる羽目になり、展開が早く複雑でなかなか大変でした。

  

30代 女性 :

シグナルの最終回までの感想は、2018年の桜井刑事殉職事件を起こさないようにするための奮闘ぶりが見ものだったし、

現在を変える為に大山刑事に過去を変えてもらうように動いてもらういきさつがスリリングだし、ハラハラした。

豪邸連続窃盗犯人と思われる金持ちのボンボンがそのまま逮捕されて起訴されなかったのは、

ある程度予想はついていたけど、なんとも後味の悪いモヤモヤした転換になったが、

とりあえず桜井刑事の殉職がなくなって生き返ったのがめちゃくちゃ嬉しかった。

桜井刑事役の吉瀬美智子の演技力は素晴らしいし、かっこいい女性刑事がとてもハマり役だと思います。

  

30代 女性 :

シグナルの最終回までの感想は、大山刑事がはやり死んでいたという展開はかなりショックだった。

大山刑事のぶっきらぼうだけど、犯人の家族に対して垣間見せる優しさや思いやりにあふれた回でした。

三枝刑事が子供のころにお兄さんが逮捕されて、不遇な少年時代を過ごしていたときも、大山刑事がこっそり影ながら見守っていて、

食堂でオムライスをごちそうしてあげていたシーンはかなり涙がちょちょんぎれるくらいに感動的でした。

三枝刑事がまだ三枝の苗字になる前の少年時代から、大山刑事との接点があったんだなとしみじみと感銘を受けたし、

この二人にはなんらかの繋がりがあるんだろうなと思ってはいましたが、今回でそれがはっきりわかりました。

>>>『FODプレミアム』の1ヶ月無料おためしはこちら

シグナル ドラマの動画!最終回10話【ネタバレ】← 紹介

ここからがドラマ『シグナル』最終回のネタバレになります!

  

健人が無線機で大山と話す姿を見他桜井は『大山先輩は死んだのよ…』

健人『まだ生きてます。無線機の向こうで…』

そこに強行班の刑事が来て『三枝健人、岩田係長殺害容疑で逮捕する!』

桜井『どういうこと?』

刑事『証拠と目撃者が出た』

健人『証拠!?』

刑事『病院のトイレで発見された凶器から、お前の指紋だ出た』

健人『うそだ・・・』

刑事『ここで二人で何をしていたか、後で聞くからな』

すると健人は刑事を押しのけ逃げ出す!

  

2000年3月20日


大山は車を飛ばし、亮太の家に向かっていた…

亮太は飲み物を用意し、差し出す。

  

亮太『すみません、母がいなくてお茶くらいしかなくて』

その相手はなんと中本『ありがとう、急いできたものだから。丁度喉が渇いていたんだ。大山は手が離せなくてね。変わりに来たんだ』

亮太『そうですか…』

中本『何か、急用だったと大山に聞いたが…。今日、訴追したそだね。なないかあの事件に関わることなんだろう?大山から聞いている。話してくれないか?』

亮太『僕は犯人じゃありません。…井口奈々を襲った真犯人を知っています。』

中本『真犯人?』

亮太『同級生の小川陽一。小川都市開発の、社長の息子です』

中本『その証拠があると??』

亮太は斎藤から受け取った紙袋の中からカセットテープを取り出し『これです』

そのテープには、小川が井口奈々を襲ったときの様子を、斉藤が録音したもの。

  

中本『そうか。それは重要な証拠だね』

亮太『もう一度、調べ直してもらえますか?』

中本『ああ。それにしても、今になって証拠を手に入れて警察に訴えるなんて、君は正義感が強いな。いまからでも汚名をそそぎたいのか?』

亮太『はい。そうすれば、弟は呼び戻すことができます。弟と母と、もう一度3人で暮らすことが出来ます!』

中本『家族のためか?』


亮太『はい…』

中本『それでは、君は何があっても、諦められないな?』

亮太『はい…。何があっても、諦めません・・・』

中本『そうか・・・』中本はお茶を飲み『おかわりを貰えないか?』

亮太『はい。』亮太はカセットテープを紙袋にしまい、台所にコップを持っていく

中本はポケットから薬を取り出し、亮太のコップに入れる。

  

その後、幼い健人が自宅に向かってかけていく。その横を中本が歩いてきてすれ違い、紙袋をポケットにしまう。

健人が亮太をみて『お兄ちゃん、起きて!!お兄ちゃん!!』

中本が気絶した亮太の手首をカッターナイフで切ってのだ。

病院に緊急搬送される亮太。幼い健人と母親が亮太を呼ぶが意識はない。

そこに大山が到着し、走る。

  

一方、現在の健人は、逃走するも病院の中に隠れて警察の様子を伺う。


そしてメモ用紙を見て『変えられる。過去はきっと変えられる・・・』

大山は中本の部屋に駆け込む。

  

中本『なんだ?』

  

大山『加藤亮太は、自殺するような子じゃありません。俺に連絡してきたんです。真犯人の証拠があるって…

加藤亮太の死後、部屋中を探しましたが、カセットテープはありませんでした。

何者かが、加藤亮太を自殺に見せかけて、殺して持ち去ったんです!』

中本『だれだ?』

大山『あんただろう!あの子から連絡があったこと、岩田係長から聞いたんだろう!!

中本『何の話か知らないが、出て行け…』

大山『とぼけんな!!どうして殺した!!』

中本『大山!!』

大山『あの子が無実を証明しようとしたのは、自分のためじゃない!!自分のせいでバラバラになった家族が、また一緒に暮らせるようになるためだ!!

ただそれだけだ!!自分に協力してくれる大人がいると・・・そのわずかな望みを…』

中本『誰か!!』

刑事たちが入ってきて大山を連れて行く。

大山『お前が踏みにじったんだ!!それでも人間か!!・・・離せ!俺は許さないぞ!!』

大山は自宅に帰り泣く。そこに無線から連絡が…

  

大山は涙を拭い『三枝警部補…。申し訳ありません。お兄さんを、助けることが出来ませんでした・・・俺のミスです…

俺が、もう少し、早く行ってれば・・・』

すると無線に話しかけたのは桜井『先輩?・・・本当に、大山先輩なんですか??』

大山『半人前…、どうしてお前がこの無線を?

  

桜井『本当に先輩なんですね??答えてください・・・。18年も、18年も待ったんですよ。今週末には解決するって…

そしたら、ゆくっり話そうって…。先輩そう言ってくれたじゃないですか・・・

ちゃんと謝りたかったのに。映画の事、聞きました。先輩の大事な人が、巻き込まれた事件』

桜井が以前映画のチケットを大山に渡した時、大山は『俺は映画は見ないんだよ…』と、チケットを受け取らなかった。

それを見ていた同僚の刑事が『大山に映画はダメだよ。昔、大山が面倒見てた子がいてさ、その子との映画に行くはずが、彼女、事件に巻き込まれて…。大山は、それ以降、映画に行けないんだ』

  

桜井『私、正直ヤキモチ焼きました。あの時。私もまだ若かったから、きちんと、きちんと謝って。私も先輩と向き合いたかった…

でも、先輩はいなくなって・・・泣』

大山『桜井・・・』

  

桜井『戻ってきて欲しかった。なのに、先輩は遺体で…。もし、もしまだ間に合うなら、よく聞いてください!

4月15日、谷原記念病院。そこへ行っちゃダメです!…聞いてますか!?谷原記念病院!そこに行っちゃ・・・

先輩?先輩!!』

無線が切れ、焦る桜井。

大山は無線をおき、メモを書き始める。

  

桜井が無線をみつめていると電話が!公衆電話からで、相手は健人。

桜井『三枝?今どこにいるの?総一が、あなたを指名手配しようとしている。係長殺害の、凶器の指紋が…』

健人『桜井さん、頼みがあります!』



--- 以上、シグナル 最終回のネタバレでした~! ---

  
シグナル 最終回を見逃した人は、

無料期間中に1話から見逃し視聴できる『FODプレミアム』がおススメです!


>>>『FODプレミアム』の1ヶ月無料おためしはこちら


いつまで “1ヶ月間の無料おためし” があるのか分からないので、見たいかたはお早めに~^^♪

これで連休の暇つぶしはバッチリです(笑)

シグナル ドラマの動画!最終回10話の感想まとめ

シグナル 最終回の感想は、


>>>『FODプレミアム』の1ヶ月無料おためしはこちら

シグナル ドラマの動画!最終回10話のあらすじを最後に

ドラマ『シグナル』最終回のあらすじを簡単に紹介します~!

ついに明らかになる大山(北村一輝)殺害の全真相!そのとき健人(坂口健太郎)の身にも危険が!?


大山に命のタイムリミットが迫るなか、美咲(吉瀬美智子)の止まった時間も動き出し…。

  

謎の無線がつないだ2人の刑事は、過去を変え、未来を救うことができるのか!?

   

何としても亮太を助けたい健人は、大山の身に危険がおよぶことを覚悟のうえで、過去を変えるため、美咲の前で無線機を取り出す。

  

当然、美咲は見覚えのある大山の無線機をなぜ健人が持っているのか理解できない。

  

健人はこれまでに起きた不思議な出来事をすべて打ち明け、


呆然とする美咲の隣で「3月20日、兄は自宅で何者かに殺されます!お願いです、兄を助けてください!」と大山に助けを求める。

  

2000年、健人と無線で交信する数時間前、大山は少年院を出たばかりの亮太から連絡を受けていた。


自らの無実を証明する真犯人の証拠を持っているという。

  

その矢先、健人から亮太の死が他殺だと知らされた大山は、その証拠こそが亮太の命取りになると気付き、急いで亮太の元へ向かう。

  

一方、大山の身にも危険は確実に迫っていた。

  

過去が変えられると知った以上、健人同様、何とかして大山の死を防ぎたいと考えた美咲は、無線機を使って18年ぶりに大山と言葉を交わす。

  

そして、これまで胸の内に秘めていた想いと、健人が大山にどうしても言えなかった“あること”を伝えるが……。

>>>『FODプレミアム』の1ヶ月無料おためしはこちら


最後までお読みいただきありがとうございました^^


◆シグナル “全話”のネタバレまとめページはこちら↓

>>> シグナル “全話”の動画の視聴方法&ネタバレをチェック♪

※本ページの情報は2018年7月時点のものです。最新の配信状況はFODサイトにてご確認ください。[PR]

シェアする!!